白身魚のフライが大好きでよく食べます。
しかし材料の魚は何なのか未だによくわかりません。
タラやスズキのあたりは予想はつきますが、
たまにスーパーや冷凍食品で激安で売っている
白身魚のフライの
原料の魚はなんなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

」に関するQ&A: 魚の持ち帰り方法

A 回答 (4件)

http://www.h7.dion.ne.jp/~grk-21/
これは学校給食用のものですが、選定品のなかに2つ白身魚フライがあり、原材料は「ホキ」となっています。
産地は1つがニュージーランド・アルゼンチン、もう1つがニュージーランド・南米となっています。

もちろん給食材料は「激安品」ではありませんが、ホキを調べると、
http://www.tsukiji-market.or.jp/youkoso/touorosi …
「ファーストフードや市販惣菜の「白身魚のフライ」に使われている魚の多くはホキである。」との説明がありました。

ホキはメルルーサ科の魚です。詳しくは、
http://excite.melma.com/mag/84/m00036184/a000001 …

マクドナルドのフィレオフィッシュについては、ここの生産地のところにロシア海域でとれたスケトウダラとあります。
http://www.mcdonalds.co.jp/cservice/information_ …

参考URL:http://www.tsukiji-market.or.jp/youkoso/touorosi …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳細なご回答ありがとうございました。
メルルーサっていかにも深海魚!!ってな響きですね(^^;)
見た目が大変な深海魚だったらどうしようと考えていたのですが
予想していたよりいつも見ている魚に似ていたので安心しました。

お礼日時:2005/04/17 13:23

メーカーによっていろいろあると思います。


私の聞いたのは、マクドナルドのフィッシュバーガーについてですが、あれはスケトウダラだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
白身魚のフライの原料は一種類ではなく、用途などにもよるんですね。

お礼日時:2005/04/17 13:20

深海魚だと聞いたことがあります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
深海魚って見た目は悪いけど、淡白でおいしいイメージはありますね。

お礼日時:2005/04/17 13:18

メルルーサが多いそうですよ。



参考URL:http://www.oikawamakoto.com/topics/namida/n01111 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考URLにも見に行って見ます(^^)

お礼日時:2005/04/17 13:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q妊娠9ヶ月、頻繁にお腹が張ります。

こんにちは。
つい先日「妊娠中の体重管理」で投稿させて頂いた
marukomu6030です。

今回はお腹の張りの事で、投稿させて頂きました。
実は、2,3日前から頻繁にお腹が張るんです。
今日で33週0日です。

18日に母親学級に参加したのですが、2時間30分位
ずっと座りっぱなしだったせいか、家に帰ってからも
張りがおさまらず、前に処方してもらった張り止めの薬を
飲みました。この時のように張ったのは初めてでした。

この時くらいから良く張るようになった気がします。
昨日もお風呂で湯船に入ろうと立ち上がったら
またカチンカチンに張ってしまい、すぐに出ましたが
お腹の外から見ても、明らかに張っているのが分かり
(おへその右側だけ突き出ていた)歩くのも前かがみ
状態でした。この時も薬を飲んですぐに横になりました。
そして今朝も、布団をたたんでいたらまた・・。

最近は特に赤んぼがよく動くので、そのせいなのかな
とも思いますが、やっぱり心配です。

張るときは歩いたりしないほうが良いのでしょうか?
やはり安静なのかな??
後期はお腹が張っても問題ないのでしょうか?
アドバイスをお願いします。

こんにちは。
つい先日「妊娠中の体重管理」で投稿させて頂いた
marukomu6030です。

今回はお腹の張りの事で、投稿させて頂きました。
実は、2,3日前から頻繁にお腹が張るんです。
今日で33週0日です。

18日に母親学級に参加したのですが、2時間30分位
ずっと座りっぱなしだったせいか、家に帰ってからも
張りがおさまらず、前に処方してもらった張り止めの薬を
飲みました。この時のように張ったのは初めてでした。

この時くらいから良く張るようになった気がします。
昨日もお風呂で...続きを読む

Aベストアンサー

 助産婦の意見をさせて頂きます。
 切迫早産の状態と考えて良いと思いますが、程度は人それぞれです。初産の場合は子宮口は閉じていてお腹がただ張るパターンが多く、経産だとさらに子宮口が開きやすくなっている場合があります。あと逆子でも張りやすくなることもあります。
 33週は児の体重が2000g前後、又は大きい場合は2300g位はあり胎外でも育ちますが呼吸状態が未熟な場合もあり、最初の頃酸素療法を行ったり、まれに人工呼吸が必要な場合もあります。あと感染症の問題もないとは言えません。でも昔と違ってこの週数ならよほどのことでもなければ後遺症が残ることはほとんどありません。出産される病院が個人病院か大きい病院かにもよりますが、個人病院だと緊急の設備がととのっていないため、早産で生まれそうになるとお母さんを大きい病院へ搬送(母体搬送)するということもあります。万が一搬送する間もなく生まれてしまうと赤ちゃんだけ大きい病院へいくこともあります。
 お腹の張りは切迫早産もそうだけどお腹が急激に大きくなる時期でもあるのでそ
れで張るように感じるのかもしれません。張りが気になる時はまず張り止めの薬を飲んで横になりましょう。それでおさまらなければかかっている病院に電話して指示を仰いで見て下さい。薬の増量など言われると思います。それでもだめなら受診した方が良いでしょう。張った状態ですぐ受診すると逆に移動の際にさらに張って症状をひどくさせることがあるのでまず安静です。
 身近にいる出産経験のあるお母さん仲間から、「お腹張ってたけど普通に生活していたし、予定日までもった。」とか言う人もいるかもしれません。経過は人それぞれです。自分の体は自分しか守れないのいでとにかく心配な時はあなたの経過を良く知っている病院に聞くのが一番です。それに予定日まで持たせなければと思わなくても大丈夫です。37週から正期産なのであと4週間と思えば少し気が楽になるかな???
 元気な赤ちゃんが誕生します様、願っています。

 助産婦の意見をさせて頂きます。
 切迫早産の状態と考えて良いと思いますが、程度は人それぞれです。初産の場合は子宮口は閉じていてお腹がただ張るパターンが多く、経産だとさらに子宮口が開きやすくなっている場合があります。あと逆子でも張りやすくなることもあります。
 33週は児の体重が2000g前後、又は大きい場合は2300g位はあり胎外でも育ちますが呼吸状態が未熟な場合もあり、最初の頃酸素療法を行ったり、まれに人工呼吸が必要な場合もあります。あと感染症の問題もないとは言えません。でも...続きを読む

Q妊娠と魚料理について

妊婦さんが水銀の関係で食べ過ぎては行けない魚というのがありますが
鮫・イルカ・メカジキ・マグロ、でしょうか?
それ以外の魚に対して気をつけることはありますか?
産婦人科の先生に、光物の魚は食べないようにと言われたので、
アジ・いわし・さんま・鯖などを食べないで来ましたが、
知り合いの妊婦さんは、言われてないので食べてるそうです。
アレルギーに関係するから、先生はそう言ったのかな?
と思ったのですが。

魚の制限に伴い、肉食に偏ってるのですが、
魚の栄養も取った方が(DHAとか)赤ちゃんにも良い様な
気がするのですが…。
生じゃなく、火を通していれば大丈夫ですか?
光物魚の缶詰を食べるのはどうでしょうか?

Aベストアンサー

メチル水銀が問題で注意が出されているのは以下の通りです。

<2カ月に1回まで>バンドウイルカ
<2週間に1回まで>コビレゴンドウ
<週1回まで>キンメダイ、メカジキ、クロマグロ、メバチマグロ、エッチュウバイガイ、ツチクジラ、マッコウクジラ
<週2回まで>キダイ、クロムツ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ、ヨシキリザメ、イシイルカ

いずれも1回に80グラム(平均的なお刺身1人前分)を摂取した時の目安です。
また妊婦さんに限った注意情報で、それ以外の人は(乳幼児も含めて)問題なしとされています。
アジやサンマなど、小型の魚は問題なく、それらを捕食する大型魚の体内に蓄積されるメチル水銀が問題となっているようです。
また胎児への影響として、音を聞いた時の反応が1000分の1秒以下のレベルで遅れる可能性があるそうです。

クジラやマグロ、キンメなどを毎週食べるような食生活を送ってる人は
そういないと思うので、現実的には問題ないと思います。
バランスよくいろんなものを食べることの方が重要だと思います。

参考となるURLを貼っておきます。

参考URL:http://www.yasuienv.net/KinmeCom.htm

メチル水銀が問題で注意が出されているのは以下の通りです。

<2カ月に1回まで>バンドウイルカ
<2週間に1回まで>コビレゴンドウ
<週1回まで>キンメダイ、メカジキ、クロマグロ、メバチマグロ、エッチュウバイガイ、ツチクジラ、マッコウクジラ
<週2回まで>キダイ、クロムツ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ、ヨシキリザメ、イシイルカ

いずれも1回に80グラム(平均的なお刺身1人前分)を摂取した時の目安です。
また妊婦さんに限った注意情報で、それ以外の人は(乳幼児も含めて)問題な...続きを読む

Q妊婦が食べれるお菓子

現在7ヶ月にはいったばかりの妊婦です。
安定期真っ只中ということもあってか、食欲旺盛でちょっと困っています。
年末年始ということもあって、先月から今月にかけて今まで以上によく食べました。
その結果、体重がかなり増えてしまって先生に注意を受けました…。
もともとお菓子やケーキなど甘いものが大好きで、妊娠してからあまり体重を増やしたり糖分・塩分は控えめにといわれてきたので我慢はしてきたんですが、どうにも断つことができません…。
子どものため!と思えば多少の我慢はできるんですが、そればっかりだとストレスとまではいかなくても辛いものがあります><;

わがままな質問ですが、妊婦でも食べられるお菓子やジュースなどあれば教えてください!
もちろん、教えていただいたからといって安心して食べすぎないように注意します!!

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。お待たせしてすみません。
さて、先日アドバイスしたいとお話した件ですが、

まず、タバコやアルコールが一時的なストレス解消になるけど、長期的には体を悪くする一因だということはよく知られていますよね。
実は、現在多くの人がふつうのことだと思っている「お菓子を日常的に食べること」も、一時的なストレス解消の代償として、体にとても負荷をかけるんです。
私自身も、「お菓子毎日」は当たり前と思ってた一人なんですけどね。
お店で安く手軽にいくらでも手に入るし、テレビや雑誌でもスイーツ特集とか頻繁にやってて、我慢しろと言われても…って感じです。

でも、人間の体は、「日常的にお菓子を食べる」ことによる糖分の摂取量に、耐えられないのだそうです。
また、現代は調味料類や加工食品にもほぼ必ず砂糖やブドウ糖液などが添加されており、自覚の無いままに摂っている糖分もかなりあります。
糖分過剰摂取の弊害としてほとんど知られていないことに、ビタミンやミネラルの消耗と、血糖値の調整能力が狂うことの2つがあります。

まず、ビタミンやミネラルの消耗について。
糖類や炭水化物をブドウ糖へ分解したり、エネルギーとして燃やすために、ビタミンB群が使われます。
白砂糖やブドウ糖液、また精製され過ぎた炭水化物(白米や白パン、ラーメンなど)、揚げた炭水化物(ポテチなどスナック菓子やフライドポテトなど)のようなものほど、黒糖・さとうきび糖、胚芽米・雑穀等と比べて、代謝のためにより多くのビタミンB群が必要とされます。

すべての栄養素は、互いに働き合って効果を発揮することができるので、不足しているものがあると、全体的にうまく働かなくなります。
また、不足している栄養素があると、生命維持にかかわる部位へ優先的に回されるので、それ以外の部位においては細胞や機能のじんわりとした劣化が始まります。
そうなると、劣化の修復のために、健康的なとき以上に各種栄養素を消耗する体質が出来上がります。
ビタミンB群が足りないと、ブドウ糖をエネルギーとして使えなくなるので、あまったブドウ糖が脂肪に変換されやすくなります。

次に、血糖値の調整能力がおかしくなることについて。
1日に摂ってよい砂糖の量は、その人の体重の約半分相当のグラム量までだそうです。
60キログラムの人なら30グラムまでですね。
これを超える量を、とくにも頻繁に摂取していると、すい臓が疲労してきて血糖値をうまく調節できなくなります。

よく知られているのが高血糖になる糖尿病ですが、
血糖値が低めの数値に長くとどまりやすくなる「機能性低血糖症」という慢性疾患もあります。
こちらのほうは、数値としては正常値の範囲内に入っていることも少なくないので、現在大多数の病院では疾患として認識されていません。
しかし、潜在的にこの疾患にかかっている人はかなり多いと思われます。

血糖値が(正常値の範囲内であっても)低めの数値に長くとどまることは、「どうも頭がスッキリしない」など不快な症状をもたらしますが、
血糖値の調整異常はさらにさまざまな内分泌系の混乱へつながっていくので、いろんな不定愁訴の原因となります。

栄養素の消耗・不足とあわせた症状の例の一部としては、慢性疲労、頭痛・肩こり、冷え性、アレルギー、頭がぼんやりする、イライラしやすいなど、身体症状、精神症状があります。
女性ですと、不妊や子宮内膜症、PMSなどとも関係すると言われます。

そして、お菓子への渇望感も起こりやすいです。
単純においしいというだけでなく、食べないとなんだ落ち着かなかったり、あるいは元気が出ない感じがありませんか。
血糖値が低めになっていたり、また内分泌系の混乱により自律神経が不安定になることで、手軽に血糖値が上がる(元気が出る)糖分を体が求めるんです。
でも、ここで体の欲求に従うと、悪循環になるわけですが。
身体的な依存のメカニズムであり、タバコやお酒をやめるのが大変だというのと同じ理屈です。

糖分過剰摂取に限らず何でもそうなのですが、すでに体が出来ている成人と、今まさに体を作っているところである胎児や、機能が未熟である乳幼児では、受けるダメージの大きさが異なります。

No.4でアレルギーが起こりやすくなるということを書いたのですが、このことについても。
慢性的に血糖値が下がりやすくなると、今度は血糖値を上げようとして、副腎から血糖値を上げるホルモンが分泌されます。
副腎も酷使されることになるわけです。
副腎では、アレルギーを抑えるホルモンも作られるのですが、疲れてアレルギーをうまく抑えられなくなります。
ここのサイトでも、乳児湿疹に悩むママさんがよく相談してますが、ママがどんなものを食べているか聞かれると、「甘いものをよく食べる」と答えているケースがよく見られます。
ビタミンB群や亜鉛、鉄分など各種栄養素が不足していても、皮膚炎などは起きやすくなります。

甘いものをセーブする方法としては、タンパク質を充分に、こまめに摂ることが必要になってきます。
「妊娠・授乳期には低カロリー・高タンパク」と言われるとおりです。
タンパク質は、安定したエネルギー源となり、赤ちゃんにとっても、体のあらゆる部位の材料となります。
肉・魚・豆それぞれの長所があるので、いろいろ取り入れてください。
もちろん、野菜や海藻類、きのこなども。どの栄養素も重要ですから。

毎食タンパク質を取り入れ、さらに、食後2~3時間したら、間食にも煮干(塩分無添加の商品もあります)、豆腐、煮豆(甘くせずに)、豆乳(糖分無添加のもの)、肉などを食べるのが良いです。

白米や白パンなど精製され過ぎた炭水化物も、血糖値の不安定さ(ひいては、お菓子への渇望感)に関係しますので、胚芽米や雑穀、ライ麦パンなどに切り替えることをおすすめします。
調味にも、白砂糖でなく、黒糖やさとうきび糖が良いです。

たぶん、厳し過ぎるアドバイスと思われるでしょうね。
私の場合、「お菓子は体に良くはないだろうけど、そんなに深刻なことにはならないだろう」と高をくくっていたので、お菓子をやめれませんでした。
でも、自分自身も元々あった不定愁訴がひどくなってしまい、子供も卵アレルギーで。
アレルギーのある子って、痒くて不快だからなのでしょうが、よく泣くんですよ。
赤ちゃんもかわいそうだし、産後で疲れてるママもとても大変なんです。

私としては、妊娠中・授乳中は甘味はあくまで避け、授乳終了後に、たまに少量楽しむ食べ方に切り替えることをおすすめしますが、
どうしても無理な場合、ジュースのような糖分を含む液体(スポーツドリンク、健康飲料を含む)、チョコレート、洋菓子系(アイスクリームやケーキ、クッキーなど)は避けることをおすすめします。
糖分を含む液体は、糖分の吸収が急激で負担が大きく、チョコは糖分とカフェインのダブルパンチ、洋菓子系は、私がこういうのをたくさん食べてて子供が卵アレルギーになったからです。
先日ここのサイトで乳児湿疹の相談をなさってたママさんでも、ケーキなど卵を使ったお菓子が大好きと書いていた方がありました。

それと、和菓子や果物であっても、簡単に糖分過剰摂取にはなりますので、少量にとどめてくださいね。
経験から言うと、「ちょっとなら」と思いながら食べ続けるより、思い切って甘味を食べるのをやめたほうが、渇望感をコントロールしやすかったですが。

赤ちゃんが生まれたら、生後3ヶ月からのベビー用ジュースとかお菓子なんかも売られてますが、必要ないです。
間食=お菓子ではなく、栄養補給という感覚が良いです。

長文ですみません。かわいい赤ちゃん楽しみですね。

こんにちは、No.4です。お待たせしてすみません。
さて、先日アドバイスしたいとお話した件ですが、

まず、タバコやアルコールが一時的なストレス解消になるけど、長期的には体を悪くする一因だということはよく知られていますよね。
実は、現在多くの人がふつうのことだと思っている「お菓子を日常的に食べること」も、一時的なストレス解消の代償として、体にとても負荷をかけるんです。
私自身も、「お菓子毎日」は当たり前と思ってた一人なんですけどね。
お店で安く手軽にいくらでも手に入るし、テレ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報