電子書籍の厳選無料作品が豊富!

今月中に5万円を無理矢理使うとしたら何に使いますか?
貯金・投資は無しで出来れば有意義な使い方で。
貯金癖を治したいです。

A 回答 (20件中1~10件)

「有意義」と思ってもらえるかどうかわかりませんが、わたしなら将来、長い期間に渡って自分の役に立ちそうな下地を固めるのに使うと思います。



質問者さんが想定する立ち位置がわからないので回答しづらい部分があるのですが…。
(たとえば親に扶養されている中高生と、一人暮らしを始めて10年めの会社員、定年したばかりの人、それぞれ必要なものつまり何が有意義か変わるじゃないですか?)

・栄養、料理の基礎を体系的に学んで実践できる仕組みを作る
・家あるいは自室の模様替えをする
・将来に役立ちそうな資格を取る
・結婚相談所に入会してみる
・ワードローブを見直し、プロのPC・骨格診断を受け、百貨店のコーディネートサービスを受けて他人からの第一印象の向上を目指す
・何らかの趣味の活動の”おためし”を複数してみる

5万じゃ足りない活動も多々含まれていますが、少し解説します。

こういう質問サイトに参加していて気が付いたことがあるのですが、一定の人々は栄養の重要さに気づいていません。医食同源とは1972年に医師新居裕久が作った言葉ですが、日々の食事の重要さを言い当てています。
人間は食べたものの積み重ねで体が作られます。健康も美容も左右するほど大きな影響力があるのです。
だから義務教育で家庭科を教えるのだと思います。
にもかかわらず、栄養の基礎がすっぽ抜けている人が多いです。これは何も毎日特別なものを食べることは意味していません。
農林水産省も提唱する「食事バランスガイド」のような、ちょうどよい栄養比率内におさまるよう、日々の食事で多種多様な食材をバランスよく食べ続けることを意味します。

https://www.maff.go.jp/j/balance_guide/

ところが、たいていの人にとってこれはかなり面倒で、重い労力でもあるんですよね。たとえば働く単身者が毎日、これに従った食事を摂ろうと思えばかなり時間もエネルギーも割く必要があります。手を抜くにしても、どこをどう抜いていいのかわからない。知識がないから。だからこれで万全と謳う加工食品で手っ取り早く済ませようとする。そして10年後に体の不調を感じる。知識がないから。

だから、栄養の知識を学んだらどうかと思います。書店にも栄養に関する体系的な本が複数売っています。これを買い、あとは実践するために近隣の食料品店を知り、調理器具を買い込んだら5万ぐらいすぐなくなります。


家の模様替えとは、単に家具を移動させて気分転換するだけではありません。
大きな目標は2点、収納の見直しと、「在宅時にもっとも時間を過ごすスペースをもっと好きになるように手を入れる」ことです。
収納を見直し、使い勝手を良くすれば、時間とお金の無駄を減らせるようになるかもしれません。
好きなインテリアに囲まれれば、気分が高揚したり安定したりする効果があります。
これは長い間にわたってじわじわと差が出てくる要素です。ネットには「汚部屋を片付けたら人生が好転した」というような体験談がありますが、おそらく長い間過ごすスペースの使い勝手や、気分に与える影響が外出時の振る舞いにも関係してくるからかもしれません。たとえ人生が好転するまでいかなくとも、長い間過ごすスペースを整えることは意味があります。
ただこれ、本格的にやろうと思うと5万では足りないかもしれません。事前にどうしたいか理想案と予算をきちんと組み立ててから実行することをお勧めします。

本当は寝具(もっといえば敷布団かマットレス)を買い替えることをお勧めしたかったのですが…。たとえば、疲労の軽減や更年期の女性の心身の不調が改善するという研究結果があるマットレスなんかあったりするんです。睡眠の質の改善は非常に重要です。上で書いたように「長い時間過ごすスペースを整える」ことはかなりの影響があります。
が、そういう良いマットレスは5万円の数倍しますので…。おそらくお若い方でしょうから、マットレスが良いことがどれだけ意味があるか、というのはまだなかなかピンとこなさそうですしね。将来、何か体の不調を感じるときがきたら思い出してください。

ほかにもいろいろありますが、あなたは何か新しいことを始めたら良いと思いますよ。貯金グセがあるのは、逆に言えば、今あまり充実していないのかもしれないと思いました。あるいは何か足りないものがあるから心の安寧のために貯金に走ってしまうのかもしれません。
じゃあ、何か新しいものをいくつか試してみて、それが人生の充実に繋がるようなものがいいのではないかと思ってこの回答を書きました。
「趣味のお試しを複数してみる」もそうですね。
乗馬、グランピング、声楽、自分だけのうつわを作ってみる、日本刀を打ってみる(脇差で24万しますけど)
https://activityjapan.com/publish/plan/42578

まず体験ギフトカタログを眺めてみて、興味をそそられたものを試しに応募してみる。ギフトカタログは内容がサイトから確認できます。
他に上のアクティビティを集めたサイトを探してみる。
上の「料理の上達で人生を豊かにする」に絡めるなら、たとえばガス会社が1日1回限りの料理教室を頻繁に開催しています。10回行けば5万つかえます。

なんにしても、お金を使うのであれば、一気に浪費するよりも、何らかの形で長い間良い影響を残す使い方を考え、そのために使うと良いのではないかと思います。ある種の投資の話になりましたが…。
といっても、一気に使い切るけれど長い間影響が残るような使い方もあります。
食べ物であればたとえばグランメゾンと呼ばれるフレンチや、高級割烹で使ってみるなどでしょうか。足を運んだことがあまりないのなら、良い経験になるでしょう?そしてそういうところはだいたい一人5万ぐらい使えるコースには事欠かないですしね。
生ハムの原木を買うというのもいいですね。小さいサイズなら数千円から売っていたりしますから、5万円だと1本まるまる、なおかつスペイン産のそこそこ良いものが手に入ります。専用のナイフも買って、切り方や手入れの仕方を学んで(ほら日本は高温多湿の国ですからカビですとか…)、長い間にかけてちまちま食べるのです。生ハムがお好きなら楽しいですよ。
たとえばワインがお好きなら、2千円で評判の良いワインと4万8千円のワインを買って飲み比べてみる、なんていうのも楽しそうだと思います。口に合わなかったら牛肉とトマト、タマネギを買ってきて煮込みに使ってSNSに「5万のワイン奮発してわくわくしながら開けたのに口に合わないからやけくそで煮込みにしたった」って投稿すればいいんですよ。写真付きで。

何か変えたくて5万使うのなら、何か変わったって思えるものに遣ってほしいなと思います。
    • good
    • 0

男性ですから、ごく一般的な。


いたって健康ですが、
なにも趣味や楽しみ、
家族親族、友人知人、全く
おりません。ただ男性の
機能はしますから、
ごく一般的に。
    • good
    • 0

プチ旅行します!都内一流ホテルで一泊します!

    • good
    • 1

>無理矢理使う



この時点で有意義どころか苦痛ですので、有意義にはできないと思います。
仕事でそういうことをする(無理に他者が設定した予算枠いっぱいまで使い切る)機会がたまにありますが、かなりの苦痛です。

>貯金癖を治したいです。

あなたにとって、それが主ならばそれを実現する方法を編み出すための研究費用にでもされてはいかがですか?

継続的なものでしょうから、日常を想定して毎日やっていくことに慣れた方がいいかと思います。日割りで1500円ですね。
    • good
    • 1

ちょうどディズニー行くので、使ってきますよ!任せてください!

    • good
    • 0

親に5万、お小遣いをあげる。

    • good
    • 0

趣味に。

ちょっと高くつく趣味があるので5万ぐらいはすぐ。
貯金癖ですか。
私もどちらかというと貯金マニアです。
貯まるばっかり、使われてばっかりで面白くないですね。
    • good
    • 0

家電を買い替え


旅行
コンサートのチケット

この中のどれかですね!5万円あればオペラのチケット2枚は買える。
    • good
    • 0

本を目いっぱい買い込んで、読書三昧。

    • good
    • 0

ディズニーリゾートで豪遊します

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A