過去の投稿に似たものがあったのですが、わかりにくいところがあったので私の場合を記入させて頂きます。

現在共働きで、350万円程の車を購入しようと思っています。
購入の為の資金計画は、下取り車(夫名義)100万円、車購入の為の貯金(私名義)150万円、私の会社でのマイカーローン100万円の予定です。
このような場合、名義はどうなるのでしょうか。
夫名義の車を売却した金額が夫名義ということになるなら、どちらの名義にしても贈与税が発生してしまうので共有名義にしたほうがいいのでしょうか。
夫一人の名義にすることはどうしても贈与税が発生しますよね?
それと、贈与があったという申告は自分で確定申告をしなければいけないのでしょうか。(逆に言えば、嫌な言い方ですが、自分で申告をし忘れてしまったらどこでどうやって「ばれる」のでしょうか)
回答、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

確かに理論的には贈与税がかかることになりますが、自動車の共有名義とか、自動者の購入資金がどこからでているのか等の税務調査があるなんて聞いたことがありません。

まあ、一般人が350万円くらいの車を購入して、税務署から問い合わせなんてきませんよ (~o~) 車は名義があるとはいえ、生活用の動産の範疇であると
解釈されているようですし、二人が使う車のお金を二人がだしあってどうして贈与税をかけることができますか、たまたま名義が一人になっているだけでしよう。車代金の夫婦間の贈与税なんて・・・税務署はそんなことを調べるひまはありません。

贈与税は贈与を受けた人が自分で翌年の3月15日までに申告することになっています。まあ平気でしょう。・・・

それでも心配ならばあなたの名義で購入されたらどうですか、改正で年間110万円まで贈与税はかかりませんので、ご主人の下取り車100万円分ということで申告は不要です。ただし、今まで加入していた自動車任意保険が、名義が変わることにより、継続とならなくなり、掛金の料率が不利になる場合があるので、保険会社によく相談してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。よくわかりました。
他で贈与税云々の話をしていたので、神経質になっていました。

お礼日時:2001/09/19 08:28

下の方が書いているとおり、税務署はそこまで調べないと思いますよ。


厳密にいうと、あなたの言うとおり贈与税の問題がでて来ますよね。
でもあなたの名義にすれば贈与税は発生しません。

名義は旦那さんの名前にしておきたい、でも心配、というのであれば、
あなたが旦那さんに250万円貸したようにして借用書を作成してはどうですか?
もちろん毎月旦那さんからあなたに返済するようになりますけどね。
例えばマイカーローンの金額分を旦那さんの口座からあなたの口座に移すとか。

本当は、車を売却(下取)すると譲渡所得になるんですけど、
誰も税金を払ったなんて聞きませんよね。
なので、そんなに心配しなくてもいいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。よくわかりました。
下取りが譲渡になるというのは知りませんでしたが、考えてみればそうですよね。納得しました。

お礼日時:2001/09/19 08:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫の退職金を妻名義の預金利率の良い定期預金に預け替えても贈与税かかりますか 年金口座開設の為 1年

夫の退職金を妻名義の預金利率の良い定期預金に預け替えても贈与税かかりますか 年金口座開設の為 1年だけ有利な定期預金です

Aベストアンサー

「生計を一にしてる」親族の場合には、親子などで「お互いに扶養義務がある」わけです。
所得税法でも相続税法でも「扶養義務を負う者が扶養者へ支払う適切な生活費」は所得税非課税、贈与税非課税です。

夫の退職金から妻に生活費を支払うのは贈与税はかかりませんし、妻の所得となるのではないので所得税も課税されません。

「生計を一にしてる場合には、まず問題ない」という意見は、上記の点を説明したかったのだろうと想像します。
つまり「生活費として渡してるぶんには、贈与税などかからない。」です。
本例では夫が所有する預金(原資は退職金であれ、長年積み立てた金であれ無関係)を妻名義にするというのですから、生活費の支払いとは言えないです。
贈与行為です。

贈与税は相続税法の中に規定されてますが、「贈与税の納税義務者」の中に生計を一つにするものを除くという規定はない点をご確認ください。

(贈与税の納税義務者)


第1条の4 次の各号のいずれかに掲げる者は、この法律により、贈与税を納める義務がある。


一 贈与により財産を取得した個人で当該財産を取得した時においてこの法律の施行地に住所を有するもの

二 贈与により財産を取得した次に掲げる者であつて、当該財産を取得した時においてこの法律の施行地に住所を有しないもの


イ 日本国籍を有する個人(当該個人又は当該贈与をした者が当該贈与前5年以内のいずれかの時においてこの法律の施行地に住所を有していたことがある場合に限る。)

ロ 日本国籍を有しない個人(当該贈与をした者が当該贈与の時においてこの法律の施行地に住所を有していた場合に限る。)

三 贈与によりこの法律の施行地にある財産を取得した個人で当該財産を取得した時においてこの法律の施行地に住所を有しないもの(前号に掲げる者を除く。)

以下第2項がありますが、省略します。

「生計を一にしてる」親族の場合には、親子などで「お互いに扶養義務がある」わけです。
所得税法でも相続税法でも「扶養義務を負う者が扶養者へ支払う適切な生活費」は所得税非課税、贈与税非課税です。

夫の退職金から妻に生活費を支払うのは贈与税はかかりませんし、妻の所得となるのではないので所得税も課税されません。

「生計を一にしてる場合には、まず問題ない」という意見は、上記の点を説明したかったのだろうと想像します。
つまり「生活費として渡してるぶんには、贈与税などかからない。」です。
...続きを読む

Qこれから新築一戸建てを建てます。夫が夫の親から1500万円贈与してもら

これから新築一戸建てを建てます。夫が夫の親から1500万円贈与してもらい、足りない分は私のお金でまかなうつもりです。贈与税がかからないためには、いつまでに何をしたら良いでしょうか?来年3月15日までに住まないといけないと聞いたのですが、支払いも済んでいないと駄目でしょうか?と、言うのは、私の叔父が大工で、建ててくれるため、かなり長い工期がかかると思うのです。どうしても間に合いそうに無い場合は、台所と寝室だけ先に完成させてもらって、外壁その他最後までかかる分については料金を先払いしてしまえば何とかなるでしょうか?実際に役所で検査しに来るのでしょうか?

Aベストアンサー

1500万円の贈与は「住宅取得等資金の非課税」を使うということですね。
翌年の3月15日までに居住し、建築代金が支払われていることが必要です

>どうしても間に合いそうに無い場合は、台所と寝室だけ先に完成させてもらって、外壁その他最後までかかる分については料金を先払いしてしまえば何とかなるでしょうか?
添付書類で「登記事項証明書」が必要となります。
その建物が登記簿に登記されている必要がありますので、登記ができていないとだめです。
逆に言えば、登記さえできればいいということになりますが、建物が完成していなければ登記はできないでしょう。

相続時精算課税なら、そのような条件はありません。
2500万円までの贈与なら、税金かかりません。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/pdf/18.pdf

Q100万円の振替の贈与税

夫から自分へお金の移動をする際、いくら以上から贈与税はかかるのでしょうか?
子供の貯蓄を目的として、100万円の移動を考えています。この場合、贈与税はかかるのでしょうか?
また、かからない方法(分担して振り返る等)があれば教えていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

100万円でしたら無税ですよ。
贈与額から基礎控除額110万円を引いた金額に税金がかかります。
詳しくはこちらを↓
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4408.htm

Q建物の10%が親名義。子に変更する為の贈与税は?

初歩的な質問で恐縮ですがよろしくお願いします。

現在居住しているマンションの名義変更と贈与税についてです。

名義は現在、夫=90%・義父=10%です
購入は7年前。当時義父から購入資金として700万円の援助を受けましたが、贈与税を避けるため共有名義としたそうです。(私と結婚前です)
しかし最近ローン借換等でいろいろ不便が生じてきた為名義を全て夫に変更しようという話がでています。
現在のマンション概算評価額の10%は400万前後です
この際、贈与税等はどの程度かかってくるのでしょうか。

ネットで調べてはみたのですが、住宅「資金」の贈与については特別控除等あるようですが「名義の10%」分の贈与だとどのようになるのかわからずにいます。
今考えると7年前に現金で贈与を受ければ税金はかからなかったのでしょうか。時既に遅しですが。
上手に控除等を受けて名義変更ができる方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

義父さまの年齢が贈与する年の1/1現在で65才以上であれば、通常の相続時精算課税制度を利用して持分を贈与する方法がよいでしょう。この制度は2500万円まで非課税ですので、持分の10%程度でしたら贈与税は非課税になると思います。

ただし、将来、義父さまがなくなられた時に相続税を納める可能性がある場合には、この制度はデメリットとなることもありますので、利用する場合には充分検討した方がよいです。

Q夫の退職金を妻名義口座へ振り込むと贈与税?

みなさま、こんばんは。
税金のことで、教えていただきたく、お願い致します。
今月末、夫が定年退職をし、退職金を受け取ります。
夫と、退職金は、半分ずつ、夫婦で管理しようと話しています。
退職金の半額を、私名義の口座に振り込んでもらい、そこから今後の生活費をまかなうことにしようと。
私の名義の口座に送金してはもらいますが、それは、二人の生活費に使うためのお金です。
それでも、相続税は通常通りにかかるのでしょうか?
何か、うまい方法はないでしょうか。
みなさまのアドバイスを、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>毎年、110万円ずつ移すという手もあるということなんでしょうか…

残念ながら、これはだめです。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4402_qa.htm#q1

>税務署にきちんと申告をして、贈与を受けるほうがいいかと…

一度に多額の贈与を受けると、税負担も多くなります。
毎年 120万円ずつの贈与にして、110万円を上回る10万円に対する贈与税 1万円だけを払うのが、合法的な節税方法です。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4408.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報