TLCの発色剤は何十種類もあるそうですが、
その種類と用途を教えてください。

A 回答 (3件)

rei00 です。



 補足拝見しましたが,MiJun さんお示しの成書はご覧になりましたか。そこに載っていると思いますが。


> 図書館で調べたところ、物理的検出法と化学的検出法
> 〔万能検出法と選択的検出法と誘導体化検出法〕があり、
> すべてを足すと120種類くらいありました。

 それだけ判っていてまだ何が問題なのでしょうか?レポ-トであれば,ここでの回答よりも,ご自分で調べられた結果が重要です。お書きの事が正しければ充分な調査をされていると思いますが。


> これはすべて発色剤にはいるのでしょうか?

 「発色剤」とは字の通り「色を発生させるための薬剤」です。したがって,はTLC板に噴霧したり,TLC板を浸けたりして発色させるもの以外は「発色剤」とは言えません。つまり,物理的検出法と誘導体化検出法は「発色剤」ではありません。


> 発色試薬でよくまとまっている参考書などがありましたら、
> 教えてください。

 発色試薬だけでまとまっているものは無いと思います。「薄層クロマトグラフィ-」の成書の一部に発色試薬がまとめてあるだけだと思いますので,やはり MiJun さんお示しの成書をご覧下さい。なお,先の回答で私が書いた「Thin-Layer Chromatography Reagents and Detection Methods Vol.1a」は全3巻の一冊ですが,この巻だけ見れば発色試薬の記述に300ペ-ジ使っています(後の部分は,物理的検出法が約45ペ-ジ,化学的検出法の一般論が約90ペ-ジです)。


> クロマトグラフィーの種類と原理を調べています。
> 何か参考になるものがあれば教えてください。

 これは分析化学の教科書をご覧下さい。あるいは,OK Web のトップペ-ジで「クロマトグラフィー」で検索してみて下さい。


> 塩析クロマトグラフィーの原理が分かりません。

 「化学辞典」(東京化学同人)によると,『ある物質(主に有機物質)の溶液に加える別の物質(可溶性無機塩)の濃度の調節によりその物質の溶解度が変化する事を利用するクロマトグラフィ-』だそうです。固定相として適当な吸着剤を,移動相として適当な濃度の塩溶液を用いるそうです。
    • good
    • 1

 過去の回答歴を拝見しましたが,中学校の理科教師を目指しておられるようですね。

それでしたら,「何十種類もある」発色剤の「種類と用途」をここに書く事が如何に大変で面倒な事かはお解りになると思います。

 MiJun さんお示しの成書などをご自分でご覧になって下さい。

 ちなみに,手元にある「薄層クロマトグラフィ-の実際」(鈴木郁生 著,廣川書店,昭和59年刊)には93種類,「Thin-Layer Chromatography Reagents and Detection Methods Vol.1a」(Jork H., Funk W., Fischer W., Wimmer H. 著,VCH,1990年刊)には80種類の試薬が出ています。


 MiJun さんも書かれていますが,目的は何でしょうか?補足下さい。
    • good
    • 0

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この中で#2で紹介した成書に記載があると思います。

何か特別の化合物があるのでしょうか・・・?

補足お願いします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=28512

この回答への補足

TLCの発色剤〔発色試薬〕の種類と用途を調べるレポートの作成をしています。
図書館で調べたところ、
物理的検出法と化学的検出法〔万能検出法と選択的検出法と誘導体化検出法〕があり、すべてを足すと120種類くらいありました。
これはすべて発色剤にはいるのでしょうか?
発色試薬でよくまとまっている参考書などがありましたら、教えてください。
また、クロマトグラフィーの種類と原理を調べています。
何か参考になるものがあれば教えてください。
特に、塩析クロマトグラフィーの原理が分かりません。

補足日時:2001/10/19 12:42
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTLC発色試薬  塩化マンガン(II)溶液について

TLCにて、脂質、ステロイド類のスポットを発色させるのに、 塩化マンガン(II)溶液があります。作り方をみると、塩化マンガン(II)・2水和物を使っています。塩化マンガン(II)・4水和物でも代用できますでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には使えます。
式量による対応量を取って調製します。

QTLCの発色方法

TLCでの発色方法にはいろいろあるようですが、用いる試薬の違いによって、どのような物質が検出されるのでしょうか?例えば硫酸発色はどのような物質が検出されてくるのでしょうか?またUV発色ではどのような物質が検出されるのでしょうか?

Aベストアンサー

TLC 発色剤で検索するといろいろと出てきます。
どこかのメーカーでも解説の冊子を作っていたように思います。
UVで検出できるのは芳香族化合物や共役二重結合を持つような化合物(全てというわけではありませんが)です。ただし、TLCプレートは蛍光剤を含んでいるものを使う必要があり、化学的に述べるなら、その蛍光の波長(普通は254nmだと思います)に吸収を持つ物質が検出できるということになります。

http://www.chem.hak.hokkyodai.ac.jp/OrgExp/TLC.html
http://www.scc.kyushu-u.ac.jp/Yuki/link/tlc.html

QTLCスポットのUV発色について

TLCを使った実験で、展開後、スポットを確認するために、紫外線ランプを当てますよね。私の実験室では、長波366nm、短波254nmのランプを使います。

そのときの発色の原理について、質問があります。

TLCプレート(silica gel 60 F254)を使っているのですが、プレート上に展開された物質が、長波でも短波でも反応する場合、長波では紫外線を当てるとその物質が蛍光発色し、短波では、その部分だけ消光します。
共役二重結合がある場合、紫外線に反応すると理解していたのですが、長波と短波を当てたときに、長波だけ反応する物質、短波だけ反応する物質があり,なぜこのような結果になるのか不思議です。
自分なりに考えてみたところ、「短波で消光するのは、シリカゲルに蛍光物質がぬってあって、その上に展開した物質が覆うように存在するからであり、別に共役二重結合を持たなくてもプレート上に展開された物質はすべて確認できるのかな。長波で反応する場合は、共役二重結合によって紫外線を吸収した後、別の波長として放出し、蛍光物質として検出できるのかな。」と思いましたが、よくわかりません。
どなたか、ご存知の方、教えてはいただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

TLCを使った実験で、展開後、スポットを確認するために、紫外線ランプを当てますよね。私の実験室では、長波366nm、短波254nmのランプを使います。

そのときの発色の原理について、質問があります。

TLCプレート(silica gel 60 F254)を使っているのですが、プレート上に展開された物質が、長波でも短波でも反応する場合、長波では紫外線を当てるとその物質が蛍光発色し、短波では、その部分だけ消光します。
共役二重結合がある場合、紫外線に反応すると理解していたのですが、長波と短波を当てたときに...続きを読む

Aベストアンサー

共役二重結合のような電子が励起されやすい状態にある化合物は強いエネルギーを持った短波長の紫外線によって励起され発光ではなく熱となって基底状態へともどります。つまり紫外線を吸収するので見た目はその部分だけ消光します。当然全ての物質が吸収するわけではなく、展開後に溶媒を減圧したりして完全に乾かさなくてもUVで検出されないことからも分かります。長波長の紫外線で光る物質は長波長の波長で励起されて可視光を放つものです、エネルギーが弱いためにどんな物質でもというわけではありません。光る物質の多くは長い共役系を持っているなど弱いエネルギーでも励起できそうな物ばかりですよね。
ちなみにシリカゲルのUV-Visスペクトルを測定すると260nm以下あたりから吸収域を持っていることが分かります。

QTLC分析の発色法について

薄層クロマトグラフィー(TLC)で展開溶媒はヘキサン:酢酸エチル=3:2、試料はアニリン、サリチル酸、ナフタレンを使いました。この際の発色法はヨウ素以外になにかありますか?

Aベストアンサー

リンモリブデン酸エタノール溶液

アニスアルデヒド

UVの照射などが使えると思います

QTLC後のUV発色について

有機の実験でTLCにより生成物がしっかりとできたか(不純物がなく、原料も消費されているか)を確認するということをしましたが、その時にUV発色があるかどうかを確認しました。
ここで疑問に思ったのですが、UV発色をする条件とはどういう条件なのでしょうか?

Aベストアンサー

市販のTLC板には塗布剤(シリカゲルなど)に発色剤を混ぜてある場合が多く、UVを当てると発色します。
生成物をスポットするとその部分でUVが吸収されるので他の場所に比べて暗くなります。
当てたUVの吸収帯を持たない物質の場合は暗くならず他の場所と変わらない状態になります。
UVを吸収するかどうかの目安は共役系の構造があるかどうかというところでしょうか。
エーテル:吸収しない
ベンゼン:吸収する

他には蛍光を持っている物質なんかの場合は、UVを当てると明るく光ります。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報