忠臣蔵で悪役となってますが地元・愛知では名君としての評価を受け、逆に浅野内匠頭は短気で世間の疎い殿様という一説がありますが地元愛知や赤穂の人たちの評価はどんなものでしょうか、またそのあたりに詳しい人、赤穂浪士は脚色されたものなのか、それとも事実に忠実に基づいたものだったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

現在に伝わる赤穂浪士の話、「忠臣蔵」とは人形浄瑠璃の話として創作された「仮名手本忠臣蔵」を元に、その後歌舞伎の題材としてズ~と伝わったものであり、その話の中のかなりの部分は創作された話が多いようです。



事実としては浅野内匠頭が吉良上野介に切りつけた「江戸城 松の廊下での刃傷事件」とその翌年に起きた赤穂浪士達による「吉良邸討ち入り事件」という衝撃的な事件は事実のようですが、そこに至る間の様々な小さな事件等はかなりフィクションが多いようです。

さて、質問の吉良上野介の地元の評判ですが、土木工事を積極的行なう等々、評判は非常に良く名君といわれていたようです。
今でも地元の人は上野介のことは悪く言わないようです。
逆に浅野内匠頭はさほど評判が良い人ではなかったようです。

この二人が何故あのような事件を起こすことになったのか?
原因として塩の製法を教えなかったためだとか、浅野の奥方に対して吉良が横恋慕しただとか様々言われていますが、実際にはこの原因さえもはっきりしたことが解っていないのが現実です。

後世の我々は事実を元にした創作物語である「仮名手本忠臣蔵」があまりにも有名だったために、この中の話があたかも全て史実であるかのように思い込んでいる状態です。
しかしながら、「仮名手本忠臣蔵」は当時の徳川幕府に対して正面から批判的な物語を上演することが不可能であった為に、時代設定を徳川時代よりずっと前の足利時代としてさらに登場人物も例えば大石内蔵助⇒「大星由良助」として全く違う名前で上演されています。
しかもこの「仮名手本忠臣蔵」が人形浄瑠璃として最初に上演されたのは実際の討ち入り事件から約50年後のことであり、下手をするとお上から上演中止になってしまう状況でしたので、物語としては非常に面白くできているのですが、反面史実としてどうなのかとなるとかなりの部分が脚色されていると判断されます。

現代の歴史小説でも宮本武蔵には「お通」という女性が必ず登場しますが、史実としては武蔵の回りにこのような女性の存在は無かったといわれており、「お通」は作家である吉川栄治の創作だということは有名ですね。
作家は単に史実を記録するだけでは小説としては全く面白く無いものになってしまう為に史実を元にある程度フィクションを混ぜていくものです。
ましてや幕府にお咎めを受けずに上演するために忠臣蔵の話は細心の注意を払って完成したもののようですので、今更事実がどうだといわれても誰にも本当のことは解らないですね。

将来的には水戸黄門が助さん・格さんをお供にして日本全国を漫遊していたという話も一般に信じられるようになっているかもしれないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mn214様、回答有り難うございます。

この三百有余年の間に話があっちいったりこっちいったりして今に至ってるのですね、吉川栄治も司馬遼太郎も主人公もさることながら脇を固める人間達が魅力的ではまりますね、現実に色付けすることでも忠臣蔵も人気を得たのですね!

お礼日時:2005/04/19 12:47

http://www.town.kira.lg.jp/toppage/index.html

吉良町という町は実在しており、尾崎士郎の同名の小説を下敷きにして作られた「人生劇場(作詞:佐藤惣之助 作曲:古賀政男 唄:楠木繁夫)」で有名な「吉良の仁吉」の故郷でもあります。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~futakoz/versoj/v-sen …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

98Kinさん、勉強なるHPご紹介有り難うございました。
ちゃぁんと吉良町のHPでは立派な名君として紹介してありますね。
赤穂市と姉妹都市というのは救われた思いがします(笑)。

吉良の仁吉の吉良なんですね、蒲郡の近くでしたか。

お礼日時:2005/04/20 21:51

井沢元彦の小説「忠臣蔵 元禄十五年の反逆」を読みました。

あくまでも小説ですが、氏の圧倒的に豊富な資料を「これでもか」と言うぐらい畳み掛ける推理展開に「そうだったのか!?」と思わせる素晴らしい作品でした。
小説なので内容をあまり詳しくは述べられませんが
●浅野の勅旨接待饗応役は2回目であり、浅野が礼儀作法を知らない訳が無い
●勅旨を迎えるのに将軍は当日朝に風呂に入って身を清める事までしている。迎えるのに落ち度があれば浅野一人に責任を被せるだけでなく教育係の吉良も同罪であるのは明白。よって浅野に対する嫌がらせは完全にフィクションである
●刃傷事件で、なぜ浅野は切腹、吉良はお咎めなしの、片手落ちの裁きなのか
●なぜ、ろくな取り調べもせずその日のうちに、大名ともあろうものが庭先で(建物内ではなく)切腹させられると言う軽い扱いを受けなければならなかったのか
●仮名手本忠臣蔵に隠された深い意味。ストーリーの中にある事実が隠されている

この本は処分してしまい手元に無いので思いつくままにあげてみましたが、これを読めば忠臣蔵の謎が一挙に解決できます。
小説の形体を取っていますが氏の歴史物は資料に基づいて書かれていて充分事実であろうと納得出来る物です。
私も中身をここで書いてしまおうかと迷ったのですが、マナー違反なので詳しくは本を御覧になってください。
中途半端な回答ですみません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tabisukeさん、回答有り難うございます。
聞いてみるものですね、勉強なりますわ。

どうやらどちらが良い悪いよりも幕府の裁き方に問題あったようですね。

>詳しくは本を御覧になってください。
ハイ!興味津々です。

お礼日時:2005/04/20 21:29

時々吉良に遊びに行きますが、地元では今でも評判のよい殿様です。


地元のお酒などにも彼を慕って「吉良の赤馬」という名前のものがあり、ローカル局ではコマーシャルも流れるほどです。
この赤馬の由来は、赤い馬に乗って領内の治水事業を見て回ったことにあり、名君の証でもあります。
他の方も書いてますが、吉良にとっては運の悪い事件で、勅使の接待は吉良家のような高家(由緒ある旗本)が指導して行うことになります。
お茶やお花の師匠さん同様、幕府からいただく俸給以外に掛になった諸大名からお礼をいただくのが普通で、失敗すれば連帯責任になり、吉良家が指導不行き届きで叱責を受けますので、ワザト失敗させて恥をかかせるということは考えられません。
また浅野内匠頭自身2度目の役ですから、何も判らない田舎大名でもなく、浅野家側が礼を失した態度をしたので、吉良がいらついたということかと。
また彼の伯父さんの内藤和泉守忠勝も増上寺刃傷事件での加害者ですから、ちょっとしたことでかっとなって切りつけるのは血筋とも言われてます。
いずれにせよ吉良では同情論のみで、悪く言う人間はいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

98Kin様、地元に近い人の回答有り難うございます。

>時々吉良に遊びに行きますが、
えっ!「吉良」という地名あるのですか?吉良上野介から来てる地名なんですか?無知なのでそれは知りませんでした。

忠臣蔵もまた何百年か経って世の中の考え方が変わると違う評価になるのでしょうね、戦時中楠木正成が皇国の象徴とされていたように。

お礼日時:2005/04/19 12:55

私は池波正太郎のファンなのですが、彼は忠臣蔵にはかなりの興味を持っていて、いろいろ調べた史実を元に幾つかの作品を書いています。


ダイジェストでお伝えしますと、

・浅野内匠頭は、ケチで、自分の取り巻きを大事にするような凡庸な殿様であった。(大石のような人物を重用していなかったような)
・性格はときに癇癪を起こしたようで、男色家であった。(妻の実家では嫁いだことが不幸であった、との記録が残っている)
・火消しが大好きで、陣頭指揮を取ったり、演習も良くやっていた。

・吉良上野介は、地元では自愛に満ちた名君として誉れが高かった。
・政治力にも優れ、実施を上杉家の殿様として送り込んでいる。
・物事ははっきり言うところがあった。

池波氏の解釈では、理由は癇癪であって、問題となったのは幕府が不公平な采配を下したことにあった。
お家再興を果たすことででそれを認めなかったために、大石は世に喧嘩両成敗を問うために討ち入りをすることになった、といった感じです。

吉良はいい迷惑だったようです。
何か文句言われたからといって、それで殿様ともあろうものがカーっとなって刃傷沙汰では、軽率の謗りは免れない。
喧嘩両成敗で済めばまだ被害が少なかったと言えたかも。
(両者切腹までは行かなかっただろう、と私は思います)

幕府の裁定が間違っていたことが原因なのに、面白おかしく勧善懲悪になってしまったようですね。
まあ大衆向けの劇なのだからしょうがないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

mori_izou様、回答有り難うございます!

…私の想像以上に浅野内匠頭はしょっぱいお方だったのですね、男色家だったのですか!!彼が存命中は内蔵助以下、側近部下は苦労してたのでしょうかね?新たに疑問湧いたりします。

お礼日時:2005/04/19 12:39

>赤穂浪士は脚色されたものなのか、それとも事実に忠実に基づいたものだったのでしょうか


赤穂の浪人による吉良邸討ち入り自体は、史実にある出来事ですが、一般的に演じられている忠臣蔵の中に出て来る話は、脚色されたことが沢山含まれてれています。
これは江戸時代に発表された、仮名手本忠臣蔵が広く一般に知れ渡ったために、そちらの方が物語性がある事もあり多く知られるようになったようです。
映画やドラマの忠臣蔵を見ていても、
吉良邸討ち入り前に、浪士全員が蕎麦屋?の二階に討ち入り道具を携えて集まり、身支度を整えて出かけているが、50人近くが道具を持ち寄れる広間がある店が合ったのか?
吉良邸討ち入り時に陣太鼓を叩いているが、闇討ちを仕掛けるのに"戦場で指揮をするために使う"陣太鼓を叩くのか?
など疑問に思うシーンが定番で描かれています。
また、討ち入る前に三次浅野家下屋敷を大石が訪れ、瑤泉院に別れを告げるシーンも良く描かれているけど、史実ではそれが確認されていないし・・・(従って、討ち入りの血判書を吉良の間者が狙う事も怪しい・・・)、大名家にお預けになった浪士の刀を調べたら、錆びていて抜けない物も合ったとされているが、討ち入り時の浪士の格好はそれ程貧しそうに見えない・・・等々、実際に史実と伝えられている事と合わない描写も多くあるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kuma56さま、回答有り難うございます、
どうしても芝居仕立てにするならデフォルメ利かさないと面白くなりませんものね、

>闇討ちを仕掛けるのに"戦場で指揮をするために使う"陣太鼓を叩くのか?
笑ってしまいました、叩くと起きてしまう(笑)。

お礼日時:2005/04/19 12:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吉良上野介は悪人でしたか?

忠臣蔵の契機となった浅野内匠頭による吉良上野介襲撃事件に関して、
吉良上野介が悪人とされていますが、それは特に根拠がないという説もあります。
1.吉良上野介は事件前から評判が悪い人物だったのでしょうか?
  性格が悪いとか、賄賂を要求するとか。
2.吉良上野介が赤穂藩の朝廷使節接待に関して邪魔した事実がありますか?
3.事件後、江戸住みの赤穂藩士への聞き取り調査は行われましたか?
4.たしかNHKの番組で、赤穂浪士が世論操作のために江戸で吉良上野介の悪口を触れ回ったということをいっていたと記憶していますが、事実ですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

堀部弥兵衛の記録によれば、「吉良上野介が勅使らの宿舎・伝奏屋敷で浅野内匠頭に悪口を言った」ということです。
どのような悪口かはわかりません。

広島の浅野家がのちにまとめた文書によれば、浅野内匠頭がそのときになって場当たり的に吉良上野介に質問したことから」、他の人のいるところで「今になってそんなことを」と言われたとあります。

また常憲院御実記によれば、浅野内匠頭はよく「時刻を間違えた」ということです。

浅野の刃傷を制した梶川輿惣兵衛の日記によれば、当日の朝になって急な前倒しスケジュール変更があった。吉良上野介はその連絡のために走り回ったり、老中たちと打ち居合わせをしていました。

浅野は家来とともに勅使らの宿舎・伝奏屋敷に併設された長屋に泊まり込みで生活の世話をしていましたが、勅使らよりも一足早く登城して玄関で出迎えることになっていました。

勅使らは予定よりも早く登城したことから、急なスケジュール変更になったようです。伝奏屋敷での時刻管理にミスがあったようですが、それが浅野の指示によるのか、伝奏屋敷にいた家来が間違ったかは定かではありません。

製塩に関係する確執があったという説はすでに否定されているし、賄賂(まいない)は吉良に限らず立場上当然のこととしていた人が大勢いるので、吉良にだけ少なかったということは考えられません。

ほとんど問題にされていなかったことですが、当日になっての急なスケジュール前倒し変更については検討すべきことだと思います。

さて、それがどうして討入事件に発展したか、です。

将軍綱吉は、自分の生涯でできなかった仕事を託そうと、次期将軍には娘(鶴姫)が嫁いだ紀井徳川家の綱教を考えていました。
ちなみに、紀井徳川綱教の妹は吉良上野介の息子・上杉綱憲の正室です。

一方で、甲府の松平綱豊(のちの徳川家宣)が次期将軍にふさわしいと考えている人たちがいました。
綱豊の正室は朝廷の実力者、関白の近衛基煕の娘・煕子です。
水戸光圀の正室の甥が近衛基煕ということもあって、光圀は次期将軍に甲府の松平綱豊を推していました。

吉良上野介は幕府の朝廷との窓口で、騒るさがられた存在でした。

刃傷事件の三ヶ月前に、水戸光圀が亡くなりました。

事件の3日後に、将軍綱吉は初めて紀井徳川家江戸屋敷を訪問しています。

刃傷事件の報を受けた近衛基煕の日記に「秘事」という言葉がありました。

各大名家に、参勤交代の時江戸に余計な従者を連れてくるな、との仰せあり。

事件の翌月、四月から六月まで幕府の軍隊を総動員した銃と弓による射撃演習がくりかえしおこなわれ、それが終わると江戸にいる大名が集められ、武家諸法度の厳守がいいわたされました。

この時点で、反綱吉派との和議が成立したのでしょう。


討入は幕府は幕府主導で行われたものでした。
はじめ吉良屋敷は鍛冶橋門内にあり、元禄十一年九月六日の大火で焼けたため、呉服橋門内に新たに屋敷を拝領しました。
そして、浅野内匠頭による刃傷事件発後、本所御竹蔵跡にあった松平登之助信望の屋敷だったところに移ったのです。

松平登之助の屋敷は、本所の前は神田川沿いにある神田佐久間町一丁目の北にありました。その屋敷が吉良の鍛冶橋の屋敷と同じ火事で焼けたため、本所の御竹蔵跡に新たに屋敷を拝領したのです。

浅野内匠頭による刃傷事件は、元禄十四年三月十四年日。松平登之助に下谷への屋敷替の命が下ったのは八月十二日。登之助は翌日には指定された屋敷の受取証を提出しています。

吉良上野介に本所御竹蔵跡の松平登之助の上ケ屋敷への屋敷替の命が出たのは八月十九日で、本所屋敷の受取証提出は九月三日でした。

ここで二つの注意事項があります。その一つは、「屋敷」の意味。本来は「館を建てるための敷地」です。しかし、館があるものを居抜きで拝領することもあります。

もう一つは、本所松坂町という町は元禄十六年十一月の大地震に続く大火の復興後にできたものでいっぺんにできたものではないし、本所松坂町は町人の住むところなので、「本所松坂町の吉良邸」というのはおかしい。「本所松坂町があった場所に吉良邸があった」のですが、松坂町の名も今から80年以上前になくなっています。

元禄十一年九月六日の大火後に吉良が拝領した呉服橋内の屋敷や松平登之助が拝領した本所御竹蔵跡の屋敷は、整地した後に区域わけの新道を敷いたり排水溝をつくっただけのもので、更地のようなもの。館は屋敷を拝領したのち、自前で建てたのです。

元禄十一年九月六日の大火は、万石以上の大名屋敷だけでも80以上も焼きました。それ以下の旗本・御家人の屋敷や町屋、寺地などを含めたデータは史料により差がありますが、今の銀座五、六丁目あたりから南千住まで焼き尽くしたたいへんな火事でした。

大火後の建築ラッシュを考えれば、松平登之助および吉良上野介に屋敷替の命が出た時点で、築2年ほど。松平登之助の本所御竹蔵跡の屋敷も吉良上野介の呉服橋門内の屋敷も新築に近いものです。

松平登之助は将軍の側に仕え、政以外の日常の諸事にかかわる「小姓」でした。彼には極めて親しい松平右京大夫という従兄がいました。その松平右京大夫は、柳沢出羽守保明(のちの美濃守吉保)とともに中央政治に深く関与していた側用人(この当時は側用人という言葉はなかったが)でした。

大石内蔵助が討入直前の十二月十三日に赤穂の3人の僧に宛てた手紙には、「関所も何事もなく通過し、江戸に着きました・・・若老中(若年寄)もご存じのようですが何も言ってきません。(討入は)うまくいくいくようです」という意味のことが書かれていました。

武家地の辻には辻番がいて、夜でも戸・障子は閉めずに監視し、一とき(時・刻)に一度は周囲をパトロールすることになっていました。辻番の番人には二十歳から六十歳までの年齢制限があり、昼夜の番人の人数規定もありました。

辻番は、大名・旗本家が運営・管理していましたが、幕閣の若年寄もまた管理していました。若年寄の配下の目付の下にいる御徒目付(おかちめつけ)が、辻番を巡回して勤務状況などをチェックしていたのです。

辻番は番人に老人を使ったり、番小屋では食べ物を売ったりしていたといわれますが、それはのちに町人が請け負うようになってからのことです。

吉良屋敷の南西角に、辻番がありました。吉良屋敷とは地続き、北隣東側にあった本多孫太郎屋敷の北東角にも辻番がある。町屋には自身番があります。

辻番・自身番は、今の交番よりもはるかに密度が高い。

前原伊助は、吉良屋敷とは道を挟んだ南隣の本所相生町二丁目に店を開いていたので、討入前から赤穂の士が何人も出入りしていた。吉良屋敷の辻番のすぐ近くに浪人風情が何人も来ているのに何のお咎めもない。大石内蔵助は、「どうもおかしい」と思って江戸の同志に問き質だしたのでしょう。

松平登之助が住んでいた屋敷に吉良上野介が入ったのですが、松平登之助の屋敷だった時には南にあった表門が吉良屋敷になったときには東に移設されていました。

大石内蔵助ら表門隊は東の表門脇に梯子をかけて屋根から邸内に飛び降りて侵入しました。

表門が南にあったとしたなら、こうはいきません。当時の江戸には10か所の定火消役屋敷といくつかの大名屋敷にしか火の見やぐらがなくて、町人の住む町には屋根番がいました。

烈風のときや火事情報があったときは屋根に立って周囲を監視する。
吉良屋敷のすぐ南の相生町二丁目の屋根番が屋根の上に立てば、討入は丸見えになります。

表門が東なら、屋根番の死角になります。

武家には緘口令をしくことはできても、町人にはできない。討入の詳細が江戸中に広がってしまいます。

それともうひとつ。都合のいいことに、吉良屋敷からさほど遠くないところに(現在の京葉道路と清澄通りの交差点近く)、中山勘解由の屋敷がありました。「鬼」と恐れられた初代火付改です。

中山勘解由は、放火容疑者を大量に捕まえ、拷問にかけて自白させた。拷問に耐えかねてウソの供述をした者がいたということで、「鬼勘解由」といわれていました。

事件当時、中山勘解由は「御使番」でしたが、御使番の職務の中には火事の際の定火消と大名火消の監督もあったのです。

近所に「鬼勘解由」が住んでいれば、夜中に多少騒がしくても野次馬に出ることはできません。

そんなわけで、討入は事前にお膳立てができていたのです。

ちなみに、吉良屋敷の北隣西側は当時の老中首座(土屋相模守政直)の本家、土屋主税逵直の屋敷。北隣東側は家康の次男(二代将軍秀忠の兄)を祖とする越前松平家の家老・本多孫太郎長員(二万石)の屋敷でした。

本多孫太郎は越前松平家の監視役ということで大名格として特遇されていたことから、江戸に屋敷を拝領していました。孫太郎本人は越前府中に常住で、江戸屋敷は本多家の江戸出張所のようなものでした。

本多家の江戸常府のナンバー2に忠扶衛門政常という人がいて、この人は堀部弥兵衛夫人(後妻・ほり)の弟でした。

そんなことから赤穂浅野家が改易になって鉄砲州の上屋敷が公収されたとき、屋敷内の長屋に住んでいた堀部一家は、本多孫太郎屋敷内に独立した居宅を与えられていた忠扶衛門宅に仮住まいし、その後、両国橋の西、広小路近くの「矢之御蔵」(米蔵)跡地にできた米沢町の二階建ての長屋に引っ越しました。

弥兵衛・安兵衛が切腹してからしまらくは、両未亡人は忠扶衛門宅にいました。襲撃事件現場の隣です。

忠扶衛門の次男、文五郎は堀部の家を継いで熊本の細川家に士官。堀部家は熊本の地にずっと続いていたのです。

堀部弥兵衛の記録によれば、「吉良上野介が勅使らの宿舎・伝奏屋敷で浅野内匠頭に悪口を言った」ということです。
どのような悪口かはわかりません。

広島の浅野家がのちにまとめた文書によれば、浅野内匠頭がそのときになって場当たり的に吉良上野介に質問したことから」、他の人のいるところで「今になってそんなことを」と言われたとあります。

また常憲院御実記によれば、浅野内匠頭はよく「時刻を間違えた」ということです。

浅野の刃傷を制した梶川輿惣兵衛の日記によれば、当日の朝になって急な前倒しス...続きを読む


人気Q&Aランキング