中小企業の働き方改革をサポート>>

私はとっても何か本番前となると緊張します。
特に私はピアノをやっていて、コンクールなどで、本番前に緊張して手が震えて、
手に汗をかいてしまいます。それでいつも失敗してしまうのです。
今度「校内合唱コンクール」でピアノ伴奏をします。
昨日リハーサルだったのですが、リハーサルにもかかわらず手が震えて
いつものように手に汗をかきました。
失敗はしなかったのですが本番になるといつも失敗してしまいます。


こんなとき、いったいどうすればいいのでしょうか?すごく悩んでいます。

A 回答 (3件)

こんにちは。


普段、ピアノを練習する時にイメージトレーニングをすると良いかもしれません。
合唱コンクールで伴奏をしているイメージをして弾くんです。

それから、taketoriさんはミスをすることを一番恐れていらっしゃるのではないでしょうか?もしもミスしやすい所がわかっていたら、その部分を徹底的に練習してください。少し自信が出るかもしれません。

演奏中にミスをしないほうが勿論良いとは思いますが、ミスを恐れるばかりに臆病な演奏なってしまうのは、ミスをするよりも良くないのではないかと私は思います。どんな人でも舞台にあがる時は緊張します。回数を重ねて場慣れすることが一番良い改善策だと思いますが、なかなかそういった機会を持てないと思いますので、まずは、イメージトレーニングをお勧めします。舞台に入る前~演奏~退場するまで、、全てをイメージしてくださいね。
頑張ってください!!
    • good
    • 0

私はコンクールといったものには出たことがないのでやっていたサッカーで話をさせていただきます。


確かに大きな大会は緊張します。 緊張しない人はいないでしょう
多かれ少なかれ必ずしてると思います。 ミスするんじゃないか ミスしたら笑われる ミスしたらハズカシイ とか思うんですよね。
でもそのために今まで練習してるんですよ 試合(大会)では100%の力を出す必要は無いんです80%程度でいいんですよ!! 
100%の力でって思うと絶対余計な力がはいり失敗します
80%の力でリラックスしてすればいいんです!!

ただし練習は100%の力でするんですよ!! あんなつらい練習に耐えれたって
思いが当日花を咲かせるんですよ!!
緊張しない人はいません ファイトです!
    • good
    • 0

とてもわかります>_<


私も本番前や、初めてカラオケに行く人がいる時などでも、すごい実は緊張してしまい、いつもでる音階がでなかったりします。

関係ないと思われるかもしれませんが、テニスでも同じだと思います。
テニスのサーブは二回失敗(指定されたスペースに打たないといけない)すると相手に1ポイント入ってしまいます。 4ポイントでセット終了です。
だからどんなに普段の練習で上手な方や、プロでも、精神的に弱い人は向かないといわれています。
自分の打ったサーブでゲームセットなんてこともありえます。

私も普段の練習では普通に入るのに、失敗を恐れてペアの人に迷惑かけたらどういしよう!と思うと体がカチカチになっていつも失敗します。 これも何においても精神面が弱いのが影響していると思われますm_ _m

そこで先週コーチに教えてもらったのが、ボールと自分の狙うスペースしか見ない。あとは関係ない方を見る。
と言われやってみたら、「あら、意外と。。」ってなことがありました。

少し違うかもしれませんが、ピアノでも自分が少し上から、いっぱいのお客さんをみると緊張してしまうので、
できるだけ自分の指だけを見て、自分の世界を作り上げてみてはいかがでしょうか??
反対側のカーテン側を見て落ち着くとか。。

役に立たない回答だったかもしれませんが、緊張するもの同士がんばって精神面を鍛えていきましょう^-^
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング