炭素菌ってなんですか?

A 回答 (3件)

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この中で#3、#4も参考にしてください。

さらにTOPページで「炭疽」と入れて検索するとHitしますので参考にしてください。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=152719
    • good
    • 0

何度も、同じが質問がありますが、


炭疽菌ですね。
漢字間違いで、見つからなかったのでしゅうか?
専門機関のHPからどうぞ

参考URL:http://idsc.nih.go.jp/kansen/k99-g52/k99_46/k99...
    • good
    • 0

同一内容の質問回答が御座います。



参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=148479
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q喉に菌がいる場合、飴をなめても菌は増殖しないんですか?

よく喉の風邪や扁桃炎など、喉に菌がいて、喉が痛かったり乾燥防止に、飴をなめますよね

喉の潤いに関しては確かにすごくいいと思うんですが

菌って糖分などの栄養があると増殖しないんですか?

いま、扁桃炎で飴をなめたいんですが、菌が増殖しないか心配です

飴なめても大丈夫ですか?

できたら理屈も教えてください
(菌が増えるor増えない理由)

Aベストアンサー

まず大前提として人体には免疫力があるのです

そして「風邪や扁桃炎など、喉に菌がいて」と言いますが、病気の時にだけ存在している訳ではなく、四六時中存在しています
常時いるのになぜ普段問題無いか?
それは免疫機能によって、入来した菌を補食したり一定以上に増殖しないように押さえ込んでいるからですね

その免疫能力が落ちるのは、乾燥などによって粘膜が荒れたり痩せたりした場合や体調のバランスが崩れたような場合、或いは通常の免疫では対処出来ないような強力な奴が入り込んだ時

で、飴の糖分でどうなの?という心配ですが、飴の糖分などに頼らなくとも
人体の粘膜等に存在する水分や栄養分をもとに活動できるので、飴の糖分があってもなくとも大差有りません

そういうデメリットよりも、飴によって喉などの粘膜の荒れや乾燥を防止することで
免疫機能の低下を防止することのメリットの方がトータルで勝ります

まぁ飴にそこまで過剰に期待するのも考え物ですね
うがいなら免疫が対処しなければならない相手の数を減らしてあげる効果と保湿の効果のダブルなので飴よりもっと効果的

Q『インフルエンザ菌』???ってありますか?

『栄養と料理』という食健康雑誌の最新号で、耐性菌についての記事の中で
『インフルエンザ菌』という記載がありました。

インフルエンザはウイルスだと思うのですが・・・。 それとは別に「インフルエンザ菌」というのがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

菌もウイルスも同じだと思っていました。
下記ページを参考にしてみてください。

参考URL:http://www.bl.mmtr.or.jp/~shinjou/inhu3.htm

Q肺膿瘍ってどんな菌に感染する病気ですか?

肺膿瘍は肺炎が重症化した病気だと聞きましたが、一体、どんな菌に感染して発病しますか?空気中に浮遊する細菌ですか?

Aベストアンサー

様々な菌(緑膿菌や肺炎レンサ球菌、肺炎桿菌など)が原因となりますが、多くは黄色ブドウ球菌が原因です。
黄色ブドウ球菌は人間の皮膚の常在菌ですので、手のひらなどにほぼ100%います。その他人体では鼻の穴の中にもいる、ごくごく身近な細菌です。

黄色ブドウ球菌は食中毒などの原因菌にもなりますが、普段は細菌の数が少ないため発症するほどの悪影響はありません。睡眠不足などによる免疫力の低下や食品中での増殖など、悪条件が重なった時に様々な病気を発症します。
また抗生物質への耐性を持つ菌が多いのも特徴的です。通常は抗生物質を服用することで体内に入り込んだ菌を殺すことが出来ますが、耐性菌には抗生物質が効きません。

Q砂糖と乳酸菌とビフィズス菌

砂糖は二糖ですがオリゴ糖の一種ですか、また乳酸菌の餌になりますか。
乳酸菌とビフィズス菌を分けている時がありますが、ビフィズス菌は乳酸菌ではないのでしょうか。

Aベストアンサー

砂糖もオリゴ糖と同じ仲間ですが、お腹に入ったとき、砂糖は小腸で分解され、体のエネルギーに利用されてしまいます。一方オリゴ糖は小腸では分解されにくく、大腸まで到達し、大腸内のビフィズス菌の栄養になります。

ビフィズス菌も広い意味で乳酸菌の仲間と言えなくはないですが、細かく見ると違いがあります。したがってビフィズス菌食品を出しているメーカは以下のように説明しています。

下記↓を御参照ください。

http://bb536.jp/basic/index-01.html

Q乳酸菌とビフィズス菌の違いについて

CMで「全てのヨーグルトにビフィズス菌は入っていません」ってやっていますが、つまり乳酸菌のみのヨーグルトってことですよね?
ヨーグルト=便秘にいい。健康的
っていうイメージでしたが、乳酸菌のみだとそういうことではないのですか?
乳酸菌飲料なんて便秘にききそうだから、入っていなくても多少の効果はあるのですか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

・ビフィズス菌
放線菌目に属する細菌の総称。全ての動物の腸に生息し、人間の腸には5種類居る。
糖を分解して乳酸、酢酸を作る乳酸菌の仲間でもある。
善玉菌として腸内の環境を整え、花粉症などの緩和にも貢献しているらしい。

・乳酸菌
糖を分解して乳酸を作る菌の総称。ビフィズス菌も含め、乳酸を作る菌すべてを言う。つまり「ビフィズス菌じゃない乳酸菌」も居ると言う事。
ヨーグルト、乳酸菌飲料、漬け物などの発酵食品の製造に利用。
病原性はほとんどない。
ビフィズス菌など一部の乳酸菌は腸などの消化管(腸内細菌)や膣内に常在して、他の病原微生物から生体を守り、恒常性維持に役立っていると考えられる。
逆に言えば、人間にとって何の役にも立たない乳酸菌も居ると言う事(ヨーグルトを作ってくれる、と言う意味では役に立っているけども)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報