AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

現在、獣医学科の4年です。
初めはいわゆる“動物のお医者さん”を目指していましたが、学年を重ねるごとに製薬会社等への就職に気持ちが傾いてきました。

一度授業に来た、医薬品検査所(?)で働いている方の話を聞いていいなぁと思ったこと。以前動物病院で一週間ほどお世話になり、薬を出すばかりの実態にがっかりしたこと。公務員だと食肉検査などには興味が持てないこと。・・・といった理由で今は製薬関係の仕事について情報を集めているところです。

獣医学科を卒業して製薬会社に就職したとすると、薬品の安全性試験などをすることになるのでしょうか?
また、製薬会社以外の選択肢にはどのような職種があるでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら是非教えてください、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

再度No.1です。

おせっかいながら医薬品会社(企業と称する)と、受託会社の安全性試験にたずさわる場合の違いを記載してみます。

まず、修士扱いの6年制であれば研究職採用に問題はありません。獣医師資格は切り札になると思います。

医薬品の開発過程において安全性試験は非常に重要な位置を占め、開発関係者は試験結果を固唾を飲んで見守ります。開発の過程は各安全性試験の結果により大きく左右されます。また開発品を内外の他社へ提供する場合、厚生労働省へ申請する場合も先ず安全性試験のデータが重視されます。さらに市販後も安全性に関する問題が出れば大きく関わります。しかし、ルーチン試験が多いため、他の研究部門より業務の評価が少し低く見られるきらいはあるかもしれません。また当然ながら企業には安全性試験部門以外にも多くの研究開発部署があり、No.2の方がおっしゃるように営業部門(プロパー)にまで職域が広がり、意に沿わぬ部門への移動も多々あります。

受託会社は民間会社および官庁の外郭試験施設として存在します。特に民間会社は各分野(医薬品、農薬、家畜・水産薬、工業薬品等)の安全性試験を主に請け負っているのですが、業務部門は限られます。また、自分たちが開発した物の試験ではないので、試験結果を委託者に提供して終わりであり、企業側の開発プロジェクトに参加出来たりすることはまずありません。あってはならないことですが、企業の意に沿うような考察を求められることもあるかもしれません。受託会社ですから、試験の数をこなして利益をあげることが優先されるとも思います。

企業から受託会社への転職は容易ですが、受託会社から企業の研究部門への転職は難しいことと思います。

以上、選択肢を企業と受託施設の安全性試験部門に限ったとすれば、非常に偏った見方で異論も出るかと思いますが、「考えて見ればなるほど。」となるかもしれません。それぞれ納得のうえお進み下さい。

病理頑張って下さい。ちなみに試験を委託する場合、どこへ委託するかは、受託会社の病理担当者と面談してその資質が大きなポイントを占めていました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やはり、企業>受託会社、研究>安全性試験、という構図はあるのだろうとは思っていましたが・・・。うーん、どちらかといえば企業に就職したいです。
安全性試験は研究部門より低く見られる可能性があることも想像がつきますしそれは構わないのですが、営業にまわされるのは避けたいですね;

おせっかいだなんてとんでもないです!身近に製薬に詳しい人がいないので、お話が聞けて嬉しいです。丁寧に説明してくださってありがとうございます(>_<)
とりあえず病理、そして国試、がんばりたいと思います。

お礼日時:2005/05/19 22:27

No.1です。

昨夜は遅かったので簡単に記載しましたがアドバイスを補足致します。

医薬品会社の研究職であれば修士は必須の現状で、私の会社では今春研究所に配属された30人のうち28人が修士で、男子は全員修士以上です。ここ10年以上その傾向が続いています。安全性試験職であれば獣医師資格があれば決定的に(?)優位と思います。

また安全性試験は「研究」ではなく「試験」ですので、そのほどんとがガイドラインに定められた試験をルーチン的に行い、投薬、観察、検査、剖検の繰り返しですが、獣医師の判断を仰ぐことも多く(特に病理組織所見)重宝されます。

ただ、安全性試験まで行っている医薬品会社は一部上場企業に限られ、その中でも安全性試験は自社では行わずに、受託会社へ全面的に委託しているところもあります。

以上、医薬品会社の研究職にこだわった場合の状況の一部です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます!
私が知りたかったことをたくさん回答していただいて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ご回答いただいた内容をもとにまた考えたり、就職課に行ったりしてみたいと思います。
あと、今ちょうど病理学の実習をやっているので頑張ろうと思います。

お礼日時:2005/05/18 22:29

過去の回答でも同じような質問に回答しているのですが、製薬会社でもプロパー的なことをしたり、開発や学術、研究所勤務などいろんな仕事をしている獣医の資格を持っている人がいます。



また、知人では、生物の高校の先生をしている獣医出身の人もいますし、医学部へ行きなおし、医師になっている人も結構います。

公務員がかなり多く、農林省の役人も厚生省系もいますが、地方の公務員は動物保護管理の人もいます。

食品系の会社で衛生管理や研究をしている人も多いし、JRAで活躍している人も知っています。いろいろ先輩に聞いたらどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
予め「獣医」と「製薬」でそれぞれ検索をかけたので過去の回答も読ませていただきました、そちらも参考になりました。が、今回は特に製薬系について知りたかったので新たに質問させていただきました。
(ちなみに私は私立なので卒業後は7割が臨床、2割が公務員といった感じです。)

教職は履修しなかったのですが、取っておけば選択肢も広がるし良かったかなぁと思っているところです;
また先輩にもいろいろ聞いてみたいと思います、どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/05/18 22:21

私がいた製薬会社の研究所では、獣医学部出身の人5名の方は皆さん安全性研究部門に所属されていました。


しかし年月が経つと他部門(学術部門、薬理部門等)へ移籍になったりはします。

また、最近は製薬会社も安全性試験は安全性試験の受託施設へ委託して行うことが多くなっています。受託施設(会社)でも獣医学部卒は需要が多いと思います。

以上わずかの情報ですが、製薬会社の研究部門に入りたければ大学院へ進学されることを特にお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

やはり獣医出身だと安全性研究なのですね。
安全性試験の受託会社というのもあるのですね!考えてみれば確かに。こちらもちょっと調べてみます。

私は製薬の開発ではなくてやはり安全性試験の方に興味があり、また獣医は6年制なので修士扱いだと思うのですが、それでも院に行くことが推奨されるのでしょうか・・・?
うちは経済的にもゆとりはないし、早く社会に出たいという願望があるので今のところ院は考えていないのですが、参考までに聞かせていただけると嬉しいです。

どうもありがとうございました!

お礼日時:2005/05/18 00:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q獣医学科卒者の就職って...

私は小学生の頃からずっと動物病院で働く獣医師になりたくて、今年東京農工大学の獣医学科を受験しました。結果は失敗でしたが、やっぱり獣医師になりたいので、来年も獣医学科を受験しようと考えています。しかし、親や親戚は「獣医はもう世間に飽和状態だから、来年は医学部に行きなよ。」と言ってきます。確かに獣医学科は定員が少ない割りに倍率がものすごく高く、医学部に興味がないわけでもないので最近ゆれ始めてしまいました。そこで質問です!獣医学科を卒業しても動物病院などの就職口はそんなに少ないものなのでしょうか?ちなみに私は経済的な事情から、開業するつもりはなく、勤務医(?)志望です。

Aベストアンサー

約5年前に北大獣医学部を卒業したものです。
現在民間企業(動物用ワクチン製造)で研究開発に携わっています。

jyuuiさんがおたずねになっている動物病院の就職口は少ないどころではないですよ。

大学にくる求人案内をみてると動物病院の多さに驚きます。


ご両親の方がおっしゃるのは将来開業するということを考えてのことですね。

勤務医として続けていくのなら就職口はたくさんあると思いますよ。
知り合いの獣医師はベテラン勤務医がこれからは要求されるといっていました。
(ある程度経験をつむとみんな開業してしまうため)

以下のサイトに求人の掲示板がありますので一度ご覧になっては?

乱文でわかりにくかったらすみません。

参考URL:http://www.vets.ne.jp/

Q獣医学生の製薬会社への就職について教えてください

私は現在、獣医大学に通っています。
卒業後、製薬会社への就職を考えているのですが、そういう場合の仕事内容とは一体どういうものなのでしょうか?
できれば医薬品の研究・開発に携わりたいと思うのですが、獣医師という資格を活かして就職するのなら、やはり実験動物の管理などを任されるのでしょうか?
(製薬会社の業務については明るくないのでこういったカテゴリー分けしか知りません、すみません)
また、そのときの待遇や将来の年収についても知りたいです。
ちなみに研究室は予防・衛生系ですが、薬理学ではありません。
そして、今から就職に向けてどういうアプローチをとっていけば良いのでしょうか?(例えばTOEICを勉強するなど)

将来について真剣に考えています。
どなたか、教えてください!!

Aベストアンサー

製薬会社では動物を使った安全性試験の業務に、獣医師が必要なので、
獣医師としての資格を活かそうとされるなら、その分野の仕事がまず
1つあります。

治療用医薬品の研究・開発の業務は、やはり薬科大学や基礎系の大学で
合成などをやられている人の方が有利だと思いますが、獣医の大学では
他の医科・薬科よりも幅広く学べるので、その中でさらにご自分の強みを
売りにアピールできれば、そういう分野の就職も可能だと思います。
ただ、相当実験が好きじゃないと務まらないと思いますよ。

なお、待遇や年収などは、会社に入ってからの会社と個人の業績、
それに世の中の景気、業界の動向でいくらでも変わりますから、今から
気にしても仕方ありません。あまり欲張らずに、今学校で勉強すべき
ことを、しっかり身につけることが重要だと思います。

Q獣医になるなら北海道大学か東京大学理Iか

東京の学校に通う高3です。
受験する大学について悩んでいます。
私が将来絶対にやりたいことは動物の社会的地位の向上活動です。
しかしこれは仕事にならないため仕事としては獣医師になりたいと思っています。
そのため獣医学部を志望しているのですが、今までずっと第一志望だった北海道大学が東京大学理Iと難易度が僅差であることを知り、志望が揺らいでいます。

率直に原因を上げると、地方に行くことに抵抗があるのです。
もともと北海道大学を志望した理由は「日本一の獣医学部があるから」です。
ただ日本ではあまり獣医学が発達していないと知り、海外の大学院で獣医学部を極めたいと思っていて日本では獣医学部を卒業することしか重要視していません。
つまり正直日本の獣医学部ならどこでもいいと思っています。
なので北大に関してはわざわざ北海道に6年も行く価値はあるのかと思ってしまいます。
さらに、これが自分の中で矛盾していることなのですが、それでもせっかく行くなら名高い大学に行きたいという思いがあり、獣医学部として名高い北大を第一志望にしていて、そして今、大学として名高い東大で揺らぎ始めたのです。
さらに友達には「東大のほうが将来の仕事の可能性が広がる」と言われ、将来獣医師になることより向上活動をすることを絶対としている自分としては、「たしかに」と思ってしまう部分は否定できません。
付け加えさせていただくと、「名高い」という点で東京農工大学は北大より倍率が高いのにあまり知られていないので今のところ志望する気はありません。
農工大を受けるなら北大を受けると思います。
主張の基準がものすごく利己的で分かりづらくて申し訳ないです。

こんな時期に…とは思いますが、こんな余裕のない時期だからこそたくさんの大人の方の意見を聞かせて頂きたいです。
良ければ北大東大それぞれに進学した後の利点欠点、卒業後の利点欠点を明記してくださるとうれしいです。
さらに現役獣医学部生もしくは獣医師の方の意見をお聞きしたいです。

こんな読み苦しい長文を読んで頂いてありがとうございました。

東京の学校に通う高3です。
受験する大学について悩んでいます。
私が将来絶対にやりたいことは動物の社会的地位の向上活動です。
しかしこれは仕事にならないため仕事としては獣医師になりたいと思っています。
そのため獣医学部を志望しているのですが、今までずっと第一志望だった北海道大学が東京大学理Iと難易度が僅差であることを知り、志望が揺らいでいます。

率直に原因を上げると、地方に行くことに抵抗があるのです。
もともと北海道大学を志望した理由は「日本一の獣医学部があるから」です。
ただ日...続きを読む

Aベストアンサー

北大でも東大でもない私大出身の開業獣医師です。

卒業したのが10年以上前ですので、現在と事情が変わっているかもしれませんが、その点はお許しください。
投稿者さんがおっしゃるように、獣医師の免許の取得だけを考えるなら、正直どこの大学でも同じです。ただ、傾向としては小動物臨床を目指す人は割合としてはどちらかと私大に多く(学生数が多いからというのもありますが)、公務員(特に国家公務員)を目指す人は国立大学に多かったようです。
海外の大学で学びたいと思われているようですので、小動物臨床を志しているのだろうと思います。
少し厳しいことを言うようですが、獣医学は学ぶことが本当に多く、「欧米の進んだ教育を~」の前に、基礎的な学ぶべきことが山ほどあります。確かに、今の日本の獣医学教育は欧米に比べて遅れている(特に小動物臨床)部分は多々ありますし、新卒の獣医師は何もできないと言われても仕方がないのが現状です。ただそれは教育レベルの話で、実際の臨床現場ではかなり進んだ技術、知識を持っておられる先生方もたくさんいらっしゃいます。卒業して臨床現場に出れば、日本国内で学べることはたくさんあります。すべては当人のやる気次第だと思います。
卒業後に社会で通用する最低限度の臨床能力を身につけるというなら、日本国内でも十分だと思います。その上でさらに専門性を高めたいなら、海外の大学院で学ぶのは素晴らしいことだと思います。

あれ?話が動物の社会的地位の向上活動から離れてしまいましたね。
臨床獣医師は率先して何かについて活動するというよりも、どちらかというと技術を提供する側です。「動物の社会的地位の向上」とは具体的にどのような活動を指すのか、そしてそれが臨床獣医師の仕事にどのように結び付くものか、今一度考えてみて下さい。(高三ということでもうそういう時期ではないかもしれませんが)もしかしたら行政や政治的な面から活動を起こしていくことも必要かもしれませんよ。社会を動かしているのは理系ではなく文系の人間ですから。(笑)
あまり参考にならないかもしれませんね。失礼致しました。

北大でも東大でもない私大出身の開業獣医師です。

卒業したのが10年以上前ですので、現在と事情が変わっているかもしれませんが、その点はお許しください。
投稿者さんがおっしゃるように、獣医師の免許の取得だけを考えるなら、正直どこの大学でも同じです。ただ、傾向としては小動物臨床を目指す人は割合としてはどちらかと私大に多く(学生数が多いからというのもありますが)、公務員(特に国家公務員)を目指す人は国立大学に多かったようです。
海外の大学で学びたいと思われているようですので、小動物臨床...続きを読む

Q医師と獣医師どちらが勉強が難しい

専門性もあり単純に比べる訳にはいかないと思いますが

私が思いでは

医師---人間だけ
獣医師---多種多様な動物

で獣医師の方が勉強が難しい様な気がしますが
しかし獣医師なるのは医師より少し簡単なイメージ
がありますどうなんでしょうか?
実際には医師・獣医師両方免許をもっているか
学校卒業した人でないと分からないかもしれませんが
よろしくお願い致します

又獣医師は人間を治療できないと思いますが
医師は動物を診察・治療ができるのでしょうか

いつだったかテレビ番組で猿が病気になり近く
に動物病院が無いため人間の医者に診察して
もらっている番組をみたことがあります

獣医師法には猿は書いてなかったのですが
猿は人間の医師でもいいのですかね?

Aベストアンサー

こんにちは。獣医師です。
 「勉強が難しい」というのは意味あいが広いので何とも言えませんが、私はどちらも同じくらい「難しい」と思います。
 獣医では、たしかに多様な動物種を扱うため覚えることはたくさんあります。人間にはない、その動物固有の病気もたくさんあります。当然、生理学的なメカニズムも動物によって違います。一般の小動物臨床医でも、イヌ、ネコはもちろん、ハムスター、フェレット、インコ・・・などなど。たくさんです。
 責任感については、私は人間の医者も動物の医者もそれほど変わらないと考えています。命の尊さという意味では違いがないと思うからです。現在ではペットといえど家族同様に扱われており、飼い主の気持ちは人間に対するそれとほとんど変わりませんので、獣医の責任も重いと感じています。最近では医療過誤があった場合にすぐ訴訟になる点も同じです。ただし、ウシ、ブタなどの経済動物に限っては、治療そのものよりも経済性が優先される場合があります。これは彼らが家畜であるためです。
 人間の医者は動物を診れる、と考える人が結構多いのは驚きです。動物には人間にはない病気がたくさんありますので、まずお医者さんに獣医の診療をすることはできないでしょう。逆に、獣医は人間の医療書を参考に勉強することも大変多いですから、人間の病気に対する知識もある程度は持っています。もちろん、法的には人間の診察はできません。あ、ちなみにサルも獣医の範疇ですよ。人間以外の動物は全て獣医が診ます。
 最後に、医者と獣医、どっちがなるのが簡単か。私は医者が年間何人誕生しているか知りませんが、獣医は1000人強です。獣医のある大学は医学部のある大学よりうんと少ないです。今の段階では、獣医になる方がちょっとだけ難しいのではないか?と私は勝手に思っているのですが。

P.S.No1さんのご指摘についてですが、出産は基本的にはブリーダーさんで行いますので、産科は必要ないでしょう。家庭で出産があるときでも、獣医が呼ばれることはほとんどありません。小児科って言うのは、例えばイヌなら何ヶ月までを小児というのかは問題ですが、そうした大変小さいポピュレーションのために専門家を作ることは必要ないでしょう。小児の時期が何年もある人間とは事情が違います。精神科については、最近では動物行動学として学問が成立しています。獣医や行動カウンセラーが行う行動治療がこれに当たるでしょう。

こんにちは。獣医師です。
 「勉強が難しい」というのは意味あいが広いので何とも言えませんが、私はどちらも同じくらい「難しい」と思います。
 獣医では、たしかに多様な動物種を扱うため覚えることはたくさんあります。人間にはない、その動物固有の病気もたくさんあります。当然、生理学的なメカニズムも動物によって違います。一般の小動物臨床医でも、イヌ、ネコはもちろん、ハムスター、フェレット、インコ・・・などなど。たくさんです。
 責任感については、私は人間の医者も動物の医者もそれほど...続きを読む

Q製薬会社,臨床開発職と研究職どちらがいい?

 現在農学系の大学院に通う修士1年女子です。10月に入り,製薬会社のエントリーが始まりましたが,ここに来て職種で迷い始めています。
 黙々と作業したり,常に新たな方法やものを考え出すよりは,人と関わり,なおかつ修士まで出た知識を生かせる仕事に就きたい,でも営業は嫌と思っていたところ,臨床開発という仕事を知りました。
 これだ!と思い,目指してきましたが,先日三共の研究職の方が会社説明に来られ,そこで研究職が思ったよりもルーチンな仕事が多いことを知りました。それならば自分にもできるかもしれない,しかもこれから先結婚して子供ができたときに,研究職の方が残業,出張が少なく,育児と両立がしやすいかなと思いました。しかも研究職の方が採用人数が多いところもあるようです。(例えば三共)質問内容が漠然としていますが,両者の良い点,悪い点などを教えて頂けるとうれしいです。
 研究職または臨床開発職に就かれておられる方,製薬系に詳しい方,ご助言お願いします!!

Aベストアンサー

三共の内部がどうなっているかわかりませんが、製薬の研究部門には長いことおりましたので、その観点から。

製薬会社の研究部門は一般的に言って、二種に分かれます。創薬と開発です。前者は、新規薬剤になりそうなものを探索する (出処は様々ですが) ことが目的で、これは所謂研究的な部分がかなりを占めます。一方開発とは、新規薬剤として世に出すには、日本では厚生労働省の医薬品製造・輸入許可を取らねばならず、このために様々な試験を行ない、結果を解析しなければなりません。何を行なうかは 「医薬品製造指針」 に規定されています。この中には、薬そのもの (本来の薬効成分)、剤型 (錠剤とか) から始まり、各種動物実験、ヒト試験に至るまでのものが含まれています。臨床開発はこのヒト試験にかかわる分野ですが、その際にも開発研究職は絡んできます。

「研究職が思ったよりもルーチンな仕事が多いこと」 がどう意味なのか良くわかりませんが、試験として行なう作業そのものは、それぞれの薬剤により特異的にはなりますが、基本的に調べる項目は定まっています。その意味ではルーチンと言えるかもしれませんが、実際の解析はかなり研究的な要素が多く、文献もかなりの数を読みこなさないことには仕事になりません。その意味では 「新たな方法やものを考え出す」 ことの方が比重が高い、ことは確かです。しかし、実際には 「黙々と作業」 することも必要で、これに特化すれば仕事は殆どルーチンワークになります。

臨床試験に絡んだときは、臨床開発の人間とも仕事はしましたが、分野的には異なるとの認識を持っています。「研究職の方が残業,出張が少なく,育児と両立がしやすいかな」 ということはまずありません。単なる助手であればそうでしょうが、一人前の開発研究職であれば、時間はかなり厳しいと考えてください。また、そうでなければまっとうな仕事はできません。

ちょっと厳しい言い方になってしまいましたが、実情は会社ごとに異なるでしょうが、研究職がしっかりしていないと、薬害を防ぐことはできません。個人的には、ちょっと見方が甘いかな、と感じました。

三共の内部がどうなっているかわかりませんが、製薬の研究部門には長いことおりましたので、その観点から。

製薬会社の研究部門は一般的に言って、二種に分かれます。創薬と開発です。前者は、新規薬剤になりそうなものを探索する (出処は様々ですが) ことが目的で、これは所謂研究的な部分がかなりを占めます。一方開発とは、新規薬剤として世に出すには、日本では厚生労働省の医薬品製造・輸入許可を取らねばならず、このために様々な試験を行ない、結果を解析しなければなりません。何を行なうかは 「医薬品...続きを読む

Q獣医と医師両方できる人がいるようですが可能ですか

知識の乏しい質問ですみません。

人間の医師と獣医と両方治せる(国家資格を持っている)方がいるの知りましたが、実際にそういった人間と獣医さん両方治せるのは可能なのでしょうか?
ニトを追っていっとも得ずみたいなことにならないのでしょうか?

また、応用がきくとしたら、獣医から人間か、
人間から獣医か、やっぱり人間から獣医でしょうか?

Aベストアンサー

>実際にそういった人間と獣医さん両方治せるのは可能なのでしょうか?

医師免許と獣医師免許を両方持っているのであれば
人間と動物の両方を診察・治療する事は可能です。

但し、「現在、仕事として医師と獣医師を兼ねている」とすれば
勤務医で兼務という事は通常あり得ないので
(例えば、総合病院で皮膚科と産婦人科、肛門科と眼科、等の兼務医がいない様に)

開業医としてとなるでしょう。

しかし、人間と動物を同じ診察室(同じ治療道具)で診る訳にも行きませんので
「人間用の診察室」「動物用の診察室」と分ける必要があるでしょう。

又、「人間診て、次は動物、その後で又人間」の様に交互に・混ぜ交ぜで診る訳にも行きませんので
午前・午後、或いは曜日で診察・治療対象を分ける必要があるでしょう。

加えて、少なくとも日本では人間は保険診療、動物は実費診療ですから
会計担当(事務取り扱い)も、出来れば別々の方が良いかも知れません。
(コンピュータでの処理ですから、能力的には一人・一ヶ所でも可能かも知れませんが)

>ニトを追っていっとも得ずみたいなことにならないのでしょうか?

「二兎を追って一兎をも得ず」ですね。
例えば、「医学部6年研修医2年」の後に「獣医学部」に進むとします。
獣医学部の6年間、「人間の医師」として働く事は事実上困難ですから
「人間の医師としての経験の上積み」は6年間出来ません。
これが、「医学部6年研修医2年、実務10年」の後に「獣医学部」だとしても
「6年間、人間の患者を診ない」事に変わりはありません。
知識や腕や感を鈍らせない為には、相当の努力が必要ですが
「個人で出来る範囲の努力」ではどうにもならない部分が大きいです。
(出産・育児で退職した女医で復職しない・しづらい人が少なくない事からも分かると思います)

これは、「獣医学部」が先で「医学部」が後の場合でも同じ事です。

つまり、「医師」と「獣医師」両方の免許を有する人がいるとしても
「現役で、医師と獣医師の兼務」というのは、かなり困難で希少だという事です。


>また、応用がきくとしたら、獣医から人間か、
>人間から獣医か、やっぱり人間から獣医でしょうか?

どういう意味で「応用」という言葉を使われているのかが分かりませんが
「人間から動物、動物から人間、どちらでも応用は効かない」と思います。

例え「類人猿専門の獣医」だとしても、人間と類人猿は「別の生き物」ですから。

>実際にそういった人間と獣医さん両方治せるのは可能なのでしょうか?

医師免許と獣医師免許を両方持っているのであれば
人間と動物の両方を診察・治療する事は可能です。

但し、「現在、仕事として医師と獣医師を兼ねている」とすれば
勤務医で兼務という事は通常あり得ないので
(例えば、総合病院で皮膚科と産婦人科、肛門科と眼科、等の兼務医がいない様に)

開業医としてとなるでしょう。

しかし、人間と動物を同じ診察室(同じ治療道具)で診る訳にも行きませんので
「人間用の診察室」「動物用の診察...続きを読む

Q獣医学部を卒業された方、もしくは在学生の方へ。または、理系学部学士編入経験の方へ質問

私は、現在関東の私立大学、文系学部四年生の者です。来年の就職の内定も決まっており、来年から社会人となる身です。
しかしながら、以前から獣医士になりたいという夢があり、今さらながら、まだ21歳なのでやり直すこともできるのではないかと思い、調べてみたところ、学士編入の形で編入することも可能だということが分かりました。

そこで、今回お伺いしたいことは、まず、もし獣医コースへの編入の経験があるのでしたら、私立国立で違いはあると思いますが、その試験がどのようなものなのか、難易度的にはどのようなものを想定すればよいのかということです。
そして次に、普通に入学された方でも、入った後にどのような生活を送り、どのような形で学んでいったのかを具体的に教えていただきたいです。
そして、卒業後の就職では、獣医師という資格を持つことによって、どのような活動となるのか、実情を教えていただけると幸いです。ちなみに、自分としましては、動物園獣医になれればと思っています。

なかなか資格を取ったからといって楽できるような資格ではないとは分かっていますが、一生のことを考えると挑戦してみたいと思っています。
質問のカテゴリーとしてはちょっと違うのかもしれませんが、ご覧になっている方の専門分野的に合っているのではと思い質問させていただきました。ご協力いただけると幸いです。

私は、現在関東の私立大学、文系学部四年生の者です。来年の就職の内定も決まっており、来年から社会人となる身です。
しかしながら、以前から獣医士になりたいという夢があり、今さらながら、まだ21歳なのでやり直すこともできるのではないかと思い、調べてみたところ、学士編入の形で編入することも可能だということが分かりました。

そこで、今回お伺いしたいことは、まず、もし獣医コースへの編入の経験があるのでしたら、私立国立で違いはあると思いますが、その試験がどのようなものなのか、難易度的...続きを読む

Aベストアンサー

兄が地方の国公立大学の獣医学科5年生です。
最近獣医学科のセンター試験のボーダーが地方の医学部のボーダーとほぼ同じになっているので、
合格率をあげるためにも、
センター試験の勉強も必要だと思います。
試験の内容は事前に小論文・自己アピール文を提出、
そして面接試験、教授は意地悪な質問ばかりを浴びせたそうな・・・
(編入試験に落ちた兄の友人は4浪突入です)

理学系の大学を卒業してからでも1年次入学が多くいるので、
編入試験だけに絞って試験対策をしている人はほとんどいないのではないでしょうか?
1年、2年、3年と基礎系の授業があって4年からそれぞれの研究室に分かれます。
1~3年の間は牧場の見学のような楽しいものから、
犬の解剖のように初めてでは辛いものもあるそうです。
編入でどれだけ1~3年次の授業が補えるかわかりませんが、
文系からの編入ではハンデは大きいとおもいます。

兄は外科研究室にいて、動物病院に就職を希望しています。
4年からは大学の動物病院で診療の手伝いをしながら授業も受けているので忙しそうですが、
本人は楽しく勉強しています。
卒論(実験)・就職活動・授業(試験)・病院手伝い・国家試験の勉強と6年生は寝る間も惜しい1年になるようです。
獣医=犬猫とは限りませんが、
大学病院にやってくる患畜は犬猫が大半です。(特に都会は)
鳥好き、魚好き、犬好き、牛好き・・・。
先生も色々ですので大学によって色があるようですが、
えらぶ余裕はないのでも目標は一つ、
獣医学科(学部)合格を目指して頑張って下さい。
お金に余裕があるなら、数打てば当たるではないですが受験された方がよいと思います。
私立・国公立合わせても獣医学科の学生になれるのは毎年1000人程度です。
狭き門ですが頑張って下さいね。

兄が地方の国公立大学の獣医学科5年生です。
最近獣医学科のセンター試験のボーダーが地方の医学部のボーダーとほぼ同じになっているので、
合格率をあげるためにも、
センター試験の勉強も必要だと思います。
試験の内容は事前に小論文・自己アピール文を提出、
そして面接試験、教授は意地悪な質問ばかりを浴びせたそうな・・・
(編入試験に落ちた兄の友人は4浪突入です)

理学系の大学を卒業してからでも1年次入学が多くいるので、
編入試験だけに絞って試験対策をしている人はほとんどいないので...続きを読む

Q獣医学部はいつから6年制になったの?

最近、薬学部が4年制から6年制になりましたが、

昔は、獣医学部も4年制だったと聞きました。

19??年から獣医学部は6年制になったのでしょうか?

また、その時の背景・事情なども知りたいです。


また、医学部・歯学部は最初から6年制だったと思うのですが、正しいでしょうか?

Aベストアンサー

>1978(昭和53) ・獣医師国家試験の受験資格が学部卒業から大学院修士課程修了に引き上げられる.いわゆる学部4年及ぴ修士課程2年の積上方式による6年制の採用(獣医師法第12条の改正)


>1983(昭和58) ・大学における獣医学修業年限が6年一貫教育に改められる.(学校教育法第55条の改正)

>1984(昭和59) ・大学における獣医学の6年一貫教育が4月から施行される

学部の6年制は1984年入学者から、実質上の6年制の開始は、学部4年と大学院2年の計6年を修了しないと獣医師国家試験を受験できなくなった1978年入学者からです。

医学部、歯学部も太平洋戦争前、戦争中は陸軍医学校などで短期卒業も認められていましたので、3年から4年の期間でも医師の資格を与えていた時期があります。

参考URL:http://www.adthree.com/exanim/50nen/data/jui.htm

Q北里大学と酪農学園大学の獣医学科のどちらを選ぶべきか?

私の子供が北里大学と酪農学園大学の獣医学科に運良く合格しました。家族で大変喜んだのですが新たな悩みが出ました。どちらに入学するかです。
我が家は関西在住のためどちらの大学についても詳しいことはわかりません。学校のパンフレットやインターネットでいろいろ調べましたがまだ悩んでいます。
我が家の中では北里大学のほうがなんとなく良い印象があります。子供が将来、動物病院の獣医師になるとして教育内容や社会に出てからの評価や就職率はどうなのでしょうか?
学校ではなく本人の努力次第かとも思うのですが、選択できるのは今だけなのでしっかり考えたいのです。
少しでも分かる方がおられたらどうか教えてください。どんなアドバイスでも助かります。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずはおめでとうございます
当方の経験ですが、我が家は二人ともですが、残念ながら北里は落ちましたが国立に合格できました。ようやく6年に進みます。本人たちは開業を想定している様子です、数年間の病院勤務を経て開業の計画を立てているようです。
当方も開業向きは私立かなと思ってましたが、私(父親)の後輩が動物病院を開業してますので、将来の進路についてアドバイスをもらいました。
「資格をとれれば私立も国立も関係ない、専門コースも学校でやる程度のことは診療実務で経験するから気にしなくていい」。要は開業を目標にするか、会社勤めあるいは公務員などの大きな進路目標での違いはあるが、それぞれに長短あるはずですから、入学したところで精一杯やれればいいとのことでした。
経済的な余裕があれば気にならないでしょうけど、学費も私立では開業資金分ぐらいは余計にかかるはずですから、住居費・生活物価・帰省旅費等を含めてお決めになったらいかがでしょう。

Q40歳の新卒獣医に職はあるのでしょうか?

国立獣医学部への学士入学を考えています。(理由は学問として獣医学に興味があります。)
現在34歳なので、35で入学して、ストレートにいけたとしても、40歳で新卒獣医です。

食っていけるんでしょうか?

受験前にTOEICで600点以上を取ったり、やるからには相当の時間と労力を費やす必要があります。
さらに、5年間の学費と生活費で900万ほど貯蓄を削ります。

気合を入れて勉強すれば何とかなりそうな気もしますが、←現職教員ですので…
学部卒業後、無職はどうなんだろうと…

獣医資格を40歳で得た場合、職はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

大胆なキャリアチェンジですね。
目標達成へのプロセスが長いだけに、今がラストチャンスかもしれませんね。
決断するのに苦心されているのがよくわかる気がいたします。

せっかくですので、どうせ挑戦するなら是非とも成功していただきたいので、コメントさせていただきます。

【ペット関連の統計について】
◆2012年度のペット飼育数は犬が1150万頭、猫が100万頭で伸び悩み
◆過去3年、犬の飼育世帯数は50万世帯減少しているが、猫の飼育世帯数は横ばい
http://www.petfood.or.jp/data/chart2012/01.html
◆ペット関連の支出は増加傾向にあるも、動物病院代は伸び悩み
http://www.stat.go.jp/data/kakei/tsushin/pdf/22_9.pdf
◆ペット病院開業数。2001年までの15年間、開業数は平均300・廃業数は同200.2001年からの4年間の開業数は平均400・同廃業は300
http://books.google.co.jp/books?id=ut5B8jrK0sEC&pg=PA7&lpg=PA7&dq=%E7%B5%B1%E8%A8%88+%E5%8B%95%E7%89%A9%E7%97%85%E9%99%A2%E3%80%80%E6%95%B0&source=bl&ots=dP_p5S5qv_&sig=C5dLTVM3QKZyrcP_Fo4LhiNR9aA&hl=ja&sa=X&ei=YoAcUZ7eLcWnkgX6u4HIAw&ved=0CFUQ6AEwBA#v=onepage&q=%E7%B5%B1%E8%A8%88%20%E5%8B%95%E7%89%A9%E7%97%85%E9%99%A2%E3%80%80%E6%95%B0&f=false

【上記統計数値からの推論】
◆現在、ペット病院は需要と供給のバランスで考えると、均衡点を過ぎ、供給過多気味と言える。

【私の意見】
質問者さまが晴れて獣医師免許を取得された場合の就職先についてですが、開業されるにせよ、勤務医として働くにせよ、需要の多いペット病院で考えても、上記のとおり、やや悲観的な予測となりました。

就職の有無だけ考えると、中年より若い人の方が採用されやすいに決まっています。

ペット病院も今後は儲かるところとそうでないところと二極化していくことでしょう。
儲かるペット病院の条件の1つとして資本力が挙げられると思います。最新設備を備えた、清潔でオープンな病院は人気があり、人間の病院と同じくチェーン展開が進むことでしょう。そうした病院で勤務医をされるより、地域密着型で患者のニーズを組み上げてくれる、情熱的な獣医さんが、私は好きです。
ご質問からは少々ポイントがずれてしまうのですが、マーケティングを駆使して顧客ニーズを掘り起こすようなペット医療ビジネスを始められると、勝算は大いにあると思います。

今後、ペット飼育世帯のボリュームゾーンは高齢化します。それに伴いペットも高齢化するので、まずここにニーズが存在するはずです。
例えば、犬の散歩、治療のための送迎、リハビリ、薬や餌や猫砂の宅配などなど。


思いついたまま書いたので、わかりづらい文章になってしまったと思います。すみません。

6頭のネコの親として、心よりご成功をお祈りしております。

こんにちは。

大胆なキャリアチェンジですね。
目標達成へのプロセスが長いだけに、今がラストチャンスかもしれませんね。
決断するのに苦心されているのがよくわかる気がいたします。

せっかくですので、どうせ挑戦するなら是非とも成功していただきたいので、コメントさせていただきます。

【ペット関連の統計について】
◆2012年度のペット飼育数は犬が1150万頭、猫が100万頭で伸び悩み
◆過去3年、犬の飼育世帯数は50万世帯減少しているが、猫の飼育世帯数は横ばい
http://www.petfood.or.jp/data/chart2012/...続きを読む


人気Q&Aランキング