マリモを沈めている60センチ水槽に、何か熱帯魚を泳がせたいと思っているのですが、可能でしょうか。
マリモは藻なので、つつかれて食べられる可能性がありそうな気もします^^;

もしも可能な場合、どの熱帯魚がお勧めかお詳しい方、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

えっ…


マリモって氷が張るくらいの水温でもいい位なんでよね 、確か。(適正水温は10度から20度だそうです)
http://www.fujitaya.org/marimo/E5.htm

熱帯魚は魚にもよるでしょうが22度~28度くらいだそうです
http://www.royal-hc.co.jp/diy/life/nettai/detail …

20度で生きていける熱帯魚がいるならギリギリの線で共存可能かもしれないけど… マリモって北海道とかにいるわけで…どう考えても熱帯魚は居ないですよね…
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速に有難うございます。しかも鋭いご指摘!!気が付きませんでした^^;確かにおっしゃる通りです。先日北海道の空港で、マリモがゴロゴロ沈んでいる水槽の中でコッピー(正式名称は分かりません)が泳いでいるのを見かけこの質問をしてみたのですが・・お互いにとって物凄く環境の悪い水槽だったのですね。メダカでは、マリモを食べてしまうでしょうか・・・?(何か魚を泳がせてみたいもので・・)

お礼日時:2005/05/20 11:34

こんにちわ!



私の経験談ですが、以前いわゆる赤い金魚とマリモを同じ水槽に入れた事があります。
結果マリモは金魚さん達に突っつかれボロンボロンになりました(ToT)

北海道出身の父が大切に育てていたマリモだったので、とっても叱られました~!(^^;

ので、mimi-koさんもやめた方がいいと思います。
コッピーなら突つかれているとしても気がつかない程の被害なのでしょう。

懐かしい思い出です。参考になれば幸いです(^―^)
    • good
    • 0

No.2ですが補足です。


 
アカヒレの適正水温は15~25度くらいです。
10度くらいまでなら生きられますが調子が悪くなって病気になりやすくなるので、水温の低下は15度までに抑えてあげてください。
 
冬は金魚用のヒーター(15~19度くらいのもの)を使ってあげればいいと思います。
    • good
    • 1

コッピー(アカヒレ)は温帯性の魚なので日本の気候なら温度的にはまったく大丈夫です^^


 確かにちゃんとした(?)意味での熱帯魚は水槽用ヒーターを入れないと飼えませんが、きれいな色をしていて熱帯魚と呼ばれている魚でも実は熱帯性ではなく無加温で飼える魚がいるんですよ。

アカヒレは丈夫だし、少しはつつくでしょうが小さいのでマリモをそんなに食べないからかなりいい組み合わせだと思います。 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生きてるのが辛いです( ; ; ) どうすれば楽な気持ちで生きられますか? 消えたい( ; ; )

生きてるのが辛いです( ; ; )
どうすれば楽な気持ちで生きられますか?
消えたい( ; ; )

Aベストアンサー

何もしなくて良いです。
ただこの世に居るというだけで大丈夫ですよ。
ただ時に身を任せて生きていれば良いです。

人生は四苦八苦です。悲しく淋しく悔しく憎たらしく恨めしく虚しく苦しくて辛いのが人生なのです。

愛別離苦
五蘊盛苦
求不得苦
怨憎会苦

まだ死なないで下さい……ね…?

Q熱帯魚の水槽に藻(苔?)が…

熱帯魚を飼い始めたのですが、水槽の表面に緑色の糸状の長い藻(というか苔?)のようなものがみっしりついてしまって困っています。
2週間に一度掃除をするようにしているのですが、一週間後には生え始めます。フィルターの掃除をその間の一週間にするようにしています。
これ以上掃除や水替えはまずいかと思うのですが、もっとしたほうがいいのでしょうか?
気のせいかもしれませんが、これが生え始めると水温が下がっていくような気がしています。。。
水槽は光が直接当たらない部屋の奥に置いています。ライトは10時間くらいつけています。中身はコリドラス5匹と水草と流木が一種類です。
アドバイスどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
緑色の糸状の長い藻の発生原因を考えると
・水質がアルカリ(pH7以上)に傾いている。
・照明時間が長い、強すぎる。
・生物濾過の非力脆弱
・飼育数が多すぎる
・残り餌がある
これらが考えられます。

水を頻繁に換えれば水質はアルカリに傾き、フィルターを掃除すれば生物濾過はいつまで経っても出来上がりません。
ライトの10時間は明らかに長すぎます。

濾過装置はひょっとして外掛けフィルターですか?
もしそうであれば生物濾過が期待できませんので他の底面や外部フィルターへの交換をお奨めします。
参考まで。

Q生きてるのって楽しいですか?なぜ?

表題の通りです。お答えください。
私にはよくわかりません。

Aベストアンサー

>生きてるのって楽しいですか?
 生存すること自体に楽しいとか楽しくないという要素はありません。
 生きてる間に出遭うさまざまなことを楽しく思えるとき、「生きてるのは楽しい」ってことになるんですね (^_^)v

Qメダカの水槽の金魚藻について

プラスチックの小さな水槽ですが、メダカ4匹を飼っています。エア-ポンプと金魚藻をいれていますが、金魚藻は一週間位で痛んできてしまいます。これって普通ですか?金魚藻は買ってきて、水槽に浮かべているだけです。底に砂利は、敷いていません。

Aベストアンサー

初めまして。
一般に金魚藻として流通される物も色々だと思うのですが
カモンバは特に育成は難しい水草だと思います。
アルカリを嫌い高水温で解けた様になります。
グッピーに良いとされるウォータースプライトか
アメリカンスプライトなどは浮かべても枯れず環境が
良いと爆発的に増えますよ♪

Aベストアンサー

万物は宇宙に生かされている
ってことで仕方なくいきる
生まれてきた意味>まだわかりません

Q水槽の藻

水槽に藻がすぐ付きます。
付きにくくする方法はありますか?

ちなみに勝っているのは金魚です。

Aベストアンサー

失礼しました。飼育されているのは金魚との記載を読み落としていました。

金魚でしたら、タニシ類が好都合です。
水槽の壁面に付く藻もチュバチュバと食べてくれ何時しかきれいになっていますし、口で削り取る以外にエラで漉し取り水の透明度まで貢献してくれます。

ガラス面、水共にきれいにしてくれる分、フンも多量にしますが、水槽内の汚れをフンへと形を変えて固めてくれると思えばありがたいばかり。
定期的に底に沈むフン汚れだけ取り去れば良いわけです。

私の場合、あのブクブクポンプに取り付ける透明チューブとバケツを使って、サイホンの原理でそこの汚れを吸い取り、その分の水を足すだけで、水槽も水もほとんど汚れずに透明度を保っています。

注意すべきは飼っておられる金魚の大きさがわかりませんが、金魚に対してあまりに小さなタニシを投入すると、金魚がバリバリとタニシを食べてしまいかねません。大きさの選定にはご注意ください。

Q生きてるのが辛いです。 なぜ生きなければならないのでしょうか!

生きてるのが辛いです。
なぜ生きなければならないのでしょうか!

Aベストアンサー

人生には山あり谷ありです。でも生きていれば必ず良い事も幸せになる事もできます。
あなたを大切に思ってくれてる人は必ずいるし、これからもできます!私も7年前に人生の谷に突き落とされました。でも今はあの辛さの事を考えたらなんとでもなる!と過ごしてきてます。人生一度きり。我慢しすぎず、辛くなったら誰がに話たりして生きていきましょう(*^^*)あなたを必要としてる人、あなたに力をもらう人絶対にいると思います(*^^*)

Q水槽内の藻?

60cm水槽にグッピー、ネオンテトラ、コリドラス、ヤマトヌマエビ(8匹)水草という内容です。水槽の底に、マリモをほぐしたような?藻が繁殖します。水代えの時に取り除きますが、すぐ繁殖しています。フイルターはアオコの繁殖を押さえる商品を使っており、水は目で見る限り綺麗です。この藻をこのまま取り除いても良いですか?それともこの藻を食べる魚を入れた方が良いでしょうか?この藻を食べてくれる他の魚と相性の良い魚も教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 緑色の細長い藻のことでしょうか?それとも黒髭藻(ヒゲ状藻)、糸状藻、ハケ状藻、房状藻でしょうか?どうやら後者のどれかのようです。 http://www.koketaisaku.com/ で判定してみてください。これはほぼ全ての人が発生に悩まされたことのある藻でしょう。今、手で取り除ける藻はできる限り取り除いてください。ただ、後者の場合はなかなか取り除けません。
 私もそう考えがちなのですが、藻を食べてくれる魚を導入する前に、なぜ発生してしまうのかが判明し解決しなければ、毎度同じ悩みを抱えることになります。
 まず発生原因を推定しましょう。
 水生植物に必要なものは、光、水、空気(二酸化炭素)、肥料成分(窒素、リン、カリ、苦土、鉄その他微量成分)です。

 光は高演色3波長蛍光灯でしょうか?
 水草は、赤い光と、青い光を光合成に活用しますが、藻は、青い光と黄色い光を光合成に活用します。
 一般に明るい蛍光灯は青みの強い波長成分を多く含んでますので、青い光の成分が過剰になりがちで、水草が利用できない波長の光と併せ、藻がそれを利用します。
 また、蛍光灯は何時間点灯してますか?12時間overで点灯してませんか?
 水草に必要十分な点灯時間は6~8時間です。それ以上はよけいな光となり、余った光は藻が利用することになります。

 水には余計なものがとけ込んでませんか?底砂やレイアウトの石などからカルシウム、マグネシウムなどが溶け出してませんか?アルカリ性に傾いていると藻は生えやすくなります。また、水道水でも藻が利用する珪酸が含まれていることもあります。
 それからアオコの繁殖防止剤はあまり意味がないと思われ、かえって濾過細菌に若干悪影響を与える可能性もあるかもしれないので、使用しなくてもいいのではないでしょうか。

 二酸化炭素は魚などがたくさんいるようですので藻には問題なさそうですね。飼育頭数にも寄りますが、エアレーションは必要ありません。夜間もです。

 肥料成分が過剰になっていませんか?特に魚のえさが多いと、窒素、リンが過剰になりがちです。藻は、水草が吸いきれない過剰な成分を栄養として繁殖します。
 また、鉄、苦土(マグネシウム)などの微量成分は底床に埋まってますか?微量成分がないと、水草は窒素、リン酸を吸収することができません。ただし、微量成分は少量で十分です。そして、必ず底砂の表面から2~3センチ深に埋め込んでください。なぜなら、鉄や苦土は、還元状態の環境でないと水草に吸われないからです。
 硝酸、リン酸、珪酸が過剰だと藻が生えますので、それらを増やさないように管理する必要があります。
 水草は硝酸を吸収し、同化してくれますが、リン酸、珪酸は蓄積されたままになりがちです。水替えでリン酸を減らせても、珪酸は水道水にさえ含まれているので、減らせません。

 さて、緑の細長い藻であれば、ブラックモーリーが食べてくれます。ブラックモーリーはグッピーと同じ仲間で、グッピーの飼育環境で飼えます。ペンシルフィッシュのうち、斜めになって泳がない魚も食べてくれるということですが、飼ったことがないのでわかりませんし、効果もわかりません。なお、これらの魚は大きさが飼育されている魚より大きくなりますのでその点ご注意を。ヤマトヌマエビもエビの中では一番藻を食べてくれます。数量的にはni2さんの飼育量で十分です。オトシンクルスは茶色の藻(珪藻)を食べてくれますが、ふさふさした藻は食べてくれません。
 もし冒頭に述べた後者の藻であるとすると、魚で食べてくれるものはいませんので、先ほど述べた点を点検して、藻が発生する要因を一つ一つ取り除いてあげるしかありません。長くなりましたが、もし不明な点や対策について疑問点がありましたら、補足の欄に何について聞きたいのかを入力してください。それから、全種の飼育頭数、水草の種類と量、藻の種類、照明のワット数、餌、肥料はどのくらい与えているのかを併せて入力してくださると、それに則した回答ができるかもしれません。

参考URL:http://www.koketaisaku.com/

 緑色の細長い藻のことでしょうか?それとも黒髭藻(ヒゲ状藻)、糸状藻、ハケ状藻、房状藻でしょうか?どうやら後者のどれかのようです。 http://www.koketaisaku.com/ で判定してみてください。これはほぼ全ての人が発生に悩まされたことのある藻でしょう。今、手で取り除ける藻はできる限り取り除いてください。ただ、後者の場合はなかなか取り除けません。
 私もそう考えがちなのですが、藻を食べてくれる魚を導入する前に、なぜ発生してしまうのかが判明し解決しなければ、毎度同じ悩みを抱えることになり...続きを読む

Q生きてるのが辛いです。 楽な気持ちで生きるにはどうしたらいいですか?

生きてるのが辛いです。
楽な気持ちで生きるにはどうしたらいいですか?

Aベストアンサー

考え方を変えるのはとても難しいとは思いますが、私は辛い時、さんまさんが言っていた、生きてるだけで丸儲け、という言葉を思い出すと気分が少し楽になります。

Qコケを取る熱帯魚(90センチまでで)

90センチの水槽でコケとかを取ってくれる熱帯魚はいませんか?
ポリプセネガル、ブラックアロワナと混泳が出来る熱帯魚で
お願いいたします。

Aベストアンサー

 No.4の方のいうとおり、入手の容易さ、水質の適応性でセルフィンプレコが最も有力です。最大50cmくらいになりますが、成長が遅いので、大きさを心配する必要もないと思います。けっこう汚れた環境でも強く、長生きです。大きくなって対処に困るのであれば、熱帯魚屋さんで引き取ってもらえるところはあるはずです。背びれがおおきく、ユーモラスです。水槽壁面のこけを丸い大きな口でなめ回って食べてくれます。比較的夜行性なので、こけ食いはライトを消してからです。よってなめ回す姿をあまり見ず、効果に疑問を挟むかもしれませんが。
 ただし、どのくらいのこけの生え具合かわかりませんが、壁面や床にたくさん生えてしまうようだと、入れても無意味です。水槽内の窒素分やリン酸分のバランスが崩れているとすぐこけが生えます。その点はNo.3の方のように、生やさない対策を講じる必要があります。
1 水槽を日に当てない
2 換水を頻繁に行う(面倒なので濾過装置を高機能化)
3 餌を過度に入れない
4 ライトの明るさを確認する(1年経ったら交換)
5 こけで汚れた水槽は、一度きれいに洗い(アクリル三角定規等ではぎ落とし、塩でもむ等)、床砂利も洗うか交換する。魚にも浮遊したこけがついているので違う水槽に入れて泳がせ付着こけを取る。
6 生育の早い水草を入れ、余計な窒素・リン酸分を吸収させ、こけの栄養を除去する。
注 ヌマエビや貝は糞による汚染でかえってこけが生えやすくなります。
注 アルジイーターは大きくなるとこけを食べなくなります。 

 No.4の方のいうとおり、入手の容易さ、水質の適応性でセルフィンプレコが最も有力です。最大50cmくらいになりますが、成長が遅いので、大きさを心配する必要もないと思います。けっこう汚れた環境でも強く、長生きです。大きくなって対処に困るのであれば、熱帯魚屋さんで引き取ってもらえるところはあるはずです。背びれがおおきく、ユーモラスです。水槽壁面のこけを丸い大きな口でなめ回って食べてくれます。比較的夜行性なので、こけ食いはライトを消してからです。よってなめ回す姿をあまり見ず、効果に疑...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報