Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

「あちらに行って」を英語で言うと、
Go over there. になりますが、その理由を教えてください。

Go to over there. ではないのですか?

A 回答 (4件)

「なぜかしらないが歴史的にそうなってしまった」ってところじゃないかなぁ. 言語ってしばしば非合理的なので.



古い英語だと「そこで」「そこへ」「そこから」は全て別々の単語があって, there は「そこで」を担当していた. ところが時間的な変化によって「そこへ」「そこから」がともに消失し, there が「そこへ」も担当するようになった.

一方「そこから」はそれを表す単語が消滅したうえにその代替となる単語も現れなかったので, これだけ from there という (微妙な文法的解釈を要する) 2語で表現するようになってしまったのだ.

here, where も同様で, 「~で」と「~へ」が合流し「~から」は純粋に消滅している.
    • good
    • 0

overもthereも副詞で、over thereは副詞句になります。


副詞も副詞句も「~へ」という方向を示す意味が含まれているので、toは不要なのです。
同じ使い方としてはgo homeのhomeも副詞となりますので、toがいりません。
    • good
    • 1

there は単に「あちら」ではなく「あちらに、あちらへ」という意味があるからです。

だから go there だけで 「あちらへ行って」になります。over には「方へ」の意味があり over there のように一緒にすると「あちらの方へ」の意味となり、go over there で「あちら(の方に)行って」です。

似たような単語に here(こちらに、こちらへ)がありますが、come here, come over here (こちらへ来て)のように同じような使い方をします。
    • good
    • 1

もしthereがparkなどと同じ名詞だとすればtoがつきます


でもthere は
そこへ、そこに
(など)
と言う意味の副詞
なので、to はつきません
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A