【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

第2次世界大戦中、日本は米国に、国際法にのっとり、宣戦布告し(連絡ミスがあったようですが)、南方で戦ったことは知っています。

ところで、日本は、韓国・中国とは当時の国際法上、戦争していないはずだと思うのですが、中韓両国は、日本軍によって甚大な被害を被ったという話をよく聞きます。

韓国は、一時期の植民地支配(日韓併合)に対して、被害を被ったと主張していることは(善し悪しは別にして)だいたい理解できました。

ですが、中国については、日本との関係がいまひとつ理解できません。被害者と主張している側が、なぜか戦勝国になっていることも含めて。

中国に対して、日本は一方的に(100%)、侵略行為をしたのでしょうか? 中国にも若干非があったのでしょうか。
当時の、国際世論も含め、日中の客観的な、歴史を時系列で教えてください。

どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

1904~05年の日露戦争で、日本は旅順・大連の租借権(事実上の領有権)と、後の南満州鉄道を手にしました。

このとき、イギリスは同盟国でしたし、アメリカも日本に好意的でした。旅順・大連に駐留した日本軍が「関東軍」と言われます。
1914年に第1次世界大戦が始まると、日本は対独宣戦をして、ドイツの租借地青島を陥落させ、ドイツが持っていた山東半島での利権を接収し、翌1915年にいわゆる対華21か条の要求を中国に行い、この利権の継承のほか、満州、内蒙古での権益を要求して認めさせます。このときはアメリカも支持を与えていますが、第1次大戦の戦況を気にしてのことです。1919年に結ばれたベルサイユ条約では、米英仏も同意して、ドイツ利権の日本への引渡しが中国の反対を押し切って盛り込まれます。5・4運動と呼ばれる反日デモが中国全土で起こったのは、これに抗議してのことです。
1921~22年に、アメリカの主導でワシントン会議が開かれますが、中国に関しては「主権尊重・領土保全」を定めた9カ国条約を結び、米英の圧力で日本は21か条要求で手にした利権のほとんど(旧ドイツ利権を含む)を返還します。このときに日英同盟が廃棄されますが、このときから米英は日本の対中進出を警戒するようになり、特に対米関係は緊張に向かいます。1928年に、軍閥の割拠状態にあった中国は国民党によって統一されますが、これに対し日本は山東出兵、張作霖の爆殺で介入しようとしますが、米英を恐れて政府が事態拡大を抑えています。同じく1928年には不戦条約が結ばれ、日本も参加します。
そして、1931年に満州事変を関東軍が起こし、満州を占領、32年には「満州国」を成立させます。形式上は独立国ですが、政府の要職には必ず日本人の副官をつけ、日本が実権を握りました。中国の要求で、国際連盟はリットン調査団を派遣し、その報告では満州国は日本の傀儡だと認定し、日本の撤退を勧告する一方、日本に満蒙での特殊権益を認めるべきだ、とする妥協案も示します。日本はこれを拒否し、国際連盟が報告にもとづく勧告を採択すると、日本は国際連盟を脱退し、国際社会での孤立を選択します。しかし、米英が介入を避けたので、1933年に日中軍事停戦協定が結ばれ、中国は事実上、満州をあきらめることを余儀なくされます。
1935年以降、関東軍は華北分離政策を進めて、華北への介入を強めますが、これに中国はイギリスの支援で経済改革で対抗しようとします。中国で国共合作が成立し、抗日統一戦線が作られるのはこうした状況の下でのことです。
そして、1937年に日中全面戦争が始まります。盧溝橋での日中の衝突は多分に偶発的なもので、現地では停戦協定が成立していたのにもかかわらず、日本は軍を増派して戦争を開始しました。アメリカはこれを激しく非難し、国民政府への援助を強めます。太平洋戦争の前段の日米関係の悪化は、日中戦争の開始に端を発していました。首都南京を陥落させれば、国民政府は屈服する、と日本は考えていたのですが、南京陥落に際して、国民政府は武漢、その後重慶に遷って抗戦します。日本軍の支援で成立した汪兆銘政権は、日本軍占領地域の政府で、日本軍に対する拒否権は持てず、実質は日本軍の傀儡でした。日本軍は占領地域は増やしていきますが、住民の抵抗や、八路軍(中国共産党軍が国民政府軍に編入されたときの名称)などのゲリラ戦に悩まされ、戦争は泥沼化します。このとき、日本軍による住民虐殺が起こったのも、住民と区別のつかないゲリラを掃討するためということでした。このころの中国共産党は「抗日」で民衆と深く結びついて勢力を伸ばしました。中国共産党政権が、抗日戦争を教育に使うのは、中国共産党が中国民衆の味方であることを強調したいためです。
1939年、日独提携に対抗して、アメリカが軍需物資の対日禁輸策をとったため、中国戦線を維持するには物資が不足したことが、日本の南進の動機となります。また、東南アジアからインドにかけて占領する、という作戦の動機のひとつはアメリカによる「援蒋ルート」(アメリカが国民政府に対して支援の兵器や物資を輸送した道)をさえぎる、ということでした。1941年のハル・ノートを日本陸軍がどうしても飲めなかったのは、「中国からの撤退」というところです。このように、太平洋戦争は日中戦争抜きには考えられなかったので、日米が開戦すると、当然のように米中は同盟関係となったのです。
軍事的には、日本敗北の主力をなしたのはアメリカで、日本の降伏時も中国には広大な占領地域が存在しました。しかし、中国撤退を拒否したために、開戦したのですから、中国戦線の泥沼化はその日米戦争の前提条件でした。中国が抗戦し続けたのも同様に前提条件と言えます。したがって、日本の降伏にともない、中国が戦勝国になったのは自然な流れでした。
韓国・北朝鮮はこの戦争においては、植民地として日本の一部だったため、戦勝国として認められず、サンフランシスコ講和会議にも招かれませんでした。朝鮮戦争中ですから、南北いずれにもそれを打開する政治力・外交力はなかったのでしょう。

この過程では、中国が日本固有の領土に侵攻したことは1度もありませんでした。日清戦争も、朝鮮が主戦場です。その後、日本は軍事力をてこに、中国固有の領土上での支配地・占領地を増やしていきました。中国の領土に駐兵し、ついには戦争をしかけて占領地域を拡大していきました。これが侵略でなければ、どういうことを侵略と呼ぶのか、と問いたいと思います。欧米列強の植民地拡大とどこが違うのでしょうか。他の人たちが悪いことをしていることは、自分がしている悪いことを免罪するものではありません。子どものときに悪いことをして叱られたとき、「xxちゃんもやってるよ」と言ったら、「お前が悪いことをしたのには変わりがないだろ!」とさらに叱られたことを思い出します。

中国に非があるとすれば、清朝が近代化に遅れをとり、その一因としては、自由化・民主化をつぶし、民衆の生活を省みなかったこと。1911~12年の辛亥革命で、清朝が倒れ、建前としては民主共和国である中華民国が成立しても、実質的には軍事独裁が続き、その状況をドラスティックに変えることができなかったこと。三民主義を掲げて政権を握った国民党も、政権掌握後は、現在の共産党政府と同じように、独裁と腐敗に沈む状況には、変わりがなかったこと。といったことでしょうか。いずれも国内的要因で、外国の侵略を正当化するのは、「いじめられた方にも原因がある」というようなものです。いじめられた方にどんな原因があったとしても、それはいじめることが悪いことだということを変えることにはならないと思います。

書くのに熱中していたら、とんでもなく長くなってしまいました。ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

時系列で、歴史をとてもわかりやすく、ご説明いただきまして、本当に、心より感謝いたします。とかく、論争になりがちな近代史を、学校教育の場で、このように理解しやすく、学べればどんなによかったことかと、思いました。大変勉強になりました、どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/06/20 15:14

No7です。


この場は某掲示板と違い、質問・回答の場ですから議論しようとは思いませんが、そのままだと誤解を招きそうなので以下の点について追記させていただきます。

まず、満州事変の前提となる「なぜ日本の軍隊が満州にいるのか」から説明します。この地は元々の持ち主である清が北京条約によりロシアに対し、その権益を正式に認めた土地であり、日本は日露戦争に勝利し、ポーツマス条約(日露講話条約)に基づきロシアから譲渡(鉄道含む)され、清国政府も了承しました。そしてこの条約で鉄道保護のため1キロ当たり15名を超えない範囲で守備隊を置く権利が認められていました。ちなみにこれで計算すると最大規模は14,419名です(もちろん日清条約でも承認)。これが関東軍の前身です。この後、日本の資本と移民が入植します(当時の朝鮮人含む)。対する張学良軍は30~40万と言われています。
その後、満州の治安は極めて改善され、産業も活発になり、この土地を求めて中国から人が殺到します。いつの時代でも、人は治安が悪く、税金が高い土地には命令されても住みません。満州の人口は辛亥革命当時1,800万であったのが、満州事変の頃には3,000万に達したとの記録があります。
ここで、「本当に中国が国を挙げて排日活動を行っていたのなら、この満州の人口増加は説明できない」ことをお考えください。要は排日運動は「満州の権益から追い出された者たちの怨念」との側面が強いのです。

「住民の農地を取り上げて・・・」との記述もありますが、全くの逆です。
当時条約で認められていた日本人に対する商工業、農業に必要な土地の商祖権も政府により「日本人に土地を商祖した者は売国奴として死刑に処する」との法律まで制定されました。さらにこうした法令が過去に遡ってまで適用されたため日本人の南満州における商祖権はまったく不可能になってしまいました。
また、中国は清朝の後継なのに「清朝がこれまで外国と結んでいた条約は無効である」と一方的に宣言し、外国に貸している土地や利権を回収する運動を始めました。これらは外交交渉ではなく一方的なものです。まさに現代中国に通ずる行動ですね。日本が不平等条約を幕府の後を継いだ明治政府が50年以上もの外交交渉や自国の成長により解消したやりかたと対象的です。
それら中国の身勝手な行動と、「満州鉄道に平行に走る鉄道は作らない」との日中間の条約に違反する平行線を敷設したこと、日本人に対する殺害事件など問題が多数発生するに及んだ結果、条例、法令を蹂躙し、日本人の生命財産を迫害し、満州住民を搾取してやまない中国側のやりたい放題に、そして現地の状況をわきまえない本国外務省の対支不干渉主義に自重を重ねてきた関東軍が在満日本人を守り抜くために起こしたものというのがごく自然な歴史観だと思います。

次に「盧溝橋事件が中国共産党の陰謀だというのは、1つの仮説であって」とありますが、これは中国の文書である中共兵士教育用「戦士政治読本」に明記されているとのことです。つまり中国共産党は「我々はうまくやった」と兵士に宣伝しようとしたのでしょうが、結果として「自白」しているのです。他の誰かが共産党に罪をなすりつけようとして言い出したことではありません。廬溝橋事件の翌日、ソ連(コミンテルン)は「あくまで局地解決を避け、日支全面衝突に導かなければならい。」と指示を出し、中国共産党は即時開戦の電報を出しています。この電報は中国各地の軍事博物館に掲示されているだけでなく、歴史教科書にも書かれているとのことです。
まぁ、例えば現在の在日アメリカ軍基地に銃弾を撃ち込んだらどうなるか、は想像つきますよね。

「全面戦争に踏み込んだことは、1つの政治判断であって」とありますが、これは間違いなく「国家の意思」です。なぜなら昔も今も「自国民保護は国家の責任」だからです。

東南アジアの件は補給ルートやアメリカの干渉などもあり長くなるので割愛します。

「欧米諸国を非難する論理にはつながっても、日本を免罪することにはなりません。日本は欧米列強と同じことをしたからです。欧米列強も悪くない、というなら話は別ですが。」とありますが(この手の発言はよく聞きます)、免罪する必要などなく欧米も含め何の責任もありません。先に書いたことの繰り返しになりますが、自国民保護は国際法上にも認められた「国の義務であり、責任である」ことから各国共に当たり前のことをしただけです。
また、アメリカを例にさせていただくと、例えばパナマでアメリカ人が殺されるような事件が起きたらアメリカはどう動くか、は簡単に想像がつくと思います。

最後に、「記録を読むと、日本軍の略奪~中略~それは革命を支えた民衆がいた、という事実を消し去るものではありません。」との記述ですが、逆に問いたいのですが、いったいどの記録をお読みになったのでしょうか?もしかしたら「中共軍は清く正しい」ことを揺るぎない大前提として論を組み立てているのではないでしょうか?
少なくとも北清事変の時の柴五郎中佐と日本軍の知性的で礼儀正しい行動が賞賛の的になりイギリス公使が「日本は信頼に足る国である」と本国に忠言した事実が日英同盟にまで影響した点、中国軍は国際的なルールを守らず正規軍でもゲリラ的行動を平気でしている点、当時中国では馬賊、匪賊の類が跋扈し、高い税、圧政に国民が苦しんでいた点、中国共産党軍もその馬賊・匪賊出身のメンバーであること、ソ連が武器の援助と共に軍官学校を作り、青年将校育成を始めたのは1921年以降であることなどを合わせると、当時の共産党軍が規律正しいなどの表記はできないと思います。当時の国民党の様子は台湾の記録に詳しいですが、まさに馬賊・匪賊の類です。同じ環境で戦っていた共産党軍が一方的にすばらしかった、などとする客観的事実はどこにあるのでしょうか?客観的に見れば単なる「プロバガンダ」であるのは明らかです。
「・・同じ党なのかということが信じられない・・」とありますが、自然に考えると、「当時は馬賊・匪賊であったのが、この頃(世界の常識からはまだ劣っているとしても)やっとまともな軍隊らしくなった」のが正解だと思いますよ。あなた、どう思います?

共産思想と革命については当初の質問の趣旨から外れますので割愛します。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

当時の中国は全く国家としての体をなしていないようですね。やはり、中国が一方的に非難するのは、かなり度が越した行為だと思います。

>自国民保護は国際法上にも認められた「国の義務であり、責任である」ことから各国共に当たり前のことをしただけです。
その当たりまえの行為が、当時の歴史的背景を考えず、現在のモラルで論じ、(感情的に)批判するのは、歴史の検証とは全く別次元の気がします。共感するところ多々ありました、勉強になりました、どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/06/20 14:48

満州事変の際にあったのは、日本軍の軍事行動だけで、満州族などによる独立運動があったわけではありません。

排日運動も、21か条の要求、日本の国策会社である南満州鉄道の利権あさりと、そのバックにあった関東軍への反発があったからです。まず、日本の侵略があったから、排日運動が起こったのであって、その逆ではありません。「五族共和」も「八紘一宇」とセットで、日本人の支配権と矛盾するものではありませんでしたし、実際には、住民の農地を取り上げて、日本人の植民団に与えることも行われました。

盧溝橋事件が中国共産党の陰謀だというのは、1つの仮説であって、証明されたものではありません。衝突のきっかけとなった最初の銃声は、どこで誰が何のために撃ったものかは諸説あって、通説は存在しません。もちろん、中国軍だった可能性もあります。たとえそうだとしても、現地で停戦が成立しているのに、軍を大量増派して、全面戦争に踏み込んだことは、1つの政治判断であって、それを正当化するものではありません。

東南アジア侵攻は、中国戦線を維持するために、石油などの必要な物資を獲得するためです。最初から東南アジアが狙いだったのなら、まず満州・中国を攻めたことの説明がつきません。少なくとも、陸軍を大量投入して占領地を拡大することは、東南アジアを攻めることを目的とするならば、軍事的に必要なことではありません。

外国を侵略したことは、むしろ欧米諸国の方が先輩です。それは、欧米諸国を非難する論理にはつながっても、日本を免罪することにはなりません。日本は欧米列強と同じことをしたからです。欧米列強も悪くない、というなら話は別ですが。
アジア・アフリカの連中は野蛮人なんだから、俺たちが植民地化して文明化してやるんだ、という欧米の考え方は、少なくとも日本人である僕には我慢できません。本当に文明化するのが目的なら、占領・支配などは必要ではありません。

記録を読むと、日本軍の略奪はすさまじいものがありました。15年戦争全体に言えることですが、日本軍は食料・物資の補給を軽視し、占領地から徴発することを基本としていました。これは、兵站を確保することに腐心した日露戦争と比べても異様です。そうであれば、苦戦すればするほど略奪は激しくなりますし、その心理状態は虐殺や強姦も生み出します。別にそれは日本軍だけではなくて、どの国の軍隊もやることですが、補給を軽視した日本軍の場合はひどかった、ということができます。日本の軍人・軍属の戦死者二百数十万人の過半は餓死だったことが明らかになっています。

抗日戦争のときの中国共産党軍は本当に紳士的でした。軍紀は厳しく、略奪は許さない。支配地域でも、住民の同意なしでの挑発はしない。捕虜は丁重に扱う。これが今中国で政権を握っている党と同じ党なのかということが信じられないくらいです。だからこそ、当時の中国民衆は日本軍と戦う中共軍を支持したのです。
毛沢東は、政権を握るといろんな公約を反故にしました。粛清のたびごとに、そういう美風を体現した党員を切り捨て、「文化大革命」では、それまで彼を支えてきた幹部たちまで迫害の対象にします。
共産主義思想をどう評価するのかは別としても、共産党政権が成立したのにはそれなりの事情があります。そして、革命政権が誤った政策をとったり、革命の初志を忘れて腐敗に陥ったり、ということも世界中によくあります。しかし、それは革命を支えた民衆がいた、という事実を消し去るものではありません。

沖縄のことわざに、「人に殴られても眠ることはできるが、人を殴って眠ることはできない」というのがあるそうです。人間としては、そういう気持ちを持っていたいものです。
侵略されたのなら、戦うこともやむをえないでしょう。それは、日本人であっても、中国人(ここでは、中国国籍の人のことをさします)であっても同じです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

>外国を侵略したことは、むしろ欧米諸国の方が先輩です。それは、欧米諸国を非難する論理にはつながっても、日本を免罪することにはなりません。

アヘン戦争をはじめ、欧米諸国も中国侵略(香港領土まで取得)したと思うのですが、なぜ、日本のみ集中的に非難されるのか、素朴に疑問を持ちました。(正当化する意味ではありません)ある学者が、同色人種だからと、おっしゃてましたが、今後、自分なりに検証したいと思います。

>抗日戦争のときの中国共産党軍は本当に紳士的でした。
あの時代に、紳士的な軍隊があったとは驚きました。勉強になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/20 14:19

まず最初に、「歴史的事実」と「各国の一方的な発言」をきちんと分けて考えてください。

発言は必ずしも事実である保証はありません。
まず、中国との間で戦前から問題とされている「満州」について書きます。
前の方も書いていますが、「清」は当時国と呼べる状態ではありませんでした。その「清」は元々「満州人(女真族)」が漢民族を征服して作った国です。知っていると思いますが、「万里の長城」は北からの侵略から国を守る国境線でした。満州は、この「万里の長城」の北に位置します。つまり満州は中国の一部ではなく、「北の蛮族の国」であり、外国だったのです。その北からの満州人の侵略により漢民族が支配され「清」という国になったのです。その「清」が西洋の列強にボロボロにされ、更に辛亥革命の後のクーデターで紫禁城を出され、「元の領土に帰ろう」としたラストエンペラーとして有名な溥儀を皇帝として日本が後見人として独立させたものが満州国です。中国のやっていることを喩えて言うと、昔、アメリカはイギリスの植民地でしたが、独立後に「イギリスも俺たちの領土だ」といっているようなものです。
満州事変もロシアの軍事的脅威と中国の排日主義のために脅かされた自国民保護として軍部が本国の許可を得ないままに起こしてしまったもので、目的はよかったが、その方法・手続きで未だに非難されている、といった側面が強いといえます。そのあたりは中国はしたたかです。
国際世論について言えば、実際にリットン調査団も「満州国政府は傀儡政府だ」としましたが、完全な侵略とはせず、日本にも特殊権益を認めています。また、満州国は23ヶ国の承認を受けています。
実際に満州国の建国以来、治安は回復し、周辺各国から(もちろん中国からも)たくさんの人々が流れ込んできます。ある意味、建国の目的を果たしたわけです(五族共和)。ちなみにこの地に日本人が植民しているのは元はと言えばアメリカが自分たちの都合で日本人を排斥したために移民として満州に向かった人たちです。
この五年後に盧溝橋での日中の衝突が起きますが、これは偶発的な事故ではなく中国共産党が日本と中国国民党を戦わせ、漁夫の利を得ようとしていたことがわかっています。
この後、共産党の作戦通りに日本軍は操られるように中国国民党との戦争に深入りしていきます。(政府は不拡散との方針でしたが)
そして、日中戦争を継続したまま、いわゆる「第二次世界大戦」まで拡大して行きます。この日中戦争からアメリカは常に中国を支持し、莫大な援助を与えています。しかし、それにもかかわらず中国の軍隊はぼろぼろで、常に負け戦でした。しかしアメリカの参戦により最終的に日本が負けると中国は「戦(いくさ)には負けたが戦勝国」といった立場になります。この時点ではあくまでも中国国民党が中国政府でした。最終的に国民党を追い出した共産党が「全てを継承した」正式な政府となります。こうして見るとわかると思いますが、共産党は日本に対して何の「勝利」もしていません。戦勝国の立場もアメリカから貰ったものです。そこで国民に自国の政府の正当性を見せるため「あること無いこと言い始める」のです。元々自国民を苦しめていたのは共産党政府ですが、それを全て日本軍の仕業、と言い張るのも一種の情報戦を仕掛ける戦略です。
ですから終戦直後には何の文句も言っていません。逆に共産党の天下になったあと、その正当性がぐらつく場面になると「我々はあの軍国主義の日本を叩きつぶした英雄だ」とアピールするのです。ですから戦後処理が終わってからの方が日本を非難するトーンも上がっていますし、(死者など)数字は勝手に増えるといったおかしな状態になります。つまり日本非難は(うまくいって日本が金を出せば儲けもの、と思いつつ)自国に向けたアピール、との色合いが強いのです。まぁ、昔の中国と今の中国は全く別な国だ、ということはご理解ください。

次に韓国ですが、はっきり言って書くのもイヤになるのですが、まるっきりの嘘だと思った方がいいです。結論から言うと、「中国が親、朝鮮は兄、日本は弟」と思っていたのが、日本に支配された歴史がある劣等感から感情的に騒いでいるだけです。
まず、前提を確認すると、朝鮮は日本とは戦争などしたことがなく、日本の一部でした。ちなみに「植民地支配」とよく言われますが、当時日本が行ったのは「併合」です。これは「対等な国と国」の関係で一つになる、といった意味です。イギリスとアイルランドの関係に近いとお考えください。
この朝鮮併合も合法的に行われましたし、当時アメリカのルーズベルト大統領も「朝鮮は日本のものだ」と発言していますし、イギリスも「我々も以前からそれを望んでいた」と言っています。また、清国、ロシア、イタリア、フランス、ドイツなどの承認もありました。
ですから、いわゆる「第二次世界大戦」中も朝鮮人は日本人として志願して戦いましたし、靖国に祀られているのもそういう訳(日本人だった)です。(中には指揮官として日本人の兵を指揮した人もいました)
次に、いわゆる「植民地支配」についてですが、この期間に人口は大幅に増え、農作物も増産、資源開発も進みました。日本は本来自国の東北地方などに投資するべき資本を「同じ日本」との考えから朝鮮に投資します。更に増産できるようになった農作物を現金収入のために日本に売ります。このため東北地方はますます貧困に苦しむことになりました。ドラマで有名な「おしん」はこの時代の物語です。
韓国では朝鮮総督府の建物を国民感情から解体してしまいましたが、それほど日本の作ったものがいやなら道路や発電所、製鉄所などインフラのほとんどをいっしょに壊すべきです。
また、よく「日本の警察に拷問にあって・・」などの話も聞くと思いますが、ほとんどの現場の巡査は朝鮮人でした。要は自分たちのやったことを日本人のせいにしているだけです。(だいたい、そんなに大量の日本人警察官がいる訳がない。今のイラクなども警察は自国民です。)
終戦時、朝鮮人はころりと態度を変え自分たちを「三国人」と名乗りました。これは「戦勝国でもなく、敗戦国でもなく、第三の国だ」というわけです。ですから石原東京都知事の「三国人」発言は差別語でもなんでもない、まっとうな呼び方です。
最後に韓国の独立について書きます。
韓国は「我々は日帝から独立を勝ち取った・・」的な記述をよく見ますが、まったくの嘘です。
終戦時、朝鮮は「それ、独立」と思ったようですが、アメリカはあくまで「日本の一部」として扱います。(当然です。)1948(昭和23年)8月13日に朝鮮総督府は南朝鮮に朝鮮建国準備委員会を設置し、「自治権」を与えます。しかし、アメリカが駐屯して、あくまで南朝鮮を「日本の一部」として扱い、「自治権」も「独立」も認めず太極旗を降ろし、星条旗を掲げます。そして3年後の昭和23年8月13日に「アメリカから独立」しました。しかし韓国政府はわざと8月15日に日本から独立した、といいはっているのが現状です。
「併合前の朝鮮は平和で健全な国で日本に植民地にされてから搾取されて大変だった」といった発言を聞きますが、「嘘」です。当時の朝鮮はちょうど現在の北朝鮮のような状態です。これらは写真も残っていますので誰でも確認できますよ。
他に「創氏改名」や「ハングルの普及」、強制連行などについても知りたいですか?「いわゆる」従軍慰安婦、独島などもありますけど。

さすがに長くなりましたのでこの辺で
    • good
    • 9
この回答へのお礼

>「歴史的事実」と「各国の一方的な発言」をきちんと分けて考えてください。発言は必ずしも事実である保証はありません。

一連のお答えを、拝見いたしました。
「勝てば官軍」とでもいいましょうか、中国も韓国も(韓国は勝ってませんが)、本来「歴史的事実」を検証するという、ことの本質からずれて、日本批判している(政治利用)感じをうけました。また、我ら日本人も、「各国の一方的な発言」のみを聞いて、右往左往するのではなく、お答え頂いたように、伝えるべきことは堂々と主張することがとても大切な気がしました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/06/20 14:01

中国に非が無いという説の方がおられますが、そもそもこの当時の中国って、どの国のことでしょうか!?


いみじくみ言われたとおり、清は腐敗しきって列強各国の食い物にされました。そのため、当時の日本が危機感を持ったのは当然で、欧米列強のようにエゴとしての権益だけではなく、自国防備の意味もありました。また、大国が中国やアジアアフリカなどで権益を求めるのは、当時の世界常識では特に問題のあることではありません。○○ちゃんがやってたんだから…というのは、当時としては常識であり、今の常識で「子供と一緒」と言うのは、おかしいと思います。歴史を今の常識で評価するのは間違いです。
さて、清が崩壊した後は、国と言っていいような国家の実効支配はされておらず、国民党も共産党も、自己集団の権益のみを追求する匪賊のでかい集団くらいのものです。
一番迷惑をしたのは中国エリアの住民で、列強各国だけでなく、国民党や共産党、匪賊や馬賊からも迫害、略奪をされています。
従って「善良な中国国家と国民」を日本だけが侵略したという歴史認識は、あまりにも一方的で、もっと全体を俯瞰して、日本を含む列強各国、今の共産党、国民党、全てが正しい史実を解明し、各自が反省すべきことなのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>「善良な中国国家と国民」を日本だけが侵略したという歴史認識は、あまりにも一方的で、もっと全体を俯瞰して、日本を含む列強各国、今の共産党、国民党、全てが正しい史実を解明し、各自が反省すべきことなのです。

一方に偏らず、客観的な、歴史に対する検証が一番大事なことですね。共感いたします、どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/06/20 13:37

中国が勝ったからこそ被害者だと大手を振って言っているわけでそこはもんだいではないと思います。


日本は中国というよりその下に広がるインド・インドシナ半島が目的であったわけで中国はその寄り道程度だったものなのでしょう。それが便衣兵や共産・国民党の共闘などがあり手間取り結果的に泥沼化して侵略という感じのものになってしまったようですから日本は手続き上は中国に関しては奇襲ということになるのだと思います。
当時の国際世論は完璧にアンチ日本であったわけですが現在はそうとう中国の情報のメッキが剥がれ落ちてきていますから微妙ですね。
中国には戦争前にはほとんど非はなかったでしょうね問題は戦後ですから。まぁあるとすれば蒋介石が日本軍と手を結び通り道を作ってやろうとしたのを危機とみた毛沢東が蒋介石を誘拐して脅し無意味な争いを長引かせてしまったことでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>蒋介石が日本軍と手を結び通り道を作ってやろうとしたのを危機とみた毛沢東が蒋介石を誘拐して脅し無意味な争いを長引かせてしまったことでしょうね。

この事実をはじめて知りました。勉強になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/20 13:26

当時の支那は主権国家といえる政権がありませんでしたから、侵略は成立しません。



当時、第2次国共合作により、国府軍と共産軍が共闘していました。ただ中華民国にしても親日的な王兆銘政権もありましたから事態は複雑です。

日華事変の最中、大東亜戦争が開始され、国府軍は中立では支援を受けられないので、日本に対し宣戦布告しました。

戦闘では、日本に対し最期まで負け戦でしたが、連合国に加わっていたので勝利にありつけました。

支那の各勢力同士も侵略を互いに遣り合っていたのですから、一つの当事者に過ぎません。

確かに香港とか欧米列強の租界に対しては侵略といえるかもしれません。

この回答への補足

>戦闘では、日本に対し最期まで負け戦でしたが、連合国に加わっていたので勝利にありつけました。
 中国が戦勝国という理由がやっと、理解できました。どうもありがとうございました。

補足日時:2005/06/20 13:13
    • good
    • 0

大まかな流れを書きます。


アヘン戦争(英清戦争)⇒アロー号事件(講和の労をとったとしてロシアに沿海州を割譲)⇒太平天国の乱⇒明治維新⇒韓国(当時は李氏朝鮮)開国⇒日清戦争⇒義和団の乱(北清事変)⇒日露戦争⇒日韓併合辛亥革命⇒中華民国成立⇒蒋介石クーデターにより実権掌握⇒中国共産党発足⇒国共内戦⇒日中戦争⇒国共合作⇒日本終戦⇒
第二次内戦⇒蒋介石、台湾に逃れる。⇒中華人民共和国成立。とまあこんな流れです。
他に書いていないことですが、ロシア帝国による対馬占領事件があり、沿海州まで領有したロシア帝国に対し、日本は警戒心を持っていた。
満州そして朝鮮半島へと勢力を伸ばしつつあったロシアに対抗し、朝鮮半島に対する働きかけを始めた。
そのことが清を刺激し、清は自分より劣ると思っていた日本が朝鮮に働きかけるのを防ぐため、日清戦争となった。
日清戦争後、三国干渉に代表されるようにロシア側の満州・朝鮮半島への働きかけが露骨になってきたため、これに警戒心を抱くイギリス等の支援を受けた日本が、ロシアと戦ったのが日露戦争。
その後、日本に支援を受けた孫文が辛亥革命を起こし、蒋介石のクーデターにあい、となりますが、長くなりすぎるので省略。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明治以降のわが国を含む国際情勢が、めまぐるしく変化し、一連の流れの中で、多様な戦争が起きていたことを、よく理解できました。歴史は断片的に見ずに、広い視点で検証するのが大切に感じることができました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/06/20 12:57

・〉第2次世界大戦中、日本は米国に、国際法にのっとり、宣戦布告し(連絡ミスがあったようですが)


おっしゃっているのが「ハル・ノート」に対する回答のことなら宣戦布告ではありません。
東京の米・英大使館に宣戦布告書をもっていったのは、12月8日正午頃ですから。

・〉日本は、韓国・中国とは当時の国際法上、戦争していないはずだと思うのですが
そうすると、フォークランド戦争も、イラクによるクェート侵略に端を発する湾岸戦争も、米国によるイラク侵攻も、「戦争」ではないと?
実質的に「戦争」なのに「事変」と言わなければならなかった、というところがポイントです。
いわゆる不戦条約(「戦争放棄に関する条約」)に反するので、戦争とは言えず「事変」と言いつくろったのですね。
「宣戦布告して戦争を起こす」こと自体が違法ですから。(中国や米国は攻められた側なので合法)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「宣戦布告して戦争を起こす」こと自体が違法ですから。(中国や米国は攻められた側なので合法)

宣戦布告して戦争を起こすのが、違法な行為だとはじめて知りました。勉強になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/20 12:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学生でもわかる第二次世界大戦の流れ

小学生と、知的障害がある中学生に第二次世界大戦のことについて
説明してほしいと頼まれましたが、しゃべった内容が難しかったのか
ぽかーんとされてしまいました。自分が完ぺきに理解しているというわけでもないので
説明しながら自分でもわからなくなってしまいました。

そこで、子どもにも簡単に説明できるような第二次世界大戦の
開戦きのっかけ、流れ、終戦、状況などをとても簡単に教えてください。
お願いします。
一時間以内で話せたらいいかなあと思っています。

Aベストアンサー

 こういうのでどうでしょうか?

(1) 世界は3つのグループがあった。
 A)アメリカやイギリスなどお金持ちの強い国。
  Cグループの弱い国を支配していた。

 B)日本・ドイツなど貧しくて強くなりたかった国。
  AグループからCの国を奪おうとして戦争を起こした。

 C)AグループやBグループに支配されていじめられて
  いたので支配から逃れようと運動をおこしていた。

(2) 開戦

 ・日本は朝鮮や台湾・中国の北部を支配していた。
  中国全部を支配しようと戦争を始めていたが、アメリカ
  やイギリスが邪魔をしたのでそれら強国との大戦争に
  なった。
 ・ドイツも同じく周りの国々を軍隊の力で支配し、
  アメリカやイギリスと大戦争になった。
 ・強国に支配されていた国々は日本やドイツのやりかた
  が酷かったので日本やドイツと戦いを始めた。

(3) 流れ

 ・日本とドイツの戦争のしかたは奇襲といって相手が
  油断しているときに突然襲う戦い。だから初めは
  勝つけれど、より強いAグループが本気を出すと
  日本・ドイツは負けていく。そして支配の仕方が
  酷いので支配された国の人から恨みをかい日本と
  ドイツは大敗する。

(4) 終戦
 ・負けることがわかっても日本だけ戦いつづけた。
  理由は天皇を守るためということだった。
  戦いが続く中、アメリカは原爆という大きな爆弾を
  日本の広島と長崎に落として日本は降参した。

(5) 状況

 ・この大戦争は初めは強国どうしのよその国を奪い合う
  喧嘩だった。けれど日本やドイツが少人数の偉い人の
  命令をみんなは文句を言わず聞け、一人一人の事より
  国=偉い人のほうが大事なんだという考え方と、一人
  一人の事を大切にする考え方に賛成する国々との戦い
  となり、最後は日本と80の国々との戦いとなった。

 ごめんなさい。やはり難しいですね。でもこれを下敷きに

もっとお話し的に変えたらどうでしょう?

 

 こういうのでどうでしょうか?

(1) 世界は3つのグループがあった。
 A)アメリカやイギリスなどお金持ちの強い国。
  Cグループの弱い国を支配していた。

 B)日本・ドイツなど貧しくて強くなりたかった国。
  AグループからCの国を奪おうとして戦争を起こした。

 C)AグループやBグループに支配されていじめられて
  いたので支配から逃れようと運動をおこしていた。

(2) 開戦

 ・日本は朝鮮や台湾・中国の北部を支配していた。
  中国全部を支配しようと戦争を始めていたが、アメ...続きを読む

Qなぜ日本は第二次世界対戦に参戦したのか。

一応検索したのですが見つからなかったので質問させていただきます。
どうか教えてください。

タイトルの通り、なぜ日本は第二次世界対戦に参戦したのでしょうか。
その背景には五・一五事件や二・二六事件も関係していると聞いたことがあるのですが、どういうことでしょうか。
そもそも、日本は第一次世界大戦に参戦し、戦争はたくさんの人の命を奪うということが分かったはずなのに、どうして戦争を止められなかったのでしょうか。
レベルの低い質問で申し訳ございません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 歴史の流れによるものです。

 鎖国からの開国時、アジアの極東の一島国でその他大勢の国の一つであった日本は、日清・日露・韓国併合・第一次世界大戦と軍事・外交的成功を収め、欧米から列強の一つとして認められるまでになりました。

 ただ、列強トップのイギリス・アメリカとは大きく水をあけられており、イタリアやロシア革命の混乱を脱しはじめたソ連、第一次大戦の敗戦国ドイツなどと同列でした。

 しかし、多くの列強が国境を接ししのぎを削りあっているヨーロッパ・アメリカから最も遠い極東アジアには、列強の利権が最後まで未確定であった中国がありました。
 衰退した清朝の倒れた後の中国は、軍閥が群雄割拠する政治的に混乱した社会があり、中国と隣り合う日本はもっとも有利な地理的位置におり、中国の利権を手に入れれば一躍、アメリカ・イギリス(広大な植民地の中でも、インドという人口の多いアジアの重要地域を手に入れたことが、イギリスの繁栄の原動力でした。)と並ぶ列強トップになれるように見えました。

 第一次世界大戦の破壊からヨーロッパが回復するにつれ、世界の列強間の経済戦争が激化し、お互いの勢力圏から他国を締め出すブロック経済が進展、利権の確定していない中国が各国の経済戦争の主戦場となりました。
 
 経済戦争だけでは、国力のあるアメリカ・イギリスに勝てない日本は、その地の利を生かして軍事的に中国の利権を確保すればよいという考えが、軍内部に生まれました。

 皇道派(現場指揮官が多く、天皇に対する忠誠心など精神論を信奉。)と統制派(陸軍大学卒業者の参謀などが多く、論理を重視。)に分かれていた軍内部は、五・一五事件や二・二六事件によって、統制派がコントロールするようになり、暴力機関である軍の力を恐れた文官・政治家が増えたこともあり、軍内部で独自の政治的意図を持って行動する素地が生まれます。

 この時点で日本の選択肢は、日本がアメリカの覇権を認めるか(第二次大戦後、現在も続いている状況です。)、日本がアメリカと並び立つかという選択になりました。(当時、あめりかのGDPは日本の10倍と言われていました。)そして日本は日本がアメリカと並び立つ可能性にかけたわけです。
(ですから、日本とアメリカの間の戦争は侵略戦争ではありません。)

 日本がアメリカと並び立つには、その経済力の差を少しでも埋めなければなりませんが、その可能性は列強の権益の確定していない中国にしかありません。
 まともに正面から経済戦争をしたのでは、アメリカに勝てません。そこで軍事占領による市場・資源の確保を目指したのです。
(ですから、中国に対しては侵略戦争となります。)

 アメリカに対抗する以上、満州事変から日華事変(=支那事変・日中戦争)太平洋戦争と続くこととなりました。
 
<<個別エピソード>>
・満州事変と支那事変の開始
 戦前の日本の政治システムにおいては、日本軍は皇軍=天皇の軍隊として存在しており、内閣と軍(陸軍=参謀本部、海軍=海軍軍令部)は、天皇のもとで並立する立場でした。
 明治時代においては、明治維新の重鎮(政治家だが、明治維新では軍指揮官としても活動。)が生存しており、内閣・軍双方に対して強い影響力を持っており、天皇を補佐する枢密院のメンバーとして内閣と軍をコントロールし、日本の政治力の根源となっていました。
 昭和になると、この枢密院に軍・行政双方に強い力を持つ人物がいなくなり(政治体制が確立して年数がたったため、軍・行政いずれかの出身者となり、どちらにも強い発言力を持つ人物がいなくなったのです。)、軍事・行政を統括した視点で政治力を発揮出来なくなったのです。

 そのような状況の中で、政府・参謀本部ともに「満州では、極力事を構えない。」方針であった(=満州の軍閥、張学良の兵力は、日本軍の10倍あるといわれていた。)のに、満州派遣日本軍(=関東軍)の参謀であった石原莞爾・板垣征四郎が、この方針を無視して軍事行動を起こし、張学良軍を電撃作戦で圧倒、軍事作戦としては大成功をおさめました。参謀本部・日本政府ともに関東軍の軍事行動を追認し、満州国建国に至ったのです。ここまでは、石原莞爾の戦略通りの展開となったのです。

 その結果、石原は陸軍同期の中で最も早く大佐となり、陸軍内部で「軍参謀は中央の方針に反しても、作戦で戦果を挙げれば、出世する。」という認識が生まれることとなりました。

 石原莞爾は、満州を取って「日本・朝鮮・台湾・満州を日本の経済圏として開発することに専念すれば、アメリカに対抗できる。」との見方を持っており、そのための戦略は、『満州を勢力下に置いた後は、他国との軍事衝突は外交力を総動員して回避し、軍事費を抑え経済開発に専念する』というものでした。

ところが・・・・
Wikipedia抜粋 
 石原莞爾は、1937年の日中戦争開始時には参謀本部作戦部長となり、内蒙古での戦線拡大に作戦本部長として、中央の統制に服するよう説得に出かけたが、かえって現地参謀であった武藤章に「石原閣下が満州事変当時にされた行動を見習っている」と嘲笑される。戦線が泥沼化することを予見して不拡大方針を唱えたが、当時関東軍司令長官東條英機ら陸軍中枢と対立し、1937年9月には参謀本部から関東軍に左遷された。

 日中戦争を開始した中国派遣軍参謀を評して、石原は「鵜の真似をする烏」と言ったらしいが、過去の自分の行動が影響を与え、石原の戦略は崩壊することとなって行きます。

<<日米開戦>> 
 開戦直前に昭和天皇は「本当にアメリカと戦争して大丈夫か」とかなりしつこく聞いています。御前会議(天皇出席の会議)で昭和天皇は「発言する」と言い出して周囲を慌てさせています。当時、既に御前会議は形骸化していて「陛下、このようになります」という申し出に天皇がケチをつけるというのはありえないこととなっていたのです。会議において天皇自らが発言すること自体が異例となっていたのです。
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3146246.html

 歴史の流れによるものです。

 鎖国からの開国時、アジアの極東の一島国でその他大勢の国の一つであった日本は、日清・日露・韓国併合・第一次世界大戦と軍事・外交的成功を収め、欧米から列強の一つとして認められるまでになりました。

 ただ、列強トップのイギリス・アメリカとは大きく水をあけられており、イタリアやロシア革命の混乱を脱しはじめたソ連、第一次大戦の敗戦国ドイツなどと同列でした。

 しかし、多くの列強が国境を接ししのぎを削りあっているヨーロッパ・アメリカから最も遠い極...続きを読む

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む

Q第二次世界大戦の韓国の立場は・・・

ずっと前から、
慰安婦の問題、戦争責任の問題、韓国は日本に侵略された・・・
という誤った認識から、何時までも韓国は日本に責任を要求してきています。
(もともと、裕福な人間は恵んで当たり前という考えが兩班にはありますから思考が違うとは思います)

ちょっと考えると
何時から、韓国は侵略されたことになったのだろうか・・・
NET情報によるとルーズベルト大統領が何かの会談で韓国は日本に侵略された・・様な発言を強行した事で現在があるとの内容を読んだことがあります。
(これが事実なら、・・・東京裁判まで話が及ぶかもしれない・・・都合で物事が決められたという点で)

そもそも、韓国は国として立ち行かなくなったので、日本に併合して欲しいと頼み込んだのではないのか
頼まれた日本は良せばいいのに、日本と同様な開発を試みて多額の投資をする事になった。

と言う様なところが明確にならないと、
コリアンは侵略された、日本は頼まれて併合した
と論点がかみ合わない状況でいつまでもいがみ合いが収まらない

この辺を整理して頂ける方はいないでしょうか?

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。韓国が戦勝国気取りでいて、戦後賠償を免れたことの説明が足りなかったとのことですね。

大胆に言いますが、朝鮮半島における正当な政権は北朝鮮の方です。
北朝鮮の金日成はいち早く国をまとめ、まだ統一がなされていない南朝鮮に乗り込み国家統一をはかります。寸前のところまでいきましたが、社会主義国家が朝鮮半島に樹立されるのを嫌ったアメリカが介入して朝鮮半島を分断国家にしてしまいました。
この時、南朝鮮には色々な勢力がありました。そもそも南朝鮮は、百済、任那、新羅といった昔ながらの国々が共存した社会なので高句麗の領土を継承した北朝鮮とは民族意識が違い、はじめから分裂国家でした。一致団結した北朝鮮に叶うはずがなく南朝鮮は北朝鮮に制服されていきます。
南朝鮮が分裂国家だという証拠は今でも明確に証明できます。例えば、大統領選挙ですがソウルで一位をとった大統領候補が光州では最下位になったりしていて大統領は総数で当選を果たしただけで地域によっては信任されていない状況で毎回、大統領が誕生します。
それらの大統領の一番の責務は国民を一枚岩にし北朝鮮に負けない団結力を築くことです。
その中で一番有効な政策が反日運動です。なんせ李初代大統領が親日家を国賊扱いしてからと言うもの親日活動が叶わず、反日は朝鮮民族の民族意識高揚に何役もかう人気どりの最も有効な手段なのです。歴史教育自体を韓国の都合よいように捏造して日本を悪者におきその捏造歴史に異論を唱えても認めることはなく感情的に言い張りを続けるだけなのです。
さて、前置きが長くなりましたが、なぜ?韓国は戦勝国気取りが出来るのか?それはアメリカが朝鮮半島に社会主義国家が成立されるのを嫌って李派に政権を委ね、急いで政権樹立をしたことにアメリカ及び西側諸国の
落ち度があります。
韓国はけつをまくって
「言うこと聞かないなら北朝鮮と併合して共産主義国家になっちゃうぞ」と脅せば、西側諸国は
韓国のご機嫌伺いに走りざるを得ないのです。
日本が戦後賠償の変わりに経済協力金を負担したのも朝鮮半島に共産主義国家が出来てしまうのをおそれて韓国を発展させて韓国国民に西側陣営に残るように働きかける必要があったためだし、
韓国が国際社会において自由奔放に筋の通らないことでも強引に認めさせようとするのは、いつでも西側陣営から離れるつもりがあるんだよと見せかけて西側陣営からの圧力を避けているのです。西側陣営は韓国の要求なら、経済協力もオリンピックボクシングやサッカーワールドカップ誘致も冬季オリンピック誘致も優遇します。また、韓国は中華人民共和国に寄り添っては西側陣営に
もっと金を出せ 出さなきゃ社会主義国家になっちゃうぞと言う部分を
暗示するわけです。
その金を出す標的は反日運動の日本が一番都合がよいわけだから
日本は韓国のIMFの保証人になったり、韓国経済発展のために努力せざるを得ない環境なわけです。韓国は国連の事務総長もつとめますし、アメリカは反日が反米に変わると社会主義国家への移行が現実味を帯びてくるので、慰安婦問題と言う韓国の言いがかりについても日本に同意する立場でなく韓国に同調する立場をとり、南朝鮮の西側諸国体制を守るわけです。こうなると韓国は、告げ口で充分なわけです。西側諸国も本質的な真偽は承知していても日本に肩入れが出来なくなるのです。そういった流れで
わがまま国家韓国を世界が作ってしまうのです。もはや、韓国には自浄作用は期待できません。反日で国家統一をはかり
西側諸国に残る理由と
しているのですから
親日家が糾弾される社会であり西側諸国も韓国に意見出来ないとならば
反日活動はやめることはありません。しかしながら、昨今の日本の嫌韓運動は韓国にとっても困ったことになりました。韓国国民の中で歴史認識を改める国民も出てきました。そして韓国がデタラメ国家であることが国民に知れ、国家統一の武器である反日活動に疑問が投げかけられては、今までの韓国の政策が根底から揺るぎかねないので
韓国政府は、日本に正しい歴史認識(韓国が捏造した歴史を認めよ)を迫り、反日活動の象徴である竹島と慰安婦問題を
しきりと訴えて自己保身に走るのです。韓国は
もはや、社会主義国家に移行することにメリットがないほど近代国家になってしまったので、昔ながらの「言うこと聞かないと社会主義国家になっちゃうぞ」が通用せず
ばけの皮が剥がれてきているので益々反日活動を強化することで凌ごうとしているのです。

お礼ありがとうございます。韓国が戦勝国気取りでいて、戦後賠償を免れたことの説明が足りなかったとのことですね。

大胆に言いますが、朝鮮半島における正当な政権は北朝鮮の方です。
北朝鮮の金日成はいち早く国をまとめ、まだ統一がなされていない南朝鮮に乗り込み国家統一をはかります。寸前のところまでいきましたが、社会主義国家が朝鮮半島に樹立されるのを嫌ったアメリカが介入して朝鮮半島を分断国家にしてしまいました。
この時、南朝鮮には色々な勢力がありました。そもそも南朝鮮は、百済、任那...続きを読む

Q中華人民共和国と中華民国は全く違う国ですか?

1.台湾は国の名前ではなく中華民国の県みたいなものですか?
2.中華人民共和国と中華民国は全く違う国ですか?
3.台湾と今の中国(中華人民共和国)は全く別の国ですか?

Aベストアンサー

>「中華民国を国として認めている国にとっては違う国になりますし、国と認めていない国にとっては、同じ国の1地域になります」ということはいまでもはっきりせずもめている状態ということですか?

 そのとおりです。先日も、元中華民国(台湾)の総統の来日を認めるかどうかで、日本と中華人民共和国でひと悶着在りましたね。

>そして世界の多くの国(日本を含め)は台湾は中国の一部だと認識しているということでしょうか?

 そのとおりです。ですから、国際的なスポーツ大会では中華民国ではなく「チャイニーズ・タイペイ」という折衷案みたいな国名で参加しています。

>パスポートは中国とは違うものになるのですよね?

 はい、違います。

Q台湾は中国なの?

 率直に聞きますが、台湾は中国なんですか。 国際的に台湾は中国であると認めているんでしょうか。 ていうかそもそも台湾て国なんですか?国じゃないんですか? 台湾が中国なら、なんで台湾生まれの人は中国出身ではなくて台湾出身というのですか?
 
 非常にばかな質問かも知れませんが、誰に聞いてもあいまいな答えしか返ってこないのでよくわかりません。 はっきりとした答えをききたいです。 台湾の人は台湾を中国の一部だとは思ってないとか、ききますが実際はどうなんですか。 ていうか逆? 中国が認めてないの? 誰か分かりやすく説明してほしいです。 
 
 ちなみにこの疑問が生まれたのは、F4という台湾のアイドルグループが流行っていることを「華流」というのをきいたからです。 華は中華人民共和国の華ですよね? 

Aベストアンサー

他の方も言っておられますが、日本政府の立場を一言で言えば「台湾は中国の一部」となっています。これは日本だけではなく、中国と正式な国交を持っている全ての国がそうだったかと思います。逆に、中国と国交を持っていない国が台湾を独立国として認めています(世界中で二十~三十くらい)

ですが、実質的に現在の台湾は独立国のようなものです。独自の政体・軍隊・法体系をもっており、中国とは対立しています。また、2020年のオリンピック開催国に立候補もする話があるようです。

> 台湾の人は台湾を中国の一部だとは思ってないとか、ききますが実際はどうなんですか。

これは微妙な問題です。台湾人もこの問題に関しては一枚岩ではないからです。

現在の台湾の政権は「対中国・親日・親米」ですが、野党の中には「親中国・反日・反米」をスローガンとしている者もおり、またその意見も台湾の人たちの一定の支持を得ています。

極端な人たちの中には、すぐにでも中国と統一すべき、という意見もあります。
しかし、逆に「いや、中国は他国だ。戦争をしてでも我々は独立国家となるべきだ」という意見もあります。
まあ、こういう多様な意見が出る事自体、台湾は一党独裁・言論弾圧の中国とは一線を画した民主主義国家と言えます。

中国にとって、台湾は魅力的な土地ですから是が非でも欲しがります。ここが手に入れば、台湾島を軍事基地化して日本・米国・東南アジア諸国にかなりの圧力を加えられますから。

だから、日本は台湾が中国の一部とは認めていますが、米国との会談などで中国への台湾への圧力を問題視したりしています。米国もこれに同調しています。

本気で軍事力を行使された場合、日米両国は台湾側に付く可能性も否定できないなど、この地域は本当に紛争地帯の様相を呈しています。

他の方も言っておられますが、日本政府の立場を一言で言えば「台湾は中国の一部」となっています。これは日本だけではなく、中国と正式な国交を持っている全ての国がそうだったかと思います。逆に、中国と国交を持っていない国が台湾を独立国として認めています(世界中で二十~三十くらい)

ですが、実質的に現在の台湾は独立国のようなものです。独自の政体・軍隊・法体系をもっており、中国とは対立しています。また、2020年のオリンピック開催国に立候補もする話があるようです。

> 台湾の人は台湾を中...続きを読む

Q中国共産党が国民党に勝利した要因は?

第二次世界大戦終了後、中国では毛沢東率いる共産党と
蒋介石率いる国民党とが内戦をしていたそうです。
どうして共産党が勝利することができたのでしょうか?
貧弱な兵器しかない印象がありますが。
また、ソ連が一時支配していた旧満州地域はどうやって折り合いをつけたのでしょうか?
ソ連が引き下がったのが不思議です。
一悶着なかったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>第二次世界大戦終了後、中国では毛沢東率いる共産党と蒋介石率いる国民党とが内戦をしていたそうです。

正確には、日中戦争以前から内戦がありました。
日中戦争・第二次世界大戦中は、国民党・共産党は「抗日」目的のため停戦していたのです。大同小異・呉越同舟です。
この戦時下、国民党・共産党軍が作成した「抗日プロパガンダ写真」(TIME雑誌等の写真を歪曲修整し、反日意識を高めた)が、現在の抗日資料館に展示している写真です。
(実物写真と歪曲写真を比べると、興味深いですよ)
日本敗戦後、停戦状態が終わり再び内戦になりました。

>どうして共産党が勝利することができたのでしょうか?

先ず、国民の大多数を占める農民・労働者の支持を得る事が出来なかった事でしよう。
中国歴代王朝も、彼らの支持が無くなると滅亡しています。
(歴代王朝滅亡から新王朝樹立間に、各時代1000万人前後が犠牲になっています)
それと、解放軍(八路軍)兵士に農民出身者が多く「思想統一を行った」事です。
貴族・資本家・地主などから搾取された彼らは、共産思想に夢を見た訳ですね。
今までの辛酸を「仕返し」の力と変えたのでしよう。
反対に、自由主義者(有識者)は、「反革命」の下に大量虐殺を行っています。
旧満州国の首都・新京では「八路軍が30万人住民全員を殺害」していますよ。(当時のアメリカの新聞記事及び生存者談)
(現中国の教科書には「無血入城」となっていますが)
「思想的に一致団結した一枚岩の軍隊」と「自由な思想・意見を持った軍隊」では、戦う前に結果が見えてます。
それと、経済的な強烈なインフレでしよう。
戦費調達で、大量に紙幣を発行したので「紙幣は紙屑」になったのです。

>貧弱な兵器しかない印象がありますが。

八路軍は、ゲリラ戦が得意なんです。
ゲリラ戦には、近代兵器は必要ありません。
また、人海戦術が可能でした。
ベトナム解放戦線(ベトコン)もゲリラ戦が得意で、米国・韓国軍を破って(ベトナム戦争に)勝利しましとよね。
※ベトナム人従軍慰安婦と韓国軍人との混血児が、約15000人存在しています(ベトナム政府調査)。
※韓国政府は認めていないので、金大中・ノムヒョンがベトナムを訪問した時に謝罪・賠償を拒否しました。

>ソ連が一時支配していた旧満州地域はどうやって折り合いをつけたのでしょうか?ソ連が引き下がったのが不思議です。

旧満州地区(中国東北部)は、もともと清王朝の領土でした。
ソ連としては、分捕った領土を渡す気持ちは一切ありませんでしたが、米ソ対立の下で中国共産党と争いを避けたかったようです。
同じ共産党政権同士、アメリカに対抗する必要があったのです。

>第二次世界大戦終了後、中国では毛沢東率いる共産党と蒋介石率いる国民党とが内戦をしていたそうです。

正確には、日中戦争以前から内戦がありました。
日中戦争・第二次世界大戦中は、国民党・共産党は「抗日」目的のため停戦していたのです。大同小異・呉越同舟です。
この戦時下、国民党・共産党軍が作成した「抗日プロパガンダ写真」(TIME雑誌等の写真を歪曲修整し、反日意識を高めた)が、現在の抗日資料館に展示している写真です。
(実物写真と歪曲写真を比べると、興味深いですよ)
日本敗...続きを読む

Q第2次世界大戦とその後の日米の良好な関係

日本はアメリカと戦争をして原爆も落とされた事があるのに、戦後の日本とアメリカはなぜ良好な関係が続いているのですか?

Aベストアンサー

現在の日本国憲法を作らせたのがGHQだからです。
つまり日本を生まれ変わらせたのはアメリカということ。

私はあえて子供向けに極論を言いましょう。
子供にもわかり易く極めて簡単に言えば、
アメリカに「もう武器を捨てろ。武装なんかしなくても今度からアメリカが日本を守ってやるから。そのかわりアメリカが困った時は協力してくれよな。今日からアメリカと日本は兄弟だ。」と言われたようなもんです。

日本のメリット
●アメリカには日本を再生させる力がある。
●アメリカの高い文化や経済や科学を取り入れ日本の急成長が可能。
●弱体化した国は世界最強のアメリカ軍が守ってくれる。

アメリカのメリット
●日本は歴史的にも文化的にも潰しには惜しい国だった。
●軍隊のアジア拠点が欲しかった。
●経済的にもアジアに頭の良いビジネスパートナーがほしかった。
●潰せば反感を買うが、生かせば恩を売れる。

事実、日本は敗戦国なのにもかかわらず、かなり優遇され短期間で戦勝国と肩を並べています。もちろん経済成長は日本独自の努力のたまものですが、惨敗した国がここまで各国からイジメられずに成長できたのはアメリカの舎弟になったおかげでもあります。しかし、子分ではなく兄弟分なので兄貴に物言いもしますし、筋が通れば頭を下げさすこともできますが、基本的には大恩人である「アメリカ兄さん」を立てないといけません。
最初は抵抗もあったでしょうが、アメリカという国を知れば知るほど
日本は仲良くならない理由は見当たらないのです。

現在の日本国憲法を作らせたのがGHQだからです。
つまり日本を生まれ変わらせたのはアメリカということ。

私はあえて子供向けに極論を言いましょう。
子供にもわかり易く極めて簡単に言えば、
アメリカに「もう武器を捨てろ。武装なんかしなくても今度からアメリカが日本を守ってやるから。そのかわりアメリカが困った時は協力してくれよな。今日からアメリカと日本は兄弟だ。」と言われたようなもんです。

日本のメリット
●アメリカには日本を再生させる力がある。
●アメリカの高い文化や経済や科学を...続きを読む

Q第2次世界大戦のソ連の戦死者が多い理由は?

先日、池上彰さんのテレビ番組で「第2次世界大戦のソ連の戦死者は2000万人を超えている」「その恐怖からスターリンは、隣国を共産国にした」ということを知りました。

日本の太平洋戦争での戦死者は300万人くらいと聞いてますが、日本の戦死者と単純に比較できるのかどうかわからないのですが、日本の7倍の戦死者の数には、とても驚きました。

第2次世界大戦のソ連の戦死者が多い理由をお教えいただけましたら助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まあ、漫談です。

ソヴィエト軍はバルバロッサ作戦当初にその主体が壊滅したので、1941年のタイフーン作戦を乗り切って以降の部隊が、みな新兵、という特徴がありました。
また旧式の機械装備も壊滅したので、結果的に機械装備が新式のものにいれかわりました。
T-34は名高い戦車ですが、他につかえる戦車が当初はなくなってしまっていたから使った、というのが実態です。
最新装備と新兵がまぜこぜになった軍隊が、モスクワ正面の戦いを乗り切った、1942年当初のソ連軍でありました。

もちろん精鋭であり戦略予備といえるシベリアの部隊はありましたが、ノモンハンのときに日本の帝国陸軍と正面衝突を初めてして大損害をうけた経験から、軽々しく欧州戦線に移動させるつもりに、ソ連軍指導部はなれなかったのです。
そのノモンハンのソ連軍総司令官が、スターリン直々に任じられたジューコフでした。

ジューコフは、

1 ソ連軍は弱い

2 だから勝つためには、敵より多くの兵器と兵士を前線に惜しみなく投入し、その重みで押しつぶすしかない

3 だから、兵士も戦車も大砲も、とにかく数をあつめる

ということを、理解していたので、必要なだけの兵力を敵がつぶれるまで投入しました。当然ながら自分より強い相手を数でつぶすのですから、犠牲はふえます。
さらに、この考えをスターリンも支持したので、党、治安組織、軍事思考、動員体制、といったソ連という国家の戦争体制そのものが、勝てるまで人命も装備も前線に突っ込むように構築され、上から下まで人命軽視というより、人命より目的達成、のドクトリンが徹底しました。目的達成が勝利なら、なおよし、です。

そのような体制のもとで運用されたソ連軍の基本的ドクトリンは、

最低でも幅50kmの線に分厚く、最低でも敵の3倍、普通なら5倍、理想は7倍の二陣の部隊を結集させ、

まず砲撃と航空攻撃だけで相手の6割に損害をあたえ、

そして第一陣が弱った敵に突っ込みその第一陣が自分の損害を省みず敵をなぐるだけなぐったら、

味方第一陣の残骸を乗り越えて無傷の第二陣が第一陣と戦ってボロボロになった敵を蹂躙する、というものでした。

装備は更新されたし、戦車・武器も疎開した工場と米英のレンドリースでそろえてはいるが、兵士の教育が低い軍隊にむずかしいことはあまりできません。字の読めない兵士が珍しくないどころか、ロシア語がわからない兵士も珍しくありません。
なので、時には下級将校は選挙で選び出され、そのような将校には反抗するものを軍法会議抜きで「処分」する権利はあたえられました。戦争をしている国家と党に異を唱える者はいらない世界です。
また、女性が前線で銃をとったり、戦車兵をやったり、戦闘機・爆撃機パイロットをしたりしたのも、ソ連軍だけでした。

この残酷な単純化となりふりかまわなさが、精鋭のドイツ軍相手に血を流しつつも、ソ連軍を勝たせたのです。

まあ、漫談です。

ソヴィエト軍はバルバロッサ作戦当初にその主体が壊滅したので、1941年のタイフーン作戦を乗り切って以降の部隊が、みな新兵、という特徴がありました。
また旧式の機械装備も壊滅したので、結果的に機械装備が新式のものにいれかわりました。
T-34は名高い戦車ですが、他につかえる戦車が当初はなくなってしまっていたから使った、というのが実態です。
最新装備と新兵がまぜこぜになった軍隊が、モスクワ正面の戦いを乗り切った、1942年当初のソ連軍でありました。

もちろん精鋭...続きを読む

Q原爆・長崎・広島の被害者数は一体どれくらいなんでしょうか。

鳥インフルエンザ、新型(鳥)インフルエンザが流行してしまった場合、最悪の事態の予想を、新型インフルエンザ対策検討小委員会が明らかにしたという数値をみて、死者、患者共にその数の多さに驚きました。あくまで最悪の場合の予想とはいえ、ものすごい惨事であると思いました。そこで、生物兵器という言葉を思い出しました。兵器には核兵器もあると。そこで気になりました。原爆・長崎広島の被害者数はどれくらいなんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

広島は当時人口42万人、死者、行方不明合わせて
12万2338人、長崎は、人口24万人、
死者、行方不明合わせて7万3884人と言われています。

被爆後5年間の間に広島で20万人、長崎で14万人
です。


人気Q&Aランキング