リン酸を酸化アルミニウム(Al2O3)で除去するとしたら酸化アルミニウム1グラムに対してどれぐらいのリン酸が除去できますか?できれば,効率も知りたいのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

酸化アルミニウムは吸着剤だったんですね。


教えていただきました参考URLの参考文献(※)を見てみました。詳しくは文献を見てほしいのですが、ポイントは

・活性アルミナなどは次の反応でリンを選択的に吸着する。
Al2O3・3H2O +2H2PO4- → 2AlPO4 +2OH- +4H2O

・最近、活性アルミナに硫酸アルミニウムを反応させた新しい吸着剤が開発された。この吸着剤でのリン除去は上の式のほかに、次の式のようなイオン交換的化学吸着反応によって行われる。
4H2PO4- +Al4(OH)6(SO4)3 → 4AlPO4 +3SO4 2- +2H+ +6H2O

・この吸着剤の除去容量は約30mg-P/gと従来品に比べ著しく大きい。

・吸着法は装置が単純、小型で、中小規模の下水処理や産業排水処理に適す。ただし、原水中のリン濃度がかなり高い場合には吸着剤の寿命が短くなるので不利。

すなわち、酸化アルミニウムは吸着剤ですが、リン酸アルミニウムの生成による化学吸着の機構が有効に働いているもののようです。また酸化アルミニウムの無水物は酸に溶けませんが、Al2O3・3H2Oの形は水酸化アルミニウムと同じであり、含水量が多いため活性があるのでリン酸イオンと反応するものと思います。

(※)参考文献:
浦野紘平,立川裕隆:「排水中のリン除去技術の特徴と経済性」,用水と排水,29(5),3(1987).
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いろいろ調べてくださって、どうもありがとうございます。

 しかし新たに納得できないことなのですが、活性アルミナというのは吸着能力の強いアルミナ微粉末であり、非結晶性の酸化アルミニウムだというふうに書いてありました。(理化学辞典だったと思います。)そうであるならAl2O3・3H2Oの形では無いのではないでしょうか。また、活性アルミナというのは「湿気や油蒸気などを吸着除去するのに用いる。吸着が飽和したら再び加熱し放出させ再び活性化し繰り返し使用できる。」とも書いてありました。そうなると、含水量が多いため活性があるというのもなんだかよく分からないのです。

 とにかく、私のこんな質問にいろいろお答え下さったanisolさん、ほんとにどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/15 19:02

> Al2O3というのは水にも酸にも難溶性



確かにそうですね。ご質問の方法が実際にあるものと思っていたので、うっかりしていました。そこで逆に質問したいのですが、

・この質問は水処理関係の質問ということでよろしいですか?
・酸化アルミニウムによるリン除去の方法は実際にあるのですか?あるとすれば参考文献を教えていただけますか。

よろしくお願いします。

この回答への補足

せっかく答えていただいたのに,回答が遅れてしまって,申し訳ないです。

この質問は水処理関係かと言うことでしたが,リン酸を多く含む水溶液の処理に用いようと思ったのです。
また,Al2O3を用いるリン酸の除去についてはすごく簡単にしか書いてありませんでしたが参考URLとして下に付けておきました。

http://www.syokuhin-kg.pref.hiroshima.jp/faq.htm …

補足日時:2001/10/03 17:38
    • good
    • 0

リン酸アルミニウムはAlPO4の形ですから、酸化アルミニウム(式量101.96)1モルに対してリン酸(式量98.00)2モルが反応します。

したがって酸化アルミニウム1gに対しては、理論上

(1/101.96)*2*98.00=1.922

1.922gのリン酸が反応することになります。効率ということは、水処理関係でしょうか?これについては水処理関係の文献を参照するとよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に計算までしていただいてありがとうございました。AlPO4の形になるのであれば確かにanisolさんのおっしゃるとおりだと思います。ただ,Al2O3というのは水にも酸にも難溶性ですよね?アルカリ融剤などで融解しないと溶けないと思ったのです。すると,AlPO4になるには,どういった形で,リン酸と反応するのでしょうか。お手数ですが,教えていただけたら幸いです。

お礼日時:2001/09/29 13:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

gと㎎」に関するQ&A: リン酸コデイン

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリン酸緩衝液の作り方

過去にいろんな方が質問されていますが、私も質問させてください。
pH2.5 25mMのリン酸緩衝液を
リン酸(関東化学 85% 1.69g/ml 関東化学MSDSより)
リン酸1Na
を使って作りたいのですが作り方を教えてください。

リン酸の濃度を計算する時点でリン酸が液体なのでつまづいてしまってます・・・(例えば、1mlとったら、重さは1.69gだけど、リン酸としては何g?85%でよいのか?)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ところで85%って何が85%ですか?
容積%なのか重量%なのかモル%なのか、MSDSを見ることができるのだから、わかると思います。(既出でもヒントは沢山あるはずです)
それを解決したら、リン酸原液を(モル/リットル)の単位に換算してみて下さい。そこから25mMのリン酸の計算はできます。
この時点でつまずいている様なので付け加えると、リン酸は弱酸のポリプロトン酸なので、加えるリン酸ナトリウムは、分析化学の教科書を見てじっくり考えて下さい。多分あなたが考えているよりもそうそう単純ではないハズですよ。(薬品を扱うのは、これを自分で考えて、必要量を計算できるようになってからにして下さい)
確認ですが、25mMリン酸緩衝液のリン酸濃度は、リン酸原液(85%)由来とリン酸ナトリウム由来のものを足し合わせたものです。

Qリン酸化と酸化的リン酸化の違い

リン酸化と酸化的リン酸化に違いはあるんでしょうか?
それとも同じ意味で用いるのでしょうか?

Aベストアンサー

分野によって違うかもしれませんが、
生化学の質問でしたら、

リン酸化
リン酸基を結合させる反応

酸化的リン酸化
電子伝達系に共役して起こるリン酸化
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E7%9A%84%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%85%B8%E5%8C%96

ミトコンドリアでATP合成酵素によってADPがATPになる反応は酸化的リン酸化、リン酸化はどちらも使えますが、
(先生によってはリン酸化と呼ばないように言うかもしれませんが)

Chk2がp53のSer15にリン酸基を結合させる反応はリン酸化と呼ばれますが、酸化的リン酸化とは呼ばれません。

Q85%(w/v)リン酸の作り方

85%(w/v)リン酸をリン酸水素二ナトリウムとリン酸二水素ナトリウム(無水)から作成する作り方を教えてください

Aベストアンサー

18金と12金から純金を作りなさいと言っているよなものです。
リン酸、それも飽和溶液に近い物はリン酸のナトリウム塩から作ることはできません。
(塩酸などを使えばできる可能性はありますが、精製が難しいです)

基本的には、P4O10 を少量の水に飽和状態まで溶かしたものが、
85%リン酸溶液ではないでしょうか?

Q酸化性酸、非酸化性酸

初心者です。ステンレスは酸化性酸には侵されにくく非酸化性酸には侵されやすいとありますがしっくりこないので酸化性の意味を含めて御説明願います。

Aベストアンサー

酸化性酸というのは、酸化力を持った酸ということでしょう。具体的には硫酸、硝酸などを指します。
非酸化性酸というのは、塩酸などの酸化力を持たない酸ということになるでしょう。
高校の範囲内では酸化力を持たない酸は、Hよりもイオン化傾向の小さい金属(たとえばCuやAg)を溶かしませんが、酸化力を持つ酸はそれらの金属を溶かします(ただし、H2は発生しません)。

ステンレスの場合にはその成分であるクロムが表面で酸化されることによって、酸化被膜が生じ、それによって内部が保護されています。
たとえば、Al,Fe,Niなどの金属に濃硝酸をかけると酸化被膜(不動態)を生じるために、これらの金属は希塩酸などには溶けるにもかかわらず濃硝酸には溶けないという事態が生じます(これも高校で習うと思います)。

ステンレスにおけるCrの場合もこれと同様で、酸化性酸が付着しても、表面に酸化皮膜(不動態)が形成され、内部を保護するために腐食が進まないけれども、非酸化酸が付着した場合には溶けて侵されるということではないでしょうか。

Qリン酸化による酵素の活性化について

生物学の勉強をしていると、「不活性の酵素が、リン酸化によって活性化する」といった記述がしばしば見られます。専門家の方にとってはあたりまえの現象なのかもしれませんが、素人の私には、「リン酸化→活性化」の意味がよくわかりません。リン酸化とは、いったい何なのでしょうか?なぜリン酸化が酵素活性化につながるのでしょうか?

Aベストアンサー

リン酸化で活性化する酵素もあれば、脱リン酸化で活性化する酵素もあります。
では何故リン酸かというと、おそらくATPのせいではないかと思います。
生物の活動エネルギーの全てはATPでまかなっているので、
ATPは細胞のあらゆるところに潤沢に用意されている物質だと思われます。

他の物質との化合(もしくは分解)することで活性化する酵素もあるでしょうが、
細胞内に潤沢に存在するATP(ADP)とリン酸を授受することで活性化する酵素の使い勝手は他の酵素にくらべて圧倒的ではないでしょうか。
生命活動における様々な反応のうち、酵素のリン酸化(あるいは脱リン酸化)によって活性化されるのもが多いのもなんとなくうなずける気がします。

Q硫酸水素カルシウム、硫酸アルミニウム、リン酸二水素ナトリウム の水溶液

硫酸水素カルシウム、硫酸アルミニウム、リン酸二水素ナトリウム の水溶液の液性は酸性ですか?
またそれぞれの強度を教えて下さい。

Aベストアンサー

全てが酸性です。

QHPLC用のリン酸ソーダの調整方法

はじめましてHPLCの初心者です、よろしくお願いいたします。
実は文献を見ながらHPLC分析をする事になりましたが良く判らない事があるのでお教えください。
「C18カラムで移動相4mMリン酸ソーダ緩衝液(pH6.0)を1ml/minで流す」と文献にあるのですが、この中の4mMリン酸ソーダ緩衝液(pH6.0)の調整方法が良く判らないのです。
まず、リン酸ソーダといってもリン酸1ナトリウムかリン酸2ナトリウムのどちらを使えば良いのかわからないんです。
これらのことについて、どなたかお教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すでに出ている方法で問題ありませんが,別の方法を.

1L 作るとします.リン酸2水素ナトリウム(1ナトリウム)を 4mmol 分秤量し,水を900mLくらいで溶かします.
pH メータで pH を見ながら,1mol/Lくらい(適当でかまわない)の水酸化ナトリウムで pH を 6.0 まで上げます.
ビーカーの中身をメスフラスコに移し,1L に合わせます.
用途によってはビーカーの目盛で1Lにしてもかまわないこともあります.
ろ過とか脱気とかは必要に応じて.

Qアルミの酸化皮膜Al2O3がアルミを守るのはAl2O3の速度反応が遅いからですか?

アルミの酸化皮膜Al2O3がアルミを守るのはAl2O3の速度反応が遅いからですか?あるいは平衡状態でもAl2O3は安定なのですか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

#1 の通り, 同じ Al2O3 という組成であってもその結晶構造によって化学的安定性はかなり違うようです. Al2O3 の場合 α, β, γ の 3つの構造があり, このうち α-Al2O3 (普通のアルミナ) はかなり安定ですが γ-Al2O3 は酸や塩基と容易に反応するそうです.

Qロズマリン酸

シソの葉にロズマリン酸は含まれていますか?
シソ以上にロズマリン酸が含まれている食材はありますか?

脂漏性皮膚炎で悩んでいるためクミスクチン茶も考えていますが、シソとクミスクチン茶以外にロズマリン酸がたくさん含まれている食材あれば教えて頂きたいです。

※クミスクチン茶以上にロズマリン酸の含まれている食材が知りたいです(>_<)

Aベストアンサー

シソにロズマリン酸含まれています。
ハーブのローズマリーにも含まれていると思います。

参考URL:http://allabout.co.jp/gm/gc/301255/

Qトルエンを酸化して安息香酸にするときの酸化剤が、過マンガン酸カリウムの

トルエンを酸化して安息香酸にするときの酸化剤が、過マンガン酸カリウムの中性溶液のようなのですが、
硫酸酸性の過マンガン酸カリウムでは、何か不都合や違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

硫酸酸性だと強い酸化になります。
ベンゼン環の二重結合が酸化されてしまうようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング