ベンジャミンを育てているのですが、はじめ購入したときは、枝がらせん状になっていて、まるっこい頭みたいな状態で、葉がなっていました。

 育ちは好調で、葉も生い茂るようになっているのですが、あれは、自然にらせん状になるわけではないのでしょうか?

 らせん状にするには、葉を落として強制的に巻いてやるしか方法はないのでしょうか?巻き方を知っている方どうか教えてください。

A 回答 (2件)

その通りで、自然に巻くわけではありません。


手で巻いてやるのです。

よく売っている、二、三本が巻いているベンジャミンを作るには、
二、三本のベンジャミンを、途中まで葉や脇芽を落としてまっすぐに育て、
ある程度育ったところで巻き付けて、固定します。
ベンジャミンは可塑性のある木なので、しばらく固定しておくと
その形のまま固まります。

そのあと成長するとらせんがほどける事があります。
その場合、もう一度ねじってビニタイ(ビニールの中に針金が入っている紐)
などでまとめてやるといいでしょう。

また、葉の密度が低下するようだったら、
芽摘みをして、枝の数を増やしてやるといいでしょう。
(何もしないと大きな枝だけが伸びていきます。
大きな枝の先端を適当なところで摘むと、
小さな脇芽が伸びてきて、葉の密度が増えます)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 上へ上へとのびる傾向があったみたいなんですが、やはり少しずつ落としてやる必要があったみたいですね。あとは、らせん状になっていて解けそうな上の部分をビニタイで固定してみます。

 もうすこし大きくしたいと思っていたので、この春夏で、一サイズアップさせてみようと思います。

お礼日時:2005/05/19 03:33

参考にしてください。



参考URL:http://www.minc.ne.jp/~fseguchi/ms_benst.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 このサイト写真付きで説明していてすごくわかりやすかったです。いまはちょうどよい時期みたいなので、がんばってみます。

お礼日時:2005/05/19 03:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルマダ海戦について

1588年のアルマダ海戦について質問致します。
このアルマダ海戦は、歴史上どのような点で重要な出来事だったのでしょうか?
また、アルマダ海戦のあとの時代や社会にどのような影響を与えたのでしょうか?
教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

オールによる推進力<ガレー船>と帆により推進力を得る<風帆船>の戦いでした。当時の風帆船は、風に逆らう(切れ上がる)力が未だ充分ではなく、艦隊同士の決戦は、広い海域を必要としていました。それに対してガレー船は、無風でも推進力を持ち、風帆船より海戦に有利とされていました。地中海地方では、スペインの艦隊は無敵だったのです。

 このような状況での海戦となり、風帆船しか持たないイギリスはガレー船主体のスペイン艦隊に対し窮地に立たされたのです。しかしながらガレー船には漕ぎ手の奴隷が必要で、その点では奴隷廃止を決めたイギリスの方が、より近代国家となっていました。そして奴隷に反対するギリスは、風帆船のみでこれを迎え撃つ決心をするのです。

 劣勢なイギリス海軍は、自国出身の海賊の赦免状を発行、<私掠船>の免状を与え、自国防衛に従事させました。そして彼等の採用した戦法は、速度を生かした、ヒット&アウェイでした。つまりアルマダを風が有利な時だけ攻撃して、自らの艦隊に損害の少ない戦法を採用したのです。

 イギリス海軍と元海賊の戦闘の末イギリス本土に接近したアルマダは、上陸を試みるも、地中海と違い外海の荒海に妨げられ、上陸出来ないばかりでなく、暗礁等で大損害を出します。地中海とスペイン沿岸では無敵のガレー船の艦隊も、北緯50度以北の荒海では、実力を発揮できませんでした。二次三次と遠征をを続けるも、一度も成功せず、風帆船艦隊の戦法の前に敗戦を重ねたのです。

 この海戦以降、世界の艦隊の主力は、漕ぎ手の不要な風帆船時代へと移行していった、重要な海戦でした。

オールによる推進力<ガレー船>と帆により推進力を得る<風帆船>の戦いでした。当時の風帆船は、風に逆らう(切れ上がる)力が未だ充分ではなく、艦隊同士の決戦は、広い海域を必要としていました。それに対してガレー船は、無風でも推進力を持ち、風帆船より海戦に有利とされていました。地中海地方では、スペインの艦隊は無敵だったのです。

 このような状況での海戦となり、風帆船しか持たないイギリスはガレー船主体のスペイン艦隊に対し窮地に立たされたのです。しかしながらガレー船には漕ぎ手の奴隷...続きを読む

Qベンジャミンの枝にカビ!!!

10日前に水遣りをした時には大丈夫だったのですが、昨日見たら、ベンジャミンの枝にカビが生えてしまいました。
6月にはいってからは、日のあたるベランダで管理していました。(五月いっぱいまでは、日のあたる室内で管理)
先週はジメジメ、ムシムシした日が多く、雨に、濡れていることが多かったのが原因ではないかと思っています。

このカビを退治するにはどうしたらよいですか?

Aベストアンサー

 カイガラムシじゃないでしょうか?
カイガラムシなら適当なものでこそぎ落とせば良いと思いますが・・
カイガラムシ用の殺虫剤もありますけど(普通の殺虫剤では
効きづらいですよ。彼らは薬を弾いてしまう体質ですから)
カビならとりあえず綺麗にふき取って・・風通しをよくしてあげる。
殺菌剤(園芸店で売っています)を噴霧しておけばなお結構だと思います。

Qベンジャミンのにおい

ネットで購入したベンジャミンから、なんとも言えないゴムのようなプラスチックが溶けたような臭いにおいがするのですが、皆さんのお宅のベンジャミンもにおいますでしょうか?
それとも、ベンジャミンのにおいなのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ベンジャミンはゴムノキの仲間です。
傷が付いて樹液が出てしまい、それがにおうのではないでしょうか。

Qベンジャミンの葉先が~!

ベンジャミンスターライトの葉先が茶色くなって葉がパラパラと毎日少しずつ落ちます。。。

同時に別のところの芽から若い葉も出てきてますが特に心配ないでしょうか?!

お水やりは半月に一度位しています。

Aベストアンサー

お水やりを半月に一度がもしかして少ないかもしれません。
植物の大きさ、植木鉢の大きさや素材によっても違いますが、夏は半月に一度では足りないと思います。
水やりが不足するといきなり葉が落ちることがあります。
室内でも今の季節は気温が高くなり、特に観葉植物は日のあたる窓のカーテン越しに置いていますよね。
若い葉が出ているということなので枯れることはないと思いますが、樹形が乱れると修復するのがむずかしいので気温に応じた水やりをお勧めします。
冬は半月に一度で十分だと思います。
ベンジャミンは置く場所をいきなり変えると葉が落ちたりするので、場所移動は日にちをかけて行うとよいと思います。

Qアルマダの海戦

大学のゼミでアルマダの海戦についてレポートを書きたいのですが、どういう切り口から、どんなテーマに絞ればいいか決まりません。

いいアイデアがあればお願いします!!

Aベストアンサー

無敵艦隊→「太陽の沈まない国」スペインの全盛期の象徴
という観点から、最終的には、
・その後のスペインの没落
・イギリスの国際的地位の向上
・ネーデルラントでの独立運動→オランダの発展
あたりのいずれかのテーマに展開していく方法が考えられます。

また、戦いそのものについては、イギリス海軍の戦略やスペイン艦隊の特徴あたりを掘り下げると良いかもしれません。

国際政治的な側面だけではなく、大西洋や地中海の制海権にも言及して、ヨーロッパにおける経済・商業面のフォローできればベストかと思いますよ。

Qらせん状にねじれた葉の観葉植物の名は?

やはりこちらで聞くのが早いかと思いまして・・・

ミニ観葉とだけ書いて売っていた植物の名前、育て方が分かりません。
細い葉が少しねじれて、放射状に伸びています。
まるでバネを伸ばした様な感じです。
これは一体なんという植物なんでしょう?
白い筋も入っていて、どうやら斑入りのようです・・・。

Aベストアンサー

自分も、おそらく#2のUKIKUSA2さんが、
回答されておられる『ラセンイ』(=螺旋・イグサ)
だと思います。
(斑入りは、知りませんでした。)

画像を見つけましたので、
ご確認ください。
(違っていましたら申し訳ありません。(^^;)

参考サイト
○ラセンイ
○出荷品 (←2個目です。)

参考URL:http://www.yappa-eemon.com/2002/nanikore/raseni/,http://www.nursery-garden.com/page005.html

Qベンジャミンの正しい植え替え時期についてお尋ねします。

ベンジャミンの正しい植え替え時期についてお尋ねします。
購入してから3年ぐらいになるベンジャミンですが、最近葉が落ちる頻度が増しています。一度も植え替えをしたことがないのですが、ネットで調べると植え替えは5,6月という説明がありましたが、9月のいま植え替えしても大丈夫でしょうか?それとも来年の5月ごろぐらいまで待った方が良いでしょうか?(以前に較べるとベンジャミンがあまり元気がないようなので)
お解りの方がいらしゃいましたら教えていただけますか? なにか注意点がありましたら合わせて教えて頂けましたら助かります。 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ここでの植物とは、樹木を除く植物の事を言います。
植物の生育には、生長期と休眠期の2種類があります。生長期は根の
活動が活発で本体も大きくなろうとしている時期で、休眠期は生長期
とは逆で根の活動も鈍く生長が一時的に弱まっている事を言います。
樹木の移植は根の活動が鈍い時期に行いますから、観葉植物を含んで
いる植物とは違う事だけは覚えていて下さい。

ベンジャミンはクワ科の観葉植物ですが、植替えが出来るのは5月~
9月の間が最適とされています。ただ猛暑時に植替えをすると根など
を痛め弱めますから、5月~9月の間の中で猛暑時を避けた時期に作
業を行うのが好ましいと思います。
関東から西側は9月末までに植替えを終わらせるようにし、関東から
北側では遅くても10月上旬までには植替えを終わらせて下さい。
天気予報によると9月中旬過ぎ頃から猛暑は収まるように報道されて
いるので、今月末頃を目安にされて植替えをされたらどうですか。
植替えは事前に必要な道具や資材(土、鉢など)を準備し、天気の良
い午前中に行うようにします。青空の下や屋内で作業をせず、ひさし
がある屋外で作業をして下さい。出来るだけストレスを与えないよう
にして作業をするのがコツになります。

土は長年使用を続けると劣化します。劣化とは通常の役目を果たせな
くなり、疲れてしまい植物の生育を妨げる事になります。
限られた空間で生育するのですから、生育を出来るだけ妨げさせない
ようにするのは人間の役目だと思っています。
3年も植替えをしないでいると、鉢の中で根が一杯になっています。
大きくなろうと根を張り出しますが、既に鉢の中では根が張り出せる
スペースが無いため、根が先に進めなくなっています。先に進めなく
なっても無理に進もうとするので、どうしても根先が傷んでしまいま
す。根が傷んでしまうと養分や水分の吸収が出来なくなり、根枯れを
起こしてしまいます。これを防ぐためにも、最低でも2年毎に植替え
をする必要があるのです。
元気が無いのは、根枯れによる根腐れを起こし始めているか、起こし
ているかの何れかです。

現状の大きさを維持したい時は、鉢から株を抜いたら株に付いている
古い土を1/2ほど落とし、はみ出た根を切って整理をして同じ鉢を
利用して植替えをします。
逆に現状より大きくしたい時は、古い土を1/4ほど落としてから、
一回り大きめな鉢に植替えをします。

植え替えたら直ぐに水遣りをせず、風通しの良い明るい日陰に置き、
1週間ほど養生をさせます。それから徐々に光線に慣らすようにして
下さい。最初の水遣りは、植え替えてから1週間後に行います。
根を切っているため、直ぐに水遣りをすると切り口に水がかかって、
場合によっては根腐れを起こす事があるからです。

ベンジャミンは環境に敏感ですから、頻繁に置き場所を変えない事で
す。生育温度は20~30℃で、風通しが確保出来る明るい場所なら
問題なく生育します。頻繁に置き場所を変えると、生理現象によって
枯れてもいないのに葉を落としてしまいます。

肥料は4~10月の間に、2ヶ月に1回で緩効性化成肥料を与えて下
さい。冬場や状態の悪い時は、絶対に肥料を与えないで下さい。元気
にならずに枯れてしまいますよ。
エアコンによる冷暖房の風は、観葉植物には最悪です。冬は7℃以上
で越冬するので、それ以下にさせなければ問題なく越冬します。

ここでの植物とは、樹木を除く植物の事を言います。
植物の生育には、生長期と休眠期の2種類があります。生長期は根の
活動が活発で本体も大きくなろうとしている時期で、休眠期は生長期
とは逆で根の活動も鈍く生長が一時的に弱まっている事を言います。
樹木の移植は根の活動が鈍い時期に行いますから、観葉植物を含んで
いる植物とは違う事だけは覚えていて下さい。

ベンジャミンはクワ科の観葉植物ですが、植替えが出来るのは5月~
9月の間が最適とされています。ただ猛暑時に植替えをすると根など
を痛め...続きを読む

Qベンジャミンの葉が落ちるのはどうして?

ベンジャミンが大好きでよく購入するのですが、
春から秋までは、よく育つのですが、今くらいに
なるとどんどん葉っぱが落ちます。
水やりもひかえて、部屋の中にもいれてます。
又、枯れてしまうのかと思うと心配です。
どうしたらいいのか教えて下さい。

Aベストアンサー

ベンジャミンは気候の変化に対応するために葉を落とします。
葉がたくさんついているとそれを維持するためには木自体に負担がかかる環境(気温・日照・肥料・水・湿度など)になると自分で葉を落とすんです。
葉が落ちるというのは違う見方をすれば「葉を落とす元気がある」ということです。
本当に具合の悪いときは葉も落とさず、気がついたときには枯れていたということが起こります。
落葉は夏は蒸れ・水不足、冬は気温の変化・水不足が原因のことが多いのではないでしょうか。
日当たりの良いところに置き(窓際は夜間の温度差が激しいので夜は部屋の中央にする)暖房の影響のない部屋(暖房をつけた時ときった時の差が出るので。つけっぱなしなら気にしなくてもいいですが)にし、鉢には鉢カバーをすると根の部分の直接の冷え込みが和らぎます。寒い地域なら大き目の鉢カバーにして隙間に発泡スチロールなどを入れるといいです。
冬になぜ水不足?という感じですが室内が乾燥している部屋では水分が不足してしまうケースも多いんです。気がついたらカラカラなんてことがあるので気をつけるといいと思います。表面が乾いても中はまだ水があるという状態で水をあげると根腐れを起こすので、表面が乾いてから数日おいてあげるといいですよ。
落葉した葉が軟弱(薄緑でペラペラ)のものが多いなら日照不足かもしれません。
丈夫そうな葉が落ちるなら気温・水・日光など環境を整えると改善できると思います。
うちのベンジャミンは夏に蒸れで丸裸になりましたが、今はフサフサになってます。寒い時期でも環境が整っていると新しく葉が出ます。
幹に異常(しわが出たりフカフカしたり)がなければまだまだ大丈夫です。頑張ってください。

ベンジャミンは気候の変化に対応するために葉を落とします。
葉がたくさんついているとそれを維持するためには木自体に負担がかかる環境(気温・日照・肥料・水・湿度など)になると自分で葉を落とすんです。
葉が落ちるというのは違う見方をすれば「葉を落とす元気がある」ということです。
本当に具合の悪いときは葉も落とさず、気がついたときには枯れていたということが起こります。
落葉は夏は蒸れ・水不足、冬は気温の変化・水不足が原因のことが多いのではないでしょうか。
日当たりの良いところに置...続きを読む

Qベンジャミンの木に実っぽいものが?

ベンジャミンの木に小さな小さなみかんみたいな実が付きました。これってなに?

Aベストアンサー

こんばんは。

こちらが参考になりますか?

8年モノのベンジャミンがいますが、
実はおろか、花も見た事、ないです(^^;)
羨ましいです~

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=132646

Q我が家のベンジャミンなのですが、古い葉がドンドン落ちます。代わりに若い

我が家のベンジャミンなのですが、古い葉がドンドン落ちます。代わりに若い葉もドンドン出てくるのですが幹の真ん中の方に出ず外へ外へと枝を張りそこに若葉が出てくるので剪定をすると若葉を切ってしまうことになってしまいおそらく枝しか残らないのではないかと思います。でありますので人間で言えば半年ほど散髪に行ってないような状態です。去年はなんともなかったのですけれど・・・どうすればいいのでしょうか?ちなみに肥料は遅延性の化学肥料を月に一回、水は毎日、外へも毎日出しています。この猛暑に一日出してるのがダメなんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ベンジャミンは環境の変化に敏感であり、少しでも環境が変わって
しまうと急激に葉を落としてしまう習性があります。
ほぼ同じような環境下で管理をし、人間の都合で頻繁に位置を変え
無い事です。
葉が落ちるのは一種の生理現象ですから、葉が落ちたからと枯れる
事はありません。生育期間なら再び葉が出て茂ります。
毎日外に出しているようですが、これが葉を落とす原因になってい
ますね。屋外と屋内では環境が違いますよね。環境に直ぐに慣れる
ような植物ではありませんから、出来るだけ移動はしない事です。

1ヶ月毎の施肥は与え過ぎです。基本的に生長期は5~9月ですか
ら、この間に2ヶ月に1回で緩効性化成肥料を与えます。与え過ぎ
は葉を茂らせるだけですから、ベンジャミンの生育には良くありま
せん。

水遣りは毎日のようですが、鉢土の乾き具合を確認してから与えて
いますか。今のような事を繰り返していると、近い内に根腐れなど
を起こして枯れてしまいますよ。
5~9月は鉢土の表面が乾いたら与え、その際に頭から弱いシャワ
ーをかけて遣る事も必要です。埃などを洗い流し、葉の湿度を高め
る効果もあります。冬場は鉢土が乾いたら、更に4~5日経ってか
ら水遣りをして下さい。

日当たりを好む植物ですが、光線が大好きであっても真夏の光線は
厳しいものがあります。葉焼けの他に本体の衰弱、根が高温により
蒸れが生じて弱ってしまいます。真夏は遮光をした方が良く、9月
に入って日差しが弱まるまで直射日光には当てない方が無難と思い
ます。

とにかく頻繁に移動させるのは避けましょう。

ベンジャミンは環境の変化に敏感であり、少しでも環境が変わって
しまうと急激に葉を落としてしまう習性があります。
ほぼ同じような環境下で管理をし、人間の都合で頻繁に位置を変え
無い事です。
葉が落ちるのは一種の生理現象ですから、葉が落ちたからと枯れる
事はありません。生育期間なら再び葉が出て茂ります。
毎日外に出しているようですが、これが葉を落とす原因になってい
ますね。屋外と屋内では環境が違いますよね。環境に直ぐに慣れる
ような植物ではありませんから、出来るだけ移動はしない事です...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報