最近「平和ボケ」等マスコミで使われているが、そもそも誰が言い出したのでしょうか?
精神面や社会情勢ではかえって殺伐たる状況にある中、誰がこういった造語を生み出したのか、又何を根拠に使用しているのか弾劾したいと考えます。
「危機管理の無さ」と同意語とは考えられませんし、そう言った状況があるせよそれは単に「するべきことを行わない怠慢」では無いでしょうか。
まして「平和ボケ」とは平和に対する冒涜であり、非常な悪意を感じます。
身近な話題に例をとれば、「牛を食べる事は危機管理が無いのか?」風評被害を警戒する反面、絶対的には100%安全とは現在の科学水準では証明されていない。
では、牛を食べる人は「平和ボケ」なのか?
多分「備えが有ってこその平和」との反論が有るだろうが、「平和ボケ」と言い出した犯人を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

再度登場の失礼をお許し下さい。



「平和ボケ」賛成、反対、双方に一理あると思います。
『日本人は平和と安全はただだと思っている』『日本人は平和が黙っていても手に入ると思っている、平和は戦って勝ち取るものだ』

こういう考えには素直に同調できません、平和は元々、当たり前のようにその辺に転がっているべきものだと思います。
勝ち取らなきゃいけない平和なんて悲しいですね。
それが今や理想論だとは分りますが...。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございます。
そうなんですよね、「平和」というイメージにいろいろ考えさせられました。
夫々に多少のイメージの違いが有る事も解りました。

表現が悪かったかも知れませんが、平和を表すもっと良い言葉が見つかるまでは、
イメージを汚す使い方を謹んで頂けるように切望して閉じさせていただきます。
この場を借りて皆様の主体的な発言に感謝いたします。

お礼日時:2001/10/17 12:14

No.7の返答についてのコメントです。



>確かに邦人犠牲者が出たとか、国内の事になると大騒ぎする反面、世界情勢に
>無関心な事や、平和の為の具体的な行動を真剣に考えて来なかった面は有り
>ます。 しかしこれが「平和ボケ」によるものでしょうか?

「平和ボケ」の前に「島国根性」が問題のように思います。
周囲を海に囲まれているためか、他国での事件を肌で感じにくいようです。

さすがにアメリカの同時多発テロでは、航空機がビルに突入する場面やその後に
ビルが倒壊する場面を目撃して、日本人数十名を含む大多数の犠牲者がでたこと
についてショックを覚えていますが、それ以外はやはり「ブラウン管の向こうの
世界」だったようです。

アメリカのテロ事件からアフガンでの武力行使、さらに炭そ菌テロと目まぐるし
情勢は変動していますが、今回の事件以前にもいろんなことが世界で起きている
んですよ。

パレスチナゲリラの自爆テロと、イスラエル軍の正規軍による報復テロ。
イスラエル軍など、戦車や戦闘ヘリを動員して暗殺作戦をしているんですよ。
新聞やTVニュースで時折取り上げられますが、記憶している人がどれだけいた
ことでしょうか。

チェチェンでの内戦。ロシア軍による掃討作戦で、掃討後の地域には生物の影
すら見えなくなったらしい。
最近収まったけれど、旧ユーゴスラビアでの紛争。民族浄化と称する民間人大量
虐殺、集団レイプ、知れば知るほどおぞましさを感じます。

地理的に遠い地域の出来事だから、身近に感じろという方が無理かもしれません。
知ったところで、日本人には想像もできない激しい民族間・宗教間の対立と憎悪。
想像することすら難しいのに、その事態について日本としてどう対処すべきかな
ど考えることすらできないでしょう。


日本は太平洋戦争後の50年以上、確かに平和でした。
しかし、その平和は与えられた平和です。全部戦勝国のアメリカがお膳立てして
くれた内容なのです。
だから「平和憲法を守れ」「平和が大事なんだ」しか言うことができない。
自分たちで勝ち得た平和ではないから、どうやって平和を構築するか、平和を維持
していくかが、なかなかわからないのです。

太平洋戦争直後の弱小国としての立場ならば、それでもよいでしょう。
しかし、平和だった50数年の間に経済的に発展し、もはや弱小国ではありません。
軍事力こそ行使できませんが、世界の1・2を争う経済力で、世界に貢献を求めら
れる立場にあるのです。


日本の戦後政治は、いわゆる「一国平和主義」でした。他国がどうあれ、日本だけ
は平和であろうという考えでした。その考えは、内政・外交ともに一貫しています。
自国の安全保障でさえ、自衛隊はありますが主要な力は在日米軍に任せていたよう
な状態でした。

しかし、日本が真に「平和主義国家」であろうとするならば、日本だけが平和でい
るのではなく、世界全部が平和になるような状態を目指すべきであろうと思うのです。

日本の平和主義者の方たちも、日本だけの平和を守る立場を卒業し、世界平和の
ことも考えて欲しいと思います。アメリカといつまで付き合うのか、国連をどう
捉えていくのか。国連中心の平和活動をしていくのか、それとも自国のみで行動
するのか、いろいろ考えることが必要です。

そして形の伴わない理想論ではなく、現実に行動可能な考えを持って欲しいと願
っています。それが出来た時に「平和ボケ」などという言葉を日本人が使うこと
はなくなるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。
確かに自国だけの平和から卒業すべき時かもしれません。
しかし平和の手助けは出来ても、与えることは難しいです。
「一国平和主義」で全世界が日本の様になれば良いという考えも否定しきれません。
加賀の前田家で、自国を守る為に「ぼけ」を装ったと言う話がありました、自ら発する「ぼけ」は許せても、他人が発する「ぼけ」はやはり許せません。

お礼日時:2001/10/17 11:47

削除覚悟で、もう1回、回答させて下さい。



「安全保証意識の低さ」「危機管理意識の低さ」を嘆くことが、「今まで平和であったことへの評価」を悪くしているわけではありません。
また、「平和ぼけ」という言葉を使う人が、平和を望まない人か平和を理解していない人だというのも暴論です。

まあ、あなた自身が「平和ぼけ」しておらず、とても高い問題意識をお持ちであることは、これまでの記述を見てもよく分かりました。
しかし、あなた自身、どれだけ、平和を理解している(つもりになっている)のですか?

世の中、平和であることに越したことはありません。平和よりも戦争がいいなんて人は、それこそ、イスラム原理主義者たちだけでしょう。
でも、日本で理解されている“平和”、言い換えれば、“日本国憲法”のもとで形作られた「自分たちだけが」「何もせずに」得られる“平和”はとてもいびつなものであるということに気づいて下さい。

平和という言葉が、否定的な文脈で使われるからといっていきりたつのは、はっきり言って滑稽です。まるで、カルトのような不気味さも感じます。こうして、「犯人探し」をして、いきりたつことによって、あなた自身の心は“平和”ではなくなっているのではありませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
いいえ、貴方の平和に対する考え方を否定するものではありません、むしろ共感いたします。
唯、本質的な論点を明確にしない(かならずしも結びつかない)「平和ぼけ」の発言に抵抗を感じたのです。
それと「平和」と言う美しい言葉を汚して欲しくない!
最近無神経にイメージを傷つける表現が多いです、ある程度世の中を解った大人ならまだしも、子供たちには悲しい事だと思います。

お礼日時:2001/10/17 11:06

日本人の


 「安全保障意識の薄さ」
 「危機管理意識の低さ」
 「世界のあちこちで戦争と虐殺と飢餓が横行しているのにそのことが身近に捉えられない」
といったことをひっくるめて「(日本人の)平和ボケ」という造語が出来たのだろう
と考えていますが、確かに言い出し始めたのは誰なんでしょうね?

日本が平和なことは、もちろんいいことです。
しかし、それゆえに世界のあちこちで発生している戦争・虐殺・飢餓に対する認識
度がなかなか高まらないことへの皮肉が、この言葉に込められているような気がし
ます。


また、今の日本が平和なゆえに、日本が戦場となる可能性について認識しにくいこ
ともあります。
例えが悪いですが、日本の北の方にある国で、いまだに国交が正常化されていない
国があります。しばらくは大丈夫でしょうが、数年後に突然ミサイルがぶっ放され
たり、あるいは日本がテロ活動の対象となる危険性について、大多数の人が認識で
きないでしょう。


個人的な意見を述べれば、「平和ボケ」を言い出した人を糾弾してもそれはそれで
構いませんが、今のアメリカのテロ騒ぎやアフガンの事態を「他山の石」として
もっと真剣に捉えなくてはいけないと思うのです。

日本人全体で、国の安全保障と世界平和の達成にむけてどう貢献できるかについて
の意識が高まれば、「平和ボケ」といった言葉は自然消滅すると考えています。


それから、狂牛病騒ぎは「平和ボケ」とは関係ないと思います。
あれは農水省の役人と政治家の怠慢に過ぎません。
酪農家を保護することも大事ですが、それ以上に消費者を大事にしないと。
消費者を軽視すれば、最終的にそれは生産者側にさらに大きな問題として
返ってきます。


おまけですが、No.1の方の回答にある「水と安全はタダである」という言葉は
 「日本人とユダヤ人」(角川文庫、イザヤ・ペンダサン著)
からの引用かと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに邦人犠牲者が出たとか、国内の事になると大騒ぎする反面、世界情勢に無関心な事や、平和の為の 具体的な行動を真剣に考えて来なかった面は有ります。
しかしこれが「平和ボケ」によるものでしょうか?  又、これまで平和だった事の評価も有って良いとも思います。

アメリカはあれほどの軍備や危機管理をもってしても、戦争に一番近い国と言えませんか?

「健康ボケ」て言葉は健康危機に対して適切な表現と成り得ますか?

お礼日時:2001/10/16 17:37

 こんにちは。



 日本は確かに「平和ボケ」していると思います。

「世の中が平和ボケしているからこそ起こった」
と考えられる事件が少なからず存在するのは事実です。
池田小の殺傷事件なんかは、その最たる例でしょう。
人の命の重さというものが全く解からない、
自分の都合しか考えない、という人間が多過ぎます。

 しかし、じゃあどうしたらいいのか、という事は私にも解かりません。
メディアで「平和ボケ」と連発している人も
どうすれば平和ボケがなくなるのか、という問いには誰も答えられないと思います。

 結局、この言葉に対する違和感は「解決法が見つからない」
というイラダチから来るのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに最近異様な事件が多いです、親が子を殺すとか異常に残虐な犯罪とか、罪をとえない精神異常という意味でなくても、確かに精神的に異常な行為だと思います。
原因は解りません、いろんな環境によるものかもしれませんが"平和だからでは無い"と思います。
多少は関係している様に思われるのは、「しつけ」の問題にある気もします。
注意される事に対して気持を抑える練習が出来ていない、又反復して倫理や道徳的な決まりを学習していない。
「しつけ」が疎かになった原因は、"家庭内平和"を気にしすぎて五月蝿く言わなくなった、とも考えられます。でもこの「平和」という言葉の使い方は、間違っていると思いませんか?
「平穏、波風を立てない、臆病、ズボラ、無関心、無神経、etc」と言えるものです。
「平和」と言うのはそんなに悪い意味だったのですか?
ですから「平和ぼけ」と言う人は、平和を望まない人か、平和が解らない人か、"言葉使いを間違っている人(大半はそう思う)"と考えるのですが。

お礼日時:2001/10/16 14:04

「平和ボケ」という言葉は、湾岸戦争以前には聞かなかったと思いますよ、多分「小沢一郎」か「竹村健一」辺りではないでしょうか?



平穏な毎日を過ごしている時に非常時のことをあれこれ考えるのは、誰でも避けて通りたいという気持ちがあります。

そのことに警鐘を鳴らしているだけで、Phmsさんがいきり立つこともないでしょう!

・・・現実に、大会社は倒産しないとか考えていた日本人の前に会社どころか、大銀行は倒産しない位にのんびり考えていた

日本人の前に「山一證券」以来、いくつも倒産事例を見たのも一種の「平和ボケ」後遺症で「危機管理の無さ」に由来しています。

・・・ぬるま湯に入っていた蛙が、茹であがると言う寓話を思い出しませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「竹村健一」ですか、あの話ぶりからすると有り得そうですね。
「山一證券」等は、「欲ボケ」「バブルボケ」でしょ。
「律すべき単語」+「ぼけ」が正しい使い方と思いますが。
決して「ぬるまゆ」と「平和」は違うと考えます。

お礼日時:2001/10/16 11:37

こんにちは。



「冒涜」なんて言い回しは尋常じゃないですね。
この言葉って、普通の人よりも、世界の現状をよく知っている、知識人の方が使っていると思います。
ちょうど、けさの産経新聞でも作家の三浦朱門さんが使ってましたし。

世界の大多数の国が行っている「平和を保つための努力」「国民の生命・財産を守る努力」「理不尽な暴力に対抗する意識」そうした当たり前のことを日本人が行ってきていないことに対する、一つの警告だと思います。

平和は自然にもたらされるものではありません。口先で平和を唱えるだけでも達成されるわけでもありません。また、平和というのは、目的ではなく、人々が自由に安全に暮らすための「手段」の一つにすぎません。そうした意識のなさ、国際社会とのズレ、「平和ボケ」という言葉にはそんな意味が凝縮されていると思います。
#4のpartsさんがおっしゃる通り、この言葉をなくしたからといって、世の中が平和になるわけではありません。むしろ、Phmsさんの考えは、マスコミ界が陥っている(立場を変えれば、「迷惑」している)“言葉狩り”に通じるものがあります。矛先を向けるべきなのは、言葉ではないはずです。「犯人」を見つけたところで、何の進歩にもなりません。それこそ、「平和ボケ」ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
三浦朱門さんが使っていたとは知りませんでした。
内に対して使うならいざ知らず、外に向かって「ぼけ」とは大変な暴言ですよ。
「警告」と言うには余りにも乱暴な言葉です。
言葉はもっと慎重に責任を持って使うべきだと思いますが。

お礼日時:2001/10/16 10:55

日本人は流されやすいひとが多いから誰かが「平和ボケ」って言い出すと皆それに同調しちゃう。



平和に慣れきって管理が甘くなるのは確かにこれからの時代考えものだけど、わたしは Phmsさんと同じく「平和ボケ」って言葉平和に対する冒涜と感じ、とても嫌いです。

「泥棒にはいられました」「カギをかけないお前が悪い」
なぜ良いひとが悪い連中に合わせなければいけないのか?
ぼけるほど平和で何が悪いのか・・

カギをかけずに平気で外出できた時代はもう来ないのかしら・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
質問の表現が悪かったのに、気持を理解頂けたように思います。
とても横暴に使用され、平和主義者が開きなおらなきゃいけないような状況がとても許せませんでした。

お礼日時:2001/10/16 10:21

あらかじめ最初に述べておきますが質問の回答とは多少異なります。



私は悪い言い回しとは思いません。平和でない国、例えば今戦火にある人からすれば、日本は平和ですし無防備な国です。それに平和ぼけ自体は悪い意味で取られる場合も多いですが、戦争が続く国では夢の国です。
確かに社会情勢がどうだ、精神がどうだと言えば別ですが、少なくとも戦争によって国民が苦しむことはないです。あなたの家族や大事な人が死んだり苦しむことは少ない。

この言葉の言い回し自体がなくても、別の言葉が出てきたでしょう。この言葉をなくせば世界が平和になりますか?
私には良い例えと思いますよ。平和に浸り、平和が日常で死の危険は少ない国。誰もが無防備に歩くことがいまだに許される国(以前よりは危険ですけど)
牛がどうだと言える国。
世界の情勢をみて世界の動きを決める立場にもある。

私たちは幸せな環境にいる。それを一言で表せば、「平和ぼけ」で決して悪い意味ではない。ただし、世界が平和なくには平和でない国に見向きもしない場合が多い。平和にするために犠牲になった人、今も平和がある反面苦しんでいる人もいる。
生きることもままならない国の方には、平和という環境を当たり前と思っている人は、平和にぼけた人と見えて当然です。明日の食べ物もないような国では、狂牛病などを恐れることはありません。とにかく食べ物を探し明日に命を繋ぐ・・・同じ世界に住んでいて、これが現実です。

生きることに対する考え方、平和の考え方にはいろいろな物があります。これはあくまで私の考えですし、考えはそれぞれですから、あなたの考えを否定する気はないですし一つのすばらしい意見です。ただ私には、「平和ぼけ」とは戦争の起こっている国から見れば、日本は平和で自分たちの前にどのような犠牲が合ったか、今世界でどれだけ苦しんでいる人がいるかは分からなくなっていて、想像もできない。危険意識の違いがあり、平和はすばらしいが世界が全て平和ではないことを知ってほしいがために「平和ぼけ」という言葉が出たのだと思いますよ。
少なくとも平和否定ではなく、平和が犠牲のもとに成り立ったこと、この国より平和でない国、一握りの命の保証もできない国が世界にたくさんあるのですよ。平和な国でも助けることはできますよという意味であると私は思っています。

人や言葉を批判するのは誰でもできますし、私もよくします。ただ、意味合いはそれぞれによって違い。考え方一つで全く違う答えも出る物だと思いますよ。平和ぼけの言葉がなくせるなら、それも結構、でもなくならないなら、犯人がどうのというより解釈を考えればいい。多くの人がいろいろな解釈を持つことで悪意ではない解釈も生まれます。(こういう議論がどこでも活発ならほんとうに良いですが・・・)
私の解釈(あくまで批判ではなく一つの解釈です)には補足はなしと言うことで・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
貴方のご意見には、感銘をうけました。
唯違った意味で使われている事が多いようにも思われたのです。
ですから、もっと慎重に言葉を使って欲しかったと考えます。
歴史的に使われていても差別用語て有りますね、造語として「平和」と「ボケ」を結合した言葉はどうしても嫌悪を感じます。

お礼日時:2001/10/16 09:51

「平和ボケ」という言葉は10年近く前から使われているように思います。


また「平和ボケ」は平和に対する冒涜ではないのではないでしょうか?
「水と安全はただで手に入る」といわれていた頃、平和とは何か考えず、ただ当たり前のように受け止めていた頃の政治家に対して使われていたように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
平和に安住する事に対しての、卑下する言葉はやはり冒涜とおもわれますが。

お礼日時:2001/10/16 09:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボケ・花の咲いている枝で挿し木できる?

お世話になります。
近所の方から、咲き分けのボケの開花枝を頂きました。花瓶に挿して2日ほど経っていますが小さな新芽も花も元気な様子です。この花の咲いている枝を挿し木として使えますでしょうか。

花後に伸びてくる新枝を頂いたほうが成功率は高いのかもしれませんが、ひとつの枝にオレンジ、ピンク、白などの花がグラデーションのように咲いていて、他では見たことがないほど美しいので、この枝で試してみたいところです。

この花の咲いている枝でも挿し木が成功する可能性がある場合、その方法についてアドバイスなど頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

難しいですが活着する場合もあります。

私の場合、普通は一葉、一芽を挿しますが少し長いまま挿すのです。

Q20ヶ月以下の牛ではなく20ヶ月以上の牛の方が安全では

アメリカでは20ヶ月以上の牛の検査をすると聞いているのですが、20ヶ月以下の牛ではBSEの因子を持った牛がいるのではと思うのですが。どうなんでしょうか。

Aベストアンサー

そもそも論で、20か月以下の牛を検査したところでBSEに感染しているかはほとんど分からない訳です(今まで一番若い発見例は21か月)。また純粋に科学的にいうと、異常プリオンが発生するのには一定程度時間がかかり、現在の知見ではそれが通常30か月程度とされていることから、それらを勘案して「20か月」という結論を出したということのようです。

ただ、もう一つのそもそも論で行くと、アメリカの牛は広大な牧場で放し飼いなのでいつ生まれたかは正確には分かりません(苦笑)。ですから、月齢で検査対象を分けるというやり方が機能するかどうかは実はやってみないと分からない面もあったりします。

Qハイビスカスの挿し木は11月からでも大丈夫ですか?

ハイビスカスの挿し木をしました。
3日前に鉢植えのハイビスカスから挿し木用にするものを取り、
今朝まで水につけておきました。本日挿し木用の土に植えたのですが、
このあと、これらの挿し木ハイビスカスはどこに置き(室内?屋外?)、どのような管理をしたらいいのでしょうか?
挿し木をするには時期が遅いと思われますが、まだ望みがあるようなら
ぜひ成功させたいと思っています。

どなたかアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

1さんの提示されたリンクのとおりです。

同じ条件を確保できるなら可能です。逆に言うとこれから冬場ですので、温室でもない限り無理ということです。

次に発根できる環境になるのは、半年先の来年5月中旬以降です。それまで枯らさずに持たせれば良いですが、土にさした状態ではほぼ無理だと思います。
鉢植えのものを越冬させ、来年もう一度枝取りをするのが良いと思います。あるいは来年、挿し木ではなく「取り木」をするか。

なお、今挿してあるものは抜いて、もう一度水につけ、リビングなどの暖かな場所で越冬させれば、生きたまま越冬できるかもしれません。(無理かもしれません)

Q一般市民が平和ボケしていない国

よく日本人は平和ボケとか聞きますが、普通の一般市民が平和ボケをしていない先進国ってありますか?

そもそも平和ボケってどういう意味でしょうか

Aベストアンサー

こんにちは。
他の回答者さまとダブるかもしれませんがご容赦ください。

前者の答え
スイス、イスラエルがまず思い当たります。
アメリカは銃の所持が認められていますが、だから平和ボケじゃないという理由にはなりません。むしろ「こいつホントに人間か!?」と思うほど知的水準の低い(ヘキサゴンレベルといえばお判りになるでしょうか)連中も多いです。
スウェーデン、ノルウェーも福祉の一環で教育にも力が注がれていますので、日本ほどバカが蔓延してないと思います。
あと日本をお手本にした台湾も男子は兵役があり、実生活の道徳規範等にいたっては今や日本以上に立派な部分があります。

後者のこたえ
命の脅かされる心配の無い平和な社会は、賞賛されるべきであり決して卑下(特に自国民が)するべきものではありません。
日本人が堕落した主な原因は「平和」そのものではなく「間違った教育」にあると思います。すなわち戦後に行われた偽民主主義教育です。
この問題は、とかく日教組と深くペアになって批判されていますが、日教組に加入しているかどうかはあまり関係ないと思います。
旧文部省から続く役人の日和見的ないいかげんさ、教員のだらしなさ、それを律することのできない校長や教育委員会。彼らが代々無作為を重ねた結果だと思います。

こんにちは。
他の回答者さまとダブるかもしれませんがご容赦ください。

前者の答え
スイス、イスラエルがまず思い当たります。
アメリカは銃の所持が認められていますが、だから平和ボケじゃないという理由にはなりません。むしろ「こいつホントに人間か!?」と思うほど知的水準の低い(ヘキサゴンレベルといえばお判りになるでしょうか)連中も多いです。
スウェーデン、ノルウェーも福祉の一環で教育にも力が注がれていますので、日本ほどバカが蔓延してないと思います。
あと日本をお手本にした台湾...続きを読む

Qレッドロビンの挿し木

家の庭にレッドロビンの挿し木をしています。色々調べたところ腐葉土を混ぜるといいとあったので腐葉土を土と混ぜて鉢ではなく地面に直接挿し木しています。なんだか挿し木に元気が全然なく葉もタラン~とたれてしまっている状態です。最初はこんな状態でも元気になり根が生えるのですか?なにかコツはありますか?挿し木するとき葉が邪魔で結構取ったら茎の皮がむけてたんですがそれが原因でしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

挿し木には細菌などがいない清潔な土で肥料分が無いものを使うのが良く園芸店で売っている挿し木用の土やパーライト、バーミキュライト、赤玉土などが適切です。
挿し木には剪定バサミで10cm程の長さに切り揃えて土に挿す部分を良く切れるカッターで斜めに切り直します。
ハサミで切るとどうしても形成層を潰しまってカッターで切り直した時に比べて発根が劣ることがありますのでカツターを使用することをお勧めします。
そして斜めに切るのは水管の表面積を大きくして吸水し易くするためです。
挿し木は前もって水を含ませた土に1時間ほど水揚げをした枝を割箸等で穴を空け全体の2分の1から3分の2を土に差しぐらつかないようにして半日陰で1~2か月すると発芽発根しますので定植しますが、その際込み合って植えている場合は細根を切らないように一寸水遣りを控えて乾かし気味にして隣の根と絡まないようにしますが、そうでなく離れている場合は湿った状態で多少広め深めに根を切らずにシャベルで取り出して植付けます。
という訳で腐葉土や地面に直接挿し木した場合や茎の皮がむけた挿し木は雑菌に侵される恐れが大ですし葉は上の方の葉を1枚だけ残し他は鋏などでカットして挿します。
成功を祈ります。

挿し木には細菌などがいない清潔な土で肥料分が無いものを使うのが良く園芸店で売っている挿し木用の土やパーライト、バーミキュライト、赤玉土などが適切です。
挿し木には剪定バサミで10cm程の長さに切り揃えて土に挿す部分を良く切れるカッターで斜めに切り直します。
ハサミで切るとどうしても形成層を潰しまってカッターで切り直した時に比べて発根が劣ることがありますのでカツターを使用することをお勧めします。
そして斜めに切るのは水管の表面積を大きくして吸水し易くするためです。
挿し木は前...続きを読む

Qイラクの誘拐事件は政府の責任、自業自得という人が平和ボケの意味教えて下さい

 ニュースやインターネットで今回のイラクでの
誘拐事件の事を見ていると、自衛隊の撤退を
求める集会などで今回の誘拐事件の責任は
政府に有るという様な事をいっている人がいたのですが
何処にあるのか分かりません。

 
 政府→「危険だからイラクには行かないで下さい」
     と何度も注意していた
             ↓
    注意したのも関わらずイラクに行った3人が
    誘拐された、3人の解放の為に色んな人が
    尽力した
  (イラク行きを決めたのは本人たちで政府は関係ないのでは?)


 これで政府に責任があるという意見は
正しい、間違っている以前に意味が分からないのですが
どういう意味でしょうか?


 あと危険な状態にあるイラクに行って
誘拐された人に自業自得という人は
平和ボケだという意見も見たのですが
これも意味が分かりませんでした。
これの分かりやすい説明もお願いします。

 二つ質問させていただきましたが
これらの意見に反対だとか、嫌味だとか
そういう意味でなく本当に意味が分からなかったので
質問させていただきました。

 どちらか一つでも結構ですので
分かりやすい説明よろしくお願いします。

 ニュースやインターネットで今回のイラクでの
誘拐事件の事を見ていると、自衛隊の撤退を
求める集会などで今回の誘拐事件の責任は
政府に有るという様な事をいっている人がいたのですが
何処にあるのか分かりません。

 
 政府→「危険だからイラクには行かないで下さい」
     と何度も注意していた
             ↓
    注意したのも関わらずイラクに行った3人が
    誘拐された、3人の解放の為に色んな人が
    尽力した
  (イラク行きを決めたのは本人た...続きを読む

Aベストアンサー

#9です。
まず…平和ボケとはなんぞや??? ボケというからには、思考力や想像力が低下しているということでしょう。
例えば、「自分自身が日々を平穏に暮らせているがために、以下を失ってしまった状態。1:平穏でない暮らしを送るひとびとの苦しみを想像する力 2:平穏でない暮らしがここにあるのは何故なのかを考える力 3:平穏でない暮らしが自分にも襲いかかるかもしれないという危機感」…などなど。もっとあるかな。ぱっと思いつかないのだけれど。

当の犯人に「何故彼らを人質にしたのですか?」と問えば、
「日本の自衛隊がイラクにいるからです。自衛隊は米英に協力しているから出て行って欲しいのです。」と答えます。
人質となったひとたちに対し「自業自得だ」と言うこと、すなわち
「彼らがそこにいなければ事件は起きなかった」と考えること。それは正しい。正しいけれど、
もし「彼らがそこにいたことそのものが事件の要因だ」と考えるのであれば、それは正しくない。
彼らがそこにいなくても、自衛隊の駐留をよろしく思わないイラクのひと(今回の犯人)は現に存在するのだから。
事件の要因も犯行の動機も、犯行を犯した犯人自身の中にある。自衛隊とそれをよこした日本政府への敵意というかたちで。
これが事実だとすると、日本人は非常に面倒なことを考えなくてはならない。
自衛隊派遣の是非?政府は自衛隊の活動についてイラクの全国民に理解してもらえるような努力をしたか?
憲法が何言ってるか知らんが自国民の首に縄つけてイラクから全員引きずり出せないの?
…なんだか政治的ですごくめんどくさい問題ばかりです。
でも、今回の事件を「被害者の自業自得」と考えておけば、事件の要因のすべてを被害者に負わせることができる。
面倒なことを考えなくてもいいし、政府の行いにケチをつけることもしなくていい。
自分がそこに生き関与している国の政治問題、しかも今回は多数の国の民間人も兵士もたくさん死に続けている大きな戦争に関わる問題について考えることをすっ飛ばして「被害者が悪い」で片付けようとする。これって例えば上記の平和ボケすべてにちょっとずつ当てはまるのではないかなぁ、と思ったのであります。


参考サイトで言ってることは、感情的でわかりにくいでしょうかね(^^;
部外者は何も言うな、ではありませんよ。ただ「自己責任だ」ということは当人たちは当然のこととして自覚しているのだから、あたかも「わかってねーな、これだから若いヤツは」ってな説教のつもりでそれを言われても、彼らにとっては何ら新しい教えにはなっていない。彼らは自ら体験してすでに知っている。ってことです。
平和ボケしていると、平和でない暮らし(をするひとびと)に思いを馳せることができなくなってしまう。思いを馳せたとしても、行動に移すだけの力を持たなくなってしまう。何故ならば、それをしなくても、自分は平穏に生きていけるから。そう思い込んでいるから。すると、彼らのような熱意や正義や信念による捨て身の行動はまるで「まわりに迷惑をかけただけのばかげた行い」でしかないと、思えてくるのでは。そんな見かたしかできないから、「自己責任」なんてわかりきったことしか言えないんだよ。 …って話だと思います。
(ここで言う「自己責任」は、「捕まったこと」に限りますよ。その後の犯人の声明内容も、日本中の大騒ぎも、彼らに責任はありません。)

幸いなことに何をどう考えどんな発言をするのも自由なこの国です。この回答欄にも、新聞にもテレビにも雑誌にもいろんな見かたが飛び交っています。納得いかないものも、理解できないものもあって当然です。
いろんな意見をご覧になってゆっくりお考え下さい。長文失礼。

#9です。
まず…平和ボケとはなんぞや??? ボケというからには、思考力や想像力が低下しているということでしょう。
例えば、「自分自身が日々を平穏に暮らせているがために、以下を失ってしまった状態。1:平穏でない暮らしを送るひとびとの苦しみを想像する力 2:平穏でない暮らしがここにあるのは何故なのかを考える力 3:平穏でない暮らしが自分にも襲いかかるかもしれないという危機感」…などなど。もっとあるかな。ぱっと思いつかないのだけれど。

当の犯人に「何故彼らを人質にしたのですか?」...続きを読む

Qローズマリーの挿し木

ローズマリーを挿し木で増やしたいと思っています。(ほふく性 若しくは 半立性)
現在、植木鉢で花壇に置いて育てています。(他の植物に影響がでないよう)
増やしたものも、植木鉢で育てようと思っています。

(1)挿し木の適期はいつごろでしょうか?
(2)どのように挿し木をすれば、うまい具合にできますか?
(3)挿し木を行うときの注意点はありますか?
(4)成功率はどれくらいでしょうか?およその経験値で構いません。
(例えば、成功率が50%では、3つ増やそうとしたら6つくらい挿し木をすればいいかなという目安のため)

Aベストアンサー

6月から7月(梅雨時)に挿すのが一番簡単です

素焼きの浅鉢に赤玉の小粒はバーミキュライトを入れて
10cmぐらいの長さに切った挿し穂を鉢の縁に沿って挿すと
発根が早くなります

私の挿し木の方法はポリバケツの底に水を
2センチ位の深さに入れ、

その中に挿し木をした鉢を置いてポリバケツの口を
半透明のビニール袋で覆ってキッチリ紐で縛って
密閉し、西日の当らないところに置いておきます

「密閉挿しと言う方法ですが、これは何を挿しても
良く発根し、失敗が少ないからお薦めです

無事に発根したら9月中に鉢上げをすれば寒くなる前に
根付くと思います

ローズマリーの挿し木は比較的簡単に出来ますから
成功率は80%ぐらいだと思います

Q日本人の平和ボケ

よく話題にされていますが、アメリカとかイギリスとか、経済の発達した国は平和ボケじゃないのでしょうか。
平和ボケしているという具体例を挙げて教えてください。

私的には競争社会で平和ボケしているの意味がちょっとわからないので・・・

Aベストアンサー

 平和ボケだと思うことはよくありますが最近思ったのは、少し前の報道で対馬の自衛隊の建物に、民間人が顔パスで入って演習人員・予定などをメモするのを数年間繰り返していたというのがありました。その民間人は、日本に帰化した元韓国人で、奥さんは韓国籍のままで対馬の民団の事務局長を今もやっているそうです。
 自衛隊の敷地ってそこの自衛隊発行の通行証がないと入れないはずですが。田舎の基地隊で、自衛隊敷地内の売店に隊員の家族がちょっとお菓子買いに行くのでも通行証がないとダメなはずです。
 知人はうっかり忘れて、入り口の人と完全顔なじみなので入れてもらおうと思ったら「家に帰って持って来るか、今日はこのまま帰るかしかありませんよ。」と言われて、雨が降ってたのでそのままキーコキーコ、自転車こいで宿舎に帰ったと言ってました。どうなってるんでしょう?! 自衛隊ですら平和ボケです。常在戦場の4文字が色あせて消えかけてしまっています。

 また最近のことでは、ソマリア沖で日本人船員さんが乗っていたり日本と関連する船が被害にあっているのにマスコミがほとんど報道しないこと、です。日本ではないですが、2ヶ月前くらいにソマリア沖のもう少し東のところでフランス人観光客5人くらいが水着を着てボートに乗っていたところをソマリア海賊に乗っ取られて、身代金を要求されました。ビキニなどを着て遊んでいた丸腰ですので、抵抗のしようがありませんでした。すぐに仏海軍が救出に行き、海賊との銃撃で観光客1名が死亡、他は救出されました。
 同じ時期、米国船の船長さんも人質になり海賊から拷問を受け、海へ飛び込んで逃げましたが海賊に連れ戻されてまたひどい目に合いました。その後米海軍との連携がうまく行って船長さんは逃げ出せ、救出されました。
 こういう事件を日本のマスコミは報道しましたでしょうか。米国人船長の方は少し見ましたが、仏人観光客の方は見かけませんでした。日本や世界の国々が受けている海賊被害を報道しないことも平和ボケの一つではないかと考えます。

 イギリスはつい数日前に、イラン外交官を国外追放しましたね。イランまた、しかりでしたが。外交官を追放するということは「あんたんとこの国とイッチョやってやろうか?!」ということです。宣戦布告の前段階の一つになり得る事です。
 外国はこのくらいの緊張感を持って外交をしています。数年前、上海の日本総領事館がメチャメチャにされた時でも、日本政府は抗議の意志を表す為の大使召還すらしなかったですね。いざという時に、日本政府に外交官追放なんていう強攻策を取る根性あるかなと疑問に思ってます。

 平和ボケだと思うことはよくありますが最近思ったのは、少し前の報道で対馬の自衛隊の建物に、民間人が顔パスで入って演習人員・予定などをメモするのを数年間繰り返していたというのがありました。その民間人は、日本に帰化した元韓国人で、奥さんは韓国籍のままで対馬の民団の事務局長を今もやっているそうです。
 自衛隊の敷地ってそこの自衛隊発行の通行証がないと入れないはずですが。田舎の基地隊で、自衛隊敷地内の売店に隊員の家族がちょっとお菓子買いに行くのでも通行証がないとダメなはずです。
...続きを読む

Q上手なバラの挿し木の仕方について。

先日バラが妹の家の庭に咲いていましたので、挿し木をしようと
もらってきました。
今はかびんにさしたままですが、挿し木をしたいと思いますが
今までも何度かしましたが、挿し木できる木とできない木がありました
上手に挿し木できる方法がありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

基本的には、原種のものやミニバラが挿し木しやすいようですね。あと、注意が必要なのは、バラはけっこう無断増殖とか禁止されている品種が多いということなのです。法律に触れてしまうようです。いわゆる切花タイプや、イングリッシュローズは要注意です。原種のものなどは大丈夫なものがほとんどだと思います。バラの販売店や、ばらのタグなどに「無断増殖、無断販売禁止」「専売」などかかれているものはだめだと思われたほうがよいと思います。
挿し木ですが、「メネデール」などの発根をうながす薬が大きな種苗店などに売っていますので、そういう薬品を使用し、(農協などの販売店でもあります)土は赤玉土、挿し木用の土、など、とにかくリサイクルの土でなく(腐葉土や、養分を最初から入れている土も避けたほうがよいです。)あたらしい土を使用して水切りした(水の中で斜め義理にしてあげる)茎をさします。それで、下のほうの葉の生えた辺りから根が出たりするので、そういうのは落としておきます。途中で抜いて確かめたりしてはいけません。乾かしすぎるのもよくないのですが、ずっとぬれた土だと、植物は根が伸びにくいということがありますので、そのあたりがむずかしいところですね。挿し木、むずかしいものも品種によりありますので、一本でなく複数さしてあげたり、時期をずらしたりされてはいかがでしょうか。新芽が出てきたら発根したと考えてよいと思うのですが、根が張るまではポットから抜いたりするとあっというまにだめになります。根気が必要です。おうちの環境などにもよるようです。ご参考になりますように。

基本的には、原種のものやミニバラが挿し木しやすいようですね。あと、注意が必要なのは、バラはけっこう無断増殖とか禁止されている品種が多いということなのです。法律に触れてしまうようです。いわゆる切花タイプや、イングリッシュローズは要注意です。原種のものなどは大丈夫なものがほとんどだと思います。バラの販売店や、ばらのタグなどに「無断増殖、無断販売禁止」「専売」などかかれているものはだめだと思われたほうがよいと思います。
挿し木ですが、「メネデール」などの発根をうながす薬が大きな...続きを読む

Q平和ボケ左翼は感情論だろ。

交戦権のある自主独立も感情論なら正しいわけじゃないぞ。外国との整合性がないからだろ。死刑制度も被害者加害者の権力の整合性だろ。加害者には相応の権利放棄させた上での議論をしなければ人権宗教だ。

1+1=2は感情論の定義なんだよ。その後が合理的に整合するかだろうが。死刑反対は被害者の生存権に対する整合性がない感情論なんだよ。

ぼくは高卒で馬鹿ですが、有識者の皆様はいかがお考えですか?

Aベストアンサー

感情論的に見えてしまうのは止むを得ないとは思います


左翼=野党 という状況ですので、全ての主張が後付けです

与党や前から決まっているモノに0反対することしか考えていないので、対論を掲げるのことに無理がありますね

デモにしたって、法案が出されてからデモをします

だいぶ前からその法案が提出されるのを分かっているのに、あとだしジャンケンで勝とうとします


そうなれば、正論ではないのですから、感情的な行為や言論という手法しかないのかもしれませんね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報