Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

立民・泉代表が維新・馬場代表を「重馬場」呼ばわり「シフォン主義」「からっキシダ」娘もあきれるダジャレ発言集
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd758eec4144c5 …
2/16(木)

 立憲民主党の泉健太代表が放った「ダジャレ」が、物議を醸している。

 2月10日、泉代表は記者会見で、衆院憲法審査会での審議をめぐり「(日本維新の会は)すぐ与党の誘いに乗ってしまう。馬場(伸幸・維新代表)さんは『重馬場』であってほしい」と述べた。

 泉氏は「うち(の選挙区・京都3区)には京都競馬場がある」と紹介。競馬では、水分を含み、馬が走りにくい状態を「重馬場」(おもばば)と表現することから、「重みや慎重さが大事で、良馬場では与党が走りやすい」「自民党は一筋縄ではいかない勢力だが、維新はすぐ誘いに乗ってしまう。これでは野党として戦えない」とも指摘した。

 この「重馬場」発言に対し、2月14日、維新の遠藤敬国会対策委員長は、記者団に「名前をいじったらいけない。最低限のルールだ」と不快感を示した。「おもしろく言いたいのだろうが、使う言葉が間違っている。(泉氏は)修行に入ったほうがいい」とも語った。

 さらに15日には、維新の藤田文武幹事長が記者会見で「相当むかついている。人の名前をいじっておもしろいと思う感性は、どうかなと思う」と批判した。

 批判は立民党内からも。蓮舫参院議員は2月15日、自身のTwitterに、泉氏の「重馬場」発言を伝える記事を添付したうえで、こう書きこんだ。

《これは素直に反省するところでしよう》

質問者からの補足コメント

  • 政治家が博打打ちだと危険です。例えば真珠湾攻撃は明らかに博打でした。そして、プーチンのウクライナ攻撃も博打でしょう。

    政治家が博打で戦争をやってもろくなことに成りません。だから博打好きの政治家は危険なのです。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/02/19 11:03

A 回答 (2件)

No1です。

お礼ありがとうございます。

>政治家が博打で戦争をやってもろくなことに成りません。だから博打好きの政治家は危険なのです。

おっしゃるとおりです。
政治家の職務は国民の命と暮らしをまもることです。
「命と暮らし」を丁半勝負にかけられてはたまったものではありません。
    • good
    • 0

まあ維新の創設者である橋下知事が、



「ギャンブルを遠ざける故、坊ちゃんの国になった。小さい頃からギャンブルをしっかり積み重ね、全国民を勝負師にするためにも、カジノ法案を通してください」と国会議員たちにお願いしていましたからね。

そして「カジノに一円も税金は使わない」といっていた維新の会ですが、カジノ業者の要求により土壌改良工事に790億円、さらには公共工事で2000億円以上つぎ込むっていってますから。

そちらの方が問題は大きいと思いますよ。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

政治家が博打打ちだと危険です。例えば真珠湾攻撃は明らかに博打でした。そして、プーチンのウクライナ攻撃も博打でしょう。

政治家が博打で戦争をやってもろくなことに成りません。だから博打好きの政治家は危険なのです。

お礼日時:2023/02/19 11:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!