【初月無料キャンペーン中】gooドクター

実験でスチレンとMMAの比率を変えて重合を
行わせる実験をしました。
出来た重合生成物の外観についてなんですが、
スチレンを多く含んでいる方が粘性が強かったです。
この理由が分かりません。
後、仕込み比と出来た生成物の組成比がだいたい同じ
なこともあまりよく理解できてません。
未反応のモノマーが出てくるので一致してもいいのか
疑問に思ってしまいます。
どなたか分かる方いましたらお願いします。

A 回答 (1件)

授業で習った部分を紹介したいと思います。



スチレンとメタクリル酸メチルの重合は逐次重合で起こります。
逐次重合は段階的に重合していくので、単量体が二量体を形成し、
更に三量体、四量体・・・・という風に重合が進んでいきます。

重合度と反応率の関係を考えてみると初濃度をC0(0は添え字)、反応時間tにおける未反応モノマー濃度をCとすると反応率Pは

P=(C0-C)C0   (0は添え字)

で表されます。Pによる反応速度の表現は微分方程式を解いて得られます。

Co*kt=P/(1-P)

重合度の数平均重合度Pnは最初に存在した官能基の数N0(0は添え字)と時間tにおける官能基数Nの比となります。

Pn=N0/N=C0/C=1/(1-P)

逐次重合で高分子のポリマーを得るためにはかなりの反応率まで上げなければならず、そのためには組成比が重要になってきます。
スチレンとメタクリル酸メチルの混合比を50:50にすると残っているモノマーはいません。
もし組成比をかえると(50:48でも)溶液中に未反応のモノマーが生じます。
スチレンはガラス転移温度が100℃程度であるのでとても粘度があり、溶液中に多く存在すると粘性が上がるのだと思います。

文が下手ですみません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング