汲み取り式から合併浄化槽への水洗トイレのリフォームを検討しています。

一社から見積を取ったところ、詳細な見積を持ってきました。
その中で気になったのが、「雑工事費」と「諸経費」です。

雑工事費は
下水道配管工事費で、その金額に対して約10%
便器、手洗器取付費で、その金額に対して約7%

これは、何かと尋ねたところ
何かといわれると困るけど、それぞれ計上が認められている費目だと言います。

下水道工事に関しては、排水設備工事費として配水管敷設工、マス設置があります。
また、便器の取付には、既設便器の取壊し、器具の取付費用、給水配管変更、があります。

それでもまだ目に見えない、雑工事っていうものがあり、
それが工事代金の何%と認められ、
そしてその代金を払わなくてはならないものなのでしょうか?


また、トータルな上で諸経費が計上されていますが
これも、全体の工事の約5%が書かれています。

通ってくるガソリン代、紙代なども含まれているのでしょうが
それでも、5%も経費を払う必要があるのか?と思ってしまい
見積書を見て、金額の高さに驚いています。

そして、その諸経費も金額の帳尻を合わせたような金額で
請求額がきれいな数字になっており、適当な金額の諸経費なのか?
とも思ってしまいます。

諸経費も雑工事費と同じく、何に使うかと言われたら困るけど
計上が認めれている費目だと言います。

諸経費って基準などがあるものなのでしょうか?
それとも、業者が適当に計上できるものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 雑工事というのは、ちょっとした仮設などを指していると思います。


 材料の仮置きに必要な資材とか、屋内で作業するときの養生材の材料費や設置費などかと思います。これらの費用は事前に厳密な積算は出来ないので、工事の規模などにより何%以下といった計上の仕方を良くします。
 諸雑費は事務経費や作業員の移動、梱包材の処分費(ものによっては産業廃棄物となります)などが含まれているかと思います。これは、工事費全体に対して割合計上するのが通例です。
 諸雑費は公共工事などでも計上し、その割合などは工事の種別や規模などにより厳密に定められています。役所などが工事予定価格を算定するときは、この基準により算出します。
 とはいえ、曖昧な部分があることは確かなので、工事費の端数処理としての意味も持っています。きれいな数字になっているのはそのためです。
 通常、諸経費は工事規模が大きくなるほどその割合が小さく、逆に規模が小さいと割合は大きくなります。公共下水道工事などの場合、諸経費が50%前後になることはざらにあります。道路工事などと一緒に行う場合は、諸経費は小さくなります。
 最近の事例だと、道路公団の談合で、工事を小分けにしたため全体の工事価格が高くなった、というのがありましたが、これは細かく分けたためそれぞれの工事規模が小さくなり、結果として諸経費が高くなったためだと思います。
 一般住宅の極小さな工事の場合は私も専門外なのでよく分かりませんが、いずれにせよ諸経費の計上されていない工事はあり得ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

諸経費は、どの工事に関しても計上されるもの。
あとは、他社との比較・・・ということになりそうですね。
よく検討してみます。

お礼日時:2005/08/14 23:55

 雑工事は、実際に工事を実施してみると見積には出てこない項目の処理に費やす経費と考えれば宜しいかと存じます。

現実的には質問者様の排水工事を実施してみないと解らない部分が多数でてきますので、目に見えない部分の処理費と考えれば宜しいかと存じます。

 逆に、それでは納得できないと言う場合は、現段階で見積できる金額で契約し、その後で発生した工事についてその都度追加変更契約を締結するか出来高変更をすればよいわけです。(大所は見積どおり決めて、細かいところは工事雑費でお願いしているのです。)

 諸経費に至っては、その工事に伴い必要とされる経費(現場管理費、共通仮設費等・・・)ですから交通費のみならず福利厚生費などの各種手当ても当然含まれます。諸経費5%は安いくらいです。ちなみに公共事業の場合の諸経費は土木工事(下水含む)で60~70%です。
 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

目に見えない部分の処理費、というのがやはり工事を行うとでてくるものなのですね。
出来高払いという方法も考えてみようと思います。

お礼日時:2005/08/15 00:01

> 諸経費って基準などがあるものなのでしょうか?


> それとも、業者が適当に計上できるものなのでしょうか?

見積のしかたは業者によっていろいろちがうので、特に決まりはありません。
総額から判断して、妥当だと思えば依頼すればいいし、高すぎると思えば断ればいいのではと思います。

ただ1社だけだと比較のしようがないので3社くらいは見積をとったほうがいいと思います。

その際に各業者の見積に見積漏れがないかどうかをよく確認されることをお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

まず、相見積を取ることですね。
よく確認して、じっくり検討したいと思います。

お礼日時:2005/08/14 23:59

うちもリフォーム工事していますが、


諸経費ですがうちの場合、管理費(打ち合わせ、朝夕の現場確認等)、会社経費、発生廃材処分(ダンボール、木材の端材等)、仮設資材(養生、シート等)、消耗品費を諸経費として計上しています。額は総額によりますが5~8パーセントですよ。

他にも補足材料費として3パーセント計上しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

なんだか高い・・と思っていたのすが、
5%前後というのは、妥当な金額のようですね。

お礼日時:2005/08/14 23:58

以前水道工事店にいました。



>下水道配管工事費で、その金額に対して約10%
>便器、手洗器取付費で、その金額に対して約7%

多分市町村によって異なりますが、私の所では、水洗化工事に伴う工事費の5%が、検査費として、市に徴収されていました。
市に提出する配管図から、計算して徴収されました。
また、便槽を撤去するごとに、15000円を徴収されました。
これは、汲み取り業者への保証金となっていました。

これは、見積もりなどで、施主さんの所には出さずに、諸経費として私は処理していました。

また、諸経費の中に、共通仮設費、消耗品費が有り、合わせると5%だったと思います。
これは、補助金などを受ける場合に提出する見積もりの項目に入っていました。
補助金を受ける場合は、諸経費の計算方法が定められています。
(そこからの値引きは、工事店の勝手ですが)

基本的に、業者さんの言っている経費の計上は、正当だと思います。
ただ、元になる価格が適正かどうかは分かりません。
また、営業の人が、見積もり内容を正確に答えられないのは、問題だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

補助金を受けることによって、諸経費の計算方法が定められていることは、
どの地域によっても決まっているものなのかどうか、わからないのですが、
我が家も補助金を受けるので、その計算方法に基づいた金額なのかもしれません。

工事店でないとわからないことって、いろいろあるんですね。

お礼日時:2005/08/14 23:58

 こんばんは。



 値段の多少は何とも言えませんが、いずれも工事の見積りにつき物の名目ですね。
 ちなみに、半端が出たら「出精値引」といって、半端分を値引いてくれる業者もあります♪

 どちらにしても、複数の業者から取られて比較された方がいいですよ。

http://www.homeclip.co.jp/houhou/MameTisiki.Mame …

参考URL:http://www.homeclip.co.jp/houhou/MameTisiki.Mame …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

この業者も、端数ぐらいは値引きできるけど、それ以上はできないと言われました。
これはどの業者も、同じような感じでしょうね。

内訳の費目を見てもよくわからない言葉があったのですが、
わかりやすいサイトの紹介ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/14 23:53

この業界ではあることです、実に不明瞭です。


使うか使わないかわからない材料まで記述してあり、
指摘しないと請求のときに減らしません。
他に2~3業者の見積もりを取ることをお勧めします。
競争させたらけっこう安くなりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

不明瞭だけど、よくあること・・・なんですね。
他社の見積も取って、比較検討した上で交渉しようと思います。

お礼日時:2005/08/14 23:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原価差額について

原価差額が発生していた時(月次)に、「B/S計上する」ということは、つまり仕掛品と売上原価に按分することにより、
仕掛品がB/Sに載る(原価差額が含まれている)ということですか?

また、そもそも何故原価差額を売上原価に負担させるのでしょうか?理屈が分かっていないので、どなたかお願いします。

Aベストアンサー

より正確な製品製造原価を確定するためです。(実際原価ー標準原価=原価差額)原価差額を原材料、仕掛品、製品の在庫に負担させて原価差額を調整させます。今期の発生した原価差額を今期で調整・負担するとともに翌期の製品単価でも調整・負担するためです。

Q工事見積中の「諸経費」について教えてください

いつもお世話になっております。

家を新築することになり、知り合いの建築デザイナーと一級建築士に図面を作ってもらって、地元の工務店に見積を頼みました。
込み込みで3000万程度の予算だと伝えたのですが、最初に来た見積は3510万(税別)でした。
外構に造園なども入っているので、ここからいろいろ削ったり仕様変更していくのだとは思いますが、よくわからないのが最後の「諸経費」です。
ここだけは明細がなく、ちょうど351万(全体の1割)計上されています。

もし、削っていって工事費が2700万になったら諸経費は270万になるのでしょうか?
同じ工事をしても資材の安いモノを使うと諸経費が安くなるということなのでしょうか?

また、この諸経費とは普通どんなことを指すのでしょうか。

さらにこの諸経費については値引き交渉ができるものなのでしょうか。

私自身がコンピュータシステム開発をしている会社にいるので、明細のない「1割諸経費」なんてのせたらお客様から何を言われるかわからないんです。
建築業界の常識、といわれると困ってしまうのですが、お互い気持ちよく取引したいので、教えて頂ければと思います、よろしくお願いします。

いつもお世話になっております。

家を新築することになり、知り合いの建築デザイナーと一級建築士に図面を作ってもらって、地元の工務店に見積を頼みました。
込み込みで3000万程度の予算だと伝えたのですが、最初に来た見積は3510万(税別)でした。
外構に造園なども入っているので、ここからいろいろ削ったり仕様変更していくのだとは思いますが、よくわからないのが最後の「諸経費」です。
ここだけは明細がなく、ちょうど351万(全体の1割)計上されています。

もし、削っていって工事...続きを読む

Aベストアンサー

通常諸経費は現場管理費と一般管理費と言うことになるのですが、実際にはどんな職種でも中身は結局材料や手間の仕入れ原価と会社利益だけなんですよね。
特に建設業界の見積りは利益自体を工事単価と経費で分散させているだけなので細かい内訳なんてほんとはあまり意味がないんですけどね。
たとえば年間粗利益が2割必要な会社の場合
工事原価800万の場合、粗利益200万必要です。
で、見積りトータル価格が1000万になりますが
お客さんへの表示上粗利益200万なんて書きかたは
なかなかできません。
そこで
工事単価に一割分散させ880万にして
現場管理費を30万にして
一般管理費を90万にして
計1000万とかにします。

ようはぶっちゃけた言い方をすると会社にとっては細かい見積り明細はどうでもよく
仮設費を値切られようが工事費を値切られようが諸経費を値切られようが全体の工事原価に対して所定の利益があれば経営が成り立つと言うことです。

聞いた話によるとアメリカの見積りでは工事費は原価で値入れして利益を2割とか3割とかで表記するそうです。
実際はこっちの方がオープンですよね。

参考URL:http://www.ads-network.co.jp/kiso/mitumori/ki-f-03.htm

通常諸経費は現場管理費と一般管理費と言うことになるのですが、実際にはどんな職種でも中身は結局材料や手間の仕入れ原価と会社利益だけなんですよね。
特に建設業界の見積りは利益自体を工事単価と経費で分散させているだけなので細かい内訳なんてほんとはあまり意味がないんですけどね。
たとえば年間粗利益が2割必要な会社の場合
工事原価800万の場合、粗利益200万必要です。
で、見積りトータル価格が1000万になりますが
お客さんへの表示上粗利益200万なんて書きかたは
なかなかできません。
そこで...続きを読む

Q固定資産一覧

初心者青色申告者です
(1)固定資産一覧に何十年も前に購入した冷蔵庫&ボイラー(工具器具備品)などがあって、経費算入額は0円になっています、4月に処分したのですが 今年に出す申告には固定資産一覧に残して未償却残高4万894円を損益計算書の必要経費の所に記入して来年の申告の時に一覧から消せば良いと言われたのですがそれでいいのでしょうか?
(2)8月にトイレ&ソーラータンク(工具器具備品)など三点を購入それぞれ30万円以下なので全部足して措置法第28の2にして一度で経費におとす?としたのですが 今年の1月1日の貸借対照表(資産負債調)の工具器具備品期首4万894円 12月31日(期末)-52,985円になっているんです 
8月に買ったものは三点で674,585円で 経費算入額が93,879円です
なんでマイナスになったのでしょうか?
今まで人に頼んで申告していたもので 今年初めて一人で手探りで申告していてなんでマイナスになったのか理解できません教えて下さい

Aベストアンサー

(1)その方が言っているのは、19年分の青色決算書の3ページ目の話でしょう。
ここには19年度の状況を記入することになるので、19年中に無くなったからと言ってその資産を丸ごと消してはいけません。
19年中に無くなったということを記入する必要があります。
ですから、その資産の右端の未償却残高は0になります。
20年には、期首時点で既にその資産はないので、一覧から消すことになります。
よって、その方の言っていることが正しいです。

(2) これは、処理に誤りがありますね。
 あなたは、三点の資産を帳簿上では、資産に計上せず674,585円を経費としておとしましたね。
 そして、固定資産一覧には、その三点の資産を登録し、減価償却したのでしょう。(この償却額が93,879円)
 先の処分した資産40,894円もそのままにしていますね。
これにより、工具器具備品の勘定は、-52,985円になります。

この間違いは、三点の資産について全額経費にしたにもかかわらず、さらに減価償却してしまっているからだめなのです。
ですから、減価償却として経費に算入した93,879円の仕訳を取り消さなければなりません。
さらに、処分した資産について、
固定資産除却損 40,894 / 工具器具備品 40,894
の仕訳を起こすことになります。

これで、工具器具備品の勘定残高は0になります。

また、会計ソフトで固定資産の管理を行っている(償却費等を自動で計算するようなもの)のであれば、(弥生のように)、三点の資産の登録についても見直す必要があります。
おそらく、その三点は通常の器具備品として登録されてしまっているようですが、資産の種類のところで「少額減価償却資産」等の名称の資産として登録しなおさなければなりません。

(1)その方が言っているのは、19年分の青色決算書の3ページ目の話でしょう。
ここには19年度の状況を記入することになるので、19年中に無くなったからと言ってその資産を丸ごと消してはいけません。
19年中に無くなったということを記入する必要があります。
ですから、その資産の右端の未償却残高は0になります。
20年には、期首時点で既にその資産はないので、一覧から消すことになります。
よって、その方の言っていることが正しいです。

(2) これは、処理に誤りがありますね。
 あなたは、三点の資...続きを読む

Q人工(にんく)について

工事の見積を業者からとったのですが、単位がm(メートル)などではなく人工(にんく)で記載されていました。普通、1人工あたりの金額はどのようにして決めるものなのでしょうか?見積書の項目によっては、『0.33人工×単価(一人工)』と、なっています。
分かりやすく説明していただけると助かります。お願いします。

Aベストアンサー

>1人工あたりの金額はどのように?

簡単に、
『一人の人が一日労働するのに、会社としてどのぐらいの原価になるか』です。
0.33人工というのは、8時間(通常の1人工)の1/3ということで、約2時間40分の作業ということを表します。

単価/人工は会社の規模で間接経費がまったく違うため、大きく変化します。
小さな会社ほど、工事面積当たりで計算した方が有利な傾向にあります。

大雑把に言えば、設計・管理¥30000
        一般技術者¥20000~24000
        実務者  ¥15000~18000
ぐらいになっているのかな?
(業種によっても違いますので、かなり大雑把です)

Q賃貸物件を売却したときの必要経費(固定資産税について)

お世話になります。
賃貸物件を売却したとき、買主さんから固定資産税の精算金(日割り)を受け取ったのですが、私が調べたところ、これは売却代金に加算して譲渡所得の確定申告をすべきだという事でした。
この物件、売却するまでは不動産所得があったので、去年支払った固定資産税は必要経費になると思うのですが、満額必要経費にしてしまって問題ないのでしょうか?
最初は支払った固定資産税(一括払い)から精算金を引いて必要経費にしようと思っていたのですが、精算金を譲渡収入に加算するというならば、不動産所得の必要経費に満額のせないと損なような気がするのですが……。
ご存知の方いらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

全額不動産所得の経費に出来ます。(受取った精算金は譲渡所得の収入)
その年分に必要経費に算入する租税公課は、その年中に納付額が具体的に確定したものです。
納付書が届いた時点で、貸付不動産にかかる固定資産税を全額経費に出来ます。

なお、賃貸物件(業務用建物)を売却した場合、譲渡所得を計算する上で、取得費の計算が居住用物件とは若干変わりますのでご注意下さい。
不動産所得の計算上で登録免許税・不動産取得税等経費にしたものは、取得費に算入できない。
取得費から引く減価償却額は、不動産所得の計算上で必要経費とした減価償却累計額。

詳しくは、税務署又は税理士にお尋ね下さい。

Q工事の共通仮設費率の計算ができません・・!!

今仕事で困っています。
建築工事の共通仮設費率をださなければいけないのですが、どうも計算ができません。

4.83×21,014-0.0956=9.556

※『-0.0956』は、右上に小さく書いてあります。

応用して他の工事でも計算しなければなりません。この計算はどうすればできるのでしょうか。

エクセルで簡単に出来る方法などありましたら、
そちらでも教えていただければ幸いです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>4.83×21,014-0.0956=9.556
4.83*21.014^(-0.0956)=3.610067
になりますので、提示の計算が間違っているように思います。
Googleで
4.83*21.014^(-0.0956)
と入力し[検索]ボタンをクリックしてみてください。
計算してくれます。

EXCELでは
A1セルに「4.83」
B1セルに「21.014」
C1セルに「-0.0956」
D1セルに「=A1*B1^C1」
と入力すれば
D1セルに計算結果を
表示してくれます。

Q香典返しは経費になりますか?

弊社の取締役(社長の父)が亡くなりました。
会社から花篭を出し、それは経費になると思いますが、
社長が、香典返しの領収書を持ってきて経費にしてほしいと言われました。
金額は80個で17万円です。

しかし、香典を収入にあげていないので、香典返しは経費にならないと思うのですが、いかが思われますか?
御教示頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

香典返しは遺族が行う行為であることから、税務上、たとえ社葬であっても会社の経費とは認められません。

この場合、この17万円は役員に対する賞与と取り扱われ、全額否認及び源泉漏れダブルパンチとなります。

Q平米数の求め方

タイトルの通り平米数の出し方を教えてください。

Aベストアンサー

rt02060825さん、こんにちは。

>縦が129cmで横が345cmです。
単純に縦と横をかければ平米数は出るのですか?

出ます。
面積ですから、縦×横ですね。

ただし、平米というのは、平方メートルですから、
それぞれ、センチをメートル単位に直さないといけません。

縦129センチ→1.29m
横345センチ→3.45m
なので、

面積は1.29×3.45=4.4505平方メートル=平米

ということになります。

Q青色申告での経費の仕分けについて教えて下さい。

青色申告での経費の仕分けについて教えて下さい。

青色申告未経験者です。
先日、お店で使用するお客様用のマッサージチェアを購入しました。
購入する際に、妻名義のクレジットカードで購入してしまいました、
この場合、お店の経費として落とせるのでしょうか?
また金額が10万以上ですので、勘定科目は固定資産で良いのでしょうか?
その場合事業用口座からマッサージチェア代を全額引き出しても良いのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>この場合、お店の経費として落とせるのでしょうか…

別に問題ありません。
【工具器具備品 ○○円/事業主借 ○○円】

>勘定科目は固定資産で良いのでしょうか…

「青色申告決算書」にある科目を使うなら【工具器具備品】
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/13.pdf

>その場合事業用口座からマッサージチェア代を全額引き出しても良いのでしょうか…

「私の金を使った」
と怒られるなら引き出しても良いですが、夫婦円満ならあえて引き出す必用はありません。
引き出す場合は、
【事業主貸 ○○円/普通 (or当座) 預金 ○○円】

Q水道工事の見積り単価について

水道工事業者から見積りを取りました。
水道用ライニング鋼管20A 8m 3400円 計27200円
同継手 1式 16700円
給水・給湯配管 架橋ポリ管 φ13 36m 500円 計18000円
ワンタッチ継手材14個 2400円 計33600円
配管工129000円

などなどすべて書くには大変なので書きませんが、給水・給湯工事のみで合計で60万円です。
器具は含みません。
この単価は、適正でしょうか。

Aベストアンサー

戸建住宅の設備工事でしょうか?それとも店舗、工場でしょうか?工事内容のイメージがつかめませんが、純粋な配管だけなのか、器具の設置も含むのか、重機使用の土工事も含むものかで、工事ボリュームはかなり変わります。
ちなみに40坪くらいの家の住宅設備工事
排水工事 給水工事 給湯工事 雨水工事 設備機材取り付け設置(機材別)
土工事(重機使用、残土処分含む) 上水下水申請費 (メーター別)  
以上の内容で 我々はゼネコンより65~70万で受けます。
ご参考までに。。。
配管工129000円とありますが、m施工単価じゃない分まだ分かりやすいじゃないですか。職人日当が1.5万だとすると1人で9日間かかるといったところが、納得できるかどうかだと思います。
上記材料代としては無茶なものではないと思います。仕入れに2~3割は載せますから。。。 
水道工事なんてものは、基本的に簡単なんです。ただ他の建築業に比べて現場での守備範囲が広いですから、専用工具、重機、ダンプ車両といった設備投資にかなり費用を割いています。その辺を料金に添加せざるを得ないところがあります。
   

戸建住宅の設備工事でしょうか?それとも店舗、工場でしょうか?工事内容のイメージがつかめませんが、純粋な配管だけなのか、器具の設置も含むのか、重機使用の土工事も含むものかで、工事ボリュームはかなり変わります。
ちなみに40坪くらいの家の住宅設備工事
排水工事 給水工事 給湯工事 雨水工事 設備機材取り付け設置(機材別)
土工事(重機使用、残土処分含む) 上水下水申請費 (メーター別)  
以上の内容で 我々はゼネコンより65~70万で受けます。
ご参考までに。。。
配管工129000円とあり...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング