車の事故で休業損害証明書を書くのですが
欠席、有給、遅刻、早退の書き方は分かるのですが
休憩(通院で休憩を貰い終わり次第戻った)
場合はどう書けばよいのでしょうか?
保険会社はJAです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 交通事故でのお怪我お見舞い申し上げます。


休業損害は治療の為に、休んだり早退したり遅刻した場合に、実際に給料を減額された分を休業損害証明書によって証明して補填させるのですが、恐らくJA共済も自賠責保険と同じ方法だと思いますので、自賠責保険の休業損害証明書で説明します。先ず休業期間の記入と日数表の○印の記入(治療期間を照らし会わす為です)や過去3ヶ月の給料の記入などは同じです。自賠責保険の用紙ですと計算根拠の記入欄がありますが、その中へ通院治療の為に○○時間使用した。として○○時間かける○○円(一時間当たりの金額)=○○円の様に証明すれば自賠責保険では通りますが、JAでも認めると思います。もし休業損害証明書にその様な枠が無ければ別紙を添付しても大丈夫でしょう。しかし別紙には必ず休業損害証明書と同じ会社印や代表者印の押印をする必要が有ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。無事解決しました。

お礼日時:2007/07/20 12:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q産休中給与をもらった場合の育児休業基本給付金の計算方法

3月出産予定なので、育児休業基本給付金の手続きについて調べています。その、金額の計算方法がわからなくて悩んでいます。

産前、産後休暇の間、給与明細がマイナスにならない金額だけ、給与を支給すると会社の人が言ってくれてます。もちろん出社はしません。
その間、社会保険、住民税等が控除され、マイナスの給与明細になるのを防ぐためと説明してくれました。

ここで疑問に思ったのですが、
産前、産後休暇の間給与をもらった場合、その給与は
「育児休業基本給付金の 休業開始時賃金日額 」の計算に含まれてしまうのでしょうか。

休業開始時賃金日額は
⇒原則育児休業前6ヶ月の賃金を180で除した額に30日を乗じる

とあったので、気になったのです。

その6ヶ月に産休中の給与が含まれると、金額が減ってしまうので。

産前産後休暇の間無給なら、休業開始時賃金日額の計算には影響しないとわかったのですが、この場合どうなるのかわからないので教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
ご親切な会社ですね。
結論から申しますと、産休期間は除外してもらえるかと思います。

通常、休業開始時賃金登録の際は、産休中は賃金がないか少ないのが一般的であり除外することになっています。
具体的には給与計算対象期間の中に産休が含まれている月は除外した上で11日以上出勤扱いとして給与計算されている直近6ヶ月を拾い出して計算します。
(ただ、失業給付の際の計算の場合は、例えば休職中の給与が通常の給与の60パーセント以上支給されている場合は賃金とみなして計算に含めると聞きました。)

でも質問者様は、産休中の給与は通常の60パーセントもでていませんよね?
そして、産休期間を除いても、11日以上の月が十分にありますよね?(2年以内に12ヶ月ないとそもそも育児休業給付の受給資格がなくなってしまいますが)
そうであれば、問題なく除外されるはずです。
ご心配でしたら、会社を管轄するハローワークに直接確認されてみてはいかがでしょうか。そちらで受給資格の決定も日額の決定もしますので。

Q休業損害証明書について

前回事故についての質問に答えて下さりありがとうございます。
保険の方との話も少しずつですが進んでいます。
そこで何点か質問がありますのでわかるものがあれば1つでも答えて下されば幸いです。

1 休業損害証明書に源泉徴収または通帳コピーとあります。私は前回の源泉徴収を捨ててしまいありません。通帳コピーを送ろうと考えているのですが前回の分全てコピーして添付すれば良いのでしょうか??また表のコピーもとありますが通帳の表紙でいいのでしょうか??

2 ヘルメットがもう使い物になりません。弁償はしていただけるのですが、購入年月日や値段を覚えていない場合はだいたいで書いても大丈夫でしょうか?

3 これらの書類の提出期限はありますか?

以上です
お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

1.休業損害証明書の作成の際、源泉徴収票は勤務先が添付してくれるはずです。まずは勤務先に添付してほしいと申し出ましょう。万一、勤務先が添付できないと回答した場合は、事故前3カ月分の給与明細のコピーを添付します。それもない場合は、給与振込が確認できる預金通帳のコピーとなりますが、振込日、振込人名、金額がわかるページと、通帳の口座番号、名義人がわかるページ(表紙)が必要になります。

2.メーカー名、品番等、商品が特定できる写真のほか、カタログ、取扱説明書等があれば添付し、大体の購入時期・価格を伝えれば、保険会社で時価額を査定します。

3.規則としては特にありませんが、損害の立証書類ですので、提出が遅れれば損保の査定・示談も遅れることになります。当然、示談ができなければ、1円ももらえません。

Q会社都合休業(給与未払い)で出社の必要の有無

会社都合休業(給与未払い)で出社の必要の有無

会社の資金が底をつき、休業といわれ、給与未払いが数か月続いています。
しかし、休業中は月給の2/3は出すとのことです。
あくまでもお金ができ次第ですし、そのまま倒産の可能性もあります。

休業中は自宅待機でよいとのことですが、
必要がある場合は出社を要請されます。
週2-3日、自身としてはでています。(交通費も未払い)

このような状態で、週2-3日の出勤をする必要がないのではないかと
思い始めました。

法に基づき出社を拒否してよいか否か、御助言いただきたくどうぞよろしくお願い致します。
※ 出社を拒否しようという気持ちとともに、次を本格的に探すつもりではおります。

Aベストアンサー

労働の対価として給与をもらう就労契約ですので、
未払いは契約不履行であって違約金や延滞利息金すら請求できますし、給与を払うまで、契約自体が停止しています。
ですので休業保証自体が別契約ですし、休業保証の契約を締結するために給与の支払が先ですので、拒否する権利があります。

Q人身事故によるむちうち…休業損害

はじめまして

先日100対0の事故に合いました。
相手は大型トラック、こちらは軽自動車です。

首から背中にかけて痛かったので整形外科に行ったらレントゲンは問題なく捻挫と言われました。

ですが事故から3週間がたった今でも痛い事を考えれば、個人的にはむちうちであると考えております。

で、私の仕事の状況なんでが、メインでやっている仕事が収入がない状態なので色々なアルバイトをしている状態です。

なので、私は貯金と複数のアルバイトで生活しているわけですが、その収入はひと月に10万もならない程度です。

実際、通院などはアルバイトにあまり影響はしませんが、メインの仕事には結構景況しているんです。
でもどれだけ収入が減ったという公的な証明が難しい以上は、休業損害は認められないという事でした。

しかし、仕事に影響しているのは事実であって、相手の保険屋さんは仕事の空いた時間に通院をして下さいという表現で言われますが、私は仕事がとても忙しくて、わざわざ時間を空けて通院している感覚なんです。

実際、私の場合は休業損害は難しいと私も認識していますが、別の形で損害を請求する事はできませんか?

よろしくお願いします。

はじめまして

先日100対0の事故に合いました。
相手は大型トラック、こちらは軽自動車です。

首から背中にかけて痛かったので整形外科に行ったらレントゲンは問題なく捻挫と言われました。

ですが事故から3週間がたった今でも痛い事を考えれば、個人的にはむちうちであると考えております。

で、私の仕事の状況なんでが、メインでやっている仕事が収入がない状態なので色々なアルバイトをしている状態です。

なので、私は貯金と複数のアルバイトで生活しているわけですが、その収入はひと月に10万もな...続きを読む

Aベストアンサー

示談交渉の段階では、現実に収入の減少があったことを証明できるものがない限り、損保は休業損害を認めません。慰謝料としてのいくらかの上積みを求める程度でしょう。

裁判であれば、実際に行っている仕事の内容、それが現時点では収入に結び付いていないが、近い将来収入に結び付く蓋然性が高いこと、そして現在仕事を休めばその実現が困難になることを証明すれば、年齢別平均年収をもとに休業損害が認められる可能性はあります。

仕事の内容や収入を得る蓋然性などが不明ですから、あくまで「可能性」としか回答できません。詳しい資料等を用意して弁護士相談を受ける方がよいでしょう。

Q給与所得者の休業損害について

先日、事故に合い相手方の保険会社から、休業損害の資料が届けられました。この質問コーナーも参考にさせて頂きましたが、皆様より程度が小さい為、どこまで請求できるか分かりませんでしたので、質問させて頂きます。
病状は頸椎胸腰椎捻挫で1週間の診断書が出た状況ですが、日曜日の事故でしたので、
翌日の月曜日を年休として、実質休業と言えるのは1日となってます。また、年休としているため、給与減などはならず、休業損害と言えるのか悩んでいます。また、頸椎胸腰椎捻挫(軽度)で会社を休むわけには実質困難であり、1日を年休処理としたのですが、その辺を配慮し、診断書ベースの1週間と絡めて請求出来ないのもでしょうか。例えば、1日(給与ベースの休業損害)+6日(5,700円の休業損害)など。相手方の誠意のなさ、及び保険会社の対応の誠意のなさに少々憤りを感じています。届けられた書類には自賠責で、上限120万、治療期間は最高裁判所判例による3ヶ月までしか認めない等の被害者に対する誠意を感じられない文面でした。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

休業損害は実質休業した日数のみ請求できます
有給休暇を当てた場合も自己がなければ当然使わなかったわけですから損害として認めてもらえます
しかし、通院中とはいえ、会社には出勤しているわけで、給与もカットされないならば、損害はありませんので請求できません
ただし、通院日数に応じて慰謝料を請求できます
また慰謝料の計算は実通院日数の2倍と通院期間のどちらか少ないほうで計算されますので、変な言い方ですが1日おきに通院すると効率が良いです
始めから決め打ちしてくるような会社には逆に、そこまでは認めると言っているのも同然ですのでしっかり通院して完治させましょう
途中で、そろそろ如何ですかと聞いてきたら120万3ヶ月まで良いと言っただろ!と言ってやってください(もちろんそう言う意味ではない事は承知ですが)
なお、通院交通費も120万のうちです
慰謝料は4200円が自賠の金額になりますが、任意ではもう少し上乗せがありますので(5千円くらい)その辺で交渉されたら良いと思います
最近の相談ではよく120万-3ヵ月と言うのを目にしますがどういう会社なのでしょうか?
通販系? 従来社?

休業損害は実質休業した日数のみ請求できます
有給休暇を当てた場合も自己がなければ当然使わなかったわけですから損害として認めてもらえます
しかし、通院中とはいえ、会社には出勤しているわけで、給与もカットされないならば、損害はありませんので請求できません
ただし、通院日数に応じて慰謝料を請求できます
また慰謝料の計算は実通院日数の2倍と通院期間のどちらか少ないほうで計算されますので、変な言い方ですが1日おきに通院すると効率が良いです
始めから決め打ちしてくるような会社には逆に...続きを読む

Q交通事故での休業損害について。

7/1に事故にあい現在も通院中です。
入院はなし。会社には7/1~7/20まで休みをいただきそれ以降は出社しましたが、仕事で動かす部分と怪我の部分が同じだったこともあり、症状が悪化して出社しても断続的に早退や欠勤することが続いていました。

そろそろ事故にあって3ヶ月になるので休業損害の内払い金請求をしたところ、前3ヶ月分の給料を90で割り、7/1~7/20までは土日を含めて1日5700円支払うが、それ以降の分については休んだ日のみ支払うと言われました。

過去の質問を見たり自賠責保険について調べてみると、確かに自賠責保険ではそういう風に支払うことになっているということはわかりました。しかし実際に働いたときよりも給料が低くなるのではとても納得できません。(時給制のため、長期欠勤後は時給も下がります。)

こういった場合、少なくなった分を任意保険で補ってもらうことはできないのでしょうか?

今回の保険担当者は加害者に謝りにもこさせないし、「通院・通勤交通費は出せない」とか突然「休業損害を出せない」などと言い出し、こちらが怒ると(私は普段はとてもいい被害者です)「じゃあ出します」とか言う人で、とても信用できないので質問させていただきました。
ちなみに通勤交通費は結局出してもらえなかったので、仕方なく原付を買って通勤しています。

過去の質問も確認しましたが、2011年現在の状態が知りたいので質問させていただきました。
休業損害以外の慰謝料についても教えていただければ嬉しいです。

ご回答お待ちしています。

7/1に事故にあい現在も通院中です。
入院はなし。会社には7/1~7/20まで休みをいただきそれ以降は出社しましたが、仕事で動かす部分と怪我の部分が同じだったこともあり、症状が悪化して出社しても断続的に早退や欠勤することが続いていました。

そろそろ事故にあって3ヶ月になるので休業損害の内払い金請求をしたところ、前3ヶ月分の給料を90で割り、7/1~7/20までは土日を含めて1日5700円支払うが、それ以降の分については休んだ日のみ支払うと言われました。

過去の質問を見たり自賠責保険について調べてみる...続きを読む

Aベストアンサー

率直な感想ですが、「私は普段はとてもいい被害者です」とは思えません。

「保険担当者は加害者に謝りにもこさせない」
当たり前です、保険会社の担当者は、加害者に代わって賠償金の支払いを行うだけです。加害者の保護者ではありませんし、まして加害者でもなく、質問者様と対等の立場の人です。

「通勤交通費は結局出してもらえなかったので、仕方なく原付を買って通勤しています」
事故があろうとなかろうと、通勤は必要なのですから、その交通費についてどうするかは、質問者様と勤務先との雇用契約での話です。加害者に請求するのは非常識も甚だしいといか言えません。

保険会社の担当者は、「非常識で無理な要求をする被害者」と捉えているかもしれません。
そうなると、例え正当な賠償の請求であっても、「少し譲歩すると際限なく要求を拡大してきそうだから」と保険会社の財布のひもはきつくなります。

さて、ご質問の休業損害ですが、自賠責保険、任意保険とも同じ基準で算定しますから、交渉して増額される可能性は低くなります。(というか、基準以外の修正要素がないと無理です)
基礎日額の算定基準となる事故前3カ月の給与には、社会保険料、源泉徴収税額も含まれていますから、仮に1カ月全休すれば、給与の手取り額より多くなります。ですから、少なくとも7/1~7/20分については実際の減収分より多いはずです。

ただ、ご質問のように「長期欠勤によって時給が下がった」とか、事故前3カ月は1年のうちでもっとも残業の少ない時期だったなどという場合には、交渉余地があります。
勤務先の就業規則等で長期欠勤による時給低下と医師の診断書による長期欠勤の必要性を立証すれば低下した時給分の補償を得られます。

通勤の交通費は、加害者に賠償責任がありませんが、通院交通費は賠償責任がありますから、請求すれば認められます。

慰謝料については、捻挫・打撲系であれば、示談交渉段階では自賠責基準≧任意保険基準ですから、健康保険を使用して治療費を最大限抑制することが大切です。
はなから調停・和解の斡旋・裁判を考えているのなら、保険の支払い基準を考える必要はありません。
日弁連交通事故相談センター東京支部の「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(通称・赤い本)や日弁連交通事故相談センターの「交通事故損害額算定基準」(青い本)を基準に考えればよいのです。ただし、裁判をしたからといって、赤い本・青い本の慰謝料が認められるとは限りません。
保険は画一的な基準で算定しますが、裁判では個別の事情に応じて慰謝料が認定されるのですから。

率直な感想ですが、「私は普段はとてもいい被害者です」とは思えません。

「保険担当者は加害者に謝りにもこさせない」
当たり前です、保険会社の担当者は、加害者に代わって賠償金の支払いを行うだけです。加害者の保護者ではありませんし、まして加害者でもなく、質問者様と対等の立場の人です。

「通勤交通費は結局出してもらえなかったので、仕方なく原付を買って通勤しています」
事故があろうとなかろうと、通勤は必要なのですから、その交通費についてどうするかは、質問者様と勤務先との雇用契約での話...続きを読む

Q休業補償を給与支払者が受け取る

こんにちは
従業員が交通事故によりケガをし、1ヶ月ほど勤務できなくなりました。

完全被害事故ですので、休業補償は出ると思うのですが、決定までに時間がかかり、その間の従業員の生活費が必要になりますので、一旦、正規の計算で給料相当分を本人に支払い、その後、休業補償を受取りたいと思うのですが、保険会社から直接給与支払者に保険金を支払うことは可能でしょうか。

Aベストアンサー

可能です。

給与所得者の休業損害の立証書類は、給与支払者の作成する休業損害証明書と源泉徴収票です。
休業損害証明書:http://www.jiko-online.com/kyuson.pdf

休業損害証明書の「4.上記休んだ期間の給与は、」の欄で、「ア.全額支給した」に○印をつけておけばよいのです。

被害者である当該従業員から、休業損害にかかる損害賠償請求権の権利を給与支払者(会社)に移転する旨の承諾書を提出してもらっておけば、より万全です。

従業員の生活を守るため、会社が従業員の損害を立て替えたわけですから、当然、会社は立て替え分を加害者に請求する権利を有します。
休業損害証明書で、会社の立て替え払いの事実が確認できますから、会社から保険会社に休業損害分の賠償を請求すれば、会社の口座へ支払ってもらえます。

ただし、被害者にも過失がある場合で、かつ被害者の損害額(治療関係費・休業損害・慰謝料)が自賠責保険の支払い限度額(120万円)を超える場合、損害額全体から被害者過失割合分が減額されます。

たとえば、被害者過失が10%だと、本来は治療費・休業損害も90%しか賠償されませんが、病院や勤務先は第三者で過失割合は関係がないので、保険会社は病院や勤務先からの請求には全額支払い、示談後に支払う慰謝料等で調整するためです。
従業員の方には、この点を事前に説明したうえで、給与の立て替え払いをされる方がよいでしょう。そして、前述した承諾書を提出してもらえば、トラブルは防止できると思います。

可能です。

給与所得者の休業損害の立証書類は、給与支払者の作成する休業損害証明書と源泉徴収票です。
休業損害証明書:http://www.jiko-online.com/kyuson.pdf

休業損害証明書の「4.上記休んだ期間の給与は、」の欄で、「ア.全額支給した」に○印をつけておけばよいのです。

被害者である当該従業員から、休業損害にかかる損害賠償請求権の権利を給与支払者(会社)に移転する旨の承諾書を提出してもらっておけば、より万全です。

従業員の生活を守るため、会社が従業員の損害を立て替えたわけですから、当...続きを読む

Q追突事故による休業補償(休業損害)について

追突事故による休業補償(休業損害)について

いつもお世話になっております。
先日、信号待ちで後ろから追突されました。

相手の保険屋さんから「休業補償の手続きもさせて頂きます」という話になったのですが、
この休業補償というのは相手の自賠責からのみ支給されるものであって、
相手の任意保険(特約みたいなもの?)からは支給されないという事でよいのでしょうか?

自賠責のみからの支給ですと、
休業している間の賃金が低くなってしまうんじゃないかと思ったのですが、
休業補償とはそういったものなのでしょうか?

と、言いますのも共働きの妻も病気で自宅療養中ですので金銭的にかなり困っています。
私自身は、現在日給制の会社で働いておりますので、
せめて休んだ日にち分の日当だけでも出てくれればありがたいのですが・・・

相手の保険屋さんに聞けば話が早いのですが、
まずはこちらへご相談させていただこうと思いまして投稿させて頂きました。

保険のしくみをよく理解しておりませんで大変お恥ずかしいのですが、
この休業補償というものがどういう仕組みなのか教えて頂けると大変ありがたいです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。
よろしくお願いいたします。

追突事故による休業補償(休業損害)について

いつもお世話になっております。
先日、信号待ちで後ろから追突されました。

相手の保険屋さんから「休業補償の手続きもさせて頂きます」という話になったのですが、
この休業補償というのは相手の自賠責からのみ支給されるものであって、
相手の任意保険(特約みたいなもの?)からは支給されないという事でよいのでしょうか?

自賠責のみからの支給ですと、
休業している間の賃金が低くなってしまうんじゃないかと思ったのですが、
休業補償とはそういったものなのでし...続きを読む

Aベストアンサー

事故の相談先は充実してます。
日本弁護士会が無料で交通事故相談にのってくれます。
又、法テラスという所も御座います。
近場でしたら役所で定期的に無料弁護士相談をやってる場合も多いです。
有料でしたら、弁護士はもちろんの事、事故専門の行政書士さんも頼りになるかと思います。

Q休業損害証明書の休んだ期間の給与について

社員より休業損害証明書の記入を依頼されました。
事故のため、H19.6.2~H19.8.20までの期間37日間欠勤しています。

そこで、記入表の「4.上記休んだ期間の給与は」
ア.全額支給した。 イ.全額支給しなかった。
ウ.一部 支給・減給した。

とありますが、この記入方法についてどなたかお願いいたします。
当社では21日から翌月20日の締めになっています。
6月度給与の場合、被害者の社員は6月2日~20日までの間に6日間欠勤しています。
7月度給与の場合、被害者の社員は6月21日~7月20日までの間に8日間欠勤しています。
8月度給与の場合、被害者の社員は7月21日~8月20日までの間全て欠勤しています。
この時、イ.の全額支給しなかった。に○をつけてもいいのでしょうか?
それとも、ウ.一部減給したに○を付け、欠勤控除額を記入したほうがいいのでしょうか?

「上記休んだ期間の給与は」
とありますので、6月度、7月度、8月度の給与を指しているのか、
それとも休んだ日1日に対して給与を支払っているのかいないのかを
指しているのか見当が付かなくなってしまいまして・・・
日給月給制ですので、基本給に対してのみ欠勤控除があります。
基本給を22で除し、それに欠勤日数を掛けます。

欠勤ですので、もちろん給与の欠勤した日は給与の支給はありませんが、
6月、7月の場合は出勤した日もあり、営業成績によって業績給が加算されますので、
たとえ6月で6日、7月で8日欠勤したとしても、業績給がしっかり
ついています。

すみません、支離滅裂な文になってしまいましたが、急ぎで書きましたのでお許し下さい。
どなたかよろしくお願いいたします。

社員より休業損害証明書の記入を依頼されました。
事故のため、H19.6.2~H19.8.20までの期間37日間欠勤しています。

そこで、記入表の「4.上記休んだ期間の給与は」
ア.全額支給した。 イ.全額支給しなかった。
ウ.一部 支給・減給した。

とありますが、この記入方法についてどなたかお願いいたします。
当社では21日から翌月20日の締めになっています。
6月度給与の場合、被害者の社員は6月2日~20日までの間に6日間欠勤しています。
7月度給与の場合、被害者の社員は6月21日...続きを読む

Aベストアンサー

たしか1枚の用紙に3ヶ月分かけるようになっていますよね。
となれば6月7月8月と丸々休んでいないならウですよ。

で、休んだ日に○なりをすればいいんです。

交通費はどうするの?という問題もあります。
支給しているのならとぼけて付加給に加算しても平気ですよ。

いずれにしても不明点あれば保険屋から電話かかってきます
から社員の事を思うのであれば、交通費も加算して書いてあ
げた方が親切です。(減額された給料分だけ保険屋からもら
えるので、まるまる一ヶ月休まない限り交通費うんぬんの影
響はないですが)

なのでanhei-kisamayaさんがこう理解したっていう書き方
で平気ですよ。あとは保険屋がやってくれます。
anhei-kisamayaさんが気にするのは社員に損させないこと
ですね。

Q任意保険会社が休業損害申請書を返してくれない

今年1月7日に停止中に右側部分に衝突されて過失割合(当方無過失)が相手方任意保険会社に認めてもらい、物損のみ示談が終了しました。当方から休業損害を相手方任意保険会社に申請しましたが、日額5,700円ということで決定しましたとの連絡がありました。当方は基礎収入が日額24,000円(月収50万円のサラリーマン)ですのであまりにもかけ離れた数字であったことから、お断りいたしました。(自賠責で日額が19,000円が上限ということは知っています。)これによって申請した書類一式を返すようJA共済の担当者に連絡したところ「明日朝一番で郵送によって(当方に)返送します」との回答がありました。ところが翌日になって「もう少しお預かりさせてください」の一点張り。これって任意保険会社には請求者に返還しなくてもいいという決まりとかはあるんでしょうか?法的な根拠は全く述べず「お返しは出来ません」の回答でした。因みに返してくれ、いや返せませんのやり取り中に「私、別件がありますから」と一言述べて電話を一方的に切られてしまいました。大変失礼な話しで悔しくて仕方ありません。そこで、
(1)書類を返却しない根拠があればご指導いただきたいのですが。
(2)返却させるための方法とかはあるんでしょうか?
因みに先方の担当者は返せない理由として「もう少し調査が必要ですから」と先日は日額5,700円で決定しましたから(調査は完了した)変更は無理ですと言っていたのに、翌日には「もう少し調査が必要です」と180度反対のことを言ってきています?はっきり言って心外&憤慨です。
(3)これって疑われているんですかね?
以上3点どなた様かご指導いただければと思い…困っております。
宜しくお願い申しあげます。

今年1月7日に停止中に右側部分に衝突されて過失割合(当方無過失)が相手方任意保険会社に認めてもらい、物損のみ示談が終了しました。当方から休業損害を相手方任意保険会社に申請しましたが、日額5,700円ということで決定しましたとの連絡がありました。当方は基礎収入が日額24,000円(月収50万円のサラリーマン)ですのであまりにもかけ離れた数字であったことから、お断りいたしました。(自賠責で日額が19,000円が上限ということは知っています。)これによって申請した書類一式を返すようJA共済の担当者に...続きを読む

Aベストアンサー

一つ疑問なのがその書類 返却して貰う意味は何ですか?
個人情報の事ですか?
すでに事故処理で保険会社には個人情報ばればれだと思うのですが。
それに「もう少し調査が必要ですから」と言ってるので待っても損は無いと思いますよ。
休業補償の提示額に対しての拒否はされてますが、休業補償に関しての示談はまだ済んでいないので 保険会社も考慮してると思われます。
後1週間位様子見て それでも音沙汰無しであれば 法的な手段に出れば宜しいと思います。
状況としては 今暫く様子伺いでしょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報