中和滴定の実験で、ホールピペットの先に溜まる最後の一滴まで液を出さなくちゃいけないのはどうしてですか?

A 回答 (3件)

ピペットやメスフラスコ、メスシリンダー等の秤量器具には、受用(うけよう)と出用(だしよう)の区別があります。


ピペット類、ビュレット、メスシリンダーは出用、メスフラスコには受用と出用の2種があります。
出用とは、秤量した液体を受器に移した際に、受器に入る量(つまりピペットから出る液体量)であり、受用のピペット類に液体を吸い込んだ時には、その中に入っている量は必要量よりも少し多いことになります。
受用とは、その秤量器に量り込んだ液量がその必要量(表示量)であるものを言い、その容器(たとえばメスフラスコ)から液を別の容器に移すと、移した液量は表示量よりも少なくなってしまいます。

ご質問のホールピペットの場合、最後に残った液を一度強制排出して使用を終えます。その後に残った微量の液は原則として排出してはいけません。それはホールピペットの表面に記載されている容積(20℃における容積ですが)は、1回強制排出して終えた量を指し示しているためで、それ以上に残液をしつこく出した場合(たとえば溶媒で洗い流す等)は表記されている容積以上の液体が出てしまうことになるからです。
従って、器具の扱いになれていない場合は正確さに事欠いてしまうことになります。

もっと厳密に言えば、ホールピペットで液を秤量して受器に移した後、しばらくそのまましておくと、ピペットの内壁に残存していた液が重力に従ってどんどん下に落ちてきます。ですので、再度そのピペットを用いて秤量を行うとき、使用する頻度や時間がまちまちであると、誤差が生じてきます。この誤差は、液体の粘度が高いほど、またホールピペットから液を排出する時間(排出速度)が速いもの(出口の径が大きい、あるいは柄が太い)ほど、大きくなります。

このために、ピペットを使用する際は、あらかじめ1度以上液体を吸い込んで内壁を濡らし、内壁に残る液量が均一になっているうちにすぐに液体を吸い込んで秤量し、受器に排出します。

もっと厳密に言えば、温度補正等もあるのですが、そこまで厳密さを要する分野は限られています。(たいていは大雑把でも大丈夫です)
しかし、ピペットに限らず、あらゆる器具の使用の基礎知識を持つことは、正しい実験を行う上で非常に重要なことです。(持ち方一つ取っても)

なんかオタクな内容に思われるかも知れませんが、実験器具を用いて仕事や勉強をしている人たちには常識的なことですので、オタクとは思わないで…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小さな疑問にこんなにも細かく説明してくださって有難うございます!オタクな内容なんてとんでもない!これから実験する時は、器具の必要性を考えながら行いたいと思います!

お礼日時:2001/10/15 22:58

Thiku-rinさんの言うとおり最後の一滴まで使わないと正しい量は量れません。


重要なことです。
 しかし「滴定の精度」ということをよく考えます。
一滴や二滴の滴定量がずれたって誤差範囲でに許せるような濃度を選んで実験すればいいのにな,と思う人が結構たくさんいます。製品管理などの場合,測定毎,測定者毎にばらつきがあっては困りますし。
 少ないサンプル濃い滴定液で「うりゃっ」と職人芸でのりきる人もいますがそういう人に限ってホールピペットをあつーい乾燥機で乾燥させてたりして・・・(精度が疑わしくなります。)。

 なんにせよ使う器具と使用法,実験の意味を考えるってのは良いことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も、解答を読む前まではそう思ってました。専門家のかたに答えて頂けるなんて思ってなかったので非常にびっくりです!ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/15 23:04

ホールピペットは最後の一滴まで液を出し切ることで


正確に表示量を秤量できるようにできてます.
出し切らないとちゃんと測れてません.
だから「中和滴定の実験」に限らずホールピペットは
最後の一滴まで液を出し切ります.

ホールピペットはメスピペット,メスシリンダーよりも
精度が高いので,正確な試料調整には良く使われます.

このような回答でよろしかったでしょうか?
的外れなら補足お願いします.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに早く解答して頂きありがとうございます。わかりやすかったです。

お礼日時:2001/10/15 22:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホールピペットの使用方法

ホールピペットの使用方法について、
最後の一滴の処理はどうすればいいのですか?
ある先生は、
中央部を温めて最後まで出す方法を勧めてくれました。
またある先生は、
コニカルビーカーの内壁に吸わせて、
残った一滴は無視して良いと言っていました
現代の化学ではどちらが適しているのですか?

もう一つ、
ホールピペットへと吸い上げた後に表面張力によって
出てくる一滴を、
普通のティッシュで拭いてもいいのですか?

これらについて、化学的根拠に基づく答えを教えてください。

Aベストアンサー

このことについて,理科教育のメーリングリストというので話題になったことがあります。
JISでは規定がなくなったとか。
つぎのページで検索に「ホールピペット」といれるといくつか,そのときの話題がヒットします。
化学的にどうなのか,法的にはどうなのか,器具を作っている実態はどうなのか等々,参考になると思いますよ。

参考URL:http://rika.org/

Q中和滴定の実験

皆さん宜しくお願いします。市販食酢10mlをホールピペットで取り、100mlメスフラスコに入れ、水で定量まで希釈する。この食酢を10mlホールピペットで取り、三角フラスコの入れ0.1N NaOH(F=1.007:Fは力価です)で滴定する。指示薬はフェノールフタレインを用いて3回滴定した。1回目7.22ml、二回目7.29ml、三回目7.21mlで平均7.24mlとなりました。食酢中の酢酸の含量%(w/v)を求め、モル濃度を求める。0.1N水酸化ナトリウム溶液1mlに相当する酢酸のグラム数を求める。 わからないです。教えてください。

Aベストアンサー

> わからないです。教えてください。
 何が分からないのでしょうか?
 何を教えて欲しいのでしょうか?

 もう少し考えて質問を書いていただいた方が適切な回答が得られますよ。

 ちなみに,トップページ(↓)で「中和滴定」を検索すると多数の類似質問がヒットしますので参考にして下さい。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/index.php3

Qホールピペットの先端に残った液

ホールピペットでサンプリングしたとき、先端に液が少し残りますよね。
そのときは、膨らんだ部分を手で温めて、中の空気を膨張させて先端の液を吐き出させていました。

でも、01mlから0.5mlのような小さいホールピペットの場合、膨らんだ部分を温めても液が出てきません。
この場合、次のどちらにすればよいでしょうか?

1. 残った液はそのままにする
2. 何らかの方法で強制的に吐き出させる

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確に言うとホールピペットの残液の扱いは、その製造規格によって変わるらしいです…
(日本規格は残液を出して規定液量に、ISO準拠の場合は自然に流れ出た液のみで規定液量になるそうです。)
(参考→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%94%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88)

いちおう日本規格という前提ですと、強制的に吐き出させなければなりません。
強制的に吐き出す方法ですが、要は空気を押し込めばいいのです。
安全ピペッターを使っているならば、T字に交差している弁のついていない部分を押し潰せば、空気を押しだせます。
これで大抵、残液は吐き出せますよ。
(安全ピペッターの例→http://www.wakayama-med.ac.jp/med/laschem1/kagaku/fuku/lecture/chem_exp/pipetor.pdf)
口で吸われている場合は、適当な駒込ピペットの頭についてるゴム部分(部品名は「スポイト」)を頭に着けて押し出すなんてやり方もあります。
http://www.tgk.co.jp/info/0023230213.html

以上、いかがですか。

正確に言うとホールピペットの残液の扱いは、その製造規格によって変わるらしいです…
(日本規格は残液を出して規定液量に、ISO準拠の場合は自然に流れ出た液のみで規定液量になるそうです。)
(参考→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%94%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88)

いちおう日本規格という前提ですと、強制的に吐き出させなければなりません。
強制的に吐き出す方法ですが、要は空気を押し込めばいいのです。
安全ピペッターを使っているならば、T字に交差している弁のつい...続きを読む

Q中和滴定の実験 注意点

今日中和滴定の実験を行いました。


ビュレットにはいったNaOH(滴下前に体積を測っておく)をフェノールフタレイン溶液を1,2滴いれた10倍希釈のCH3COOHに加えて、薄い赤色になったら加えるのをやめる そして、滴下後の体積を測るという操作を3回やって3回の滴下量の平均値を出しました。

そこで、資料集をみたところ
1回目の終りのメモリ(1回目の滴下後)を2回目のはじめのメモリ(2回目の滴下前)にしないほうがよい。

と書いてあったんですが、
これは一体なぜですか?

わかる方お願い致します><

Aベストアンサー

H島書店の「ニューステージ」のP.65ですね。

個人的には、別に問題は無いと思います。

考えられるのは2つの理由でしょう。
(1)ビュレットの目盛りを超える可能性がある。
1回目のデータから推定すればわかることです。

(2)目分量で読む誤差を二重に受けることになる。
開始点と終了点が重なる訳ですから、むしろ測定誤差が相殺されて
良いように思います。

Qホールピペットの詰まりの解消法

先日、沈殿を生成させた後、少量の溶液を取ってろ過で沈殿とろ液を分けようとして、ホールピペットを使って溶液を適量取った所、溶液中の粉体がホールピペットの管部分に詰まってしまい、溶液が出せなくなってしまいました。
安全ピペッターの「溶液を出す時に押す所」を根気良く押していたら、突然詰まりが解消されて無事にろ過は出来たのですが、なぜ詰まりが解消されたかがイマイチ分かりません。何となく気になったので質問してみました。

安全ピペッターの「溶液を出す時に押す所」を押していると、上の球の部分が膨らんできたので、減圧状態が常圧に戻ったことが関係しているのかなぁ…とは考えていますが、色々と実験関係の本を見てみてもなかなか載っていませんでした。
詰まりが解消された理屈を説明できる方、もしくは「こういう本・サイトに載っているよ」と言う方、よろしくお願いします…

Aベストアンサー

> 減圧状態が常圧に戻ったことが関係している

その通りだと思います。
つまり、常圧に戻ったことで、先端部分に詰まっていた固体に対して
下向きにかかる力が大きくなり、その状態に暫く置かれたことで、
その固体が耐えきれなくなったか、徐々に崩れていったか、
ということです。

なお、今回は幸いにして詰まりが解消されたようですが、
いつもそうなるとは限りません。
(逆に、詰まりを固めてしまう場合もあります)

ですので、単に「濾液と沈殿の分離」が目的なのでしたら、
駒込ピペットなどの使用をお薦めします。
(通常、ホールピペットは、中に沈殿物等を吸い込ませないように
 扱います)

Q中和滴定の実験

実験で中和滴定をしました。その内容はアンモニア10mlをホールピペットで取り、これに水を10mlを加えた溶液20mlに指示薬をいれ、0.1M塩酸で滴定しました。指示薬はメチルレッド、フェノールフタレインそれぞれ実験して、フェノールフタレインの方が塩酸の滴定量が少なかったです。この実験で中和点は塩基性よりになる理由が分かりません。H3O+ができて酸性にはならないんでしょうか?よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

一般に弱い塩基と強い酸の塩は、弱酸性を示します。
ここでは、アンモニアが弱い酸であり、塩酸が強い酸です。
そのため、当量点では、弱い塩基と強い酸の塩が生じることになるので、弱酸性になります。塩基性ではありません。
そのために、この組み合わせの滴定では、弱い酸性で変色するメチルオレンジを使うのが適当です。
フェノールフタレインは弱塩基性で変色する指示薬ですので、これを用いると、当量点に達する前に変色(というより、ピンク色の脱色)が起こることになって、当量点を求めることは出来ません。
ですから、フェノールフタレインの色が変化したときにはまだ塩基性であり、当量点には達していません。
そのあたりのことを誤解されているのではないでしょうか。

QVHDLのツールの使用方法が載っているサイトや書籍について

現在、ISEのproject navigatorを使用してVHDLの勉強しています。いろんな書籍やサイトを見ているのですが、ツールの使用方法が載っているものがありません。
もし、ツールの使用方法が載っているサイトや書籍がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

いろんなサイトを見て探されているということは、きっとひととおりご覧になられているかと思います。自分もそうでしたが、そのようなサイトと自分の場合とでは、ツールのバージョンは違うし、使っているデバイスが違うしで、決定的に分かりやすいところはなかったように思います。

どのようなレベルでの使い方を知りたいのでしょうか?可能ならばザイリンクスの無料講習会に行くのがもっとも良いと思われます。距離的な問題などで行けないかもしれませんが。

よろしければ個々の質問に私がお答えしますよ。

参考URL:http://www.xilinx.co.jp/support/training/japan-learning-catalog.htm

Q駒込ピペットの一滴

実験で駒込ピペットを使ったのですが、一滴の量が分からず、困っています。

実験で使ったものは1mlと白い太字で書いてあったものなのですが、(1mlまで量れるという意味なのかはよく分からないのですが)一滴の量がおおよそどれくらいなのか、また、どういった値で計算したらよいのか教えてください。

Aベストアンサー

ピペットの一滴は約30マイクロリッターです.

QAndroid 3.0搭載タブレットPC使用方法

こんにちは、
ICONIA TAB A500-10S16を購入しました。初めてなので、使用方法がわかりません。Android 3.0の使用方法を記載したHPや本はないでしょか?


http://www.welovetab.jp/a500/index.html

Aベストアンサー

先ほど本屋に行ったらありました

Androidタブレット スタートブック (SOFTBANK MOOK) [ムック]
価格: ¥ 1,200

Androidタブレット完全活用ガイド 特別保存版―Androidタブレットでできること
すべて教えます!!! (SAKURA・MOOK 76) [大型本]
価格: ¥ 1,260

何と2冊も買ってしまった

ソニー製品は専用のムックがありました

Q中和滴定の実験について

この前学校で「水酸化ナトリウムの滴定」という実験をしたのですがそれについての質問です。実験を始める前にコニカルビーカーを純水で洗い、ホールピペットを標準溶液で2,3回洗った(共洗い)のですがどうして「純水で洗う」「共洗い」をしなければならないのかが分かりません!! またこの実験とは関係ないのですが希釈するとはどういう意味ですか??あと希釈をする主な理由って何ですか?長くてすみません(__) 分かる方教えてください!!

Aベストアンサー

>「純水で洗う」
コニカルビーかーの方は水以外何も入っていない方が良いので純水で洗います。
>「共洗い」
標準溶液の方は、純水で洗うと水が残って溶液の濃度を下げてしまうので「共洗い」します。
>希釈するとはどういう意味ですか
純水を加える事です。
>希釈をする主な理由
滴定などの場合、体積がある程度大きい方が反応がゆるやかに進むので使用し易いのです。
例えばコニカルビーカーに0.5mLしか入っていなかったら混合するのに不便ですし、指示薬の変化も見にくいです。
体積が大きすぎると反応が完結するのに時間が掛かりすぎますので「適当な範囲」があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報