「平家物語」を読みたいと思っているのですが、(わたくし読書も歴史も超初心者です)どの本から読めばいいのかわかりません。もちろん現代訳というのが前提です。いろんな種類があって、いろんな視点から書かれた物がありますよね?原文をそのまま訳したものを読んだ方が良いのか、作者の目を通したものの方が分かりやすいのか…これがいい、というお勧めの本があれば教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんわ。


私も、平家物語は大好きです。
軍記物の躍動感、詳細な描写は、本当に素晴らしいです。
平家物語をまず読むには、入手し易いところで、○○文庫などに有ります、古典シリーズが、何処の書店にもありますし、各出版社による、現代語への意訳の仕方、訳者の訳しかたの差を比較できて、自分に合ったものが選べると思います。

またもっと穿てば、「平家物語」と言いますのは、正確には、○○家写本とか、写本された時代、人物、或いは、後世に文学的に娯楽的要素を加えた、創作的な作品の総称です。(うまく説明できませんでした、すみません)
「平家物語」の写本、それから派生した作品を研究しただけで、博士号を取れるだけ、奥深い古典文学の一翼です。
原書は、平家物語を訳した訳者が、自分が訳した原本を紹介してしてますので、
平家物語に対します興味が深まったらば、新たに捜し求めた方が良いと思います。
そうでないと、原本(正確には写本)だけで、相当なものになります。

この本が良い、と言いますのは、各個人、今後の回答者の方々によて、様々だと思います。

面白いサイトがありますので、参考になさって下さい。

http://www.page.sannet.ne.jp/kakomo2/heikemain.h …
http://opac.lib.ryukoku.ac.jp/kicho/exhibi/html/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!そんなに複雑で奥が深いものだったんですね!まず手に入るものから読んでいきたいと思います。

お礼日時:2001/10/22 23:45

平家物語の内容が分かっているならそのまま小説を読んでいいと思います  図書館や本屋などに行くとたくさんあるので  ペラペラめくって

読みやすいのを探してみればいいと思います   私と友達では意見が違うので  一概にこれがいいとは言えないです・・・    内容がよく分からないんだったら先にマンガやドラマや映画で見て  少し分ってから小説を読んだ方がいいと思います  図書館や本屋の子供用の方には  歴史モノのマンガのシリーズがあるので  それを見たりするだけでもいいと思います  何も知らないで小説だけ読むとめちゃくちゃ分りにくいですよ    特にただ訳しただけのは・・・   私も図書館で借りたんだけど登場人物は多いし大変で  途中で返してしまいました   そしてマンガを見たんですけど・・・   マンガを見た後は小説も読みやすくなり  読んで納得できました  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!内容は…わずか~しか分かってないです;確かにいきなり読むと大変そうですね。何冊もあるし。だいたいあらすじを分かっておいた方が読みやすいのですね。

お礼日時:2001/10/22 23:51

吉川英治の「新・平家物語」は面白かったです。


高校生の時、古文で習ってちょっと興味があったので、たまたまこの本が家にあったので読んだところ、はまりまくりました。
吉川英治さんは素晴らしい作家だと思います。お薦めします♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!実は私が先日買ってみたのもその本です!文が分かりやすい感じだったので。まずは読んでみたいと思います。

お礼日時:2001/10/22 23:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平家物語の現代語訳

早速質問させていただきます。
今大学の授業で「平家物語抄」のなかの「小督局(巻第六)」と「小宰相(巻第九)」が前期のテスト範囲になりました。
全文現代語訳のサイトを自分でも探しましたが、リンク切れになっているものが多く、困っています。
一文ごとに細かく訳してあれば大変助かります。

現在「生き」のサイトをご存知の方、是非教えてください!よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

 あなたの大学には図書館はないのですか。多くの場合、著作権のあるものはネットで公開されません。図書館であれば、それらを無料で利用できます。試験勉強は図書館でしましょう。

Q昔読んだ本

5、6年前に小学校で読んだ本のタイトルが思い出したいのですが
どうしても思い出せません。

内容は途切れ途切れしか思い出せませんが、記述しときます。

(1)主人公が小学生あたりの年齢のときに山、
もしくは森のようなところで
コロポックルに出会います。
(2)そのあと主人公は引越しで町を離れます。
(3)主人公がだいぶ年齢を重ねて何らかの理由でコロポックルに出会いました。←ここが一番曖昧です。
(4)主人公はかつてコロポックルに出会った場所に木の家を建てます。
(5)主人公とコロポックル達が住んでいる森(山)にダム建設計画が伝わります。

私自身読み途中だったこともあり非常に曖昧模糊とした説明ですが
ご容赦してください。
本自体はそこまで分厚いというわけじゃありません。
大きさはハードカバー(四十六判)あたりだと思います。


より多くの方からの情報を待っています!

Aベストアンサー

佐藤さとる「だれも知らない小さな国」でしょうか?
ダム建設ではなく道路建設ですが、他は大体合っていると思います。
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A0%E3%82%8C%E3%82%82%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E5%9B%BD-%E5%85%90%E7%AB%A5%E6%96%87%E5%AD%A6%E5%89%B5%E4%BD%9C%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E2%80%95%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E3%81%95%E3%81%A8%E3%82%8B/dp/406119075X/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1214838171&sr=8-3
この話はその後シリーズ化されて、続編が五冊ほど出ています。
(1973年に「冒険コロボックル」というタイトルでアニメ化されましたが、内容は全然違いました)

佐藤さとる「だれも知らない小さな国」でしょうか?
ダム建設ではなく道路建設ですが、他は大体合っていると思います。
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A0%E3%82%8C%E3%82%82%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E5%9B%BD-%E5%85%90%E7%AB%A5%E6%96%87%E5%AD%A6%E5%89%B5%E4%BD%9C%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E2%80%95%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E3%81%95%E3%81%A8%E3%82%8B/dp/406119075X/ref=sr_...続きを読む

Q平家物語の宇治川先陣の現代語訳

古文の宇治川先陣のところの現代語訳を教えてください!!私が知りたいのは、佐々木四郎がたまはつたる御馬は、黒栗毛なる・・・・からなんです。もし無理でしたら、ネットを使って調べる方法を教えてください。もしくは、そういうサイトを教えてください

Aベストアンサー

こちらは如何ですか?

http://www.kaze-oto.com/ujigawanosennjinn.html
「平家物語全文現代語訳」
http://www.kaze-oto.com/heike-yaku001.html
http://www.kaze-oto.com/kaze-oto.sakuin.html

見当違いならお許し下さいm(_"_)m

参考URL:http://www.kaze-oto.com/ujigawanosennjinn.html,http://www.kaze-oto.com/kaze-oto.sakuin.html

Q長い通学時間に読みたい本は?

通学のため1日3時間以上電車を使っています。
幸い席も確保できるので、貴重な読書時間にしています。
今まで読んでいたのが京極堂シリーズだったのですが、全部読み終わってしまい次に読む本を探しています。
できるだけ長編で短編ではないものが良いです。
シリーズ化しているものでも構いませんので、オススメの本を教えてください。
ジャンルは特に問いませんが、ミステリ、純文学、心理学、童話などが好きです。
けれど他のジャンルにも挑戦したいので幅広いジャンルで教えて欲しいです。
お願いします。

Aベストアンサー

ミステリだと島田荘司さんの御手洗シリーズで『占星術殺人事件』から始まり『暗闇坂の人喰いの木』『水晶のピラミッド』『アトポス』『龍臥亭事件』。

あるいは二階堂黎人さんの二階堂蘭子シリーズで『地獄の奇術師』『悪霊の館』『人狼城の恐怖』などがお勧めです。ちなみに『人狼城の恐怖』は、現時点で世界最長のミステリとされています。

それとちょっと趣向を変えて歴史小説だと日本のものなら隆慶一郎さんの『一夢庵風流記』『影武者徳川家康』『死ぬことと見つけたり』や山田風太郎さんの『魔界転生』『柳生忍法帖』などはエンタテインメント色たっぷりです。歴史小説と言っても固いものばかりではないということが良くわかると思います。また山田さんは、『警視庁草紙』などの明治物も面白い作品がそろっています。

中国ものなら宮城谷昌光さんの作品は『太公望』『奇貨居くべし』『孟嘗君』『楽毅』など長編ぞろいです。ですが非常に読みやすいので、長い感じを受けません。

西洋ものなら佐藤賢一さんの『傭兵ピエール』『赤目のジャック』『双頭の鷲』などが読みやすく面白いのに、重厚な感じで楽しめます。

あとは、青春系なら森絵都さんの『DIVE!』や風野潮さんの『ビート・キッズ』などがさわやかかつ熱くなれますので、お勧めです。

ミステリだと島田荘司さんの御手洗シリーズで『占星術殺人事件』から始まり『暗闇坂の人喰いの木』『水晶のピラミッド』『アトポス』『龍臥亭事件』。

あるいは二階堂黎人さんの二階堂蘭子シリーズで『地獄の奇術師』『悪霊の館』『人狼城の恐怖』などがお勧めです。ちなみに『人狼城の恐怖』は、現時点で世界最長のミステリとされています。

それとちょっと趣向を変えて歴史小説だと日本のものなら隆慶一郎さんの『一夢庵風流記』『影武者徳川家康』『死ぬことと見つけたり』や山田風太郎さんの『魔界転生...続きを読む

Q平家物語(覚一本)巻11の現代語訳

タイトル通り、巻11の嗣信最後「九郎大夫判官、其日の装束には、・・・・・」で始まる話の現代語訳を探しています(><)自分でもネットや本で探しましたが、なかなかなくて困っています。
また、こんな話だよ~~っていう要約だけでも教えてもらえると嬉しいです。
自力でも訳しますが、訳するのが苦手なので先にどんな話なのか知ってからのほうが訳しやすいかな、と思いまして。
よろしくお願いします (*゜▽゜*)!!!!

Aベストアンサー

Wikipedia に次のようにありました。

>現在入手しやすい刊本としては、『岩波日本古典文学大系』(覚一系高野本)、『小学館日本古典文学全集』(覚一系高野本)、『新潮社日本古典集成』(八坂流百二十句本)などがある。

小学館の本には現代語訳も載っていたはずです。最も一般的な古典全集だと思いますが見ましたか?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%AE%B6%E7%89%A9%E8%AA%9E

Q名言が原文でのっている本

名言が原文と訳がどちらとも載っている名言集の本があったら教えて下さい

Aベストアンサー

ラテン語格言辞典

Q古典の現代語訳

『宇治拾遺物語』や『竹取物語』『伊勢物語』『平家物語』などの古典の現代語訳テキストでおススメのものはありますか?シリーズでほぼすべての教科書に出てくる程度の古典の現代語訳ってありますか?

Aベストアンサー

三省堂 新明解古典シリーズ (参考URL)
中道館 古典新釈シリーズ
旺文社 古典解釈シリーズ (文法全解)

これらは学習参考書なので、品詞分解や語釈がていねいに書かれています。かならずしも全文ではありませんが、 「教科書に出てくる程度」 なら、全部入っているはずです。
現代語訳で作品を味わう方が目的なら、文庫本の古典シリーズにいいのがあります。

ビギナーズ・クラシックス/角川ソフィア文庫

参考URL:http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/gakusan/h-japanese/smk_koten.html

Q大学入学する前に読むべき本は?

最近大学に進学決定した高校3年生です。
この春休みに、勉強と読書をしようと思っています。
大学でも読書をしようと思っています。
それで、何の本を読めばいいか迷っています。
オススメの本や、絶対にこれは読んでおいた方がいいという本を教えてください。

Aベストアンサー

看護学部は私にとって全く未知の世界なのですが、高校までの勉強と大学でする学問との違いは、たぶん分野が違ってもある程度共通すると思うので、学問する心構えが身につきそうな本をオススメさせていただきます。

高校までの勉強で求められているのは、覚えることと理解することです。一方、大学での学問で求められるのは、今までに覚えたこと、理解したことを活かして、これまで気づかれていなかった新たな知見を加えること、いわば、学者のボケにツッコミを入れるということです。ボケてるかどうか気にせずスルーしてれば良かった高校までと違って、何らかのツッコミを入れないと学問したことになりません。

そんなわけで、以下にご紹介するのは、ツッコミのセンスを磨くのに役立ちそうな本です。

呉智英「バカにつける薬」「危険な思想家」
ジョエル・ベスト「統計という名のウソ―数字の正体、データのたくらみ」
鈴木光太郎「オオカミ少女はいなかった―心理学の神話をめぐる冒険」
ジュディス・リッチ・ハリス「子育ての大誤解―子どもの性格を決定するものは何か」

Q古典の現代語訳のサイトを探しています。

古典のちゃんとした現代語訳を掲載しているサイトを探しています。出来るだけ色んな作品があると助かります。今は平家物語をやっていて「横笛」の訳がなかなかみつからないのでとても困っています。ご存知の方がいらっしゃいましたらどうか教えて下さい。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

有名どころでここですが、
http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/kotenpeji.htm
残念ながら「横笛」は載ってないようです。
他にもいくつか古典の訳のページを探してみたのですが、「横笛」の訳を載せているサイトは見つけられませんでした。

ところでmontomatoさんは高校生でしょうか?でしたら、授業で使っている教科書にそった教科書ガイドを買うのが一番良いと思います。
値段は会社によって違いますが、大体2000円前後で買えると思います。
高いと感じるかも知れませんが、訳だけでなく、品詞分解や作品背景についても説明がされてますのでテスト勉強にも役立つと思います。

参考URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/kotenpeji.htm

Q吉川英治の平家物語は全何巻まであるのですか?

 古本屋で本を探しています。なかなか見つからず、インターネットのオークションを検索したら、全4冊や全16冊など、同じような文庫本なのにまちまちで、買いたいけどどうしていいか困ってます。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 こんばんわ。吉川先生の御著書は手元にはないのですが、以前地元の文学館で吉川英治展をやったときに、見た(知った)のですが、「平家物語」(正しくは『新・平家物語』ですが)の文庫は全部で16巻あったと記憶しています。
 講談社から「吉川英治歴史時代文庫」として出ているようですね。
 安く・良い状態で本を入手できると良いですね!


人気Q&Aランキング