【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

希釈用の滅菌水についてお聞きしたいことがあります。

とある本では試料検体を希釈する際には

・生理食塩水
・リン酸緩衝食塩水
・0.1%ペプトン加生理食塩水

のいずれかで希釈するとあります。

ちなみに「検体が加熱や冷凍による損傷菌の存在が考えられる場合には
0.1%ペプトン加生理食塩水を推奨する」とも書いてあります。

私は食肉会社で品管をやっておりますので、多くは冷凍品であり、上記の記述に該当するかと思われます。

しかし、自分で希釈用滅菌水を作るに当たっては、単なる生理食塩水が手間もかからずコスト的にも安いので良いと考えております。

そこで質問なのですが、これら三つの希釈水には大きな違いがあるのでしょうか?

初歩的な質問で大変恐縮なのですが、どなたか御存知の方がおりましたら御教授願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私も品管をやったことがありますが、


希釈水は一般的な生理食塩水(オートクレーブ処理)で十分だと思います。

ペプトンは各種のたんばく質を酵素分解または酸で加水分解したものでN源としての役割があり、プロテアーゼ活性の低い微生物でも利用が可能な有機N源として使用されていますが、培地にはN源が入っているので希釈水だけN源がなくても大丈夫だと思います。(希釈水の中にも検体中のN源は入りますよね)

損傷菌がいたとしても
・生存可能な損傷ならその後の栄養リッチな培地では生育してくると思います。
・生存不可能な損傷なら検体中(製品中)でも生育できないつまり培地で生育出来ないのなら製品でも生育しないのではないかと思うからです。

気になるのなら一度比較検査をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sayasaya6655さんどうも有難うございました。

私は前職で乳飲料会社の品管をやっておりまして、その時は何の疑問も持たないで生理食塩水を用いておりました。

しかし、今回食肉会社で品管をやるに当たっていろいろ調べてみると今回のような疑問が沸きましたので質問させていただきました。

丁寧で非常に分かり易い解説をどうもありがとうございます。

お礼日時:2005/05/09 10:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食品細菌検査での希釈水について・・・他

細菌検査会社に勤めています。(1)~(3)について教えて下さい。
(1)食品衛生検査指針に希釈水について、0.1%ペプトン~・リン酸緩衝~・生理食塩水の3種類を使い分けるというようになっていますが、当社では、オートクレープで滅菌した水=滅菌水を希釈水として使用しています。
私は、細菌検査会社としてそれは、如何なものなのか!?と思っています。会社側に確認すると過去に比較実験(滅菌水と生理食塩水)しても大きな差はないとのことでした。でも色々調べてみると損傷菌の問題もあるし・・・。
(質問)
*皆さんの会社では、検査指針に沿って対応しているのでしょうか?
*滅菌水を希釈水として扱うことにより損傷菌の問題以外に何か問題と 成り得ることはあるのでしょうか?

(2)培地を作る際に当社では、水道水からオートクレープにかけて作っています。この件も同様に精製水から作るのが一般的だと思いますが・・・
(質問)
*水道水から作るにあたり、問題となる事項は何があるのでしょうか?

(3)試験結果の成績書で大腸菌群の備考欄に「デソキシコレート培地」と当社では記載していますが、実際はX-GAL培地を使用しています。またBGLBにおいては、希釈した検体(10倍)を24時間35℃で培養した後に、X-GAL培地に塗抹→24時間35℃培養後にコロニーの有無で判定を行います。
(質問)
*デソキシ~の表記は、間違っていますよね!?(念の為・・)
*間違った方法を理解した上で、BGLBはこのやり方で信頼性はあるのでしょうか?

・・・まだまだ、当社のやり方に疑問を持つところはありますが、また改めて、質問させて頂きます。取り急ぎ上記の件について、皆様のご回答の程よろしくお願い致します。

細菌検査会社に勤めています。(1)~(3)について教えて下さい。
(1)食品衛生検査指針に希釈水について、0.1%ペプトン~・リン酸緩衝~・生理食塩水の3種類を使い分けるというようになっていますが、当社では、オートクレープで滅菌した水=滅菌水を希釈水として使用しています。
私は、細菌検査会社としてそれは、如何なものなのか!?と思っています。会社側に確認すると過去に比較実験(滅菌水と生理食塩水)しても大きな差はないとのことでした。でも色々調べてみると損傷菌の問題もあるし・・・。
(質問)...続きを読む

Aベストアンサー

1.
ほとんどの菌は水を用いて希釈した場合と、差がないのは事実でしょうが、
菌によっては、浸透圧の影響を受ける場合もありますので、
当然生食か緩衝液、ペプトン水でしょうね。

2.
これは、精製水が当然です。
培地成分に影響のないものがほとんどでしょうが、
これは、常識を疑いますね。
水道水中のMgやCaが入ってはならない場合も有ります。

3.
会社の成績の書き方の問題ですね。
信頼性の有無は、実験してみないと分かりません。

Q滅菌希釈液の作り方

培養をするのに滅菌希釈液を購入していたのですが、コストがかかるため、自社で作るという話がでました。

いろいろ調べたのですが、ハッキリとした作り方がどこにも載ってないんです。

高圧滅菌機はあります。
必要薬品の種類、量、製造方法を教えてください。

あと、精製水とありますが、蒸留水でないといけないのでしょうか?
そうだとすればその理由なんかもわかればお願いします。

Aベストアンサー

細胞培養用の滅菌希釈液はPBSですか?
各プロトコールで微妙に違います。
PBSで検索するといっぱいでてきます。
基本は混ぜて溶かしてオートクレーブかけるだけです。
うちの研究室では20倍濃度のPBSを1回作り、使うときに希釈し、オートクレーブをかけます。
一応、下記UALを出しておきます。

精製水でないとだめな理由…。
水道水には不純物が多い。
特にCaやMgなどは細胞をはがす時に邪魔です。

Q生理食塩水はオートクレーブしない方が良いんですか?

生理食塩水に溶かして撒く菌液があり、生理食塩水のコンタミも考え、生理食塩水のみを培地上に塗布したところ、少量のコロニーが確認できました(-_-; ちなみにその生理食塩水はオートクレーブせずに、滅菌水で溶かしただけでした。

以上のことで担当教員からは『オートクレーブなしで』を言われましたが、コンタミの原因が生理食塩水と考えられる以上、それをオートクレーブすべきと考えました。

しかし、生理食塩水をオートクレーブすると、やはり少なからず濃度が変わってしまうのでしょうか?

初歩的な質問でスミマセンが、宜しくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

微生物の培養試験に用いる生理食塩水は、オートクレーブなどで滅菌をしたものを使う必要があります。おそらく容器は滅菌されたものを使用されたと思いますので、食塩が無菌状態でなかったのでしょう。生理食塩水のコンタミを考慮されて、あらかじめ培養されたのは賢明な判断だったと思います。

担当の先生がどのような意図でそのような指示をされたかわかりませんが、滅菌生理食塩水は通常オートクレーブするものだと思います。熱に弱い成分の培地を滅菌する場合は、濾過滅菌を行いますが、生理食塩水は液量に対して十分大きな容器を使えば、オートクレーブで問題になることはないと思います。私も、過去に仕事で細菌検査に携わっていたことがありますが、オートクレーブした生理食塩水を使って問題になったことはありません。

後は、市販の滅菌済み生理食塩水を購入して使用するという方法もあると思いますが、いずれにしても、先生とよく相談されて実験をされるのが良いと思います。

Qリン酸緩衝希釈液 無菌検査 

食品会社で品管を担当しております。
今回の相談したい対象製品は乳製品を使用した洋風デザートなのですが、取り引き会社との間で「無菌試験」をすることになっております。恒温器で増菌後、検査をする際に、希釈液をリン酸緩衝希釈水の代わりにリン酸緩衝生理食塩水を使用してしまいました。
生理食塩水、ペプトン加生理食塩水、リン酸緩衝生理食塩水については過去の質問等を拝見したところ、この3つは大きな差はないとの認識ですが、今回の間違いについては大きな違いは発生するでしょうか?レトルト殺菌を行っているため、菌の検出はないでしょうが、再検査には時間がかかるため教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
高濃度食塩水ならば、ビブリオ属以外の抑制が考えられますが、生理食塩水レベルではまず問題はないと考えられます。

但し、こういう取り違えは行政上、問題になりますので、今回の結果は速報として但し書き付きで報告し、本来の方法を行って確定して再度報告しておく事をお勧めします。

何かあった時、報道に導かれる世論は容赦してくれませんよ。

Q菌数?コロニー数?

エアクリーナーを使用中の室内で、浮遊菌数を測定するためにエアサンプラーを用い測定を行う予定です。
初歩的なんですが、菌数と、コロニー数はどう違うのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

「菌数」とは,呼んで字のごとく菌の数のことです。その「菌数」を数える手だてとして,菌を培養して「コロニー数」を数える方法(「平板培養法」や「混釈培養法」)があるわけです。
ですから,培養法での検査結果としては「菌数=コロニー数」と考えてしまってかまわないと思います。

ですが厳密には・・・
1.コロニー数は生菌の数のみを反映するので,死菌を含めた「総菌数」とは大きく異なる。
2.生菌1個が,必ずしも肉眼で確認できるコロニーになるまで増殖するとは限らない。
3.菌体が集塊状になりやすい菌は,複数個の菌で1個のコロニーを作りうる。
・・・などの理由で「菌数≠コロニー数」になるのでご注意ください。


言葉の正確性を期すのであれば,菌数の単位を「CFU(colony forming unit:コロニー形成単位)」と表現すればよいと思います。
1CFUとは「1個のコロニーを作るだけの菌量」ということです。

つまり,1m3あたりの菌数を培養法で測定した場合,結果を
「○○CFU/m3」
とすれば学術的にも正しい表記となります。

「菌数」とは,呼んで字のごとく菌の数のことです。その「菌数」を数える手だてとして,菌を培養して「コロニー数」を数える方法(「平板培養法」や「混釈培養法」)があるわけです。
ですから,培養法での検査結果としては「菌数=コロニー数」と考えてしまってかまわないと思います。

ですが厳密には・・・
1.コロニー数は生菌の数のみを反映するので,死菌を含めた「総菌数」とは大きく異なる。
2.生菌1個が,必ずしも肉眼で確認できるコロニーになるまで増殖するとは限らない。
3.菌体が集塊状...続きを読む

Q生菌数検査の混釈法の希釈倍率?

生菌数検査の混釈法での希釈倍率の設定の意味が分からないのですが、何方かお教えねがえませんでしょうか?通常10倍程度が良いと聞いていますが、これはある程度薄めないとコロニー数を数えにくいからでしょうか?また、希釈は20~50倍までが良く、100倍までやると条件が厳しすぎると聞いたことがありますが、希釈によって防腐剤などが効きにくくなるからでしょうか?薄いと試料自体の濃度も薄まり菌も繁殖しにくくなるような気がしますがいかがでしょうか?自分で調べれば良いのですが専門でないので身近にある程度では見つけられませんでした。参考になるような書籍やホームページでもかまいませんので教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サンプルが何かにもよります。

元から細菌数が多いと予想される菌液なら0.1ml培地に撒いただけでもシャーレ全体にコロニーが生じてしまい数えようもありません。

10-6くらいに希釈する事もあります。

なので希釈しないと計算できません。
希釈すると試験管中に存在する細菌数が少なくなるだけで培地の濃度が変わるわけではないので菌は育ちます。(最終的に何倍に希釈してコロニーがいくつ生じたかで、希釈する前の生菌数を計算するので)

微生物学系のテキストなら生菌数の計算法は必ず乗っているとおもいます。

Qオートクレーブで水を滅菌したいのですが・・

オートクレーブで水を滅菌したいのですが・・

水をオートクレーブ(卓上の小さなもの)で滅菌することになったのですが
イマイチ心配なので教えて下さい。

水を三角フラスコに8割くらい入れ、口の部分をアルミ箔で覆い
ふつうにオートクレーブにかければ良いでしょうか。

水の量が多い?口の部分はアルミで良い?
・・など不安になってきました。
他に注意点などあれば宜しくお願いします!

Aベストアンサー

栓をする必要があります。

栓無しでも滅菌が出来ますが、
無菌室で無い場合は、オートクレーブから出したとたんに汚染される可能性があります。
三角フラスコの場合は、表示量より少し少ない目、ぐらいが適当です。
300mLなら250mLぐらいですか。

栓は、汚染を考えると密栓がいいですが、冷却を充分してから取り出さないと、
破裂する危険がありますので、蒸気だけ通じて、菌を通じないシリコ栓などを
使うと良いでしょう。

Q生菌数の換算・・・/mlと/gについて

食品の細菌検査をした際にその菌数を
/mlもしくは/gで表記しますよね?

例えば、
5gの検体と45mlの希釈水で10倍希釈の試料液を作ってその1mlを培養したとき、培地に100個のコロニーが出現したとします。

で、この菌数を表示するには10(倍希釈)×100(個)で1000個/mlなわけですが、これを1gあたりに換算するときってそのまま1000個/gでいいのでしょうか?

単純な質問でお恥ずかしいのですが、ご存知の方ご教授ください。

Aベストアンサー

微生物を扱っている者です.
計算合っていますよ.
mlとgのやりとりがなんとなく納得いかないのであれば,
以下のように考えてみたらどうでしょう?

10倍希釈液1mlで100個のコロニー
→10倍希釈液50mlで100x50=5000個のコロニー
→検体5gあたり5000個のコロニー
→検体1gあたり1000個のコロニー

慣れないうちは図を書いて考えると分かりやすいかもしれません.

実際,どのように生菌数を算出するかについては
参考URLと以下のサイトが参考になるかと思います.
http://www.jarmam.gr.jp/situmon2/seikinsu-santei2.html

参考URL:http://www.jarmam.gr.jp/situmon2/seikinsu-santei.html

Q芽胞菌を殺菌するには?

芽胞菌は高熱にも強く、次亜塩素酸ナトリウムやエタノールも効果がないといわれますが、これを殺菌するにはどうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

多くの芽胞菌が芽胞の状態になると熱や薬品に対して強い耐性を示しますが,芽胞形成前のいわゆる栄養細胞の段階ではそれほど強いものでもありません.

間欠滅菌と呼ばれる方法は,一度の加熱で死ななかった芽胞から再び発芽(?)させ,栄養細胞の状態にしたところで再度一気に過熱して滅菌する方法です.

料理の「煮返し」と呼ばれる手法は,まさに同じ原理で,セレウス菌などの芽胞菌を殺すのに非常に合理的であることが分かります.

先人たちの知恵が実は科学的合理性に富んでいるという一例ですね.

Q生理食塩水の0.85%と0.9%の表示の違いの意味について

生理食塩水の0.85%と0.9%の表示の違いの意味についてなんですが、なぜこのように表示の違いがあるんでしょうか?以前に何か意味があると聞いたんですが、忘れてしまいました・・・。もし知識をお持ちの方がいらっしゃれば教えていただきたいです!

Aベストアンサー

生理食塩水とは細胞と浸透圧が等調となるようなイオン強度をもった食塩水のことで、これをNaClを水に溶かして表現したとき、濃度は0.153mol/Lとなります。これをパーセントにすると0.89%で、一般には約0.9%と言われているようですね。これが0.88%になると浸透圧のバランスが保てないかというとそうでもなく、許容範囲が0.85~0.9%ってことじゃないですかね?ちなみにこの濃度を生理食塩水とするのは人間だけで、生物によってさまざまな濃度が「生理食塩水」となります。カエルなんかは0.65%だったと思います。