ナトリウム/ナフタレンを開始剤とするスチレンのリビング重合で、「得られる高分子の分子量と開始剤濃度との関係式を誘導せよ」という問題と「こうして得られたポリマーに、メタノールを加えた時にできるポリマー末端の構造を書け」という問題なんですが、どちらかだけでもよいので、解答の指針を与えて頂けますでしょうか。

A 回答 (3件)

スチレンのアニオン重合ですから、生長点はビニル基のところが


アニオンになっている訳ですよね。
これにメタノールをくわえると水酸基の水素がアニオンに移動して
メトキシ基がアニオンに変化するのでしょう。
-CH2-CH2(ph)がポリマー末端の構造だと思います。
    
    • good
    • 0

ナトリウムナフタレンの系でしたら大体の高分子化学の教科書にのっていると思います。

ナトリウムナフタレンは両末端開始材として有名ですが、分子量は同じです。
「メタノールを加える」ということは「重合を停止する」事と同じで、カルバニオンよりもっと安定なアニオンへ変わることです。
これ以上は自分で考えてください。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この中で#1で紹介した成書も参考にしてください。

さらに、古いですが、以下の成書は如何でしょうか?
============================
新しい重合反応 / 三枝武夫編. -- 化学同人, 1971. -- (講座重合反応論 ; 1
2)
アニオン重合 / 鶴田禎二著. -- 化学同人, 1973. -- (講座重合反応論 ; 4)
共重合とモノマーの反応性 / 米澤貞次郎, 大津隆行共著. -- 化学同人, 1977
. -- (講座重合反応論 ; 2 . ラジカル重合 ; 2)
素反応機構 / 大津隆行著. -- 化学同人, 1971. -- (講座重合反応論 ; 1 .
ラジカル重合 ; 1)
===========================================
ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=123328
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリビングは和製英語ですか?

「living room」のlivingはliveだと思いますが、
liveは状態動詞なのでing形には出来ないと思います。

リビングなぜing形になっているのですか?

Aベストアンサー

#2です。
動詞liveが進行形(ing)をとるか?という質問かなと思ったのですが違うんですかね。
参照URLにI am living in Hakodate.の例がよくわかると思うのですが・・・。

「living room」のlivingは名詞です。

Qラジカル重合ポリマーの末端について

ご質問させて頂きます。通常のラジカル開始剤(AIBNなど)を使用してメタクリル系のポリマーを共重合しました。その際、NMRにて開始剤末端のピークは確認できますか??Mw=10,000程と2,000程のポリマーのNNR測定をしたのですが、どうも2,000の方には10,000では確認できないピークが確認されました。これがどうも開始剤末端なのかな??とも思うのですがよくわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フリーラジカル重合ですね。
重合開始末端は分子量が低ければ見られると思います。
分子量が大きいと、モノマーユニットのピークが大きく出てしまい末端は見づらいのですが、分子量が低い物では十分確認できると思います。

そして末端ですが、今回のケースでは3つが考えられます。
まずは開始剤由来のピーク。
AIBNが開裂したMe2(CN)C-のピークです。

あとは停止反応に由来する末端ですが、メタクリレート系モノマーではラジカルカップリングによる停止反応で、再結合と不均化がおこります。(割合は温度に依存します)
再結合では末端はAIBN末端になるのですが、不均化ではHを引き抜いた形の末端と、引き抜かれた形(アルケン)の2つが存在します。
NMRでは引き抜かれた形の方だけ別の場所にピークとして現れます。

分子量2000ということは、何か連鎖移動剤を入れているような気がするのですが…

Q海外WEBサイトからの画像転用について

インテリアショップ勤務です。

あるインテリア関連ブログで海外WEBサイトから転用されている画像を見ました。

最近、海外の施工例など魅力的な画像を掲載しているブログなどよく目にするのですが、

出典元さえ銘記すれば、画像の転用は問題ないのでしょうか?

大変、参考になるWEBサイトなので、お客様のインテリア作りの参考にしていただくために

自社HPにも掲載したいと考えております。

ちなみに、その一つがこのHPです。
http://www.houzz.com/photos/living-room/p/16

Aベストアンサー

画像を複製することは「引用」ではありません。

基本的には複製は「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内」でしか認められません。(著作権法第三十条より)

仮に「引用」としても、「引用は、~報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第三十二条より)

QスチレンとMMAのラジカル共重合について

実験でスチレンとMMAの比率を変えて重合を
行わせる実験をしました。
出来た重合生成物の外観についてなんですが、
スチレンを多く含んでいる方が粘性が強かったです。
この理由が分かりません。
後、仕込み比と出来た生成物の組成比がだいたい同じ
なこともあまりよく理解できてません。
未反応のモノマーが出てくるので一致してもいいのか
疑問に思ってしまいます。
どなたか分かる方いましたらお願いします。

Aベストアンサー

授業で習った部分を紹介したいと思います。

スチレンとメタクリル酸メチルの重合は逐次重合で起こります。
逐次重合は段階的に重合していくので、単量体が二量体を形成し、
更に三量体、四量体・・・・という風に重合が進んでいきます。

重合度と反応率の関係を考えてみると初濃度をC0(0は添え字)、反応時間tにおける未反応モノマー濃度をCとすると反応率Pは

P=(C0-C)C0   (0は添え字)

で表されます。Pによる反応速度の表現は微分方程式を解いて得られます。

Co*kt=P/(1-P)

重合度の数平均重合度Pnは最初に存在した官能基の数N0(0は添え字)と時間tにおける官能基数Nの比となります。

Pn=N0/N=C0/C=1/(1-P)

逐次重合で高分子のポリマーを得るためにはかなりの反応率まで上げなければならず、そのためには組成比が重要になってきます。
スチレンとメタクリル酸メチルの混合比を50:50にすると残っているモノマーはいません。
もし組成比をかえると(50:48でも)溶液中に未反応のモノマーが生じます。
スチレンはガラス転移温度が100℃程度であるのでとても粘度があり、溶液中に多く存在すると粘性が上がるのだと思います。

文が下手ですみません。

授業で習った部分を紹介したいと思います。

スチレンとメタクリル酸メチルの重合は逐次重合で起こります。
逐次重合は段階的に重合していくので、単量体が二量体を形成し、
更に三量体、四量体・・・・という風に重合が進んでいきます。

重合度と反応率の関係を考えてみると初濃度をC0(0は添え字)、反応時間tにおける未反応モノマー濃度をCとすると反応率Pは

P=(C0-C)C0   (0は添え字)

で表されます。Pによる反応速度の表現は微分方程式を解いて得られます。

Co*kt=P/(1-P)

重合度の数...続きを読む

Q「私たちのアパートと友人のキッチンとリビングだけの広さは同じだった」(他にもあり)という英文を作りたいのですが・・・

日本に来たことがないE-mailフレンドにアメリカと日本のアパートの広
さは違うんだよ、という話しを書いています。

そのエピソードとして、私には米軍に勤務するアメリカ人のご主人と結
婚した友人がいて、その話しをしようと思っています。
友人夫婦は日本の米軍住宅に住んでいましたが、そこは全てアメリカン
スタイルの作りで、大変広いアパートでした。
部屋数でいうと、キッチン、リビングと3つの部屋がありました。
私が以前住んでいた大変古いアパートにはキッチンと3つの部屋があり
ました。
でも私の住んでいたアパートのキッチンと3つの部屋やトイレなど、と
にかく全ての部屋というか、全てを足した広さと、彼らの住むリビング
とキッチンのこの2つだけの広さが同じくらいの広さでした。
日本で言えば彼らのアパートは3LDKとよばれ、うちは3DKなんですけ
ど、リビングとキッチンだけでうちの3DKと同じ広さなんです。
アメリカでそのような表現かは分かりませんが・・・。

これを英語で説明したいのですが、日本語での説明もこのようにうまく
できないため、翻訳サイトを使ってもおかしな文で少しずつ修正しなが
ら文を作っていますがうまくいきません。

私の作った文は

The area only of all rooms in our apartment and their kitchen and living was the same.

私の伝えたいことを英語で伝えるには、これで正しいでしょうか。
違っていれば正しい伝え方を教えてください。ちなみにその米軍施設に
住む友人のことは知っているので、それについては「あの友達知ってる
でしょ」という前置きから入るので、その辺りの説明はいりません。

もうひとつの話しとして、私はその友人の部屋を一度訪れたことがある
のですが、1人暮らしで日本でいう1LDKという感じでしたが、広さが
やっぱり全然違いました。
そして私のいとこは小さい時、姉、弟、妹と両親の5人で大変狭いアパ
ートに住んでいましたが、そのアパートの広さより彼の住んでいるア
パートの方が広かったです。
これを英語で伝えるなら、どのような形になるでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

日本に来たことがないE-mailフレンドにアメリカと日本のアパートの広
さは違うんだよ、という話しを書いています。

そのエピソードとして、私には米軍に勤務するアメリカ人のご主人と結
婚した友人がいて、その話しをしようと思っています。
友人夫婦は日本の米軍住宅に住んでいましたが、そこは全てアメリカン
スタイルの作りで、大変広いアパートでした。
部屋数でいうと、キッチン、リビングと3つの部屋がありました。
私が以前住んでいた大変古いアパートにはキッチンと3つの部屋があり
ました。
...続きを読む

Aベストアンサー

どうも。

質問文のようなことを英語で言うとすれば、

The amount of area of their kitchen and living room was as same as that of our whole apartment.

が適切ではないかと思います。後ろの方で出てくるthatはamount of areaのことですね。

後半のエピソードですが、
The room which he(友人) lived in alone was even larger than my cousin's apartment which five people lived in.

とすれば、一人暮らしの人が住んでいる部屋がとても大きかったというニュアンスが伝わると思います。

それにしても、アメリカ人というのは広い家に住んでるんですね。うらやましいです。

Qこの重合はラジカル重合、カチオン重合のどちらなのでしょうか。

光重合に関する質問です。イオン交換水とポリビニールアルコールの10[%]濃度の混合液に、開始剤としてメチレンブルー、促進剤としてトリエタノールアミン、モノマーとしてアクリルアミドを溶解させています。今まで、この場合の重合はラジカル重合だと思っていましたが、勉強を進めていくうちにカチオン重合ではないかと思い始めました。どなたか詳しい方教えて下さい。メチレンブルーとトリエタノールアミンの酸化還元反応で発生したトリエタノールアミンのラジカルカチオンがアクリルアミドと反応し重合が起こるのだと自分では理解しています。高専の情報系学科出身で化学をほとんど勉強してないので苦労しています。

Aベストアンサー

難しい質問ですね。doc sundayさんも仰ってますが、アニオン重合は知られていますね。ご質問の重合が二重結合のパイ結合の開裂であるとするとアミド基の電気陰性が大きいので、二重結合の電荷密度は低いと考えられるので、その部分にカチオンがアタックする可能性は高くはないと考えられます。即ち、カチオン重合は起こりにくいと考えられます。一方ラジカル重合だとするとジフェニルピクリルヒドラジルを添加して重合が止まれば、まず間違いなくラジカル重合で、CrCl2を添加して重合が止まれば、単純にラジカル重合とは言えないということになるように思います。もし、ラジカルとはいいけれない場合は、次の段階としてESRを用いて活性末端のG値を調べれば、ラジカルかラジカルカチオンかの違いは見れるのではないでしょうか。

Qリビング階段について

今、我が家は注文住宅の設計の段階です。
家族が帰宅したときに、すぐに顔が見られることを利点として、リビング階段にするつもりなのですが、思えば、建売ではリビング階段を見かけたことがありません。(広告などを見て)
注文住宅の場合でも、あまり聞かないですね。
リビング階段はあまり人気がないのでしょうか?

*リビング階段とは・・・いったんLDKに入って階段がある間取り。

【質問】
皆さんは、リビング階段どう思いますか?
リビング階段にしない理由はなんでしょうか?(推測でも結構です)

Aベストアンサー

 注文住宅で、リビング階段(吹き抜け有)にした者です。

 当初は「冷暖房効率が悪いんじゃないか」「落ち着かない家にならないか」と懸念していました。もっというと、リビング階段のある空間に暮らしたことがなかったため、イメージがつかみにくかったです。

 しかし、設計士さんから「間仕切りは出来るだけないほうが(我が家のような建坪が狭い家では)良い」ということを力説され、踏み切りました。また、将来子どもが出来たときには、「家に入ってすぐ、家族の誰にも見つからずに子ども部屋に入り、篭ることが可能な部屋」は避けたかったこともあり、その利点も良いかな…?とも(設計当時)考えました。

結果:
 たまたま我が家は高気密・高断熱住宅だったのも幸いしたのか、懸念していたほど暖房効率は悪くなかったです。むしろ、「え、このエアコン1台だけでこんなに広い範囲に効果があるの?!」と驚きました。

 そしてもう1つの懸念「落ち着かないということはないか」については、今の所落ち着かないということもなく過ごしています。

Q塩化ナトリウムとナフタレンの混合物の中からナフタレンを取り出す

はじめまして、お世話になります。

化学の問題集で
「塩化ナトリウムとナフタレンの混合物の中からナフタレンを取り出す」という問題で答えは「昇華」でした。

どういう化学物質の性質を考慮し「昇華」いう答えがでたのかがわかりません。

気化する温度の違いなら分留でも?と思ってしまったのですが…ナフタレンは有機化合物でしょうか?それなら塩化ナトリウムより沸点が低いので…ううう?

とにかく化学的知識の皆無な私でしてTT
よろしくお願い致します。

それとどういう性質の物質同士が混合している場合は分留で(ナフサの分留)昇華なのか教えて頂けると嬉しいです。

ナフサは有機同士…塩化とナフタレンは金属と有機だからかな?(違っ

Aベストアンサー

分留は「液体と液体の混合物を沸点の違いによって分ける」ときに使われる方法です。
例えば、メタノールの沸点は65℃、水の沸点は100℃ですから、この混合物を徐々に加熱して
いくと、65℃になったあたりでメタノールが留出してきます。
これを冷やして凝縮させると濃度の高いメタノールが得られます。
ナフサはガソリンの一種ですから、分留が適しています。

ご質問は両方とも固体ですから、分留は適用できません。
(ナフタレンの融点は81℃、沸点は217℃。塩化ナトリウムの融点は800℃、沸点は1440℃)

正解は「昇華」ということですか。
しかしこれもかなり根気の要ることですね。
ナフタレンは昇華するというのは常識ですが、その蒸気圧はかなり低いです。
http://www.uprise-system.co.jp/VaporPressureQ7.html#VQ75_C10H8

60℃になっても2.3mmHgの蒸気圧しかありません。
これは空気中に0.068%で平衡するということです。
かなり時間がかかるでしょう。
またロスを少なくするためには、冷却温度もかなり低くする必要があると思います。

参考URL:http://www.uprise-system.co.jp/VaporPressureQ7.html#VQ75_C10H8

分留は「液体と液体の混合物を沸点の違いによって分ける」ときに使われる方法です。
例えば、メタノールの沸点は65℃、水の沸点は100℃ですから、この混合物を徐々に加熱して
いくと、65℃になったあたりでメタノールが留出してきます。
これを冷やして凝縮させると濃度の高いメタノールが得られます。
ナフサはガソリンの一種ですから、分留が適しています。

ご質問は両方とも固体ですから、分留は適用できません。
(ナフタレンの融点は81℃、沸点は217℃。塩化ナトリウムの融点は800℃、沸点は1440℃)

正...続きを読む

Qリビングメッシュかリビングシェルシールドか

snow peakのリビングシェルシールドか、リビングメッシュかで悩んでいます。去年までロゴスのテントとスクリーンタープを使用していました。今年ランドブリーズ6を購入し、これと併せて使用するタープの選定で悩んでいます。HDヘキサは意外とリビングルームが小さい。リビングシェルシールドは値段が高い。リビングメッシュは中が狭い。親子4人で、リビングの中でテーブルを置いて食事をするのが目的です。なにぶん値段が高いので、おいそれと買い替えができません。実際に使用している方の意見を聞きたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当方も検討中の身です。

>HDヘキサは意外とリビングルームが小さい。リビングシェルシールドは値段が高い。リビングメッシュは中が狭い。

その通りでしょうね。

追加すれば、リビシェルは、(人によりですが)設営時間がかかる。メッシュ面積が少ないので暑い?信者の方々がモスラのように連続設営する嫌いがある。
エッグはポールが長すぎて設営時、慣れないと隣のサイトに突き出してしまう。決定的なのがどう考えても狭い。(壁面が傾斜しているため。=耐風性能はよいとなるのだが。)ただ、前者と比べてスマートではあります。(主観かな。)

これらは手伝える人数にもよりますし、家族構成による主観に大きく左右されます。

まあこれらの欠点を知りつつ、現実をどう受け入れるかでしょうね。

Ogawaの新型のフラッグシップスクリーンがでました。ルーフは210Dを用いており、最極厚です。また4面フルオープンも可能。ただしいかんせん大きすぎ?まあ様子見ながら購入しようと考えてます。

今のところ実勢価格は8万円ほどの模様。(Ogawaは定価販売ではないので。)

当方も検討中の身です。

>HDヘキサは意外とリビングルームが小さい。リビングシェルシールドは値段が高い。リビングメッシュは中が狭い。

その通りでしょうね。

追加すれば、リビシェルは、(人によりですが)設営時間がかかる。メッシュ面積が少ないので暑い?信者の方々がモスラのように連続設営する嫌いがある。
エッグはポールが長すぎて設営時、慣れないと隣のサイトに突き出してしまう。決定的なのがどう考えても狭い。(壁面が傾斜しているため。=耐風性能はよいとなるのだが。)ただ、前者と比...続きを読む

QUVインク 光重合開始剤

UVインクを用いて印刷をしています。
疑問はUV照射した後に、光重合開始剤がどうなるかです。
UV照射後にラジカルを発生発生後、なくなってしまうと勝手に思っていたのですが、残っているのでは?という言う人がいます。ラジカル発生後、光重合開始剤はどのように姿を変えるのでしょうか。

Aベストアンサー

ラジカルを放出した開始剤は蒸発しない限り、必ず反応系内に残留しています。
存在形態は…どこからか(モノマー等)水素などを引き抜き安定化したものが不純物として存在したり、高分子中の末端(両末端の場合もアリ)に存在しています。

実際、僕の研究は光開始剤で重合。その後、両末端にある開始剤の成れの果てに含まれている官能基を利用していろいろなものを作っていました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング