プロが教えるわが家の防犯対策術!

可視光線の波長は4000オングストロームから7000オングストロームという事ですが、どうやってそれを測ったのでしょうか?
音の波長はどうやって測るのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

正確な測定というのではなく、日常の身近にある物を使って測る方法を説明します。



音の波長は比較的長いので測定しやすいです。
1mぐらいの長さの底がふさがった筒を用意します。
音叉か何かなるべく歪みの少ない一定の高さの音源を用意します。楽器でも良いかもしれません。
管に水を注いでゆき、共振する時の気柱の長さを計ります。波長をLとすると、L/2,3L/2・・・・と共振するはずですから、この関係から波長が求められます。実際には管の直径の影響があるので、その項の補正が必要ですが、かなり正確に測れます。

光となると、波長がたいへん短いので身近な物を使って測定するのは難しいですね。比較的簡単そうなな測定方法を紹介すると、
まず、干渉を利用する方法があります。たいへん平滑なガラス板を2枚用意して・・・・ニュートンリングの要領ですね。水面の油膜など薄い膜を利用する方法もありそうです。
回折を利用する方法もありますね。間隔の判っている格子をどうやって用意するかが課題ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。お礼を言うのが遅くなって申し訳ありません。
なるほど、音の波長を実感できる方法ですね。今度やってみよう!
ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/15 22:14

>空気つまり酸素と窒素の分子が1m幅で右に行ったり左に行ったりしながら全体として一つの方向(右なら右)に波が伝わっている、ということなんでしょうが、



音波は縦波(粗密波)です。
太鼓のバチを叩く面が前後に振動したり、スピーカーのコーンが前後に振動してその空気を前後に押したり引いたりする(粗密状態作る)わけで粗密の間隔が1m間隔位でおきているということですね。
その粗密波が耳の鼓膜を1秒間に400回(400Hzの音の場合)の割合で押したり引いたりしているわけですね。これが耳の蝸牛管の中のリンパ液を伝わって特定の周波数に共鳴する繊毛細胞の繊毛によって聴覚神経に伝わっていくわけですね。

この音波を見るにはマイクロフォンを使えば簡単に電気信号に変換できますからオシロスコープという波形を観る装置で見れば波長が分かります。波長の逆数を取れば周波数が分かります。
またマイクロフォンから取り込んだ信号を周波数カウンターにかければ周波数が数字表示で読みとてます。
周波数カウンターの原理は、電気信号に変換した音の信号をコンパレータで増幅しパルス波にして、一定時間(例えば1秒間)内のパルス数をカウントします。そのカウント数が音の周波数になります。

遅い周波数の測定の場合は音波の1周期の間に、推奨振動子で発信させた正確な周波数のパルス(例えば10MHz)が幾つ入るかをカウントして、正確な周期を測ります。1つのカウントがT=1/10MHz=10^(-7)秒=0.1μ秒ということです。この正確な0.1秒間隔のパルスが幾つ1周期に入るかで、音波の1周期が0.1μ秒の精度で測れるわけです。周期の逆数が周波数ですね。

高速の測定は次のURLをご覧下さい。
歴史的により正確な測定法が考案されていって現在の秒速30万キロ弱(正確には299,792,458m/s)が得られているわけですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E9%80%9F
光速は速いために速度を測るには、計測器が殆どなかった時代には、木星の周りを公転する衛星の木星の影から見え隠れする時間差を地球から観測して秒速22万キロを計算ではじき出したわけですね(1676年のことですね。江戸時代の初期に最初に測定されたわけです。)現在は光速で回転する機器やミラー、スリット、レーザー光、精確な時間が測れる測定器が開発されていますので、比較的容易に光速やその波長が測れるわけですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。お礼が遅くなって大変もうしわけありませんでした。

お礼日時:2007/05/06 10:02

>音の波長はどうやって測るのでしょうか?


高精度で波長を求めるには、マイクでとった音の信号を増幅して、直接周波数カウンターで計測するか、テープレコーダー等に録音したものを再生して周波数カウンターで計測すれば周波数fが分かります。音波の速度は気温に関係しますので気温と音速の関係を調べて、その時の音速vを計算しておけば
波長λは
λ=v/f
から計算で出せます。

空気中の音速vは気温によって変わります。
いっぱんに、
音速v(m/秒)=331.5+0.6×気温t(℃)
で算出できます(参考URL)。

大体でよければマイクで録った音波信号をオシロスコープで1周期の時間Toを測り、
上記の音速vをかければ
波長λ=v×To
で計算できます。

>可視光線の波長
可視光のスペクトルアナライザーで周波数fを求めてやります。波長はλ=Co/fから求めます。Coは光速です。

簡単には波長の目盛りを書き込んだスペクトルカラーチャートと測定光の色を比較します。
測定光が混合光だとプリズムで分解し特定の光だけをスリットで取り出して比較します。
比較は実際の太陽光を分光器(プリズム)で分解した実物のスペクトルチャート(波長書き込み)と比較しても良いですが設備が大掛かりになります。
太陽光のスペクトルには、個々の元素の吸収スペクトルがあり、それらの周波数や波長は詳しく調べられていますので、名前の付けられた暗線(フラウンホーファー線)がスペクトル上の周波数(波長)の目安になります。

フラウンホーファー線
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9% …

参考URL:http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/oto2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。僕が知りたかったのは、周波数カウンターがどういう原理で出来ているのか?という事です。音の速度が大体340m/s、周波数がまあ400Hzという事になりますと、波長は1m程度、という事ですよね。と言う事は空気つまり酸素と窒素の分子が1m幅で右に行ったり左に行ったりしながら全体として一つの方向(右なら右)に波が伝わっている、ということなんでしょうが、耳に感じる波長はもっと小さいような感じがして不思議なんです。だから波長をどうやって測るんだろうなあ、と思った次第です。
光はもっと不思議で光が粒子だとすると多分陽子や中性子よりずっと小さいと思うけど、波長はそれに比べるとものすごく長い。その対比が不思議です。どうやって光の波長を測ったんだろう?

お礼日時:2005/11/15 22:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光の波長の測定について

こんにちは。
いろいろなライト(電球・蛍光灯・LED等)の波長を測定し、グラフ化させたいのですがどうやって測定すればいいのでしょうか?
測定器などは個人で買えるぐらいの値段で売っているのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

どういう目的で波長測定をなさりたいのかはよくわかりませんが、一般に光の波長を測定するには光スペクトルアナライザまたは分光光度計が必要です
光の波長ごとのパワーを表示することができます。

光スペアナは赤外(光通信用)で一般に使用されておりメーカーは横河電機(安藤電気)、アドバンテスト、アンリツ、HPあたりが有名です、価格は数百万でいずれも個人での購入は困難だと思います。

可視域の測定であれば分光光度計が一般的です。日立計測が有名ですがこちらも高価です。

安く済ませるのでしたら、プリズム分光器でライトを分光
させて、その色でだいたいの波長を推測するのが簡単です

Q簡易的に何Hz出ているのかを測れる、音の周波数の計測器具を探しています。

どなたか知ってらっしゃる方がいらしたら教えてください。

先ほど車の計測器でエンジンベルトを測るのにHz表示で測れる奴をページで発見しましたが、もし簡易タイプで音圧(周波数)が分かれば、
事前情報の入力値がいらないだろうし、そっちの方がいいです。

Aベストアンサー

スペクトラム・アナライザーですね。

こういうのとかでしょうか?
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=543%5EML1%5E%5E

上の商品のメーカーのホムペです。
http://www.nti-japan.com/

それなりにパソコンの知識があるのであれば
ノートPCと録音用のマイクと、ソフトのアナライザーを利用するっていう手もあります。
PCとマイクの接続などで集音時の変化があるかもしれないので、信頼性に欠けるかもしれませんが・・・
一応、フリーソフトのアナライザーです。↓
http://nice.kaze.com/wavespectra.html

QDXFファイルを開くフリーソフトは?

MACで作成されたCAD図面(DXFファイル)をWindowsで開くことは出来るのでしょうか?
もしフリーソフトでそのようなものがあれば非常にうれしいのですが。。
是非とも教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

DXFは、テキスト・ファイルなのでMACで作成したものであってもWindowsで開けるはずです。
(windowsは、そのままではMacで作成したファイルを開けないので、windows用に変換する必要があります。)

DXFを開けるフリーソフトとしては、JW_CADやDWG TrueView(Autodesk)があります。
http://www.jwcad.net/
http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/index?id=7126351&siteID=1169823

JW_CADは、日本で一番ユーザーの多いCADですが、DXFを読む込むと大きさと位置が不定になり、
自分の思っているイメージとかなり違う場合があります。

TrueViewは、AutoCADを作っているAutodeskが、公開しているソフトです。
読み込めるファイル形式は、DWGとDXFの2種類があります。
(この2つのファイル形式を決めているのがAutodeskです。)
特にDXFは、AutoCAD以外が作成した物はAutodeskの製品で読み込め無い場合が多々ありますので注意が必要です。

windows版のvectorを扱った経験から言うとTrueViewのほうがJW_CADより元データの再現性は良いと思います。

DXFは、テキスト・ファイルなのでMACで作成したものであってもWindowsで開けるはずです。
(windowsは、そのままではMacで作成したファイルを開けないので、windows用に変換する必要があります。)

DXFを開けるフリーソフトとしては、JW_CADやDWG TrueView(Autodesk)があります。
http://www.jwcad.net/
http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/index?id=7126351&siteID=1169823

JW_CADは、日本で一番ユーザーの多いCADですが、DXFを読む込むと大きさと位置が不定になり、
自分の思っているイメージと...続きを読む

Q屈折率と波長と周波数の関係について

はじめまして。
ちょっと困っているので助けてください。

屈折率は入射光の波長に依存しますよね?
一般的な傾向として、波長が長くなると
屈折率は小さくなりますよね?
それで、このことを式で説明しようとしたんですが、

屈折率は真空の光速と媒質中の光速の比なので、
n=c/v
媒質中の光の速度、位相速度は
v=fλ
で、周波数と波長に依存します。

ところが!波長と周波数は逆数の関係なので、
この二つの式を使ってしまうと
屈折率が波長に依存しないことになってしまうのです・・・。
どうかこのあたりの説明をおしえてくださいませんか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ekisyouさん、改めまして初めまして。
ご指摘のようにfとνは全く同じものです。同じ物理量に異なる文字を使ってしまったのは私のミスです、申し訳ありませんでした。また「振動数」「周波数」の二つの言い方を用いましたがこれもどちらでも同じことです。ekisyouさんのこれまでのお考えで正しいです。

前回の回答をもう一度正しく書くと
--------
n=c/v
が屈折率の定義そのものである。真空中の光速cは不変であるからnが波長(または周波数)依存性を持つとしたら媒質中の光速vが周波数依存性を持つことになる。従ってこの式は周波数をfとして
n=c/v(f)
と表すべきものである。
二番目の式
v(f)=fλ
で、vに周波数依存性があることを考えるとfとλは厳密な反比例な関係でない。
--------
となります。大変失礼を致しました。

なお上記の式だけからでは「赤い光の方が紫の光より屈折率が小さくなる理由」は絶対に出てきません。
その理由を説明するためにはどうしても電場中での媒質の分極を考える必要があります。屈折の原因は既にご承知とのことですので、あとはその部分の理解を深めて頂くのみです。
(1)光が媒質中を通過する場合、周囲の媒質を分極させながら進む。
(2)可視光線の範囲であれば、周波数が高くなるほど分極の影響により光は進みにくくなる。
(3)(2)により光の速度が落ちる、ということは即ち屈折率が上がる、ということである。

(2)ですが、共振現象とのアナロジーで考えれば分かりやすいと思います。いまある物体を天井からひもで釣るし、それにさらに紐を付けて手で揺らすこととします。(A)ごくゆっくり揺らす場合は手にはほとんど力はかけなくて済みます。(B )ところが揺らす周期を短くするとだんだんと力が要るようになります。(C)さらに周期を短くして共振周波数に達すると急に力は要らなくなります。(D)そしてさらに揺らす周期を短くしようとすると、あたかもその錘に引張られるような感覚を受けます。(E)そしてさらにずっと周期を短くすると、錘はまったく動かずに錘と手を結んでいる紐だけが振動するようになります。
可視光線はちょうどこの中で(B)の領域になります。すなわち周波数を高くすると、それにつれて周囲の分極があたかも「粘り着く」ようになり、そのために媒質中の光の速度が落ちるのです。(もっとも、「粘り着く」なんて学問的な表現じゃないですね。レポートや論文でこんな表現をしたら怒られそう・・・)

こんな説明でよろしいでしょうか。

参考となりそうなページ:

「光の分散と光学定数の測定」
http://exciton.phys.s.u-tokyo.ac.jp/hikari/section2.htm
同、講義ノート(pdfでダウンロード)
http://exciton.phys.s.u-tokyo.ac.jp/kouginote/opt2k.html

"Kiki's Science Message Board" この中の質問[270]
http://www.hyper-net.ne.jp/bbs/mbspro/pt.cgi?room=janeway

過去の議論例(既にご覧になっているかと思いますが)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=140630

ekisyouさん、改めまして初めまして。
ご指摘のようにfとνは全く同じものです。同じ物理量に異なる文字を使ってしまったのは私のミスです、申し訳ありませんでした。また「振動数」「周波数」の二つの言い方を用いましたがこれもどちらでも同じことです。ekisyouさんのこれまでのお考えで正しいです。

前回の回答をもう一度正しく書くと
--------
n=c/v
が屈折率の定義そのものである。真空中の光速cは不変であるからnが波長(または周波数)依存性を持つとしたら媒質中の光速vが周波数依存性を持つことにな...続きを読む

Q自由研究について(色の三原色&光の三原色)

こんにちは。今、夏休みの宿題に科学研究(自由研究)が出ていて、悩まされています。
色々考えた末、課題は「色の三原色」について調べようと思っているのですが・・何をしようとかは決まっていません。
結構学校側も厳しくて、実験はもちろん数量化してまとめなさいとの事です。(普通かな?)
「色の三原色」について、インターネットで調べていてもあまり良いものは出てきませんでした。
調べていると、この課題は中学生には少し難しいとも書いてありました。(余談になりますが、実は最初「光の三原色」と対比して考えようとも思ってました。)
何か色の三原色について(光の三原色についても何か有りましたら)良い実験方法などがありましたら教えてください。ちなみに自分は中3です。
少しの情報でも何でもいいので・・・。宜しくお願いします。
分かりにくい文ですいません。

Aベストアンサー

中学3年生で、一度でも電子回路を扱ったことのある人ならLEDの使用はなんとかできるかもしれません。

LEDは特定の波長を出す半導体部品で、簡単に言ってしまえば、電球や蛍光灯、太陽などの光は赤とか青とか色々な光が混ざり合うことで白っぽい光になっています(光の三原色)が、LEDは青なら青!というように、特定の色しか出さないという性質があり、光の三原色などの実験には適しています。

LEDは価格的には1本数円~数百円ですが、
こういった実験には高輝度LEDとか、超高輝度LEDとかいって販売されたものがいいと思います。
秋葉原か、通販がいいと思います。

実際の実験としては色を実際に混ぜて比率をかえてみるとかでしょうかね。ここはアイディアしだいですね。

ただし、LEDは豆電球と違ってただ電池をつないだだけでは光りません。というか光ることは光るのですが、許容できる電圧のはばがかなり狭く、電流による何らかの制御が必要になってきます。ちょっと電圧をこえちゃったらすぐに切れてしまうし、下回るとうんともすんともいいません。そのため、適正電圧より高い電源を用意し、それを抵抗などを使って、20mA以下の電流が流れるような回路を作らなければいけません。この計算は中学校のオームの法則で求められます。ただし、この実験にはLEDや抵抗の他にやはりテスターが必要です

もし、がんばって回路を組みたいというのなら協力しますが、難しいと思うのならLEDの利用はあきらめた方がいいと思います。もちろん他にも様々な実験があると思うので探してみて下さい。

中学3年生で、一度でも電子回路を扱ったことのある人ならLEDの使用はなんとかできるかもしれません。

LEDは特定の波長を出す半導体部品で、簡単に言ってしまえば、電球や蛍光灯、太陽などの光は赤とか青とか色々な光が混ざり合うことで白っぽい光になっています(光の三原色)が、LEDは青なら青!というように、特定の色しか出さないという性質があり、光の三原色などの実験には適しています。

LEDは価格的には1本数円~数百円ですが、
こういった実験には高輝度LEDとか、超高輝度LEDとかいって販売された...続きを読む

Qプリズムを使った実験、教えてください

学校で波の勉強をしています。

学校からオムロンに行ったり、関西電力に行ったりして、波の事を学習してます。

そして、3日後に全国から私の通っている学校に授業を見にたくさんの人が来ます。
そのとき、波についての実験をしている授業を行うと先生に言われたのですが、先生は実験課題を与えてくれないので、自分で考えなくてはいけません。

そして、光の波について実験を行おうと思うのですが、何をしていいのか分かりません。
使える道具は『プリズム』のみ。あと、買いに行く必要のないものなら準備できます。

こんな状況でどんな、実験を行えばいいのでしょう。
ネットで検索してみたものの、『プリズムを使うと光が7色にわかれる。』という事しか書いてありません。

明日、リハーサルをひかえています。

プリズムを使った簡単な実験、教えてください!お願いします!

PS.ちなみに、他のグループは『プリズムを使って分けた光の紫色は、日焼け止めを使うと見えなくなるのか』などを行っています。

Aベストアンサー

こんにちは

こちらのpdfが参考になるかもしれません。
http://www6.plala.or.jp/maamu/nijib.pdf

「プリズムで 光を 分ける 暗く」で検索してみました。

Qσ結合、π結合、sp3混成???

こんにちわ。今、有機化学の勉強をしているのですが、よくわからないことがでてきてしまったので質問させていただきます。なお、この分野には疎いものなので、初歩的なことかもしれませんがよろしくおねがいします。

題名の通りで、σ結合、π結合、混成軌道とはどういう意味なのですか??手元にある資料を読んだのですが、全くわからなかったので、どなたかお教えいただければ幸いです

Aベストアンサー

σはsに対応しています。sとsの結合でなくともsとp他の結合でも良いのですが、対称性で、「結合に関与する(原子)軌道が(分子軌道でも良い)結合軸に関して回転対称である」つまり結合軸の周りにどの様な角度回しても変化のない結合です。
πはpから来たもので、結合が「結合に関与する軌道(同上)が結合を含む面内に『一つ』の節を持ち結合軸上に電子密度のないもの」を指します。当然sは使えませんpかdかから作ります。
混成軌道:例えばs1p3の軌道があったときこれらからsp+2×p、sp2+p、sp3のいずれの組み合わせを(数学的に)作っても、どれもが四つの「直交した」軌道になります。
この様に「典型的な」表現から他の数学的に等価な(直交した)はじめの軌道数と同数の軌道を作り出したものです。
もっぱら化学結合の立体特異性を説明するのに使われます。
ライナス・ポーリング先生達が考え出したもののようです。

Q光は電界・磁界で曲がる?

光は電磁波ですよね。
なら電界や磁界の影響を受けて曲がると思うんですが、
これは正しいですか?

曲がらないとすれば、電子と違って質量がゼロであるためでしょうか?

この辺の知見には乏しいため、有識者のご回答をお願いしたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

光も電磁波の一種ですが、電磁波はその名の通り、電界と磁界の波であり、常に向きが入れ替わっています。
従って、一定の向きの電界や磁界では向きを変えることはできません。
#まあ、重力場に影響のあるほどの電磁界がかかった場合は(そんな場合があるかも含めて)知りませんが。
光の向きを変えるためには、その光と位相が極めて似通った電磁波と干渉させる必要があります。
通常のレーザではそれほどの空間コヒーレンシーが高くないので、
通常は光を分岐し、光路長をずらした導波路を通すなどして、位相を少しずらして干渉させます。

Qセロハンの色と透過した光について

色セロハンを透過した光が、そのセロハンの色になる理由なのですが、

息子が考えた理由であっているのか、
お教え頂けないでしょうか。

こちらで色の三原色・光の三原色をお教え頂いてから、
色々遊んでいる様です。

息子が不思議に思ったのは、

色セロハン:たとえば[赤]に太陽光をあてると、
セロハンはもちろん[赤]なのだけど、
セロハンを通り抜けた光〈透過した(?)〉も赤・・・。

[赤]は赤い波長を反射するからなのに、
なんで、赤セロハンの後ろも[赤]なんだろう・・・???
あれれ…幼稚園の窓もそうだった…(ステンドグラスの事です)。
付録とかの3Dメガネもそうだし・・・。
ばばのコップも!
おかしいなぁ・・・

と・・・。

考えに考えて、
赤いセロハンは[赤い]波長以外、全~部吸収してしまっている。
[赤い]セロハンは、赤の波長を全部は反射はできなくて、
少し通りぬけている。(透過している)
でも、他の色は全部吸収されてしまって通り抜けられない(透過しない)。
だから、
赤いセロハンの後ろは、反射されなくて通り抜けた少しの赤い光が映る。
だからかなぁ…。
あれ?ぼやっとしてるし・・・、
セロハンって後ろが透けて見えるからぁ・・・
って事は、
他の色も全部は吸収されてなくて、通りぬけてるってこと?
あ~わかんなくなってきた~。いみふめい~。
(このあたり…親子だなぁ…と思いながら聞いていました。苦笑)

「ママ!親切な人に教えてもらって!」と言い寝てしまいました。

この考え方で正しいのでしょうか?


(息子は自分で調べる気はないのです・・・。
〇○の知りたい事は〇〇たちの読める本には書いてないし!さがしたら書いてあるのかもってママは言うけど、ママが図書館でさがせないのに〇〇が自分で探すって無理じゃん!でも知りたいの!と…。申し訳ありません。)



私も[セロハン]を少しサイトで調べたりしたのですが、

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1112278686
[赤のセロハンは赤の波長の光(約650nm)を吸収しているから赤く見えるのでしょうか?
それとも赤の波長の光を透過しているから赤く見えるのでしょうか?
どちらですか?
ベストアンサーに選ばれた回答
kittiwakeさん
.ご質問にもある通り赤の波長の光を通す(透過させる)ので赤く見えます。
リンゴは逆に赤以外の光をよく吸収し、赤色の光を反射するので赤く見えます。]

というもので…
私には理解できないでおります。

赤の光を最大限透過させて、
赤以外の色を吸収しているものってどんな物があるのでしょうか?

息子の考え方で正しいのでしょうか?

小3男児&全くの理科系音痴の母なのですが、
理解できるレベルで
ご教授頂けましたら有難いです。

宜しくお願い致します。

色セロハンを透過した光が、そのセロハンの色になる理由なのですが、

息子が考えた理由であっているのか、
お教え頂けないでしょうか。

こちらで色の三原色・光の三原色をお教え頂いてから、
色々遊んでいる様です。

息子が不思議に思ったのは、

色セロハン:たとえば[赤]に太陽光をあてると、
セロハンはもちろん[赤]なのだけど、
セロハンを通り抜けた光〈透過した(?)〉も赤・・・。

[赤]は赤い波長を反射するからなのに、
なんで、赤セロハンの後ろも[赤]なんだろう・・・???
あれれ…幼稚園の窓もそ...続きを読む

Aベストアンサー

 #18です。

>[反射]と言う言葉を、光の当たった面側に[出される]事だけではなく、光のきた方向と同じ方向に[出される]場合も[反射]と考え、光の当てられた面の後ろに出されているから[透過]と表現されている。

 簡潔にまとまったよい説明だと思います。おおよそ理解されたようですね。もちろん「良くできました。〇」です。

P.S.1

 今回のご質問をミクロのレベル(分子、原子)で考えるとすると、

「白色光は分子、原子にエネルギーを与える。そのエネルギーを使って分子、原子は発光する。そのとき、分子、原子の種類により赤色光などのある波長だけで発光するものがある。」

と考えても可です。そう考えるとして、

「白色光をエネルギーとして吸収した分子、原子がそのエネルギーにより発光するとき、ある方向にだけ発光するものがある。」
「セロハンはそういう一方向に発光する分子、原子の方向が揃っている。そのため、セロハン無しで見たときと同じに、物の形が見える。」

と考えるといいでしょう。しわくちゃにするとか、紙やすりで擦って細かい傷をたくさん作ったりすると、揃っていた方向が乱されて、セロハンを通して見る物の形が歪んだり、ぼやけたりするわけです。

P.S.2

>※暗所で、黒い紙の上に赤いセロハンを置いて光をあててもセロハンは黒に見えました。 目&光源から反対側からの光がないから(セロハンを透過して目にはいる赤がないから)ですよね!

 その通りです。そのことを利用した絵本を見たことがあります。透明のシートに透けて見える程度の色の濃さで絵が描いてあり、下が黒い台紙になっています。その状態では絵はほとんど見えません。

 絵本には「◎>」の形をした紙が付属しています(>の先は懐中電灯の絵)。◎は白、>は灰色です。それを絵の描かれたシートと黒い台紙の間に入れてやると、「◎>」の部分だけが、まるで懐中電灯で照らしたように見えます。

 乱反射がどういうものか、月を海が照り返す様子が分かりやすいかもしれません。

http://pds.exblog.jp/pds/1/201308/29/00/f0229700_1357974.jpg

 もし海が波一つないなら鏡のように月を映すはずです。でも海に映る月は光が長く伸びていて、月の形をしていません。これは波があるためにいろいろな場所で反射角度が異なり、鏡だったら届かないはずの光も目に届くからです。何かを通して光を見る場合も同様のことが起きます。

 #18です。

>[反射]と言う言葉を、光の当たった面側に[出される]事だけではなく、光のきた方向と同じ方向に[出される]場合も[反射]と考え、光の当てられた面の後ろに出されているから[透過]と表現されている。

 簡潔にまとまったよい説明だと思います。おおよそ理解されたようですね。もちろん「良くできました。〇」です。

P.S.1

 今回のご質問をミクロのレベル(分子、原子)で考えるとすると、

「白色光は分子、原子にエネルギーを与える。そのエネルギーを使って分子、原子は発光する。そのとき、分子...続きを読む

Qなぜ、音は"波長"と言わないの?

理科の授業で音について習っています。

そこで疑問です!

光の波は"波長“と言うのに、なぜ、音は"波長"と言わないで

"一回振動"と言うのでしょう?


とても疑問です。

出来れば、詳しく分かりやすく説明して下さい。

Aベストアンサー

音の場合は"波長"よりも"周波数"で表すことが多く、光の場合は"周波数"よりも"波長"で表すことが多いです。
これは、一般的にどちらで測定することが多いのか、ということに由来します。

音の場合、干渉計などを使い直接に波長をはかるのはなかなか難しい。周波数はマイクとオシロスコープだけで簡単に測定可能。
光の場合、周波数が非常に高く(可視光レベルでも1PHzに近いレベル)直接の測定にはそれなりの手段を講じないといけない。波長は干渉計で簡単に測定できる。


人気Q&Aランキング