はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

現在、会社で買掛金等を振込みするのに先方負担に関して600円(税抜き)引いて振り込んでいます。今回、インターネット等よりの振込みにして手数料を安くしようとしています。仮に手数料が400円になるとします。
通常なら1万円振り込み時の仕分けは、
相手には9400円の振込みになる。
買掛金 10000  /  普通預金 9400
             振込手数料 600  としていたのが
買掛金 10000  /  普通預金 9600
             振込手数料 400  となると思います。
しかし、私の上司が下記のような仕分けをしようと言い出しました。
買掛金 10000 /  普通預金  9400
            振込手数料  400
                雑収入 200
上記のようにすると先方には同じ金額です。しかし差額を自分の会社の取り分とするのはいいのですか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

ご質問の趣旨とは、ちょっと違いますが、


振込手数料は、先方に分かります。バレバレです。
私は、大手都市銀行のネットバンキングを利用していますが、
摘要欄に何銀行の何支店からと、ちゃんと表示されます。
ですので、調べればすぐに金額は分かってしまいます。

そんな、せこい不正をしてまで小銭を稼ぐような所は、
その分、心持ち値上げしたりしています。
他のお得意さまに対してもフェアじゃないですからね。

参考URL:http://www.ufjbank.co.jp/
    • good
    • 1

うちも上乗せしています。


僕は買掛金 10,000/普通預金 9,400
          雑収入  600
と仕訳しています。
税務署の調査でも指摘されません。細かく見られません。
ただ、下請取引関係の法律上の下請け先に支払うのは、調査時に問題になり、現在は上乗せしていません。
振込の事務手数料とでも考えればいいのではないのでしょうか?システムを利用するのに振込手数料以外にも手数料を払っているのですから。実際銀行の人も上乗せして、差額でシステムの償却をすればといって売り込んできましたし。
でも、本当のところは・・・・
    • good
    • 1

No.7です。



こちらも説明不足だったかもしれませんが、そもそも最初から払ってもいない手数料(相当額)を戻し仕訳すること自体正しいのか、という疑問があるのです。

実際のところ私の勤務先も手数料の戻しとして処理してますけどね。
    • good
    • 0

そもそも手数料相当分を「手数料の戻し」として仕訳すること自体がどうかな、と思いますけど。

仮にすべての買掛金が先方手数料負担の銀行振込で、かつ他に手数料の支払いがなかったとすると、「手数料」科目はマイナスになってしまいますよね。

100の買掛債務があるところを96におまけしてもらっているのだから、本質的には差額は値引きか雑収入なのではないでしょうか?(実務上はたぶん皆さん「手数料の戻し」にされてると思いますが)

この回答への補足

すみません。説明不足だったかもしれません。
振込手数料は、分りやすくするためにかいたもので
大きな科目で言えば、経費の雑費でしています。
だから、雑費がマイナスになることはないです。
2番目の仕訳までは、税理士さんの指導を受けてやっているので
問題はないと思います。

補足日時:2005/08/25 11:36
    • good
    • 0

3番目の仕訳が正しいか正しくないかの二者択一であれば正しいと思いますし、税調でとやかく言われることもないでしょう。

が、実務をこなしていく上で、雑収入の相手勘定に買掛金を用いることには違和感を感じます、間違いではないでしょうが...。
日々の実務においては2番目の仕訳でokでしょう。
    • good
    • 0

なんか仕訳が変ですね。

3番目の仕訳だと預金勘定が合わなくなっちゃうんじゃないの?
    • good
    • 1

法的な問題はないですし、税務調査でとやかく言われることもないでしょう。



>振込みするのに先方負担に関して600円(税抜き)引いて…

そもそもこの 600円という数字が、どこに根拠があるのか、先方には分かりません。振込手数料は、金額によって変わりますし、銀行によっても違います。また、同じ金額、同じ銀行でも、振込先が同一銀行同一支店、同一銀行他支店、他銀行かによってそれぞれ違います。

3万円以上で、800円(税抜き)が一番高いのではないかと思いますが、それを 600円でやっていたということは、先方にとっては、「ここは 200円安い」と思っていたかもしれません。
受け取る方にとっては、どこの銀行から振り込まれたのか、通常は知るよしもありません。
400円の銀行を利用して、最大限の 800円を引いたところで、苦情が来ることはないでしょう。

差額の 200円は雑収入として、売上に含めるということですから、税法上も問題はありません。不労所得などというのではなく、少々値切ったと考えればよいのです。
税金や保険などは 1円単位まで正確に払わなければなりませんが、一般的な商取引では、多少の値引きはよくあることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あいがとうございます。
mukaiyamaさんは、税務関係かなにかのお仕事をされているのですか?
ただ、私には売り上げと見るにはどうも違和感があるのですが・・・

それとどの銀行から振り込まれ、どんな方法で振り込まれたかということは
現在、銀行からの明細等で確認できますので、ごまかすことは出来ないと思います。

お礼日時:2005/08/23 21:53

会社で一人事務をしています。


仕分けではなく仕訳ですね。


ネットバンキングを使用して、手数料が減るのであれば
その手数料を記載すべきですので、ご質問者さまの答えがあっていると思います。
厳密に言えば、差額を会社の取り分とするのは間違っています。
だって、発生していない収益を計上しているわけですから。

税務調査が入って、まぁ振り込み手数料まで細かくみられることはありませんが、雑収入や雑費などは、金額が大きいと、税務署も調査する可能性があります。
現実に即して仕訳をするのが一番です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

雑収入で上げると決算の時にどうしても明細をつけないといけないのでどうしたものかと思っています。
zakikkoさんの言われるように私も、差額を取り分とするのはおかしい気がしますし、相手の会社にも失礼な気がします。自分の会社がされたら腹が立ちますしね。

ただ、上記のmukaiyamaさんと言われていることが、まったく反対なので
どちらが正しいのか、まだ判断がつきません。

お礼日時:2005/08/23 21:57

先方が振込手数料相当として600円を負担(つまり実際の振込手数料ではなく)してくれているのであれば、上司の方の仕訳で問題ないかと思います。


ただ、先方が実際に600円の振込手数料がかかっているのだと考えているのだとすると、200円部分は民法上の不当利得にあたる気がします。
更に細かい話を言えば、振込手数料にも消費税が課税されると思いますが、200円部分も仮受消費税を計上するのでしょうか?実際には課税されないのだから計上しないかと思いますが、先方は600円に対して仮払消費税を計上するかと思います。もっとも消費税額込みの振込手数料が620円になり先方もおかしいと気づくかもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私も、先方が納得していただければ問題は、ないのかなと思いますが、
今回は、先方に話すことはなしに、こちらで勝手にしてしまおうとされています。だから、問題があるのかなと思っています。
実際の話を言えば100円、200円で苦情がくることはないと思いますが、金額が大きいからだめ、小さいからいい。という問題でもないと思いましたので質問させていただきました。

お礼日時:2005/08/23 22:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q振込手数料の差額は「雑益」ですか?

銀行の振込手数料差額についての質問です。

たとえば、買掛金10万円を他行あて電信振込する場合

振込手数料は
窓口なら840円 ATMなら525円とします。

振込手数料が受取人負担ということで
100,000円―840円=99,160円を窓口で送金することにしました。

ところが、行員さんが早くて安いATMを薦められるので
ATMで99,160円を降り込みました。

ATMの振込手数料は窓口より315円安く、確かに得したのですが・・・

帳簿仕訳上 315円の買掛金が残ってしまいます。

これは「雑益」として処理するのでしょか?

<窓口での振込>
買掛金 100,000円  現金  99,160円
                手数料    840円


<ATMでの振込>
買掛金 100,000円  現金  99,160円
                手数料    525円
                ???    315円 ⇒「雑益」なの?

以上、よろしくお願い致します。

銀行の振込手数料差額についての質問です。

たとえば、買掛金10万円を他行あて電信振込する場合

振込手数料は
窓口なら840円 ATMなら525円とします。

振込手数料が受取人負担ということで
100,000円―840円=99,160円を窓口で送金することにしました。

ところが、行員さんが早くて安いATMを薦められるので
ATMで99,160円を降り込みました。

ATMの振込手数料は窓口より315円安く、確かに得したのですが・・・

帳簿仕訳上 315円の買掛金が残ってしまいます。

これは「...続きを読む

Aベストアンサー

FBサービスは振込人が専用端末機やパソコンを使った場合ですね。
それなら、支払い側で、一括して手数料が発生しますね。
最初の回答は、個々にATMを使った場合を想定したので、振り込み側では手数料が発生しないと書いたのです。

そうなると、ご質問の通り。 
買掛金 100,000円  現金  99,160円
                手数料    525円
                雑収入   315円と、なります。

Q振込手数料先方負担の仕訳について

TKCの1伝票型で仕訳をする際に
買掛金が180,000円あって420円を先方負担で179,580円支払いました。
(420円は銀行側が先方手数料として自動で引かれます)買掛金は180,000円で前月計上してあります。
実際に支払った時どういう仕訳になるのでしょうか?

Aベストアンサー

買掛金180,000/現金179,580(相手受取り分)
       現金420(銀行受取分)
となるはずです。
当方の減る現金は180,000のはずです。

相手方では
現金179,580
支払手数料420/売掛金180,000

となります。

つまり当方では手数料はなんら関係しません。

Q先方負担 振込手数料の消費税

どなたか、会社で以下のような会計処理をしている方へ質問です。

買掛金の支払時に、振込手数料を差し引いて振込時に、例えば手数料税込648円に対して600円だけを買掛金合計から引いて振込をした場合、実際、銀行の手数料を計上する時は48円分の消費税は
仮払消費税に計上計上しているのでしょうか? また、この方法だと、実際は、手数料としては発生していな部分を手数料として貸方課税対象外?に600円計上して相殺し、仮払消費税だけ48円計上しているのでしょうか? それか、他の仕訳方法をしているのでしょうか?
正しい方法をご存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

金融機関から徴収される振込手数料よりも先方負担として差し引く手数料のほうが安い場合、その差額は一般に、支払手数料として計上される。48円が税込の課税仕入になるということだ。

実際の振込手数料に関わらず一定額を差し引くのは、事務処理を簡単にするためだ。振込先により異なる手数料をいちいち把握しデータに反映させるよりも、一律処理するほうが事務コストが低減される。特に、実際の振込手数料がそれよりも安ければ、その会社の実質的な利益となる。高くても、差額が小さければ事務コスト低減などで吸収される範囲といえる。

なお、代金の支払いは決済取引であって仕入取引ではないのだから、仕入値引を用いるのは簿記会計上誤りだ。また、仕入値引は仕入の控除科目であって営業外収益区分の科目ではない。

Q支払いの際、振り込み手数料を差し引いた場合の仕訳

ある工場で仕事をしてもらい、月末に代金を支払うことになりました。

もらっている請求書は、税込みで合計:20,000円でした。

支払いの際、銀行振り込みで振り込み手数料は工場さん負担で支払いました。

振り込み手数料は300円で、工場に支払った額は、19,700円でした。


仕訳的には、、

外注工賃 19,700 普通預金 19,700
支払手数料 300 普通預金 300

になると思いますが、
こうすると請求書の金額20,000円と一致しません。

こういう場合は、普通はどのように仕訳るのでしょうか?

Aベストアンサー

#4です。

回答を書き直します。詳しく書きます。


◆工事代金を振り込む日と同じ日に、振込手数料が引き落とされる場合。

〔借方〕外注工賃20,000/〔貸方〕普通預金19,700
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕普通預金300



◆工事代金を振り込む日よりも後の日に、振込手数料が引き落とされる場合。

・工事代金を振り込む日:
〔借方〕外注工賃19,700/〔貸方〕普通預金19,700

・振込手数料が引き落とされる日:
〔借方〕外注工賃300/〔貸方〕普通預金300


別の方法

・工事代金を振り込む日:
〔借方〕外注工賃20,000/〔貸方〕普通預金19,700
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕未払金300

・振込手数料が引き落とされる日:
〔借方〕未払金300/〔貸方〕普通預金300


さらに別の方法

・工事代金を振り込む日:
〔借方〕外注工賃20,000/〔貸方〕普通預金19,700
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕受取手数料300

・振込手数料が引き落とされる日:
〔借方〕支払手数料300/〔貸方〕普通預金300

この方法の考え方は次の通り。
(1)受取手数料:
本来、工場が当社へ集金に来るべきです。そのとき当社は現金を払います。しかし振り込んであげる場合は、先方は交通費が掛からない一方、当社には振込み事務の手間が掛かります。だから手数料300円を受取っても良いでしょう。
(2)支払手数料:
当社が銀行に振込を依頼するので当社が銀行へ支払う手数料です。

#4です。

回答を書き直します。詳しく書きます。


◆工事代金を振り込む日と同じ日に、振込手数料が引き落とされる場合。

〔借方〕外注工賃20,000/〔貸方〕普通預金19,700
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕普通預金300



◆工事代金を振り込む日よりも後の日に、振込手数料が引き落とされる場合。

・工事代金を振り込む日:
〔借方〕外注工賃19,700/〔貸方〕普通預金19,700

・振込手数料が引き落とされる日:
〔借方〕外注工賃300/〔貸方〕普通預金300


別の方法

・工...続きを読む

Q振込手数料差額返還の仕訳

前年度分の売上金の振込手数料の差額が返還され、普通預金に入金されました。
この場合の仕訳は、
普通預金/雑収入の仕訳で良いのでしょうか?
この場合の雑収入は、課税対象となるのでしょうか?

今回初めて消費税の申告を行います。
簡易課税制度を選択しており、事業区分は第5種事業です。
この振込手数料が課税対象の場合、
消費税の対象事業は、第5種事業で良いのでしょうか?

素人の質問で申し訳ありませんが、よろしくお願います。

Aベストアンサー

・振込手数料相当を何の科目で仕訳していましたか。

・例えば雑費であれば

  普通預金 / 雑費  摘要:振込手数料戻り

 で良いでしょう。

・いずれにしても課税取引なので、課税売上が増えるか、課税仕入れが減るかの違いで納税額は変わりませんが、厳密に言えば、簡易課税の方や、免税点の1000万円の判定などで、影響がある場合があります。

Q銀行振り込み時の振込み手数料の仕訳は?

代金を払うために、銀行振り込みをしました。当然、振込み手数料がかかりました。この費用は、代金に含めて処理するのでしょうか。適用に、「振込み手数料XXを含む」と記入するのでしょうか。
又、振込み手数料には、消費税は含まれていないのでしょうか。

Aベストアンサー

一般的には「支払手数料」又は「手数料」勘定で処理します。
又、振込手数料には消費税が課税されていますから、次のような仕訳になります。

税抜き処理の場合。
支払手数料 500 / 現金(又は普通預金) 525
前払消費税 25

税込処理の場合。
支払手数料 525 / 現金(又は普通預金) 525

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q消費税個別対応~振込手数料の課税区分

どなたか教えてください。
消費税の個別対応方式を採用している場合ですが、
「振込手数料」は、「課税売上に対応する課税仕入」
に区分してよいのでしょうか。

この振込みの内容は、
課税売上に対応する課税仕入の対価の支払です。
例えば、商品仕入の買掛金の振込です。
(事務用品費等販管費の支払は、「共通」と考えて
よいのでしょうか?)

どうかよろしくご指導下さい。m(__)m

Aベストアンサー

お考えのとおりで正しいと思います。

個別対応方式を採っている場合に
「課税売上に対応する課税仕入」なのか
「非課税売上に対応する課税仕入」なのか
あるいは「共通課税仕入」なのかの区分は
次のようにします。

1)会社において部、課等の組織があるかどうか。
2)その部、課において売上が発生するかどうか。
3)その売上が課税売上だけであれば、その部、課で発生する仮払消費税は、全て「課税売上に対応する課税仕入」とする。
4)非課税売上も発生する場合は、売上原価については可能な限り個別対応させ、その他の販管費は「共通課税仕入」として、その部、課での売上割合等で対応させる。
5)通常の売上が発生しない総務部、経理部等で発生する管理費等は「共通課税仕入」として、会社全体の売上割合で案分する。

以上のようにしておかないと、会社所有の不動産を売却したときなどに、びっくりするような消費税額を控除できないということになります。

なお、振込手数料については次のことも要注意です。
振り込まれた売掛金から控除されている振込手数料相当額は、その分だけ値引きしたのと同じですから、この課税区分は「売上値引」であって、「課税仕入」ではない。

お考えのとおりで正しいと思います。

個別対応方式を採っている場合に
「課税売上に対応する課税仕入」なのか
「非課税売上に対応する課税仕入」なのか
あるいは「共通課税仕入」なのかの区分は
次のようにします。

1)会社において部、課等の組織があるかどうか。
2)その部、課において売上が発生するかどうか。
3)その売上が課税売上だけであれば、その部、課で発生する仮払消費税は、全て「課税売上に対応する課税仕入」とする。
4)非課税売上も発生する場合は、売上原価については可能な限り個別...続きを読む

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q事故の保険金が入金された際の仕訳?

経理のことで、質問いたします。
勘定科目は、この場合どうなりますでしょうか?

今年社内で事故があり、社員の方が入院しました。
それに伴って、かけていた保険から先日見舞金が入金されたのですが、この場合の仕訳は・・

当座預金 △△△   受取保険料 △△△

となると思うのですが、会計ソフトに「受取保険料」の項目がない場合、
貸方は「保険料」と「雑収入」のどちらが適切でしょうか。
もしくは、何か他の勘定で処理するのでしょうか・・
よろしくおねがい致します。

Aベストアンサー

 ソフトにある科目「保険料」はご存知のように「(支払)保険料」のことを指します。「保険料」を貸し方にもってくると以前の支払保険料を取り消す仕訳になってしまいます。
 保険会社であれば、お客さんから受け取る場合は「保険料収入」(売上)となりますが、その他一般企業では、受け取る場合は保険料でなくて「保険金」ですね。
 しかし、「保険金」の科目はないでしょうから、「雑収入」でいいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング