追加借入利子率ってなんですか。誰か教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問を締め切られていない、という事は、まだ回答が必要だ、という前提で、書きます。


ただ、最初にお断りすると、比較的単純な投資採算は、わりと日常的にやっていますが、その問題の詳細がわからない上に、会計の方は相当疎いので、ピントがずれていたり、あるいは既に御存知のことばかりかも知れませんので、御了承下さい。

年金現価係数というのは、「例えば、毎年末に1万円ずつ10年間年金を支払う為には、現在年金資産は87,521円必要」(但し、年金の運用利回りは2.5%とする)という場合の、87,521÷10,000=8.7521を言うんですよね?その問題では、年金の運用利回りが、「追加借入利子率」になっていたと推測します。であれば、キャッシュフローを現在価値に割引く際の割引率として追加借入利子率を使ったのでしょう。

債券投資を例にします。いずれもクーポンは年4%、満期が1年後だが、クーポンが半年毎につくものと1年毎=満期時のみにつくものがあったとして、これを金利3%(但し年1回後払い)で借りてきた資金で購入するとします。その場合のキャッシュフローは、(購入額は1百万円/価格は100/元本部分は、借入金と債券で相殺されるとして)

(1) クーポンが半年毎
半年後債券受取利息20,000-借入金利息0=+20,000
1年後債券受取利息20,000-借入金利息30,000=-10,000

(2) クーポンが1年毎
半年後債券0-借入金0=0
1年後債券受取利息40,000-借入金利息30,000=+10,000

単純計算ではどっちも、残るキャッシュは10,000円になりますが、勿論これを現在価値に焼き直さなければなりません。で、焼き直す際の利率として、資金調達コストを使うと、(1)の場合は、+20,000÷(1+0.03÷2)-10,000÷(1+0.03)=9,996、(2)の場合は、+10,000÷(1+0.03)=9,709、となります。

この(2)の意味は、以下のように考えられます。

・1年後に10,000円の資金不足が見込まれるので、現時点でその支払原資として9,709円を預金でとっておく必要がある。(9,709×(1+3%)=10,000)

・ 半年後に余剰資金20,000円が予想されるので、現時点で19,704円借入して、それを全く別の用に使える。(19,704円の借入は、半年後の20,000円=19,704×1.015で返済できるから)

→差引、9,965円=19,704-9,709がネットで自由に使える資金となる。(1円あわないのは四捨五入のせい)

尚、調達コストが3%の時は、預金金利はそれを下回っているはずで、本当に預金したら、9,709円では不足するでしょうが、現実には、これ以外の投資案件や一般的な運転資金に使う事で、別のところで借入コストの削減につながる、と考えれば、預金の場合も3%と考える事が可能です。

たいへん長くなりましたが、将来のキャッシュフローを割引く際の利率として、資金調達金利を使うのは、それなりに意味のある事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、結構昔に投稿したので半ばあきらめ気味でしたが、だいぶ知識が深まりました。なんとか答えられそうです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/21 23:51

前後関係がわからないので、確信はありませんが、「投資採算をとる際に資金不足額に適用する金利」と考えると、つじつまが合いませんか?


どういう場面で、この言葉に遭遇したのか教えて頂ければ、もう少し役に立てるかも知れません。

この回答への補足

簿記1級の会計学でリース取引の問題があります。そこでリース資産の現在価値を年金現価係数を用いて求めるのですが、その現価係数が追加借入利子率により異なってきます。計算はできるのですが、何なのか聞かれたらうまく説明できなかったのです。

補足日時:2001/09/19 14:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

短いくせにややこしい質問でしたがお答えいただきありがとうございました。

お礼日時:2001/09/21 23:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q利子、利息、利率、利子率の違いを教えてください。

銀行からお金を借りた場合は「利子」で、割合が「利子率」
預けた場合は「利息」がついて、割合が「利率」
でいいでしょうか?

Aベストアンサー

借りた場合も預けた場合も両方使います。全く互換と言ってもいいと思います。

ただ、一般的には、銀行預金は「利息」郵便貯金は「利子」と言っているように思います。

「利子率」という言葉はあまり聞いたことがありません。一般的に「利率」ですね。

Q年金原価率って一体なんですか。

すみません。どなたか教えてください。
 「年金原価率」って一体どうゆうものなのでしょうか。どうも元金と利息を含めた返済額の係数?らしきことしか調べてもわかりません。自力で調べようとしても、どうゆうジャンルを調べればよいかの糸口もみつかりません。また、この係数の算出方法も全く分かりません。
 ???の連続で頭の中はエラー表示でいっぱいです。
 
 どなたかそのへんの事情に詳しい方、わかりやすく教えていただけませんでしょうか。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

#1の方の仰せのとおりですが、毎月購読しているファイナンシャルプランナー
の冊子に、今月、丁度出ていましたので、少しだけ補足?説明させて
頂きますと・・・

「終価係数」というのがあるらしいんですね。どうも。
まずは、これが基本の基本だそうでして、
つまり、今手元にある資金が、将来数年後に複利運用していくらになるか?
という「係数」だそうです。
式は、
「終価係数」=(1+利率)^期間 になります。
例としては、100万円を2%で複利運用したら、10年後いくらか?
と言えば、係数:(1+0.02)^10で1.219 よって、100万円×1.219≒121.9万円
ということになります。

そして、「年金原価率」ですが、これは、年金原価係数を出して計算する
ことになります。
これは、将来目標とする年金を受け取るために必要な「年金原資」を求める
際に必要な式だそうです。
式は、「年金原価係数」=(終価係数-1)÷(終価係数×利率)
です。
例えば、毎年100万円の年金を10年間受け取るには、金利が年2%ならば、
今、いくらあれば良いか?というような場合です。
そうすると、係数:(1.219-1)÷(1.219×0.02)=8.983となり、
100万円×8.983≒898.3万円あれば良いという計算になります。
以上です。

#1の方の仰せのとおりですが、毎月購読しているファイナンシャルプランナー
の冊子に、今月、丁度出ていましたので、少しだけ補足?説明させて
頂きますと・・・

「終価係数」というのがあるらしいんですね。どうも。
まずは、これが基本の基本だそうでして、
つまり、今手元にある資金が、将来数年後に複利運用していくらになるか?
という「係数」だそうです。
式は、
「終価係数」=(1+利率)^期間 になります。
例としては、100万円を2%で複利運用したら、10年後いくらか?
と言えば、...続きを読む

QIS、LM曲線で使われる利子率の意味

経済学を勉強始めたばかりの者です。
IS、LMで使われる利子率とは具体的に
何の利子率ですか?
融資を受けるときの利子率ですか?
それとも債券の利子率ですか?

無知で申し訳ないですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

IS曲線で利子率に依存するのは投資のみですね。
社債の利回りが下がれば、より投資効率の低いプロジェクトも実行され、総需要が刺激されます。

Qどうして利子率が下落すると、債権価格が上昇するんですか?

どうして利子率が下落すると、債権価格が上昇するんですか?

現在経済学を勉強しはじめたのですが、テキストを読んでいて分からない部分があります。
お分かりになるかたがいらっしゃいましたら是非教えていただきたいです。

テキストに、

現実の利子率が下落すると、債権価格が上昇し、債権価格が割高となり、
今後値下がりの恐れが出てくるので、債権需要を減らして、
代わりに、価格の安定している貨幣を持とうとする結果、貨幣需要が増加する。

と書いてあります。
なんで上のような流れになるのですか?

よろしくお願いします><

Aベストアンサー

まず、債権ではなくて債券です。

実際に考えてみましょう。
債券(たとえば国債)を新規に発行するとき、発行価格は常に100円。債券の利率(クーポンレート)は、そのときに市場の金利を反映した利率で発行されるとします。

2010年1月は市場の金利が4%であったとします。したかって、1月に発行される債券(1月債と呼ぶことにします)は、利率が4%、発行価格100円で発行されます。投資家からみれば、利率4%の国債を100円で買うことになります。

その後1か月、市場の金利は変化をしなかったとします。したがって2010年2月には、2月債が1月債と同じ条件の、利率は4%、発行価格100円で発行されます。

しかし、次の1か月は市場の金利が急低下し、2010年3月には市場の金利が1%に低下したとします。そのため、3月に発行される債券(3月債)は、利率が1%、発行価格は100円で発行されます。投資家から見れば、利率1%の債券を100円で買うことになります。

ここで、考えてみましょう。

いま、投資家からみたとき、(1)利率1%で価格100円の3月債、(2)利率4%の2月債、(3)利率4%の1月債、の3つの債券を買うことができます。

いま、1%の3月債は100円です。では4%の1月債と2月債は、100円のままでしょうか?
もし100円のままであれば、誰もが1%の3月債ではなく、4%の1月債か2月債を買うはずです。

では、1月債、2月債がもし101円であったらどうでしょう。
4%で101円の1・2月債か、1%で100円の3月債か、投資家はどちらか有利だと考える方を買うでしょう。
そして、まだ4%の方が有利だと考える人が多かったとしましょう。そのとき、1月債、2月債が102円に上昇したら。投資家は、4%で102円の1・2月債か、1%で100円の3月債か、有利だと考える方を買うでしょう。

このように、金利の高い4%の1・2月債は、1%で100円の3月債に対して、それぞれの価値が同じになるまで、価格が上昇します。

これが、ご質問の「現実の利子率が下落すると、債券価格が上昇」の答えです。

まず、債権ではなくて債券です。

実際に考えてみましょう。
債券(たとえば国債)を新規に発行するとき、発行価格は常に100円。債券の利率(クーポンレート)は、そのときに市場の金利を反映した利率で発行されるとします。

2010年1月は市場の金利が4%であったとします。したかって、1月に発行される債券(1月債と呼ぶことにします)は、利率が4%、発行価格100円で発行されます。投資家からみれば、利率4%の国債を100円で買うことになります。

その後1か月、市場の金利は変化をしなかっ...続きを読む

Q今日の日本経済の利子率?

今日の利子率を調べよ、という場合の利子率とは何のことを指すとおもわれますか__??   

Aベストアンサー

No.2のものです。
実質化のところは、No.3のかたのおっしゃるとおりです。勘違いです。

ちなみに、最近、日銀の金融政策が話題に上ります。金融政策は通常は金利政策ですので、名目金利をコントロールすることになりますが、ゼロ金利政策ですでに名目金利はゼロにまで低下していますのでこれ以上さがりません。その一方で、デフレがすすんでいるので、実質金利は逆に上昇しています。
そのため、金融政策は量的緩和に軸足を移しています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報