電車に乗っていて、車内の電光掲示板で

<この電車は ○○ゆきです>と出ていました。

この『ゆき』は漢字にすれば『行き』だと思います。

で、素朴な疑問なんですが・・・

『行く』の読み方なのですが、

『いく』と読む場合と、『ゆく』と読む場合の

使い分けってのはどのような例があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こういう問題は、やはり国の示す指針に従うのがよいでしょう。


文化庁の『国語施策情報システム』の中に、「国語審議会の記録」として次のような記述があります。
「参考資料」→「各期国語審議会の記録」→「第5期」→「発音のゆれについて報告(3)」→「10」

★ 標準的な形として口頭語的な「イク」を採るとしても,改まってものを言う場合や文章語では,やはり「ユク」を使うこともあるであろう。★

ということですから、社内の電光掲示板は「ゆく」、ホームや車掌の案内は「いく」と使い分けるようですね。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/kokugo/
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ちゃんと指針があるのですね。もうちょっと勉強しなければ。

URLはとても参考になりました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/10 07:05

 『ゆく』は、時の経過を表し、『いく』は、人、物の移動を表す、と思いますが。

    • good
    • 3
この回答へのお礼

このようなイメージもありますね。

厳密に言うと『ゆく』は時の経過だけではない気もしますが^^;

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/10 07:08

★「ゆく」 (行く、往く、逝く)


文語的な雰囲気:

雁は行く、過ぎゆく春を惜しむ、ゆく年くる年、ゆく河の流れ

単語が短く母音で始まるため、前の名詞の最後との関係で「いき」だと区別されにくいとき:
大井ゆきバス、大井駅ゆき、田町ゆき(多摩地域)

★「いく」 (行く、往く、逝く)
特に口語、中でも特に「て」「た」「たら」が続く場合の促音便:

あっちへ行って、横浜に行った
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大まかに言えば、文語、口語での使い分けですね。

確かに言われてみると・・・^^;

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/10 07:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『文』←の漢字で『たくみ』と人名や当て字等で、読む場合(読む事)もありますか?

『文』←の漢字で『たくみ』
『最』←の漢字で『かなめ』
『麗人』←の漢字で『れいと』
左側の漢字を右側の平仮名のように、人名や地名や当て字等で、読む場合もありますか?または、読む事はできますか?
是非教えて下さい!

Aベストアンサー

「文」の漢字の意味の中には「細かな模様」「きらびやかな」「美しい」という意味があります。「たくみ」という言葉の意味には「技巧や意匠」という意味があります。「細かな模様」と「技巧や意匠」を近い意味と考えれば、「文」を「たくみ」と読んでも、おかしくはないと言えるかもしれません。ただし一般的な漢字の読み、人名としての”読みぐせ”の中に「文」を「たくみ」と読ませるものはありません。

「最」で「かなめ」とは読みにくいと思います。「最」は状態をあらわす接頭語に使われ「最高」とか「最重要」といった「高」「重要」の中でも、もっともそうであるという意味を補強する文字として使われるので、「ものごとの中心」という存在そのものをあらわす「かなめ」という言葉とは少し違うように思います。

「麗人」は「容貌の美しい夫人」という意味で、「麗」と「人」のそれぞれの一般的な読みを組み合わせれば「れいと」と読んでもおかしくはないと思います。ただ、「麗人」は漢字としては女性を指すもので、これを男性名風の「れいと」と読ませるのは少し違和感があるかも知れません。蛇足ながら、中国皇帝の後宮にいるランクの低い妃たちを指して「麗人」と呼んでいたというような話を聞いたこともあります。

すでに現存する地名や人名の中に、このような組み合わせがあるかもしれませんが、それは先に読みの音があって、後から漢字を(何らかの理由で、あるいは適当に)当てはめたか、ごく個別的な理由でそのように当て読みをしたものではないでしょうか。

「文」の漢字の意味の中には「細かな模様」「きらびやかな」「美しい」という意味があります。「たくみ」という言葉の意味には「技巧や意匠」という意味があります。「細かな模様」と「技巧や意匠」を近い意味と考えれば、「文」を「たくみ」と読んでも、おかしくはないと言えるかもしれません。ただし一般的な漢字の読み、人名としての”読みぐせ”の中に「文」を「たくみ」と読ませるものはありません。

「最」で「かなめ」とは読みにくいと思います。「最」は状態をあらわす接頭語に使われ「最高」とか「最重...続きを読む

Q『金』+『晃』の漢字は何て読むんでしょう?

『金』+『晃』の漢字は何て読むんでしょう?『あきら』と読むと聞いたのですが、パソコンで変換してもでてきません(>_<)他に読み方があるのでしょうか?どなたかご教授くださいm(__)m

Aベストアンサー

こんにちは。
「コウ」と読みます。
人名としての読み方は正直に言ってわかりません。
役所・役場の戸籍課等で受理されるかを尋ねるのも
手だと思います。個人的には「あきら」と読んでも
良いかなとは思います。
因みにこの回答はIMEパッドの手書きで検索したら
出てきました。宜しくお願いします。

Q是「これ」という字を「ゆき」と読む人の名前について

 友達の名前で、「是」を「ゆき」と読む人が居ます。
 この字をどうして「ゆき」と読むのか調べて見ましたが、国語辞典にはありませんし、音読みや訓読みでもありません。
 友達の両親は既に他界しており、本人はどうして「是」という字を使用して「ゆき」と読ませたのかわからず、名前の由来を聞かれる度に困惑しているそうです。
 何か「是」を「ゆき」と読む、手がかりはないものでしょうか。
 唐突な質問で恐縮ですが。
 カテゴリーが国語なのかどうかもわかりません。

Aベストアンサー

こんばんは

 「国語辞典」ではなく、「漢和辞典」を引けば、理解できると思います。



「是」=良い、正しい、よしとする、良しとして定めた方針、正す(是正)・・・

人名として=「これ、すなお、ただし、つな、ゆき、よし」

    (旺文社 漢和辞典より抜粋)


 しっかり漢和辞典には「ゆき」が入っています。

意味を理解すれば、名付けた人の思いが感じられます。


 「漢和辞典」には、一文字の意味も書かれていますので、パソコンで調べるより便利ですよ。



  

Q『深更』←なんと読むのでしょう

上記の字、なんと読めばよいのでしょうか?
深夜を指し示す言葉のようですがよくわかりません

Aベストアンサー

今後のご参考まで.
分からない文字をクリックしてコピーします.
WORDなり,メモ帳に貼り付けます.
その文字を反転させます⇒ 変換キーをおすとよみかたが出てきます.
これで辞書で確認すれば完璧です.

Q『一筆箋』って何て読むんですか??

『一筆箋』って何て読むんですか??

困ってます。
誰か教えてください。

Aベストアンサー

 

 「いっぴつせん」と読みます。

 別の名を、「一筆書き」ともいいます(この場合は「ひとふでがき」と読みます)。
 さらさらっと一行か二行、相手に書き送ることですね。
 風情があるものです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報