プロが教えるわが家の防犯対策術!

第三次世界大戦ってもうすぐ始まりますよね?ロシアのウクライナ侵攻、中国の台湾侵略が同時に起こり、NATOはロシアに、アメリカ日本韓国オーストラリアインドは中国に対応する。
第一次、二次だって初めは小競り合いから始まって、デカい戦争になった。
アメリカの白人の人口も減り、WASP、白人は危機感を感じ、今こそ最強のアメリカを取り戻すべきだと考える人もかなり多く(現に白人至上主義のトランプが大統領になった)、中国やロシアに覇権をなんとしてでも、取られないようにアメリカもすると思います。
ロシア中国の侵略したい欲と、アメリカのなんとしてでも覇権を守りたい欲が、ぶつかって、戦争になると思います。アメリカ大統領が民主党の時に戦争が起きやすいんですよ

教えて!goo グレード

A 回答 (7件)

> 第三次世界大戦ってもうすぐ始まりますよね?



もうすぐって、いつですか?

それと、ロシアと中国が同時(協調)ってのも、まずあり得ませんよ。
たとえば中国にとってのロシアは、アメリカと同等か、潜在的には、国境を接する分、アメリカより脅威の敵性国家です。

逆にロシアの悲願は、南下政策であって。
最近、経済力を高めた中国は、ロシアにとってはご馳走に見えてるでしょうし。
反面、南下政策の障害にもなりつつあります。

むしろ台湾問題で米中が武力衝突したら、ロシアは中国に向かって南下しても、何の不思議もありませんし。
その場合、アメリカも反対しないでしょうから、ロシアにとっては大チャンスです。
第三次大戦は、こっちの可能性の方が高いかも知れません。
    • good
    • 2

アメリカは領土や覇権を拡大したがっているとは思えない。

世界の警察を実施すると金ばかりかかるので、中露の覇権が広がることは許容しないにせよ、現状維持を狙っているのではないかと思う。

現状変更には抵抗するだろうけど。その点では共和党政権は意思表示は上手で、先に言っておくことで牽制している。民主党政権は言わなかったり、誤ったサインを出しまくるので、軍事介入する羽目になることが多い。
    • good
    • 0

米国は台湾有事で中共軍と衝突することがあっても、核を使用する戦争にはならないと公言しており、また、中共も以前から核兵器の先制不使用を宣言しています。

 中共も今の軍事力では米国に遠く及ばないことは熟知しており、取りあえずは台湾が実行支配している東沙諸島の占拠程度で矛を収め、台湾本島への侵攻は十分な軍事力を獲得するまで、当分見送るとみられています。 むしろ危険なのは世界で一番核弾頭を保有している一方、経済力は韓国よりも劣るロシアの方です。 ウクライナのNATO加盟を阻止するために、ロシアがウクライナに侵攻する可能性は、中共が台湾に侵攻する可能性よりもはるかに高く、また、ロシアがウクライナに侵攻すれば、西側諸国から非常に厳しい経済制裁を受けることになります。 そうなればロシアは太平洋戦争前の日本と同じような立場になり、それでやけっぱちになったロシアが核戦争を引き起こす可能性を否定できないからです。
    • good
    • 0

ロシア 隙みて侵略してしまう から戦争にならない


中国 ここは戦争したくないのが本音 口とか軍事的威嚇だけ
細々とやっているだけ 多分戦争にはなりにくい
アメリカ戦う為の準備できてない
    • good
    • 0

人類は第二次世界大戦までで、戦争とはいかに愚かなことかを学んでいます。


小競り合いはあっても、世界規模になることはない。
人類はそれほど馬鹿ではありません。
    • good
    • 0

起こりません。

世界平和です!プーチンと習はそんな度胸ない!
    • good
    • 0

誰も得しない世界大戦はおこりません。


御自身の破滅願望にすぎないのではないでしょうか?
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング