壁を抜いたり、床を剥いだり、耐震施工したりと某企業のリフォーム部門に依頼したら600万という見積もりでした。たとえば、設計士さんに依頼して監督とリフォーム箇所ごと職人さんに依頼して仕上げると安いように思いますが、それって問題あるのでしょうか? また大手のDIYショップなら格安で出来ると聞きましたが、よく新聞の折込チラシで宣伝しているリフォーム業者の方が、安心して任せられるものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

我家の場合は新築・リフォームを専門にしている設計士の方にお願いしました。

工事業者は全てその建築士の先生が持っているネットワークを利用しています。

クロスを張り替えたり水まわりを新しくするくらいだと地元の工務店やリフォーム業者で構わないと思いますが、我家と同様に壁を壊したりして間取りそりものを変更したり天井や床板まで新しくするのであれば建築士の方にトータルでお願いした方がいいかと思います。

見栄えだけ良くするのでなく構造的にも必要な補強をしてくれるので安心です。シロアリ被害も信頼できる業者を紹介してくれます。

別途5%の設計料金を請求されます。でも設備関係やシステム建材・サッシなど全て小売り価格の4~5割引で見積もってくれます。例えば100万のシステムキッチンやシステムバスが50万、玄関ドア・下駄箱・フローリング・建具など全部が半値に近いです。要するにその先生は工務店としての中継ぎ利益?を一切無くして設計料のみでプロデュースしてくれます。

工務店では別途設計料は不要ですが設備関係など仕入れ値にある程度の利益を上乗せしているので5%の設計料が高いとは思いません。むしろ先生の総合的な働きを考えると安いくらいではないでしょうか?

我家の場合はいい先生にめぐり合えたと感謝しています。リフォーム番組でデザイナーや匠と呼ばれる設計者が皆さん同じとは思いませんが何度かお話しをして過去の実績を拝見すればなんとなく伝わるものです。信頼できて相性のいい設計士さんを探すことをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sai512さん、いい情報ありがとうございます。5%の設計料金だったら、建材が半額になればお釣りが来ちゃいますね。
・・・やっぱりそうだったか~。以前テレビで見たのですが、有名な建築家が「日本の工務店は、中間マージン取り過ぎだ」って言ってたのを思い出しました。しかし半値にまでなるとは思いませんでした。正直言って。

お礼日時:2005/04/19 09:17

このページにスポンサーサイトがありますが、


その中の「ホームプロ」と言うところをご確認下さい。
http://www.homepro.co.jp/index.html?SiteID=501
数社から同内容の施工での見積が取れますよ。
設計士に頼むのもわるくはありませんが、5,600万円程度の施工内容で
設計事務所を通しても、設計料が意外と高くもしかしたらそれ程
金額を下げることは難しいかもしれません。
内外装の仕上げや意匠にこだわりがあるのであれば多少高くついても設計士に
依頼する方が希望に近いものになるかもしれません。
ですが、ただ単純にクロスやフローリングの張り替え、水回りの交換
程度であれば、無難にリフォーム会社に頼んだ方がおそらく安く上がるでしょう。

しかしまずは数社に見積をお願いしてみて下さい。

※それからご自分が出せる上限金額を素直に言わない方が良いでしょう。
上限金額よりも2割程低く予算を伝えて下さい。
それでもおそらく見積金額は上限の予算より1割程低い金額になると思います。
工事を進めて行くと、追加費用が発生するでしょう。
最終的には上限金額と同額になる筈です。
(もしくはそれよりも多少オーバーすることも考えられます)
あとは交渉あるのみです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nakajima244さん、交渉術アドバイスまでして頂いて、ありがとうございました。
施主が2割低めに予算を伝えても、業者は予算より1割低い位の見積りをし、追加費用で結局は予算通りになる・・・ナルホド、そういうものですか。読んだ人はみんな得したと思います。

お礼日時:2005/04/19 09:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q静岡で中国語会話の練習相手ははどこで見つけますか?

静岡で中国語会話の練習相手を見つけるにはどこに行けば良いですか? 中国語学校などは仕事で時間が取れないから行けないです。どこか個人の先生を見つけたいですが、大都市でないため簡単には見つかりません。

Aベストアンサー

ネットでさがすのがどうでしょうか。

言語交換という形で。

Q耐震診断、耐震リフォームのタイミングって?

中古住宅を買おうと思ってます。
候補の建物の築年数が古く、耐震の面で不安があるので、耐震診断や必要があれば耐震リフォームを考えていますが、購入の前に状態を調べることって可能なんでしょうか?また、その方法やどこまで調べることができるのかアドバイスお願いします。
ちなみに、物件は現在売り主さんがお住まいの状態です。
耐震助成の活用もしたいのですが、自治体の要項を見ると条件が物件を所有かつ居住となっているので、そうなると買ってからでないと調べられないのかなぁと思いまして・・・

Aベストアンサー

現在住んでおられるのなら、詳しい診断等は出来ないと思います。施行図面があるならある程度は出来るでしょうが…。

なお、築年数があまり古いと、住宅借入金特別控除が受けられないので注意してください。一定の耐震基準に適合するものについては築年数の制限はありませんが、その証明を購入前2年以内に取っていないといけません。買ってからでないとリフォームや診断も出来ないでしょうから、なかなか難しい問題ではあります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1214.htm

Q第二外国語の中国語、どこの塾がいいですか? 都内でいいところあったら教えてください。 家庭教師でもい

第二外国語の中国語、どこの塾がいいですか?
都内でいいところあったら教えてください。
家庭教師でもいいです
いいところご存知なら教えてください。

Aベストアンサー

№1です。語学教室だとお金もかかります。
また中国語専門の塾は少ないと思います。
進級がかかっているなら学校の中国語の先生にしつこく質問してはいかがですか?
または日本語が出来る中国人留学生を家庭教師に頼むのはどうでしょう。
大学に問い合わせれば、学生のバイトを斡旋してくれるところもあります。

Q多様なリフォーム(浴室全面リフォームから電気の交換まで)どこに依頼するのが適切?

中古(築20年程度)の家のリフォーム・修理を考えていますが、内容が多彩過ぎてどんな業者に依頼すべきかわかりません。
できるだけ効率良く、(一度直した所を別の業者が再度工事する羽目になったりしないように)かつ、安くするためには、
全て一括で引き受けるリフォーム業者に依頼すべきなのでしょうか?
もしくは、内容によって複数の業者(例えばガスはエネスタ、トイレ・蛇口はTOTO、食洗器は家電量販店 等)に依頼した方が良いのでしょうか?

リフォームの内容は以下の通りです。

●風呂
 全面リフォーム(窓サイズ変更も含む)
 給湯器交換
●台所
 ビルトインガスコンロ交換
 ビルトイン食洗機交換 
  ※今使っている食洗機と同サイズの食洗機が無いので、
   サイズを合わせるための工事が必要
 蛇口交換
 給湯器交換 
●トイレ・洗面所
 便器交換
 洗面台交換
 クロス・床・天材張替
●その他
 内階段手すり取付
 外階段手すり取付
 ダイニング照明種変更(白熱灯→蛍光灯)
 ベランダ(3F)への水道取付

先日大手リフォーム業者に見積もってもらったところ、高価で驚きました。例えばガスコンロ交換について、定価12万円のガスコンロが工事費込みで21万円でした。明細ではリフォーム業者のマージンが2.1万となっていますがそれ差し引いても高いです。
エネスタでも見積もってもらったら同じ商品が工事費込み12万でした。もちろん同じ商品なら金額は安い方が良いのですが、その一方で同じ部分(たとえば風呂本体と給湯器)に対して複数の業者が入れ替わり工事を行うと、かえって変なことになってしまわないか心配です。
説明拙く申し訳ありませんがよろしくお願いします。わからない点聞いていただければ補足します。

中古(築20年程度)の家のリフォーム・修理を考えていますが、内容が多彩過ぎてどんな業者に依頼すべきかわかりません。
できるだけ効率良く、(一度直した所を別の業者が再度工事する羽目になったりしないように)かつ、安くするためには、
全て一括で引き受けるリフォーム業者に依頼すべきなのでしょうか?
もしくは、内容によって複数の業者(例えばガスはエネスタ、トイレ・蛇口はTOTO、食洗器は家電量販店 等)に依頼した方が良いのでしょうか?

リフォームの内容は以下の通りです。

●風呂
 全...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんが建築知識のある方でしたら、分離発注をするのも指して問題ないかもしれませんが、文面から推測するとそのような方でもないようですから、工程調整、施工区分の調整等々で苦労するだけでなく、相当な時間をとられることは必須ですから、まず分離発注はやめたほうが無難です。

次にどこに発注をすればよいのかということになりますが、まずリフォーム会社への発注は避けたほうがよいでしょう。技術的にも優良なリフォーム会社もこの世の中には存在しますが、あたりはずれが余りにも大きくリスクが大きすぎます。
(水周りをいじるので、施工不良等が発生したときに収拾がつかなくなりますよ)

残るは、NO2さんの回答にあるようにエネスタ等の大手の設備系会社で総合リフォームをやっている会社かお近くの工務店、木造建築も扱っている建設会社などから選択したほうがよいと思います。

基本的には値段よりも施工の信頼性を優先すべきでしょう。
たとえ素人でも、面と向かっていろいろ話をしているうちにはある程度信頼性があるかないかはわかるかと思いますが・・・。

アドバイスになりましたでしょうか?

質問者さんが建築知識のある方でしたら、分離発注をするのも指して問題ないかもしれませんが、文面から推測するとそのような方でもないようですから、工程調整、施工区分の調整等々で苦労するだけでなく、相当な時間をとられることは必須ですから、まず分離発注はやめたほうが無難です。

次にどこに発注をすればよいのかということになりますが、まずリフォーム会社への発注は避けたほうがよいでしょう。技術的にも優良なリフォーム会社もこの世の中には存在しますが、あたりはずれが余りにも大きくリスクが大...続きを読む

Q中国語の学習者です。学習している限りどこかでその会話力を試して見たいで

中国語の学習者です。学習している限りどこかでその会話力を試して見たいです。大阪のどこかで中国人の人達に会話を試せる場所は無いでしょうか? 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

チャイナエステはもはや王道。

気楽にいける所で、スーパー玉出のレジ打ち留学生。
中国人率高し( ゜д゜ )

あとは、ヨドバシ梅田の中国人買い物客。

梅田の東通商店街散策中の中国人観光客。
商店街突き当たりのとあるビルは中国人オンリー。


てか、大阪全域、歩いてれば中国人と肩がぶつかると思。

Q耐震リフォーム

木造軸組二階建てです。我が家は一階に壁が少なくLDKの上は4.5畳くらいの吹き抜けがあります。2階に個室が多くとってあり、壁なども一階にくらべて多いので地震が心配です。単純に一階に壁を増やして備えようと思っていましたが、考えてみると我が家の床はフローリングのしたはコンクリートでその中には床暖房の温水パイプが通っているのです。(一階全体に)このような場合新たに基礎につながるしっかりとした柱は立てられないように思うのですが、どうでしょうか。どういった耐震対策が有効なのか教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

柱が立てられないのであれば、
・既存の柱と柱の間に筋交いを入れる(入っていなければ)
・柱と横木(柱と基礎)を補強具で一体化する。
これだけでも違います。

Q中国語をどこで使っていらっしゃいますか?

こんにちは。
しばらく前から中国語をやろうやろうと思ってやり始めた時は
なかなかにテンションも高いのにしばらくするとなんだか
やる気がなくなってしまい・・・というのを繰り返しています。
ですが思えば実際いま中国語を必要とする場というのを見つけられていないのです。
英語に関しては家で取ってる英字新聞、研究で読む必要がある英語の科学論文や専門書で
使う必要があるのでその分勉強のやる気も持続するのですが、、、。

中国語を実際に使える場所ってどこかご存知でしょうか?
インターネット上でもぜんぜんかまいません(むしろその方がいいかもしれません)。
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ネット上で中国語を使えて、なおかつ無料なところはいくつかあります。
「百度知道」はご存知でしょうか。ちょうどこの「教えてgoo」のようなQ&Aサイトです。登録も利用も完全に無料です。
「日本語」というカテゴリがありますので、そこで答えているだけでも結構中国語の読み書き練習になるのではないでしょうか。

百度知道
http://zhidao.baidu.com/?t=50

あと、hi5というSNSがあります。ミクシィやグリーのようなものですが、タイや中国で人気のようです。これも無料で使えますが、以前トラブルになっていたので、登録や使用の際にちょっと注意が必要かもしれません。(何かのチェックボックスをオンにすると、勝手に自分のアドレス帳に登録されているアドレス全てに招待状を送りつけるというトラブルだったようです。現在はこのような機能はないので私は遭ったことはありませんが、念のため注意しておいたほうがいいかもしれません)

hi5
http://hi5.com/friend/displayHomePage.do

ネットで中国語を使う場があると、時間や都合を気にせずつきあえるので、私はけっこう重宝しています。
長くなりましたが、お役にたてますよう。

こんにちは。

ネット上で中国語を使えて、なおかつ無料なところはいくつかあります。
「百度知道」はご存知でしょうか。ちょうどこの「教えてgoo」のようなQ&Aサイトです。登録も利用も完全に無料です。
「日本語」というカテゴリがありますので、そこで答えているだけでも結構中国語の読み書き練習になるのではないでしょうか。

百度知道
http://zhidao.baidu.com/?t=50

あと、hi5というSNSがあります。ミクシィやグリーのようなものですが、タイや中国で人気のようです。これも無料で使えますが、以...続きを読む

Qリフォーム見積もりの返事がないです

リフォームの見積もり依頼をしたのですが
1週間近くたった今でもへんじなしです。
複数の会社に見積もりを依頼して
安いところにやってもらうことにしてます。
返事がないのはこの業界ではよくあることなんですか。
もしかして、嫌われているとかでしょうか。
複数の会社に見積もりを依頼することで相手に嫌われたんでしょうか。無視=できないと解釈したほうがいいんでしょうか。
見積もりは普通どのくらいでくるものなんでしょうか。
待っていればよろしいですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめに。私はリフォーム店をしております。気分を悪くなさらないように。まず相見積ですが、素人レベルでは見積のチェックはほぼ出来ないと思ってください。例えば床をさわるとして、フローリングの仕様の判別がついても工事内容も工事レベルも会社ごとに違うのです。増し張りなのか、根太上の撤去もするのか、レベルの調整をするのかそのままなのかなどなど・・・・。値段だけの判別じゃ業者によっては相手にしないお客さまもいます(返事をしないのはもってのほかですが)丁寧にお断りすることもしばしば。値段だけに執着するお客さまの工事は業者からするとやりがいないですし。特に提案型のリフォーム店では安易に深追い出来ないと判断されたりします。こんなこと書いているとなんて業者だって言われるかもしれませんが・・・・・。でもここまで言い切れるには自信もありますし、責任感もあります。値段?ボッタクリなんかしないです。適正なものを適正に。商品は出来るだけ安く。ただ工事は責任のもてる価格で提供します。安易に値引きなんかすることはお客さまに迷惑を掛ける原因ですから。なんか脱線しましたが、良心的な業者を見つけるのは難しいですが、工事を依頼する限りは自分にも責任があることをお忘れなく。家のショップはOBさまからの紹介がもっとも多い集客です。イコール工事に満足されてから紹介がいただけるのです。そんな業者を探すことが近道かもしれません。生意気なことはお詫びいたします。

はじめに。私はリフォーム店をしております。気分を悪くなさらないように。まず相見積ですが、素人レベルでは見積のチェックはほぼ出来ないと思ってください。例えば床をさわるとして、フローリングの仕様の判別がついても工事内容も工事レベルも会社ごとに違うのです。増し張りなのか、根太上の撤去もするのか、レベルの調整をするのかそのままなのかなどなど・・・・。値段だけの判別じゃ業者によっては相手にしないお客さまもいます(返事をしないのはもってのほかですが)丁寧にお断りすることもしばしば。値...続きを読む

Q中国語で、「これ」を表す「zheige」は、音節は、どこでくぎるのでし

中国語で、「これ」を表す「zheige」は、音節は、どこでくぎるのでしょうか?同じように、「それ、あれ」を表すneige(e4声)と、「どれ」を表すneige(e3声も)、教えてください、お願いします!!

Aベストアンサー

"zheige"については私も中国語教室の先生に
テキストと黒板のピンインが違っていたので
聞いてみた事があります。

zheigeは zhe4 yi1 ge4 を続けていった場合の
表記なのだそうです。
なので厳密に言うと上記の表記になりますが、会話上は
zhegeもzheigeも同じように解釈するそうです。

neigeも同様で na4 yi1 ge4 を続けた場合のいい方です。


ここからは私見なのですが、
そう言う意味では区切りはないかもしれません。

言い切れていないかと思いますが、
日本語の"こいつぁ"と"このやつは"みたいな感じで
使われているように思います。

Qアパートの部屋のリフォーム見積もりについて

台所の壁紙の張替えの見積もりを依頼した所、以前リフォームしてもらった会社の見積もりより、
今回依頼した会社では数量に5平方メートル多く差が出ました。
壁紙はシンプルなもので、柄合わせの必要はありません。
差が出るのには他に理由がありますか?
こちらは素人なので言葉は悪いですがボッタくられているのでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、見積書の数量についてですが、業者様により異なることは日常茶飯事です。
その原因として考えられるのは

1)設計数量を計上
2)施工数量を計上
3)数量の単位の違い(m2とm)

等です。簡単に説明しますと
1)設計数量とは工事完成後見える範囲の数量
2)施工数量とは工事に必要となる材料の数量

施工業者様はクロスの場合、材料は幅90cm程度のものを継接ぎながら
部屋全体に貼っていきます。当然90cm幅必要ない部分も出てきますが、もうこれは切端しとなり使うことができません。いわゆるこれがロス材と言うものです。そのロスをも含めた数量が施工数量と言います。
当然、設計数量よりも多くなります。ですから、どちらの数量計上方式をとったかにより数量は異なります。
ただし、設計数量ですとクロスの材料m2単価にロス分を上乗せしますのでm2単価的には設計数量で計上した方が高くなるのが普通です。(業者様もちゃんと考えています。)

3)の場合先に言いましたがクロスと言う材料が幅90cmの巻物である為、m計上してある可能性もあります。単位を確認ください。

キッチンとなりますと特に設備器具、什器備品等多数存在しますので、担当者の考え方、施工方にも差が出てくると思います。
材料数量のみでなく、m2単価等全体的な比較・検討をしてみてはいかがでしょうか?
その上で、業者様にご質問し、明確な回答が得られるかどうかと言うことも重要だと思います。

まず、見積書の数量についてですが、業者様により異なることは日常茶飯事です。
その原因として考えられるのは

1)設計数量を計上
2)施工数量を計上
3)数量の単位の違い(m2とm)

等です。簡単に説明しますと
1)設計数量とは工事完成後見える範囲の数量
2)施工数量とは工事に必要となる材料の数量

施工業者様はクロスの場合、材料は幅90cm程度のものを継接ぎながら
部屋全体に貼っていきます。当然90cm幅必要ない部分も出てきますが、もうこれは切端しとなり使うことができません。...続きを読む


人気Q&Aランキング