アニリンにクロロ酢酸を反応させてインディゴを合成したいのですが、この方法はどうやら工業的製法?らしく、実験室で合成するにはどのような装置が必要なのかわかりません。
一日中大学の図書館で調べたのですがいい文献が見つからなくて困っています。
参考になる文献や必要な装置が分かる人がいましたら是非教えてください。

A 回答 (4件)

Journal of Organic Chemistry, 43(14), 2882-5; 1978


に載ってました。
    • good
    • 0

Scifinderで化合物の構造を書いて調べたら、直ぐに出てくると思いますよ。

    • good
    • 0

すみません。

勘違いしてました。
下記は、acid110さんが、お探しのものではなかったようです。m(_ _)m
    • good
    • 0

実験室でアニリンからインディゴを合成するには、以下のURLのページを参考にしてください。


高校生の実験でできるレベルのものが紹介されています。

http://www.toray.co.jp/tsf/rika/pdf/rik_a217.pdf
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
このページも実はチェックしていましたが、
このページの方法はo-ニトロベンズアルデヒドからの製法なので、アニリンからの製法は書いてありませんでした。
アニリンからo-ニトロベンズアルデヒドをつくってからということでこのページをご紹介してくださったのでしょうか?

お礼日時:2005/04/16 17:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインディゴチルドレンの親

インディゴチルドレンの親は「ブルー」が多いのだと
知ったのですが、何がどうでブルー(オーラのことだと思うのですが)
なのか詳しく知りたいのと
ブルーの人のこと(特徴など)を知りたいので、
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「インディゴ・チルドレン」とは、オーラや魂の色がインディゴ・ブルーであることから、そういう名称がついたそうですね。

私は、そのあたりはドリーン・バーチュー女史の著書で、ほんの少しかじった程度で、サイトの範囲以外、詳しいことは存じません。

そういう子供を持った親については、対応の仕方などはサイトのあちこちにあるものの、親の何かが「ブルー」と言われて「何がブルーなのか」は、残念ながらわかりませんでした。

天使(アース・エンジェル含)のことなら、少しはお答えできるのですが、インディゴやクリスタル・チルドレンなどについては、この先調べようと思っていたところでして、たまたまバーチュー女史の公式サイトを見つけましたから、そちらでおたずねになってみてはどうでしょうか?

参考URL:http://doreen.jp/,http://homepage1.nifty.com/angels_garden/indigo.htm

Q無水酢酸とアニリンを用いてアセトアニリドを合成する実験を行いました。

無水酢酸とアニリンを用いてアセトアニリドを合成する実験を行いました。
実験中に無水酢酸をアニリンの入った試験管に入れたところ発熱反応(?)が起きたのですがこれを反応式に表すとどのようになるかが解りません。

C6H5NH2+(CH3CO)2O →C6H5NHCOCH3 + CH3COOH

この式のどこに熱の発生を書けば良いのかということとどうして発熱するのかをできるだけ解りやすく教えていただけると助かります。
あとこの実験で蒸留水の中にアセトアニリドを溶液の状態で混合させたところ刺激臭が発生しました。ニオイの感じではアンモニアだった気がするのですが・・・アニリンのアミノ基と蒸留水が反応してアンモニアが生成されたという事で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

発熱云々の件ですが、もちろん、結合エネルギーから説明することはできますし、全体の結合エネルギーの変化が反応熱に関与していることも確かです。しかし、それならばなぜ結合エネルギーが変化するのかという新たな疑問が生じます。個々の結合の標準的な値から見積もることもできるでしょうが、それならばなぜ標準的な結合エネルギーの値がそうなるのかという話になります。なので、いずれにしても結果論的な説明になるという意味です。

Qインディゴチルドレン クリスタル チルドレンの存在を力説している人達について

スピリチュアリズムの世界には「インディゴチルドレン」「クリスタルチルドレン」「レインボーチルドレン」なる用語があると知りました。

この様な存在(子供たち)を最初に言い出したのはドリーン・バーチューというアメリカ人だそうですが、

真偽の程はさておいて、
そういった存在を「実際に知覚して(霊覚?)」主張している人はこの人以外にいるのでしょうか。
私の聞きかじりのみの浅薄な見方ですが、この人だけのような気がします。
彼女以外の人は彼女の追従をしているだけなのではないでしょうか。

他に同じような主張を(彼女の存在とは無関係に)している人はいるのでしょうか?

「〇〇〇チルドレン」なるものが本当ならこの人以外にもいると思うのです。

Aベストアンサー

スピリチュアリズムの本をたくさん読んだ事があるのですが、これらの世代の人達について言及している方は、数多くいます。それこそ、あらゆるマスターと呼ばれるような高次元の存在から、スピリチュアルな作家まで、様々な方が教えてくれています。最近でいうと、おっしゃる通り、ドリーンは確かに影響力がありますが、古いものではアメリカのネイティブアメリカンがこれらの世代の子供達の誕生をはっきり予言している記録もあります。昔から知っている人からしたら、ドリーンはそれを有名にしてくれた存在ではないでしょうか?そしてこれは、主張でもなんでもなく、確かに存在している人達(子供達を含め)の事なので、世の中にはこのような人達もいるのだという認識を持つだけでいいと思います。

Qアニリンの製法

アニリンをつくるには、ニトロベンゼンを、スズと塩酸で還元してから水酸化ナトリウム水溶液を加えるそうですが、
還元した時点で
2C6H5NO2+3Sn+12HCl→2C6H5NH2+3SnCl4+4H2O
となってアニリンができているのに、どうしてさらに水酸化ナトリウム水溶液を加える必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

式がまちがってます。
↑の式の左辺からできるのはアニリン塩酸塩であって
アニリンではありません。
ベンゼンの置換基がNH3Clです。(C6H5NH3Cl)

Q★インディゴチルドレン★あなたの周りの子供たち・あなた自身もそうですか?

★あなたの周りに、こんな子供たち居ますか?
実は、私の子供時代と余りにも共通点があります。
私の子供時代と類似してます。。。
そんなご意見をアンケートしたいと思います。

新しい子供たち、インディゴ・チルドレンについて10の性質
(リーキャロル著「インディゴ・チルドレン」より)

・ 自分を特別であるという感情をもって生まれてくる。(また、そのように行動する)
・ “価値がある存在”としての自覚をもっており、それを他の人が認めないと驚く。
・ 自尊心は重要ではない。彼らはよく両親に「自分が誰であるのか」を伝える。
・ 絶対的な権力への理解ができない。(説明または選択のない権威)
・ 理由もなく行わないことが幾つかある;例えば、並んで待つのを嫌がる。
・ 想像力を必要としない、儀礼的な制度にイライラする。
・ 家でも学校でもよく物事を改善する方法を考え出すので、反体制派(制度に従わない人)と見られる。
・ 同じタイプの友達でない場合、付き合いが悪いと思われる。意識が合う人が周りにいない場合は
 内向的になり、誰にも分かってもらえないと感じるようになる。
 学校が人間関係を保つのにとても負担である。
・ “罪悪感”を使うしつけには反応しない。
  (パパが帰ってきて、あなたが何をしでかしたか見つけるまで待っていなさい)
・ 必要なものを恥じらいもなく伝えてくる。

★あなたの周りに、こんな子供たち居ますか?
実は、私の子供時代と余りにも共通点があります。
私の子供時代と類似してます。。。
そんなご意見をアンケートしたいと思います。

新しい子供たち、インディゴ・チルドレンについて10の性質
(リーキャロル著「インディゴ・チルドレン」より)

・ 自分を特別であるという感情をもって生まれてくる。(また、そのように行動する)
・ “価値がある存在”としての自覚をもっており、それを他の人が認めないと驚く。
・ 自尊心は重要ではない。彼らはよく両親...続きを読む

Aベストアンサー

うん、スターピープルとかワンダラー達のことですね。

確か、若い子達はニュースターでインディコは僕らの年代で、オールドタイプは伝統宗教とかの中心になって頑張ったりとか多かった。

もう、他界した昭和初期までのサイキックに多かったかな。

サイトの検閲さんにも一人いたね。繋がるとよく脳裏や瞬きのうちに、星が見える。

霊能力者の人にもヒーラーさんにもいたな。案外普通の企業に勤めてたりもした・・価値観の根本的な違いやものの見方が違うから、辛い時があるみたい。

当たり前が、違ったり、どうでもいい事も違う。深い部分で・・

しょうがないね。

Qクロロ酢酸をNaOHで中和する時の温度

クロロ酢酸の水溶液を中和する際に、うまくいきませんでした。
ともだちにたずねたら温度じゃないの?と一言いわれました。
中和するのに温度は何故かかわってくるのでしょうか。

Aベストアンサー

冷時であればクロロ酢酸のカルボキシル基のプロトンがナトリウムイオンなどに置き換わるだけですが、高温になるとClの結合した炭素に対して水酸化物イオンの求核攻撃も起きる可能性があります。
(酢酸の場合と違って、Cl^-は脱離基として有利なため、SN2反応を起こせます)

  Cl
  |
  CH2CO2Na

  ↑
  OH^-

     ↓

 HOCH2CO2H + Cl^-


友人の方も、そう考えて「温度」と言われたのではないかと思います。

Qアダルトチルドレン診断について

自分はアダルトチルドレンの傾向が強いような気がしています。
かなり悩んでいるのですが専門医にいく勇気もありません。
どこかに簡単でもかまわないので 診断できるようなサイトはないでしょうか?

Aベストアンサー

アダルトチルドレンは、クリントトン元米国大統領が、自分はアダルトチルドレンであるという事をカミングアウトした事で一般にも認知されるようになりましたが、親がアルコール依存症だからといってその子供がすべてアダルトチルドレンというわけではありません。周囲の期待に応えよう」「自分を受け入れてもらうように、振る舞おう」これらはACの一部の症状ですが、最終的に、ACに苦しむ人たちは、自らもアルコール依存症や摂食障害などの嗜癖問題を引き起こしてしまうことがあります。しかし、そうした弊害がなければ、また、少なければ、ACであってもなんら問題はありません。

アダルトチルドレンスクリーニングテスト
http://www.t3.rim.or.jp/~takaha3/actest.htm

その他、参考URL
http://www.os.rim.or.jp/~family/
http://kobe.cool.ne.jp/mamanet/
http://www2.wind.ne.jp/Akagi-kohgen-HP/AC.htm
http://www.iyashi.sakuraweb.com/cgi-bin/link/yomi.cgi?mode=kt&kt=25

参考URL:http://www.t3.rim.or.jp/~takaha3/actest.htm

アダルトチルドレンは、クリントトン元米国大統領が、自分はアダルトチルドレンであるという事をカミングアウトした事で一般にも認知されるようになりましたが、親がアルコール依存症だからといってその子供がすべてアダルトチルドレンというわけではありません。周囲の期待に応えよう」「自分を受け入れてもらうように、振る舞おう」これらはACの一部の症状ですが、最終的に、ACに苦しむ人たちは、自らもアルコール依存症や摂食障害などの嗜癖問題を引き起こしてしまうことがあります。しかし、そうした弊害...続きを読む

Qアニリンの製法について(高校)

ニトロベンゼンをスズと塩酸とで還元すると、「アニリン塩酸塩」が生成し、溶液を塩基性にするとアニリンが得られる。

と参考書に載っています。
そして、

ニトロベンゼンからアニリンが得られるときの反応式は
2・C6H5NO2 + 3Sn + 12HCl → 2・C6H5NH2 + 3・SnCl4 + 4・H2O

と記述があります。私は
2・C6H5NO2 + 3Sn + 14HCl → 2・C6H5NH3Cl + 3・SnCl4 + 4・H2O

じゃないのかな? と考えたのですが、どこが間違っていますか?
いつ溶液が塩基性になったのかな…? と思ってしまったんです。

Aベストアンサー

ご質問の内容の場合,「溶液を塩基性にするとアニリンが得られる」
という記述があるので,
2・C6H5NO2 + 3Sn + 14HCl → 2・C6H5NH3Cl + 3・SnCl4 + 4・H2O
の両辺に
2OH-を加え,右辺のアニリン塩酸塩とOH-の反応を考慮した式を書くと
2・C6H5NO2 + 3Sn + 14HCl + 2OH- → 2・C6H5NH2 + 2Cl- + 3・SnCl4 + 6・H2O
となります。塩酸の電離で生じるH+はOH-と反応して水になるので,この式は
2・C6H5NO2 + 3Sn + 12HCl + 2H2O + 2Cl- → 2・C6H5NH2 + 2Cl- + 3・SnCl4 + 6・H2O
と書くことができます。さらに,両辺に共通するCl-と2H2Oを消去すると
2・C6H5NO2 + 3Sn + 12HCl → 2・C6H5NH2 + 3・SnCl4 + 4・H2O
となりますね。

したがって,「ニトロベンゼンからアニリンが得られるときの反応式は」
2・C6H5NO2 + 3Sn + 12HCl → 2・C6H5NH2 + 3・SnCl4 + 4・H2O
であり,
「ニトロベンゼンをスズと塩酸とで還元すると、「アニリン塩酸塩」が生成」するときの反応式が
2・C6H5NO2 + 3Sn + 14HCl → 2・C6H5NH3Cl + 3・SnCl4 + 4・H2O
であると考えるのが妥当だと思います。

有機化合物を合成するとき,酸性・アルカリ性の変化で簡単に遊離させることができる物質の場合,「ニトロベンゼンを塩酸とスズで還元するとアニリンが得られる」というような省略した言い方がよく行われているようです。

ご質問の内容の場合,「溶液を塩基性にするとアニリンが得られる」
という記述があるので,
2・C6H5NO2 + 3Sn + 14HCl → 2・C6H5NH3Cl + 3・SnCl4 + 4・H2O
の両辺に
2OH-を加え,右辺のアニリン塩酸塩とOH-の反応を考慮した式を書くと
2・C6H5NO2 + 3Sn + 14HCl + 2OH- → 2・C6H5NH2 + 2Cl- + 3・SnCl4 + 6・H2O
となります。塩酸の電離で生じるH+はOH-と反応して水になるので,この式は
2・C6H5NO2 + 3Sn + 12HCl + 2H2O + 2Cl- → 2・C6H5NH2 + 2Cl- + 3・SnCl4 + 6・H2O
と書くことができます。さらに...続きを読む

Qエリート家庭に育った僕はアダルトチルドレンと診断されたのでそれを克服し

エリート家庭に育った僕はアダルトチルドレンと診断されたのでそれを克服したいです。

30代前半男性です。この年になってもうまく人付き合いがいかないというか、一人が楽と思ってまい、うまく他人とコミニュケーションが取れず、孤独感を抱えながら生きていました。友達も少ないし、会社でも孤立してしまう。
人とは接したいのにうまく接することができない。生きづらさを感じていました。
そんな悩みを解消したいと思い、あるカウンセリング事務所行きにお金を払って1時間程カウンセリングをしてもらいました。

カウンセラーさんにはアダルトチルドレンと診断されました。
アダルトチルドレンとはもともとはアル中の親の家庭に育ったためうまく他人とコミニュケーションが取れないというものですが、今は広い意味で「機能不全家族」の中で育った子供を言うそうです。

言われてみるとそうでした…。
僕の父親は、仕事もせず、飲んだくれて暴力を振るう…という父親ではなく、むしろその逆でした。

父は難関の医学部を出た勤務医です。性格は厳格で、とにかく毎日仕事仕事。そして子供にはとにかく勉強しろ勉強しろ。はたから見たら立派な父親に見えたことでしょう。
決して僕は勉強ができない子供ではないでしたが、どんなにがんばっても父の納得する成績は取れませんでした。父の納得する成績は主席か100点。

そんな父は、僕が小学校3年生の時から付っきりで無理やり勉強させました。もちろん体罰や罵声を浴びせながら。母親は止めたりはしてくれましたが、「●●の勉強は俺が見る。お前(母親)は甘い。俺が徹底的に指導する。」という感じでした。
僕には上に兄弟がいましたが、子供だったのでもちろん止めることができず、母親も、勉強ができて厳格である意味教育熱心な父に逆らえず…という感じでした。

今考えるとあれは立派な虐待だったと思います。それ以降、僕は父親がいると緊張してしまい、あまり話ができなくなりました。父親も「あんな出来の悪い息子と話したくない」という気持ちがあったのでしょう。不仲になりました。僕の家族は、父親が食卓にいても、車にいても、レストランで食事をしてても、常に緊張してしまうと言うか、リラックスが出来ない環境でした。

僕が高校の時、上の兄弟が皆、医学部受験に失敗、または医学部以外に進学しなかったため、残された子供は僕だけになりました。
医学部には程遠い偏差値の僕にも、父はやはり「医学部に行け、医者になれ。最悪は歯学部に行け。」そんな言葉を毎日言うようになりました。僕は、反抗期ということもあり、理系から文系に進路変更しました。もちろん父に内緒で。父はそれを知った時、激怒しましたが、現実問題、僕の偏差値では少なくとも医学部に行くことは不可能であると認めざるを得なかったので、了承はしてもらいました。

大学を卒業後は、世間一般的に「超」がつく一流企業に就職できたので何とか父に認められ、父とも割りと遠慮なく会話できるようになりました。

ただ、カウンセラーさんが言うには、昔から父親にすら遠慮して、気を使って、自分を出せない環境で育ってしまったものだから、まして他人に対しても遠慮してしまい、積極的に接していけないんですよ。

つまりあなたは厳格なエリート家庭に育ったため、暗黙のその家庭のルールに縛られてしまっていたのでしょう。と言われました。このようはアダルトチルドレンは、世間一般的にエリートと言われる、医者、弁護士、教師、警察官の子供に多いそうです。それを聞いた時、正直「僕だけじゃないんだ」とホッとしました。

確かに、今でも、僕がこれを買ったら、こういう人と結婚したら、こんな将来の展望を描いたら親はどう思うだろう。親が納得しないのであれば前には進めない。という気持ちがどうしても拭えません。

何とか親に遠慮することなく、そして他人に遠慮することなく、今後の人生を歩んで生きたいと思います。
その為に、同じような環境(厳格なエリート家庭)に育ってしまった同じアダルトチルドレンの人たちと話がしたいと思います。そのような会合は都内にありますか。

また、似たような経験をされてきたからのお返事もいただければと思います。
長文を最後まで読んでいただきありがとうございました。

なお、誹謗中傷はご遠路ください。
よろしくお願いします。

エリート家庭に育った僕はアダルトチルドレンと診断されたのでそれを克服したいです。

30代前半男性です。この年になってもうまく人付き合いがいかないというか、一人が楽と思ってまい、うまく他人とコミニュケーションが取れず、孤独感を抱えながら生きていました。友達も少ないし、会社でも孤立してしまう。
人とは接したいのにうまく接することができない。生きづらさを感じていました。
そんな悩みを解消したいと思い、あるカウンセリング事務所行きにお金を払って1時間程カウンセリングをしてもらいました。...続きを読む

Aベストアンサー

子供にとって、両親の影響は強いですよね。

私もあなた程ではありませんが、医者の子供で小さい頃から私学に行かされ、勉強や素行において常に親の目を気にして育ちました。
それから逃れたくて全く違う道に進み、仕事にも自信ができた頃家を出て独立、その後自分の決めた男性と結婚しました。
その頃、親もちゃんと認めてくれたように思います。
親には随分心配をかけましたが、自分にはこの方法しかなかったと思っています。

相談者さまも、まず家を出て独立されることをお勧めします。
「親に遠慮することなく、他人に遠慮することなく…」とおっしゃいますが、それは「遠慮」ではなく、ご自分自身に自信がない事の裏返しだと思います。
家を出れば、何もかも自分で決めないといけません。
人との付き合いも、全て自分で構築しなくてはいけません。
一生懸命暮らしているうちに、信頼し合える人達にも出会います。
そうなれば、自然に自信が持てるようになります。結果、親や人の目も気にならなくなります。

「同じアダルトチルドレンの人達と交りたい」と言われる前に。。ご兄弟にはこの事をお話されましたか?
一番みじかで、あなたの事がわかる人たちではありませんか?
それから、辛い気持ちを分ち合う事で安心できるのは分かりますが、相談者さまには、全く違う 色んな人とつき合う事が必要だと思います。
そうしないと前へは進めないような気がします。
アダルトチルドレンではなくても、人はそれぞれ色んな悩みを抱えて生きているのですから、「こんな人がこんな事で悩んでいたんだ」とか色々な発見があると思います。

それから他の方もアドバイスされていますが、沢山本を読んでください。。是非

子供にとって、両親の影響は強いですよね。

私もあなた程ではありませんが、医者の子供で小さい頃から私学に行かされ、勉強や素行において常に親の目を気にして育ちました。
それから逃れたくて全く違う道に進み、仕事にも自信ができた頃家を出て独立、その後自分の決めた男性と結婚しました。
その頃、親もちゃんと認めてくれたように思います。
親には随分心配をかけましたが、自分にはこの方法しかなかったと思っています。

相談者さまも、まず家を出て独立されることをお勧めします。
「親に遠慮することな...続きを読む

Qアニリンの製法

問題集の解答に「【ニトロベンゼンをスズとHClで還元する】とアニリンを生じる」と書いてあったんですがこれって正しいですか?先生には「ニトロベンゼンはスズで還元されてアニリンになって、HClでいったん塩化アニリニウム(アニリン塩酸塩)になって、それを強塩基なんかで追い出し反応を起こしてやっとアニリンを手に入れる」と習ったのですが...いったん塩化アニリニウムにする理由は正直よく分かりませんが、HClが入る以上【 】の反応では塩化アニリニウムで止まると思うんですが、どこか間違っていますか?それともこの問題集の解答がいい加減なのでしょうか?

Aベストアンサー

「ニトロベンゼンをスズとHClで還元するとアニリンを生じる」は間違いではないと思います。ただ、普通はHClが過剰に入っているはずなので、あまったHClとアニリンが反応してしまいます。これは自然と起こる反応です。そのため、アニリン自体を取り出すためには先生の言うとおり、強塩基で追い出し反応をしなければならない、ということのはずです。要するに、「生じる」といっている解答は間違いではないけれど、「手に入れる」方法としてはそれだけでは不十分ということです。どっちで答えるべきかは問題を見ないと判断できないですが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング