家で観たい!『平成』にアカデミー賞を受賞した映画30本!人気TOP5は?

上記の通りです。どこの文書を読んでも、どこのサイトを見ても、考えられません。確かに、鑑真は日本の文化の発展のためにきたことは明らかなのですが、それはただ、仏教の教えにしたがったからなのでしょうか?他にも深い理由がありそうなので、質問させていただきました。専門家の方々、どうぞ返答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 なぜ弟子でなく高齢で地位も確立した鑑真が、国禁(当時は国外に出ることは禁じられていた)と命の危険(航海に失敗する可能性のほうが高かった)を覚悟で日本に渡ったかについては、


 
日本側で事情とされているのは、
・仏教徒としての使命感説
・聖徳太子を慕った説
・好条件リクルート説
・亡命説
・スパイ説
などがあるようですが、どれも今ひとつ説得力が欠けています。

 ところが、ある中国人の研究者は次のように考えていますが、このほうが説得力がありそうです。

 当時の中国の状況を見ると、鑑真の生涯は前半が仏教を保護した武則天の時代、後半が道教保護に戻った玄宗の時代ですから、国の政策変更で仏教の立場が弱くなり「先が見えない」状態でした。これに対して、国の総力をあげて仏教保護に力を入れようとしている日本には「将来性」という魅力を感じていたし、唐から遠い日本でも、予想以上に仏教研究が盛んで、すでに優秀な弟子が沢山いる地元より、自分の活躍の場を見出した。
 つまり、青年海外協力隊ならぬシニア海外協力隊に参加する方の心情と通じるものがあったのかも知れません。

 詳しくは下のページを。
 

参考URL:http://www.relnet.co.jp/kokusyu/brief/kkouen21.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>>日本側で事情とされているのは、
・仏教徒としての使命感説
・聖徳太子を慕った説
・好条件リクルート説
・亡命説
・スパイ説

僕が昨日3時間かけて出した結論は結局「仏教徒としての使命感説」だったのですが、他にも「亡命説」「スパイ説」ですか。「スパイ説」なんて考えも着きませんでした。それに「亡命説」では僕の中にある考えでは鑑真は唐でもかなりの地位にいて国を出させてもらえなかったのだからこれは絶対無い。でしたが、この考えの下になってるのは、国を出させてもらえなかったのが重要な僧だったから。という自分の先入観ですね。
もうちょっと色々な視点からものをみられるようになりたいとつくづく思いました。

最終的に
>>国の政策変更で仏教の立場が弱くなり「先が見えない」状態でした。これに対して、国の総力をあげて仏教保護に力を入れようとしている日本には「将来性」という魅力を感じていたし、唐から遠い日本でも、予想以上に仏教研究が盛んで、すでに優秀な弟子が沢山いる地元より、自分の活躍の場を見出した。

という結論で、納得しました。

最後に、詳しい説明ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/16 22:22

回答します。


鑑真が日本に来たのは戒律を伝えるためで、それはさまざまな史書にも載っています。
なぜ戒律を伝えるためにあれほどの危険を冒したのかというと、戒律を伝え、それに基づいて僧侶の認定を出来る人間が日本にいなかったこと、そして日本に行こうとした唐の僧侶が他にいなかったことが挙げられます。その点についてはイエズス会の神父が戦国時代の日本に来たのと同じです。正しい宗教の知識がないと、教える立場にはなれませんから。
仏教が手厚く保護されていた日本に賭けるという気持ちがあったという回答がありましたが、そういうことはあったのかもしれません。

日本人は戒律を嫌うのでその重要性がわからないんです。仏教の本来の戒律から言うと、妻帯も飲酒も肉食も許されないのですが、日本ではそれが許される方向に動いていったのも、そのためです。
しかし、仏教国ではスリランカでもタイでも、そういうことをする人は絶対に僧とは認められません。今でもです。それくらい戒律は厳しいもので、それを守らせる人が必要なのです。鑑真は日本で自分がそういう理由で必要とされていることを留学生から教えられ、懇願されて渡航を決意したのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>>日本人は戒律を嫌うのでその重要性がわからないんです。仏教の本来の戒律から言うと、妻帯も飲酒も肉食も許されないのですが、日本ではそれが許される方向に動いていったのも、そのためです。
なるほど、そのようなことからも当時に日本人の中で戒律を心から守る人は極一部しかいなく、それを守らせる人が皆無に近かったというわけですね。

参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/05/16 22:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

武則天」に関するQ&A: 槍使いの英雄

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鑑真が日本に来たかった理由

なぜ鑑真は何度も失敗してまでも日本に渡航しようとしたのでしょうか?
単なる使命感だけですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>なぜ鑑真は何度も失敗してまでも日本に渡航しようとしたのでしょうか?

(1)日本への「仏教伝来」は、「上宮聖徳法王帝説」(じょうぐうしょうとくほうおうていせつ=聖徳太子の伝記)や「元興寺伽藍縁起并流記資財帳」(がんごうじがらんえんぎ ならびに るきしざいちょう=元興寺縁起)では538年に伝来したと記されており、歴史の教科書などでは、こちらが主流。一方で、「日本書紀」では552年とされている。

(2)聖徳太子が仏教を保護したことにより、日本でも仏教文化が花開いた。

(3)しかし、聖徳太子が亡くなると、仏教寺院の堕落が始まり、天皇を中心とした政治に口を出すようになり、受け入れられないと僧兵をつのって力で対抗するようにさえなりました。

(4)聖武天皇は、こうしたことを憂い、僧侶本来の仏に仕える路があるはずだ、と考え、「中国には戒律という僧のあるべき姿を説く者がいるという。真の仏教のあり方を伝える者を招請せよ」、と、栄叡(えいえい)と普照(ふしょう)の2人を唐に派遣しました。

(5)2人は、日本の堕落した仏教を再生するには誰が良いのか、と、唐の僧侶たちに聞き歩き、鑑真にたどりつきました。

(6)鑑真は、栄叡と普照から「弟子でも良いから日本の仏教の再生に派遣して欲しい」と依頼されました。

(7)しかし、鑑真は日本の堕落振りを聞いて、弟子だけを派遣して再生できるものではない、と考え、弟子たちに「日本は仏教興隆の有縁(うえん)の地である。また、戒律を行えるのは自分しかいない」・・・つまり、仏教を再生して広めるには最適な地である・・・と答え、自らが日本へ行くことを決意しました。

(8)しかし、当時、唐では「渡航禁止令」が出されており、密航にあたりました。弟子の裏切りで捕らわれたり、暴風雨などで船が引き返したり、と5度の艱難辛苦の末、753年に来日したと言われています。

(9)「戒」とは、自発的に行うべき修行の心得。

(10)「律」とは、修行僧の守るべき規則。

(11)この「戒」と「律」を破った者に対して「罰」を与えられる僧侶が日本では育たなかった。そこで、これらの「禁」を破った者への「罰」を与えられる僧侶がどうしても必要である、と、聖武天皇は考えた。そして、鑑真を招請することを決意した。

(12)なお、唐でも「戒」と「律」は、次第に区別がなくなり、「戒律」として鑑真により日本へは伝わった。

(13)正式に仏教徒になるには、在家僧侶は10項目、比丘(びく=男性の出家者)は250項目の「戒律」を守ることが義務付けられ、比丘の「戒」を特に「具足戒(ぐそくかい)」といい、それを「誓う」ことで正式な僧侶となれた。

(14)「戒律」は、ただ単に「規則」というだけではなく、仏教徒になるための「加入儀式」において認められるものであり、この儀式を「受戒会(じゅかいえ)」と呼び、「戒壇(かいだん)」と呼ばれる「壇」を作り、三法七証(さんぽうしちしょう)という10人の僧侶によって執行するのが正式であり、「戒」を授ける三師と証人となる七僧で執り行われる。もちろん、それぞれの資格を持った僧侶である。

(15)ところが、当時の日本には「三師七証」に値する僧侶がおらず、そこで、鑑真のような「戒」を執り行うことのできる高僧を呼び寄せる必要があった。

(16)では、なぜ正式の僧が必要だったのか・・・まずは第一に諸国平安。第二に病魔退散などの呪力(じゅりょく)。これらを行えるのは、正式に「戒」を受けた僧侶でなければ「力」が無いと考えられていたからです。

>>単なる使命感だけですか?

前述のように「使命感」は、当然、あったと思います。
また、日本への仏教拡大の「夢」もあったのではないでしょうか。
5度も失敗をしてでも「新天地」、あるいは、「仏教後進国」への布教活動は、「壮大な夢」だったのかもしれませんね。
後の世でのキリスト教布教活動なども「使命感」+「夢」が大きかったのではないでしょうか。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>なぜ鑑真は何度も失敗してまでも日本に渡航しようとしたのでしょうか?

(1)日本への「仏教伝来」は、「上宮聖徳法王帝説」(じょうぐうしょうとくほうおうていせつ=聖徳太子の伝記)や「元興寺伽藍縁起并流記資財帳」(がんごうじがらんえんぎ ならびに るきしざいちょう=元興寺縁起)では538年に伝来したと記されており、歴史の教科書などでは、こちらが主流。一方で、「日本書紀」では552年とされている。

(2)聖徳太子が仏教を保護した...続きを読む

Q在日韓国人などの人はなぜ祖国へ帰らないのですか?

よく在日韓国人の人は日本人と交わりたがらないくせに権利ばかり主張しているように思います、そんな彼らをみて「そんなにいやだったらさっさと国へ帰れよ!!文句いいながら日本にいすわるな!!ただ日本の経済力目当てだけにいるだけではないのか??」と正直思ってしまいます、帰化などもするようなきもないようですし。 戦後すぐには朝鮮半島が荒れていてかえれなかったという話なら十分わかるんですが最近は韓国も成長してきていっぱい職などもみつかりそうな気がするんですが・・・・。

ちなみに私は韓国や中国に対する戦前の行いはいくら建前を日本がつくろうが侵略だったことにはかわりないと思っています、が、戦後50年日本は謝り続けたにもかかわらず今現在も謝罪謝罪謝罪、日本は鬼だといいつづける彼らが正直好きではないです(中国の勝手な軍事行動や韓国の竹島の占拠などの態度もかんがみて)

荒れそうな質問ですがなるべく荒れないような真摯なご解答があると嬉しいです。

Aベストアンサー

質問:在日韓国・朝鮮人はなぜ帰化したくないの?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=996194

質問:在日朝鮮人を帰国させるように政府の方針を変えることは出来ないのでしょうか?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=397244


人気Q&Aランキング