哺乳類の臍帯、特にヒトの臍帯を構成している細胞は、
主に母由来の細胞でしょうか?
それとも胎児由来の細胞でしょうか?
あるいは、混じっているのでしょうか?

A 回答 (2件)

胎盤は脱落膜が母体由来、絨毛膜及び羊膜が胎児由来ですから、それよりも胎児側にある臍帯は母体由来ではないでしょうか?羊膜に包まれていますし。

自信はありません。

この回答への補足

早々に、ありがとうございます。
"それよりも胎児側にある臍帯は母体由来"とありますが、
胎児側ならば、胎児由来ですよねぇ?
書き間違えでしょうか?

補足日時:2001/10/25 20:23
    • good
    • 0

申し訳ありません。

書き間違えました。
「胎児由来」と書きたかったのです(汗)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前期破水と臍帯巻絡について 妊娠31週で前期破水のため入院しております。本日エコーで胎児の首に

前期破水と臍帯巻絡について



妊娠31週で前期破水のため入院しております。本日エコーで胎児の首に臍の緒が巻きつく臍帯巻絡と言われています。帝王切開での出産になる可能性が高いと言われていますが、そもそもお腹の赤ちゃんに現状危険はないのでしょうか?
羊水はまだ十分にあるとのことですが、羊水の量が減り臍の緒が首に巻きついている状態が苦しそうで・・・・。

Aベストアンサー

31wでは障害などの発生リスクを下げるために、1日でも長く胎内に置いておきたい状態なので、そうするしかないのだと思います。 耐児モニター上で、心拍低下したらすぐにでも帝王切開を行うことになると思います。

Q哺乳類霊長目ヒト科ヒト属ヒト?

 この分類はあっているでしょうか。私の知る限り、(UMAは別として)ヒト科にはヒト属しかなく、ヒト属にはヒトしかないと思うのですが、他にこのような生物はいるのでしょうか。また、ヒトだけがそうだとすれば、なぜなんでしょうか。
 そう思いたくはありませんが、人間は自分の兄弟や親戚を皆殺しにしながら進化したのでしょうか。

Aベストアンサー

申し上げ難いのですが少し違うと思います、まず生物を分類する際には、種を基本単位にするのですが、界・門・網・目・科・属・種となり<人>の場合は
動物界・脊椎動物門(有羊膜亜門)・哺乳綱・(真獣亜綱)・霊長目(真猿亜目)
類人猿科(ヒト亜科)・Homo(ヒト属)Sapiensとなります。
それとQuarkさんが仰るヒト科とはヒト上科の中にあるヒト科だと思うのですが、ヒト科にはHomo ergaster Homo erectus Homo neanderthalensis
Homo heidelbergensis Homo habilisが私の知る限りあります。
きつい事を言うかもしれませんが、自分の兄弟や親戚を皆殺しにするのは人間だけでなく生物界に於いては日常的に起こっている事です。
ですが、高度な社会を作ることができ尚且つ共存できる者達が自らのエゴで殺し合うのは悲しいことですね。

Q臍帯血輸血の際、なぜ臍帯動脈でなく静脈からする?

タイトルの通りです。臍帯静脈→胎児→臍帯動脈と血液は流れているので、胎児由来の造血幹細胞は臍帯動脈のほうが豊富であるように思われますが、実際には臍帯静脈でおこなってるそうです。何故だか分かりますか。

Aベストアンサー

 臍帯動脈→胎盤→臍帯静脈となってはいますが、胎盤から母親の血液が入ってくるわけでもないし胎盤で造血幹細胞がなくなってしまうわけでもないですよ。血球成分に変化はありません。
 血液は腕から取ろうが、足から取ろうが、内容は一緒ですよね。臍帯はいわば胎児の体の中と一緒です。動脈も静脈も造血幹細胞の量は一緒です。

 

Q羊膜細胞は胎児由来?母親由来?

はじめて質問させていただきます。

タイトルの通りなのですが、胎児(羊水)を包んでいる、羊膜は胎児由来か、成体の細胞なのか、ご存じの方がいらっしゃいましたら、お教え下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

羊膜などの胎盤を構成する細胞の分類は、体細胞でいいと思います。

Q民間の臍帯血バンクを教えてください

出産を控えていますが、上の子が血液の病気とわかり、
今回からの出産では臍帯血保存をしようと思いました。
ステムセル研究所は資料請求中です。
その他に臍帯血のプライベートバンクはありますか?
また、公的な臍帯血バンク等で、保存をしてもらえないのでしょうか?

Aベストアンサー

お住まいはどちらなのでしょうか?
臍帯血保存を実施している施設を探すことから始めるのも一手ですが、
臍帯血による研究をしている病院を通すというのも一手です。

大学病院などの研究機能もある病院では、臍帯血を研究に用いており、そういった手法には長けていますし、施設も良くご存知です。
遺伝子センター(遺伝子研究所など、名称は様々)を設けている病院が増えており、そのセンターに相談してみると、もしかしたら最善の方法が見つかるかもしれません。

なお、臍帯血バンクというのは、確かに保存してくれますが、献血と一緒で、他の誰かのために使われる可能性があり、必要とする時期まで残っているとは限りません。

既に出産を控えているということで、時間が限られているようですが、いい施設が見つかるといいですね。

QiPS(induced pluripotent stem)細胞誘導に用いた Oct3/4、Sox2、Klf4、c-Myc の4種の遺伝子はヒト由来ですか?

 iPS(induced pluripotent stem)細胞の誘導にOct3/4、Sox2、Klf4、c-Myc の4種の転写因子の遺伝子を導入したとのことですが、この遺伝子はヒトの遺伝子なのでしょうか?
 今回のiPS細胞はヒトの皮膚の細胞に上記4種類の遺伝子を導入したとのことですが、元になるヒトの皮膚の細胞の核のゲノムにはこれらの遺伝子は存在しないのでしょうか?
 もし、ヒトの遺伝子でないとすると、何由来の遺伝子でしょうか?

Aベストアンサー

ANo.1です。

Oct3/4はレトロウイルスベクターに、それ以外はレンチウイルスベクターに入れて導入しているので、皮膚細胞のゲノムのどこかにランダムで挿入されていると考えられます。特に相同組換えを考慮しているわけではなさそうです。

>素人の発想では、もともとのゲノム上の遺伝子を発現させるシステムができれば便利なのではないかと思うのですが。

いやもう仰るとおりで、素のES細胞は4遺伝子を全部発現しているわけですから、本来は細胞自体が持っているこれらの遺伝子を発現させるに越したことはありません。ところが、遺伝子の発現制御というのはかなり複雑で、どうすれば特定の遺伝子の発現を自由にコントロールできるかはまだ未知の領域なのです。ですので、今回のiPS細胞では、実現可能性の検討というところで、手っ取り早く外部から遺伝子を導入して強制発現するという方法をとっているのです。
おそらくは、外部から遺伝子を導入することなくES細胞のような特性を持った細胞の作製法、あるいはゲノムに遺伝子を挿入することなく一過性の遺伝子発現だけでES細胞様の細胞を作出する方法の検討が激化するのではないかと思います。

遺伝的な特性に影響されて・・・の件もお考えの通りです。ただし、例え癌化しやすい遺伝的特性があったとしても、本当に癌化するかどうかはまた別の話ですので、「すでに」癌化した組織を培養組織と入れ替えることが無駄、というわけではないでしょう。

ANo.1です。

Oct3/4はレトロウイルスベクターに、それ以外はレンチウイルスベクターに入れて導入しているので、皮膚細胞のゲノムのどこかにランダムで挿入されていると考えられます。特に相同組換えを考慮しているわけではなさそうです。

>素人の発想では、もともとのゲノム上の遺伝子を発現させるシステムができれば便利なのではないかと思うのですが。

いやもう仰るとおりで、素のES細胞は4遺伝子を全部発現しているわけですから、本来は細胞自体が持っているこれらの遺伝子を発現させるに越したこと...続きを読む

Q新生児の臍帯処置について

専門家の方教えて下さい。
私は産科で働いている看護師です。
当院では、出生時、臍帯は臍帯クリップで留めますが、翌日絹糸で結さつした方がいいというスタッフとそのままでいいというスタッフがいます。
結さつした方が早くきれいに臍帯が取れるときいたことがありますが・・・
この件に関して、文献、や、研究論文などあれば教えて欲しいのですが?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

私も産婦人科でNsをしています。

この件はもめますよね~

産科3件勤めましたが、それぞれでした。

今勤めているところでは・・・
・出生後24時間以上経ったら、臍帯クリップをはずす(結さつはしません)。
 この場合、クリップをはずした際に、まだ出血しているようなら、翌日の沐浴までクリップはそのまま(付けたまま)にしています。
・毎日沐浴後に、臍帯をアルコールで消毒する。
以上です。

これで、きれいに取れていますよ。

ポイントは、へその根元を、きっちり開いて消毒しているかどうかではないでしょうか?

へそが取れるのは根元からであって、クリップがついていたり結さつするのは上の方ですから、何の関係もないように思いますけど・・・。

"医療"のカテゴリーで、小児科Dr宛にも質問してみたらいかがでしょうか?

Qヒト皮膚細胞からもiPS細胞が樹立・・・

素人ですし、解説読んでも少し難しいので教えてください。
例えば事故で腕が切断した場合、この技術で元通りなりますか。
障がいのある両親が子供を生みたいときに、この技術で障がいの無い子供を生むことが可能となることですか。
最後に、究極の倫理上の問題があるとしたらどのようなことが考えられますか。

Aベストアンサー

腕を切断してしまった場合には、切断してしまった組織の状態によるかと思います。なぜならば、切断してしまってから有る程度の時間がたってしまってからでは、その切断してしまった組織周辺の細胞がネクローシス後のアポトーシスによって破壊され、再生は難しいと思います。
よって、切断後、救命救急措置によって、切断箇所をきちんと清潔に保ち、かつまた、組織を温存するなどによって、ケアすることで、この新しい細胞技術によって再生ができるようになると思います。

先天性障害のある両親が、障害の無い子供を授かりたいということで、このような技術を用いることは可能でしょう。なぜならば、そもそもES細胞(iPS細胞?)というのは、人の受精卵に限りなく近い状態の細胞のことで、ここから機能分化をすることで、人が生き物である様々な器官が生まれてきます。つまり、発生技術の究極の細胞技術として期待されているわけです。

しかしながら、現在生きている細胞に新しい遺伝子を導入して、そのような細胞を樹立する技術ですから、不死の細胞ではないのです(不死の細胞は、自分自身を殺してしまう、癌細胞だったりする)。これまでの研究によれば、細胞には分裂回数の限界を知るタイマー遺伝子が存在しており、その分裂回数は、初期の万能細胞と呼ばれてた頃に定まっているとされています。

究極の倫理上の問題としては、そのような理屈から見えてくると思いますが、人が不死の生命を手に入れてしまうことでしょう。SF小説にもありましたが、「メトセラの子」を生んでしまうわけです(これは、旧約聖書に出てくる、500年以上も生きた種族のこと)。

人生が、有る程度の期間ならば、人は人として精一杯生きるはずです。そのような、精一杯をなくした社会を作ってしまうことが、究極の倫理上の問題かも知れません。

腕を切断してしまった場合には、切断してしまった組織の状態によるかと思います。なぜならば、切断してしまってから有る程度の時間がたってしまってからでは、その切断してしまった組織周辺の細胞がネクローシス後のアポトーシスによって破壊され、再生は難しいと思います。
よって、切断後、救命救急措置によって、切断箇所をきちんと清潔に保ち、かつまた、組織を温存するなどによって、ケアすることで、この新しい細胞技術によって再生ができるようになると思います。

先天性障害のある両親が、障害の無い...続きを読む

Q臍帯血について

現在妊娠十ヶ月目なんですが、臍帯血を役立てたいと考えています。
まったく知識がないのでインターネットで色々検索してみたんですが、疑問が残るので教えてください。

(1)臍帯血バンクと臍帯血の保管とでは利用目的は異なりますか?
・子供やその家族のためだけ(?)に冷凍保存する機関(保管)?
・白血病など難病の人達への利用目的としたバンク?
利用目的はどちらか一方のみになってしまうんですか?

(2)出産予定の産婦人科が臍帯血機関と提携していなければ登録できないと目にしたんですが本当ですか?

(3)機関への登録や保管には費用はかかるのでしょうか?

よろしくお願いしますm(--)m

Aベストアンサー

下の子を産んだ病院では臍帯血の提供ができたと思います。私はしませんでしたが。
その時に説明書のようなものがあり、そこに書いてあったことぐらいしかわかりませんけれど。
まず、臍帯血バンクは「献血」と同じように、ボランティアです。ですので、提供するのに費用負担はありません。もちろん子ども自身が将来それを使うことは想定されていない。
それに対して、子ども自身が将来使えるように保管するというサービスを行っているところは私企業なので、費用はかかります。あくまでも私企業なので、将来的に同じサービスが受けられるかどうかは、保証されるものではないと。自己責任ですということでした。
バンクと提携している病院でないと提供はできないというのは、臍帯血は、出産直後に特殊な方法と設備ですみやかに採取して、しかるべき方法で保存して、すみやかに送らなければならない。
それだけの準備を常にしていて(いつ出産があるかはわかりませんからね)、スタッフも必要、となるとどこの病院でもやれるわけではない。また、送られたバンク側も、保存するための処理に、時間も手間もかかり、一日に受け入れられる量に限りがあるのだそうです。いつ、どのくらいの妊婦が出産して臍帯血を提供するか予想することはできませんので、無制限に受け入れることはできないということらしいです。
自己保存した臍帯血を、将来子ども自身が必要になって使う確率は数百万分の1とか(あいまいですが)の限りなく低いものだとも書かれていました。

下の子を産んだ病院では臍帯血の提供ができたと思います。私はしませんでしたが。
その時に説明書のようなものがあり、そこに書いてあったことぐらいしかわかりませんけれど。
まず、臍帯血バンクは「献血」と同じように、ボランティアです。ですので、提供するのに費用負担はありません。もちろん子ども自身が将来それを使うことは想定されていない。
それに対して、子ども自身が将来使えるように保管するというサービスを行っているところは私企業なので、費用はかかります。あくまでも私企業なので、将来的...続きを読む

Q哺乳類としてのヒト VS ニホンザル

昨今、各地でニホンザルが出没しニュースになっていますが、自分の妻や子供が襲われているのに逃げ腰の人ばかりで驚いています。

家族という群れのリーダーである父親は、他の家族が危険にさらされた場合、危険も顧みず戦う、もしくは救出するのが本来の姿だと思います。

ここからが本題ですが、人間とサルが本気で殺し合いをしたらどちらが種としてつよいでしょう?
いろいろなケースが考えられますが、おそらくサルは逃げるので、サルが逃げられない状況を作り、人間とサル、個々の戦闘能力という観点で考えています。

ちなみに、僕は、2回、犬と本気で戦ったことがあります。(紀州犬・雑種の中型犬)やむにやまれぬ事情で戦いました、彼らは本気でかなり強敵でした。でも勝ちました。人間は犬に深手を負わずに勝てます。大型犬には勝てるかわかりません。

でも僕は、サルに負ける気がしません。
サルの持つ病原菌や、保護条例は抜きにして人間とサルはどちらが強いでしょう?

Aベストアンサー

ヒトの社会とサルの社会 島泰三 大修館書店 と言う本に紹介されている話を要約いたします。

あるサルの群れに他の群から独立した若いサルがやってきて、その群の大人ザルとけんかになりました。見る間に水の中に追い落とされた若ザルが水から上がってきたときには、前足が1本なくなっていました。一撃で食いちぎられたんですね。

その後もこの若ザルは群に出没し、ある時その群の子猿を捕まえて食べることを覚えました。それなのにこの若ザルは後に群の一員として迎えられたそうです(以上、要約終わり)。

価値観の違う存在は怖いものです。また、野生動物は都市生活に慣れた人間より遙かにたくましい。罠にかかったら足を引きちぎってでも逃げるバイタリティを持っています。ただ、闇雲に怖がらない冷静さは必要だと思いますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報