外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

タイトルそのままなのですが、
"卒業"と"修了"違いはなんなのでしょうか?

広辞苑によると、下記のようになっていました。
 "卒業":1つの業を終える事。学校の全課程を履修しおえる事。
 "修了":一定の課業を修めおえる事。

一般の学校以外ですと、"修了"が使用されることが多いような気もします。

卒業の方が修了よりもいっぱいの授業数を受ける事は分かるのですが、
厳密にはどのようになっているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

もしも、同一の答えがあれば、ご容赦を



 大学は、所定の単位(普通130単位程度)を取得すれば、学士(現在は、学位になっています)として、卒業します。すなわち、単位数が卒業に必要な単位を超えると、学士として「卒業」させます。

 大学院は、博士課程前期(修士)と博士課程後期(博士)があります)。大学院でも、授業(人数が少なく、ゼミに近い)や理系ならその上に実験など、所定の単位(30単位程度)が、修了のために必要です。
 これらの単位を取得して、なおかつ、修士論文または博士論文の審査に合格して、初めて修士号、博士号の学位がとれ、「修士」「博士」を名乗れるのです。

 修士に関しては、修了者は、修士論文の審査もほぼパスできます。指導教員か面子にかけても、とれるように指導します。
 博士については、所定の単位をとっても、博士号はスンナリ取れません。理系はともかく、文系は、ほとんど取れなかったのです。理系の教員は、ほとんど博士号を持っていますが、文系では教授でも、持っていない人は、少なくありません(若い人はともかく、40才以上の文系の博士は貴重品です)。
 その時代は、『そんなに簡単には、取らせないぞ』という風潮があったのです。ですから、大学院後期課程(博士)で、授業などの単位は取得し、修了として、院を終えるというのが一般的でした。指導教員も、敢えて、取らそうとはせず、「研究が完成したら、もってきなさい」程度でした。

 すなわち、大学院後期課程(博士)修了とは、所定の単位は取得しているので、これ以上大学院生として在籍はできません、ということになります。文系の場合は、社会も、修了者の学力や研究能力は、大学院レベルである、として待遇しました。
 理系は、博士号を持っていないと、一人前の研究者として扱ってもらえません。
 
 大学の卒業生は、必ず「学士」という学位があります。大学院生は、前期課程の2年、後期課程の3年で、所定の単位を取得しても、「修士」「博士」の学位論文が合格しない場合(合格させなかった場合)も少なくないので、「修了」と区別するのだとか。

 もしも、終了時に取れた場合は、履歴書に、2005年 大学院後期課程修了(学位取得)など、付け加えて明らかにします。最近は、「取得させるように」という文部科学省の指導があります。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
学ぶべき全課程を終えると"修了"、そして試験に合格すると"卒業"ですか。
#6のお礼欄に記載したのですが、某専門学校の同時通訳者コースで「修了」しても「卒業」できる人が限られているのもやはりその学校内での基準のようですね。
なんとか分かってきました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/07 00:29

この質問には、はまってしまいました


たびたびですみません

6の各種学校については違うみたいです、・・すみません

今さらながら、ですが参考URLをどうぞ・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%92%E6%A5%AD

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%AE%E4%BA%86
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ちょっと調べても分からなかったのでこちらに質問したのですが、思った以上に難しいようでびっくりでした。
全く急いでいないので、もうちょっとだけ締め切らずにいようと思います。
何度もお答えいただきどうもありがとうございました。

お礼日時:2005/10/05 00:31

>各種学校などでの取り扱い方が分かればぜひお教え下さい。



ちらほらネットで眺めていましたが(しつこいな私も・・)、各種学校も「卒業」としているみたいですね?(課程修了後卒業)

職業訓練校は、「修了」のようです。
理由は・・
学校教育で定められた教育機関ではなく、「技能訓練施設」である・・「学校」と名乗ってはいても本来は「施設」であるから、ということらしいです。
学校教育で定められた教育機関以外の教育機関で「卒業」とされるものもありますが(防衛大とか・・)、とりあえず職業訓練校は「施設」扱いってことなんでしょうね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。
いろいろとお答えいただいている時に10年以上前の事を突如思い出しました。(今も時々通ってはいるのですが)
いろいろなコースがある語学学校なのですがコースにより卒業試験の難しさにものすごい差がありました。
一般的なコースは、一般的な卒業試験でがんばれが合格。
でも某コースは、修了しても卒業できる人が数%いるかどうかだったと記憶しています。
学校により修了と卒業を区別できるのでしょうか?また疑問が。難しいですね。

お礼日時:2005/10/05 00:28

私も気になったのでもう少し調べてみました


検索したらこんな質問も過去にあったようで
参考になりますでしょうか?

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=810212
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
各種学校などでの取り扱い方が分かればぜひお教え下さい。

お礼日時:2005/10/04 21:59

何だかとても気になったので、調べてみました。



学校教育法などを調べてみたのですが、「卒業」と「修了」の用語に関する特別な定義はありませんでした。少なくとも制度上はこの2つの用語に関する定義はないと思います。

原点にもどってみましょう。

"卒業":1つの業を終える事。学校の全課程を履修しおえる事。
"修了":一定の課業を修めおえる事。

まさにこの通りの使い分けなのではないでしょうか。
少し詳しく解釈すると、こうなると思います。

学校ではいくつかの課程が存在します。
小学校では初等教育の課程、中学校では前期中等教育の課程、高校では後期中等教育の課程をそれぞれ修めます。

ですので、課程に関して言う場合「小学校の課程を修了した」などの呼び方をし、初等教育の課程の学校(=小学校)に関して言う場合、「小学校を卒業した」と呼ぶのではないでしょうか。

大学・短大の場合は、高等教育の課程の学校であり、修業年限もはっきり定められていますので、「大学で必要な単位を取得し課程を修了した」と言え、「大学を卒業した」というのだと思います。専門学校や各種学校でも「その学校における課程を修了」し、「その学校を卒業した」という使い方をしています。

ただし、大学院の場合はちょっと例外です。
「大学院」には「修士課程(博士前期課程)」と博士課程(博士後期課程)」があります。今までの例とは違って、1つの学校の中に2つの課程があるのです。

そして、多くの人が修士課程だけで終わります。

この場合、「大学院を卒業した」と言うと、修士課程までで大学院を卒業したのか、博士課程まで進んで博士号を取って卒業したのかわかりません。

あいまいさを失くすため、大学院では特に「修士課程修了」「博士課程修了」などという言葉を頻繁に使います。なので慣例として、大学院はあまり「卒業」と言わず「修了」と言うのではなかろうかと思います。

ちなみに法科大学院は「修了」「卒業」が混在して使われているようです。これは法科大学院には課程というカテゴリーは1つしかないが、「大学院」という名前がついているためだと思われます。

◆結論:「修了」も「卒業」もどちらも使うことができる。制度上の明確な使い分けではなく、言葉の意味の違いであり、どちらを使っても間違いとはいえない。

こんな結果に至りましたが、いかがでしょう?
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。
一般的な学校では"学ぶべき事が修了=卒業"とは分かります。
ただ一部の学校では修了しても卒業ではないのです。

今回疑問に思ったのは、学校卒業後もレベルアップなどのために各種学校へ通った事があります。
その場合"入校式"があり○ヶ月などの課程を修了したら"修了式"でした。
皆気軽に"卒業できるね?"なんて話はするけど実際は"修了"。
その違いは何なのかな?と。

"卒業"になるには「○○時間の授業を受ける」とか「文部省系統の学校」とか何か決まりがあるのかな?と思ったのです。

お礼日時:2005/10/03 15:12

すみません下おもいっきり「課程」の字間違えてますm(__)m

    • good
    • 1
この回答へのお礼

わざわざ字の訂正をありがとうございました。

お礼日時:2005/10/02 17:42

厳密に、卒業と修了の定義を説明しろといわれると、今私には難しいのですが・・



卒業前、学校在籍中に全過程修了します。
全過程修了してその学校を卒業すると、その学校に在籍しなくなります。

とりあえず義務教育ではこのように使われているはずですが・・。

流れとして、
在籍中に、「全過程修了報告」が教育委員会になされます。
卒業の日は3月31日です。
(卒業式はその前に行われますが、卒業の日はあくまで3月31日。どちらにしろ卒業式も全過程修了してからですが。)

この回答への補足

今回特に知りたかった事は(質問の仕方が下手だったのですが)、専門学校や各種学校での扱い方なのです。
入学・卒業、入校(?)・修了と2種類あるような気がします。
その違いが、授業数など何か違いがあるのでしょうか?

こちらを質問詳細欄に使用しまして申し訳ありません。

補足日時:2005/10/02 17:38
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
義務教育や大学までは卒業となるのは経験上分かっていました。

全課程"修了"者が"卒業"となるのですね。
言葉はちょっと難しいです。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/10/02 17:38

小学校、中学校、高等学校、大学:卒業



大学院:修了

だと思います。

専門学校等のことはわかりませんが、要するに単位を取得すれば自動的にその課程が終わりになる場合には「卒業」であり、単位を取得した上に学位論文(修士論文、博士論文)が審査に合格しなければ終わりにならない場合が「修了」ということではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
小学校から大学までが卒業なのは経験上分かっていました。
でも大学院は修了なんですね。ちょっとびっくりでした。
卒業・修了で検索時に「○○大学卒業・修了者…」となっていたので??でした。

お礼日時:2005/10/02 17:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「採用担当御中」か「採用担当様」、どちらが正しいか。

会社にエントリーシートを郵送する時、宛先が「~株式会社 採用担当宛」となっていたら、「採用担当御中」ではなくて、「採用担当様」と書いて送った方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「御中」は 担当部署宛 担当者不明の場合。
今回の場合は担当者がわかっているので「○○様」とします。

Q専攻とは

よく大学での専攻は?などと言いますよね。
この専攻って何の事なのでしょうか?

学科の事ですか、ゼミの事ですか、それとも特別の研究室のような所での研究の事ですか。

もし、学科の事だとしたら、細かく学科に分かれておらず、学部だけしかない規模の小さな大学の場合はどうなるのでしょうか。

また、研究室の事だとしたら、研究室に入っていない学生は専攻なしということになるのでしょうか。

Aベストアンサー

普通、「専攻」と言ったら、卒論で自分が扱う分野、卒論がないのなら、それに代わりゼミ研究などで自分が扱っている分野のことです。

たとえば「私は文学部の日本文学科で、紫式部を専攻しています」のように使います。そこまで細かく説明することを要求されているわけではないなら、「文学部で日本文学を専攻してます」って言い方もアリです。

また大学によっては、「○○科」の変わりに「○○専攻コース」などを設けている場合もあります。この場合、○○の部分を自分の専攻であると言ってしまっても差し支えありません。

まあ、そんなに厳密な言葉でもないので、神経質になることはないですよ。自分が主に勉強している(したいと思っている)分野、という程度の意味です。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q「御中」の使い方

「御中」の使い方について教えてください。

送り先に「○○係」までと書いてある場合、「御中」に直しますよね?この場合の「御中」の使い方は、
1.「○○係 御中」
2.「○○ 御中」
のどちらなんでしょう?こんな質問をするのは恥ずかしいのですが、いつも迷って困っているので教えてください。

Aベストアンサー

○○係 御中  です。
御中とは、会社など、直接誰宛かわからないが、「その中のどなたか」に出すときに使います。

だから、その係の誰に出すかがわかっている場合は、
「○○係 △△様」となるのです。

Q履歴書に書く学歴はどこから?

転職活動中なのですが、履歴書に書く学歴について、


ある本には、「順当に進んだのならば、最終学歴だけでよい。」というものもあれば、「中学か高校から書き始める」の二つのパターンがあります。

どちらが正しいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

人事で採用を担当している者です。

順当に進んでいるかどうかは、年齢を数えれば分かりますが、中学卒の年月から書いてあると分かりやすいです。(浪人&留年)

履歴書を数多く見てますが、浪人&留年がある人ほど最終学歴の卒業年月しか書いていない場合が多いようです。

ご参考まで

Q大学院:修了と単位取得退学

大学の教授の学歴に、
「○○大学大学院○○研究科○○専攻博士後期課程単位取得退学」とか、「○○大学大学院○○研究科○○専攻博士前期課程修了」とかをよく目にします。
「修了」と「単位取得退学」とは、違うのでしょうか?「単位取得退学」とは、「中退」とは違うのでしょうか?

Aベストアンサー

前のお二人の回答で大方あっていると思われますが、一部不正確と思われる点がありますので回答させていただきます。

まず、「単位取得退学」というのは、博士課程特有のもので、修士課程には普通はありません。

すでに指摘されているように、博士課程を修了(=博士号を取得)するためには、授業を受けて単位を取得し、博士論文の審査を通過する必要があります。しかし、分野にもよりますが、在学中に単位は取得したけれども論文は完成しないまま、大学教員などに就職してしまうことはよくあります。こういう場合には、「論文審査さえ通過すれば博士号を取得」という立場になり、いわば、博士論文を提出する権利を得たまま学籍は抜けるということになります。これを、「単位取得退学」といいます。

反対に、「中退」と言った場合、何らかの事情で修了するのをあきらめて、辞めることをいいます。中退の場合、論文を提出する権利を失うので、学位をとろうと思ったら、通常はもう一度入学からやり直さなければいけません。

つまり、
「単位取得退学」=近い将来に博士号をとれる可能性がある。
「中退」=ない。

ということであり、制度上もはっきり区別されています。

前のお二人の回答で大方あっていると思われますが、一部不正確と思われる点がありますので回答させていただきます。

まず、「単位取得退学」というのは、博士課程特有のもので、修士課程には普通はありません。

すでに指摘されているように、博士課程を修了(=博士号を取得)するためには、授業を受けて単位を取得し、博士論文の審査を通過する必要があります。しかし、分野にもよりますが、在学中に単位は取得したけれども論文は完成しないまま、大学教員などに就職してしまうことはよくあります。こうい...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。


人気Q&Aランキング