プロが教えるわが家の防犯対策術!

在来工法の木造住宅で、縁の下にも断熱材(グラスウール)を張り巡らしている
のは、今や一般的なんでしょうか?

私は、断熱材といえば、外壁と屋根裏にばかりあるものと思い込んでいましたが、
イベント会場でやっていた住宅フェアを見に行ったとき、あるメーカーの展示で、
畳下の床板の下にもそれが敷設されている断面模型を見て、初めてそれを
知りました。
床下は直接外気に接しているわけではありませんが、室内と縁下との間で
温度差があると熱交換が起こるであろうことは想像できます。
だから断熱材を床下にもというわけなんでしょうが、しかしそれは同時に、
室内が、建具を全て締め切ってしまうと正真正銘の機密状態となることを
意味します。

私の現在の自宅は、冬場、ファンヒーターなどによる結露に悩まされています。
(数時間ごとに窓を開放して対策としていますが。)
そういう場合、きっと土壁、畳、障子紙も余計な水分を吸っていることと
思います。
床下が断熱材で覆われれば、特に畳の湿度が床下に逃げていかず、ますます
室内の結露がひどくなるのではないかという気がしました。
また、結露だけならまだしも、カビや害虫の発生の恐れも気になります。

室内の湿度をスキマ風によって調整していた時代に、調湿材としても活躍した、
それら和室ならではの建材は、今後は、デザイン(意匠面)だけが残って、
湿度を吸収しない材料のものに替わっていく運命なのでしょうか。

話が長くなりましたが、ここでの質問は、和室の床下の断熱材は、現在では
既に当たり前なのかどうかという点だけでもけっこうです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

湿度と温度の関係は一般の方が理解するには少々時間がかかります。


質問の内容に直接答えることにして、関連事項でわからないことがあれば、質問を補足してください。

>縁の下にも断熱材(グラスウール)を張り巡らしている ・・・
必要です。やっと認識が広まってきたと嬉しく思っているくらいです。
部屋の暖房効果を上げるためには、重要な要素なのに今まで軽視されていました。

>正真正銘の機密状態となることを ・・・
断熱と調湿作用は分けて考えましょう。
グラスウールは断熱材であり、機密性はありません。

>結露に悩まされています・・・
関連質問で回答していますので、参考にしてください。
[カテゴリー:住宅]No143476「質問:結露について教えてください。」、答えNo5です。

>畳の湿度が床下に逃げていかず・・・
湿度(湿気)を除去する手段としてもっとも効果的なものは「風]です。
ご指摘の通り、スキマ風がなくなった最近の住宅では、結露に悩まされています。
視点を変えて、事務所ビルなどの状態を見て見ましょう。
完全な高気密高断熱状態にもかかわらず、結露はほとんど起こりません。
建築設備の設計がしっかりとなされているからです。
四季の外気の状態に応じて、完全な機械空調と自然な外気を上手く使い分け、快適な『作業空間』を作り上げています。

>湿度を吸収しない材料のものに替わっていく運命なのでしょうか
関連質問を参照してください。
「カテゴリー:エコロジー&環境学」No143476「質問:熱環境の問題点について」回答No5です。

最近の住宅が目指している、高気密高断熱住宅は、欠陥だらけです。
おそらく、作っているハウスメーカーの設計者はわかっているのでしょう。
しかし、販売実績をあげることが優先で、本当に良質な住環境を作り上げることには積極的ではありません。
消費者の皆さんは、よく勉強しないと後で後悔する事になります。
省エネ住宅という名の「エネルギー浪費住宅」や
健康住宅という名の「有害物質充満住宅」が、
世の中に蔓延しています。

最後に、良い住宅と悪い住宅の見分け方

・出来上がった直後から劣化が始まるのが悪い住宅

・住み続けるにしたがって完成度が高まるのが良い住宅

昔の木造民家で『100年しか持たない』ものは欠陥住宅でした。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なんと、床下に断熱材は”むしろ必要”であったのですか。目からウロコです。

どうもこういった問題の根源には、昔ながらの日本建築の工法や素材を中途半端
に残しながら、近代的な省エネ住宅の工法を取り入れている住宅建築会社に問題
があるのではないか、そんな気がしてきました。

もしかして、大手メーカーの最新のプレハブ住宅でも、部材の選択を誤ったり
すると、結露が出てしまうのではないかという気さえしています。
ただそれ以前に、住み手の意識というか、住宅の管理知識を正しく持って
いないと、どんな家でもすぐに傷んでしまいますよ、そんなメッセージに
受け取れました。

No143476「質問:熱環境の問題点について」は参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/08 12:03

訂正します。



>湿度を吸収しない材料のものに替わっていく運命なのでしょうか
関連質問を参照してください。
「カテゴリー:エコロジー&環境学」No143476「質問:熱環境の問題点について」回答No5です。は、

回答No2の間違いです。
    • good
    • 1

確かにハウスメーカーに聞くと、今は、プレハブでも在来工法でも、和室の床下も含めて全て断熱材を入れているようです。


畳床自体も化学品を使っているので、室内の湿気を畳から床下に逃がすという考えではないようです。

室内の湿気は、湿度の高いときに畳が吸って、室内が乾燥すると室内に吐き出して湿気の調整をしているとのことです。

むしろ、基礎部分の換気口からの寒気が、床下から室内に入るのを防ぎ、暖房効果を高める省エネに重点を置いているようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

焦点を畳に移すと、結局のところ、自然の素材(藁)を使った畳は、近代的な
住宅にそぐわない(採用してはいけない)、という結論になるようですね。

インターネットで調べましたら、最近の新建材でできた畳は、湿度を吸収せず、
虫も入り込めないらしいです。
ここでふと思いましたが、こういった畳に断熱効果を併せ持った商品が出れば、
一石二鳥になるのではないでしょうか。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/08 11:54

 数年前、アパートで1階の畳部屋に住んでいた者です。


 これは実感としてですが、
 湿気が床下から逃げる よりも 湿気&冷気が床下から這い上がってくる という感覚のほうがかなり強かったです。
 試しにコルクカーペットを部屋に敷き詰めてみたところ、おふとんの湿り具合も、室内の洗濯物の乾き具合も全然違いました。
 今は建物周辺もコンクリートやアスファルトで被われているところが増えましたし、昔のように床下換気が効く状況ではないのかな?と思った次第です。

 わたしは学生時代に少し屋内の微気候についてかじっただけなので、確信があって回答しているわけではありませんが。。
 古来の和風住宅(民家)は機械的な温湿度調整をしないで済むように、その土地に合わせて工夫された造りでした。
 でも昨今は温暖化や温室効果などの微妙で広範囲の環境変化がありますし、狭い範囲では周辺環境での緑地帯激減などがあります。
 エアコンなしで過ごせなくなってきている昨今、屋内環境面での素材や造りの変化も避けられない傾向かもしれないと勝手に考えております。

 はっきりした傾向については、専門の研究をされてる方や業者の方などのご回答があるといいですね、、
 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

確かに、今年のように、夏に酷暑が続くと、もうエアコンなしではいられません。
家の傷みは、多湿の状態が永く続くことに比例しているようですから、とても
ナーバスになるわけです。

全ての住宅はそれぞれ条件が違うので、こういった疑問を論じるのであれば、
本来ならば、科学的な実験をしなければならないのでしょう。しかし、おいそれと
それができないわけで、そこに技術改善への難しさがありそうですね。

お礼日時:2001/10/08 11:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q畳の下に保温シートはカビますか?

築3年の軽量鉄骨2階戸建てに住んでいます
1階の八畳和室が冬になるととにかく寒いのです

畳はスタイロ畳でその下は発砲コンクリートです
断熱材は入っていません

エアコン・電気カーペットを使用していますが
床下に断熱材がないせいか 畳が冷たすぎです

畳の下に保温シートを敷いてみたらどうかと
考えていますが
その場合 結露・カビが畳の裏に発生するようなこと
はないでしょうか?

または畳の下に敷けるような薄い断熱材はないものでしょうか
ご存じの方がいらっしゃいましたら 教えてください

Aベストアンサー

お考えの保温シートがどのような材質のものか分かりませんが、水分をためる性質のものであれば、カビやダニの発生を促しますから、畳の下に敷くことはお勧めしません。水分をためない素材であれば、敷いても構わないと思います。
でも、もっと安上がりに、畳の下に敷く物としては、昔から新聞紙が良く使われます。紙は断熱効果が結構高いにもかかわらず、薄くて畳の高さが変わらないですから。
一度新聞紙を試してみてから、効果が薄いようなら保温シートを購入されてはいかがでしょうか。

Q1階和室の床下断熱材

お世話になります。九州で在来木造住宅を地元工務店で建築中です。1階は和室3部屋ホール・廊下・押入れ・フロ・トイレ等ですが、和室には断熱材を入れないそうです。ホール廊下には入れるそうですが、和室に断熱材を入れないのはどうなんでしょうか?
押入れ、その他はまだ確認をしてませんが、和室は30mmの板を2重にし、その上にシート?で畳になるそうです。設計図ではミラフォーム50となってます。私は床下前面に施工されるものだと思ってました。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

畳の下であっても断熱材を入れる必要があります。
ハウスメーカーであれば、当たり前に入れているはずです。

普通の畳の場合、寒いだけでなく、畳は透湿抵抗が低いため、合板面に達した水蒸気が冷やされ、結露する・カビる恐れがあります。
また、スタイロ畳の場合、隙間から冷気が上がってきて寒いと想像します。

これは、住宅金融公庫の仕様書においても、和室の床として、断熱防湿材の施工が明記されています。
「7.4.6床の施工」の4.番です(PDF112ページ)。右の方に図もあります。
http://www.itcprince.jp/17140653jikugumi.pdf

なお、九州でも、冬の内外気温差は15℃程度、東北地方の22℃程度に対して、数割しか変わらないのです。九州だからと言って、断熱しなくて良いことにはなりません。
特に、建築関係者の断熱に関しての知識が乏しい場合が多く、今までやってきている方法が正しくない場合も非常に多いのです。

以下、ご参考です。
床下の断熱材について(4番目の相談)
http://www.replan.ne.jp/J110/J110/J110_220.shtml
施工例
http://hagihome.kazelog.jp/photos/ho/photo_8.html
http://www.w-life.co.jp/blog/archive/category3455.html
http://www.geocities.jp/adonis_ote/kouji_08.html

無いとどうなるのか・必要性がはっきり理解出来ないなど疑問が残るようなら、断熱の知識のある方に直接ご相談されると良いでしょう。
http://plaza.rakuten.co.jp/kitam/
http://blog.smatch.jp/dannetu/

畳の下であっても断熱材を入れる必要があります。
ハウスメーカーであれば、当たり前に入れているはずです。

普通の畳の場合、寒いだけでなく、畳は透湿抵抗が低いため、合板面に達した水蒸気が冷やされ、結露する・カビる恐れがあります。
また、スタイロ畳の場合、隙間から冷気が上がってきて寒いと想像します。

これは、住宅金融公庫の仕様書においても、和室の床として、断熱防湿材の施工が明記されています。
「7.4.6床の施工」の4.番です(PDF112ページ)。右の方に図もあります。
http://www.itc...続きを読む

Q床下断熱材がありません

こんばんは、このたび一戸建て住宅の購入を決断しました。仕様をみると外壁には断熱材がありますが、床下にはありません。この仕様で家の耐久性に悪影響はあるでしょうか?

Aベストアンサー

床下に断熱材がない、ということは、基礎断熱されているのでしょうか?
耐久性というよりは、省エネ、住みやすさの問題です。
基礎で断熱する場合は、床下も家の中と考え、
屋内の空気と床下の空気をまわします。
当然、防蟻剤は使用せず、樹種を選定し、
ベタ基礎、防湿コンクリート、基礎と外部の気密性をだします。
基礎で断熱しない、土台パッキンや換気口の開いた基礎は、屋外とみなすので、床下に断熱材は当然入れます。
基礎、もしくは床で断熱しなければ、
床暖房を入れようが、熱はどんどん逃げていき寒いです。また、どんなに暖房しようが、
足は冷たく、顔は真っ赤…という状態になりますよ。

公庫の基準でも、基礎・床、どちらかの断熱は不可欠ですよ!

Q畳の下に乾燥シートが入っていますが・・・

床下の湿度が65%~70%ある為、乾燥シートを入れてありますが、新聞でも代用出きると聞きました。でも、新聞だと1年毎に交換しなければ?と思っています。乾燥シートだと5年ぐらいは交換しなくて済むと思うのですが、如何でしょうか?
また、ワラ製以外の畳は下に何も敷かなくても構わないと聞きましたが、本当ですか?

Aベストアンサー

またまた畳屋です。
ベタ基礎で、通風が良好であれば、心配する事は無いと思われます。
家屋にダメージを与える度合は、そういった状況でも、床下(床板・根太・大引き・・・つまり床下の木材全般)が湿っているという場合です。
これも無いんですよね?
それと、回答へのお礼を読んでもう一つ理解したのは、高湿なのは、「室内」という事でしょうか?
室内は、「締めきる」「少し開ける」「完全開放」で全く別レベルの湿度を示します。
家の周りに多湿の状況があると、開放してものべつ幕なしに湿気が流れ込んで来ます。
こんな時は、「締め切って除湿」か、「扇風機などで風の流れを作り続ける」しかないですね。。。
多湿な状況に身をおいてしまった宿命とでも言いましょうか。。。

室内に実質的な損害(畳にカビ・虫が湧く・シロアリの予感などなど)はありますか?
こういったものが発生していたら、事を急ぐ場合もありますが。
床下・室内共、通風が一番の手段です。
「周りの状況が多湿」で「家には何の損傷も無い」のなら、「そんな中でも、いかにして快適に過せるか」が当面の課題ですね。
多湿地帯でも、家に影響が無い(そういった優れた工法)のであれば、見方も違ってきますね。。。

昔の家は、仕切りに「土(壁)」「紙(障子・襖)」「草(畳)」でした。
どんなに多湿でも、調湿出来ていたり、開放する事で凌げました。
現在では、調湿手段をそれらとしなくなり、それぞれの素材も変わってしまいました。
風の流れを作って、入ってくる風の温度も下げる工夫をして、快適性はアップするものと思われます。
これから乾燥の季節になりますが、そういうことで状況は変わるはずですよね?
お住まいの地域が全く分からないので、何とも言えませんが。。。

またまた畳屋です。
ベタ基礎で、通風が良好であれば、心配する事は無いと思われます。
家屋にダメージを与える度合は、そういった状況でも、床下(床板・根太・大引き・・・つまり床下の木材全般)が湿っているという場合です。
これも無いんですよね?
それと、回答へのお礼を読んでもう一つ理解したのは、高湿なのは、「室内」という事でしょうか?
室内は、「締めきる」「少し開ける」「完全開放」で全く別レベルの湿度を示します。
家の周りに多湿の状況があると、開放してものべつ幕なしに湿気が流れ...続きを読む

Q畳の下の床

畳を上げ床下を見てみたいのですが、12,3cm位の
板が釘で打たれ しきつめられています。この釘がなかなか
抜けません 無理すると板が欠けてしまいます。なにか
良い方法はないでしょうか。
畳の下に昔は新聞紙が敷いてありましたがありませんでした。
今は必要がないんでしょうか。畳の裏はビニール系のものが
縫いつけてあるからなのか。
築28年の家です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

和室の場合,点検口といって,部屋の真ん中あたりに,床下に簡単に潜り込める
ように,釘打ちがしていない短い板が並んでいる部分があることが多いのですが,
そういった部分は見つからないでしょうか?
それらを全部外すと,50センチ角くらいの穴が空くようになるのですが,
もちろん,それが設けられていない家もあります.
最近では,和室の床下がコンパネ(ベニヤ板のようなもの)で敷き詰められて
いる場合が多いせいもあって,押入れや台所の床下収納庫から出入りできるよう
になっている家が多いです.

釘を抜いて板を外す場合は,元に戻すときはやはり釘で板を元通りに
打ちつけてください.
そうでないと,畳を敷いても,その上を歩くと,床がフワフワして安定しない
ことがあるからです.

畳の裏のビニールは完全なシート状になっているわけではありません.
網目状に細いビニールを編んであるだけですので,指を使って,
どの部分からでもそれを裂くことができます.
また,針穴がたくさん空いているので,湿気などの出入りは妨げられません.
ですから,防虫の効果もありません.
畳の移動時にゴミを落とさないようにするのが主な目的と言われています.

ところで床下を覗く理由が,もしシロアリの点検ならば,今後の定期点検の
ためにも,思い切って大工さんを呼んで,点検口を作ってもらうのも
いいでしょう.
大工さんも,シロアリ駆除のプロではありませんが,それがいるかどうかの
見立てくらいはできますので.

和室の場合,点検口といって,部屋の真ん中あたりに,床下に簡単に潜り込める
ように,釘打ちがしていない短い板が並んでいる部分があることが多いのですが,
そういった部分は見つからないでしょうか?
それらを全部外すと,50センチ角くらいの穴が空くようになるのですが,
もちろん,それが設けられていない家もあります.
最近では,和室の床下がコンパネ(ベニヤ板のようなもの)で敷き詰められて
いる場合が多いせいもあって,押入れや台所の床下収納庫から出入りできるよう
になっている家が多い...続きを読む

Q素人が日曜大工で床下断熱できますか?

中古で戸建を購入しましたが、床下に断熱材が入っておらず下からの冷えをなんとかしたいのですが、日曜大工で断熱工事は可能でしょうか?中途半端で床下に湿気が溜まったり、結露したら大変なことになるし、よい方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

床下に潜り、床板の裏側に発泡スチロールを床板を支えている木材の間にはめ込む作業になりますね。
材木の隙間は40Cm位で一定です、発泡スチロールは2~3Cmで良いでしょう、作業は2名以上、1人が床下に潜ります。
課題ー1床下の入り口は有りますか
  -2土台が貴方が希望している部屋まで行くのを   邪魔していませんか。 
  -3床下は寝転んで、移動出来る隙間は有ります    か、寝板(ベニヤ板にキャスターを付けた物    で)それで移動します。胸が支えなければOK    です。地面がむき出しですとこの寝板が使い    ずらいので、ブルーシートでも敷きつめたら
  -4発泡スチロールの幅を正確に切り、材木の隙    間に押し込む必要があります。これは発泡ス    チロールが落ちてこないので止め金具の負担
    が少なくなる事と、隙間が有ると、断熱効果
    が減少し、もしかして結露の原因に成るかも    しれません?
    発泡スチロールが落ちない為の金具を考える
    必要があります、例えば2*4に何か有るか    も、どなたか知恵を拝借!!
 一度床下に潜ってみて下さい 寝転んで30分も見 ていると色々な発想が湧いてきます、断熱が期待し たほどの効果が感じれ無かったとしても、自分でや れば費用も僅かだし、家族?は父ちゃん?やっ!!
 と言ってくれます、床下での作業は想像以上に大変 です、でも我が家で納期なしですから気長にやった ら。
 ちなみに私は、自作派です、困難な程フアイトが湧 きます、そしてケチです、材料と時間はお金を惜し まないけれど人件費は自分でやります。
    
   

床下に潜り、床板の裏側に発泡スチロールを床板を支えている木材の間にはめ込む作業になりますね。
材木の隙間は40Cm位で一定です、発泡スチロールは2~3Cmで良いでしょう、作業は2名以上、1人が床下に潜ります。
課題ー1床下の入り口は有りますか
  -2土台が貴方が希望している部屋まで行くのを   邪魔していませんか。 
  -3床下は寝転んで、移動出来る隙間は有ります    か、寝板(ベニヤ板にキャスターを付けた物    で)それで移動します。胸が支えなければOK    です。...続きを読む

Q床下の断熱材はどこまで?

こちらのサイトのおかげで、やっと建物も完成間近までこぎつけました。ここでまた疑問が・・・。階段下や和室の押入れのところには、断熱材(スタイロフォーム)が入っていないのです。これは当然のことなのでしょうか?床下の断熱材と言えば、床下収納以外のところには断熱材が入るものだと思っていたのですが・・・。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

床下に断熱材が入っているのに、一部欠けているのなら、全く入っていない家より、結露します。
温度差のあるその部分に結露するのです。
結露すれば、その部分はカビが生えます。
カビが生えると、木材は腐ります、それは広がります。
 大変だー!
でも、けんかはせずに、業者さんと話してみましょう。
ごまかすようなことを言われてそのまま断熱材を入れないようなことがあれば、また、ここに質問してみてください。

Qできるだけ安く、かつ効果的な床下の湿気対策を教えて下さい!

ゆるい傾斜地に家が建っているためか、床下の湿気に悩まされています。
ちょっとでも油断すると、押入れでも畳でもカビが繁殖してしまい、大変困っています。
できるだけ安く、かつ効果的な床下の除湿方法を教えて頂けませんでしょうか。ホームセンターや家電量販店が近くにあるので、できれば自分でできる方法だと助かります。
自分で考えついたのは、何かを敷くこと(ゼオライト?という物が良いと、知り合いからは聞きました)、安価な換気扇(扇風機でも代用できるでしょうか?)で湿気を追い出すこと、市販の適当な扇風機を一台・または複数台置き、床下の空気をかき回すこと…などです。いかがでしょうか…?
ちなみに、自宅は木造(プレハブ方式ではなく、大工が作りました)、壁は土壁、建築年は昭和42年か43年です。

どうか知恵をお貸し下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ゼオライトは、多孔質での「石」で、木炭同様、湿気を吸着します。
昔は、袋で持ちこんで、袋を切り開いてそのままシャベルで広げていました。
これは、重い(石だから)ので手間がかかります。

さいきんは、袋入りの木炭や、発泡黒曜石など、軽い材料のものが出ています。ホームセンターで買えば、軽トラックを貸してくれるので、必要枚数もって帰って、子供に小遣いやって、床下で「バケツリレー」すれば安くつきます。

下に敷くシートもいっしょに買えます。(農業用のシートで十分でしょう)

家の外から空気を入れるためには、そこそこのパワーのあるファンが必要になります。扇風機は風をふきつけることはできますが、淀んだ空気を排気する力は期待できないでしょう。
換気扇も、台所にあるようなやつは、口径が大きくないと床下通気口にあわない。

(参考URLのBBSで関係者のアドバイス聞けます。)


なお、#5で紹介されてる業者、業界では胡散臭がられていますよ。
ソーラーファンを40万円とか、ぼったくりだと思うな。
施工会社のくせにHPで価格を書いていないのが大体…。

参考URL:http://www.geocities.jp/hitogots/

ゼオライトは、多孔質での「石」で、木炭同様、湿気を吸着します。
昔は、袋で持ちこんで、袋を切り開いてそのままシャベルで広げていました。
これは、重い(石だから)ので手間がかかります。

さいきんは、袋入りの木炭や、発泡黒曜石など、軽い材料のものが出ています。ホームセンターで買えば、軽トラックを貸してくれるので、必要枚数もって帰って、子供に小遣いやって、床下で「バケツリレー」すれば安くつきます。

下に敷くシートもいっしょに買えます。(農業用のシートで十分でしょう)

家の...続きを読む

Q断熱材がない家は小屋と同じ?

以前、テレビのある番組で建築士の方が断熱材のない家は小屋と同じだと言っていました。
夏は暑すぎ、冬は寒すぎるからだそうです。
2年ほど前に私の部屋をリフォームしたのですが、断熱材は入れていません。何の知識もないので建築会社にお任せしたのですが・・・。
実際、西に大きな窓があるということもあり夏は暑すぎ、冬は寒すぎです。
断熱材を入れないということは手抜きなのでしょうか?
どなたかご存知の方回答をお願いします。

Aベストアンサー

団塊の世代です、
貴方の家のリホームは、二年前ですか、普通の建築屋さんなら、断熱材は、床、壁、天井、入れますね。私の経験からですと、木造住宅にまだ土壁を塗っていた頃、30余年前ぐらいですか、その頃は、予算があれば床下に入れるくらい、?でした。
今のように、ブリキの屋根、土壁の無い、偽装壁板、土間のコンクリート+畳の無い冷たさ、56年前に棟上した私の住んでいる家は、日本瓦+土葺き、壁は土壁、部屋は畳、床下は土のまま。流石に建具は、ASに変えましたが、断熱材などアリマセン。冬の暖房は、灯油フアンヒーター×2と電気コタツ、のみ。
夏は二室クーラーを微弱つけて、扇風機をブンブン回し、OKです、春、秋、の5ヶ月は、灯油も、クーラーも要りません。掃きだし+窓は大きく、風トウシバツグンです、
プレハブ住宅Or建売住宅、は断熱材が無いと住めませんが、貴方のお家は、どの部類でしょう。

Q寒い時期は床下換気口を閉じる方がよいのでしょうか

築40年の木造住宅です。
換気口をふさいではいけないと思い込んでいましたが、開閉式があったり冬はせっかくの暖気が逃げやすいなどの情報を知って今少しの期間はふさごうと思うようになりました。
(室内は現在、足元がかなり寒い状況です)
東西南北の内、一方だけ人が入るスペースがないので開けたままで、他をすべてふさいでもよいのでしょうか。
それともそんなにふさぐと、冬でも湿気がこもるのでしょうか。

Aベストアンサー

ふさぐ意味がはっきりすればいいのでしょうけれど・・・
一回試しにふさいで見ることをお勧めします。
立地条件などでそれぞれ違ってきますので。

ましてや冬場に 湿度が上がる条件などないわけですから、
ふさげるところをふさいでみて効果がないのでしたらあきらめて別の手段を講じましょう。

例えば床の裏(根太の間)にスタイロホームを貼り付けるだけで冷気は完全に遮断されます。
夏には不要ですが エアコンなどの効率も良くなります。

床下の湿気は
高台であればあまり発生しないので 換気口をふさいでもさほど影響はないでしょうね
ただし暖かくなったら 湿度も上がってきますので外し忘れのないように・・・

家が朽ちるほどの結露が冬場の床下にに出来るとは考えられませんけれど・・・・。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング