【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

俗に言う「肩が強い人」とはどこが優れているのでしょうか。

手首?ヒジの使い方?背筋?

わかる方お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ANo.#1と同じで、全身の筋肉のバランスがいいんだと思います。



あと、個人的に思うのは、肩甲骨の可動範囲が広い人。
可動範囲が広い人は肩が強い人(ピッチャーも含め)が多いです。
可動範囲が狭いと肩甲骨のマッサージをよくしないと肩を傷めやすいし、
肩甲骨の可動範囲が広い人ほど肩を痛めにくいというのも理由です。
    • good
    • 2

僕もNo.2さんと同意見で筋力と骨の可動範囲だと思います。

ただ通常の炎症はおこりにくいかもしれませんが、脱臼肩となりやすいかもしれません。広島の横山投手などは典型だと思います。
    • good
    • 1

『野球』をやっていた人なら、ある程度なら投げれる。

あとは、『体重移動』だけだと思うよ。
    • good
    • 3

 こんにちは。


 科学的ではなく私見ですが、回答します。
以前野球、今は別の球技をやっています。
「肩の強さ」というのは確かにご指摘の部位をそれぞれ鍛えることである程度は改善、もしくは向上します。しかし、もって生まれた才能の面が非常に大きいです。それは「投げる」という行為に関する部位のバランス(使い方)が良いということです。ですから、突出して肩の筋肉が強いから、肘の使い方が上手いから即強肩、とはならず、それは鍛えて到達できるものではないと思います。
 これもあくまでも私見でもちろん例外はありますが、以外と細身の方に強肩の方が多いような気がします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地肩が強い?

おまえは地肩が強いと言われたのですがどういう意味ですか?教えて下さい。

Aベストアンサー

地肩が強いとは、もともと(生まれつき)持っている、肩の強さ(遠投力)が強いということだと思います。
別の言い方をすれば、ボールを遠くまで投げる才能がある、そういう体のつくりをしているということです。
遠投力は、どんな人でも、筋肉を鍛えるなどのトレーニングをしたり、ボールを遠くへ投げる理論を学び身につければ、ある程度は伸ばすことができます。
しかし、地肩の強い人、弱い人の2人が同じトレーニングをし、同じ理論を学び身につけた場合でも、ボールを遠くまで投げることができるのは、やはり地肩の強い人の方です。
これは例えるなら、陸上の短距離走です。日本人の走者は海外に比べてもトップクラスの装置や技術を用いたトレーニングをしています。しかし、オリンピックなどで実際に海外の走者と走ると、なかなか勝てません。それは、もともとの体のつくり、筋肉のつき方や質が違うからです。
つまり、地肩が強いと言われたのはのは、あなたが平均の人に比べて、ボールを遠くに投げるために必要であり望ましい、体のつくり(筋肉のつき方や質、ボディバランスなど)をしているということだと思います。
肩の強さは野球では非常に重要な要素です。地肩の強いあなたは、トレーニング次第で非常に優秀な選手になれるのではないかと思います。

地肩が強いとは、もともと(生まれつき)持っている、肩の強さ(遠投力)が強いということだと思います。
別の言い方をすれば、ボールを遠くまで投げる才能がある、そういう体のつくりをしているということです。
遠投力は、どんな人でも、筋肉を鍛えるなどのトレーニングをしたり、ボールを遠くへ投げる理論を学び身につければ、ある程度は伸ばすことができます。
しかし、地肩の強い人、弱い人の2人が同じトレーニングをし、同じ理論を学び身につけた場合でも、ボールを遠くまで投げることができるのは、やはり...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング