人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

 Aさんにお会いする時に、Bさんから「Aさんによろしくお伝えください」と言われました。Aさんにお会いして「Bさんから、よろしくお伝えください、とのことでした。」という風にお伝えしたのですが、それで正しかったのでしょうか?それとももっと適切な言葉があったのでしょうか?
 どちらも目上の方で言葉遣いに気をつけているのですが、考えすぎて少し混乱してしまっているところがあります。
そこで、
・文法としてはどうなのか?
・日常使う言葉として(文法としては少しおかしくても特に失礼と思われることもなく使われている言葉があるのではないかと思うので)どうなのか?

ということについて教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

それで正しいと思いますし、大変よかったと思います。



または簡単には、
「Aさんからよろしく・・・とのことです」
「Aさんがよろしく・・・とおっしゃっていました。」
さらに変法としては、
「Aさんがよろしく・・・とおっしゃっていましたので・・・ムニャムニャ」等と濁したり、ごまかしたりして次の話題に持っていくとか・・・(笑)
さらに丁寧にいうには、・・・と申し付かって来ました等等ですが、こうなると落語の世界ですから、Yatukiさんの言葉で"Perfect!!!"です。

挨拶文句は実務に直接かかわることではありません。しかし人間関係や仕事を円滑に進めるには非常に大切、重要なことです。

yatukiさんくらいに自然にそのメッセージと気持ちが伝えられる人の場合は、そう堅くお考えにならずに、"Aさん"と"よろしく"がはっきり言葉として出して、頼んだ人とあなたの気持ちとが、伝える先の人、つまりお世話になったか、紹介を受けたかはわかりませんが、その人に伝われば語尾・文末は適当です。

よろしく伝えて・・・といわれたことは、お使いをすることですから、多分自分より目上の人から頼まれるわけですね、目下の人からのよろしくお伝え下さいは出来ませんので、つまり、そんなことは人に頼まずに、自分で言いなさいっていうことですから・・・。

Yatukiさんのこの "action" と "メッセージ"で、頼んだ人に対しても、伝える先に対しても、きちんと"よろしく" の趣旨が伝わったと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

 ありがとうございますm(_ _)m。安心しました!ご説明もとてもわかりやすかったです。他にもそのような伝え方があるのですね。
 今学生なのですが、大人として社会とかかわる機会も増えてきています。でもいざというときに適切な言葉が思い浮かばず、考えすぎて不自然な敬語になってしまっていることもあります。気持ちがきちんと伝わるにはやはり言葉も大事ですよね。少しずつ学んでいって、自然に適切な言葉が出てくるようになればいいなと思っているところです。

お礼日時:2005/05/15 15:30

いつのまにか、日本語が変形した一つです。



もともと、「よろしくお伝えください」というのは、私のことを、先様に対して、印象がよくなる様にあなたが自由に話題を考えて、売り込んでおいてくださいという意味でした。
「よろしくと言っていました・・・」
と、そのまま伝えるのは、落語の世界の話です。
しかし、時代が変わり、多くの人がそのまま伝えるようになったため、まあ、それでもいいという解釈になたのです。
「情けは人のためならず」
という諺も、時代が移り、現在では2つの解釈のどちらでもよいとなった代表です。
言葉は生きているため、時代によって変化していくことの好例ですね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

 ご回答くださりありがとうございます。そのような由来があったのですね。言葉の由来などを聞くのはとても興味深く思います。

お礼日時:2005/05/16 13:20

#1さんのおっしゃる事で問題は無いと思います。


まぁ文法的には-その例で行くと、
「Bさんが、よろしくお伝えください、と仰ってました。」という感じでしょうか?

少し砕けた間柄であれば「Bさんが、よろしくと言ってましたよ。」という感じでも良いと思います。


また、AさんとBさんの間柄についてもある程度ご存知なのでしたら、さらに脚色する事も出来ますね。
例えば「最近Aさんにお会いしてませんが-まぁ、Aさんにもよろしくお伝え下さいね。」という感じであれば、「BさんがAさんの近況を気にしてましたよ」とかいう様にBさんの意図を掻い摘んで話す事も考えられます。

ただ、どう話すか困った時や、それほど親しくも無い場合などにはストレートに「Bさんが『~~~~』と仰ってました」とそのまま伝えた方が間違いが無くて良いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答くださりありがとうございます。状況によって少しずつ異なる言い回しがあるのですね。そういうのも少しずつ増やしていきたいです。

お礼日時:2005/05/16 13:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q間違った敬語?「よろしくお伝え下さい」

日常よく使っていた「よろしくお伝え下さい」は間違った敬語なのでしょうか?どう間違っているのかよくわからないのですが、御存知の方教えてください。

Aベストアンサー

まちがっていないと思いますよ。
違和感がありますか?

Q「宜しくと言ってました」はどう言ったら良いのでしょうか?

YYさんに宜しくと言ってくださいは「Say Hello to YY.」だと思いますが、YYさんに「XXさんが宜しくと言ってました。」は英語でどう言うのでしょうか?
YYさんは若い女性、私もXXさんも男性、私はYYさんと見知り程度の間柄、XXさんは多少親しかったようです。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

a) XX asked me to pass his best regards to you.
or
b) XX sends his best regards.

文法的解釈が正しいのかは分かりませんが、a)が間接話法で、b)が直接話法になるのかな?

Q「伝えて下さい」を丁寧に言いたい

「伝えて下さい」を丁寧に言いたいのですが
「お伝え下さい」も少し一方的なような気がして
かといって「お伝え願います」は堅すぎますし・・・
何が丁寧で柔らかくて良いでしょうか?

Aベストアンサー

お伝えいただけますか
でどうでしょうか。

Q上司に「ご報告まで」は失礼?

上司に対して些細な事をメールで報告する時に
メールの最後に「ご報告まで」と付けるのは失礼ですか?

「ご報告までです」ならOKですか?

Aベストアンサー

「ご報告まで」は「ご報告まで申し上げます」の省略形です。
上司に対しては失礼です。
「ご報告までです」は日本語としておかしいです。
省略しないで元の形のままにするか
「ご報告いたします」
「ご報告申し上げます」
でお願いします。

Qえっ「宜しくお伝えください」って……?

ちょっと前に
「宜しくお伝えください」っていわれたら、
どう伝えたら言いの?って質問があったのですが、
私が知っていることと違い、
申し越し、意見を聞かせていただきたいので、
質問させてください。
(もう、その質問は締め切られていたので…。
質問者の方、回答者の方に失礼かと思ったのですが、
詳しい方の意見も欲しいので、
お許しください。)

私が知っているのは、
Aさんが、Bさんに、「Cさんに宜しくお伝えください」
といわれた場合、
BさんはCさんに、
「Aさんが宜しく伝えてくれといっていた」というのではなく、
”適当な言葉に代えて”、例えば
「Aさんが、元気にしているかって気にしていたよ」とかに代えて
伝えるのが本当だ、ということです。

あまり聞かない話ですが、
なにか見識のある方の本で見たような気がするので、
そのときにとても驚き、
そんなのむりだよ!!と思った記憶があります。

何か、ご存知の方がいらっしゃいましたら、
教えていただきたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

日常生活の場ではAさんの気持ちを推測して”適当な言葉に代えて”Cさんに伝えてしまうと、後でトラブルになる場合があります。
例えば「Aさんが、元気にしているかって気にしていたよ」とBさんがCさんに伝えたとします。
でも仮にCさんが健康上の問題を抱えていて、そのことを知っているのはAさんのみだったとします。
するとCさんは「Aさんは私の健康上の不安を知っているのになぜそんなことを聞くのだろう」「Bさんに私のことを話してしまったのかな」・・・などと考えるでしょう。
ですから、人の言葉を伝えるときは話した以上の言葉を加えないように、また言葉以外の微妙なニュアンスが伝わる事がないように気をつけることが大切です。
これがトラブルに巻き込まれないコツでもあるのです。

お読みになった本の内容とは違いますので、正しい方法ではないのかも知れませんが、私の経験から考えたことです。
ご参考までに。

Qとの(という)ことでした、との(という)ことです

 日本語を勉強中の中国人です。「~とのことでした」「~とのことです」、「~ということでした」、「~ということです」の違いをどなたか教えていただけませんか。混乱中です。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「とのこと」とは、自分が他の人から聞いたことをさらに別の人に伝える時に使います。
よくあるケースは、電話の伝言メモですね。
例えば、
田中さんへ
佐藤様からtelあり。
急用が出来たので、本日の打ち合わせは欠席するとのことです

この場合、佐藤様からの伝言を聞いたのは過去になりますが、「とのこと」には過去のニュアンスが含まれるので、最後は「です」となります。
「とのことでした」を使う場合は、「でした」のあとに接続詞を付けて、話を聞いた、その後の出来事などを記述する場合に使います。
例えば、
(1)佐藤さんから電話があり、急用が出来たので、本日の打ち合わせは欠席するとのことでしたが、結果的には30分遅れで出席されました。
とか、
(2)佐藤さんから電話があり、急用が出来たので、本日の打ち合わせは欠席するとのことでしたので、会議は中止しました。

(1)の場合、時系列で佐藤さんの電話、30分遅れで会議の出席、今の順です。
(2)の場合、時系列で佐藤さんの電話、会議中止、今の順です。

「ということ」を上の「とのこと」に入れかえても、意味は通じます。
でも、他の人から聞いた話を別の人に伝える場合、「とのこと」の方がより適切です。
「ということ」という言葉は、「とこのと」と同じ意味以外に、説明の時に使う言葉ですね。
例えば
「ドコモとソフトバンクの料金を比べた場合、トータルではソフトバンクの方が安いということです」とか。
ということの場合、後ろに来る「です」と「でした」の違いは、時制の違い、つまりですは現在形、でしたは過去形を表すと考えてよいと思います。

この説明でわかりました?

「とのこと」とは、自分が他の人から聞いたことをさらに別の人に伝える時に使います。
よくあるケースは、電話の伝言メモですね。
例えば、
田中さんへ
佐藤様からtelあり。
急用が出来たので、本日の打ち合わせは欠席するとのことです

この場合、佐藤様からの伝言を聞いたのは過去になりますが、「とのこと」には過去のニュアンスが含まれるので、最後は「です」となります。
「とのことでした」を使う場合は、「でした」のあとに接続詞を付けて、話を聞いた、その後の出来事などを記述する場合に使います。
...続きを読む

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「お伝えします」と「申し伝えます」

敬語についての質問です。
以下のような状況において

● 電話で「Aさんからの伝言をBさんがCさんに伝える」

例)
A:では、Cさんに明日3時に伺うとお伝えください。
B:わかりました。そのように(Cに)〔    ★     〕。

★の部分は「お伝えします」ではなく「申し伝えます」が正しいと感じるのですが、その理由を説明できず困っています。どちらも謙譲語だと思うのですが。

どなたか明確に説明ができる方がいらっしゃいましたらどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「お~になる」の尊敬語と混同されやすいですが、「お~する」は謙譲語です。ここでポイントになるのは、この表現は「話す相手」ではなく「~する相手」に対して敬意を表している、という点かと思います。
つまり、BがAに対して「Cにお伝えします」といった場合、敬意はB→Cの方向になります。Aに対しては「ます。」という丁寧語でしか敬意が表されていません。

しかしこの場面では、AにとってCはBの身内であるため、CがBに敬意を表することはマナー違反になります。CがBの上司でも同じです。
ですからここで「お伝えします」とBが言うのは間違いです。


対して「申し伝えます」とは、伝える人間(B)と伝えられる人間(C)の双方をAより下においた表現です。身内同士で使えるのはこちらです。ですから、この場合は「申し伝えます」が適切であると考えられます。

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング