単位時間当たり、単位面積を通過する電子の数で、
電流が決まりますが、
電流値が2倍になるということは、
流れる電子の数が2倍になるということでしょうか?
それとも、電子の数は変わらず、流れる速度が2倍になるということでしょうか?
それとも、数、速度両者が相成って2倍になるのでしょうか?

A 回答 (13件中11~13件)

「数、速度両者が相成って2倍になるのでしょうか?」→そうです。

数と速度とどっちが支配するかは状況次第。

電流(アンペア)の定義は、ある断面を単位時間あたりに通過する電荷量、単位[C/s]

立方メートルあたりn個の電子がある。n[ケ/m^3]
ある断面、面積Sがある。S[m^2]
電子は平均的に速度vで移動している。v[m/s]
電子一個の電荷はqである。q[C/ケ]

単位時間に断面を通過する電荷の量は(つまりアンペア)は
vnqS
単位は[m/s ・ ケ/m^3 ・ C/ケ ・ m^2 ]=[C/s]

nが小でもvが猛速なら電流大。
vが低速でもnが巨大密度なら電流大。 
    • good
    • 0

回路上の抵抗値が一定として電子の密度は電圧によって決まるので


同密度の場合での電流値の変化は流れる速度になるかと。

でも、日本語的には「速度が変わるから量も変わる」

間違ってたら、誰か訂正して(笑
    • good
    • 0

電流の定義からすると、電子の移動した量ですね。



i=dq/dt ... 電荷qの時間変化分が電流です。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
移動した量はわかるのですが、
流れる電子の数が2倍になるのでしょうか、
それとも速度が2倍になるのでしょうか?

補足日時:2005/09/28 13:50
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなんで雑誌は全然電子書籍化されないの

厳しいDRMや閲覧期限や認証サーバーが10年後も存在してるのかなどの不安があったとしても、そもそも雑誌は一月後に捨てるのが普通だからコミックや本の時ほど電子版購入の抵抗感は少ないと思うのです。
でも電子化されるのはコミックや本やあんまり売れてなさそうな雑誌ばっかりで、コンビニに置かれてるような有名でたくさん売れてそうな週刊漫画や雑誌はほとんど電子化されてません。
なぜでしょうか。何がコンビニ雑誌の電子化を阻んでるんでしょうか。
コンビニで専用端末と週刊誌一年分のシリアルキーをセット販売すれば売れそうに思うのですが、何か勘違いや見落としてる点があるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

 これからも続くかどうかはわかりませんが週刊少年ジャンプ33号(7/13発売号)が電子書籍化されて販売されています。

http://news.mynavi.jp/news/2013/07/13/043/

 それはともかく、雑誌の電子書籍化で難しいのは権利関係であるとか。何しろ書いている作者さんが多数になりますから、それぞれに電子化の契約が必要になる。

 あとは広告の問題。簡単にコピーされては困るから大抵は端末に紐付けされて配信されるわけですが、そうなると回し読みや飲食店におかれるなどでの広告効果がほとんど見込めなくなる。買った本人しか見ないわけですから。

Q電線を流れる電流の速度と電子の速度?

光の速度は30万km/secといわれますが、光ケーブルでの伝送速度はその2/3というのが一般的なようです(光速なのか、情報伝播速度なのかは不明ですが)。
電線を流れる電流の速度はどのくらいになるのでしょうか? また、電子の速度は?

Aベストアンサー

こんばんは。

>>>電線を流れる電流の速度はどのくらいになるのでしょうか?

「電流の速度」って何ですか?
電流は、あくまでも電流であって、1秒当たり1クーロンの電荷が流れる場合に1アンペアです。
ここで、1クーロンというのは、6.24 × 10^18 個の電子に相当します。


>>>また、電子の速度は?

毎秒10マイクロメートル(0.01mm)のオーダー(桁)であるらしいです。
おそらく、想像されていた数字より遅すぎて、驚かれるのでは。

Q電子書籍(雑誌)の懸賞応募について

最近、マンが雑誌がどんどん電子書籍化されていますが
紙の雑誌を買わないと応募できないアンケートはがきや応募券などのプレゼントは
電子書籍でも応募できるのでしょうか?

Aベストアンサー

電子書籍でのアンケート・・・

週ジャンでは創刊時は出来ませんでしたが
アプリにアンケート機能がついて、応募可能になりましたね。

ただ、紙媒体とはプレゼントの内容は違うようです。

ジャンプ以外だと、講談社・小学館・新潮社でアンケートの電子版があるようですよ!

Qこの問題文の「電流の担い手が電子、ホールの各場合について」とはどういう意味でしょうか。 電流の流れる

この問題文の「電流の担い手が電子、ホールの各場合について」とはどういう意味でしょうか。
電流の流れる原因は電子と勉強したので電子だけではないのですか?

また、問題の解説で
(1)電子の場合
(2)ホールの場合

と分かれて解説が書いてあるのですが電子の場合の解説も式の意味も分かるのですが「ホールの場合」は電子の場合と高電位側が逆になるようですがなぜでしょうか

電流の向きも磁界の向きも全部同じ条件なのだから電子はα側に片寄りα側が高電位になり、どのような見方、考え方をしてもそれは変わらないのではないのでしょうか。

Aベストアンサー

質問者さんの疑問は、よくあるものです。
ここでは、「磁場中を運動する荷電粒子に働く力=ローレンツ力」が働きます。この「方向」が問題なのですね。

ローレンツ力の方向は「フレミング左手の法則」に従います。人差し指が「磁場の方向」(Forefinger が Field)、中指が「電流の方向」(Center finger が Current)のときに、「働く力」が親指というわけです。(私はこの語呂合わせで覚えています。「右手」でも同じ)
このときの「電流の方向」とは「正電荷の動く方向」です。

ここで「ホール(正孔)」を考えると、図では正孔は「左→右」に移動し、電流もその方向ですから、力はα側向きに働きます。これはすんなり理解できると思います。

「電子」(負電荷)を考えると、図では電子は「右→左」に移動し、電流は逆方向の「左→右」ということになります。つまり、やはり力はα側向きに働きます。

つまり、電荷が正であっても負であっても、力の方向はα側向きということなのです。
ここのところを、もう一度確認することがポイントです。

これを普通の「導線」で考えれば、「導線に電流が流れると、導線に「フレミング左手の法則」の方向の力か働く」ということです。「電子」に対しても、「電子が抜けた正の原子=正孔」に対しても、同じ方向に力が働き、結果として「導線全体」にその方向の力が働くのです。
決して、導線の中では「電子」と「電子が抜けた正の原子=正孔」の数が同じなので、「右向きと左向きの力が相殺して、どちらにも力が働かない」ということはありません。「電子と正孔の両方に同じ方向の力が働くので、導線全体がその方向に力を受ける」のです。
つまり、ふつうの導線でも、「電子」にも「正孔」にも同じ方向の力が働くのです。

半導体がふつうの導線と違うのは、「電子」と「正孔」の数が等しくない、ということです。「電子」の方が多い「n型半導体」と、「正孔」の方が多い「p型半導体」があります。

そのため、「正孔」も「電子」もα側向きに動くのですが、トータルしたときに「電子=負電荷」の方が多いか、「正孔=正電荷」の方が多いか、という違いが生じます。それによって、「電子=負電荷」の方が大きいときには反対側のβ側の電位が高くなり、「正孔=正電荷」の方が大きいときにはα側の電位が高くなるのです。この結果、磁場、電流と直角方向に「電場」ができることになります。
導体では、「正孔」と「電子」の数が等しいので、このような「電荷の偏り」や「それによる電流と直角方向の電場」は発生しません。

「電子の場合」「正孔の場合」で分けているのは、この「どちらがリッチか」ということが異なるためです。
その「半導体」特有の条件が、通常の導線と異なるところなのです。

質問者さんの疑問は、よくあるものです。
ここでは、「磁場中を運動する荷電粒子に働く力=ローレンツ力」が働きます。この「方向」が問題なのですね。

ローレンツ力の方向は「フレミング左手の法則」に従います。人差し指が「磁場の方向」(Forefinger が Field)、中指が「電流の方向」(Center finger が Current)のときに、「働く力」が親指というわけです。(私はこの語呂合わせで覚えています。「右手」でも同じ)
このときの「電流の方向」とは「正電荷の動く方向」です。

ここで「ホール(正孔)」を考...続きを読む

Qいま、小中高校生向けの電子工作雑誌や書籍はありますか?基本的な電子工作のホビー雑誌でも構いません。昔

いま、小中高校生向けの電子工作雑誌や書籍はありますか?基本的な電子工作のホビー雑誌でも構いません。昔「ラジオと製作」←というタイトルだったと思いますが、当時はこの本を読んでハンダ付けして楽しんだものです。
タバコ用のUSB着火ライターの修理ブログを読んで最近また簡単な電子工作をやってみたくなったんですが、基本を1から学ばないとダメだと痛感した次第です。
できれば、あまり専門的ではなく、読んで楽しめる本だと助かります。

Aベストアンサー

「ラジオの製作」や「初歩のラジオ」な方向性の、初心者向け電子工作雑誌というと、今では

季刊の「電子工作マガジン」ぐらいかと思います。
http://www.denkomagazine.net/

QRC並列回路において、抵抗に流れる電流Irコンデンサに流れる電流Icとする ω=120πrad/s

RC並列回路において、抵抗に流れる電流Irコンデンサに流れる電流Icとする
ω=120πrad/s
全体の電圧80V
R=50Ω
C=50マイクロファラッド
この時Icに流れる電流はV/Xcで求めるとおもうんですが何回計算してもなかなか答え(1.51A)と一致しません。
わからないのでどなたか計算式を教えてください

Aベストアンサー

80ωC=1.5080 A

Q同人誌や電子雑誌作者

同人誌や電子雑誌の作者が解るサイトはありますか
また、そのほかの雑誌の作者も知りたいのですが
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同人誌と電子雑誌の作者なら
http://www.denshianime.com/animetop/
http://www.denshianime.com/jump/
で一覧があります。
一般の書籍なら出版会社のホームページ
に出ていますが出版会社は200社程あります。
出版会社一覧で検索するとたくさん出ます。
wikipedia日本の出版社一覧でも出てました。

Q電流と電子の流れ

電流はプラスからマイナスに流れる。
電子はマイナスからプラスに流れる。
なぜ電子の流れと電流の流れを一致させないのだろう。
プラスからマイナスには何も流れていないですよね。 
昔の設定が誤ったものであると気づいた時点で訂正すべきだったのではないでしょうか。
以前の設定を変えると何か不都合が生じるのでしょうか。
こういうことを考えるのは私だけでしょうか。 

Aベストアンサー

>こういうことを考えるのは私だけでしょうか。 
あなただけでは無いでしょうが、現場の人(科学者、技術者、電気工事の人)はそんなつもりは無いでしょう。
プラスをマイナスと変えたとしても実態は何にも変わりません。
変更が定着するまでに生じる混乱の方が大問題です。

正の電荷をもつものが電流の流れを担う場合も有ります。
電池の内部を流れる電流の場合がそうです。

電線の中を流れる電子の速度は1mm/秒程度のゆっくりしたものですよ。
下記URLの例題2
http://qube.phys.kindai.ac.jp/users/kondo/lectures/ichikawa/ELE2p19-34.pdf
こちらも参考に
http://www.mogami-wire.co.jp/puzzle/pzl-05.html

電子の速度がこんなに遅いのに、スイッチから何10メートルも先にある電球がスイッチを入れるのとほとんど同時に点くのは電子が電気を運んでいるからではないからです。
電子は電場で動かされているだけです。
電場(電磁場)が伝わる速度は光の速さです。

Q電子雑誌をスマホで

読みたい電子雑誌をスマホで買えますか?ガラケーで買えますか?

Aベストアンサー

>読みたい電子雑誌をスマホで買えますか?
クレジットカード払いになりますがマガストアかアマゾン・楽天ブックスで買うこと
が出来ますし、PCからも買うことが出来ます。

アマゾン (kindle版が電子書籍)
http://www.amazon.co.jp/

楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/e-book/magazine/

ReaderStore(ソニー)
http://ebookstore.sony.jp/index/%E9%9B%91%E8%AA%8C/

マガストア
http://www.magastore.jp/

>ガラケーで買えますか?
無理かと思われます。

すべての雑誌が電子化されてるわけでないので、何の雑誌かを書いて貰わないと
わからないです。また、スマホの場合、個々の独自アプリでのみしか見ることが
できません。電子書籍やマンガ等は他にもあるのですが雑誌だと少ないです。

Q電流が流れると電子は無くなるの?

電気が流れ続けたら、導体の片側からいつかは電子が無くなるんですか?
電流が流れると言うのは、電子が移動していることと聞きます。
そうすると電子を出す方は、いつかは電子が無くなることだってありますね。

例えば、宇宙観測衛星のボイジャー1,2号は、熱電対によって電力を得ているといいます。
半減期が長い核分裂物質を使っているそうで、温度差は数千年後だってあると思います。
熱電対の片側から電子はなくならないんですか?

Aベストアンサー

>熱電対の片側から電子はなくならないんですか?

一般の電池は、電極や電解質が化学反応してしまえば終わりです。-極から出た電子は、+極で電池に帰り、負極の電極までは行きません。

しかし、熱電対の場合は通常の電池とは異なり、温度差が電子を移動させる素なので、化学反応は起きていません。温度差を直接電気エネルギーに変換しているのです。
従って、電子は、反応には利用されず、回路内を延々とめぐります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報