従業員200名程度の製造業の会社で、
初級シスアド程度のスキルの者が、勉強しつつ、
一から業務を把握し、要望を訊いてまわり、
完成度70%のシステムを設計して外部に見積もり発注するまでに、
大体どのくらいの時間が必要なのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

厳しい言い方ですが、初級シスアドのスキルでは改良はできても、ゼロから作り上げたり、全面的な刷新を行うのは無理でしょう。



また、ある程度の地位の無いシスアドがひとりで設計に当たると、重大な見落としなどがあったときにシスアド一人に責任を負わされたり、システム開発自体が収集がつかなくなったりする恐れがあります。

部門内のシステムでしたら、一人でやってみるのもいいかも知れません。

ご存知だとは思いますが、シスアドに求められるのは、専門的な知識ではなく、幅広い知識です。200名もの組織でしたら、一人で行うのではなく、各部門の代表者の取りまとめ役として動いてください。

全社的なものでしたら、設計作業自体を外部委託して、シスアドの方をスキルアップのためにべったり張り付かせるのがよいと思います。
そのほうが、シスアドのスキルアップにもなりますし、運用開始後も何かとスムーズに行くと思いますよ。

自分で学んでいく姿勢も大切ですが、独学だけだと常に「これで本当にいいのか」という疑問がついて回ります。一度目の前で見せてもらえば分かることを、独力で調べながらやっていくのは大変です。是非、アウトソーシングを通じてスペシャリストのノウハウを自分の物にして下さい。

余談ですが、システムの導入に一生懸命になるばかりに、本来の目的である「業務の効率化」を忘れてしまうこともよくありがちです。シスアドの経験を生かして、部分部分では適宜「システム化しない」という結論も下してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
まことに的確なアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/10/24 20:05

一生かかっても無理(笑)というのは半分冗談で半分本気です。



最初から外部と打合せして見積もりしてもらう方が良いとは思います。

例えば最近日経にて「動かないコンピュータ(上/下)」というコラムが載っていました。参考URLはその一部

読んで全くその通りて納得してしまった程です。

これを読んで初級シスアドを取っている人で要件を纏めることが出来ると言うならばその人は立派でしょう。

動かないコンピュータを作らないようにがんばってください。

参考URL:http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/OPINION/2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ご忠告ありがとうございます。無理だと判断したら外部の専門家に任せることにします。
ポイントを差し上げられないのがまことに残念です。

お礼日時:2001/10/24 20:09

私の場合は、100名弱の建設会社ですが、受発注・工事管理を中心とした基幹システムを作成するのに、基本設計(基本データの洗い出し、システムプロセスモデル、リレーショナルデータモデル、ビジネスシステムモデル等の作成)で約3ヶ月で300万円(外注費用)ほどかけました。


 約2年前の話なので、今ではもっと短期間なのかもしれませんが、最初の基本設計をしっかりやっておくと、後が楽ですよ。前のシステムでさんざん懲りたのでこのときは基本設計をめいっぱい頑張ったつもりです。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
具体的で参考になりました。

お礼日時:2001/10/24 20:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネットワークの監視と負荷分散

社内ネットワークがとても遅いときがあり、ネットワークの監視を依頼されました。
内容は、
1. どのPCが負荷をかけているのかの調査したいのでそのための安価なソフトが知りたい
2. ソフトやHUBなどでネットワークの負荷の分散ができるならそれを組み込みたい
ということです。

1と2についてご教授下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

FSW-16MA、FHSW-1616NRはどちらかといえばスイッチですね。
先の件のようなパケットのその他ポートへの配送はありません。

また、両製品とも100Mに対応しているので、10人程度が使用するくらいであれば問題ない機器と思います。

スペック的に問題が無いという前提(断言はできませんが。。)であれば

【NWの問題】
(1)接続の問題(全二重ではなく半二重になっている)
(2)なぜか10Mで接続している(100Mになっていない)
スイッチの筐体のLEDをみれば、どのような接続状態かはわかります。
LEDが何色に点灯していれば何で接続している等はマニュアルに出ていま
す。

【DBサーバの問題】
誰かがアプリの特定の操作をした場合に現象が発生する事は無いでしょうか?
その場合、DBサーバのCPUが長時間あがりっぱなしになったり
すると、パフォーマンスは落ちます。

また、CPUが上がっていなくてもDBとしてロックする場合
(例えばOracleでは外部キーの定義してあるテーブルに索引を定義
していない状態で、誰かがデータを削除している間に検索すると
遅くなるなどDBのチューニングの領域)
もあります。

FSW-16MA、FHSW-1616NRはどちらかといえばスイッチですね。
先の件のようなパケットのその他ポートへの配送はありません。

また、両製品とも100Mに対応しているので、10人程度が使用するくらいであれば問題ない機器と思います。

スペック的に問題が無いという前提(断言はできませんが。。)であれば

【NWの問題】
(1)接続の問題(全二重ではなく半二重になっている)
(2)なぜか10Mで接続している(100Mになっていない)
スイッチの筐体のLEDをみれば、どのような接続状態かはわかりま...続きを読む

Qシスアドとセキュアドってなんですか?

 現在、情報処理関係の資格に興味を持っています。そして、シスアドとセキュアドという資格があるらしいということは分かったのですが、それらは具体的にどういう資格内容なのでしょうか?また、試験はどのような内容なのでしょうか?私は、理科系の大学を卒業しましたが、コンピューター関係は、はっきり言ってうといです。それでも、数学の知識等があれば、なんとか合格できるものでしょうか?

Aベストアンサー

>コンピューター関係は、はっきり言ってうといです。それでも、数学の知識等があれば、なんとか合格できるものでしょうか

資格内容は大まかに#1で回答が出ている通りです。
難易度としては、そうそう変わりませんが勉強の順序を考えるとシスアド→セキュアドの方が頭に入りやすいと思いますよ。

数学の知識とはどの辺を言われているのかわかりませんが、おおよそ関係ありません。社会でのコンピュータを使った仕事の進め方及び、パソコンの基礎から広く浅い総合的な知識という感じでしょうか。

私は数学大っ嫌いですけど合格しました。今秋から電卓使用禁止になるので計算問題の傾向は変わると思います。

シスアドに関してのみですが、コンピュータ基礎(OSの概念、用語の理解など)・データベースの知識・表計算の知識・セキュリティの知識・ネットワークの概念・問題解決(QCなど)の知識・プログラム開発の初歩的理論などが出題の範囲で、そのうちデータベースと、表計算に関しては実技でやっておくと独学でもとっつきやすいですよ。

データベースは基礎的なSQLに関すること、表計算は絶対番地、IFのネスト、lookup関数などを理解するようにすれば市販の対策本が読みやすくなります。

大まかですけど、わかりにくかったら補足を入れてください。

>コンピューター関係は、はっきり言ってうといです。それでも、数学の知識等があれば、なんとか合格できるものでしょうか

資格内容は大まかに#1で回答が出ている通りです。
難易度としては、そうそう変わりませんが勉強の順序を考えるとシスアド→セキュアドの方が頭に入りやすいと思いますよ。

数学の知識とはどの辺を言われているのかわかりませんが、おおよそ関係ありません。社会でのコンピュータを使った仕事の進め方及び、パソコンの基礎から広く浅い総合的な知識という感じでしょうか。

私は数学...続きを読む

Q太陽光発電 遠隔監視システム

現在、35kwの太陽光発電を稼働中です、太陽光発電の遠隔監視システム導入を検討中です、
どのシステム、メーカーが良いのか、解りません、教えて下さい。

Aベストアンサー

オムロン単相パワコンですね。
ひだまりeyesはいかがでしょうか。
http://hidamari-eyes.takeidenki.co.jp/

パワコンからの通信回線(RS-485)情報から発電量を取得します。パワコンと遠隔モニタリング装置とは3芯ケーブル配線が必要です。

QWeb系のシステムの発注、その精度について

Webのシステム(それほど大規模なものではなく、例えば閲覧権限を区切った自動
集計システムやMySQL、PHPなどをみ合わせたオリジナルCMSなど)についてです。

これらの発注を自分の選んだ開発会社などにお願いしているのですが、致命的
なものはほとんど無いのですが開発段階で細かなミスが起こります。

(例)※いずれも最終納品前。
・バグの修正をお願いすると、別の箇所で不具合が出る。
・インターフェイスがいつの間にか前のデザインになっている。
・進捗状況の報告をお願いしても、いつの間にかしなくなる(人的問題だけか?)。
・まったく動作確認をせずに渡してきたのでは? というぐらい単純な間違いをしてくる。

基本的には大ブランドの冠がついているような所には発注せず、独立系の所に
お願いしています。またそれほど規模の大きな開発でも無いので、Web系の
少人数(数人~数十人程度)の会社です。
指摘をすると対応はしてくれるのですが、(自分の業者選びにミスがあるのか)
(指示出しが悪いのか)と不安に思い始めています。
※前提として明らかな仕様変更や追加の際は追加料金を支払っていますし、
極端な値引き交渉もおこなっていないつもりです。

しかし、ここで過去に携わった案件を思い出してみると既存のシステムに携わった
場合も、「このシステムは完璧に動いている」というものはまず無く、大抵は関わって
いる人が「直したいけどもう動いているから・・・」「ここがマズイんだけどね」など
溜息混じりでいるのが常でした。

そこで浮かんだ疑問なのですがWeb系のシステム開発の場合、川の水が
上から下に流れるように淀みなく(ほぼ)完璧にできるというのは、どのぐらいの
割合なのでしょうか。またそうするためにはどこに力を入れれば良いでしょうか。
基幹系システムの担当者(クライアントの場合も開発の場合も)がよく「トラブル」
にあっているのは見てきたのですが、Web系の開発はあれほどナーバスでは無い
というイメージなので、これと比較してのご意見も頂けると有難いです。

Webのシステム(それほど大規模なものではなく、例えば閲覧権限を区切った自動
集計システムやMySQL、PHPなどをみ合わせたオリジナルCMSなど)についてです。

これらの発注を自分の選んだ開発会社などにお願いしているのですが、致命的
なものはほとんど無いのですが開発段階で細かなミスが起こります。

(例)※いずれも最終納品前。
・バグの修正をお願いすると、別の箇所で不具合が出る。
・インターフェイスがいつの間にか前のデザインになっている。
・進捗状況の報告をお願いしても、いつの間にかしなくな...続きを読む

Aベストアンサー

自社開発や派遣で顧客常駐での開発プログラマとしての経験からです。

>>・バグの修正をお願いすると、別の箇所で不具合が出る。
→バグ修正後、回帰テストをやっていないのでしょうね。まあ、テストの手間が増えるから省略したくなるのは判りますが、そうすると痛い目を見ます。

>>・インターフェイスがいつの間にか前のデザインになっている。
→ソースコード版数管理にバージョン管理システムを使っていないのでしょう。それで、修正するソースを間違えて1つか2つ前の版を使っていたのでしょう。

>>・進捗状況の報告をお願いしても、いつの間にかしなくなる(人的問題だけか?)。
→進捗管理システムを使っていないのでしょう。そして、手作業で報告書を作る時間がとれない。
手作業でやると、その報告書の元データとなる進捗データをPGから集めるのが大変だし、報告書にするのも手間かかりますからね。

>>・まったく動作確認をせずに渡してきたのでは? というぐらい単純な間違いをしてくる。
→推察どおり、まったく動作確認をしなかったんでしょう。

>>そこで浮かんだ疑問なのですがWeb系のシステム開発の場合、川の水が
上から下に流れるように淀みなく(ほぼ)完璧にできるというのは、どのぐらいの割合なのでしょうか。

そういう、ウォーターフォール式の開発手法を、Web系の開発では使わないことが多いようです。
Web系の業界は、開発予算の削減要求、短期開発、流動的な要求仕様への対応ってことで、アジャイル開発手法と称して、きっちりと仕様書を作らないで、製造工程に入る開発をやったりします。まあ、新しいツールを使う場合、「作ってみないとわからん!」っていうことが多いので、「うだうだ設計しないで、まず作ってみろ!」ってことになったりします。
まあ、そこで作ったものをプロトタイプとして捨て去って、設計からやり直せばいいのですが、予算と期間の問題で、そのまま突き進むと、いろいろと問題が発生することになります。

ちなみに、開発を請け負った会社が、自社でソフト開発を行っている場合、上記のトラブルは、自社の信用問題になりますし、開発コストは全体としてみれば増大することになります。なので、そういった問題は、自社の開発体制をサポートするソフトウエアの導入や体制の見直しにより改善されていく可能性が大ですが、下請けを使っていると、改善されないでしょうね。
また、「利益を生むのはSEが担当する上流工程だぜ!PG作成という下流工程なんて、旨みが少ないし、奴隷階級の下請け会社に任せるべきである!」という思想の会社だったり、開発工程を改善するような考えの社員がいないと、いつまでも、旧来の開発方法を取り続けるってことになると思えます。

ちなみに、私が、会社で「バージョン管理システム」の導入をやったとき、使い方になれてなくて、メンバーの開発中のソースコードが全て消えてしまったことがありました。それでも、工夫しながら使っていたら、それまでに時々あった「昔のソースを使って修正してしまった!」というトラブルは消えました。
まあ、「トラブルがあってもいい、導入しちゃえ!!失敗したら自分が責任とればいいだけ」って「思い切り」をする人が社内にいないと、開発工程の改善はできないでしょうね。

自社開発や派遣で顧客常駐での開発プログラマとしての経験からです。

>>・バグの修正をお願いすると、別の箇所で不具合が出る。
→バグ修正後、回帰テストをやっていないのでしょうね。まあ、テストの手間が増えるから省略したくなるのは判りますが、そうすると痛い目を見ます。

>>・インターフェイスがいつの間にか前のデザインになっている。
→ソースコード版数管理にバージョン管理システムを使っていないのでしょう。それで、修正するソースを間違えて1つか2つ前の版を使っていたのでしょう。

>>・進捗状...続きを読む

Qアクティブディレクトリと分散ファイルシステムについて

アクティブディレクトリと分散ファイルシステムについて
ちがいやその機能っていうんですか?が
わからないんですけどわかりやすく教えてください

Aベストアンサー

Active Directoryはフォレスト、ドメイン、
コンピュータ、ユーザ、グループ等のオブジェクト
を管理するための仕組みで、ディレクトリサービス
と総称されます。

DFSは見た目は1つのマシンの中のようにみえるが、
実際には複数のマシンに分散されて保存するための
仕組み。見た目と実際の保存場所の管理機能。

Q発注と受注の重複で何かが問題となる?

ある会社のシステムを使いたい(ライセンス料を支払う)とお願いしたら
一部の機能が不足していました。
使うことは約束するので、機能追加のお願いをしたら別にお金を支払うの
であれば(機能追加料)OKとのこと。
そこでお金を支払うことには了承したものの、その機能追加は我が社のエ
ンジニアに発注が来ることになりました。
この場合、払ったお金が、結果として発注という結果で戻ってきてしまう
気がするのですが、何か問題となる事が考えられるのでしょうか?
それとも取引として特に問題はないのでしょうか?

Aベストアンサー

いわゆる循環取引と受け取られないか心配ということでしょうか?
心配なら、
機能追加料の見積もりから、「我が社」への委託分を差し引いた金額だけにして、
支払いする方法もあります。
(差し引きした金額なので、「我が社」のエンジニアへの発注が来ることはありません。)
但し、この形をとると、「我が社」のエンジニアへの発注が来ないので、
何らかの事情で稼動が遅れたときの責任範囲があいまいになる等のリスクもありますし、
「ある会社」のほうがその部分に対する責任を負えないということにもなりかねません。

他の方も書いておられますが、機能追加した作業と、機能追加した結果の全体のシステム提供では、
内容が違うので別物です。
通常、循環取引にはならないです。
契約書か見積書、提案書等やりとりした文書に、ちゃんと作業内容をうたっておけば、
第三者が見てもひとめでわかるはずです。
(むしろ著作権はどちらに帰属するとかをはっきりさせておかないとあとでトラブルの元、
 ということのほうが心配なはずですが。)

QMeのシステムの復元で、監視されるドライブはどこ?

1.windowsMeだけのインストールのパソコン、
2.c:¥でMe、d:¥でXPのデュアルブートのパソコン、

Meのシステムの復元にはXpのような監視の対象を決めるところが見つかりませんが、どのドライブを監視しているのですか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Cドライブ、起動のドライブだけです。ところが、例外があるらしく、2つのHDDを入れ、どちらからも起動できるようにブート可能にしておいて片方をマスター、他方をスレーブで使用すると、両方のMEがエラーを起こし、正常に機能できなくなることがあります。
これは、両方のアクティブなパーティーションがMEのときだけで、片方がME、他方がSEや98、95では大丈夫です。

デュアルブートで、Dや拡張領域でもXPはインストールできるし、起動可能ですが、MEや9X系はブートできるプライマリーだけが通常はインストール可能な場所ですので、そのプライマリーのアクティブなパーティーションだけが復元の対象です。また、復元がXPによって簡単に行われ、その結果書き換えられることがありますので、XPの監視からCを外した方が実害がデュアルでは少ないです。

Q発注元の狙い

今まで経験したことのないことになっているので、教えてもらおうと思い、質問しました。

昨年末、あるWebシステムを納品しました。
詳細設計以降の一括請負での開発でした。

本稼動は4月頃なんですが、既に2次開発が始まっています。
2次開発は、諸事情があってうちの会社は受けていません。
ただ、2次開発の話が正式にあったときに、受けてもらえないのなら発注元が別途立ち上げる
2次開発のプロジェクトの支援をやってほしいと言われ、営業がこの条件を飲みました。

どういった立場での支援を希望しているのかもあいまいです。
支援の内容としては、2次開発の設計レビューに参加してほしいという要望だったらしいのですが、
実際、問い合わせがあった内容は、設計についてというよりもロジックについての内容がほとんどです。
レビュー参加時、うちの会社としてどうすべきか判断に悩みます。
レビューに参加する以上は、無責任な発言はできないし、かといって、何も発言しないのも・・・。
支援といえどもお金をもらっているので・・・。

結論として、教えてもらいたいのは、
・発注元が「2次開発を受けてもらえない代わりに支援して」というのはよくあることなのか?
・2次開発に絡み、うちの会社に対して、発注元に何か特別な狙いはあるのか?

大きくはこの2点です。
発注元の狙いについてですが、1次開発時には工数不足による度重なるリスケや品質問題などで、
うちの会社は発注元に対して強い態度に出れない状態です。
また、今も納品後の既存バグ(修正は完了)について、いろいろ問われているところです。
こういった状況を利用して、最終的にうちの会社を支援から開発に引きずり込みたいのではないかと
私は思っています。

今まで経験したことのないことになっているので、教えてもらおうと思い、質問しました。

昨年末、あるWebシステムを納品しました。
詳細設計以降の一括請負での開発でした。

本稼動は4月頃なんですが、既に2次開発が始まっています。
2次開発は、諸事情があってうちの会社は受けていません。
ただ、2次開発の話が正式にあったときに、受けてもらえないのなら発注元が別途立ち上げる
2次開発のプロジェクトの支援をやってほしいと言われ、営業がこの条件を飲みました。

どういった立場での支援を...続きを読む

Aベストアンサー

全体的に、うがちすぎという気がします。

>・発注元が「2次開発を受けてもらえない代わりに支援して」というのはよくあることなのか?
 引き継ぎがきちんとされていない、ドキュメントの整備が不十分、まったくの別会社が請け負い。このどれかが該当した時点で、「判ってる奴を残しておこう」と考えるのは当然でしょうね。

>・2次開発に絡み、うちの会社に対して、発注元に何か特別な狙いはあるのか?
弱みにつけ込んで、また開発に巻き込もう、とか?
ありませんね。支援契約は所詮期間契約。請負と違って瑕疵担保責任もないでしょう?システムを判っている奴を、期間内にお手伝いさん扱いで使ってやろう、というだけでしょう。
しかも、様子を伺う限りあまり当てにもされていないようですし。

支援から開発に、というのは、契約し直さない限りあり得ませんから。その時点で突っぱねたらそれで終わりです。営業に、「また請け負ったら赤字だから!」と根回しする程度で良いのでは?

Qレジストリやファイルシステムなど監視するソフト?

レジストリやファイルシステムなど監視して、変更部分をログ出力するソフトってありますか?

未知のソフトや他人のWebアプリを検証する際に役に立つと思うのですが、昔常駐ソフトでファイルの監視をしていたものがあった記憶があり、Windows2000やXPで動作するものが知りたいです。

Aベストアンサー

★フリーソフトの『レジストリ番犬ロン』があります。
・このソフトは、任意の時点と現在との差異がひと目でわかる
 レジストリ監視ソフトです。
・フリーソフト版、シェアウェア版の2つがあります。注意。
・姉妹品として、『レジストリ番犬バロン』もあるようです。
・ただし、こちらはシェアウェア版です。

リンク:
・http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se274538.html→『レジストリ番犬バロン』
・http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se271528.html→『レジストリ番犬ロン』
・以上。短いですがおわり。

参考URL:http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/winnt/util/env/index.html

Q発注数と実入荷数の照合

POSレジにより、発注や在庫管理などを行っています。
仕入・検品・入荷入力の仕組みがうまく動いていないので、業務改善も含めて、システム変更を検討しています。
発注者が発注した商品が、いつ・どれくらいの数量で入荷するのか在庫管理担当者が把握していない状況で、入荷受付をしなければならない状況とします。
例えば、ある商品が、8個着荷したとします。納品伝票も8個であっています。
しかし、実は10個着荷するのが正しいとする場合、在庫管理者が「2個足らない」と認識するためには、どういった機能を設けてやるのが一般的なのでしょうか。

※納品は、仕入先タイミングで発送可能になる度に行われるので、発注伝票と納品はリンクしません。
※上と同じ理由により、「○月○日に着荷する予定リスト」の様なものは、作成できませんし、できたとしても当てになりません。

Aベストアンサー

発注伝票と納品がリンクしないような場合、入荷時点でその納品数が正しいかチェックすることはできないと思います。
月度締めタイミングでのチェックとなります。

現実的にできるとすれば、締めの時点で請求書(1ヶ月に仕入れた商品記載)をもらい、まず納品書と請求書が一致しているかを確認します。
前提として、発注情報は納品時に随時注文消し込みしているものとします。
そして、まだ発注情報に注文消し込みがされていない商品が未納分と分かります。その未納分を仕入業者に正しいか問い合わせるか、請求書をもらうタイミングで未出荷リストをもらい未納分と突合するか。のどちらかになると思います。


人気Q&Aランキング