[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

投げ込みしきの水中ポンプ(200V 3相0.75kw)を水中に入れて、運転すると過電流にて自己保護が働き停止します、そのときの電流は定格3.3Aに対して5.3A流れています。この状態にて出口側を絞っていくと(出る量を少なくすると)電流は3.3Aまで落ちてきます。流量がたくさん流れている=多く仕事をしているので、電流は多く流れる・・・・という説明は理解できますが、誘導電動機の電流、トルク曲線からすると、理解しがたいところがあります。上記の状態は始動トルクから停動トルクまでの間で電動機のトルクと負荷のトルクとがつりあっている・・・と考えればよいのでしょうか??
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

2)モータの回転速度-トルク(電流)特性


次にモータメーカより使用しているモータの「回転速度-トルク
特性」と「回転速度-運転電流特性」を入手します。
モータの「回転速度-トルク特性」にポンプの「回転速度-トルク
特性」を書き込みします。

ポンプの回転速度-トルク特性は、一般的に遠心力を利用した
ポンプ(ファンも同様)の回転速度に対する負荷トルク特性は、
「二乗低減トルク負荷特性」であると言われています。

このことから y=ax^2の二次曲線で、即ち、T=a×N^2 で示すこと
ができます。なお、a は曲線の傾きです。

この二次曲線により、次の3通りの状態を考えます。
(1)ポンプを配管した直後の状態
(2)バルブを調整して適切な流量(モータの定格電流以下)に絞った状態
(3)更にバルブを絞って流量を下げた状態

次に「回転速度-運転電流特性」を考えます。
上の図のそれぞれのトルクに於ける回転速度の点(N1,N2,N3)から下
に垂線を下げて「回転速度-運転電流特性」との交点を付けます。
この交点から水平線を縦線(Y軸)に向けて引きます。
この交点(I1,I2,I3)が各回転速度に於ける運転電流(A)になります。

以上によりバルブを適切に絞ると(軸動力が減るため)負荷トルクが
減少し、結果的に運転電流が減少することになります。

質問者が述べられた通りで、ポンプのある回転速度に於いての必要
とする負荷トルクとモータがその回転速度で出力できる駆動トルク
が一致した点で回転速度が決まり、その回転速度で継続して運転
されていることになります。
「水中ポンプの過電流について」の回答画像7
    • good
    • 0

図を作成しますと、より理解が深まると思います。

図解を貼り付け
ましたので参考にして下さい。

1)ポンプの流量-揚程/軸動力特性
ポンプメーカから使用しているポンプの「流量-揚程(圧力)特性」と
「流量-軸動力特性」を入手します。
なお、図解の「流量-揚程(圧力)特性」と「流量-軸動力特性」は
代表的な特性の例で示しています。
メーカや機種(品番)にて変化しますが、一般的な遠心力を利用した
ポンプはこの例のような特性を持っています。

この「流量-揚程(圧力)特性」に負荷特性(配管抵抗やバルブの抵抗
分)を書き込みします。
貼り付けました図にて次の3通りの状態を考えます。
(1)ポンプを配管した直後の状態
(2)バルブを調整して適切な流量(モータの定格電流以下)に絞った状態
(3)更にバルブを絞って流量を下げた状態

次に「流量-軸動力特性」を考えます。
上の図のそれぞれの流量(Q1,Q2,Q3)の点から下に垂線を下げて
「流量-軸動力特性」の交点を付けます。

この交点から水平線を縦線(Y軸)に向けて引きます。
水平線を縦線(Y軸)の交点(P1,P2,P3)が各流量に於ける軸動力(W)
(P1,P2,P3)になります。
このことから流量を絞りますと軸動力が小さくなることが判ります。


2)モータの回転速度-トルク(電流)特性
次にモータメーカより使用しているモータの「回転速度-トルク
特性」と「回転速度-運転電流特性」を入手します。
この図解については次の回答に貼り付けます。
「水中ポンプの過電流について」の回答画像6
    • good
    • 0

>なぜ流量が多く流れている状態で電流が多くなるかが理解できません



>流量がたくさん流れている=多く仕事をしているので、電流は多く流れる・・・・という説明は理解できますが

理解できていないではないですか

要はそのモータで全負荷起動すると過負荷になるだけのことです
過負荷にならない流量まで絞るか、モータを大きいものに取り替えるかです
    • good
    • 0

まず,定常状態で回転する誘導モータの特性をまとめてみます。



すべりが0の状態:
同期速度で回っている。
トルクは0。
電流は小さい。

すべりが限界の状態:
回転速度は下がる。
停動トルク(最大トルク)を出す。
電流は大きい。



次にポンプの特性です。容積形かターボ形で,
特性が違います。質問者さんのポンプはターボ形でしょうね。
(私もポンプは十分には分からないので,他の回答者さん,補足をお願いします)

ターボポンプのざっくりした特性を書くと,

吐出圧力[Pa]∝ρr^2ω^2-(ポンプ内部の抵抗(Q^2に比例))
軸トルク[Nm]∝ρQr^2ω
軸入力[W]∝ρQr^2ω^2
ポンプ出力[W]∝ρQr^2ω^2

ρ:流体密度[kg/m^3],r:ポンプ半径[m],ω:回転速度[rad/s],Q[m^3/s]流量

ここで,ポンプの出口を絞って流量を下げると,
吐出圧力はある程度上がるが,回転速度で決まる一定値に落ち着く。
流量Qが絞られると,軸トルクは軽くなる。

ここから先,誘導モータのトルク-回転速度特性と,
ポンプのトルク-回転速度特性の交点で決まる話になります。

誘導機の場合,トルクが軽くなっても同期速度までしか速度は上がらず,
ポンプ内に閉じ込められた流体を軽くかき混ぜている状態になります。
その結果,電流が減った,という理解でしょう。

逆に,流量が多いときには,ポンプの中に多くの流体が流れ込み,
その流体に運動エネルギーを与えなければならないので,
ポンプを駆動する軸トルクが増加します。
この結果,回転速度は下がって,モータの電流も増えます。
    • good
    • 2

ポンプ部の異常が考えられます。


通常は出口を絞れば負荷が大きくなって電流が大きくなるはずです。
可能性として、通常時にポンプ回転軸のスラスト(軸方向のガタ)が偏っていて、インペラ(羽根)の摺動抵抗が大きくなり(過電流が発生する原因)出力側の圧力変化がたまたまスラストを打ち消して抵抗を減らす方向になり、正常な回転を回復するのではないでしょうか。

ご参考まで。
    • good
    • 0

回転数はほとんど変わらず、流量が増大するとポンプ駆動を駆動するのに必要なトルクが増大し、(それに伴いすべりが増加、回転数は若干減少)電流が増大、ということになっているかと思います。


で、すべり0(同期速度)トルク0とトルク最大(対応したすべり)の間でポンプのトルクと釣り合う回転数で回転しているかと思います。
    • good
    • 0

電動機は始動すると全負荷電流の5倍程度の始動電流が流れ、電動機の速度があがるにつれて電流が減少し同期速度で最小の値となります。



これに対してトルクは全負荷トルクの1~2倍の値で回転を始め、次第に大きくなり最大トルク(停動トルク)に達し、この最大トルクの山を越してから急に小さくなり同期速度で零になります。

以上のアドバイスでよろしいでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私の説明不足のところがありました。
なぜ流量が多く流れている状態で電流が多くなるかが理解できません、流量が多く流れるのは回転速度が速いから??=すべりが少なくなる=電流が少なくなる、のではないのか??・・・トルク・電流曲線からすると??

しかし、現状は5.3Aも流れる??

お礼日時:2012/03/13 11:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモーターの定格電流の出し方

三相200v5.5kw定格電流22Aのモーターなんですが全負荷運転で22Aの電流が流れるって事で良いのでしょうか?
ちなみに定格電流が分からないモーターの電流値の出し方は5500/200×√3なのでしょうか?
そうすると定格電流が違ってくるので・・・
勝手な考えなんですが力率を70%って考えればよいのでしょうか?
調べていくうちにだんだん分からなくなってきちゃいました
もし宜しければ教えていただきたいのですが

Aベストアンサー

・全負荷運転で22Aの電流が流れる
で、OKです。

・定格電流が分からないモーターの電流値
5.5kWは軸出力なので、電気入力(有効電力)に換算するために、効率で割る必要があります。
次に、皮相電力に換算するために力率で割る必要があります。
結果、
{出力/(力率*効率)}/(√3*電圧)
ということになります。

モータの力率や効率が不明の場合には、
JISC4203 一般用単相誘導電動機
JISC4210 一般用低圧三相かご形誘導電動機
JISC4212 高効率低圧三相かご形誘導電動機
で規定されている効率や力率を使うことになるかと。
(これらの規格には、各容量について電流が参考値として記載されていますが)

Q電流値の計算方法

よく電気室や機械室等の動力盤に電流計が盤の扉に付いていますが、電流値は定格電流の値が正常だと思うんですが計算方法がわかりません。たとえば200Vの三相三線式モーター5.5kwではどうなりますでしょうか?素人なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>200Vの三相三線式モーター5.5kwではどうなりますでしょうか…

少々専門的になりますが、これだけの情報では定格電流までは分からないのです。
「5.5kW」というのは、モーターから出る力の大きさです。「出力」なのです。

電気エネルギーを機械エネルギーや運動エネルギーに変換するとき、必ず損失があります。
「出力」に「損失」を加えたものが「入力」で、入力と出力の比が「効率」です。

その上、交流の電気には「力率」というものも影響してきます。
したがって、出力のほかに効率と力率が分からないと、電流の計算はできません。

これらが分かれば、
【電流】=【出力】÷【効率】÷【力率】÷【電圧】÷【√3】
で計算できます。

概数でよければ、5.5kWの効率は 0.8~0.85、 力率は 0.75~0.8、定格電流が 24A程度です。

Q回転数と流量、揚程、動力の関係について

こんにちは。
ポンプで回転数nと流量Q、回転数nと揚程H、回転数nと軸動力Lの関係について回転数n1、n2としたときQ1/Q2=n1/n2、H1/H2=(n1/n2)^2、L1/L2=(n1/n2)^3とそれぞれ1乗、2乗、3乗の関係がある
解説を見るのですがこの根拠を教えて下さい。

Aベストアンサー

 
根拠は「運動とエネルギーの関係」です。
ポンプを理想化した原理的な表現です。


1.流量。
直径Dの車輪がn回転/秒で回ってる場合の外周の速度は
  V = πD・n  です。
外周に羽根を付けて水を掻くと、水も同じ速度Vで動きますから、

(1) 流量Qは 『 回転数に比例 』 します。
(2) Q = k・n  比例式で表した。kは比例係数。
(3) Q1/Q2 = n1/n2 係数を使わない形の比例式。

 (3)は、(2)の適当な2カ所、Q1=k・n1、Q2=k・n2 を分数にしただけのものです。分数にするとkが消えますよね。kは水車の寸法とか水の抵抗などが絡む現実的なものだから、抽象的な話をするときには出て欲しくない、そこで(3)のように「出てこない形」にするのです。
さらに、分数にすればメートルとかkgとかの次元も約分されて消えてしまうので「ただの数」になります。10rpmと20rpm、1000rpmと2000rpm、分数ならどちらも「2倍」となり、理論的、抽象的に説明をやりやすいのです。



2.揚程
物理の「運動エネルギと位置エネルギの関係」そのものです。物理の教科書にある式、
  1/2・mV^2 = mgH  Hは高さ
これを上記の(3)をマネして、V1のときH1、V2のときH2、の記号を使って分数にすると、gもmも1/2もみんな消えて、
  (V1/V2)^2 = H1/H2
となりますね、見やすいでしょう?
Hは揚程そのものだし、回転数と流速Vは上記1から分かるように比例です(この比例計数も分数で消えてしまうことが理解できますか?)。
  (n1/n2)^2 = H1/H2
となります。



3.動力
動力(ワットとか馬力)は、単位時間のエネルギ量(ジュール)、すなわち ジュール/秒 です。
単位時間に運ばれる流体の質量は
  m =ρQ kg/s
ρは流体の密度kg/m^3、Qはm^3/s
連続して毎秒、位置エネルギmgHを与え続けるから、その動力は
  L = mgH = ρQgH J/s
これもまた分数化すると、
  L1/L2 = (Q1H1)/(Q2H2)
これにQとHの式を入れると、
(以降は自分で。)



(分数にしてただの数にする方法を、無次元化や基準化などとも言います)

 
根拠は「運動とエネルギーの関係」です。
ポンプを理想化した原理的な表現です。


1.流量。
直径Dの車輪がn回転/秒で回ってる場合の外周の速度は
  V = πD・n  です。
外周に羽根を付けて水を掻くと、水も同じ速度Vで動きますから、

(1) 流量Qは 『 回転数に比例 』 します。
(2) Q = k・n  比例式で表した。kは比例係数。
(3) Q1/Q2 = n1/n2 係数を使わない形の比例式。

 (3)は、(2)の適当な2カ所、Q1=k・n1、Q2=k・n2 を分数にしただけのものです。分数にするとkが...続きを読む

Q3相電動機の消費電力の求め方

3相電動機の消費電力の求め方について質問です。

定格電圧 200V
定格電流  15A
出力   3.7KW

上記の電動機ですが実際の電流計指示値は10Aです。
この場合の消費電力の求め方は
√3*200*15=5.1KW
3.7/5.1*=0.72
√3*200*10*0.72=2.4KW
消費電力 2.4KW

このような計算で大丈夫でしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

出力は軸動力を表しているので、消費電力はそれを効率で割る必要があるかと思います。
概算で出してみると、定格での効率が85%程度と仮定すると、定格時の消費電力は3.7/0.85=4.4kW程度になります。
この時の一次皮相電力は、5.1kVAで、無効電力Qnは√(5.1^2-4.4^2)=2.6kVar程度になります。

この無効電力は励磁電流が支配的でしょうから、負荷によらず変わらないとすると、軽負荷時に線電流が10Aになったときの皮相電力は√3*200*10 で3.5kVAで、このときの有効電力は√(3.5^2-2.6^2)=2.3 kW という具合になりそうに思います。

Q水中ポンプの絶縁抵抗測定について

電気にあまり詳しくない者なのですが、会社で新規に水中ポンプの絶縁測定表を作成している最中なのですが、動力盤ではU,V,Wの端子台が設けられているので、500Vで測定するにあたり、UVWの端子台で測定したほうが良いのか、それともマグネットスイッチの二次側で測定したほうがよいのか、どちらが正しいのでしょうか?
また、UVWのうち一相だけでもよいそうですが、点検表にはU,V,Wと分けようと思うのですが、あまり意味はありませんでしょうか?たとえば、UVWのうちU相だけ絶縁が悪くなるというようなことがありえるのでしょうか? 200Vのポンプですが電技解釈のように0.2MΩ以上であれば問題ないのでしょうが、実際の点検においての判定基準値として何MΩであれば良好で何MΩであれば不良といった目安すがあれば、お教え頂きたいのですが、何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 >500Vで測定するにあたり、UVWの端子台で測定したほうが良いのか、それともマグネットスイッチの二次側で測定したほうがよいのか、どちらが正しいのでしょうか?
盤内にマグネットがあるのであれば、どちらで測定しても同じです。

 >また、UVWのうち一相だけでもよいそうですが、
健全なポンプであれば、コイルの結線でループするので問題ありませんが、万が一断線があった場合はループしないので、3線一括若しくは3線それぞれを測定する方が良いと思います。

 >UVWのうちU相だけ絶縁が悪くなるというようなことがありえるのでしょうか?
通常の故障は3相全てとかではなく、1相がおかしくなるのものです。
ただ結線がループしてあるので、どの相が悪いかのは開けてみないと分かりません。

 >実際の点検においての判定基準値として何MΩであれば良好で何MΩであれば不良といった目安すがあれば、お教え頂きたいのです
良好であれば10MΩ以上でしょう。
1MΩ以下になってくると、怪しくなっていると思います。

Q渦巻きポンプ

渦巻ポンプの電流値は、吐出側バルブを絞ると下がりますが理由がわかりません。
吸込側バルブを絞っても下がりますか。
また、送風ファンの電流値を下げるには吸込側ダンパーを絞るそうですがなぜですか。

Aベストアンサー

感覚的にこう考えています。

ポンプ動力を決定するのは,ポンプ圧と流量が主なもの。圧力を上げようとすれば,モータの電流が上がる。流量を上げようとしてもモータの電流は上がる。

渦巻きポンプのインペラーは,吸込側と吐出側が貫通しているので,ある程度の圧力までは上がるが,それ以上は流体を吐出側に押し込めない。
吐出側バルブを閉じた場合,圧力を上げる面での動力は増えるものの,流体を送り出す動力は0に近いので,結果的に電流は下がる。

一方,ギアポンプなどの容積型ポンプの吐出側を締切りにすると,ギアが回転している限る,吸込みから吐出に際限なく流体を送り出そうとする。(実際にはギャップがあって,そこから流体は少し逆流するでょうけど)
 流量はほとんど0でも,吸込み側に戻る流量が極端に少ないので,吐出側の圧力が膨大にあがる。高い圧力の吐出側に更に流体を押し込もうとするので,動力的にはどんどん上昇する。(ギアポンプの吐出には逃し弁がセットになっていて,締切り運転はできないのが普通ですけど。)

以上,エンジニアでなくカンジニア(感じニア?)の意見です。

感覚的にこう考えています。

ポンプ動力を決定するのは,ポンプ圧と流量が主なもの。圧力を上げようとすれば,モータの電流が上がる。流量を上げようとしてもモータの電流は上がる。

渦巻きポンプのインペラーは,吸込側と吐出側が貫通しているので,ある程度の圧力までは上がるが,それ以上は流体を吐出側に押し込めない。
吐出側バルブを閉じた場合,圧力を上げる面での動力は増えるものの,流体を送り出す動力は0に近いので,結果的に電流は下がる。

一方,ギアポンプなどの容積型ポンプの吐出側を...続きを読む

Qモーターが焼損しているかどうか調べる方法

三相200vのモーターが焼損しているかどうかを調べるにはどうすれば最も良いでしょうか??メガテスターをつかって調べると良いようなのですがよくわかりません。匂いである程度わかりますが、もっと確信が持てる方法を知りたいと思います。どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

モータの主な故障原因とその確認法について私見ですが書いて見ます。
(1)ベアリング故障:小型モータであれば、軸を手で回転させて、滑らかに回るかどうかを確かめる。
(2)断線:テスターの抵抗レンジで、巻線間の抵抗値を測定する。アンバランスがあると断線の可能性あり。
(3)絶縁破壊:メガー(500V)で巻線と外枠の間の絶縁抵抗を測定する。JISC4004の基準では0.2MΩ以下が不良とされるが、これは水中ポンプなど使用環境の良くない場合であり、通常の環境なら1MΩを下回るようであれば要注意。
(4)総合:通電して無負荷で運転中の電流、振動、騒音、臭気などの異変を確かめる。

Q漏電遮断器の原理を教えて下さい

現在専門学校で電気を勉強しているものです。

漏電遮断器の原理がいまいちよく分かりません。

特に接地(アース)していないと漏電遮断器が働かないという根拠が分かりません

電気に詳しい方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと、電気が流れている電気製品で、電線の被服が破損して電気製品のボディーに接触したとします。この時破損した側の電線がアース側なら電位が同じなので何も起きません。また反対側でも電気製品のボディーが完全にゴムか何かの絶縁体の上に乗っていれば漏れ電流が流れないので漏電遮断機は働きません、あくまで遮断器のところを通る電流の差が規定値(50mA程度)を超えた場合のみ働きますから。ここでこの電気製品のボディーを地面に接触(アース)させると電流がボディーからトランスのアース側へと流れて漏電遮断機に流れるプラスマイナスの電流値に差が出て漏電遮断機が働くことになります。つまりこの意味で、アースしていないと漏電遮断機が働かないのであって、漏電遮断機そのものをアースする必要は全くなくまたそんな端子もありません。

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと...続きを読む

Q2E、3E、4Eってなんですか?

電気設備の設計を勉強中の気分は若者です。
モーターなどの保護回路でよく2Eリレーとか3Eリレーと
か聞くのですが少し調べてみると、
 2E、3E、4E
とあるようです。周囲に聞いても確固たる説明のできる人
がいないので質問なのですが、
 1.各々の意味とその出典は何ですか?
 2.他に1Eとかもあるのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)サーマルリレー(熱動形過負荷継電器)・・・1E,2E
(2)モーターリレー(静止形継電器)・・・1E,2E,3E

ここででてくるEは要素(ELEMENT)のことで
1E・・・過負荷
2E・・・過負荷、欠相
3E・・・過負荷、欠相、逆相

一般的に使われるのは2Eリレーです。水中ポンプ等で回転方向が目視出来ないものは3Eリレーを使います。

ちなみにサーマルリレーの1Eは2素子(2E)タイプ、2Eは3素子(3E)タイプと使ったりするので紛らわしいです。

Q単相モーターと三相モーターの違い。その利点と欠点。を教えてください。

位相の数が違う。といってもその「位相」って言葉から複雑怪奇。バカにでも理解できるようにわかりやすい言葉で教えてください。
単相と三相の利点と欠点。使い分け方。マメ知識なんぞ教えてください。
恥ずかしくて誰にも聞けないんです。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。


hp


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング