先日、生物はいずれは斑色模様を呈するようになると主張する学者をテレビで見ましたが、
そもそも斑模様を呈する生物の特徴及び斑模様を呈する理由というのは何でしょう?
逆に斑模様を呈さない生物と特徴としては何が挙げられますか?
その他斑模様のすべてを教えてください。
生物学に詳しい方お願いします。

A 回答 (1件)

1.斑色生物って何ですか?(参考URL参照)


 「斑色」だけで検索するとある程度ヒットしますが、
 斑色生物が分からないので、それ以上の検索をする気になれませんでした。

2.何という番組に出演していた、どこの研究機関の、何という方の主張ですか?
 大学等の研究機関に所属していらっしゃる方なら、論文を検索して、
 ヒントになるようなことを見つけられるかもしれません。
 トンデモ本に紹介されているような人なら、調べる気が失せます。

3.「生物」と言ったら、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類はもとより、
 植物、昆虫はおろか、細菌のようなものまで含むことになると思いますが。
 ここで取り上げられている「生物」とはいったい何のことですか?
 生物によって体の表面の構造が違うので、斑色を呈する機構も違ってくると思いますし。

4.ここに質問する前に、ppooooさん自身は、どの程度のことを調べて、
 何が分かって、何が分からなかったのか教えていただけませんか?
 ppooooさんの過去の質問を見ると、なんでもお手軽に質問しているという印象を受けます。
 納得できないせいかもしれませんが、締め切っていない質問も多いですよね。
 中には回答が全くない質問もあるみたいですが、これって、
 答えられないくらい難しい質問であるとか、
 回答不能な質問であるとか、そもそも何のための質問か分からないとか、
 締切無しの常連さんと言うことで回答がつかないのでは?
 独力で解決する気はないのでしょうか?

これら全てが分かったとしても、私には回答できない可能性が高いです。
これ以降回答する人のためということで、悪しからず、ご了承下さい。

参考URL:http://www.google.com/search?q=%94%C1%90F%90%B6% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これについては以前解答してます。
過去の私の解答の中からそれこそ自分で探すべき!。

お礼日時:2001/11/23 15:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【生物・写真あり】これは何という生物で、どういう特徴がある生き物なのか教えてください。 毒はありま

【生物・写真あり】これは何という生物で、どういう特徴がある生き物なのか教えてください。

毒はありますか?危険ですか?

子供が触っても大丈夫ですか?

Aベストアンサー

ゲジゲジ?毒ありです。

Q過去の生物学関係の学者について

高校生物に出てくる生物学に関係するいろんな学者などの人物伝などを紹介した書籍を教えてください。ダーウィンやメンデルなどはいくつも書籍がでていますが、細胞を発見したロバート・フックや細胞説のシュワン、シュライデンその他シュペーマン、フォークトなどなどを紹介した本などあるでしょうか。

Aベストアンサー

下記の本はいかがでしょう。
ロバート・フック、シュワン、シュライデン、シュペーマン、フォークト
全員載っています。

遠山益(とおやますすむ)著『生命科学史』(裳華房、2006)
ISBN9784785352110
2200円+税

Q硫化水素の熱水が出ている海底にいる、紅白の縞模様の竹みたいな生物の名前

硫化水素の熱水が出ている海底にいる、紅白の縞模様の竹みたいな生物の名前を教えてください。

Aベストアンサー

和名は「ハオリムシ」と言います。英名チューブワーム。赤い色素はヘモグロビンです。ハオリムシ類のヘモグロビンは酸素とも硫化水素とも結合できる物です。ヘモグロビンが硫化水素と結合し、共生している硫黄酸化細菌に供給し、細菌が合成した有機物で生活しています。

Q生物の特徴

生物と非生物の違いを勉強しているのですが、
調べたところ生物は代謝能力、恒常性維持能力、自己増殖能力を持っている、生命活動を行う、成長するもの、としたんですが間違ってないですか?

あと「外界との境界をもっている」とあったんですが、どういうことなのかよくわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

生物とそうでないものの違いとは、生物の特徴と言える性質で、
1)自分と同じものを創り出す能力である、自己複製能
2)外界から取り込んだ物を自分の体に同化するあるいはエネルギーを取り出す能力である、代謝能力
3)細胞内あるいは組織体の恒常性維持能力があると思います。

生命活動を行うものとは、生命とは何かを定義しないと意味がありません。
生長するものでは、溶液中の結晶も生長しますから生物特有ではありませんね。

外界との境界をもっている、とは生命システムが外界から区別されるシステムであることを指していると思います。たとえば、生命の基本単位である細胞が細胞膜で囲まれて居ることを指します。

Q生物の発生について生物学において生物の誕生は、海底の熱水の吹き出しによりアミノ酸などの化合物が生

生物の発生について

生物学において生物の誕生は、海底の熱水の吹き出しによりアミノ酸などの化合物が生成、その後それらのアミノ酸を元に嫌気性微生物が発生というようなプロセスであったと思います。

実際そのような条件で生物が発生するというのであれば、人口的に同じ条件を作り出し経過監視していれば無生物であった環境に生物は発生する、もしくはそのような傾向が見られるのでしょうか
過去の研究などでこのような実験が行われているのであれば結果に関して教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

オパーリンの実験も有名ですが、スタンリー・ミラーが1953年に行なった「ユーリー-ミラーの実験」も、【いわゆる化学進化仮説の最初の実証実験として知られる。】とのこと。
ウィキの記述が、図解も含め、なかなか刺激的で面白いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93
ただ、現在的評価としては、
【その後の地球物理学の研究進展により、・・・・・】
【彼の得た結果は現在では認められないものであるが、彼が切り開いたのは生命発生の過程を実験的に検証する方向性であり、これはその後の研究に大きな指針となったものであった。】ということで、今のところ化学進化説が実証されているわけではなさそうです。
ただ、実験結果が認められないのは【酸化的な大気における有機物の合成は著しく困難】という理由かららしいのですが、【あり得ない】と断言しているわけではなく、今後さらに研究が進めば、化学進化説が実証される日が来ないとは言い切れない。

オパーリンの実験も有名ですが、スタンリー・ミラーが1953年に行なった「ユーリー-ミラーの実験」も、【いわゆる化学進化仮説の最初の実証実験として知られる。】とのこと。
ウィキの記述が、図解も含め、なかなか刺激的で面白いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93
ただ、現在的評価としては、
【その後の地球物理学の研究進展により、・・・・・】
【彼の得た結果は現在では認められないものであるが、彼が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報