プロが教えるわが家の防犯対策術!

戦前は天皇は現人神であったという思想があったそうです。
大正時代まではそのような思想はなかったのではないかと思います。
いったい誰が考えだして広めたのでしょうか?
まるでイエス・キリストのようですね。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

明治維新の精神的バックボーンになり、またそれ以降のイデオロギーの源泉になったものに、山崎闇斎-浅見絅斎(けいさい)の「垂加神道(すいかしんとう)」の流れがあります。


天皇を唯一の正統的な日本(アジア)の支配者であると位置付けたのは、このあたりが最初で、時代的には江戸時代の初期の早い時期にあたります。
(浅見絅斎の「靖献遺言」と言う中国の尊皇的・理想主義的な人物の列伝は幕末の志士たちのバイブルとなっています)。

こういった思想は、為政者やその周辺の日本独自の歴史観を模索する学者たちの間の限られたものでしたが、水戸光圀の大日本史や本居宣長などを通して幕末までの間に純度を高めながら次第に知識人の間に浸透していきます。

倒幕・大政奉還と言った明治維新に活躍した人たちの行動の正当性はこれによって裏付けられ、大東亜共栄圏へと進むその思想的裏付けも担っています。

明治政府は近代国家を成立させる上で、民族的な同一性を高める必要性に迫られていました。
江戸時代までの日本に住む人々の多くの所属意識は、武士における藩が最高のレベルで、地理的な日本全土を「我が国」として意識することはありませんでした。
そこで、それまで存在しなかった「日本人」を成立させるために、この思想を利用します(この当時に現れた「民俗学」もそう言う面で利用されています)。

「現人神」と言う表現自体の初出は分かりませんが、「おほきみはかみにしませば・・」と言う本質は、明治において国民の間には既に浸透していたと思います。
    • good
    • 2

何だか勉強になる回答がいっぱいですね。



徳川家康が神になるように近世まで偉い人間が神になることが続いていたのが日本ですね。

民衆にとっちゃ、危機の時に突如現れて危機を払いのけてくれた人は敬意を評して「カミ」として崇め続けたそうです。

その心理から天皇さんは何とかしてくれる存在である。と植えつけえていったのかもしれません。
明治初期は民衆の教養レベルは読み書きすらままならない人間ばかりでとても天皇を「現人神」として奉ることは出来なかったと思います。
後は教育の結果でしょう。

日本が学校を整えたのが明治後期。
その卒業生が親の世代になったのが大正初期。
天皇が現人神である思想はここにきてやっと民衆レベルになったんだんと思います。

後、教育の裏には優秀な兵士の教育があったのです。
読み書きが出来ないと武器の取り扱いや文書が手渡せない。
銃弾は物理法則と算術が必須。
海軍では特に機器の扱いが膨大。
天皇を崇めることで、軍での上下関係をきちんとさせる。帝国軍は天皇の軍隊ですから。と。
ちょいとずれてすいませんでした。
    • good
    • 1

いろいろな回答が出ていますが、近代天皇制における現人神という趣旨で言えば、6の回答が正解だと思います。


6の回答は、山本七平の『現人神の創作者たち』という有名な本を要約したものです。山本七平は歴史学者ではなく、学問的訓練を受けてもいなかったので、論文なんかで引用されることはないんですが、実はかなり広く影響を与えています。ちゃんと知りたいなら、『現人神の創作者たち』を読むといいですよ。
    • good
    • 0

 誰が、という話は私もわかりませんが、いわゆる「現人神」というイメージは、昭和からですね。


 一応、大日本帝国憲法には「天皇ハ神聖ニシテ冒スヘカラス」などと書かれています。が、山形有朋が御前会議で居眠りしてしまった明治大帝を刀の柄でつついて起こしたようなエピソードもあり、維新の元勲から見れば天皇は現代でいう「象徴」に極めて類似したものでした。

 そもそも、維新のとき、天皇は「玉(ぎょく)」呼ばわりされて、取れば官軍になれる将棋の駒のように捉えられていたのです。その時代をしっている元勲ならば、いわゆる「現人神」というイメージを持つはずがありません。

 ここで補足なのですが、「神」という単語、極めて誤解の多い言葉です。
 本居宣長が述べたような、よく分からないが力のあるものを、古来の日本では「カミ」と呼んでいました。それがキリスト教の God の翻訳にも流用されたから、神というのはすごいものだという誤解が広がったのです。

 キリスト教の God は天地創造をしてしまうパワフルな人と隔絶した存在ですが、日本古来の「神」は違います。西行の詠った「何事のおわしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる」という臨在感がベースになる概念で、しかも靖国や太宰天満の例で分かるように、人でもなれる存在です。

 そのようなもののうち、直接の先祖であった神々を祭祀する家系として、天皇家は古代から現代に続いています。柿本人麻呂が「おおきみは 神にしませば」と詠ったのは、その意味です。
 なお、エジプトのファラオの例も出ていますが、古代ローマでも建国神話の登場人物の直系がそこここにいる世界でした。たとえばカエサルはヴィーナスの子孫です。ケルト民族も天下った神が部族長の祖先だという神話を持っていましたし、蒼き狼と白き雌鹿をハーンの祖とするモンゴルですが、この狼や鹿は神の変化したものです。ポリネシアやアフリカ、ネイティブアメリカンにも民俗学の研究で、そのような神話を持っていることが確認されています。
 要するに、世界中に交流が無かった所にまで神の子孫が今の人間であるという思想があるわけで、これはどこがオリジナルというよりもヒトの脳はそのような発想をするものだと考えた方が合理的です。
 ちなみに、現存する国家で神の子孫がそのまま残っているのは世界中で日本だけです。民俗学の化石とも呼ばれており、それだけの伝統を誇ってよいことだと思います。

 しかし、そのような発想を根こそぎ潰していったキリスト教やイスラム教が、現在は人口比では絶対多数を占めているので、God 的な神概念の方がメジャーになってしまっているのが現状です。

 なお、「現人神」の概念が、キリスト教と似たものになっていったのは、列強と対抗するために国民国家を形成するための装置として必要だったからと言えます。偶然ではありません。
    • good
    • 1

この考えは概ね天智天皇の時代に成立したと思います。


「大君(天皇)は神にしませば天雲の雷の上にいほりせるかも」:柿本人麻呂

これは天智天皇の皇后でもあった持統天皇を讃えた歌ですが、これ以前は諸豪族の長として大王として君臨してましたが、この天武期からは人臣から一段上の神の領域に上り、他の豪族が取って代われないようになったようです。

http://www.relnet.co.jp/relnet/brief/r18-27.htm
    • good
    • 2

王が神である、という思想はたしかに#1のかたが仰るように古いです。

というよりも王の起源と神の起源はかなりちかいところにあったと思われます。
日本書紀などには、同じ神が(えらいひと--->神人--->神)と、変化していくのが見える記述もあります。そういう意味では普遍的にあった、といってもいいのですが、近代日本の現人神、というのは実はこれと似て非なるもの、明治国家が新規に創設したものではないかという考えが(#2さんの仰るように)あります。

このあたりについての研究で最近出版された本
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480089 …
はなかなか参考になりました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480089 …
    • good
    • 0

「現人神」の思想がいつからあったのかは知りませんが、


この時代に「現人神」という言葉と天皇を結びつけた仕掛け人がいたんでしょうね。

どこの誰だかこれまた知らないのですが、「戦争準備室」のプロジェクト会議でこの啓蒙作戦を考え提案した   奴   がいるんでしょう。
今の時代で言うと「出来る奴」と呼ばれたんでしょう。

というわけで、まったく答えになっていません。申し訳ありません。
    • good
    • 0

現人神の思想は、古くはエジプトのファラオまで遡ります。

エジプト文明では、ファラオ=人間の姿をした神、という事を頑固に主張しています。多分、ここら辺が最初だと思われます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天皇が神様になったのはいつから?

天皇が神様になったのはいつからですか?

古事記だと、神様の子孫ってことになるんだろうけど、
古代から、神様だと信じられていたんですか?
蘇我馬子のころは、天皇暗殺とか平気でやってるから、
あんまり権威がなさそう。

でも中世だと、島流ししても殺すことはしてない(多分)から、
ほかの貴族や武士とは別格って感じですよね。

明治以降は、本当に神様だと信じられていたんでしょうか?
例えば、ヒトラーや金正日とかを「英雄」だって思い込んだり
ローマ法王やダライラマとかを「聖人」(厳密な意味じゃ違うけど)って感じることはあっても、
それは、一般人とは次元が違う、「立派な人」っていう意味です。
あと、死んだ人を神とか仏とか敬うのも分かる気がします。

でも生きている人を、「神」(つまり、人じゃない)って考えるのは、
科学的な近代以降では、かなりすごいことだと思うんですが
本当に天皇は神だと信じられていたんですか?

Aベストアンサー

現代の日本人は「神」というと一神教の神を想定して、そこから連想するので実態とはかなりかけ離れています。

天皇が「神」である、ということは一神教の神とはまったく違う概念なのです。

まず、一神教の神は人間ではありません。人間に「俺のことを崇めたら守ってやるから、俺を崇めてほかの神を崇めるな!!」という超自然的ななにかです。原則的にはモーゼに十戒を授けたエホバが唯一絶対神、ということになります。
これは最初から神であって人間ではありません。

ところが、多神教の国々は日本を含めて無数の神がおり、特に国を支配する王族は「神の末裔」ということになっています。
日本でも天孫が天下ってから人間と交配して、天皇家の一族になっていきますし、古代エジプトは本来はギリシャ系の移民なのに、現地民を支配するために「王はホルス神が人間の姿をしている」としていましたし、王が死ぬと「ホルス神は新しい体を借りてよみがえった」というふうにされていました。

つまり神は「人間ではないなにか」であると同時に「人間の形をしたなにか」でもあったのです。
日本でも太宰天満宮の菅原道真のように神格化された存在があります。彼はすさまじい怨念を残して死んだために、もともと人間でありながら「人間ではない何か」の力をもったとされ、神様として祭られたのです。

ですから、日本の天皇も朝廷成立の頃には「日本の神々を束ね総覧し、日本の民をまとめて神と会話するモノ」という宗教的な意味合いを持っていたようです。現在でも天皇の仕事に新嘗祭や 大嘗祭など天皇しか執り行えない儀式があり、儀式の内容は秘密になっています。
このようなことを行える唯一の存在である天皇は、臣民というただの人から見れば、少なく見積もっても「人ではない何か」であり、そうであれば崇め奉る存在であり、崇め奉るから「神」なのです。
そして人間ではないなにか(本当は人間ですが)をお世話するのも人のままでは問題があります。人が神に触れると神が穢れるからです。
そのため、天皇をお世話する人は宗教的な儀式を通じて神と交流できる能力を授かった、とされたり、後には仏教的な方法論を取り入れて、出家した人は現世から離れたので人ではない(化外の人といいます)として、天皇を治療する医師は頭を丸めて出家したことにしたりしました。
すべてはフィクションなのですが、人を「人」が治めたのでは政が出来ないため、そのようなフィクションがどの国でも必要だったのです。

ですから古事記の時代や卑弥呼のような存在を含めて、彼らは神だったといえますし、民衆はそれを信じていたわけです。
明治期になっても、現代でも天皇が神であることには変わりがありません。しかし、それは一神教的な神(人間ではない何か)ということではなく、政上のフィクションである、ということです。
その意味で戦後行った「人間宣言」は一神教であるアメリカ人からすれば「神である天皇を神の座かひき下ろして武装解除した」という勝利ですが、当時の日本人にとっては単に「政治的な権力から天皇が身を引いた」というメッセージに過ぎなかったのです。
当然明治期でも大戦期でも戦国時代でも、天皇が人間であることは当たり前のことであり、それを「神」としているのは制度上、政治上のフィクションであったからです。


島流しの話が出ていますが、日本は制度上、古事記の時代からずっと朝廷が「人」に権力を付与する形で今まで来ています。征夷大将軍は天皇が与えるものですし、内閣総理大臣だって天皇が任命するのです。
マッカーサー率いるGHQは実に日本の実情を理解していたと見え、アメリカやその他世界に向けては「天皇が人間宣言した」として日本が敗戦した事実を納得させ、日本国民には「権力は手放すようにしたけど、天皇は日本の権威のままだからね」と日本の国体そのものが変更になったわけではないことを印象付けたわけです。
実にうまい方法で、その代り日本人が「神」という言葉の意味が分からなくなってしまったのです。
それでもこれだけ日本が長い間平和を教授できているのですから、たいした副作用ではないのかもしれません。

ということでエジプトの例を含めても「神」の正体は、支配される側の民衆が納得するだけの「権威」というべきものなのかもしれません。
現在でも天皇が御璽(天皇のはんこ)を押さなければ、法律も条約も成立しませんから、今でも天皇は日本の政治上の権威であり、だからいまでも神であるといえるのです。

現代の日本人は「神」というと一神教の神を想定して、そこから連想するので実態とはかなりかけ離れています。

天皇が「神」である、ということは一神教の神とはまったく違う概念なのです。

まず、一神教の神は人間ではありません。人間に「俺のことを崇めたら守ってやるから、俺を崇めてほかの神を崇めるな!!」という超自然的ななにかです。原則的にはモーゼに十戒を授けたエホバが唯一絶対神、ということになります。
これは最初から神であって人間ではありません。

ところが、多神教の国々は日本を含めて無...続きを読む

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q運転が下手すぎて免許取れない人っていますか?

こんにちわ。

たまに映画とかであまりにも運転が下手すぎて逆走したり店につっこんだり信号無視して周りの車を大事故に招いたりってシーンがあったりしますが、
そこまでとはいかなくても運転が下手すぎて免許が取れなかった、もしくは諦めた人っていますか?

自分でなくても、もし知り合いにいたりしても結構です。何かエピソードなどあれば教えてください。

なお、身体的、精神的にハンディキャップを背負っているためなどの理由の方は申し訳ございませんが結構です。

どしどしお待ちしています!

Aベストアンサー

いましたね。

私が免許を取ったのはもうおおかた20年くらい前になりますが、
「ちょっとスピードを出してカーブを曲がる」「急ブレーキを踏んでみる」という教習課程があり、私と同じ時期に通っていたおばちゃんが「スピードを出してカーブを曲がる」課程に挑戦することに…

見た目たいしてスピードは出ていなかったのですが、カーブにさしかかるや否やパニック状態になったおばちゃんは、あろうことか「カーブと逆に急ハンドル」を切ってしまい、あわれ教習車は柵をぶち破って敷地外の田んぼに転落…。

車から這い出てきた教官の蒼白な顔色が今でも忘れられません。

ちなみに後日、件の教官に同乗してもらうことになり、詳しく話を聞いたところ、「おばちゃんは悲鳴をあげて完全に目を瞑っていた」そうで、教官側の補助ブレーキを踏む暇もなかったそうです。本来ならば教官もそれなりの処分を受けるような事件だったのですが、所長の「あれはしょうがないな…」の一言でお咎めなし。ですが、おばちゃんは「説得してあきらめてもらった」そうです。

おばちゃんはその課程に来るまではそれなりに課程をこなしていたそうで、ちょっと気の毒な気もしますが、技術以前の問題な気もします。

ご参考までに。

いましたね。

私が免許を取ったのはもうおおかた20年くらい前になりますが、
「ちょっとスピードを出してカーブを曲がる」「急ブレーキを踏んでみる」という教習課程があり、私と同じ時期に通っていたおばちゃんが「スピードを出してカーブを曲がる」課程に挑戦することに…

見た目たいしてスピードは出ていなかったのですが、カーブにさしかかるや否やパニック状態になったおばちゃんは、あろうことか「カーブと逆に急ハンドル」を切ってしまい、あわれ教習車は柵をぶち破って敷地外の田んぼに転落…。

...続きを読む

Qなぜ戦前の日本軍は暴走してしまったのですか?

なぜ戦前の日本軍は暴走してしまったのですか?

関東軍の暴走や、5.15事件、2.26事件…。
真珠湾攻撃の前には既に南方で勝手に戦端が開かれていたとか。
それから、敗戦時にも玉音放送を中止させようと陸軍のクーデターが起こるなど、なぜ戦前の日本では、軍事がコントロール不能になってしまったのですか?

当時の米国や英国ではそうならかったということは、戦前の日本の政治体制や統治機構に何か根本的な誤りがあったのですか?

※これはド素人の質問ですので、質問文中に認識違いなどがあった場合は遠慮なく指摘して頂いて結構です。その際はどうぞお手柔らかに…

Aベストアンサー

>当時の米国や英国ではそうならかったということは、戦前の日本の政治体制や統治機構に何か根本的な誤りがあったのですか?
一言で言えば大日本憲法の条文にある「統帥権」でしょうね。
米国・英国の軍隊は文民統制(シビリアンコントロール)が為されていました。
大日本帝国軍の指揮系統は建前上、天皇の命令だけしか聞き入れない制度になっていました。
これを「統帥権」と呼びます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%B8%A5%E6%A8%A9
明治天皇のように、自から指揮、命令していた時代はそれで良かったのでしょう。
内閣・国務大臣も戊辰戦争を戦ってきた人々でしたからね。

時代が進むにつれて、「統帥権」の変容したのが、軍部の暴走した要因だと思います。
大日本帝国陸海軍には行政組織の陸軍省と海軍省が有り、それぞれに大臣がおりました。
これらは内閣の一員の行政組織で、人事権、徴兵などを行政事務を行ないます。
それとは別に海軍には軍令部、陸軍には参謀部があり、軍令部総長・参謀総長がおりました。
実際の作戦立案、実行を一手に握っていました。

最初は海軍省>軍令部、陸軍省>参謀部の関係でした。
現役の軍人とはいえ、官僚ですのである程度の常識を持ちイケイケの軍人を抑えていたのですが
それに不満を持つ軍人が「天皇は陸海軍を統帥す」の文言を盾にとり、統帥権の独立を画策し始めました。
次第に省令等を改定し、海軍省<軍令部、陸軍省<参謀部の力関係になりました。
つまり、軍人の文が弱まり、武が強くなってきました。
国会議員が異議や反対意見を述べたりすると「統帥権干犯」を持ち出し、反対意見を封殺していきました。
つまり、建前上、天皇のみしか軍隊を指揮命令する事が許されない
神聖にしてだれも犯す事の出来ない武力集団に仕立て上げたのです。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/tousuikennnokannpann.htm

しかるに、昭和天皇は皇太子時代、大英帝国を訪問し、英国の立憲君主制に触れ、それを模範にするお考えが有りました。

国王・皇帝が独裁的に指揮・指示・命令をするのではなく、それを輔弼する内閣・国務大臣の政策を承認する形を取りました。
それで、天皇の名の下に、自分の都合よく相手国に武力行使を独断専行で行い、全て事後承諾で戦争へと進んだのです。
結局は、降伏か戦争継続かで意見が分かれ、収集が付かなくなり、昭和天皇のご聖断となった訳です。

>当時の米国や英国ではそうならかったということは、戦前の日本の政治体制や統治機構に何か根本的な誤りがあったのですか?
一言で言えば大日本憲法の条文にある「統帥権」でしょうね。
米国・英国の軍隊は文民統制(シビリアンコントロール)が為されていました。
大日本帝国軍の指揮系統は建前上、天皇の命令だけしか聞き入れない制度になっていました。
これを「統帥権」と呼びます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%B8%A5%E6%A8%A9
明治天皇のように、自から指揮、命令していた時代はそれで良か...続きを読む

Q真相報道バンキシャを観てますが、武貞秀士って何者なんですか!北朝鮮から金でも貰っているんですか?

今、日テレ系のTV番組「真相報道バンキシャ」を観ています、北朝鮮の労働党大会の報道をしています、コメンテーターの武貞秀士という拓殖大教授が解説しています、このオッサンのコメントに引っ掛かるモノを感じます、普通に聞き流していたら解らないと思います、けどチョットでもマジに聞いたら違和感を覚えると思います、なかなかの巧み度を直感しました、このオッサン、北朝鮮か朝鮮総連かに通じているんですか?裏の裏で金でも貰っているんですか?
何者なんですか?教えてくださいませんか、このオッサンの実体を…。

Aベストアンサー

かつては、日本でまともに北朝鮮研究やってる5人のうちの一人に入ってて(安全保障研究所(当時)の伊豆見氏(現静岡県立大教授)、慶応大の鈴木氏、ラジオプレスの鈴木氏、もう一人忘れた)、まともだったんですけどねぇ。残念ながらお変わりになりました。
 防研(防衛研究所)の主任研究員だった頃には、シンポジウムで「北朝鮮が赤化統一を捨てたことは今まで一度もない。今日こうやっている間にも北朝鮮ではプルトニウムの抽出が行われているのです。」と、日本の一般ピープルが思わず忘れている大事な点を指摘したりしてらしたのですが。
 たまにテレビにお出になっても、日本の立場からの発言でした。

 それが防研辞めて、韓国の延世大学の国際大学院(英語で授業)に1年行かれ、そのあと北朝鮮政府の招待で2回、北へ行って来られたら、変わってらっしゃいました。
 北朝鮮の代弁人かと思うほど、「北朝鮮の立場としては、・・・」「北朝鮮の考えとしては、・・・」「北朝鮮の思いとしては、・・・」「北朝鮮の気持ちとしては、・・・」という発言が圧倒的にに多くなりました。「北朝鮮に寄り添う」人になっちゃいました。
 韓国で親北勢力の人間に取り込まれたか、そのあとの北朝鮮で取り込まれたか、わかりませんが、変わるだけの強烈な何かがあったのでしょう。

かつては、日本でまともに北朝鮮研究やってる5人のうちの一人に入ってて(安全保障研究所(当時)の伊豆見氏(現静岡県立大教授)、慶応大の鈴木氏、ラジオプレスの鈴木氏、もう一人忘れた)、まともだったんですけどねぇ。残念ながらお変わりになりました。
 防研(防衛研究所)の主任研究員だった頃には、シンポジウムで「北朝鮮が赤化統一を捨てたことは今まで一度もない。今日こうやっている間にも北朝鮮ではプルトニウムの抽出が行われているのです。」と、日本の一般ピープルが思わず忘れている大事な点を...続きを読む


人気Q&Aランキング