先日無保険の自動車から追突されてしまったため、私の加入している任意保険の人身傷害補償特約(3000万円)をつかうことになりました(あとで相手の加入している自賠責保険に求償するとのことです)。現在通院で接骨院に通院しているのですが、慰謝料は自賠責基準の日額4,100円なのでしょうか?それとも人身傷害特約にあらかじめ規定されている日額があるのでしょうか?おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

自賠責基準~弁護士基準までいろいろあります。


又、保険会社により基準金額が違いますので、問い合わせてみてはいかがでしょうか?
何も言わなければ自賠責基準の4100円と思います。

保険会社に問い合わせの際は、認定日数等のことも聞いてみるのがいいと思います。

参考サイト
http://cocodiego.sakura.ne.jp/sonpo/
現役損保マンによる人身傷害補償特約ガイド

参考URL:http://cocodiego.sakura.ne.jp/sonpo/
    • good
    • 8

 こんにちわ。


 人身傷害補償は会社によって支払基準が異なりますが、約款の規定通りの支払となります。
 この規定自体が若干会社によって異なりますので試しに証券と共に送付されてくる保険約款の中の人身傷害補償、傷害の場合の精神的損害という項目をご覧下さい。
 総治療日数を限度に4100円を2倍にした額を支払う会社、3倍を支払う会社、など目に付きにくい差があります。(医師にかかっている場合と限定されてることも。)

 注意点としては、人身傷害補償の保険金請求書は兼同意書などと小さく書かれてるのが普通ですが、中には人身傷害補償から保険金を受け取った後は相手に対する請求権を放棄する、などという記述の同意書もあったりします。人身傷害補償は支払った範囲内で相手に対する賠償権を買い取る形ですから、それ以外の権利を放棄する必要はないです。違う記述の保険金請求書に変えてもらってください。

 弁護士費用や被害事故請求費用付きの保険に加入していたら、そちらを使うのもいいのではと思います。
    • good
    • 2

 交通事故にあわれたとのこと、お見舞い申し上げます。


 人身傷害補償特約については、詳しくわからないので、他のかたの回答を
お待ちください。お力になれずすみません。

 ただ、私も追突事故の加害者の経験者として気のついた点がいくつかあるので、
申し沿えておきます。

(1)搭乗者傷害特約
 あなたが入っている任意保険に「搭乗者傷害」の特約をつけていれば、
通院日数をもとに計算した保険料が支払われます。これは自賠責保険とは
関係ありません。
 それから自賠責保険に慰謝料その他を請求するときや、上述の「搭乗者傷害特約」
の場合も、入院日数や通院日数を基準として計算します。1日でも通院日数が
多いほうがそれだけ保険料は多く支払われます。ただし、通院日数が
長い場合は全額支払われるとは限りません。通院日数*基準額の何割かは
減額される場合もあります。しかし、1週間のうちに1日通院して5時間
加療するよりも、1週間のうちに5日通院して、毎日10分加療するほうが
計算基準となる日数は5日となって多くなるのです。加療にかかった
時間は全く考慮されません。基準となるのは日数だけなのです。
この是非は私も疑問に思いましたが、これが実状なので、念頭において
おいたほうがいいかもしれません。


(2)健康保険の利用
 加害者側が任意保険に加入していないのであれば、あなたの治療には
あなたの加入している健康保険を使ってできるだけ出費をおさえることを
おすすめします。
 病院によっては「自動車事故の場合は健康保険を使えません。」
といわれることがありますが、これはまちがいです。
 加害者側の自賠責保険からあなたに支払われる保険料-医療機関に支払う医療費-
医療機関に通うための交通費など諸費用=あなたの手元にのこる慰謝料
です。できるだけ医療費をおさえるために、健康保険の適用はすぐにご検討に
なることをおすすめします。

(3)相談窓口
 加害者側ともめそうな場合は下記窓口が無料で相談にのってくれます。
窓口が込み合っているので数か月後でないと予約がとれませんが、弁護士に相談
するのと同じくらいの強制力があるそうです。弁護士は有料なので場合によっては
かえって手元に残る金額が少なくなってしまいますが、ここは無料です。
状況次第ですが、予約をしておかれてもいいと思います。加害者側との示談は
すぐにする必要はありません。あわてて示談してしまうと、何も加害者側に
請求できなくなってしまいます。

 財団法人 交通事故紛争処理センター 東京支部 TEL 03-3346-1756
(例として東京支部を書きましたが全国に支部があります。)

 それから最後にあなたの加入している任意保険の代理店のかたは、保険の
プロとしてあなたの立場にたっていろいろアドバイスをしてくれると思います。
自賠責保険の請求方法も教えてくれると思います。

 肝心のご質問にはお答えできませんが、ご参考になれば幸いです。

また、弁護士のかたのサイトなどいくつか挙げておきますので、ご参考に
なさってください。

http://www.asahi-net.or.jp/~ZI3H-KWRZ/law2.html

http://member.nifty.ne.jp/koba-san/law/traffic/s …

 精神的にも肉体的にも大変なときだと思いますが、お体の回復と保険関係の
手続きがうまくいくようにお祈り申し上げます。
    • good
    • 1

 契約内容によりますので、詳細は契約している保険会社の担当者に確認するのが確実です。

自賠責の場合は4,100円を基本として、事情によっては倍額までの支払いが認められていると思います。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイクで当て逃げに会いました自分の人身傷害保険を使う時には

バイクで当て逃げに会いました自分の人身傷害保険を使う時には

Aベストアンサー

当て逃げ?
怪我をしたならひき逃げです。
警察に届けてから、保険会社に連絡してください。

Q人身傷害補償特約と搭乗者傷害補償について

自動車保険についてですが、
ある人から、

「人身傷害補償特約をつけてたら、搭乗者傷害補償をつけても保険料のムダだよ。
人身傷害補償特約だけつけてたらいいんだよ」

と聞きましたが、本当なのでしょうか?

この2つの特約の違いもいまいち分かりません。
併せて教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

決して保険料の無駄にはなりません。
両方の意味を正しく理解していない人の
言葉です。

三井住友海上は搭乗者傷害を昨年7月の改定で
なくしましたが、代理店・契約者の猛反発で
今年7月から復活します。

人身傷害で十分な補償を受けられない場合の
補完的な役割を搭乗者傷害保険は果たしているのです。

例えば高齢者には死亡などの場合には人身傷害はほとんど
支払われませんが、搭乗者傷害は年齢に関係なく支払われ
ます。

Qひき逃げと当て逃げ

ひき逃げ、当て逃げって報道されていますが、
警察の届でいえば人身事故と物損事故の違いですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も人身事故と物損事故の違いだと思っていましたが‥‥

道路交通法では、救護義務違反(ひき逃げ)の規定はあるのですが、
「当て逃げ」の規定はないそうです。(驚)

 下のHPのような事例がありました。

参考URL:http://auto.ascii24.com/auto24/issue/2002/0130/03nec_si9999_03.html

Q人身傷害保険、搭乗者保険、歩行者傷害特約、及び一般の疾病保険

過去問も見たのですが、自分のケースで再確認させてください。まもなく任意保険の更新です。対人賠償無制限、人身傷害4000万円、搭乗者(部位別)500万円をつけています。一般の疾病保険でも家族は全員医療保険に入っていて、家族以外の人がほとんどンらない場合、搭乗者保険は削ってもかまわないのでしょうか。
それと、歩行者傷害特約というものがあり、今までつけていませんでしたが、今ひとつ説明がわかりません。
「 対人賠償保険は、自動車事故で他人(歩行者、相手の車に乗っていた人、ご自身の車に乗せていた人など)を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負担された場合で、自賠責保険で支払われる金額を超過した金額について、保険金をお支払いします。
また、対歩行者傷害補償特約とは、対人事故の被害者が歩行者の場合に、被害者の損害額(人身傷害保険の支払い基準(注1)に基づいて算出される金額)が、対人賠償保険または自賠責保険等で支払われる保険金を上回るときには、保険金をお支払いします。(注2)
被害者に過失がある場合でも、対人賠償保険の保険金に上乗せして保険金が支払われるため、事故が円満、敏速に解決しやすくなります。 人身傷害保険を付保している場合に付帯できます。
(注1) 人身傷害条項の損害額基準
(注2) 対人賠償保険の保険金が支払われる場合
(対人賠償の被保険者が、法律上の損害賠償責任を
負担する場合で、自賠責のみの保険金支払となった場合を 含みます)に限ります。 」

となっています。対人も人身傷害もつけていて、歩行者傷害をつけてなかったために起きる不都合、というのはどういうケースがあるか、保険会社に問い合わせましたが、「個々のケースは一概に回答できない」とのことでした。本当にあったほうがいい特約なのでしょうか。

過去問も見たのですが、自分のケースで再確認させてください。まもなく任意保険の更新です。対人賠償無制限、人身傷害4000万円、搭乗者(部位別)500万円をつけています。一般の疾病保険でも家族は全員医療保険に入っていて、家族以外の人がほとんどンらない場合、搭乗者保険は削ってもかまわないのでしょうか。
それと、歩行者傷害特約というものがあり、今までつけていませんでしたが、今ひとつ説明がわかりません。
「 対人賠償保険は、自動車事故で他人(歩行者、相手の車に乗っていた人、ご自身の車...続きを読む

Aベストアンサー

個人的見解に対して「理解できない」というカキコミは面白くないですね。別に他の回答やアドバイスをかかれる人を説得しようとは思いません。しかしこの特約の役割に疑問を感じることは事実なのでもう少し書かせていただきます。

「対物超過」にしろ「歩行者…」のしろ、法的義務以外の部分にまで支払いをするということは同じです。しかし「対物超過」は法的賠償義務を超えた範囲であっても、あくまでも過失割合を適用します。つまりどんなにごねても自分の過失分が埋まることはありません。しかし「歩行者・・・」は歩行者側の過失分についてまで支払いをすることになります。つまりどんなに過失があろうともごねれば自分の過失分が消えることになります。ここがふたつの特約の大きく違う点です。

確かに事故処理の簡素化という点では有効だと思います。しかし「相手の過失分を自分の保険でカバーする」ということに納得できません。

これらの違いを理解したうえで、自分にとって特約が必要なのかどうかを判断するべきです。保険を売る側に「内容もお任せ」であればそれもいいとは思います。しかし「本当にあったほうがいい特約なのでしょうか。」といった疑問を持つ限り、中身をよく理解した上で判断されるといいでしょう。同じ特約でもいろいろな考え方があります。

個人的見解に対して「理解できない」というカキコミは面白くないですね。別に他の回答やアドバイスをかかれる人を説得しようとは思いません。しかしこの特約の役割に疑問を感じることは事実なのでもう少し書かせていただきます。

「対物超過」にしろ「歩行者…」のしろ、法的義務以外の部分にまで支払いをするということは同じです。しかし「対物超過」は法的賠償義務を超えた範囲であっても、あくまでも過失割合を適用します。つまりどんなにごねても自分の過失分が埋まることはありません。しかし「歩行者・・...続きを読む

Q知り合いが当て逃げで警察に逮捕されたのですが

知り合いが30日に当て逃げをしその日に警察署に出頭したのですが、当て逃げから人身事故へ変わっており逮捕されたきり帰ってきません。
何日間ぐらい拘留されるのでしょうか?
相手は、骨折と頭が切れる怪我なのですが起訴された場合執行猶予は、つくのでしょうか?

Aベストアンサー

原則は10日間と決まっています(刑事訴訟法)。しかし、多くの場合、警察が裁判所に延長願いを出し、20日間になります。

Q人身傷害補償加入なら搭乗者傷害は必要ない?

まもなく自動車保険の更新です。人身傷害補償(3~5千万の予定です)加入なら搭乗者傷害は必要ないように感じるのですが、何か弊害はあるのでしょうか。又、これらの補償金額はいくらが適正でしょうか。詳しい方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

人身傷害補償は自分を含め家族だろうが他人だろうが降りますよ。

人身傷害補償と搭乗者傷害保険の大きな違いは、人身傷害補償は実損払いで、搭乗者傷害は定額払いということです。

ですから、人身傷害補償に加入していれば、万が一のときに実質的な負担はなくなりますので、搭乗者傷害保険はいらないという考え方もありです。
あくまで傷害保険なので、万が一のときにお小遣い程度の補償があるという認識でかまわないと思います。

Q当て逃げについて。

防犯カメラのある店の駐車場に駐車している際に当て逃げをされました。
目撃者もいました。
警察に通報して2~3日経っても当てた相手が見つからないことってあるのでしょうか?
人身ではなく物損だと警察は捜査しないのですかね?

Aベストアンサー

人身でも警察は調べてくれません。
警察は「申し出のあった事故届けを受け付ける」のが仕事であって、
事故を解決することは警察の仕事ではありませんので・・

Q人身傷害保険と搭乗者傷害保険の両加入推奨について

人身傷害保険に入っていれば、実損分がもらえるわけですが、
その上さらに搭乗者傷害保険に入る場合というのは
傷害によってもうかることになります。
これでは保険商品として成立しえないように思うのですが、
保険会社の中には両方に入るのを推奨しているところもあります。
なぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

事故で最低限の補償をもらえば良いと考える人は搭乗者傷害に
加入しなければよいのです。

でも世の中そう云う人ばかりではありません。
事故には相手からの補償以外にいろいろ出費があります。
それらを補完するものと割り切るしかないでしょうね。

ただ、いたずらに病院へ通いまくり、保険金をより多く取ろうと
云う人もいます。
従って、今損保業界は日数払いを廃止して、部位・症状別に切り替えて
いる最中です。

東京海上日動火災も7月から日数払は廃止です。

Q車の当て逃げについて、犯人逮捕は難しいですか?

私の知人の事故の話です。
知人が信号待ちをしていたところ、赤信号を突破してきた車に当て逃げをされました。
重度の怪我はありませんでしたが、軽い鞭打ちという事で人身扱いにしました。
警察が調べたところ、犯人は車をある人に借りて走行していたという事です。
警察の対応も遅く2年前の写真などをもってきたりし、だらだら時間をかけ、一月くらい経ちました。
結局その間に記憶も曖昧になり、犯人事態も俺じゃないと言う張り、結局泣き寝入りになったといいます。
自分は警察の怠慢だと思います。
それとももともと当て逃げの逮捕は難しいのでしょうか?

Aベストアンサー

「轢き逃げ」に関しては、警察は地面に這いつくばりながらでも証拠集めに躍起になります。つまりは歩いてる人を轢いて怪我・大怪我・死亡させ、逃げた犯人は絶対に許さんという意思の表れです。ところがどっこい、車同士の事故で当て逃げされて捜査という事になれば、警察は手の平返した様に「怠慢」になります。逃げられる方が悪い、という感覚なんですよ。だから自然と捜査もずさんになります。

当て逃げ犯人の逮捕が難しいとは思えません。轢き逃げ捜査でも、例えば車から剥がれた塗膜から車種を割り出すんですから、当て逃げも基本は同じだと思います。塗膜は剥がれるだろうし、ブレーキ痕、タイヤ痕からも車種は特定できます。

警察も重大案件については真剣だけど、そうでないと判断したものには「ずさんな捜査」になるんでしょう。「密着!交通警察24時」が聞いて呆れます。

Q人身傷害保険や事故について!!人身傷害保険について教えて下さい。私は事故した翌日に謝罪電話し

人身傷害保険や事故について!!

人身傷害保険について教えて下さい。

私は事故した翌日に謝罪電話し自宅に謝罪いきました
事故にあった本人は出張でいませんでした。

また仕事にいかれ安心してました。本人が週末帰ってきた時また謝罪にと考えていました。

しかし人身になり
罰金や加点のことで
謝罪にいけてません

もう人身に変わった以上
結果は変わりませんしお金も一千もなく無職で財産ありません

そこで相談なんですが
相談①
今の状況を処分を軽くしたり人身取り下げれる方法ありますか?


相談②
お金ないから相手に人身傷害保険使って下さいとお願いにいかなければどうなりますか?

相談③
人身傷害保険使ったら保険会社から請求
使わなかったから相手から請求きますが、どちらが自己破産するのにはよいと思いますか?

保険会社からでも自己破産可能ですか?


よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

なんども質問している人ですね。

相談①
ありません。

相談②
あなたが支払わなえれば、頼まなくても被害者は本人の人身傷害保険を使いますよ。
それで、人身傷害保険を支払った保険会社は、
被害者があなたに対して持つ損害賠償請求権を代位取得し求償します。
・・・被害者さんは、人身傷害に入っていてほんとに良かったですね。

相談③
120万くらいで自己破産は難しいです。
自己破産できても、損害賠償請求権はチャラにはなりません。

・・・といっても無職でお金がなければ、保険会社は「内臓売って支払え」「泥棒してこい」とも言えませんので。
それを言ったら恐喝になりますから。
「サラ金を借りろ」と言ってもどうせ貸してくれないだろうし。

話し合って、ちゃんと就職して分割で支払うと約束するのが一番ですね。

さもないと、保険会社はあなたから徴収するのをあきらめて損害賠償請求権を債権回収株式会社(サービサー)に売り飛ばしますよ。
サービサーだと、犯罪スレスレの怖い執拗な取り立てがきてもおかしくないな。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報