仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

自動車事故。過失は当方0のケースです。
私自身は正社員の勤め人、主婦でもあります。

休業損害補償の考え方について以下の質問の回答をお願いしたいと思います。

まず、休業損害とは会社を欠勤もしくは有給で病院などへ通った場合に出るということですよね??

(1)有給を取得せず、例えば会社のお昼休みに自分の時間を潰して病院へ通った場合は、休業損害の日数には認定されないのでしょうか?

(2)一方、もし半日有給休暇などを取得して病院へ行った場合は、休業損害丸1日分に認定されないのですか??

(3)有給の消化は勿体無いのですが、取得せずに自分の休み時間を犠牲にしてまで病院へ行っても、それが認定されないのでしたら、やはり有給とったほうがいいのかなと思ってしまうのですが・・。。
実際皆さんはどのようにして通われているケースが多いのでしょうか??

(4)あと、実は事故の際に警察を呼んだりといろいろ時間がかかった為、とても寒い中3時間過ごし、その影響で風邪で高熱、その後も余韻にまだ苦しんでいます。
このような場合は、風邪の治療等も保険の補償の対象にはならないのでしょうか?
風邪との因果関係は証明できないので、やはり難しいでしょうか?
でも、実際は確実にその事故の際の寒い環境によって風邪をひいたと思っているのですが・・。

以上、どうぞ宜しくお願いいたします。

A 回答 (5件)

最後にします。


やはり、といった感じです。「休業補償」についての質問として書かせていただいてましたが、やはり「慰謝料」にすり替わってますね。

>自分の時間を犠牲にして通院した人でも…
どんな人でも自分の時間を使って病院に行きます。
休む必要があれば休む、休まなくてもいいのなら休まない…それだけのことです。被害者自身が決めることで、加害者には一切関係の無いことです。

自賠責保険は一定の基準で支払い保険金が算出されます。そこには「考慮」という言葉が入る余地はありません。公平性の観点から致し方ないと思われます。ただ補償が任意保険の域にまで達した場合は、考慮がまったく無いとは言い切れません。しかし保険会社も契約者から預かったお金を使うのですから、根拠の無い支払いをすることはありません。

討論の場ではないので、これで失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々どうもありがとうございます。
もしかしたらお気を悪くされてしまったのでしょうか?!?せっかく何度もご親切にご回答いただいたのにごめんなさい。

私は素人なりにいろいろ調べた上で、補償全般に関しての知識を詳しい方にお聞きしたいと思っていただけなのです。
“休業補償““慰謝料“、その対象となるものに関しても今回初めて知ったくらいで、専門家と同じレベルで会話などはさすがにできず、混同してしまうこともあります。もし専門家の方なのでしたら素人の多少の細かい用語の気になる点など大目に見ていただけたら嬉しいです。

もし保険関係の方だとしましたら・・・
やはり支払う側というお立場と、今回私のような被害者=保険を受け取る側では、利益が相反する立場ですので、あまり同じ目線でのお話は難しいのかなと思いました。


ですが、いろいろと保険の考え方など勉強になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/05/12 23:51

自動車事故における損害賠償の基本は「治療費」「休業損害」「慰謝料」です。

これら3つはそれぞれ別のものです。どうも質問者さんは「休業損害」「慰謝料」が混同されているような印象を受けました。

>『働きながら時間をやりくりしている』という面は評価されないのでしょうか??
 損害賠償の大原則は金銭によるものです。つまり損害を金銭に換算する必要があります。しかもそれは請求側つまり被害者の役目です。「治療費」「休業損害」については簡単に金銭へ換算できます。『働きながら時間をやりくりしている』等とは金銭に換算することは非常に困難です。こういった損害をひとまとめにして「慰謝料」として補償するシステムになっています。根拠のある数字を示すことができれば話が変わってくるのかもしれません。

>比較しむしろ楽な主婦よりも、仕事が大変な正社員労働者のほうが休業損害補償を頂けないということになりますよね??
 これは誤解を生みやすい表現ですね。自分としては家事従事者の評価はまだ低いと考えています。ちなみにその金額は有職者の最低賃金と同額なので、有職者がそれ以下ということにはなりません。それ以上の収入が証明できるのであれば補償の対象になります。

>なんだか保険の制度自体に矛盾を感じてしまうのは、素人的な発想でしょうか??
 そうは思いませんが、今回の問題は保険制度というより、損害賠償に纏わつる法律等についてでしょう。
 人身の補償については自賠責保険がまず利用されます。賠償保険は契約者の法的賠償義務を肩代わりするだけのものです。保険というシステムの特性からいえば、負担の公平性といった観点からも補償に一定の基準を設け、その基準に従って保険金を支払うのも仕方が無いことだと思います。

 くどいようですが、根拠のある賠償であれば、保険であれ自己負担であれ、賠償の対象です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

多分、私の意図した質問が上手く伝わっていないと感じました。わかりずらい文章ですみません。

ご回答の
-------------------
比較しむしろ楽な主婦よりも、仕事が大変な正社員労働者のほうが休業損害補償を頂けないということになりますよね??
 これは誤解を生みやすい表現ですね。自分としては家事従事者の評価はまだ低いと考えています。ちなみにその金額は有職者の最低賃金と同額なので、有職者がそれ以下ということにはなりません。それ以上の収入が証明できるのであれば補償の対象になります。
-------------------

↑のご回答に対してですが・・
私自身は主婦でもあり、且つ仕事を正社員でもっていること前提での私個人の感想を先のお礼文中に書いたのです。

もちろん、私の休業損害基準で計算した1日の金額は、当たり前ですが、専業主婦基準の5700よりも高いですよ。

勤め人の損害金額がそれ以下になってしまうという表現の意味は、あくまで《もし仮にお昼休みを使って通院した場合》には、やはり休業扱いにならないので、結果休業損害はゼロ円ですよね?
つまり、主婦業プラス仕事もしている人のほうが、
専業主婦のみの5700円よりも低い認定になってしまいますね、という意味で、同じ主婦として矛盾を感じるとお伝えしたかったのですが・・

言葉が足りなかったようです。。


また・・
最初の慰謝料との混同ですが、こちらも書き方足りませんでした。
私も「慰謝料」部分に関して、「時間のやりくりをして通院した」ということが考慮されないのかな?というご質問をしたかったのです。

というのは、通院慰謝料は自賠責ですと一律4200円位でしたよね?その金額は、有給を使って休業損害を頂いた上で通院した人でも、有給をとらずに休業損害はゼロな上に自分の時間を犠牲にして通院した人でも、同じ一律の認定だと思うので、そのあたりに関して少々「考慮は無いのでしょうか?」とお聞きしてみたかったということです。

すみません。何度も・・・

お礼日時:2006/05/12 21:09

#2です。



>裁量で異なってしまうものなのでしょうか?
 休業補償は「実際に損害が発生したこと」が要件です。収入に減少がなくても保障されるのは「家事従事者」ぐらいです。
 おそらく「1日分の休業損害と認定されるケース」は休業損害の話ではなく、慰謝料等を計算する際の話だと思われます。
 結局は人間が書類を作り判断するものですから、「絶対」とは言い切れないのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々どうもありがとうございます。

ここで、1つ思ったのは・・

会社正社員勤めの人の場合、なかなか頸椎捻挫程度では有給を続けて取得し通院、というようにもいかずに、
結局は自分の自由時間を犠牲にしてお昼休みや休日等に通院することも多いと思います。(都内の場合職場近くに整形外科があったりして通院は便利ですので。)
このように、やはり休業損害補償は《結果ゼロ》となるケースが、実際の現場でも多いということなんでしょうか??
『働きながら時間をやりくりしている』という面は評価されないのでしょうか??

一方、専業主婦は休業損害5700円の基準。
比べると、比較しむしろ楽な主婦よりも、仕事が大変な正社員労働者のほうが休業損害補償を頂けないということになりますよね??

こういった現状ですと、なんだか保険の制度自体に矛盾を感じてしまうのは、素人的な発想でしょうか??

因みに、私は正社員&兼業主婦です。
普通の主婦以上に仕事をしていると思うのですが、実際は家にいた?!ほうが給付が多いというのも・・少々納得いなかい気がしてしまいます(苦笑)

きっと更に仕事がハードな男性の方などは一層このような現状に納得いかないのではと思ってしまうのですが。。
専門家の方からみてこの状況、どのように見てらっしゃるかお聞きしてみたいなと思いました。

お礼日時:2006/05/12 16:37

休業損害とは、人身事故の被害により収入に減少のあった場合の損害を指し示す言葉です。

収入に損害がなければ「休業損害」にはなりません。

1の場合は休業損害は発生していないと思われます。損害が発生しなければ当然補償もありません。減給等収入に損害があり、それが証明できれば補償対象になると思われます。

2の場合は、有給休暇を利用した場合はそれも休業損害の補償対象になります。しかし半日分の利用となれば「半日分の補償」ということです。くどいようですが、実際に損害のあった部分が補償の対象です。

3はケースバイケースです。補償や有給休暇のことを考えるのも当然ですが、体のことが最優先されるべきです。次いで医療機関の診療時間等ですね。後は仕事等との兼合いで昼休みの通院でいいのか休暇をとるべきか…深く考えることはないと思いますが。

4についてですが、風邪を引いたのは事故そのものによる損害ではありませんね。事故処理の際に…ということです。診断書に「事故による発熱」とでも記載されていれば別ですが。とりあえず、事故に纏わる賠償問題とは切り離すべきです。ちなみに損害賠償をする際は請求する側がそれを立証しなければならないことになっています。つまり今回の事故においては損害を質問者さん側で立証する必要があるということです。警察への事故届等は事故立証のひとつです。本来は請求するようなものではありません。仮に反対の立場で相手に「風邪を引いたから…」といわれたらどうします?負担する気持ちがあれば請求するのもいいでしょう。そんな請求には応じられないと思われるんでしたら請求されない方がいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(4)については・・確かにそうですね。そこまで責任問われても困ってしまうかも。
ただその事故がなければ健康に問題なくすごせてたのに・・と思ってしまうので、その恨めしさを少しぶつけたかったのかもしれません(苦笑)

(1)のお昼休みの通院は、稀に1日分の休業損害と認定されるケースもあるようですね。このような点は、保険会社や担当者によって裁量で異なってしまうものなのでしょうか?むしろ統一して対応されているほうが納得いく気もしますが・・、自分の担当者がダメだと判断したときにはやはり仕方がないですね。。

いろいろと詳しく丁寧にありがとうございます。
とても参考になりました!

お礼日時:2006/05/12 15:14

>休業損害とは会社を欠勤もしくは有給で病院などへ通った場合に出るということですよね?



厳密には違います。
本来は欠勤のみです。
欠勤の証明を提出する例が少ないので「有給休暇を適用出来てしまう」だけです。

>(1)有給を取得せず、例えば会社のお昼休みに自分の時間を潰して病院へ通った場合は、休業損害の日数には認定されないのでしょうか?

「休業」していないので認定されない例も多いです。
保険会社の中には、通院日数で計算する例も(稀に)あります。

>(2)一方、もし半日有給休暇などを取得して病院へ行った場合は、休業損害丸1日分に認定されないのですか??

有給とは給与が支給されているので日数にカウントされない場合があります。多いです。

>(3)有給の消化は勿体無いのですが、取得せずに自分の休み時間を犠牲にしてまで病院へ行っても、それが認定されないのでしたら、やはり有給とったほうがいいのかなと思ってしまうのですが・・。。
実際皆さんはどのようにして通われているケースが多いのでしょうか??

休業補償を貰う場合には欠勤にする場合が多いようです。
手続き上、有給休暇を取れるように対応する会社もあります。
会社の総務・人事に確認されると良いと思います。

>(4)あと、実は事故の際に警察を呼んだりといろいろ時間がかかった為、とても寒い中3時間過ごし、その影響で風邪で高熱、その後も余韻にまだ苦しんでいます。
このような場合は、風邪の治療等も保険の補償の対象にはならないのでしょうか?
風邪との因果関係は証明できないので、やはり難しいでしょうか?

少なくとも保険での損害支払いについては出ないと思った方が良いです。
個人負担の場合は「お見舞い」としていくらか払う場合もあります。
いずれにせよ「請求」する筋のものではないです。

蛇足
「有給休暇」とは本来事前に申請し取得するものですし、会社の繁忙期などの場合は「時期変更権」によって予定を変更できるものです。
事故等による「休業」は時期変更など出来ませんから、厳密に休業補償対象とする場合には欠勤とするのが正しい方法です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

各質問にご丁寧に回答いただきありがとうございます。やはりお昼休みの通院は休業損害に認定されないようですね。
個人的にはせっかくの休み時間、長い待ち時間に耐えて?!受診しているのですから、少しは考慮してもらってもいいのかな?と思いますが・・・

いろいろありがとうございました!

お礼日時:2006/05/12 15:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事故の休業損害保険ついて休業が毎日半日しかできなかったら?

先日、追突事故にあいました。3台のうち一番後ろの車が追突してきました。私は、先頭にいた車に同乗していました。事故でムチウチになり気分が悪いので、一日めはなんとかやすめました。今後も休みをとりたいのですが、
職場には私一人のため続けて丸1日休むことができません。
そのため、半日働いて半日休業しながら通院したいと思っているのですが、その場合いは、休業損害の保険は支払ってもらえるのでしょうか?
教えてください。また、このような休業は可能でしょうか?

Aベストアンサー

搭乗者傷害保険の支払い要件はは、次のようになっています。
被保険者が傷害を受け、生活機能の滅失・減少をきたし、かつ医師の治療を要したこと。

支払われる保険金額は、通院保険日額×治療日数です。
但し、一方では「平常の業務に従事できる程度に治った日までの治療日数に対して支払われる」となっています。

どちらも間違ってるとはいえませんが、わかりにくい項目であることには間違いないです。

Qフルタイム兼業主婦の事故慰謝料と休業損害について教えてください。 6月

フルタイム兼業主婦の事故慰謝料と休業損害について教えてください。 6月3日出勤中に前車停車に続き停車したところ後方から追突されました。当方過失割合ゼロの事故です。 
【頸椎・腰椎捻挫】の診断で保険適用の整骨院で6月に22日・7月に24日・8月に11日・9月に7日通院リハビリしています。

3カ月経過後、相手保険会社からMRIを撮るように言われ結果は異常無しでした。そのため、10月15日をもって保険会社払いの治療は終了するように。その後は自分の健康保険での治療とする事。と言われました。 MRIの結果から、医師にも同じように健康保険での治療に切り替えて、症状固定かな?と言われています。

 初めての事故で症状固定とは???休業損害とは???と分からないことばかりなのでどなたか教えてください。

当方営業の仕事をしており、入院をしていないので休業は認められず、就業中に整骨院への通院をしております。

この場合は休業損害はもらえませんか?専業主婦であれば一日あたり5700円の休業損害を受け取ることが出来ると聞いたのですが、私のケースでは、兼業主婦として休業損害を受け取ることができますか?

【長文・乱文でごめんなさい】 よろしくお願いします。

フルタイム兼業主婦の事故慰謝料と休業損害について教えてください。 6月3日出勤中に前車停車に続き停車したところ後方から追突されました。当方過失割合ゼロの事故です。 
【頸椎・腰椎捻挫】の診断で保険適用の整骨院で6月に22日・7月に24日・8月に11日・9月に7日通院リハビリしています。

3カ月経過後、相手保険会社からMRIを撮るように言われ結果は異常無しでした。そのため、10月15日をもって保険会社払いの治療は終了するように。その後は自分の健康保険での治療とする事。と言われました。 MRIの結果か...続きを読む

Aベストアンサー

自賠責で専業主婦5700円を認めてもらうためには
確か週30時間以内のパートタイマーの場合に限定
されているはずです。

貴方の場合にはフルタイムなら30時間を超え、
かつ、休業もしていないので休業損損害の請求は
いずれにしても無理でしょうね。

Q自賠責限度額120万を越えた部分は・・

交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治療期間によって逓減するとしても、120万円を越えた部分に対してのみ適用されるべきではないのかということです。
(保険会社は慰謝料すべてが任意保険の基準となると言っています)

例をあげると
治療費が55万円なので
自賠責限度額120-55の残り65万を取った方が
任意保険基準で算定すると54万になるから良いというのです。(治療日数に対する全ての算出基準が任意保険基準になるのでとのこと)

しかし、全てを自分で自賠責基準にて算出すると
76万円位にはなります。
ここで、120万円からはみ出した部分に対して任意基準を当てはめ若干安くなったとしても70万位かなと素人考えでは思っていたのですが・・・

保険会社のこの補償は正当なものなのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治...続きを読む

Aベストアンサー

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。

 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120万までは求償が出来ますから、自賠責基準で処理した方が有利なのです。

>通院日数73日 治療期間148日 休業補償10万円(8日)交通費 5万円

 上記の具体的な場合について考察します。
 私の任意計算では、慰謝料は、¥56万になりますので、休業補償と交通費を加えれば、被害者の取り分は、¥71万になります。

 当然¥71万>¥70万なので、任意基準たる¥71万で示談すべきです。治療費は¥50万ですので、保険会社の支出は、合計¥121万になりますが、自賠責保険から¥120万は還ってきますから、任意保険会社の支出は、差し引き¥1万となります。(保険会社の負担する電話料等の諸雑費は考慮外です)

 一般に過失ある場合は、自賠基準の方が有利なことが多いのですが、この場合は、任意基準と自賠基準の両方を示して貰い、有利な方で示談して下さい。

 いずれにしても¥76万の賠償は、無理でしょう。




 

 

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。

 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120...続きを読む

Q半日出勤の場合に、有給休暇1日として休業損害請求できますか?

休業損害の請求を行います。
半日出勤をしばらくの間続けて行こうと思うのですが、1日有給ということで請求することができますか?
それとも2日分を1日分として請求するようになりますか?

Aベストアンサー

会社の制度はどうなっていますか?
半日休暇を2回とって1日の有給休暇と読み替える会社もありますが、そうなら会社にそのような休業証明を出して貰えば良いでしょう。

なお有給休暇で、賃金カットがなくても、休業損害は受けられます(休業という事実に基づき算定されます)

Q交通事故の主婦休業損害の出し方について

追突事故の治療が終わり、本日示談の話を相手方の保険会社と
しました。赤信号停車中に追突され、過失は私0:相手100です。
症状は頚椎捻挫と腰の打撲で後遺認定はありません。
治療期間 170日
通院日数 98日(うち接骨院6日)

この状況で、提示された金額が休業損害が141000円。慰謝料は618000
円でした。
これに別途交通費と最後に通った別の接骨院費用の50000円を上乗せ
するということです。

休業損害は、賃金センサスで日額9400円×15日で計算し、慰謝料は
地裁基準の八掛けを目安に出せるので、上記金額で納得するなら
あと60000円は上乗せしてもいいとのこと。

慰謝料については納得できるんですが、主婦休業損害は14日しか出な
いものなのでしょうか。担当の説明だと「診断書を元に計算。診断書
だと安静期間が四日間だったので本来なら主婦休業は4日だけれど
これだとあまりに少ないので14日した」との事。

ここのサイトを見ていると、だいたい主婦休業損害は通院日数分か
それより若干少ないくらい出ているみたいで、なんだか腑に落ちませ
んが、こんなものなのでしょうか。

最終的には交通事故紛争処理センターにも相談してみようかと思って
ます。
長くなってしまいましたが、回答どうぞよろしくお願いします。

追突事故の治療が終わり、本日示談の話を相手方の保険会社と
しました。赤信号停車中に追突され、過失は私0:相手100です。
症状は頚椎捻挫と腰の打撲で後遺認定はありません。
治療期間 170日
通院日数 98日(うち接骨院6日)

この状況で、提示された金額が休業損害が141000円。慰謝料は618000
円でした。
これに別途交通費と最後に通った別の接骨院費用の50000円を上乗せ
するということです。

休業損害は、賃金センサスで日額9400円×15日で計算し、慰謝料は
地裁基準の八掛けを目安に出せるので...続きを読む

Aベストアンサー

>地裁基準の八掛けを目安に出せるので

であるならば慰謝料は112万0000円、0.8で89万0000円となります。
私が任意保険の基準で計算したところ、61万5000円になりましたので61万8000円は任意保険の基準です。
休業損害は地裁基準では受傷のために家事労働に従事できなかった期間としています。
最低でも5700円×98日分55万8600円は請求して下さい。
地裁基準と言う言葉に騙されない様にして下さい。

最悪交通事故紛争処理センターに持ち込みも視野に入れる事も良いかと思います。
ただし、立証は貴方がしなければなりません。
頑張って下さい。

Q交通事故慰謝料 主婦か会社員で請求かどちらが

主婦で、正社員で働いています。
去年の11月に青信号の横断歩道にて車にはねられ肩関節の脱臼骨折となりました。
治療も進み、先生から完治は難しいと、
保険会社からも、すでに半年が過ぎているので、障害の認定をつけて、終わりにしてほしいとのことで連絡が有りました。
その時に、示談にあたって保険会社から、慰謝料を会社員で請求するのか、主婦で請求するのか選ぶ様にと指示が有りました。

治療期間は昨年の11月から8月一杯の予定で約9カ月です。入院はありません。
現在の症状は偽関節という症状です。未だに車のハンドルを一回転させることが出来ないので運転はできません。
会社は、最初の一ヵ月半程は傷みで、お風呂にも入れないので会社は休んでいました。
その後、会社に出勤するも、リハビリに毎日通っているので、平日はすべて残業せず、通ってる病院が木曜日が午前だけなので、毎週木曜日は休みを頂いています。
その為、給料はもちろんボーナスや、昇給にも影響を受けています。
証明も書類も提出できます。(ざっとのドンブリ勘定ですが、実際の減給における金額の損害は70万程です)

家事は、そのほとんどを、旦那にやってもらっています。

そのような状態で、保険会社が主婦として請求するのか、会社員として請求するのかを選べと言ってきました。
どちらで、請求した方が良いのでしょうか?
どうか皆さま、宜しくお願いします。

主婦で、正社員で働いています。
去年の11月に青信号の横断歩道にて車にはねられ肩関節の脱臼骨折となりました。
治療も進み、先生から完治は難しいと、
保険会社からも、すでに半年が過ぎているので、障害の認定をつけて、終わりにしてほしいとのことで連絡が有りました。
その時に、示談にあたって保険会社から、慰謝料を会社員で請求するのか、主婦で請求するのか選ぶ様にと指示が有りました。

治療期間は昨年の11月から8月一杯の予定で約9カ月です。入院はありません。
現在の症状は偽関節という症状で...続きを読む

Aベストアンサー

会社員で請求して下さい。

給料(残業も含む)と賞与が減った場合は、休業補償として認められます。
昇給も損害として認められますが、実際に認めて貰うのは大変です。

有給を使用して会社を休んでも、休業損害が貰えます。
有給の買取みたいな物です。

後遺症が残ってる様ですので、逸失利益なども絡んでくると思います。
弁護士特約に加入しているのなら、早めに弁護士に依頼した方が良い案件です。
因みに、後遺症認定も弁護士に頼んだ方が良い結果がでます。

Q交通事故ってこんなにお金もらえるの?

友人が夜中に車の信号待ちをしている所に車が突っ込んできました。
相手が100%悪いらしいです。
車は一部つぶれてしまったので修理に出しています。
友人は少しむちうちぎみなので病院に通っていますが、普段は全然健常です。
友人いわく、1度病院に行くと4万円もらえるから行ける日は毎回行くと言っています。180日通えるようなので、計算すると700万円以上になります。また、後遺症は全くないのですが診てもらう時にウソであたかも後遺症があるようにすればうまくいくだろうと考えています。軽自動車だったんですけどこれでセルシオ買えるって言ってます。自分はそううまくはいかないと思うのですがホントにこんなうまくいくものなのでしょうか?

Aベストアンサー

自賠責から貰える慰謝料は日額4100円で、
任意保険会社でも同額を出してくれるときがあるので
最高で日額8200円になりますね。

その他、休業損害は賃金を貰えなかった分となります。

自動車の損害は時価額となりますから、
100万円で購入した新車で全損となったときで
2年乗っていれば約50万円しか貰えず、
ローンが60万円残っていれば10万円の損となってしまいます。

もらい事故で得をすることはありません。
得をするなら保険金詐欺が多発してしまいます。

また、被害者よりも加害者が得をすることもあります。
加害者の車両が残存価値150万円で全損となったとき
自分の車両保険に170万円入っていれば
20万円多く貰えることもあります。
被害者の車両は保険金額に関わらず原価償却法による計算されるので
損をすることが多いようです。

Q交通事故 被害者がいつまでも通院したら??

最近、事故を起こしてしまいました。

一時停止をし、のろのろと出たら、不注意で相手の車にぶつけてしまいました。
(相手の方もスピードは出ていませんでした)


私の車はよく見たらわかる程度の、擦り傷が付き、
相手の車は無傷でした。
(警察の方もそうおっしゃっていました)


相手の方が、
凄まじい衝撃で、首、肩、腰、腕、とにかく全身痛いそうで、めまいもするそうです。


その日のうちに、菓子折り持参で謝罪し、あとは保険会社にお任せするとお話してきました。



その後、保険会社から連絡がきて、相手の車は修理、場合によっては、ボディを取り替えると。


そして、病院には通院し続けるそうです。


警察の方もおっしゃっていた様に、車のボディに傷はありません。

どこを修理するのでしょうか?


ケガ具合は正直、本人しかわからないと思いますが、
スピードが出ていないのに、全身痛いとは…

とちょっと不思議。


謝罪しに伺った時は、小走りをし元気な姿を見てしまったので、また不思議です…。


よく事故で、大したケガじゃないのに、いつまでも通院する悪質な被害者がいるとも聞きました。


でも、保険で出るのは、
実際かかった医療費分だけではないのでしょうか?


通院すればする程、お金がたくさん貯まるなどのメリットがあるのでしょうか…?


通院され続け、今加入している保険会社にご迷惑をかけたり、
保険ではまかないきれなくなったりでもしたらと不安です。

最近、事故を起こしてしまいました。

一時停止をし、のろのろと出たら、不注意で相手の車にぶつけてしまいました。
(相手の方もスピードは出ていませんでした)


私の車はよく見たらわかる程度の、擦り傷が付き、
相手の車は無傷でした。
(警察の方もそうおっしゃっていました)


相手の方が、
凄まじい衝撃で、首、肩、腰、腕、とにかく全身痛いそうで、めまいもするそうです。


その日のうちに、菓子折り持参で謝罪し、あとは保険会社にお任せするとお話してきました。



その後、保険会...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社に任しときなさいな、それで良いのですよ。

そうそう、事故につけて金儲けする輩がいますよ、だってね、通院1日するだけで、自賠責では8400円の治療費とは別に慰謝料と言う物が貰えます、100日通院すれば・・・84万ですね、そこまで通院は出来ないでしょうけど、保険会社により治療打ち切りされ、後は後遺障害の認定受けて下さいとなります。

質問文を読む限りでは、過失相殺事故ですから、質問者様100%悪いわけではないでしょ。
その辺も含め保険会社に任しとけば良いのですよ。

裁判に訴えるとか脅そうとする輩もいます、ですが安心して下さい、弁護士費用・裁判費用・裁判所出廷は保険会社が対応ちゃんとしてくれます、ご安心を。

相手から連絡来て、何か請求されても、一切認めない、返事もしないをよく覚えておいて下さい、平謝りする必要もありません、保険会社に任してるの一点張りで良いです、相手が怒っても、保険会社に苦情お願いしますで良いです。

>通院され続け、今加入している保険会社にご迷惑をかけたり、
保険ではまかないきれなくなったりでもしたらと不安です。

そんな心配は無用、人身無制限で加入してるでしょ、問題ない、これが保険会社の仕事です。
永久に通院を認める保険会社はありません。



実際、質問者様も首が痛いと病院いけば、あら不思議、全治2週間程度の頚椎捻挫(鞭打ち)の診断書が出ますよ、目には目をと言ってやり返す人もいます。
人身事故になりますから、質問者様に行政処分(免停等)と刑事処分(罰金等)が処分対象になります、事故内容や今疑問に思ってる事を書き留めて、検察に呼ばれた時に釈明して下さい。

まともな検察なら不起訴もありえますからね。


現状の今は相手に関わらない事ですよ。

保険会社に任しときなさいな、それで良いのですよ。

そうそう、事故につけて金儲けする輩がいますよ、だってね、通院1日するだけで、自賠責では8400円の治療費とは別に慰謝料と言う物が貰えます、100日通院すれば・・・84万ですね、そこまで通院は出来ないでしょうけど、保険会社により治療打ち切りされ、後は後遺障害の認定受けて下さいとなります。

質問文を読む限りでは、過失相殺事故ですから、質問者様100%悪いわけではないでしょ。
その辺も含め保険会社に任しとけば良いのですよ。

裁判に訴えるとか脅...続きを読む

Q交通事故による休業補償と慰謝料について

交通事故の被害者ですが、保険のことが全くわかりません。
慰謝料の計算方法が、4200円×通院日数という人もいるし4200円×通院日数×2 という人もいますが、どちらが正しいのでしょうか? ×2 はどういうことでしょうか?なぜ8400円×通院日数としないのでしょうか?
また、通院したときの慰謝料と休業補償は別なのでしょうか?
通院した日のみが休業補償の対象となるのでしょうかか?
病院へは行かなくても、事故による体調不良で欠勤した場合は休業補償の対象となるのでしょうか?
欠勤して病院へ行った場合、上の計算による慰謝料と休業補償は重複するのでしょうか?
遅刻や早退で病院へ行った場合は、上の計算による慰謝料と遅刻や早退による時給計算での休業補償のどちらか多い方とかのきまりがあるのでしょうか?
欠勤、遅刻、早退は自己申告なのでしょうか?雇用者に証明書を出してもらうのでしょうか?

わからないことばかりです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

自賠責保険における慰謝料の計算方法は
1)4200円×完治までの期間
2)4200円×通院日数×2
の安い方です。


通院したときの慰謝料と休業補償は別です。
交通事故で+になる要素は慰謝料だけです。
休業補償は通院のために会社を遅刻早退、
欠勤して給料減らされた分は補償してくれ
ます。ですから会社が終わってからとか
会社の休みの日に通院して給料減らされな
ければ休業損害は0円です。
ただし有給使って休んだ場合、会社から給
料はもらえますが、通院のために有給を
使ったということで有給使った分は補償
してくれます。なのでお得ですね。
会社から給料はもらえるし、保険屋は
有給分補償してくれるしで。


通院した日のみが休業補償の対象ではあり
ません。主治医の診断書とshibasakiさんの
仕事内容を保険屋が総合的に判断して、これでは
仕事できませんね!となれば、通院しなくても
休んでいるだけで休業補償はもらえます。
ただ痛いから会社に行かない!では無理ですよ。
痛い分は慰謝料で補償します。会社休むのは
shibasakiさんの勝手です!とならないように
保険屋とじっくり話し合いですね。

欠勤して病院へ行った場合、上の計算による慰
謝料と休業補償は重複します。
慰謝料ももらえるうえに休業補償ももらえます。
でも休んでも給料へらされなければ休業補償は
もらえませんよ。前述したように有給使って休
めば休業補償はもらえますが。
ですので、保険屋にどのくらい休んでも休業補償
がもらえるのか確認した方が良いです。

欠勤、遅刻、早退は自己申告ではありません。
休業損害報告書というのを会社の総務なりに
書いてもらって保険屋に提出です。
フォームは保険屋共通でしょうからネット上にも
見本あると思います。

自賠責保険における慰謝料の計算方法は
1)4200円×完治までの期間
2)4200円×通院日数×2
の安い方です。


通院したときの慰謝料と休業補償は別です。
交通事故で+になる要素は慰謝料だけです。
休業補償は通院のために会社を遅刻早退、
欠勤して給料減らされた分は補償してくれ
ます。ですから会社が終わってからとか
会社の休みの日に通院して給料減らされな
ければ休業損害は0円です。
ただし有給使って休んだ場合、会社から給
料はもらえますが、通院のために有給を
使ったということで有給使っ...続きを読む

Q慰謝料は通院回数以外認められないのか

交通事故の慰謝料について質問です。

6/1~7/14まで約1月半の間が治療期間ですが、
実質病院には7回。

保険会社から提示されたのは
5200×7×2=72800

確かに病院には7回、これは平日は通えず土曜日だけで
日曜日は病院が休みのためですが、ここで質問です。

(1)1ヶ月半首が痛い状況は続いていたわけですが、それでも
通院回数でしか認められないのでしょうか。
7日毎日通って完治したのと1月半も痛い思いしたものが同じ
評価というのが納得できないので何がしかの根拠が欲しいのです。

(2)5200円という基準額は妥当なものでしょうか。

以上よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

書ききれなかったので追記失礼します。
大抵の人は、自賠責基準に毛の生えた金額で示談してしまうんですよ。
残念ながら知識ないが故に保険会社に言いくるめられてしまう人が大半なのです…。
後遺症残る残らないに関わらず、慰謝料は、「日弁連基準で請求!」これを知るだけで慰謝料の金額変わります。
こちらから言わないと「治療打ち切ります、示談金額これです」だけで、示談に持ち込み、後遺症認定を言わない保険会社すらありますよ(エグい手口ですがよく聞く)。
後遺症認定を受けるか受けないか、通るか通らないか、等級によりますが、「日弁連基準」これで知るだけで金額が変わります。
勿論全て日弁連基準で計算して請求です!
保険会社の意味不明な自社基準に従う理由は、どこにもありません。
むちうちの一番下の14級でも日弁連基準なら慰謝料や逸失利益含めて数百万、12級なら一千万近くになります。
後遺症認定には、医師が必要ですから医師と良好な関係を築き必ず整形外科に通院です。
整骨院だと医師でないので後遺症認定の書類が書けないのです。


私は、10、0のオカマ事故被害者で「バックミラー見てなくて怪我したのが悪い」ってニュアンスの言い方するような保険会社を相手にもう話し合う気すらないので弁護士に依頼して訴訟して闘います。
後遺症残った場合など全て日弁連基準で取れるなら仮に借金しても着手金払う価値ありますから(弁護士特約付いてるなら使えますが私付け忘れてた…、これを期に特約付けました)。
ついでに忘れがちなのが生命保険、交通事故通院で出るか確認して忘れずにきっちり請求しましょう。

知ってる弁護士が有り難い事に相談料金無料にしてくれ、「等級決まったら正式依頼で着手金だけ先に払ってね、取れるだけ取りますよー、成功報酬は貰うけど(笑)」と言ってくれてますから、面倒くさい紛争センターより私は、こちらを選びます。

必ず慰謝料は、日弁連基準請求で!これが基本です。
「裁判にならないと日弁連基準適応されない」なんて保険会社の大嘘信じたらダメですよ。

頑張って下さいね。
お大事に。

書ききれなかったので追記失礼します。
大抵の人は、自賠責基準に毛の生えた金額で示談してしまうんですよ。
残念ながら知識ないが故に保険会社に言いくるめられてしまう人が大半なのです…。
後遺症残る残らないに関わらず、慰謝料は、「日弁連基準で請求!」これを知るだけで慰謝料の金額変わります。
こちらから言わないと「治療打ち切ります、示談金額これです」だけで、示談に持ち込み、後遺症認定を言わない保険会社すらありますよ(エグい手口ですがよく聞く)。
後遺症認定を受けるか受けないか、通る...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報