【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

 今、わたしは、小論文を書いているのですが、困ったことがあります。それは、「参考文献と引用文献の表記」なのです。
 例えば、800字の小論文の中で、50字のみ他の文献から引用した場合も、もちろん「引用文献」と書くのですが、「どこに」表記すればよいのでしょうか?小論文の下だと、どの部分を引用したのか分かりませんし、引用した表現そのものに書くと小論文のレイアウトがおかしくなりそうです。参考文献の表記も同じく分かりません。どこにどうかけばよいのかご存知のかたいらっしゃいましたら、教えてくださいませ。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

そのような場合には、引用部分には、それとわかるように鍵かっこか二重鍵かっこをした上で ※1 などと番号をふって、論文の最後に、※1の文献について出典を書けばいいのではないでしょうか?


私が昔大学のレポートを書いたときなどにはそうしていました。
また参考文献は、論文を書くのに参考したというだけで引用しているわけではないので、これも論文の最後に、参考文献として、まとめて書いておけばいいと思いますよ。

■例

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・「(※1)・・・・・・・」・・・・・・・・・・・
・・・・・・・「(※2)・・・・・・・・・・」・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

引用文献
※1 「・・・・」・・・著/・・・出版
※2 「・・・・」・・・著/・・・出版

参考文献
「・・・・」・・・著/・・・出版
「・・・・」・・・著/・・・出版

__________________________________________
では、どうでしょうか?

次のページも参考にどうぞ
↓社団法人 著作権情報センター
Q 他人の著作物を引用するときの注意点を教えてください。
また、出所の明示はどのようにすればよいのですか?

参考URL:http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime7.html#3
    • good
    • 0

業界によってバラバラ。



いくつか例をあげると
文字枠(作文用紙の枠と考えてください)外右上に算用数字で1), 2),...と書き.文末に一覧表を揚げる
同(1),(2),...
同あるふぁべっと a), b), .., A), B),..., aa), ab),...
ギリシャ数字。
漢数字。

文字枠に1文字分使用して...
文字枠に2文字分使用して...
かぎ括弧を使用して....

雑誌社によってバラバラなので関係業界にあわせてください。

文献名の表記の仕方もいろいろあるので
"{著者名}",{雑誌名略記},開始頁-終了頁,巻,号({発行年}).
これを開始頁だけですと「孫引き」を意味する
とか.
「開始頁-終了頁,巻,号({発行年}).」の順番がいろいろありますし
業界によってバラバラなのでわかりません。
    • good
    • 0

専門家ではないので私の書き方なのですが、


文の最後に表記すればよいかと思います。
参考文献でも引用文献でも同様でよいと思います。(ちなみに参考文献というくくりの中に引用文献あるのだと思うのですが?)もしもHPならばそれのURLを表記すればよいかと。もっと気を利かせるならば文内の引用箇所に※1とか注1とか表記すればよいと思います。

例)
 ********、*****。
****(※1)。
 ****、***。

<参考文献>※1「*****」著***
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレポートの参考文献

参考文献を記載するとき、出版年を記入しなければならないですが、
これは、初版の年ですか?
それとも今まさに持っている本(第5版なら第5版)の発行年ですか?

Aベストアンサー

初版の年を書いてはいけません!!
初版と第2版,第3版…では,内容が改訂されていますので,自分が参考にした文献はどれなのかということをハッキリさせるという意味で,「今まさに持っている本」の出版年を書きます。
また,文献のタイトルの後にも,(第5版)のように版を表す数字(版次という)を書きます。

ここから先は細かい話ですので,忙しかったら飛ばしても構いません。

本の奥付を見ると,内容の新しさをあらわす数字に「版」と「刷」があることに気づくと思います。
たとえば,

第1版第1刷 1970年4月20日発行
第3版第1刷 1998年1月15日発行
第3版第5刷 2005年7月10日発行

一応の原則としては,
「第1版と第2版,また第2版と第3版とでは,それぞれ内容は大きく変わる」
「第3版第1刷と第2刷以降では,内容は原則として同じだが,細かい訂正など多少手を加えることもある」
と考えてください。

このような場合,この本が第3版であることは確かですが,発行年をどうするか。
一応の原則としては,「版次(第3版)が同じであれば,刷次(第1刷とか第5刷とか)が違っても,内容はほとんど一緒」と考えられます。
したがって,内容的には1998年に出されたときのものと同じと考えて,発行年は「1998」と記録する,というのが一つの考え方です。
(図書館の蔵書目録のデータはそのようなルールで書かれています)
もっとも,本によっては,同じ版でも,刷りを重ねるごとに
かなり内容に手を加えていることもありますので,正確に記録するのであれば,「1998,第5刷2005」とすればよいでしょう。

ただ,版次の数字が「第85版」みたいにやたらと大きい場合は要注意です。そのような場合は,「刷」の意味で「版」と表示している可能性が高いです。
たとえば,
1965年初版発行 (初版と第1版は同じ意味です)
2005年第85版発行
これだと,年2回のペースで版を新しくしているということになりますが,観光ガイドとかムック(雑誌ぽい本)などならともかく,普通の図書で年に2回も版を改めるというのは滅多にないことですので,「2005年第1版第85刷発行」の意味と考えられます。
そのような場合は,内容としては1965年の時のものと同じでしょうから,出版年は「1965」としたほうがよいでしょう。

No.1の回答者さん。
気持は分かるのですが,もし自分が読んだ本が「2005年に出た第5版」だったとしたら,参考文献には2005と書くしかありません。
本当に「1960年に発行された初版」の本を手にとって,参考にしたのでなければ,1960と書くわけにはいきません。
自分がどの文献を参考にして書いたのか,それを明らかにするのが参考文献一覧ですから。
もし,自分は2005年発行の本しか見ていないけれど,その本の筆者は1960年に既にそのようなことを書いていたということをどうしても示したければ,本文の中でそう書けばいいのです。

初版の年を書いてはいけません!!
初版と第2版,第3版…では,内容が改訂されていますので,自分が参考にした文献はどれなのかということをハッキリさせるという意味で,「今まさに持っている本」の出版年を書きます。
また,文献のタイトルの後にも,(第5版)のように版を表す数字(版次という)を書きます。

ここから先は細かい話ですので,忙しかったら飛ばしても構いません。

本の奥付を見ると,内容の新しさをあらわす数字に「版」と「刷」があることに気づくと思います。
たとえば,

第1版第1...続きを読む


人気Q&Aランキング