看護学校の1年生です。
ここのカテゴリーで良いのか分からないのですが、
今学校で解剖学・生理学の勉強をしてます。
ですがスピードも速くテキストは難しすぎてよく理解出来ません☆
そこで質問ですが、インターネットで解剖生理が学べるようなサイトを
ご存じないでしょうか??
出来れば看護学生向けの・・・
知ってる方はお願いします!

A 回答 (1件)

はじめまして。


インターネットではないのですが,カパンディ-関節の生理学はお勧めです。あれは簡単で理解しやすいと思います。是非お勧めいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今度探してみますね♪
良い情報ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/24 12:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q解剖学 生理学の用語よみがな

解剖学や生理学等につきまして、読めない漢字ばかりで困っています。

ネット上で読み仮名を紹介したサイトはありませんでしょうか?

辞典で引こうと思っても、変換のしようが無い感じばかりで(読めない)なんともなりません。

お願いします

Aベストアンサー

ここはいかが?

参考URL:http://www.toyo-osteopathy.com/anatomy/

Q大学中退は看護専門学校を受験するときに学校側に伝わりますか? 看護専門学校を受験しようと考えていま

大学中退は看護専門学校を受験するときに学校側に伝わりますか?

看護専門学校を受験しようと考えています。現在浪人生です。

大学中退が判明しそうな提出物として考えられるのは調査書のみですが、既卒生の調査書を今から書き直したりするのでしょうか?

大学を中退したことにはきちんとした理由があるので面接時にそれをどのように伝えるか、どれだけ合否に不利になるかを考えていました。
しかし、そもそも学校側には大学に行っていたか、ただの浪人生なのか分からないのではないか?と思いました。

大学中退は受験校に伝わりますか?
また、どのような形で伝わりますか?

ご存知の方、是非教えてください。

Aベストアンサー

たぶん伝わらないと思いますよ。それよりも

学歴上は高卒ですよね、面接の場合、高校卒業後の生活について説明することになり、却って面倒ではありませんか?

中退理由がしっかりしているのなら、むしろこちらから口火を切っても良いのでは?

Q解剖の生理学

今勉強してて疑問がありました
アセチルコリンなのですが興奮性か抑制性かでいうと興奮性ということを知りまして
そのあと交感神経か副交感神経かでいうと
副交感神経だとわかりました。
もともと副交感神経って体を休めるための物質ですよね?
アセチルコリンが興奮性の物質ならば交感神経の働きじゃないのかなって思います。お願いします。

Aベストアンサー

アセチルコリンは、副交感神経から分泌される神経伝達物質です。
したがって、アセチルコリンが分泌されると副交感神経が活性化します。

結果として、副交感神経が優位になると全体としてリラックスする様になります。

Q解剖生理学「血液」に詳しい方、教えてください

解剖生理学のテスト勉強をしていますが、解答がないため困っています。血液に詳しい方、教えていただけないでしょうか。

1)ヘマトクリット値は、血液の細胞成分が占める割合を重量比で示したものである
2)血漿に溶解しているタンパク質の量は重量で約7%である
3)高血圧の人の約10%に聴診間隔がみとめられる

1)は、「重量比」ではなく「容積費」だと思います。
2)は、「血漿タンパク質」の定義として、教科書に「血漿の約7%を占めるタンパク質のこと」と説明がありますが、この7%というのが、容積を示すのか重量を示すのか、明らかにされていません。
3)は、「聴診間隙」の間違いだと思います。

2)は分かりませんが、1)と3)は確実に間違いだと考えています。
しかしそうすると、正答数がおかしくなります(正解・不正解の数だけは分かっています)

もしかして、血液成分については重量比=容積比が成り立っており、聴診間隙と同じ意味で「聴診間隔」という単語も使用されるのでしょうか?

上記1)2)3)の文章が○か×か、どなたか根拠とともに教えていただけませんか?

解剖生理学のテスト勉強をしていますが、解答がないため困っています。血液に詳しい方、教えていただけないでしょうか。

1)ヘマトクリット値は、血液の細胞成分が占める割合を重量比で示したものである
2)血漿に溶解しているタンパク質の量は重量で約7%である
3)高血圧の人の約10%に聴診間隔がみとめられる

1)は、「重量比」ではなく「容積費」だと思います。
2)は、「血漿タンパク質」の定義として、教科書に「血漿の約7%を占めるタンパク質のこと」と説明がありますが、この7%というのが...続きを読む

Aベストアンサー

1)ヘマトクリット値は、血液の細胞成分が占める割合を重量比で示したものである

 答 : ×
 ヘマトクリットとは、血液中に占める赤血球の 『容積』 の割合(%)です。


2)血漿に溶解しているタンパク質の量は重量で約7%である

 答 : ○
 血漿タンパク質(総蛋白)の正常値は、血液 1dl(デシリットル) あたり、およそ 7~8g です。
 上記より、重量でのパーセンテージである事は明白です。
 そもそも血漿タンパク質は血漿中に溶解しているものですので、 『容積』 で測定できるはずがありません。


3)高血圧の人の約10%に聴診間隔がみとめられる

 答 : △ (○?)
 聴診『間隔』は、聴診『間隙』の単なるミスプリントであると思われます。
 そもそも 『間隔』 と記載しておいて、その言葉の違いに気が付くか? を問うような設問は かなりの悪問であり、
 そんな(くだらない)問題を作るとは、ちょっと考えにくいです。
 素直に 「聴診間隙の頻度」 を訊いているだけでしょう。

 ただ…、申し訳ありませんが、この聴診間隙の頻度というものが、当方の資料に明記されていないのです。
 10~20%という資料もあり、正直言ってよく判りません。
 「 10% と 20% では エライ違いだ! よって、この問題は ×。」
 という意見もあるかもしれませんが、私個人としては
 「 ○ で良いんじゃないかな?」
 という気がします。

1)ヘマトクリット値は、血液の細胞成分が占める割合を重量比で示したものである

 答 : ×
 ヘマトクリットとは、血液中に占める赤血球の 『容積』 の割合(%)です。


2)血漿に溶解しているタンパク質の量は重量で約7%である

 答 : ○
 血漿タンパク質(総蛋白)の正常値は、血液 1dl(デシリットル) あたり、およそ 7~8g です。
 上記より、重量でのパーセンテージである事は明白です。
 そもそも血漿タンパク質は血漿中に溶解しているものですので、 『容積』 で測定できる...続きを読む

Q解剖生理学の教科書について

はじめまして。看護学生の1年です。解剖生理学の授業で図が載せてある資料をもらったのですが、その中に、各部位の名前とその英単語が一緒に書いてある図がありました。教科書からの引用らしいのですが、その教科書の名前がわかりません。教科書ではなく参考書などでも良いです。
どんな情報でも良いので教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

その教科の講師に聞く。
学校の図書館に行く。
医学書専門の書店に行く。

などすれば見つかるのでは。

その引用資料よりいいものが見つかるかも。
判りやすく学習し易いものを選べばいいと思います。

解剖や生理はきちんと学習しておかなくてはいけないと思います。
頑張ってね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報