4月17日はQueenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

私はタクシーの運転手をしております。
先日、業務中(空車)停車時に一般車に追突され、頚椎捻挫で仕事を休みました。痛みは残っていますが、前3ヶ月の給料÷90が1日分の休業補償額という事を聞き、これでは収入が減り生活ができない状況で、仕事を始めました。
事故から8日、3回の出番を休み働き始めたのですが、ふと、休業補償は前3ヶ月の給料÷90×3日だけ?という疑問が湧いてきました。自賠責の休業補償の金額はこの程度なのでしょうか?
また、15日締めの25日給料日なのですが、休業補償分はいつもらえるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

休業損害とは、事故によるけがが原因で実際に収入が減少した損害です。

実際に収入の減少がなくても、例外的にサラリーマンが有給休暇を使用した場合と、家事従事者としての休業損害は認められます。

サラリーマンの休業損害は、事故前3カ月の控除前支給額を90日で割ったものが、1日当たりの休業基礎日額となり、これに勤務先が証明した欠勤日(有給休暇を含む)の日数を掛けたものが、休業損害の金額です。

欠勤日の取り扱いについては、事故から連続して欠勤した場合は勤務先所定の休日も欠勤日に含みますが、一度出勤すると、それ以降欠勤しても勤務先所定の休日は欠勤日に含まず、正味欠勤した日数だけを加算します。

例)仮に事故日が6月1日で質問者様の休日が3日連続勤務すると1日休みという形態であった場合、3日勤務の初日(6月1日)に事故に遭遇し、そのまま6月11日まで10日間連続して欠勤したとします。すると、欠勤日は11日(6月12日が勤務先所定の休日に当たるため6月12日も欠勤日となる)+初日の早退として休業損害を計算します。しかし、6月4日まで3日連続して休んだ後、1日出勤(6月5日)し、その翌日から再び7日間連続欠勤したとすると、休んだ総日数同じですが、欠勤日数は8日+初日の早退となります。(6月8日、6月12日の勤務先所定の休日は欠勤日としないため)

実際には、タクシー乗務員さんの場合の休日はもう少し複雑でしょうが、考え方は同じです。
休業損害証明書では、欠勤日に○印をつけ、勤務先所定の休日には×印をつけます。○印と×印が途切れることなく連続している間は、両方の数を欠勤日数として数えますが、一度途切れると○の日数しか数えません。

>休業補償分はいつもらえるのでしょうか?

相手の保険会社から休業損害証明書をもらい、それを会社に記入してもらって、相手の保険会社に返送してからとなります。請求の締日は特にありませんし、月ごとに請求することも可能ですが、保険会社は通院日と欠勤日の照合を行いますから、病院からの診断書・レセプトが保険会社に送付されるまで、支払いされないこともよくあります。診断書・レセプトは月末締めで翌月中旬~下旬に送付するのが一般的です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/08 17:28

その計算の休業補償で暮らせないなら、元々暮らせる給料では無かっただけって事でしょ?



休んでない分まで出す必要無いじゃん
休業補償なんだから

いつ支払われるかは保険屋に聞いて
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタクシーとの物損事故について

どなたかお教えください。
昨日、タクシーと物損事故を起こしました。
車は私の父所有、ドライバーは私の婚約者です。
自動車保険には、私自身が加入していますが、家族限定を付していたため、今回の事故での損害には保険適用はされません。
相手の損傷は、後部バンパーに15cm程の傷が付いただけですが、
タクシー会社(個人ではなく法人)なので、おそらくバンパーの
全部取り替えになるだろう、と婚約者は予想しています。
この場合、損害額として請求されるのは、大体いくら位になると
思われますか?
かつて、タクシー会社との事故を起こされた経験のある方が
いらっしゃいましたら、あるいはそういった事例にお詳しい
専門家の方がいらっしゃいましたら、是非ご教示くださいませ。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

そうですか、安易な自動車の貸し借りや運転の交代は禁物ですね。
とはいえ、婚約者さん自身(またはその家族)に自動車保険契約があれば、そちらで「他車危険担保特約」の対象になる可能性があります。自車の保険でカバーできないからといって即あきらめるのではなく、そちらの方も確認しましょう。

タクシー会社だから…とされてますが、バンパーであれば昨今は交換が基本です。外見上は兎も角として一度衝撃が加わると機能しないということもあるので、交換することが多いです。おそらく事故後からはその車での営業はしてないと思われますので、その部分における営業利益についても補償を求められるかもしれません。しかし法人ということなので、事故車が修理中使えないとしても通常予備の車両がありそれを利用しての営業となり、そうであれば営業損失は発生しないことになります。そのあたりの見極めもポイントになるかと思います。

別にタクシーだからどうこうというわけではありません。変に構えて交渉に挑めば、相手もそういった態度に出てきます。

以降は車の貸し借り・運転手の交代については慎重にしましょう。また必要に応じて契約内容の変更も考えましょう。(家族限定を開場する程度なら保険料負担もわずかです)

そうですか、安易な自動車の貸し借りや運転の交代は禁物ですね。
とはいえ、婚約者さん自身(またはその家族)に自動車保険契約があれば、そちらで「他車危険担保特約」の対象になる可能性があります。自車の保険でカバーできないからといって即あきらめるのではなく、そちらの方も確認しましょう。

タクシー会社だから…とされてますが、バンパーであれば昨今は交換が基本です。外見上は兎も角として一度衝撃が加わると機能しないということもあるので、交換することが多いです。おそらく事故後からはその車で...続きを読む

Q加害者側から休業補償と言われました。

はじめまして。先日交差点にて事故をしました。当方が単車で、先方がタクシーです。当方は一旦停止を止まらずそのまま交差点内にてタクシーに当たりました。速度は20キロ程度なので当方外傷もなく打撲だけでした。一応運転手さんが救急車と警察に連絡してくれました。警察は後日診断書を持ってきてくださいと言ったので、病院にて診断書をもらい警察に行こうとしたら、運転手さんから電話があり、「診断書を出したら行政処分がくるから、そうなったら休業補償を請求する」と言われました。当方は自賠責しか加入しておりません。過失割合では当方が悪いと思っておりますが、やはりタクシーの運転手さんより休業補償は請求されるものなのでしょうか?タクシーは個人タクシーです。教えてください。

Aベストアンサー

刑事罰 行政処分と民事賠償とははっきり区別して対応してください。
ケガをしている以上人身事故にすべきです。
処分を理由に民事賠償との絡みで、それを取引材料にするのは極めて悪質 卑怯なやりかたです。
相手がどういおうと警察には必ず届けること。
双方自賠責加入でしょうから、おそらく過失による減額はないと思います。
なければ自賠責は120万限度に100%の補償があります。
ここで大切なこと!治療は健康保険で必ずかかること!病院が使えませんという場合は健保管轄官庁に相談されれば必ず使用できます。
健保でかかれば治療費が半額で安く抑えられますので、その分、他の補償にまわせます。慰謝料などに

加入自賠責保険会社に相談されればそれなりアドバイスを受けられます。ここで健保の件を聞かれてもいいでしょう。
休業補償もあなた加入自賠責で賠償してくれます。
自賠責には物損部分の賠償はありませんので、タクシーの損害はあなた過失部分に応じて自己負担になります。
バイクは任意保険未加入が多々あります。保険料ケチった分苦しむのも「身から出た錆」!?

書き忘れましたが、あなたもタクシー加入自賠責に被害者請求にて 治療費 休損(あれば)慰謝料 通院交通費など120万まで勝手に請求できます。
詳細は加入自賠責保険会社に・・・・!

刑事罰 行政処分と民事賠償とははっきり区別して対応してください。
ケガをしている以上人身事故にすべきです。
処分を理由に民事賠償との絡みで、それを取引材料にするのは極めて悪質 卑怯なやりかたです。
相手がどういおうと警察には必ず届けること。
双方自賠責加入でしょうから、おそらく過失による減額はないと思います。
なければ自賠責は120万限度に100%の補償があります。
ここで大切なこと!治療は健康保険で必ずかかること!病院が使えませんという場合は健保管轄官庁に相談されれば必...続きを読む

Qタクシー業界に詳しい方、お願いします

タクシーは自動車保険に加入せず(保険料が高いため)、自前で相手と交渉するため、タクシーが加害者の場合払い渋り、被害者では休業補償、車両補償のためもめると言われています。これって本当なんでしょうか。
個人でタクシーと事故り任意保険未加入の場合、悲惨と聞きましたが・・実際どうなんでしょうか。

Aベストアンサー

個人タクシードライバーです。
どこから無保険車という話しが出ているのでしょうか?
タクシーは個人、法人全て保険もしくは共済への加入が義務付けられてます。
トラック、バス等の緑ナンバーも全て加入してます。

私は共済と任意保険の両方に加入しています。

ただし、営業車と事故を起こした時、すんなりと交渉がいかないのは確かです。

免責の範囲内で収まる小さな事故が大半ですから、その時は保険を使わずに、相手の会社との直接交渉になるのでホントに大変です。
また営業車は事故が多くて保険料が高いので、保険会社から支払うにしても、少しでも賠償金を少なくして翌年の保険料が上がるのを避けよう、と加入者のタクシー会社は考えるので、必要最小限、法律の過去の判例で認められた分以外はまず払いません。

逆に被害にあった場合は、かなりの金額が請求され簡単に示談にはなりません。

タクシー会社にもいろいろあって、大手、零細問わず、ものすごく不誠実なところもたくさんあります。

とにかくタクシーとは事故は絶対に起こさないことです。

個人タクシーは車が一台しかないので、修理する間は仕事ができません。
したがって修理に日数が掛かるような事故にあえば、私は必ず人身事故にします。
相手の免許証や都合など一切考慮しません。ぶつけるような運転をするのが悪い。
怪我で仕事ができない休業補償と、車の破損が原因で仕事ができない休車損害では一日の補償額が三倍くらい違うのです。

無保険は違ってますが、とにかくタクシー、トラック、バスといった運送業界の営業車と事故を起こせば、自家用車同士とはまったく違うシビアで辛い交渉が待ってます。

営業車には近付かないのが懸命です。

個人タクシードライバーです。
どこから無保険車という話しが出ているのでしょうか?
タクシーは個人、法人全て保険もしくは共済への加入が義務付けられてます。
トラック、バス等の緑ナンバーも全て加入してます。

私は共済と任意保険の両方に加入しています。

ただし、営業車と事故を起こした時、すんなりと交渉がいかないのは確かです。

免責の範囲内で収まる小さな事故が大半ですから、その時は保険を使わずに、相手の会社との直接交渉になるのでホントに大変です。
また営業車は事故が多くて保...続きを読む

Q交通事故 相手がタクシー共済です。

昨年、妻(自転車)がタクシー(営業中)に接触され、怪我をしました。
症状固定ということで、自賠責に被害者請求&後遺障害申請をして、
自賠責より後遺障害14等級認定と、被害者請求した分(120万超)が当方に支払われました。

なお、現在自賠責より支払われた額については、自賠責基準の最低額であって、到底納得いくものではありません。

120万を超えたので、ここからの支払いは任意保険(タクシー共済)になるかと思います。

タクシー共済については、いろいろ調べたのですが、全くいい噂を聞きません。
「自賠責を超えた分に関しては、一切払うつもりはない」の一点張りで最初から交渉のテーブルに付かず「裁判でもなんでもどうぞ」という姿勢であるという話を、都の相談センターで聞きました。
また、交通事故紛争処理センターに示談を斡旋してもらっても、出頭に応じないとも聞きました。そうしたら、、、訴訟しかなくなってしまいます。

現在自賠責より支払われている、休業補償・後遺障害慰謝料・後遺障害逸失利益・通院慰謝料の合計は、120万円程度。
これを、地裁基準・任意保険基準に照らし合わせると、こちらの主張できる金額は500万円超になります。
まずはこの、自分が主張する500万超の保険金を叩き台として主張したいと思っています。
まさか満額貰えるとは思っていませんが、少しでも上乗せさせたいと思っています。

悪名高きタクシー共済に対して、無謀ですか?
最悪、訴訟になってしまうのか?と尻込みしてしまいます(相手の思うツボなんでしょうが)

正直、、、どうしたらよいでしょうか。。。今の自賠責の額で示談すべきでしょうか? お願いします。助けてください。

昨年、妻(自転車)がタクシー(営業中)に接触され、怪我をしました。
症状固定ということで、自賠責に被害者請求&後遺障害申請をして、
自賠責より後遺障害14等級認定と、被害者請求した分(120万超)が当方に支払われました。

なお、現在自賠責より支払われた額については、自賠責基準の最低額であって、到底納得いくものではありません。

120万を超えたので、ここからの支払いは任意保険(タクシー共済)になるかと思います。

タクシー共済については、いろいろ調べたのですが、全くいい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
タクシー共済ではなく直接の加害者であるタクシー会社相手に存分に戦ってください。
タクシー共済が悪いのかというとそれだけでは無いと思います。保険にしろ共済にしろ本来はお金を肩代わりするだけの代物です。(そこにサービスとして示談代行が存在しているのが一般の自動車保険です。)
タクシー共済の場合共済担当者と言うより相手方加害タクシー会社の事故担当と言うのが前面に出ていないでしょうか?呆れてしまう位話が通じない事も多いですし、被害者を救済しようという気持を感じた事はありません。(持ち回りで事故担当を務める会社もあり若干腰の弱い人もいますが共通して理屈が通じない感じです。そして動きが悪い。)
さて、交通事故紛争処理センターは日弁連が保険会社に示談代行を認める代わりに払い渋りやトラブルの解決の為に設置を要望(義務付け)した機関です。対保険会社相手でないとあまり効果は無いでしょう。
やれるところからしますと、まずは苦情の申立もしてみましょう。
例えば関東地方であれば関東運輸局内に自動車交通部旅客第二課という部署があります。ここはタクシー会社に免許を交付する部署で、指導・監督もしてくれます。過去苦情の申立してをして少しだけ効果はあったように思いますが決定打にはなりません。それでも質問者最寄の運輸局に取り合えず苦情を申立ましょう。
そして、やはり訴訟が一番です。奥様の体の状態は分かりませんが、14等級は妥当でしょうか?自賠責の決定も不服があれば不服の申立が可能です。14等級と言いますと、逸失利益は存在しない、と反論される事もあろうかと思います。単純に5/100の労働能力喪失係数掛けてるだけのようにも思いますが、後遺障害の内容によりけりです。逸失利益をどの位の期間見るかで賠償額は変わってきます。
後遺障害等級の妥当性含め交通事故に強い弁護士に相談されるのが一番宜しいかと思います。(訴訟を提起する裁判所も出来る限り選びます。ここの裁判官このケースはよく認めてくれるんだよ~とか言いながら。)交通事故専門と思える弁護士を選んで下さい。取り合えず30分5000円程ですが法律相談から始めると良いです。
相手は訴訟しないだろうとタカを括っているところもありますし、訴訟がなければ万々歳喜ぶだけです。弁護士に委任しましょう。

こんにちは。
タクシー共済ではなく直接の加害者であるタクシー会社相手に存分に戦ってください。
タクシー共済が悪いのかというとそれだけでは無いと思います。保険にしろ共済にしろ本来はお金を肩代わりするだけの代物です。(そこにサービスとして示談代行が存在しているのが一般の自動車保険です。)
タクシー共済の場合共済担当者と言うより相手方加害タクシー会社の事故担当と言うのが前面に出ていないでしょうか?呆れてしまう位話が通じない事も多いですし、被害者を救済しようという気持を感じた事は...続きを読む

Q個人タクシーになろうか迷っています

44歳独身女性ですが、大阪市内で10年タクシードライバーをしています。

10年以上法人タクシー会社に勤務すれば、個人タクシーになれる資格があるそうです。
(3年以内無事故無違反で自己資金300万円ぐらいいるそうですが、なんとか満たしています)

法令試験と地理試験があり、5年間無事故無違反だったら地理試験は免除されるそうです。
(私は3年半ぐらい前に2点違反があったので地理試験免除されません)

試験はその3か月ぐらい前から勉強会があって、真剣に取り組まないと合格しないそうです。

今、勤めている法人の会社は、有給もくれないし(土日出勤して振り返るようにいわれます)、
盆、正月、日、祝日も休みなしでだいたい毎日6時~18時勤務(2時間休憩してもいい事になっているけど給料にならないのでほとんどできない、タクシー乗り場に30分~1時間ぐらい並ぶのでそれが休憩になる)、手取り20万円もないです。(歩合制なので人によってはある人もいますが)ボーナスもあるけど年間30万円ぐらいです。

それに少しでも車に傷をつけたりしたら、事故扱いで説教され始末書を書かされ、些細な事でも客からクレームの電話がかかってきたりして、説教されし始末書書かされます。(乗車されたお客様には名前入りのティッシュを渡さなければならない会社なのですぐにわかるのです)

無線配車も多いのですが、超狭い道路の奥の家とかも結構あってお年寄りのお客様で重い車いすをトランクに積んでワンメーターの病院までなんてのも普通にあります。

消費税が上がりましたが、消費税分(5%から8%になりましたね)も運転手の給料から引かれています。

年間1000万円以上の売り上げがあった場合、消費税は納める決まりなのだそうですが、運転手の給料から引き去るっておかしくないですかね?

個人タクシーの場合はいらないそうです(年間1000万円超えない限り、、、)


とにかく今の法人会社にはうんざりしています。

それで個人タクシーに行きたいと思っていたのですが、いざとなるとちょっと躊躇してしまいます。

経費(車の保険、ガレージ代、LPガス代、組合費)も結構かかるようだし、厚生年金から国民年金、健康保険も国民健康保険になるしどうなのかなって感じですね。

同僚のMさんという女性(39歳独身)がいるのですが、私より半年ぐらい前に入社していたので今年の5月にある試験(彼女は5年間無事故無違反なので地理免除です)を受けて個人タクシーに行くそうです。

Mさんは、入社した時から、「10年勤めて絶対に個人タクシーになる」と宣言していました。
ご両親も賛成していて「タクシードライバーになるなら個人タクシーにならないと意味がない」とか仰ってるそうです。

厚生年金の事とか相談したら「厚生年金なんてあてにならない、私たちが老人になる頃には破綻してるかもしれないよ、一応国民年金は続けるけど、個人年金もしてるしタンス貯金もしておく」とか言ってケロッとしています。

(一応私も第一生命の個人年金はしています、26歳から毎月1万円、60歳満期で総額約400万円
が800万円もらえる予定です)

結局自分次第なのですが、どうでしょうか?

個人タクシーっていいものなのですかね?

44歳独身女性ですが、大阪市内で10年タクシードライバーをしています。

10年以上法人タクシー会社に勤務すれば、個人タクシーになれる資格があるそうです。
(3年以内無事故無違反で自己資金300万円ぐらいいるそうですが、なんとか満たしています)

法令試験と地理試験があり、5年間無事故無違反だったら地理試験は免除されるそうです。
(私は3年半ぐらい前に2点違反があったので地理試験免除されません)

試験はその3か月ぐらい前から勉強会があって、真剣に取り組まないと合格しないそ...続きを読む

Aベストアンサー

実際にタクシー業界で働いておられる質問者様にお話しするのは釈迦に説法のようで恐縮なのですが、かつて私が聞いた話です。

東京でタクシー運転手をしていて、諸事情で大阪に移り住んだ中年男性の話ですが、個人タクシーになれば、タクシー会社での給料の2倍から3倍になると言っていました。勿論、それよりも少ないか多くなるかは個人の働き次第だと。
しかし、個人タクシーの資格を取るためには、東京と大阪だけは地理試験があって、東京でタクシー運転手をしていたその中年男性にとって、大阪の地理試験が大きな壁になっていると。しかも、大阪のどこの地理が試験に出るか分からないので、その男性は諦めていました。

最終的には安定と言えるかどうか分かりませんが、会社に所属していればある程度の給与と、トラブルや事故が起こっても会社が対応してくれますよね。
対して、個人になれば所得は多くなると思いますが、色んな対応も自分でしなければいけませんよね。ですから、どっちを取るかしかないのではないでしょうか。

すみません、何のアドバイスにもなっていませんが、野球で言えばFA(フリーエージェント)の権利を得たようなものですから、行使するかしないかは質問者様次第だとしか言えないですね。

実際にタクシー業界で働いておられる質問者様にお話しするのは釈迦に説法のようで恐縮なのですが、かつて私が聞いた話です。

東京でタクシー運転手をしていて、諸事情で大阪に移り住んだ中年男性の話ですが、個人タクシーになれば、タクシー会社での給料の2倍から3倍になると言っていました。勿論、それよりも少ないか多くなるかは個人の働き次第だと。
しかし、個人タクシーの資格を取るためには、東京と大阪だけは地理試験があって、東京でタクシー運転手をしていたその中年男性にとって、大阪の地理試験が大...続きを読む

Q交通事故の通院・休業補償等について

月曜日に交通事故にあいました。
当方は3台の玉突きの真ん中です。後ろの車に追突され、その勢いで前の車にぶつかりました。
当方に追突した車が全て補償するという事です。

交通事故は初めてで解らない事が多いので、解る方にご回答いただけると幸いです。
(同じような質問があったとしてもムチウチでしんどい為検索等しておりませんのでご容赦ください)

まず、当方は正社員として働いていおります。事故は勤務先からの帰宅時に起こりました。
事故翌日の火曜日・水曜日と病院に通ったりするために仕事は休んでおります。
明日、木曜日ですが、午前中は病院に行かなくてはならないのですが、午後から出勤するべきか悩んでおります。
この場合、午前中だけの休みも休業補償されるのでしょうか?それとも一日休まないと適用されないのでしょうか?

あと、今後も午前中に病院に行かなければならない場合も休業補償は適用されるのでしょうか?
(たとえば金曜日は1日出勤したとして、月曜日の午前中に病院に行く場合)

また、源泉徴収票の提出を求められたのですが、昨年の1,2月は失業保険を貰っていて、3月の中旬ころから現在の仕事につきました。
補償の金額の算出方法が解らないのですが、全て欠勤になっているので支払いが少なくなるのが不安です。


また、接骨院に今日から通っているのですが相手側の保険会社の担当から、通院期間は整形外科に通いながら3ヶ月程度と言われました。
元々首は強くないのか、よくつったりして、今まででも病院に行く事もあり、現在の状態では3カ月で治るのかは不安です。
3か月たってしまえば、もし完治していなくても治療は打ち切りとなるのでしょうか?


相手の保険会社の担当者さんが、「こんな状況で申し訳ないですが……」と何度も言って話すのですが、とても申し訳ないとは思ってないような口調が多いので、聞くに聞けないままなのです。


解りにくい文章で、申し訳ないですが、詳しい方がいらっしゃればお教えいただきたいです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

月曜日に交通事故にあいました。
当方は3台の玉突きの真ん中です。後ろの車に追突され、その勢いで前の車にぶつかりました。
当方に追突した車が全て補償するという事です。

交通事故は初めてで解らない事が多いので、解る方にご回答いただけると幸いです。
(同じような質問があったとしてもムチウチでしんどい為検索等しておりませんのでご容赦ください)

まず、当方は正社員として働いていおります。事故は勤務先からの帰宅時に起こりました。
事故翌日の火曜日・水曜日と病院に通ったりするために仕事は休んで...続きを読む

Aベストアンサー

給与所得者の休業損害は、勤務先が記入する休業損害証明書http://www.jiko-online.com/kyuson.pdfに基づいて、算定されます。

事故前3カ月の控除前総支給額(証明書の本給と付加給の合計額)を90で割ったものが、休業損害の基礎日がとなります。(ただし、この額が5,700円未満の場合は5,700円、19,000円を超える場合は19,000円とします)

これに欠勤日数をかけたものが休業損害です。
欠勤日数は、事故日から連続して欠勤している期間は勤務先所定の休日を含めて数え、一度出勤するとそれ以降の期間は実際に欠勤した日だけを数えます。
欠勤は有給休暇を使用した場合(つまり実際には減収がなかった場合)も対象となります。

遅刻・早退の場合も休業損害の対象となり、1日分に満たない端数は時間単位で計算します。

休業損害証明書の社会保険料、所得税の源泉徴収額は、記入された給与の妥当性をチェックするもので、前年分の源泉徴収票の添付も同じ目的で添付を求めています。
あくまで基礎日額の算定は事故前3カ月の給与額であり、前年中の採用で前年分の源泉徴収票に記載された年収額ではありませんから、ご心配には及びません。

質問者様の場合、事故前3カ月の給与額の4倍が前年の給与額をかなり上回ることになるでしょうが、特に問題はないと判断されるはずです。

>3か月たってしまえば、もし完治していなくても治療は打ち切りとなるのでしょうか?

他覚症状のない頸椎ねんざの場合、2~3カ月で治療打ち切りとされるケースが多いのは事実です。
また、既往症があるようですから、治療打ち切りについて争った場合、素因減額される可能性があると認識しておく方がよいでしょう。

給与所得者の休業損害は、勤務先が記入する休業損害証明書http://www.jiko-online.com/kyuson.pdfに基づいて、算定されます。

事故前3カ月の控除前総支給額(証明書の本給と付加給の合計額)を90で割ったものが、休業損害の基礎日がとなります。(ただし、この額が5,700円未満の場合は5,700円、19,000円を超える場合は19,000円とします)

これに欠勤日数をかけたものが休業損害です。
欠勤日数は、事故日から連続して欠勤している期間は勤務先所定の休日を含めて数え、一度出勤するとそれ以降の期間は実際に欠勤...続きを読む

Q慰謝料は通院回数以外認められないのか

交通事故の慰謝料について質問です。

6/1~7/14まで約1月半の間が治療期間ですが、
実質病院には7回。

保険会社から提示されたのは
5200×7×2=72800

確かに病院には7回、これは平日は通えず土曜日だけで
日曜日は病院が休みのためですが、ここで質問です。

(1)1ヶ月半首が痛い状況は続いていたわけですが、それでも
通院回数でしか認められないのでしょうか。
7日毎日通って完治したのと1月半も痛い思いしたものが同じ
評価というのが納得できないので何がしかの根拠が欲しいのです。

(2)5200円という基準額は妥当なものでしょうか。

以上よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

書ききれなかったので追記失礼します。
大抵の人は、自賠責基準に毛の生えた金額で示談してしまうんですよ。
残念ながら知識ないが故に保険会社に言いくるめられてしまう人が大半なのです…。
後遺症残る残らないに関わらず、慰謝料は、「日弁連基準で請求!」これを知るだけで慰謝料の金額変わります。
こちらから言わないと「治療打ち切ります、示談金額これです」だけで、示談に持ち込み、後遺症認定を言わない保険会社すらありますよ(エグい手口ですがよく聞く)。
後遺症認定を受けるか受けないか、通るか通らないか、等級によりますが、「日弁連基準」これで知るだけで金額が変わります。
勿論全て日弁連基準で計算して請求です!
保険会社の意味不明な自社基準に従う理由は、どこにもありません。
むちうちの一番下の14級でも日弁連基準なら慰謝料や逸失利益含めて数百万、12級なら一千万近くになります。
後遺症認定には、医師が必要ですから医師と良好な関係を築き必ず整形外科に通院です。
整骨院だと医師でないので後遺症認定の書類が書けないのです。


私は、10、0のオカマ事故被害者で「バックミラー見てなくて怪我したのが悪い」ってニュアンスの言い方するような保険会社を相手にもう話し合う気すらないので弁護士に依頼して訴訟して闘います。
後遺症残った場合など全て日弁連基準で取れるなら仮に借金しても着手金払う価値ありますから(弁護士特約付いてるなら使えますが私付け忘れてた…、これを期に特約付けました)。
ついでに忘れがちなのが生命保険、交通事故通院で出るか確認して忘れずにきっちり請求しましょう。

知ってる弁護士が有り難い事に相談料金無料にしてくれ、「等級決まったら正式依頼で着手金だけ先に払ってね、取れるだけ取りますよー、成功報酬は貰うけど(笑)」と言ってくれてますから、面倒くさい紛争センターより私は、こちらを選びます。

必ず慰謝料は、日弁連基準請求で!これが基本です。
「裁判にならないと日弁連基準適応されない」なんて保険会社の大嘘信じたらダメですよ。

頑張って下さいね。
お大事に。

書ききれなかったので追記失礼します。
大抵の人は、自賠責基準に毛の生えた金額で示談してしまうんですよ。
残念ながら知識ないが故に保険会社に言いくるめられてしまう人が大半なのです…。
後遺症残る残らないに関わらず、慰謝料は、「日弁連基準で請求!」これを知るだけで慰謝料の金額変わります。
こちらから言わないと「治療打ち切ります、示談金額これです」だけで、示談に持ち込み、後遺症認定を言わない保険会社すらありますよ(エグい手口ですがよく聞く)。
後遺症認定を受けるか受けないか、通る...続きを読む

Q交通事故による休業補償と慰謝料について

交通事故の被害者ですが、保険のことが全くわかりません。
慰謝料の計算方法が、4200円×通院日数という人もいるし4200円×通院日数×2 という人もいますが、どちらが正しいのでしょうか? ×2 はどういうことでしょうか?なぜ8400円×通院日数としないのでしょうか?
また、通院したときの慰謝料と休業補償は別なのでしょうか?
通院した日のみが休業補償の対象となるのでしょうかか?
病院へは行かなくても、事故による体調不良で欠勤した場合は休業補償の対象となるのでしょうか?
欠勤して病院へ行った場合、上の計算による慰謝料と休業補償は重複するのでしょうか?
遅刻や早退で病院へ行った場合は、上の計算による慰謝料と遅刻や早退による時給計算での休業補償のどちらか多い方とかのきまりがあるのでしょうか?
欠勤、遅刻、早退は自己申告なのでしょうか?雇用者に証明書を出してもらうのでしょうか?

わからないことばかりです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

自賠責保険における慰謝料の計算方法は
1)4200円×完治までの期間
2)4200円×通院日数×2
の安い方です。


通院したときの慰謝料と休業補償は別です。
交通事故で+になる要素は慰謝料だけです。
休業補償は通院のために会社を遅刻早退、
欠勤して給料減らされた分は補償してくれ
ます。ですから会社が終わってからとか
会社の休みの日に通院して給料減らされな
ければ休業損害は0円です。
ただし有給使って休んだ場合、会社から給
料はもらえますが、通院のために有給を
使ったということで有給使った分は補償
してくれます。なのでお得ですね。
会社から給料はもらえるし、保険屋は
有給分補償してくれるしで。


通院した日のみが休業補償の対象ではあり
ません。主治医の診断書とshibasakiさんの
仕事内容を保険屋が総合的に判断して、これでは
仕事できませんね!となれば、通院しなくても
休んでいるだけで休業補償はもらえます。
ただ痛いから会社に行かない!では無理ですよ。
痛い分は慰謝料で補償します。会社休むのは
shibasakiさんの勝手です!とならないように
保険屋とじっくり話し合いですね。

欠勤して病院へ行った場合、上の計算による慰
謝料と休業補償は重複します。
慰謝料ももらえるうえに休業補償ももらえます。
でも休んでも給料へらされなければ休業補償は
もらえませんよ。前述したように有給使って休
めば休業補償はもらえますが。
ですので、保険屋にどのくらい休んでも休業補償
がもらえるのか確認した方が良いです。

欠勤、遅刻、早退は自己申告ではありません。
休業損害報告書というのを会社の総務なりに
書いてもらって保険屋に提出です。
フォームは保険屋共通でしょうからネット上にも
見本あると思います。

自賠責保険における慰謝料の計算方法は
1)4200円×完治までの期間
2)4200円×通院日数×2
の安い方です。


通院したときの慰謝料と休業補償は別です。
交通事故で+になる要素は慰謝料だけです。
休業補償は通院のために会社を遅刻早退、
欠勤して給料減らされた分は補償してくれ
ます。ですから会社が終わってからとか
会社の休みの日に通院して給料減らされな
ければ休業損害は0円です。
ただし有給使って休んだ場合、会社から給
料はもらえますが、通院のために有給を
使ったということで有給使っ...続きを読む

Q自賠責限度額120万を越えた部分は・・

交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治療期間によって逓減するとしても、120万円を越えた部分に対してのみ適用されるべきではないのかということです。
(保険会社は慰謝料すべてが任意保険の基準となると言っています)

例をあげると
治療費が55万円なので
自賠責限度額120-55の残り65万を取った方が
任意保険基準で算定すると54万になるから良いというのです。(治療日数に対する全ての算出基準が任意保険基準になるのでとのこと)

しかし、全てを自分で自賠責基準にて算出すると
76万円位にはなります。
ここで、120万円からはみ出した部分に対して任意基準を当てはめ若干安くなったとしても70万位かなと素人考えでは思っていたのですが・・・

保険会社のこの補償は正当なものなのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治...続きを読む

Aベストアンサー

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。

 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120万までは求償が出来ますから、自賠責基準で処理した方が有利なのです。

>通院日数73日 治療期間148日 休業補償10万円(8日)交通費 5万円

 上記の具体的な場合について考察します。
 私の任意計算では、慰謝料は、¥56万になりますので、休業補償と交通費を加えれば、被害者の取り分は、¥71万になります。

 当然¥71万>¥70万なので、任意基準たる¥71万で示談すべきです。治療費は¥50万ですので、保険会社の支出は、合計¥121万になりますが、自賠責保険から¥120万は還ってきますから、任意保険会社の支出は、差し引き¥1万となります。(保険会社の負担する電話料等の諸雑費は考慮外です)

 一般に過失ある場合は、自賠基準の方が有利なことが多いのですが、この場合は、任意基準と自賠基準の両方を示して貰い、有利な方で示談して下さい。

 いずれにしても¥76万の賠償は、無理でしょう。




 

 

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。

 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120...続きを読む

Q交通事故の慰謝料もらうのに、通院日数の数え方

息子(7歳)自転車と、自動車とぶつかりました。
人身事故扱いで保険屋との交渉中です。100%保証してもらえます。

前歯損傷(乳歯なので抜けてすっきりした)と、頭部打撲と、ひじ・両ひざ打撲と、頚椎捻挫の診断でした。

さて、通院に当たりその日数分の慰謝料が出るそうですが、計算方法が分かりません。

1、通院日数とは、救急車で運ばれた当日分も日数に入りますか?
2、A総合病院(脳神経外科と整形外科)+B歯科医院に通院中のばあい、
同じ日に治療すると、1日分?
3、脳神経外科と整形外科は別々の日に受診した方が慰謝料多くなる?
4、通院回数×4200円×2といわれましたが、×2ってなんですか?

通院の付き添いで、+2050円もらえるのも回数重ねればいい金額です。
どうせ、慰謝料もらえるなら出来るだけ多くほしいとおもいます。

そのほか、知っておくと良い事などおねがいします。

Aベストアンサー

>1、通院日数とは、救急車で運ばれた当日分も日数に入りますか?
治療延日数で計算されますので確実に入ります。

>2、A総合病院(脳神経外科と整形外科)+B歯科医院に通院中のばあい、
同じ日に治療すると、1日分?
 
通院が重なっても1日分です。
ただし、交通費は実費が出ますので個別に自宅からの額を請求してください。
また保護者が有給休暇を使って付き添った場合でも休業損害を請求できます。

>3、脳神経外科と整形外科は別々の日に受診した方が慰謝料多くなる?

  通院が重なっても多くなりません
  
 
>4、通院回数×4200円×2といわれましたが、×2ってなんですか?

痛くなくなるまでリハビリ(クビの牽引や電気治療など)のある整形外科で
週4回以上治療しましょう。

そうすれば、 治療延日数×2>通院期間  となります。

また、治療を終えるときには「治癒」ではなく「中止」としてもらえば
通院期間に +7日 加算されます。

自賠責の基準や計算方法は下記URLを参照してください。

http://home.att.ne.jp/kiwi/JHSC/isyaryou-kijun-01.htm#No.0008

>そのほか、知っておくと良い事などおねがいします。

自賠責で120万円使うと任意保険の基準になり、過失0%でも
もらえる金額がかなり下がります。
3ヶ月までは4200円、4ヶ月目は3366円、5ヶ月目は2933円、6ヶ月目は2533円、7ヶ月目は2100円です。

そうならないためにも治療費を抑えることが重要です。
交通事故の場合、多くの病院は自由診療の最高の1点20円で請求されます。
これは社会保険の2倍で単純にいえば2倍の治療費がかかっています。
(良心的な病院は事故でも1点10円のところもありますが・・・)

接骨医院などは上限がなくかなり高い額を請求するようです。
(リハビリで1日、5千~1万円)

病院側は、交通事故などの第三者行為のとき儲かる自由診療にしたがりますが
健康保険を交通事故の療養に使うと1点10円の計算で治療できます。
(使うといっても後から社会保険事務所が自賠責に請求するのですが・・・)
結局、自賠責での枠を広げることになり被害者が直接もらう枠が広がります。
まだまだ、治療が長引く可能性があるなら是非、社会保険事務所に相談に
いって用紙をもらい申請して下さい。(郵送依頼もも可能です。)

参考URL:http://home.att.ne.jp/kiwi/JHSC/isyaryou-kijun-01.htm#№0008

>1、通院日数とは、救急車で運ばれた当日分も日数に入りますか?
治療延日数で計算されますので確実に入ります。

>2、A総合病院(脳神経外科と整形外科)+B歯科医院に通院中のばあい、
同じ日に治療すると、1日分?
 
通院が重なっても1日分です。
ただし、交通費は実費が出ますので個別に自宅からの額を請求してください。
また保護者が有給休暇を使って付き添った場合でも休業損害を請求できます。

>3、脳神経外科と整形外科は別々の日に受診した方が慰謝料多くなる?

  通院が重なって...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング