57歳男性 前立腺の検診でPSA値が6・7で精密検査をすすめられ、いろいろ検査をして生検の結果6カ所中1ヶ所だけ初期の癌がみつかったそうです。先生は高齢であればそのまま放置しておいてもかまわないが、まだわかいから手術か放射線で治療しましょう。といわれたのですが、一応骨に転移していないかこんど骨シンチで調べるといわれました。本人は腰痛がありますが、それは、整形でヘルニアだといわれてたので安心していたのですが1カ所だけの初期の癌で骨に転移なんてこともあるのでしょうか?また骨に転移してた場合の予後はかなり悪いのでしょうか?
本人は高血圧で手術は難しいように思います。放射線治療の副作用も教えてください。どうかよろしくお願いします。
 57歳の私の父なのですが、母とふたりで離れて暮らしているものですごく心配しています。お医者さんが本人に100%本当のことを言っていないような気もするので、すごく気になります。私も看護婦なのである程度の専門用語はわかると思いますので長い質問ですが、ヨロシクお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

前立腺癌については臨床ステージと予後が相関することが知られています。

大切なのはステージと組織型ですが、お父様の検査結果はどのような組織型だったのでしょうか?(高分化、中分化、低分化…)
お父様の現状はステージB1に相当します。これはまだ初期の段階ですね。通常このステージに対する治療法は『前立腺全摘除術』が一番オーソドックスな治療法です。『放射線療法』はステージAであれば一般的ですが、PSA値上昇で発見された症例は他に症状がなくともステージBに入ります。もちろん広い解釈では適応にはなるものと思いますが…。つまり高血圧などで手術に踏み切れない場合などこれになります。
放射線療法の副作用ですが、照射範囲は前立腺およびその周辺の結合組織に限りますので全身性の副症状は出にくいものです。局所の副症状として尿道刺激症状や血尿などがありますがいずれも臨床的に対応できるものです。
『初期の癌で骨に転移する事があるか?』ですが、転移のしやすさに一番重要なのは『組織型』です。仮に低分化型であれば可能性は十分にあります。可能性は高分化型のほうが下がります。またもし骨に転移が見られた場合、ステージはD2になり最終ステージです。ホルモン療法などを加えて(低分化型であれば現段階で服用しているかもしれませんが…)総合的な癌治療にあたりますが、予後は悪いと考えてください(前立腺癌の場合『5生率』で検討します。この程度の悪さです。)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にくわしいお返事をいただき感謝しています。生検6ヶ所中1ヶ所でも組織型が低分化型であれば骨転移はありうるんです?Drは何も言われてないようなのですが、組織型があやしいので骨シンチをされるのでしょうか?腰痛もあるし骨転移がすごく心配です。でも客観的に正確なことを知っておくことも大切、がんばります。本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/29 00:13

shu_s先生の詳細な回答がありますが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「前立腺がん」
この中で「病期(ステージ)」・「病期(ステージ)別治療」が参考になるのではないでしょうか?

http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(前立腺癌)
この中では特に「原因と危険因子」「治療」と関連リンク先を参考にしてください。
http://www.apionet.or.jp/~nemoto/prostateCA.html
(前立腺癌)

ご参考まで。

参考URL:http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/0sj/010230. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このURLサイトとても参考になりました。身内で癌なんて信じられないし父もおちこんでいますが、がんばって経過を見ていこうと思います。
 本当に早々にアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/09/29 00:00

前立腺がんについて。


http://www.takeda.co.jp/pharm/jap/seikatu/zg/ind …

また、同病の方々のホームページがかなり参考になるかと思います。
骨への転位があると、少し状況は厳しくなるようです。
http://www.seaple.icc.ne.jp/~emika/frame.htm
(↑掲示板がかなり活発です)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~t-ue/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホームページとても参考になります。またゆっくり読みたいと思います。早々にお返事本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/09/29 00:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨シンチで黒く写り、がん転移でない場合、何が考えられますか

今年1月に乳がん手術をしました。右全摘と右腋下リンパ節郭清です。最近左下肢と左上腕に痛みを感じたので今週月曜日骨シンチ検査を受けたところ。背骨と仙骨、ろっ骨下部、両腕両足の関節が黒く写っていました。が、「これはがん転移ではないです」と診断されました。また、手術前の初診時の骨シンチでも、同様に仙骨辺りを始め黒くなっていたと知らされました。言われてみると、下腹部と腰の鈍痛は、がん発覚のはるか以前(10年以上前)からありました。激痛ではなく鈍痛なので我慢ができ、そのために受診することはしませんでしたが。このような場合、がん転移の可能性は排除するとしたら、何が&どのような疾病が考えられるでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

炎症のある部分にも取り込みが起こります。複数の関節に取り込みが起こっているので、整形外科に紹介されて、関節の病気、リウマチ痛風加齢による変形などの精査を勧められるでしょう。

Q肺癌 小細胞癌の末期 腎癌に転移あります。肝臓にも、転移しだしたみたいです。肺の腫瘍は、現在は小さ

肺癌 小細胞癌の末期 腎癌に転移あります。肝臓にも、転移しだしたみたいです。肺の腫瘍は、現在は小さくなっておとなしくしてくれているようですが…。あとどれ位生きられますかね…。レスキュードーズのオプソやフェンタニル 疲れます

Aベストアンサー

医師より末期余命三ヶ月と言い渡されていない場合

小細胞肺癌の末期と診断されてから

どれだけ経過しているか分かりませんが

発覚してから一年前後の寿命とみます

現在動ける状態にあれば

やるべきことがあれば早急にやるのが良いです

Q骨転移しやすい癌について

骨転移しやすい癌について

ネットで調べたのですが、大腸がんの場合、骨転移が生じるのは珍しいのに対し、肺がんは骨転移がおこり易いと分かりました。 では大腸がんが肺転移した場合の転移性肺がんは、骨転移がしやすいのでしょうか?(☆)

何故このような質問をしますかと言うと、母が大腸がん原発の転移性肺がんを現在患っており、数ヶ月前に「腰や背中が痛い痛い」と言うもので、主治医にみてもらいました。 しかし主治医は頭をひねるばかりで、1ヶ月以上原因が特定できず、指示により整形外科を受診しても分かりませんでした。 その後CTを撮ってもらい、やっと痛みの原因が骨転移と判明しました。

大腸がん原発の肺がんの場合は腫瘍マーカーもCEAをずっと使う等、転移しても大腸がんの性質を持ち続けるということは知っています。 そこでお聞きしたいのが上記(☆)印の質問なのですが、質問の言葉を変えますと、肺がんが骨転移しやすいのは、肺という場所的性質からでしょうか? それならば大腸がん原発の転移性肺がんも骨転移しやすいということになります。 それとも原発が肺の時の癌細胞の性質故に骨転移しやすいのでしょうか?  
御回答を頂けましたら幸いです。  よろしくお願い致します。  

骨転移しやすい癌について

ネットで調べたのですが、大腸がんの場合、骨転移が生じるのは珍しいのに対し、肺がんは骨転移がおこり易いと分かりました。 では大腸がんが肺転移した場合の転移性肺がんは、骨転移がしやすいのでしょうか?(☆)

何故このような質問をしますかと言うと、母が大腸がん原発の転移性肺がんを現在患っており、数ヶ月前に「腰や背中が痛い痛い」と言うもので、主治医にみてもらいました。 しかし主治医は頭をひねるばかりで、1ヶ月以上原因が特定できず、指示により整形外科を受診して...続きを読む

Aベストアンサー

がんが肺にあるからという要素もありますが、どちらかといえば肺癌の性質と考えるほうが考えやすいです。

大腸癌の場合、大腸から門脈を通って肝臓に行き、そこから心臓に戻って肺へ、そして心臓に戻って、骨などの全身に行きます。
肺癌だと、肺から心臓に戻って、全身に散らばります。
癌細胞の供給源が肺にあると、理論上、全身に散らばる可能性が高くなるでしょう。

ただ、前立腺癌や乳癌などは肺転移よりも骨転移しやすく、肺と言う場所よりもがんの性質と考えるほうが妥当なものもあります。
がんの転移の場合、seed and soilという仮説があります。種(がん細胞)と土壌(転移する臓器)がmatchすると転移が起こる、というものです。これもどちらかといえば、がんの性質を重要と考えている仮説だといえると思います。

Q前立腺癌の骨転移と言われて・・・。

父64歳が前立腺癌で骨転移していると言われ、5年生存率が40%以下と言うのを聞き、本人も母も家族全員、落ち込んでいます。毎年検査していて異常が見つからなかったのですが、今回PSAが4.6あったので念のため骨シンチをしてみると脚のつけねの骨の部分に転移していることが発見されました。本人も痛いとかの自覚症状がなく信じられませんが、PSAにでない特異な癌細胞だと言われました。こんな癌細胞ってあるのですか?骨シンチの画像が他の人のと間違っていると思いたいです。先週はじめてホルモン注射をしました。でもそれも3年も効き目がないと言われて・・・。どうにかして延命できないものでしょうか?いい処置法があれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
>特異ながん細胞・・・これは往々にしてある事です。

がん細胞というのは、結構癖がありまして、同じ場所に出来るガンがすべて同じではないんです。
残念ながら、比較的珍しい部類の細胞にあたってしまったのです。

転移ガンや予後不良のガンの治療で最後に物をいうのは体力です。
少しでも体力を付けておく事が、今後、強い薬や放射線・・・各種の治療を選択する余地を広げます。

まだ元気なうちだからこそできる事、それは体力を付ける事ではないかと思います。

Q前立腺癌・骨に転移とは末期のことですか?

64歳の父が1年前に前立腺癌と言われました。それまで毎年検診を受けていたのですが見つからず、骨まで転移していました。5生率40%と言われショックでした。ホルモンの注射で3年程は数値が下がるけれどまた増えてくると言われながら、注射をしていましたが、1年もたたないうちに0.08まで下がっていた数値が0.5となり先日は10.0を超えていました。注射をやめて様子をみましょうと言う事ですが、もう何の薬もないのでしょうか?本人はまだ痛みを感じていないのがせめてもの救いですが、これからどうなるのか考えると悲しくて怖くて・・。進行が遅い癌と言いますが、骨まで転移していると本当にもう駄目なのでしょうか?

Aベストアンサー

ホルモン療法に効く癌細胞が死んで、効かない癌細胞だけがのこってきているのでしょうか。
転移がある状況では抗がん剤を使うことになるのかもしれません。
放射線治療や手術はあくまで局所療法でしかなく、全身に散らばっている場合には補助的な役割でしかありませんから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報