いったん訳しましたが、意味はちょっとおかしいと思います。よろしくお願いいたします。
Thick-film Lubrication
A condition of lubrication in which the film thickness of the lubricant is appreciably greater than that required to cover the surface asperities when subjected to the operating load, so that the effect of the surface asperities is not noticeable.
厚膜潤滑剤
潤滑剤の条件は表面の障害を覆うのに必要な量以上潤滑剤であり,膜厚が厚い状態。これにより荷重が課されても、表面の障害は分かりにくくなる。
Hydrodynamic Lubrication
A system of lubrication in which the shape and relative motion of the sliding causes the formation of a fluid film having sufficient pressure to separate the surfaces.
動圧液体潤滑
潤滑剤が、表面隔てているのに十分な圧力をもっている流動性の膜の構成の形及び相対的な動作の表面すべりである。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 


 一応以下にわたしの訳を示します。
 最初の英文は、英語として読んでいると、よく分かるのですが、これを日本語で表現しようとすると、わたしの程度の力量では、分かり易く自然な日本語に訳すことがたいへん難しい英文です。
 
-------------------------------------
  厚膜潤滑
  潤滑剤の膜厚が、運転荷重がかかった時、表面のざらつき[隆起部分]を覆うに必要な膜の厚さよりも幾分厚く、それ故、表面のざらつき[隆起部分]の影響が目立たなくなる潤滑状態。
 
  流体力学的潤滑
  スライディング[滑り]の形態と相対運動によって、二つの表面を分離するに十分な圧力を備えた流体の膜が形成される潤滑システム。
-------------------------------------
 
 
  貴方の訳ですが、最初の文章に対する訳文は、訳の大意は、原文の言わんとしているところに一致しています。つまり、訳としては間違っていないということです。ただ、日本語として、少し不自然なところがあります。日本語として自然なように訂正しますと:
  
----------------------
  厚膜潤滑剤
  潤滑剤の条件は表面の障害を覆うのに必要な量以上潤滑剤であり,膜厚が厚い状態。これにより荷重が課されても、表面の障害は分かりにくくなる。

  厚膜潤滑
  潤滑剤が、表面の障害を覆うのに必要な量以上であり,膜の厚さが厚い状態。これにより、荷重が課されても、表面の障害は分かりにくくなる。
----------------------
 
  第二の文章についての訳は、貴方の訳文の意味がよく分かりません。わたしが理解するところの、第二の文章の文章構造は次のようになっているはずです。非常に基本的なことなのですが、説明してみます。
 
  この文章は、次のように大きく整理できます:

  Hydrodynamic Lubrication
  A system of lubrication [in which] ---A---.

  つまり、「Hydrodynamic Lubrication」とは、「A system of lubrication」である。では、「A system of lubrication」とは何か。その説明というか定義が、[in which] 以下の ---A----. の部分で説明されているのです。「in which」は、関係代名詞 which に前置詞 in が付いた構造で、これは、この場合は関係副詞の where と同じ意味ですが、[前置詞+which] という構文があり、この [in which] は、そのなかの一つの例です(例えば、[on which ---] [through which ---] などがあります)。
  
  それでは、---A--- はどういう構造かと言いますと、この部分に含まれる、名詞・名詞句を < > で挟んで見ると、どうなっているのかが分かるでしょう。

  1<the shape and relative motion of the sliding> causes 2<the formation of a fluid film having sufficient pressure> to separate 3<the surfaces>.
 
  1は、「スライディングの形と相対運動」。2は、「十分な圧力を備える流体膜の形成」。3は「複数表面」です。3は、表面が幾つか分かりません。わたしは二つと解釈しました。
  cause には、cause A to 動詞 という構文があるのですが、この場合、意味的に、この構文ではないと思います。すると、これは、cause the formation と働いていることになります。これは「形成を引き起こす」「形成の原因となる」という意味です。簡単には、「形成する」という意味と同じです。to separate the surface は、「表面を分離する」です。
  力学で、relative motion というと、普通「相対運動」という意味です。
 
 
--------------------
  なお、わたしは少し暇があって、小説を読むとか、音楽を聞くとか、パズルを解くとか、そういったことと同じような一種の娯楽的ヴォランティアとして、質問にお答えしていますので、あまり気になさることはありません(貴方の質問に対する回答が多いですが、その他の質問にも多く回答しています)。また間違ったことを言っている可能性もありますが、それは悪意ではありませんので許容願います。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも、お世話になります。丁寧に失明していただき、誠に有難うございます。
留学生ですので,日本語に訳する手順あまりわかりませんので、よろしくお願いします。

お礼日時:2001/10/19 09:42

 いいサイトがありました。

下の参考URLから開いてください。

 日本語の専門用語ばかりでわかりにくいかもしれませんが、

 「外部から加圧された流体を潤滑面に強制的に押し込むことにより圧力発生をする静圧流体潤滑と、

 適切な形状に加工した摩擦物体面の相対運動により流体を摩擦面間に引き込み、圧力を自動的に発生させる動圧流体潤滑があります。」

 と書かれてあります。

 それと、No.2 ですが、「noticeable」=「分かりにくくなる」と書いてますが、これは間違いで、「not noticeable」=「分かりにくくなる」ですね。ごめんなさい。
 

参考URL:http://www.mi-6.mech.kobe-u.ac.jp/japanese/study …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一生懸命、探してもらって、本当に感謝しています。このサイトはとてもいい参考になります。有難うございます。

お礼日時:2001/10/19 12:31

ごめんなさい。

1箇所間違えました。
「slidingのshape及びrelative motion」ではなくてkawarivさんが仰っているように「shape及びslidingのrelative motion」が正しいような気がします。

なお、私たちは、後ろの方にある言葉がどこを形容しているのかわからない場合に、わざと順番を入れ替えて、「slidingのrelative motion及びshape」
と訳したりします。
そうすると、slidingが両方にかかるのか前にあるもの(relative motion)だけにかかるのか、その訳だけではわからないけど、その技術の専門家ならばわかるということが言えます。

これは、殆どの場合形容詞が後ろに来るフランス語から英語に翻訳するときにもよく使われているテクニックです。
(私はフランス語から英語に翻訳されたものを日本語に翻訳するということをよくやっています。)
    • good
    • 0

もう1問ありましたね。


最後も、Hydrodynamic Lubricationという潤滑タイプの説明です。そのタイプがin which以下に説明されています。
Hydrodynamic Lubricationには、完全潤滑とか流体潤滑といった技術用語があり、
「摩擦面が液体膜によって分離され,摩擦損失がまったくその膜の中の内部液体摩擦に起因している場合に起こる潤滑.」(マグローヒル科学技術用語大辞典)
と説明されていますが、私にはよく意味がわかりませんし、「Hydrostatic Lubrication」との関係もよくわかりません。
従って、たぶんkawarivさんが仰っていること(QNo.152269、A#3)が正しいのでしょう。

説明部分中の訳で、fluidを流動性と訳していますが、これは性質ではなくて物です。従って、流体になります。
fluid filmは流体膜でいいと思います。
formationは「構成の形」ではなくて「形成(すること)」と訳します。
in which以下は、直訳すると、
「slidingのshape及びrelative motionがsurfacesをseparateするのに十分な流体膜の形成を引き起こす」
となりますが、この部分はその前のa system of lubricationを説明するものですから、そことうまく結びつけて翻訳しなければなりません。
「slidingのshape及びrelative motionがsurfacesをseparateするのに十分な流体膜の形成を引き起こすlubrication system」では日本語的には不自然な文章と感じられてしまうのです。この辺はタイの方には非常に難しい点だと思います。
日本語して自然だと感じられるようにするためには、他の方が回答されているように、
「slidingのshape及びrelative motionによってsurfacesをseparateするのに十分な流体膜の形成が引き起こされる(又は流体膜が形成される)lubrication system」
と翻訳します。英語は能動態(active)なのに、日本語では受動態(passive)で訳した方が自然な言回しになるのです。逆に、英語は受動態なのに日本語では能動態で訳した方が自然だという場合も多いです。
この点も、英語と日本語とは相性が悪いと私が断言する理由の1つです。

でも、ここまで気をつけて翻訳のレポートを提出すると、誰かに教わったというのが一発でわかってしまいますよ。程々にしておくのがコツです。
    • good
    • 0

saekowさん、こんにちは。



前にも同じ質問をしていますね。翻訳し直したものをもう一度チェックしてほしいということですね? saekowさんの翻訳は、前回よりは良くなっているいると思います。

これは用語の説明をしています。即ち、Thick-film Lubricationというのはどういうもの(こと)かという説明です。
lubricationは「潤滑剤」ではなくて「潤滑」です。
「厚膜潤滑というのは、ある潤滑の状態を指す」という説明で、「ある潤滑の状態」というのがどういう状態かということがin which以下に説明されています。
その状態とは、潤滑剤の膜の厚さが、作業荷重(負荷)が加えられたときに表面の凹凸(ざらざら)を被覆するのに必要な厚さより厚い
という状態です。
so that以下は、「表面の凹凸(ざらざら)の影響が目立たなくなる」という訳せばいいでしょう。
全体を通すと、
「厚膜潤滑
潤滑の状態の1つで、潤滑剤の膜の厚さが作業荷重を加えられたときに表面の凹凸を覆うために必要とされる厚さより明らかに厚いという状態。表面の凹凸の影響が目立たないようにする。」
というような言い方でいいと思います。
後半部分については、もうすぐ職場の昼休みが終わるので、帰宅後に考えてみます。
    • good
    • 0

 慣れない日本語をがんばっているみたいですね!


 他の質問を併せて考えると、内燃機関(engine)の授業ですか?

 さて、まず、「lubrication」には「潤滑剤」という訳もあるようですが、「Thick-film Lubrication」を説明する内容から見て、この場合は「潤滑」ですね。日本人の先生なら、区別しやすいように、「潤滑剤」は「lubricant」とするのが普通です。

 次に、「asperities」ですが、これは表面の状態を表しているのですから、「でこぼこ」とか「凹凸(おうとつ)」とか、そういう意味です。学術的に言えば、starflora さんがご回答されているように、「隆起部分」ですね。

 「noticeable」は、 確かに「分かりにくくなる」ですが、「so that the effect of the surface asperities is not noticeable.」の「effect」が訳されていません。「effect」は、「効果」「影響」という意味がありますが、どちらが適当(suitable)かは、文の内容から判断します。「効果」の意味は「advantage」に近く、表面の隆起部分の「advantage」が「not noticeable」ではよく分からないですから、ここは「影響」とします。そして、「not noticeable」をもうちょっと学術的に言えば、「無視できる」ですから、so~は、「表面の隆起部分の影響が無視できる」といったところでしょう。

 「operating load」は、「荷重」でよいでしょう。

 その他は、starflora さんのご回答を参考にして下さい。

 2つ目の「Hydrodynamic Lubrication」ですが、まず、動圧「液体」潤滑ではなく、動圧「流体」潤滑です。これは、先日のご質問にあった「静圧流体潤滑」と同じく、流体潤滑の1つです。

 テキストを持っているなら、「Hydrodynamic Lubrication」を説明しているところをよく読んでください。まず、「shape」ですが、これは摩擦面の形状のことです。そして、「shape」が「relative motion of the sliding」とともに「fluid film」を形成すると書かれていると思います。「causes the formation」は、「form」と同じ意味なので、「形成する」でOKです。

「fluid film having sufficient pressure to separate the surfaces.」の訳は、「表面隔てているのに」が日本語として少しおかしく、「表面を隔てるのに」とすればよいと思います。この「表面」とは、英文にはありませんが、「摩擦面同士」の意味です。

 saekow さんの訳でおかしいところは、starflora さんが説明されている通りです。starflora さんの訳を使わせて頂き、少しまとめると、

 「形状と滑りの相対運動によって、表面を隔てるのに十分な圧力を有する流体の膜が形成される潤滑系」

となります。これが、「Hydrodynamic Lubrication」の定義です。

 なお、ここでは、「system」は「系」として下さい。「システム」でも間違いではないのですが、「潤滑システム」だと、「潤滑させるための装置」というニュアンスが強く、技術者から見ると違和感があります(I feel odd)。

 あ、それから、私は昼休みにやってますのでご心配なく(^^)。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあまのじゃくってどういう意味ですか?

あまのじゃくってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

かっこつけたり、恥ずかしがったりして、自分の感情や思いをうまく表現できないこと。天邪鬼。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%AE%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8F

Qone of which/of which one

手元にある文章、
There are transmitters of either 10 or 50 watts, of which one acts as stand-by while the other is in operation.
について、関係代名詞of which oneの辺りについて質問があります。

(1) ...10 or 50 watts, one of which acts...
(2) ...10 or 50 watts, of which one acts...

(1)の書き方であればよく分かるのですが、上の文章にあるように(2)の場合ではどうしてこのような並びになっているのかがよく分かりません。(1)と(2)では意味はおそらく同じであると思いますが、違いや使われ方の特徴はあるのでしょうか。お詳しい方、何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ANo.5への追記です。ANo.5で
「回答者のどなたも指摘していませんが、oneと後から出てくるthe otherが対をなしているからですね」
と書きました。繰り返しますが、この文ではこの点が重要だ思う。なお、後のほうのthe otherはanotherで置き換えてもよい。

手元にある辞書(研究社)から例文をあげておきましょう。
oneという言葉を引くと項目の3番目に「[another, the otherと対照的に]一方の、片方の」という意味で用いるとあり、例として

To know a language is one thing, to teach it is another.(一つの言語を知っているのと、それを教えるのは別だ。)
If A said one thing, B was sure to say another.(Aが何か言うと、Bは必ず別のことを言った。)
He's so happy -go-lucky that advice seems to go in one ear and out the other.(彼は行きあたりばったりだから、忠告も右の耳からはいって左の耳からぬけてしまうようだ。)
Some say one thing, some another.(こう言う人もいればああ言うひともいる。)
one--, the other--.(一方は...他方は...)

があげられている。問題の文の場合も、
..., one of which acts as stand-by while the other is in operation.
とすると、この対称性(あるいは対照性)が破れて、文として美しくないでしょう。誤解のないように言っておきますが、このように修正した文が文法的にダメだとは言っていない。あくまでも文としての品、あるいは美しさの問題です。

ANo.5への追記です。ANo.5で
「回答者のどなたも指摘していませんが、oneと後から出てくるthe otherが対をなしているからですね」
と書きました。繰り返しますが、この文ではこの点が重要だ思う。なお、後のほうのthe otherはanotherで置き換えてもよい。

手元にある辞書(研究社)から例文をあげておきましょう。
oneという言葉を引くと項目の3番目に「[another, the otherと対照的に]一方の、片方の」という意味で用いるとあり、例として

To know a language is one thing, to teach it is another.(一つの言...続きを読む

Qどういう意味だと思いますか?

彼とLINEしていると
「返事がおくれてごめん、あまのじゃくなもので・・・」と
返事がありました。

たわいもないことをLINEでやりとりしているのですが

あまのじゃくになるというのは・・・
回答に困って返事が遅れるという意味でしょうか?

Aベストアンサー

返事が早かったり遅かったり、気まぐれだということじゃないですか?

遅れてごめんと謝ってくるところが全くあまのじゃくだとは思いませんけどね。

QBee to the blossom, moth to the flame; Each to his

Bee to the blossom, moth to the flame; Each to his passion; what's in a name?

Helen Hunt Jacksonという方の言葉です。

和訳を意味を教えていただけますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

魅かれるのはpassionだ;名前がどうだと言うんだ。

Q「あまのじゃく」に相当する英語は?

和英辞書を引いてみますと、色々な英語が出て来ます。
perverse or cussed person; contrarian とか。
それらの英語を逆引きすると、「つむじ曲がりの」とか「意固地な」とかの日本語になって、本来の日本語の意味の「あまのじゃく」に相当しません。

皆がこう言ったらいつも反対あるいは、別のことを言いたがる人。あるいは、何かが評判になったりして、多数の人がそこに殺到する時、その風潮に絶対に乗ろうとしない人。

私が捉えている「あまのじゃく」ですが、こんな性格の人は英米圏には殆んどいないから、それに相当する英語がないと言うことでしょうか?
もし、近い英語があれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 yes-man, yes-sayer(はいはいと言うことを聞く人)の対義語、no-man, no-sayer(違う違うとごねる人)が近いだろうと思います。

QThe job of fixing the roof. vs. The job fixing the roofの違いは?.

The job of fixing the roof. --(1)
The job fixing the roof. --(2)

上記2文はどちらが正しいかと言うと,訳すると

(1) --> 屋根を直すことの仕事
(2) --> 屋根を直している仕事

で明らかに,(1)の文章かしか成立しないと思います。

では,もし:
A note of saying that … -- (3)
A note saying that … --(4)

上記の2文なら;

(3) --> That以下を言う注記
(4) --> That以下を言う注記

(3)と(4)の場合(1)と(2)の場合ほど明確な意味の差が出てきません。 ホームページの検索を行うと(4)の方が多いです。 (1)と(2)の意味的判断及び(2)と(4)はそれぞれjob,noteを修飾する現在分詞の用法と言うことより,(3)と(4)ならば(3)の使い方が正しいと思うのですが実際のところよく分かりません。

どちらの表現の仕方が正しいのか宜しくご教示お願いいたします。





 

The job of fixing the roof. --(1)
The job fixing the roof. --(2)

上記2文はどちらが正しいかと言うと,訳すると

(1) --> 屋根を直すことの仕事
(2) --> 屋根を直している仕事

で明らかに,(1)の文章かしか成立しないと思います。

では,もし:
A note of saying that … -- (3)
A note saying that … --(4)

上記の2文なら;

(3) --> That以下を言う注記
(4) --> That以下を言う注記

(3)と(4)の場合(1)と(2)の場合ほど明確な意味の差が出てきません。 ホームページの検...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。5/17のご質問では、ご出張でご多忙の中、ご丁寧なお返事をいただき有難うございました。

1.The job of fixing the roof.:

このofは同格のofでここでは「屋根を直すという仕事」ということになり、The job=fixing the roofという関係が成り立ちます。ここではfixingは動名詞で、名詞と名詞をつなぐ働きをしているのが、この同格のofとなります。

2.The job fixing the roof.:

この文は文法的に間違いです。理由は以下の通りです。

このfixingは一瞬、jobという名詞にかかる、限定用法の現在分詞のように見えますが、これは現在分詞ではありません。現在分詞であれば、名詞と現在分詞の関係が主語と補語の関係になければなりません。この文を主・述の関係文にしてみると

The job fixes the roof. 「仕事は、屋根を直す」
ここでのfixは目的語を取る他動詞で、人が主語でなければ屋根をfixすることはできません。Jobという「ことがら」を主語にはとれないのです。

この文を主述の関係を正しい文にすると
The job is fixing the roof. 「仕事は、屋根を直すことである」
となり、fixingは動名詞(=to fix)としてSVCの文になるわけです。

従って、job(名詞)+fixing(動名詞)という、2つの名詞は前置詞なしには並列できないのです。これが、文法的に間違っている理由になります。

3.A note of saying that.:

この文は不自然です。文法的に正しいとも間違っているとも言える文章です。その理由は以下のように説明できます。

1)文法的に正しい根拠:

このofは同格のofで、sayingは「~と言っていること」という動名詞になります。名詞+同格のof+動名詞の並びになり、文法的に正しい用法となります。ただ直訳すると「~と言っていること、という、注記」という意味になり、こじつけ的で複雑な訳が根底にあります。

2)文法的に間違っている根拠:

sayingを限定用法の現在分詞「~という(注記)」とみる場合です。この場合、A noteとsayingは主語+述語の関係となり、A note saysと文は成立し、sayingは形容詞的な現在分詞として名詞を修飾していると考えられます。その場合、ofという前置詞は不要となるわけです。不要なofがあるので間違いとなるわけです。

4.A note saying that:

これは最も一般的な表現です。このsayingはA noteを修飾する限定用法の現在分詞として、形容詞的に名詞を修飾しています。3でご説明した通り、A note saysという文が成り立ち、A noteが主語S、sayingが動詞Vという関係が成り立ち、文法的に正しい文章です。

ちなみに、sayingがなくてもA note that「~という注記」とすることができます。この場合のthatは同格の接続詞となりA note=thatという関係が成り立ちます。

以上ご参考になれば。

こんにちは。5/17のご質問では、ご出張でご多忙の中、ご丁寧なお返事をいただき有難うございました。

1.The job of fixing the roof.:

このofは同格のofでここでは「屋根を直すという仕事」ということになり、The job=fixing the roofという関係が成り立ちます。ここではfixingは動名詞で、名詞と名詞をつなぐ働きをしているのが、この同格のofとなります。

2.The job fixing the roof.:

この文は文法的に間違いです。理由は以下の通りです。

このfixingは一瞬、jobという名詞にかかる、限...続きを読む

Qあまのじゃくな男性

中学生男子に
あまのじゃくな人は結構いますか?

あと中学生男子は
普通に女子の肩に触れたりは
するもんですか?

回答お願いします(*´∇`*)

Aベストアンサー

中学生はあまのじゃくが多い年代でしょう。

女の子に対し興味が無いようなふりをしたり、悪態をついたり。

肩に触れるのはある程度親しいしるしだと思います。

QThe jackpot is up in the tens of millions of dollars,...

あけましておめでとうございます。昨年は回答者の皆様には大変お世話になりました。お陰で英会話に益々の興味が湧いてきました。本年のどうぞよろしくお願い申し上げます。

NHKラジオ英会話講座より
The jackpot is up in the tens of millions of dollars,and they pick the winners at the end of this month.
大当たりは数千万ドルで、今月の末に当選者を選ぶんだ。

(質問1)「数千ドル」の表現が良く理解できません。[of]の使い方の説明と、類似した例文を2,3お願いできませんか? 「数十ドル」なら[the tens of dolllars],「数百ドル」なら[the hundreds of dollars]でしょうか? [of]を外すとおかしいですか?他の表現はありませんか?
(質問2)[up]についてお尋ねします。強調の[up]でしょうか? 「大当たりは数千万ドルもの沢山だよ。」とか。 以上

Aベストアンサー

of の使い方ですが・・・、たぶんもともとは・・、

[分量・内容を表わして; 数量・単位を表わす名詞を前に置いて] …の
a box of chocolates 1箱のチョコレート
a cup of coffee 1杯のコーヒー.
two pounds of pork 豚肉2ポンド.

こういう使い方と同じということではないでしょうか?

>「数十ドル」なら[the tens of dolllars],「数百ドル」なら[the hundreds of dollars]でしょうか?
そのとおりです。

>[of]を外すとおかしいですか?
おかしいです。
日本語とは違う言語ですから、こういう言い方をするのだと、覚えるしかありません。

その他の表現としては、
scores of (数十の、たくさんの)、dozens of (数ダースの)
などもあります。

up は、~に上がって という意味の副詞で、当選に該当者が出なかったので、
賞金が積みあがって、~に達した といいたいのだと思います。

Qあまのじゃく・・・

なんとなく、あまのじゃくな性格です。
この性格ってどうしてこうなるの?
解決する方法とかありますか?

Aベストアンサー

同じくあまのじゃくです(笑)
#1さんのおっしゃること、確かに当たってるような気が・・・。
私は最近は、思わず言い返してしまっても
後で家に帰ってから反省をするようにしています(笑)
あまり役に立つか分かりませんが
参考程度に読んでおいていただけるとありがたいです。

Qpart of,a part of,the part ofの違いについて

part of,part of,the part ofの違いについて教えていただけますでしょうか?
定冠詞、不定冠詞の使いは方は理解しているつもりですが、以下の認識であっていますでしょうか?

まず、the part ofの場合は、その部分が会話の中で明確になっておりまさにその部分であると言うことをさす場合に使用すると考えてよろしいでしょうか?

a part ofはその部分が数えられるものである場合に使用し、part ofは数えられないもしくは分割の単位があいまいなものに使用するという考えでよろしいでしょうか?


以下のような感じでしょうか?
this is the part of the issue.
訳「これは、その問題のその一部分(今話題に上がっている部分)です」

this is a part of the issue.
訳「これは、その問題のいくつかある中のそのうち一つです。」

this is part of the issue.
訳「これは、その問題の一部です。」

Aベストアンサー

これは難しい問題です。長年英語をやってきていまだ私も同じ疑問を感じています。しかし、経験からしてpartに関してはtheかaをつけてもよいときにでも冠詞なしで使われることがおおいのは確かです。数えられるものでもaをつけないことも多い。結局、冠詞、定冠詞をつけたほうがはっきりする場合(強調する)ときに、つけるのがよいように思います。いちど、native speakerの国語の先生にきいてみたいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報