硝酸とコンクリートの関係について、関心がある学生です。
温泉地などに大量に含まれる硫酸が
温泉地のコンクリートを劣化させていくということは知っています。

硫酸と同じような劣化が硝酸でも発生すると思っているのですが、
本当にそうなるのでしょうか?教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

専門家ではありませんが、コンクリートの劣化はその酸性化に起因するところが大きいと記憶していますので要するにpHが重要なファクターになると思います。


温泉地での劣化は、その地下水や大気中に含まれる火山性のガスのpHが低いことが原因であると思われるため、それが硝酸性のものであっても同様の劣化は起こると思われます。
また、反応して得られる塩の溶解度から考察すると、炭酸カルシウムや硫酸カルシウムと比較して硝酸カルシウムの溶解度は桁違いに大きい為、その侵食速度はかなり大きな物になることが予想されます。
    • good
    • 0

こんばんわ


コンクリートには色々な種類があり、影響は種類により違いがあるものと思います。コンクリートはセメントと骨材との混合物で、その他に色々な添加物が加えられています。コンクリートの構造物は内部に鉄筋を入れて造っています。コンクリート構造物の劣化は、コンクリートの中性化と鉄筋の腐食によって起きると思います。セメントは石灰岩で、これは簡単に酸に溶けますが、骨材は石ですから酸に溶けません。硫酸や硝酸などの強酸が影響が大きいような気がしますが、実際には弱酸である炭酸(イオン)がはるかに大きな影響があるようです。鍾乳洞での石筍や都市部で見られるコンクリートつららは炭酸の影響によるものです。炭酸は可溶性の重炭酸カルシウムを生成し溶かしてしまうからです。
硫酸のせいでコンクリ-トが劣化すると書いていますが、温泉地は炭酸のほかに硫化水素もあり、硫化水素の方が影響が大きいと思います。(内部に入り込み酸化されて硫酸に変化し膨潤する)硫酸だけなら不溶性の硫酸カルシュウムにより表面に被膜が出来るためそう心配ないと聞いたことがあります。
硝酸の原因物質の二酸化窒素は大気中の濃度が都市部でも0.06ppm位で、二酸化炭素は360ppmくらいです。二酸化窒素からは複雑な反応を経て硝酸が出来ますがすべてが硝酸にはなりません。
以上のとおり硝酸によるコンクリートへの劣化の影響は少ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。硝酸とコンクリートの石膏部分が硫酸による影響のようにはっきりと現れることを期待していたのですが・…
また、何か情報があればよろしくお願いします。

お礼日時:2001/10/11 12:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学成分の英語、教えてくださ~い!

下記化学成分の英語が分かる方、教えてください!宜しくお願い致します。
1.硫酸ナトリウム
2.ムコ多糖類
3.プロテオグリガン
4.グルコサミン
5.硝酸チアミン

Aベストアンサー

硫酸ナトリウム
sodium sulfate [sulphate]


酸性ムコ多糖類
acid mucopolysaccharide〔〈略〉AMPS〕
酸性ムコ多糖類
acidic mucopolysaccharides
硫酸ムコ多糖類
sulfated mucopolysaccharide

グルコサミン ;《化》
glucosamine

硝酸チアミン
thiamin mononitrate // thiamine nitrate

http://www.alc.co.jp/

Qカンボジア 硝酸事件、硫酸事件

カンボジア 硝酸事件、硫酸事件


今日テレビでカンボジアの硝酸事件が取り上げられていました。

女優のたまごの美少女に、カンボジア政府関係者の男性がほれ込み、愛人にするのですが、
それが妻にばれ、妻が復習のために、少女に「硝酸」をかける、という話です。

(妻が雇った怖い系の男ら数人に暴行させ、顔と上半身に硝酸をかけさせたようです。
 体の43%が大やけど状態。顔面は形をとりとめていません。実際の映像もいくつもありました)

ちなみにその女性は、その後、ベトナムで手術、しかしあまりに状態がひどいので
親戚の協力、病院の協力をえてアメリカで手術。何十回と手術を繰り返していますが、
26歳になった今でも、とても元に戻りそうもありません。テレビごしにみていて、痛々しかったです。
番組では、アメリカの彼女の自宅まで取材に行っており、現在の彼女の生の声もきけました。
この大きな社会問題を、アメリカの人(世界の人)に知ってもらおうと、ドキュメント映画に出たりと
むしろ前向きに活動されているとのことでした。


衝撃的な内容でしたが、いくつも疑問点があり、こちらで質問させて頂くことにしました。


・硝酸ってなんですか?

 番組で、硫酸をかけられた人の話もありましたが、
・硫酸ってなんですか? (硝酸との違いは?)

カンボジアでは彼女のケースだけが特別ではないらしく、この手のことは
前々からよくあると番組でいっていました。政府関係者の愛人問題は大き問題になっている、
そしてその復習も、と。

・それって、どういうことですか?
 (日本もそんなことありますか?聞いたことないですが)

・カンボジアでは2010年、今年に入ってからでもすでに同様の事件が6件おこっている、と報じていましたが、硝酸ってそんなに簡単に手に入るのですか? なぜ、逮捕されないのですか?? いずれも政府関係者がらみですか? 

いったい、この国はどういう体制なのですか?


wikiでさっきから色々と調べているのですが、説明が専門的すぎて、よく分かりませんでした。


社会的背景に対してのご回答、

硝酸や硫酸に対してのご回答、

その他、どの角度からでも結構です。専門知識のない私に、少しでもご回答頂ければ幸いです。

カンボジア 硝酸事件、硫酸事件


今日テレビでカンボジアの硝酸事件が取り上げられていました。

女優のたまごの美少女に、カンボジア政府関係者の男性がほれ込み、愛人にするのですが、
それが妻にばれ、妻が復習のために、少女に「硝酸」をかける、という話です。

(妻が雇った怖い系の男ら数人に暴行させ、顔と上半身に硝酸をかけさせたようです。
 体の43%が大やけど状態。顔面は形をとりとめていません。実際の映像もいくつもありました)

ちなみにその女性は、その後、ベトナムで手術、しかしあまりに...続きを読む

Aベストアンサー

日本では、硝酸、硫酸とも毒物劇物取締法の対象物質ですから、誰でもが簡単に購入できるわけではありません。
濃硝酸をを一定量以上購入するには危険物乙6類または甲種危険物取扱者および毒物劇物取扱者の資格が必要。濃硫酸を購入も同様です。

なお、少量であれば取り扱っている薬局や試薬の問屋で購入できます(身分証明書の提示が必要)。ただ、その際、目的を尋ねられますし、怪しまれれば販売しないように指導されていますから、実質、一般人が簡単に購入はできません。それに、町の薬局だと常備はしていないでしょうから取り寄せでしょう。

この辺の取り扱いは基本的には先進国であれば大差ないと思いますが、カンボジアだと銃器ですら満足に取り締まれていませんから、十分な取り締まりは無理だと思います。

昔は日本でも、晴れ着に硫酸を掛けるような事件が毎年正月に報道されていましたが、最近はほとんど聞きません。やはり「金持ち喧嘩せず」(逆に言えば「貧すりゃ鈍す」)ならいいのですが、社会が麻痺し始めているのだとすると怖いですね。

硫酸はH2SO4、硝酸はHNO3で全く違う物質です。ただ、濃度の高い液体はどちらも皮膚を侵しますから危険です。簡単に言うと、硝酸は焼く、硫酸は溶かすになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%9D%E9%85%B8
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%85%B8

日本では、硝酸、硫酸とも毒物劇物取締法の対象物質ですから、誰でもが簡単に購入できるわけではありません。
濃硝酸をを一定量以上購入するには危険物乙6類または甲種危険物取扱者および毒物劇物取扱者の資格が必要。濃硫酸を購入も同様です。

なお、少量であれば取り扱っている薬局や試薬の問屋で購入できます(身分証明書の提示が必要)。ただ、その際、目的を尋ねられますし、怪しまれれば販売しないように指導されていますから、実質、一般人が簡単に購入はできません。それに、町の薬局だと常備はしていない...続きを読む

Q硝酸と金属

硝酸と金属の反応について,
銅+希硝酸→一酸化窒素
銅+濃硝酸→二酸化窒素
鉄+濃硝酸→不動態形成により溶解しない

はわかるのですが,
鉄+希硝酸→水素
アルミニウム+希硝酸→水素
がわかりません。

なぜ後ろの二つは一酸化窒素ができないのでしょう。
あと化学反応式も一応教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

>銅+希硝酸→一酸化窒素
>銅+濃硝酸→二酸化窒素
については
希硝酸:
8HNO3 + 3Cu → 3Cu(NO3)2 + 4H2O + 2NO↑
濃硝酸:
4HNO3 + Cu → Cu(NO3)2 + 2H2O + 2NO2↑
と硝酸が分解しつつ銅を溶かしていきます。
一方、
>鉄+希硝酸→水素
>アルミニウム+希硝酸→水素
鉄:
2Fe + 6HNO3 → 2Fe(NO3)3 + 3H2↑
アルミニウム:
2Al + 6HNO3 → 2Al(NO3)3 + 3H2↑
となります。
この場合硝酸の酸としての性質が表に出、酸化剤としての性質は前面には出て来ません。
硝酸、熱濃硫酸などが「酸化剤」として働くのは、他の酸から見ると異常だと覚えていた方が良いと思います。

Qアセトアニリドのニトロ化の際、硝酸、硫酸、氷酢酸を入れました。 氷酢酸はただの酢酸だと何がいけないの

アセトアニリドのニトロ化の際、硝酸、硫酸、氷酢酸を入れました。
氷酢酸はただの酢酸だと何がいけないのですか。ニトロ化に触れつつ詳しく教えて欲しいです。

Aベストアンサー

「純粋な酢酸」=「水溶液ではない酢酸」=「氷酢酸」
酢酸水溶液を酢酸と略称する場合が有って紛らわしいから、水で薄めていない純粋な酢酸である事の念を押すために「氷酢酸」と言ってます。

「ただの酢酸」が「純粋な酢酸」の意味なら問題なし(OK)。
酢酸水溶液(水で薄めたもの)の意味なら駄目。

ニトロ化で、不要な水を入れたら反応が変わってしまうでしょう?

Q亜硝酸イオンの作り方

硝酸イオンを亜硝酸イオンに変換したいのですが、
硝酸還元菌ではなく、電気分解でやろうとしています。
陰極では水素ガスが発生し、陽極では酸素ガスが発生しているようなので、硝酸ナトリウムと水の電気分解は行われているように思われます。
またpHが上がるので、ナトリウムイオンと水酸化物イオンで水酸化ナトリウムとなっているのがわかりました。
しかし、肝心の亜硝酸イオンにはなっていません。
硝酸イオンを亜硝酸イオンにすることは可能なのですか?
硝酸イオンが亜硝酸イオンになったところで、
すぐ酸化されてしまうとも思うのですが。。。
亜硝酸イオンの作り方を知っている方、お願いします。

Aベストアンサー

NO3(-) + 3H(+) + e = HNO2 + H2O の formal potential は +0.94V と手許のハンドブックに載っているので,熱力学的には電気分解で作れることになります.
しかし,現実には無理でしょう.そのような反応を有限の速さでおこせるような電極は知られていないと思います.そして,通常はこのような反応をおこすことを考えなくていいからこそ,硝酸塩は電気化学における支持電解質として多用されるのです.
もちろん,まったく反応しないわけではないので,水素発生を気にせずにがんがん卑な電位をかけ続ければ,少しはできているかもしれませんが.

Q二酸化炭素がコンクリート劣化を引き起こす?

近年、大気中の温室効果ガスとして問題となっている二酸化炭素は、コンクリート構造物の劣化を引き起こしていますが、その作用と発生する問題を教えていただけますか?

Aベストアンサー

コンクリートは pH が 12 くらいある強アルカリ性です。これが、内部の鉄筋をさびさせないのです。

二酸化炭素は水に溶けると酸性を示し、コンクリートの pH を下げます。

pH が下がることで、鉄筋がさび、そのさびによって鉄筋が膨張し、ひび割れをおこし
強度を低下させます。

「コンクリート 中性化」というキーワードで検索すると、情報が見つかります。

参考URL:http://www.h2.dion.ne.jp/~shoei/gravic2.htm,http://www.technocrete.gr.jp/mame/kiso/chuseika.html

Q硝酸態窒素

硝酸態窒素について質問します。

野菜等の植物中に硝酸態窒素が存在するということまではわかりました。
土壌中の硝酸態窒素除去するという目的で植物に硝酸態窒素をとりこませたのち、その植物を燃焼させた場合、硝酸態窒素はどうなるのでしょうか。
また、このような方法で土壌中の硝酸態窒素は減らすことができますか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

植物はほぼ硝酸態窒素の形で窒素を吸収します。
(有名どころでは水稲などはアンモニア態で吸いますが)
それを体内で形を変化させて利用します。
しかし変化しない窒素も体内にあり、
それは硝酸態窒素のままで残っています。
これが「野菜に含まれる硝酸態窒素」と呼ばれる物でしょう。

なので土壌硝酸態窒素を植物を介して除去することは、十分に可能です。
なぜなら栽培時、吸ったものよりも少ない硝酸態窒素を植物はたいてい持つことになるので、差し引きで減ります。

これはファイトリメディエーションという技術の一種では?
詳細は養賢堂から最近出た「根のデザイン」という本に確かのってました。

Q硫酸アンモニウムと硫酸ナトリウムが溶けている中性の溶液に水酸化バリウムを加えるとどうなるのでしょうか

硫酸アンモニウムと硫酸ナトリウムが溶けている中性の溶液に水酸化バリウムを加えるとどうなるのでしょうか?
問題集にはバリウムイオンと硫酸アンモニウムと硫酸ナトリウムの両方の硫酸イオン(表現がおかしくてすみません)と反応しているように書いています。
硫酸アンモニウムは弱塩基の塩だから遊離するとおもうんですが、強塩基の塩である硫酸ナトリウムも遊離したりするんですか?
もしそうだとしたら理由をわかりやすく教えてくれると嬉しいです。(>人<;)

Aベストアンサー

けっきょく、「イオン同士の反応」です。

ということで、
まずは
・水溶液にとけている塩が溶液中で「どのようなイオンになっているか」
・加える塩基が「どのようなイオンから構成されるか」

を考えよ。

硫酸アンモニウム->硫酸イオン + アンモニウムイオン
硫酸ナトリウム->硫酸イオン + Naイオン
水酸化バリウム->Baイオン + 水酸化物イオン

---

次に
上記の全イオンのうち、
「どのイオンとどのイオンが反応するか」を考えよ。

(1)アンモニウムイオンと水酸化物イオン
(2)硫酸イオンとBaイオンが反応し、
水に不要の塩BaSO4を形成する(※高校化学の基本知識)

---
1,2の反応の理由がわからなければ
先生に質問。

Qスラッジ、アンモニア・亜硝酸・硝酸塩

いつも色々な方の質問も読み勉強させていただいています。
その中からの疑問です。

(1)低床の中にもスラッジが溜まるそうで、かき混ぜることで確認できるとのことですが、水換えの際にかき混ぜてでも念入りにスラッジを取り除いたほうがいいのでしょうか?
(2)今では飼育水がアンモニア→亜硝酸→硝酸塩と変化してゆくことを理解していますが、ということはこの3つが同時に検出されることはないのでしょうか?
あるいは硝酸塩の試験薬でテストし、硝酸塩が検出されるということは、アンモニア・亜硝酸についてはまったく心配する必要はないのでしょうか?
裏返して言うなら、仮に硝酸塩がゼロなどと測定された場合、水が相当汚染されていて、亜硝酸あるいはアンモニアが検出される可能性大ということでしょうか。

Aベストアンサー

> (1)低床の中にもスラッジが溜まるそうで、かき混ぜることで確認できるとのことですが、水換えの際にかき混ぜてでも念入りにスラッジを取り除いたほうがいいのでしょうか?

・いえいえ。
念入りに取り除く必要はありません。
本当にザックリと底砂から舞い上がるスラッジを除去するだけで充分です。

> (2)今では飼育水がアンモニア→亜硝酸→硝酸塩と変化してゆくことを理解していますが、ということはこの3つが同時に検出されることはないのでしょうか?

・いいえ。
水槽内では、絶えず「アンモニア、亜硝酸、硝酸塩」は発生しています。
ただ、濾過バクテリアが水槽設備中に繁殖定着し、しっかりと硝化作用が機能していれば、試薬や試験紙で検出できる限界値以下の濃度にしかならないと言うことです。
測定限界値以下ですから、安全な水槽です。

> あるいは硝酸塩の試験薬でテストし、硝酸塩が検出されるということは、アンモニア・亜硝酸についてはまったく心配する必要はないのでしょうか?

・硝酸塩が検出されたと言うことは、アンモニアと亜硝酸を硝化する濾過バクテリアが水槽内に存在している証拠です。
ですが、濾過バクテリアも生物です。
突然、調子を崩し、アンモニアや亜硝酸の硝化力が激減する危険性もあります。
したがって、油断してはイケマセン。

> 裏返して言うなら、仮に硝酸塩がゼロなどと測定された場合、水が相当汚染されていて、亜硝酸あるいはアンモニアが検出される可能性大ということでしょうか。

・水槽立ち上げ初期(立ち上げ1年未満)で、アンモニアや亜硝酸が検出される場合は、硝酸塩の有無に関わらず何か問題があります。
・水草類を育てることにより、硝酸塩を減らすことは可能ですが、水草類だけで硝酸塩を0には出来ません。
・水槽立ち上げ後、9ヶ月以上経過し、アンモニア、亜硝酸、硝酸塩のいずれも検出されない可能性は偶にあります。
この場合、多くが底砂を厚めに敷いた水槽。
底砂の深部に嫌気性バクテリアが自然繁殖し、硝酸塩を窒素ガスに分解し、大気中に自然放散する嫌気濾過が運良く機能している水槽です。

> (1)低床の中にもスラッジが溜まるそうで、かき混ぜることで確認できるとのことですが、水換えの際にかき混ぜてでも念入りにスラッジを取り除いたほうがいいのでしょうか?

・いえいえ。
念入りに取り除く必要はありません。
本当にザックリと底砂から舞い上がるスラッジを除去するだけで充分です。

> (2)今では飼育水がアンモニア→亜硝酸→硝酸塩と変化してゆくことを理解していますが、ということはこの3つが同時に検出されることはないのでしょうか?

・いいえ。
水槽内では、絶えず「アンモニア、亜硝酸、...続きを読む

Q交流電源発生装置において、コイルには誘導起電力が発生する辺と発生しない辺があります。どうして特定の

交流電源発生装置において、コイルには誘導起電力が発生する辺と発生しない辺があります。
どうして特定の辺には発生しないんでしょう?

写真の図99の左の絵の辺ウイとエアです。
教科書の本文にある「磁場を横切らずに回転するため…」の件の詳しい説明を求めています。
誰か教えてください。

Aベストアンサー

真上から(磁石のS極側から)、導線の横切る「面積」を見てみましょう。

 「アイ」や「ウエ」の導体は、「真横」になったときから、180°回転する間に「導線の長さ × 回転の直径」に相当する面積の「磁束」を通過することが分かりますよね。

 では「イウ」や「エア」の部分はというと、この部分が回転してできる「線」の部分しか「磁束」を通過しません。「線」では「面積」はゼロなのです。つまり、「磁束」を横切ってはいないのです。

 つまり、「アイ」や「ウエ」は磁束を横切っていますが、「イウ」や「エア」の部分は、磁束を横切っていないということなのです。

 もう一度、真上からよく見てみてください。


人気Q&Aランキング