社会人6年目のサラリーマンです。
8月に、ほとんど勉強をせずにTOEICを受けた結果が500点でした。
まずは600点を目標にしているのですが、
リスニング強化につながる教材・テープ等、またなにかよい方法があればアドバイスいただけないでしょうか。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

TOEICにはある程度、受験上のテクニックというものが


あります。リスニング強化というわけではないのですが、
リスニングの実力を100%発揮するためのアドバイスです。
リスニングは文の最初を聞き漏らしてはもうその問題が
ピンチになってしまいます。よって、解答のマークは後回しにするのです。
もちろん、印(ペケ印でも何でもよい)をつけておきます。
リーディング突入後、ひたすら100問分のマークを塗りつぶしましょう。
    • good
    • 0

いまどきは、CD-ROMの教材もあるんですね。


(実際に使ったことはありませんが、、、一例として)

参考URL:http://www.alc.co.jp/new_bazaar/cdworld/to_perf. …
    • good
    • 0

洋画をDVDでみるのがいいと思います。



字幕なしがいちばんいいんですが、それだとちょっときついので、字幕を英語で表示してあげると何を言っているかを聞き取るための補助になると思います。勉強している気にならないので長続きしますし、言い回しがラクに身につくのではないでしょうか。ただ、日本語で表示してしまうとついつい日本語を読んでしまうので気をつけてください。

リーディングや文法のパートと違って、リスニングは短期間でもかなりいい点が取れるようになると思います。たくさん英語をきくのがいちばんです。洋画でも洋楽でもニュースでもAFNでも何でもいいから生の英語を飽きるだけ聞けば、600点くらいならラクにいけるはずです。

でも今月の試験だとしたらいくらなんでもちょっと間に合わないかもしれないですが。。。がんばってくださいね。
    • good
    • 0

TOPページで「TOEIC テープ」と入れて検索するといくつかHitしますので参考にしてください。



さらに書店にもいくつかあると思いますので、のぞいてみては如何でしょうか?

ご参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリスニング強化の為の発音教材

英会話の訓練をしています。
教材は主にNHKのビジネス英会話(杉田敏先生や日向清人先生のもの)を使用しています。
教材の内容は聞き取れても、なんだか自分はリスニングがいまいちだな~と思っていました。
帰国子女の前で音読を聞いてもらいましたが、発音は悪くないということでした。
が、何故聞き取れないのか・・・と思い、留学経験なしでビジネス英語をマスターした人に相談すると、発音の勉強をしたほうがいいのでは・・・と言われました。
その人も発音の勉強をしてリスニングが向上したというのです。
そしてUDA式を勧められましたが、他にも何かないかと、Amazonで発音関係の本を探し、以下の本を見つけました。
http://www.amazon.co.jp/%E9%AD%94%E6%B3%95%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%9F%B3-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A3%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%8777-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A3%E7%9F%A2%E9%87%8E/dp/4062098784
What do you ~をワルユと発音。
そういわれてみて改めて注意して聞くと、NHKのビジネス英会話ではワッドゥユゥと発音しています。
確かに語学教材ではコレクトでポライトな話し方になるので、私も語学教材を聞き、同じように発音していました。
そして、語学教材が聞き取れても、映画はもちろん、ちょっとフォーマルな英語(たとえば米国の政府要人の声明とか)でも、早口だと聞き取れないな~と思っていたのですが、What do you ~をワルユと聞くには、教材も砕けた話し方をしていて、リエゾンバリバリのものでないとだめと言うことになります。
英会話の目的は主にビジネス英会話ですから、フレーズはビジネス英会話のものを覚えるのが有効だとは思うのですが、今の私にはまずはリスニング強化が大事とすると、NHKの語学教材などで勉強するのはあまり有効ではないのでは・・・と思い始めました。
UDA式かハイディ先生の教材を勉強するとしても、リスニングの為の副教材としては、もっとライブな英語の方がよいのでしょうか。
例えば、お気に入りの映画とスクリプトをいくつか持っているので、そちらにするとか・・・。
どなたかアドバイスをお願いします!

英会話の訓練をしています。
教材は主にNHKのビジネス英会話(杉田敏先生や日向清人先生のもの)を使用しています。
教材の内容は聞き取れても、なんだか自分はリスニングがいまいちだな~と思っていました。
帰国子女の前で音読を聞いてもらいましたが、発音は悪くないということでした。
が、何故聞き取れないのか・・・と思い、留学経験なしでビジネス英語をマスターした人に相談すると、発音の勉強をしたほうがいいのでは・・・と言われました。
その人も発音の勉強をしてリスニングが向上したというので...続きを読む

Aベストアンサー

アマゾンのリンクを拝見しましたが、
「What do you ~をワルユと発音。」こそ、“副教材”にして、
メインはNHK講座等の正統派のほうが良いと思います。

リスニングはたくさん聞かないと耳が慣れません。
まだ聞く量が少ないのではないでしょうか?
いくら優れた教材を使っていても、「教材だけ」聞いているのでは足りないと思います。
CDでもラジオでもニュースでも何でもいいので英語の音にたくさん触れることが必要です。
別にこれは学習教材でなくてもいいです。英語でさえあれば。

あとは、語彙が増える、つまり知っている単語が増えると、聞き取れる範囲が増えます。

また、スピーキング練習とリスニング練習はちょっとまた別です。
発音が良くてもスピーキングはあまり出来ないということもあるし、
逆の人もいます。
テレビなど観ていると、
ネイティブ張りの発音でなくても、難しい話題を喋れる日本人もたくさんいますよね?
「ちょっと違うと通じない」という場合は確かにありますし、程度問題ではありますが、多少の訛りはOKです。

人により意見が違うと思いますが、たとえば、
発音記号と口蓋図で1つ1つの発音を身につけ、
お手本の音声を聞きながら単語の発音を練習し、
CDでもラジオでも何でもいいので、ネイティブの話す英語をたくさん聞いて抑揚やフレーズでの発音に慣れる、真似してみる
ということをすると、リエゾンなども自然に出来るようになると思います。

それと、「映画は難しい」と言われています。
ニュースより難しいです。

参考URL:http://www.hbs.ne.jp/home/saso/skill-toeic-correlation.htm

アマゾンのリンクを拝見しましたが、
「What do you ~をワルユと発音。」こそ、“副教材”にして、
メインはNHK講座等の正統派のほうが良いと思います。

リスニングはたくさん聞かないと耳が慣れません。
まだ聞く量が少ないのではないでしょうか?
いくら優れた教材を使っていても、「教材だけ」聞いているのでは足りないと思います。
CDでもラジオでもニュースでも何でもいいので英語の音にたくさん触れることが必要です。
別にこれは学習教材でなくてもいいです。英語でさえあれば。

あとは、語彙が...続きを読む

Qリスニング力強化の教材

仕事で英語を使わないといけないのですが、特にリスニングが苦手です。

1対1で、相手が私が日本人ということで多少気を使って話してくれれば大丈夫なのですが、
ネイティブのディスカッションなどに入っても全くついていけず、何を言ってるかもわかりません。

TOEICの勉強をして、800点後半(リスニングは400点前半)ですが、
結局は点数がそれなりに高いだけで、使える英語になっていない自分が悔しいです。
(決してTOEICが悪いと言っているわけではないですよ)

まず、相手が何を言っているかを理解できるように、リスニングを強化したいです。
(何度も聞き返していたら議論にならないので・・・)

オススメの学習法・教材・書籍などあれば、ぜひ教えてください。

ちなみに今までは、シャドーイングなどをやったことがあります。

Aベストアンサー

リスニング強化という観点ではありませんが、回答させて頂きます。

>仕事で英語を使わないといけないのですが、特にリスニングが苦手です。
>
>1対1で、相手が私が日本人ということで多少気を使って話してくれれば大
>丈夫なのですが、ネイティブのディスカッションなどに入っても全くついてい
>けず、何を言ってるかもわかりません。

結論から申し上げると、よほど通常の仕事においても英語でのコミュニケーションが必要とされる環境(社内の通常の会話は全て英語のようなバリバリ外資系の会社とか)でなければ、質問者様がおっしゃるレベルに到達するのは難しいと思います。
私の上司は計5年以上アメリカで仕事をしていましたが、それでも、ネイティブ同士の本気モードでの会話になると、ほとんどキャッチできません。

むしろ、「話についていけないのでゆっくり喋ってもらうと助かる」「今の会話は○○○ということで良いか?」といった確認をすることの方が大切ではないかと思います。
それと共に、普段から仕事に関連する内容を英語で説明する練習をしておくことが大切ではないかと思います。TOEICが900未満だとすると、言いたいことが瞬時に口から出てくるレベルではないと思います(実際は900そこそこでも状況はあまり変わりませんが・・・)。

上記の練習をすることで、(1)話の内容の理解に多少は役立つ、(2)途中でのキャッチアップ(「今の○○ってこと?」といった)がし易い、(3)あとで(メール等で)内容の再確認をするのにも役立つ、といったメリットがあります。


リスニング強化という意味では、やはりネイティブの本気の英語というのは相当レベルが高いですので、ナチュラルスピードで話されている内容のCDとスクリプトを見合わせながら、慣れていく必要があると思います。

お薦めは、「English Journal」のインタビュー記事とか「CNN English Express」とかです。

リスニング強化という観点ではありませんが、回答させて頂きます。

>仕事で英語を使わないといけないのですが、特にリスニングが苦手です。
>
>1対1で、相手が私が日本人ということで多少気を使って話してくれれば大
>丈夫なのですが、ネイティブのディスカッションなどに入っても全くついてい
>けず、何を言ってるかもわかりません。

結論から申し上げると、よほど通常の仕事においても英語でのコミュニケーションが必要とされる環境(社内の通常の会話は全て英語のようなバリバリ外資系の会社とか)でなければ...続きを読む

QTOEIC リスニング 450点を目指すための教材は?

次回のTOEICで、リスニング450点を目指しています(現在のスコアは400点前後、8割程度の正解率)。
模試などはやっているのですが、市販の教材で適切なものが見つからなくて困っています。現在やっているのは旺文社の「Dialogue 1800」ですが、これはアメリカ人の生活に主眼を置いた教材で、しかも話者の話す英語が実際の役柄と不釣り合いのため、あまりいい教材とは思えません。
とにかくTOEICでの高得点を目指しているので、会社でのアナウンス、観光ガイド、電話でのやりとりといった、TOEIC頻出のテーマが満載しているものが理想です。(なので、映画のスクリーンプレイとかは除外させてください)
そうした教材にお心当たりはありませんでしょうか? 仮にそうした教材がなくても、「私はこれで高得点を獲得した!」というようなサンプルがあれば教えてください。

Aベストアンサー

TOEIC対策向けではないのですが、「CNN ENGLISH EXPRESS」はなかなか良いと思います。月1回発行され¥1400程度だったと思います。

例えば、実際のニュースを3段階にきくコーナーがあります。
(1)ニュースで読まれたそのままのスピード 
(2)ナレーターによる早いスピード 
(3)ナレーターによるゆっくりなスピード 
他に、各国のCNNレポーターによるニュース、ジャーナーリストのアンダーソン・クーパーのコーナー、ラリー・キングによるCNNのトーク番組「ラリーキングライブ」、映画俳優や政治家へのインタビュー等、新しいニュースやインタビューを聞くことができます。もちろん、スクリプトつきです。

流れてくる会話は早いですし、流して聞いているだけでは、ただのバックミュージックになってしまうので、聞きとることに集中する必要があります。
できる限り毎日聞くことを心がけ、自分の場合はTOEICリスニング450点とれました。ただ、どんな教材でも根詰めてやろうとすると疲れて挫折してしまうので、好きな洋楽や映画をとり入れながら続けていくことがいいかと思います。

参考URL:http://ee.asahipress.com/

TOEIC対策向けではないのですが、「CNN ENGLISH EXPRESS」はなかなか良いと思います。月1回発行され¥1400程度だったと思います。

例えば、実際のニュースを3段階にきくコーナーがあります。
(1)ニュースで読まれたそのままのスピード 
(2)ナレーターによる早いスピード 
(3)ナレーターによるゆっくりなスピード 
他に、各国のCNNレポーターによるニュース、ジャーナーリストのアンダーソン・クーパーのコーナー、ラリー・キングによるCNNのトーク番組「ラリーキングライブ」、映画俳優や政治家へのイ...続きを読む

QTOIECの実力 600点目標について 初めて受験します

来月、TOIECを受験しようと思っております、現在30歳♀です。

公式問題集の模擬テストで、自己採点で475~570点程と出たのですが、
このレベルで約600点目標だと、どのように補強学習をすれば点数が上がりやすいでしょうか。

また、模擬試験をやってこのような結果が何回か出たのですが、(通常のコンディションなら)
本番でも大体この位の結果と考えていいものでしょうか?
(もし模擬があまり当てにならないなら、他に対策もあるかなと思いまして・)

その問題集で間違った箇所など復習し、
語彙の確認などをしていますが、TOIECを受験するのは初めてです。
やってみて、語彙力のなさを痛感しています。
文法は、定評のある「FOREST」一冊を一通り復習しました。

TOIECを受験した事のある方、
良い参考書や、勉強のし方など是非お教えいただければと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ある程度の力はあるのに600点を超えられないのは、英語の知識ではなく速さに対する能力が鍛えられていないように思います。特に、リスニングとリーディングが同じくらいの点数ということですので、それが問題だと思います。TOEICでは、通常はリスニングのほうが50点くらいは高くでるのが普通です。発展途上で揺れ動くことはありますが、常にリスニングとリーディングが同じくらいというのは、知識重視の学習になってしまっているからではないかと思います。単語集や文法書は投げ捨てて、英語に対する反応速度を鍛える訓練をすることをお薦めします。具体的には、以下のようなサイトを参考にするといいでしょう。

http://www.daisan-shobo.co.jp/books/ISBN4-8086-0553-8.html
http://homepage3.nifty.com/mutuno/

TOEICがどのようなテストかということでは、こちらも参考になるかと思います。
http://blog.goo.ne.jp/umenomi59/c/1b73adc3df0c8aab78ab0f4f80ed6c58

TOEICは、ほとんど英語ができない人から、ネイティブとすらすら話せる人まで同じ問題です。600点くらいでは、知らない単語がたくさんあって当たり前ですし、リーディングは最後まで解けないのも当然です。全部わかれば、900点以上です。

初球から中級の人ほど、わからないのは知らない単語があるせいだと思いがちですが、そうではありません。もちろん、基本的な単語を知っている必要はありますが、英語に対する反応の速さや慣れ(英語回路)を鍛えれば、語彙力や文法力は中学レベルでも600は越えられると言われています。知らない単語があると理解が止まってしまうのは、英語回路が鍛えられていないからなんですね。英語回路がしっかりしていれば、少々知らない単語があっても、だいたいの意味はわかるので、600点くらいは取れるんです。また、英語回路ができあがって、英語を素速く理解することができれば、リスニングの速さに対応できるし、リーディングも読み残しが少なくなります。

模擬試験は、自信をつけされるためにやさしめに作ってあるケースと、本番に「意外に簡単」と思わせるために難しめに作ってあるケースが考えられます。一番本番に近いのは、「TOEICテスト新公式問題集」でしょう。ただ、公式問題集でも、ある程度はずれることはあります。

なお、どうしても高いスコアが必要な場合は、リスニングの方が伸ばしやすいと思います。その代わり、リスニングはやらないとすぐに落ちます。リーディングは付け焼き刃の学習では、なかなか伸ばせません。

ある程度の力はあるのに600点を超えられないのは、英語の知識ではなく速さに対する能力が鍛えられていないように思います。特に、リスニングとリーディングが同じくらいの点数ということですので、それが問題だと思います。TOEICでは、通常はリスニングのほうが50点くらいは高くでるのが普通です。発展途上で揺れ動くことはありますが、常にリスニングとリーディングが同じくらいというのは、知識重視の学習になってしまっているからではないかと思います。単語集や文法書は投げ捨てて、英語に対する反応速度を鍛...続きを読む

Qト-フル500点目標、リスニングの勉強法

現在トーフル489点。大学1年生、留学希望者です。
500点が目前なのにリスニングが足を引っ張ってなかなか到達できません。頑張ってるつもりなのにリスニングは下るばかり・・・。何がだめなのかわかりません。リスニングアップ法、好きになる方法などありましたらアドバイスお願いします。皆さんの体験などお聞かせ願えればうれしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

トーフルのリスニングはトイックに比べて難しいですよね!
私もリスニングは大の苦手でした。私の場合はアメリカに行ったらずいぶんよくなりましたが、hahamaさんはアメリカに行くために勉強していらっしゃるんですもんね・・・
リスニングを「頑張ってる」とおっしゃるからには、日常生活のなかでずいぶんと努力していらっしゃるんだと思います。恥ずかしながら、私はリスニングを頑張って勉強したことがありません・・・それでも今、なんとか通訳という仕事にありついてます。そこで、実務経験から見たお勧めできる勉強方を提案させていただきますね。
基本ですが、毎日、多くの時間英語を聞くことです。でも、その「聞く」の種類を少し変えて勉強されたらどうですか?
まず、集中せず流して聞いてみたり、掃除や家事のバックグラウンドとして英語を流してみたり・・・認識できる単語の数、そしてその正しい発音や、文の種類によって違うイントネーションを感じてみてください。別に全部聞き取れなくてもいいし、単語ひとつだけしかわからなくてもいいんです。私が業務中に日常会話を訳したりする時はこんな感じなんです。いつもいつも集中していると本当に疲れますし、英語を聞くのがいやになってきます。そうならないため、できるだけリラックスして、トピックも聞きやすいものを選んでみてください。
そして、2種類目は「勉強」の聞き方です。絶対聞くという意気込みで集中します。私は会議中などはこんな感じです。他人にメッセージを伝えなければならない、と言う前提なのでまず自分が理解しないと話にならないのです。全部聞き取れない、意味がわからない時は、まずわかる単語だけでも書き出してみます。そして繰り返し聞いていくうちにわかった単語でその間を埋めていきます。そうすると、何故聞き取れなかったか、というのがわかってきますよ。前の単語の末尾とその次の単語の先頭の音がくっついていたり、前置詞のinやatやonや、はっきりと発音されない単語が入っていたり。みんながみんな、すべてのシチュエーションで、電子辞書が言ったとおりの発音をするわけではないのです。単語の、状況によって変わる発音のバリエーションに慣れていってください。
自分のことまで交えて長々すみません。単語が聞き取れても知らない単語だと意味がないので、リーディングも頑張ってくださいね!

トーフルのリスニングはトイックに比べて難しいですよね!
私もリスニングは大の苦手でした。私の場合はアメリカに行ったらずいぶんよくなりましたが、hahamaさんはアメリカに行くために勉強していらっしゃるんですもんね・・・
リスニングを「頑張ってる」とおっしゃるからには、日常生活のなかでずいぶんと努力していらっしゃるんだと思います。恥ずかしながら、私はリスニングを頑張って勉強したことがありません・・・それでも今、なんとか通訳という仕事にありついてます。そこで、実務経験から見たお勧め...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報