ギロチンで首が切り落とされても、ギロチンの執行者がしばらくその首と会話したという話を聞いたことがありますが、これって都市伝説というやつで、本当はそんなことはあり得ないんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。

医学的には、切られてすぐ死ぬわけじゃないです。

もし切ってすぐ死んじゃったら、臓器移植なんて考えられないでしょう?

さて本題ですが、chirumi さん仰る通り、声を出すのは、声帯を振動させる気流が作れないのでむりですが、口の形を変える位のことはできると思います。

首から上の組織で一番死ぬのが早いのは脳だと思われます。よく事故などで、心臓が止まってから数分で脳は死に始めると言いますが、身体の中で一番酸素を使うのが脳なのです。ですから、心停止では、まだ血液がありますが、ギロチンでは血液は切断面からどんどん流れ出てしまいますね。一分程度がやっとでしょう。

また、目はそれ程酸素を消費しませんから、意識のある間は見えていると思われます。
    • good
    • 4

ラットを麻酔をかけずに断頭すると、口が2,3度パクパク動くことがたまにあります。

首から下は必ずバタバタと動きます。頭がなくても首より下がバタバタすることから、口が動くのは意識により動いているように思えず、痙攣のようと思えます。しかし、脳の組織(細胞)レベルではしばらくは生きているでしょう。

決して趣味で断頭していません。仕事柄、最小限です。
    • good
    • 3

>ですから、心停止では、まだ血液がありますが、ギロチンでは血液は切断面からどんどん流れ出てしまいますね。

一分程度がやっとでしょう。

血液の量そのものより、血圧が急激に下がりますから、1分も持たずに気を失うと思います。(首をしめられても、1分たてば意識は遠くなる、らしい)

日本でも、「打ち首」になった罪人が、何かにかじりついた、という「話」があります。

(この質問で、「経験者」がいたらすごいですね)
    • good
    • 1

>ギロチンで首が切り落とされても、ギロチンの執行者がしばらくその首と会話した



この話については知りませんが、当時ギロチンによる死刑は痛みを感じるまもなく即死すると信じられていました。
しかし、それに疑問を抱いたある博士が、とある事件で自分がギロチンによる死刑にかけられたとき、本当に痛みを感じるまもなく即死しするのかという実験をしました。
博士は首を切られるまでまばたきをし、それを助手に観察させたのです。
結果は、首を切られた2・3秒後でもまばたきを続けていた、ということです。
このことから、ギロチンで首をはねれれても即死しないことがわかったということです。
ということなので、「ギロチンで首が切り落とされても、ギロチンの執行者がしばらくその首と会話した」というのは怪しいにしても、首が生きていることはあったかもしれないですね。
    • good
    • 3

医学とかには全く詳しくないですが、


切断後30秒くらいは、まだ意識があるというのを聞いたことがあります。
猟奇殺人の犯人が首を切断した後に頭部を持って、横たわっている体を本人に見せしめる
とかいうのを、何回か聞いたことがありますね。

ただ、喉や腹筋、横隔膜無しでは喋ることは不可能なので、
「会話した」という話はウソでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QmRNAの塩基配列にチミンが入ることはあり得るのでしょうか?(本来はT

mRNAの塩基配列にチミンが入ることはあり得るのでしょうか?(本来はTの代わりにUになるということは理解しております)
また逆に,DNAにウラシルが入ることはあり得るのでしょうか?

実のところ,本当に知りたいのは生物学の過去問題の考え方なのですが,こちらの方も何かアドバイス頂ければ幸いです。

「塩基配列に次のような変異が起こった場合、どのように変化するか」
(1)遺伝子間にTAATAA・・・が挿入
(2)GUG→GUC
(3)TAG→TUG
(4)終始コドンの後の6塩基を除去
(5)開始コドンの上流500塩基が脱離

先輩が曖昧な記憶で書いたものなので,塩基配列がmRNAなのかDNAなのかもわかりません。
4,5で「コドン」と明記されているのでmRNAの配列かと思うのですが,(3)のようにTAGなんて配列が出ることがあるのでしょうか?

曖昧な質問で申し訳ありませんが,どなたかお願いします。

Aベストアンサー

おそらく記憶違いでしょう。

ただし,DNAやRNAの塩基は,単に細胞内でどのように塩基が取り込まれるか,
という仕組みで決まっているだけなので,
人工的なDNAやRNAであれば,DNAにウラシルを入れることも,
RNAにチミンを入れることも問題なくできるはずです。

またDNAのシトシンは生体内でも勝手に脱アミノ化を受けて
ウラシルに変化することがあります。
「細胞の分子生物学 第5版」によれば,各細胞で1日あたり100個の
シトシンがウラシルに変化しているそうです。
(もちろんこれらのウラシルのほとんどは修復されます)

Qこんな生き物はあり得ますか?

「化学の理論に矛盾しない生き物で、酸素の代わりに窒素を使ってATPか何かのエネルギーを作り出して活動するような仕組みを持った生き物&その生き物が生きる環境」があり得るということを、様々な理論を根拠にして説明することは可能なのでしょうか?
回りくどい質問なのかもしれませんが、どう表現すればいいのかと悩んで、この形になりました…。どうぞ、回答よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

 「酸素を使ってエネルギーを作り出している」我々ですが、酸素だけではエネルギーは出てきません。酸素と炭水化物などの反応でエネルギーを得ています。

 「窒素を使って」エネルギーを作り出す、ということですが、窒素と何かの反応でエネルギーを取り出せれば、それを利用する生命も考えられるかも知れません。
 ただ、窒素は余り反応性が高くないので、可能性は低そうです。

 昔読んだSFに、「塩素を呼吸する生物」の話がありました。塩素は反応性が高いので、こっちの方があり得るかな、という気がします。ただ、どこかの惑星で遊離した塩素がどうやってできるか、ということの説明が作ってあったかどうかは覚えていません。

Qすご~く遠い未来。こんな事はあり得ますか?

すご~く遠い未来、「DNA」をまるで「プログラミング」のように0から組み立てて、見たことも無い生物を人工的に創る・・・。

なんて事は出来るでしょうか?

もし、「出来るんじゃないかな~」と思われたなら、その「作り方」の具体的な行程なんかも想像して、教えていただけたら幸いです。

SFの域のような気がしますが、至って真面目です(^^;
お願いします。

Aベストアンサー

4種の核酸の配列によって生物が生物として成り立っているというのが現実ですから,イントロン部分の完全解明が済めば可能かもしれないですネ。
レトロウィルスの遺伝子,そして,進化の過程の情報がイントロン部分にあると思われますので,その部分だけを増幅してやれば見たことの無い生命体ができるかもしれないですよネ。
勿論,核酸配列を適当に組み合わせ,胚の中に入れることによって未知の生命体を作り出すことも可能かもしれません。
ただし,膨大な数の組み合わせの一部でも致命的な配列であれば,その生命体はダメですから,試行錯誤,或いはプログラミング(どのような組み合わせがどのような遺伝的意味を持つのかを理解し,禁止パターンを見つけ出す必要があります)には非常に長い時間を要するでしょうネ。
でも,光合成や空気中の窒素固定ができる動物を作り出すといったことも何世代も何十世代も後の時代には夢ではないのかもしれませんネ。
以上kawakawaでした

Q生物学的な考えでは、“生まれ変わり”はあり得るのか?

中3、男子です。
ちょっと最近、疑問に思いだしたことがあるので、質問します。

「死んでしまっても生まれ変わる。」と、言われることがありますが、
これを純粋にではなく、“生物学的”に考えた場合、それはあり得るのでしょうか?

僕は、「ある意味」であり得るような気がします。
死んでしまったあとの遺体の中で生きている(“共生”していた)生物や、DNAなどの物質が、
それに近づいた生物(ハエなど)に“伝染”してしまうようなことがあるとしたら(あくまで「あるとしたら」)、
それは一種の、“生まれ変わり”と言ってもいいような気がします。

でも、あくまでこれは僕の“個人的見解”なので、実際のところはどうなのかわかりません。

もちろん、本当のことがわからないのは当然です。
「推測」でもいいので、教えてください!

Aベストアンサー

>死んでしまったあとの遺体の中で生きている(“共生”していた)生物や、DNAなどの物質が、
それに近づいた生物(ハエなど)に“伝染”してしまうようなことがあるとしたら(あくまで「あるとしたら」)、

これは単に微生物の感染(伝染)では?遺体でも生体でも普通に起こることだと思いますが、「生まれ変わり」とは言えないと思います。生物の体には無数の微生物が寄生・共生していますが、
例えば、あなたが家族の人から風邪のウイルスや水虫(白癬菌)などをうつされたとして、それは「生まれ変わり」でしょうか?違いますよね。それは相手が遺体でも同じことで、単なる感染でしょう。

「生まれ変わり」に近いものとしては、自分の細胞からのクローンの作成があるかと思います(ただし現在ヒトでは認められていません)。しかしこれもDNAは同一の個体ができても魂や記憶が受け継がれるわけではなく、年齢の違う双子のようなものです。

参考URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/shisaku/kuroun.htm

Q釣り上げてしばらくした魚が口を大きく開けるのはなぜ

最近釣りを始めたのですが、
釣り上げた魚が死んでしばらくすると
口を大きく開けるのを見ていて
何故なのかいつも気になっています。

大きく口を開く魚は、ガシラやメジナなどです。
ベラやハギはひらいてるのかどうかわかりません。

Aベストアンサー

 たしかに、死んでしまってから後のことですか?

 「釣り上げた魚がしばらくすると」ではないのでしょうか。魚がいつ死んだかなど、人間にはなかなかわかりませんので。

 釣ってしばらくすると、だとしたら、やはり、呼吸ができなくて苦しいから、水を大量に吸い込もうとしているのではないでしょうか。

 大量に水を吸って、エラにその水を送り込もうとしていたところで死ぬのだと思われます。

 もう一つ考えられることは、口の筋肉は開くのが原則だということです。

 人間でも、びっくりすると口は開きます。我々は、開けっ放しだとみっともないので、意識してあごに力を込め、口を閉じています。

 魚も同じかなぁと思われます。つまり、力を抜くと口が開く。それを意識して閉じる(水を吸い込んだり獲物を食べたりするため)。

 死ぬと力が入らないから、口が開く・・・ のかな、と。

 ちなみに、ずっと口を開けっぱなしにして、泳ぐことで水を口の中に入れて、呼吸する魚もいます。
 


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報